5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

GVBDOの症例検証「二度と歯では悩まない?」

1 :名無しさん@おだいじに:2008/02/13(水) 21:38:54 ID:c7mx0s2W
 GVBDOは会員制の歯科医院です。アメリカにおける一流の治療を日本でも受けられると
ウェッブサイトを通して主張しています。
また、日本の歯科医療はハカイシャハイシャの破壊行為であるとも言っており、
その証拠を示すかのように数多くの臨床例を写真を含めてウェッブサイト上に記載しています。
一方では治療内容、方針、患者指導のあり方などに様々な議論を呼んでいます。
ここではGVBDOの症例を実際に検証しながら、治療内容の検討および山崎氏(GVBDO)の主張の正当性
を検証しようというのがこのスレッドの趣旨です。
なぜこのようなスレッドを設けたかといえば、患者さんとしての立場に立つ一般のサイト閲覧者はGVBDOの
主張に多少なりとも一方的に影響を受けるにもかかわらず、それを検証する手段を持たないからです。
そのような人々の中には日本の歯科医療は国民の福祉に少しも役に立っておらず、対してアメリカでは
素晴らしい治療を受けられると考える人もいるかもしれません。
また、論評を超え口を極めて非難されたり、人格攻撃まで受けたり(GVBDO敗訴の名誉毀損裁判での言い回し)
している、実際の診療所名まであげられた歯科医師たちの処置は適切or不適切なのかということも
あわせて考えてみたいと思います。
 様々な見方・考え方があると思います。専門家であっても歯科医学に関して歯科医師の誰もが無謬ではありません。
同様にGVBDO院長山崎氏も常に正しいわけがありません。患者さんには異なる意見を含む様々な情報を提供する
ということが最も重要であると考えます。

 スレッドの目的は以上であって、このスレッドの作成者(私)は山崎氏が他の歯科医院にしたような
誹謗・中傷・名誉毀損をするつもりはまったくありません。ただし、言うまでもないことながらよせられたコメントの
内容についてはなんの責任も負いません(負えません)し、管理するつもりもありません。

 それでは一番はじめにサイトで顔写真まで公開されているロッキー調布さんからです。
どなたかご意見ございますか?
(私の見方は明日あたりにします。)


2 :名無しさん@おだいじに:2008/02/14(木) 11:48:51 ID:7Z05vNLu
2 age

3 :名無しさん@おだいじに:2008/02/14(木) 23:14:59 ID:RqQbDTpy
2001年2月13日
ロッキー調布さんは顎関節雑音および疼痛・違和感を主訴としてGVBDOを訪れています。
それまでの治療はバイトプレートによる方法で改善が認められなかったということです。
他にも口中の違和感、体の凝り、全身の倦怠感も訴えておられます。
顎関節の細かな問診・触診・レ線像については記載がありませんが左右ともに関節雑音があると
ご本人は言っておられます。
 この患者さんにたいしてGVBDOがはじめにしたことはまずPMTC、次はう蝕治療でした
通法にしたがえば、診断用スタビライゼーション・タイプのバイトプレートの作製を行い最も安定する顎位に導く
そして今ある咀嚼筋などの緊張を和らげる目的で中枢性の筋弛緩剤を処方するということからはじめることに
なると思いますが、山崎氏はう蝕の治療に入っています。
また、メールの内容を見ただけでも心因的な要因がさまざまな症状・愁訴を修飾していることが明らかなので
心療内科的アプローチももとめられるでしょう。しかし、山崎氏はそのようなものは見受けられず「返事は「はい!」
がんばれ!」くらいの言葉しか見つけられませんでした。
氏の主張は歯が悪いから顎関節症になるのだ、歯を治せば治るのだという単純な理論に基づいているからでしょうか?
(そのう蝕治療については改めて記します。)
山崎氏はますべての歯の治療をし、その上で矯正、そうすることが顎関節の治療につながると考えているように見えます。
その手法で多くの人が完治・改善しているのなら高額に過ぎる報酬額という問題以外はないと思います。
次はう蝕治療についてみることにします。

 ここまででなにか問題ありと思われた先生はご発言お願いします。

4 :名無しさん@おだいじに:2008/02/15(金) 22:38:27 ID:rSMwxIt3
 続いてロッキー調布さんはう蝕の治療を受けます。正確には上顎の臼歯のすべてのインレーを除去されます。
「何の問題もなさそうなホケンのどうでもインレーですが、内部はたいへんなことになっています。」とレントゲンも示されず
断定的に言われるのは実に不思議です。金属修復物直下の虫歯は肉眼でもレントゲンでも判断できないからです。
このインレーのレベルについてはいろいろな見方があると思いますが、仮に歯科医の私に入れられたとしても、
あるいは私の息子に入れられたとしても不満は言わないと思います。少なくとも写真からすぐやり直す必要を認めません。

 さらに続けて「このような小さなどうでもインレーはハカイシャハイシャがホケン点数アップのために、
何の問題も無い歯を削った場合に多く見られるもの」と言っていますが、この場合はどうなのか言及が無く、先ほどの
内部はたいへんなことになっているという記述と明らかに矛盾しています。
 インレー除去直後の写真は虫歯をただちに判断できない状態です。実際に着色があっても、触覚でう蝕か否かが判断できます。
さらにカリエスディテクターやカリエスチェックを使用すれば明らかになりますが、触診の状態やう蝕の検知液に類する
ものを使用した写真・記述はなく、本当にう蝕があったのかどうか閲覧者は確認できません。
しかし、さらに続けて「虫歯が見えない歯の内部で日々拡大」していたと言い募ります。
あげくの結論は「何でもない歯をハカイシャハイシャがホケンの点数稼ぎのために削り、
小さなどうでもインレーにしたとたん、ラバーダムなしの治療で削った部分に唾液がかかり、
唾液まみれの上からどうでもインレーを被せたら、虫歯菌のインキュベーターの完成です。」というものです。
(続く)

5 :名無しさん@おだいじに:2008/02/15(金) 22:38:58 ID:rSMwxIt3
 ここで明らかなウソは以下の通りです。
1)何でもない歯を削ったかう蝕の治療目的でそれを除去したかは判断できないのに点数稼ぎのために削ったと断定している。
2)ラバーダムなしに治療するとう蝕になるとエビデンスのない記述をしている。
3)インレー装着時の状態を見ていないのに唾液まみれの状態で被せたと断定している。
こう続きます。「ハカイシャハイシャに削られると虫歯が製造され、その歯はいつかは抜かれてなくなる。」
あたかも治療して修復するより放置しろと言わんばかりです。この記述を真に受けて本当に放置され、
抜歯に至る歯があったとしたら山崎氏はどう責任をとるのでしょうか?

 ここでの私の最大の疑問は山崎氏はう蝕があるかないか不明であるにもかかわらず、
インレーをすべて除去してアマルガム充填にしたのではないか?ということです。2次う蝕の証拠が示されていないからです。
だとするならば、「何の問題も無い歯」を削ったのは誰なのか?
その結果、山崎氏が批判する健康保険適応の12%金パラジウム合金より安価なアマルガムを1歯につき7〜10万円、
4歯で28〜40万円もの暴利(注)を得たのは誰なのか?という疑問を抱かざるを得ません。
(注)ちなみに健康保険でアマルガム充填をした場合の評価は研磨まで含めても200点(2000円)程度です。山崎氏はこれの
35倍〜50倍もの費用を請求していることになります。これは暴利と表現して差し支えないと思われます。

 次回はアマルガムの問題点について記すつもりです。


6 :名無しさん@おだいじに:2008/02/16(土) 16:39:24 ID:6cvpDyaS
意外な良スレだ。

視点が鋭い。

アマルガムについての記載も楽しみ。

7 :名無しさん@おだいじに:2008/02/16(土) 17:20:11 ID:???
> あたかも治療して修復するより放置しろと言わんばかりです。この記述を真に受けて本当に放置され、
> 抜歯に至る歯があったとしたら山崎氏はどう責任をとるのでしょうか?

豚って、人の元気な臼歯を、調子こいてぼこぼこ抜いてるよ。
歯列(審美性)>咀嚼能力、究極的には抜歯こそ、香具師にとって
ベストの歯科治療チョイスなんだな。
それ言うなら、もっとちゃんと審美性高くやりなって。

8 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 00:43:16 ID:IYiHCeiQ
 現在虫歯の欠損を修復する目的で使用されている歯科材料には様々なものがあります。
なぜ様々なものがあるのかといえば、一つの材料ですべてをまかなうほど優れた材料が存在しないからです。
それぞれの材料には利害得失があり、う蝕の罹患状態、適応される部位、患者さんの要望などによって
その利点を最大に生かし、欠点を最小限にとどめる努力が歯科医師に求められます。
 さてアマルガムについてです。
アマルガムの利点は硬化時に膨張する唯一の歯科修復材料であり、
メタルインレーと異なり、セメントを介在させることなく、歯に適合する利点を持っていますが、
修復物が大きくなればなるほど、メタルインレーよりも正確性が劣り、
また、縁端強さが弱く辺縁部が破折しやすいのも欠点です。
よって、若年者の小さなう蝕の修復には向くけれども、一般的に成人の歯では、永続性の面で
正確に製作されたメタルインレーに劣るとされています。また、術後に知覚過敏を生じやすいこと、
歯や歯肉を黒変させることがあるのも大きな欠点です。
(続く)

9 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 00:44:45 ID:IYiHCeiQ
 こうしたことを踏まえた上でロッキー調布さんのGVBDOにおけるアマルガム修復を見ていきましょう。
すべて隣接面を含む複雑窩洞(かみ合わせの面だけでなく両隣に渡って修復が必要。大きく複雑な歯の欠損。)です。
これだけであれば、術者の技術が優れていたならば問題は起こらないかもしれないと言えますが、問題はそこにとどまりません。
右側の第一大臼歯(奥から2番目の歯、以降単に6番と呼称)はオンレー(半ば覆うようなカタチの修復)が施されていた部位です。
「ハカイシャハイシャ独特のスライスカットも加わって最悪の状態」と言い、それを除去して
「やっぱり中は虫歯の大爆発でした。」とはしゃいでいます。(スライスカットについては後に述べます。)
前後の歯と6番にアマルガム充填をし、翌日研磨すると思いきや6番はクラウンにすることが分かってきます。
確かにアマルガムで修復するのは困難な大きな窩洞ですが、クラウンにする必要があるのか?ということが私にはひっかかります。
頬側の遠心咬頭は見る影もありませんが、近心は1/2くらい、舌側の咬頭はかなりしっかり残っています。
これをすべって削ってクラウンにすることは山崎氏が批判するスライスカットの切削量を明らかに上回るものです。
明らかに削りすぎです。http://www.gvbdo.com/ptfile_luke/luke07.html ではスライスカットでは切削が多すぎると批判していますが、
その比ではありません。この歯は健康な舌側歯質を残したオンレーにすべきであったと私は考えます。彼にはそういう治療オプションは
はじめからないのかもしれません。


10 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 00:45:27 ID:IYiHCeiQ
さらなる問題点があります。下顎の右側6番には結局ゴールドクラウンが被せられます。見てきたように両側はアマルガム、
かみ合わせの相手になる上の歯の右側6番に入っているものはアマルガムです。そしてすべて有髄歯(神経のある歯)です。
ここでなにが問題になるのかといえば
ガルバニー電流です。これは口の中で種類の違う金属が接触すると唾液が電解質液として作用し電流を生じます。
これをガルバニー電流といい、歯に鋭い痛みを生じる。(アルミニウム箔を噛んだときに感じるキーンとした感じを想像してください。)
金合金とアマルガムが接触するような状態で修復を行うことは禁忌とされていたこともありました。今では禁忌とするほど実害はないが
万やむを得ない場合を除いてあえて接触させる必要性は皆無で、可能ならば同一金属で修復することが望ましいとされています。
仮に疼痛を感じないとしても、イオン化傾向の差により金属に電気的腐食が生じたりや金属およびその周囲に変色を招く可能性があるのです。
それぞれの材料には利害得失があり、う蝕の罹患状態、適応される部位、患者さんの要望などによって
その利点を最大に生かし、欠点を最小限にとどめる努力が歯科医師に求められると最初に私は記しておきました。この症例の場合はどうだったのでしょう?
次のような問題点があると考えられます。
1)本来であれば適切なインレー修復にすべき大きな欠損に対して、盲信するかのように愛用しているアマルガムを充填している。
これは術者のテクニックが良ければ問題のないことではあります。ですが、
2)オンレーを除去し、再びオンレーで修復すべき歯の全周囲を削りクラウンとしているが健全な歯をムダに削っていないか?
3)そのクラウンにゴールドを選択し、対合歯がアマルガムになってしまったのは、不適当な修復物の選択ではないか?
4)これはクラウン1歯につき20〜30万円という暴利と関係があるのか?

 一流の治療というのならば、このような凡ミスを犯すべきではないでしょう。
私の考えではこのロッキー調布さんの場合はすべてゴールドでやるべきだったと考えます。

次回はスライスカットについて述べます。



11 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 00:55:17 ID:IYiHCeiQ
6さん なかなかアマルガムもマジレスするとなると大変でしたよ(¨;)
実は私にも三カ所アマルガムあります。大臼歯の頬面溝にごまツブくらいのが。
でもう蝕&処置歯はこんだけ。やはり低年齢時の小さなう蝕はアマルガムがいいのかなと。

7さん そうなんです。このロッキー調布さんの抜歯された歯もはっきりした根拠は示されて
ないんです。これはまたいずれ追求します。

 ここをご覧のみなさん、とくに山崎先生、なにか仰りたいことがあったらどうぞ。
待ってます。

12 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 13:45:55 ID:IYiHCeiQ
スライスカット(スライス窩洞)について

 まず山崎氏の誤りを指摘しなければなりません。
スライスカットは東京医科歯科大学の総山孝雄先生が考案された、と山崎氏は記していますが誤りです。
1907年にM.L.Rheinによって考案されたものとはっきり学生向きの本にも記してあります。
また、スライスカットの利点について山崎氏は
「歯医者が高度な技術を覚える必要もなく、1本5分以下で削ることができ、後は衛生士や助手が印象を採り、
テンポラリーを付けて終わりにできる。」ことであり、
総山先生との会話で「それは昭和の40年代は歯医者の数が足らず、
いかに短時間で多くの歯を治すことが出来るかが重要で、内容は二の次だったからだよ」と語ったと記しています。
しかし、総山先生がそう語ったかどうか、本当にそのような会話があったかどうかはともかく
簡単で早いことのみがスライスカットの利点というのは明らかな誤りです。

 スライス窩洞が考案される以前には金箔を前提に歯が削られていました。金箔による修復を前提にした場合、
隣接面(隣り合う歯と歯の間)に虫歯が及んでいた場合、歯の両側には大きな箱形の空間を用意してある程度の幅と厚みが必要でした。
そうすると、どうしても深くなりがちになり歯の神経に近づきすぎてしまいます。そこで歯の削除量を少なくするとともに
う蝕になりやすい隣接面を保護する目的で考えられたのがスライス窩洞(スライスカット)です。
形成が簡単で、初期う蝕に対しては歯質の犠牲を少なくし予防拡大の効果も得られるのがスライスカットの利点と
されているのです。


13 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 13:47:27 ID:IYiHCeiQ
 スライス窩洞が考案される以前には金箔を前提に歯が削られていました。金箔による修復を前提にした場合、
隣接面(隣り合う歯と歯の間)に虫歯が及んでいた場合、歯の両側には大きな箱形の空間を用意してある程度の幅と厚みが必要でした。
そうすると、どうしても深くなりがちになり歯の神経に近づきすぎてしまいます。そこで歯の削除量を少なくするとともに
う蝕になりやすい隣接面を保護する目的で考えられたのがスライス窩洞(スライスカット)です。
形成が簡単で、初期う蝕に対しては歯質の犠牲を少なくし予防拡大の効果も得られるのがスライスカットの利点と
されているのです。
 最近ではMIといって最小の侵襲、すなわち健全な歯を極力削らず、可能な限りう蝕のみを除去して修復するという
考え方が主流になりつつあります。きっちりカタチを作ってとれないように詰めるのではなく、虫歯をとってとったところに
そのまま詰めて余計なところは削らないということです。
これは高分子材料(主にコンポジットレジン)や歯と修復材料の接着技術の進歩により可能になってきたのです。
(山崎氏はどうやらコンポジットレジンが嫌いのようで、グラスアイオノマーというセメントをよく使用していますが、
これについては機会を改めます。)
そうした流れのなかでは予防拡大という概念は古いかもしれませんが、これも症例に応じて考えるべき性質のもので、
誰でもMIにすればいいというものではなく、ハイリスクの患者さんにはあらかじめ予防拡大を行う方がよい結果となることも考えられます。
しかし、後に述べるように山崎氏のアマルガム修復はMIはおろかスライスカットより歯を犠牲にしかねないリスキーな部分を孕んでいます。


14 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 13:48:18 ID:IYiHCeiQ
 山崎氏はなんでもアマルガムという傾向が強いので修復に際しては隣接面にボックス(大きな箱形の空間)を
しっかり形成しています。アマルガム修復は箱形に形作るのが基本ですから、誤りではありません。しかし、
ロッキー調布さんの下の歯、左側の奥から3番目の歯(左下5番)を見てください。スライスカットした上にボックスを形成したため、
神経スレスレです。最小限の侵襲どころか、もう一歩で歯の神経をとらなければいけないかもしれない状態です。
もちろん、切削時の十分な冷却、無菌的な処置、歯髄保護につとめれば、そうならない可能性も十分あります。
もし歯の神経をとる(抜髄処置)に至った場合、歯は脆弱になりますから、今度は全体を削ってクラウンにしなければ
ならないかもしれません。また、直後に疼痛が生じなくとも、経年的な辺縁漏洩によって
歯の神経が死んでしまう(歯髄壊死)可能性もあります。アマルガムは充填初期において辺縁漏洩の大きい材料と
されているからです。
実際、GVBDOには「神経が簡単に死んでいる」という「おかしな症例」が増えているそうです。
おかしな症例というのが予見できなかった症例という意味であれば、
それは歯科医師として診断能力の不足を疑わせるものと言っていいでしょう。

 患者さんに施すべきはこのようなリスクの高い方法ではありません。腕がいいからこんなこともできるんだぞと
自慢できるような治療でもありません。確実性があって多くの症例で良い結果を残している方法がいいに決まっています。
スライスカットは簡単だからダメだというのは実は全く逆なのです。
繰り返しますが、ここの例から見てもやはりゴールドインレーが最適応の症例だったと結論づけられるのです。
次回は抜歯とその後の処置について述べようと思います。

15 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 17:05:45 ID:zdhx7SuL
うおおおお!

なんだこの良スレは!!

そしてあまりにも、あまりにもマニアックだァァァァァッ!

16 :名無しさん@おだいじに:2008/02/17(日) 19:28:05 ID:???
要するにY豚は物事を全く正しく理解読解できてないで、一方的な発想と
独善的な理論を構築して、患者の口腔をめちゃくちゃにいじくっていたわけなのか。
あなおそろしやー。
ま、香具師の場合、歯科治療以外でも、他人との対話が真っ当に成立してない
から、従業員をあることないことブログに晒さないでとお願いされたことを恫喝と
把握しちゃったり、論理破綻しちゃうんだろうね。

こりゃ、歯科免許の出し方考えないといけないんじゃないの?
おまいの方がハカイシャだわ。
っていうか、自分が嘘つきこそ、自分は嘘つきじゃないと主張したり
自分がハカイシャなもんだから、他人がハカイシャだとか
罵るもんなんだね。

17 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 18:44:17 ID:???
あのオッサンの中では一流の治療と思ってんだろうけど
今のスタンダードからは外れてた前時代的な方法ばかり
自己満足の趣味みたいなことは盆栽やら写真だけにして欲しいわな
ああ 盆栽も写真も迷惑かけてんだっけ?


18 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:21:26 ID:ZB/6YavR
このスレッドをご覧の方々へ 分かりにくい表現なんかがあったら教えてくださいね。
山崎氏がハカイシャかどうかはみなさんに判断していただくのがよいと思います。
この掲示板はGVBDOのサイトやブログと異なり、意見を異にする人(当然、山崎先生自身も)も
閲覧し、書き込むことが可能です。
私の考え方でここは違うのではないかとか、ここは勉強不足ではないかというようなことが
ご意見があったら書き込んでください。

19 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:23:34 ID:ZB/6YavR
 今回は抜歯についてです。修復不可能なう蝕、回復の見込みのない重度の歯周病などの歯は
役に立たないうえに、腫れや痛みで患者さんを苦しめ、根尖部や辺縁部歯周組織に慢性的に存在する
多量の細菌によって全身的にも悪影響を与えることから、抜歯を治療手段としています。
ロッキー調布さんはGVBDOで下顎の左下の一番奥の歯(以下7番と略)と
その奥に埋まっていた親知らずを抜歯ししています。この抜歯された7番は
「#18(7番)はもう根が腐って異臭さえするような歯ですから抜歯となります。
どんな金属を使っているのかはわかりませんが、劣悪中の劣悪であることに間違いはありません。」としか記述がなく、
レントゲン写真も示されていません。レントゲンを見れば修復不可能で抜歯すべきかの見当はだいたいつきますが、
レントゲン上でこれはダメかと思いつつも、慎重に治療していくと保存可能になる場合もあります。
ロッキー調布さんの7番を私が治療するとすれば、レントゲンで状態を確認し、保存できそうな可能性が少しでもあれば
現在入っているクラウンを除去し、歯の補強のために入っている金属(メタルコア)を
除去し、その上でう蝕の部分をすべて取り去って、健全な歯質がどれくらい残っているかを確認するでしょう。
ラバーダムのクランプがかけられるほど残っていれば、7〜8割程度は保存できると思います。健全な歯質が
歯茎の中に埋まるくらいの位置にあったとしてもそれが1mm以内であれば五分五分でなんとかなるかもしれません。
それ以上のダメージでは残念ながら抜歯するほかないと考えます。


20 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:25:00 ID:ZB/6YavR
山崎氏は7番をどうしたでしょうか?クラウンもコアもくっつけたまま抜歯しています。
レントゲンで回復不可能な根尖病巣があったのでしょうか?
抜歯理由は「もう根が腐って異臭さえするような歯ですから」だけしか述べられていません。
歯の根が腐ってしまった場合に行われるのが感染根管治療です。異臭があるのはクラウンの内部や周囲に
多くの嫌気性菌(酸素が苦手なばい菌が)いるからです。(被せられている金属の種類によって変わることはありません。)
この場合、クラウンおよびメタルコアの除去、う蝕の除去をしたのち感染根管治療を行うか、少なくとも試みるべきだったと
私は思います。抜歯した歯の画像を見た感じでは歯根が15mm程度でした。
やりようによってはなんとかなったのではと惜しまれます。

 根管治療についてはあれほど厳密にやろうとしている山崎氏がなぜそのようなことをしたのか?
実は山崎氏がこのような場合で根管治療を試みている症例も紹介されているのです。
             http://www.gvbdo.com/ptfile_luke/luke_index.html


21 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:25:43 ID:ZB/6YavR
こちらの症例では左上の奥から2番目の歯(以下6番)の歯のクラウンとメタルコアを除去し、感染根管治療を
行っています。ここで私が意外に思ったのがコアの除去に非常に苦労している点です。
除去に使ったバー(#1958のタングステンカーバイトバー)を8本もダメにしています。時間も30分かかったとあります。
「このドリルは1本500円程度のものですが、8本の合計では4000円にもなるので、ホケンではペイしない」というのは
その通りですが、私なら別の種類のバーと超音波スケーラーのバイブレーションモードを使います。
15分程度はかかるかもしれませんが、8本もバーをダメにすることはありません。
山崎氏の方法では#1958のカーバイトバー使っていますが、このバーは非常に折れやすいので除去に使う場合はコツがいるのです。
ラバーダムをしているといっても毎分40万回転もする金属の先が折れて飛んでいくわけですから、むやみに折るのは危険でもあります。
どうやら山崎氏はメタルコアの除去が得意ではないのかもしれません。


22 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:27:05 ID:ZB/6YavR
また、この「くらつくりのルカ」さん(以下ルカさん)の症例では歯冠がかなり崩壊しているにもかかわらず、強度的に有利な鋳造コアを使わず
アマルガムコアを使っています。アマルガムは強度の問題から、ピンなどが無ければ残った歯質より高く積み上げるような形態にはできません。
必然的に崩壊の進んだ歯は座布団かせんべいのような低く薄い状態になったままです。
これではクラウンを保持するのが困難で外れやすくなってしまいます。そこで山崎氏は電気メスを使って歯肉を切除し、
強引に見かけ上の歯冠長を長くしているのです。さらに、マージンは歯肉の縁から0.5mm上にしなければいけないと思いこんでいるため、
歯肉はどんどん焼き切られることになります。
(この部分の歯肉は付着歯肉といって歯周病から歯を守るのに役立つとても重要な部分ですが、ここでは詳述しません。)
なぜ鋳造コアを選ばなかったのでしょうか?それはメタルコアは金合金でなければならないという盲信ゆえではないかと思います。


23 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 21:27:47 ID:ZB/6YavR
 以下は推論です。
1)山崎氏はロッキー調布さんの7番を保存しようとした場合、メタルコアの除去ができるかどうか自信がなかった。
2)仮にメタルコアを除去できても歯冠の崩壊が著しく、アマルガムコアでは対応できないのではないかと考えた。
3)その場合、いつも言っている通り、鋳造コアにしなければならないが金合金を使い、さらにゴールドクラウンにしなければならない。
4)歯肉縁上0.5mmにマージンを持っていくには歯の高さが足りず、歯肉を電気メスで切ったら付着歯肉が足りなくなる。
4)そこまでやって根管治療が失敗に終わったら抜歯するほかなく、患者に責任を転嫁できない。
5)ゆえに最初からホープレスだったということで抜歯してしまおう。
ここの推論を裏付けるように「中はデタラメなこんちをされており、病巣は大爆発しており、
どんなに名医がどれだけ時間をかけてもすでに手遅れになっています。」と試みてもいないのに断言しています。

 7番は重要な歯です。なんらかの理由で第一大臼歯(奥から2番目の歯)を失った場合にブリッジが可能になります。しかし、
7番がすでになければ、取り外しの入れ歯かインプラントにするしか補う方法がなくなり、仮に入れ歯になった場合でも奥の方に
支えとなる歯があるかないかで入れ歯の安定性が大きく変わってくるからです。山崎氏が自分の症例は成功だったと言いたいが
ために7番を保存する努力を放棄したとするならば、歯科医師として最低の行為だと思います。
しかも7番を抜歯したとしても、その機能を回復させるチャンスがあったのにそれもムダにしています。(これについては次回。)

24 :名無しさん@おだいじに:2008/02/18(月) 22:04:09 ID:U2Yu+dHk
>>20
この患者さんは左下の7が抜歯されているので、術後の写真に咬合面観が無いんだよね。
写真を見せてしまうと、歯列がアンバランスになっているのが素人でも分かるからね。
それに左上7が挺出してくるんじゃないかと心配だよ。

>>21
>除去に使ったバー(#1958のタングステンカーバイトバー)を8本もダメにしています。時間も30分かかったとあります。

俺もこれは異常だと思う。というか下手糞すぎる。
確かにポストコアの除去には時間がかかるけど、8本もカーバイドバーを折るような下手な真似はしない。
上手く道具を使えていないんだな。

25 :名無しさん@おだいじに:2008/02/19(火) 11:13:31 ID:???
ふむふむ 時間かけて治療してるって自慢してるけど
単に仕事が遅いのかもね。根治もあんだけ時間かけて失敗だったらカッコ悪いし、
お金もとれないから、確実にできそうな症例選んでやってんじゃないの?


26 :名無しさん@おだいじに:2008/02/19(火) 18:51:20 ID:OIQ/oBOD
 ご指摘の通り左上7挺出の可能性およびその対策については全く触れられてませんね。
術後の咬合面観画像がないのもそういう理由かと容易に推測されます。
また、効率の良い器具の使い方をしていないから、破損させたり、時間がかかっているという可能性も
十分考えられますね。

27 :名無しさん@おだいじに:2008/02/19(火) 18:52:03 ID:OIQ/oBOD
 ロッキー調布さんの7番の機能を失わないで済む方法はなにか?
7番を抜歯したのち親知らず(以下8番)を移植するか、矯正力で近心に移動させるのです。
(レントゲンを見ていないので可能かどうかは不明な部分もあり。)
不思議なことにこの方法は他の症例で山崎氏も試みているのです。
ローラ浜松さんという人がすべての7番を抜歯した上、8番を近心に移動させるという治療計画になって
いて「ローラ浜松の歯列矯正は、昔は神様がしかできなかったことを、人間が代わって行う治療となりました。」
あたかも自分が神様かのように自画自賛しています。この方法をロッキー調布さんにしなかったのはなぜか?
何度か記したようになぜかレントゲンを示されていないのではっきりしたことは分かりません。
 しかし、8番の抜歯後の写真にヒントがあるような気がします。通常横になって埋まっている8番を抜歯する場合、
7番を傷つけないように歯肉を切開し、骨を削ったうえで8番のアタマの方(歯冠)と根っこの方に分割し、歯冠の部分を
除去してから歯根部分を抜歯するという方法が一般的です。
ロッキー調布さんの場合は7番は抜歯することになっていたので、7番を抜歯してから8番を抜歯することにすれば、
多少の骨の削除は必要かもしれませんが、歯を分割する必要はないのです。ところが、8番の抜歯後の写真を見ると
ボロボロになっています。親知らずを抜歯した場合、こんなにうまく抜けるのはGVBDOくらいでハカイシャにかかったら
どうなるか分からない!と言ってはばからない山崎氏が、ここでは「#32(8番)は完全埋伏の親不知でした。」としか言って
おらず、自慢めいたことを記していないのは珍しいことです。
さらにロッキー調布さんは「埋伏抜歯の手術で気が動転してパニックになり、顎(原文のママ)がおかしくなるなんて、
G.V. BLACK DENTAL OFFICE始まって以来の珍事でした。」とあります。なにがあったのでしょうか?


28 :名無しさん@おだいじに:2008/02/19(火) 18:52:44 ID:OIQ/oBOD
 これも推論です。
1)山崎氏は8番の抜歯に思いのほか手こずり、歯を分割しまくった。
2)それでも抜けなかったので、やむを得ず7番を抜歯した上で、アプローチを容易にしてから8番を抜歯することにした。
あるいは、偶発的なアクシデントがあって7番が抜けてしまった。
3)そのためロッキー調布さんは気が動転しパニックになった。
これはもう抜歯された歯なのでなんの証拠もありません。事実は山崎氏自身とロッキー調布さんにしか分かりません。
もしかするとロッキー調布さんは山崎氏に言いくるめられている可能性もあるので本人は自覚がないかもしれません。
術前のレントゲンを見れば、もっとはっきりしたことが言えると思います。(なぜかこの症例ではレントゲンがまったく出て来ないのです。)
 この推論が正しいとすると前回の7番の保存に絡む推論は誤りだったことになります。
そのことについては山崎先生に謝罪申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。
しかし、もしこれが正しいならば、ロッキー調布さんにかけるべき言葉は
「ロッキー調布の場合、根性がない! のでこれからは根性を鍛えないといけないのです。」とか
「歯が治ったんだから自信を持たなきゃだめだ!」とか
「これからは八巻健弐舎弟ロッキー調布を名乗り最強の男・八巻健弐・命の言葉をいつも思い出して生きるように。」ということではなく
「私の技術が未熟で7番とその機能を保存することができませんでした。高い診療費を受け取っていながらどうも申し訳ありません。」
というべきでしょう。
 
  なにがあったにせよ、24さんのご指摘の通りロッキー調布さんの左下7番は失われ、放置されたままです。
次回はこれを補うべきか否か、補うにはどうしたらよいかを考えてみようと思います。

29 :名無しさん@おだいじに:2008/02/20(水) 21:34:35 ID:Tt9drCY5
 今回はロッキー調布さんの失われた左下7番について考えてみます。
この歯がないまま放置されるとどういう問題が起きるでしょうか?
左上7番(一番奥の歯)は残っているわけですが、かみ合わせる相手がありません。したがって、
この歯は存在していても、かみ合わせの役に立っていないのと同じことになってしまうのです。
その結果、左上7番に生じる問題は、不潔になりやすいことです。
歯は上下の歯がかみ合うたびにお互いをキレイにする自浄作用(セルフクリーニングアクション)
がありますが、かみ合う相手を失った場合はその作用が全くなくなるのです。
次に問題になるのが歯の移動(挺出)です。歯の位置は上下や隣の歯が存在することで決められています。
手前の歯を失えば奥の歯が前方に傾いて来ますし、かみ合わせの相手の歯がなくなれば、
上に伸びてくる(挺出)ようになってきます。
つまり、左下の7番がない状態では、左上の7番はう蝕に罹患しやすくなり、何年かすると下に挺出してくることになります。
挺出してしまった場合、顎を左に動かすときに、左下の6番が伸びてきた上の7番と当たるようになる恐れもあります。
このように顎を動かそうとするときに、それを妨げるような歯の接触を、咬頭干渉(あるいは早期接触)といい、
顎関節症の原因にもなります。
山崎氏は「顎関節症は必ず治る」「日本の顎関節症はハカイシャによって起こされている、医源性のもの」と大書しておきながら、
自分自身は顎関節症を惹起しかねない状態で患者さんの治療を終えているのです。
 この失われた歯をどうしたらいいかを記すつもりでしたが、ブリッジ、入れ歯、インプラントについてどの程度説明したら
よいか考え中です。今日はこの辺にしておきます。


30 :名無しさん@おだいじに:2008/02/20(水) 21:50:08 ID:???
わかった。

要するに、GVBDO山崎ってドベタ&ハカイシャってことだな。

31 :名無しさん@おだいじに:2008/02/20(水) 21:55:26 ID:???
GVBDOに免許あたえて、店のさばらせておくのは公共の福祉に対する
害悪以外のナニモノでもない気がしてきた。
それも、ボランティアとか無料ならまだしも、高額の金をぼってる。
保健所って、こういうの取締できないの?

32 :名無しさん@おだいじに:2008/02/20(水) 21:58:11 ID:???
>>29
実際、「ほんとうのGVVDO」のHPの人、GVBDOで額関節
いじくられて以来、前は痛くなかったものが痛くなったって書いてあったよ。
額関節症の原因をつくるのが上手。

Y豚は絶対アメリカでも何かやらかしてるはず。

33 :名無しさん@おだいじに:2008/02/20(水) 23:46:56 ID:???
早速気功でも揉め事起こしてる模様。
原因はまた小さな金額か?
歴史は繰り返す…

34 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 01:23:51 ID:???
>>33
ソースは?

35 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 09:57:29 ID:???
良スレの悪寒

36 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 10:27:41 ID:???
保健所は明確な健康被害でしかも患者本人が申請しないと動かないんじゃないかな。
あとはなんか刑事処分受けたときに医業停止何年とかそういう処分になるかも。
そっちの方が可能性高いんじゃない?やっぱ詐偽でね


37 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 11:48:59 ID:???
人間に危害を加えるという点で取締できないもんなの?
肝臓ドミノ移植の場合は、患者の方が感謝してるのに、医師会とかこーろー省とかが
動いてるみたいじゃん。

38 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 11:50:40 ID:???
詐欺か名誉毀損で告訴されれば十分考えられる。

39 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 20:32:36 ID:Z+IfSyZh
>>34
ttp://ameblo.jp/kiko-power/day-20080220.html

40 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 23:16:45 ID:Wt49XhbV
 保健所が取り締まるケースというのはかなり限定されるものだと思います。
たとえば院内感染があったとか、あきらかな設備の問題があったなど。
歯科医師会の場合も歯科医師会に属している会員なら処分等も考えられましょうが、
山崎氏が歯科医医師会に属しているとは思えないのでこれもムリでしょう。
刑事罰が科せられた場合に医業停止などの処分があるのは事実なので、
そうしたことがあればその可能性もあります。
 ただ、刑事罰が問われる場合というのは因果関係が明々白々で重大な結果を招いた場合に限られる
(医療事故による患者の死亡や処置を誤っての過失傷害など)ので、
なかなかそうはならないのではないでしょうか?
 最近の例では保存的処置につとめず、また患者に同意を得ることなく歯を抜いたとして、
100万円くらいの損害賠償が支払われた例がありましたが、民事なので保険医停止・医業停止などの
処分はありませんでした。

 私の考えでは「二度と歯では悩まない」と言っておきながら再治療が必要になるというのは
詐欺ではないかと思っているのですが、これも「二度と歯で悩まないように」というスローガンだとか
「二度と歯で悩まない治療を目指している」と言い逃れそうな気もします。


41 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 23:18:26 ID:Wt49XhbV
・失った歯を補う方法について
 失った歯を補う方法は一般に(保険診療では)ブリッジ、入れ歯のいずれかの方法がとられます。
ブリッジとは失った前後の歯に被せるカタチ(部分的あるいは全部)を作り、失った部分も含めて3つ(あるいはそれ以上)の
歯が連結したものを装着し、固定する方法です。入れ歯(部分床義歯)は失った歯と歯肉を模した形態のものを残った歯に金具で
とめる方法で、ブリッジと異なり着脱式になっています。(細かい説明は省きます。)
ブリッジの利点は固定式のため違和感がほとんどなく、自分の歯と同じような感覚で使用できる点で、欠点は歯を
削らなければならない点です。部分床義歯の利点はほとんど歯を削らずに済む点ですが、装着当初の異物感や
着脱を要する点で扱いが面倒なところが欠点です。
 ロッキー調布さんの場合は、一番奥の歯を失っているところから、ブリッジにする場合は前二本の歯を連結して被せ、
奥に小さなダミーの歯を設ける方法(延長ブリッジ)にすることになります。しかし、延長ブリッジは奥一本を前二本で支えるという
力学的に不利なカタチであるため、安定性に欠けます。
かといって、奥の歯一本のためにわざわざ部分床義歯を装着する煩わしさを感じなければならないのも考え物です。
一番奥の歯を失った場合はブリッジにせよ、部分床義歯にせよ補うのにいろいろ難しい問題を託つことになるのです。


42 :名無しさん@おだいじに:2008/02/21(木) 23:19:09 ID:Wt49XhbV
 では、どう処置するのが最もよいか?
歯を余計に削ることなく、異物感や煩わしさを感じないで済む方法はあるのか?
これはインプラントをおいて他にないのです。(保険非適応)
これは山崎氏がなぜか執拗に非難を繰り返している治療法でもあります。
なぜこれほど非難するのか?は、山崎氏が行っているアメリカで一流と称する治療の中身を見れば想像できます。
山崎氏の治療は高分子材料が未発達な30年以上まえであれば、一定のスタンダードに基づいているように見えます。
しかし、現在の水準から見れば、必要以上の歯の削りすぎや、審美的材料の考慮不足、時代遅れの金合金至上主義など
問題点がいろいろとあります。(一番の問題点は高すぎる治療費ですが)
インプラントについても彼のアタマの中は30年前のままと考えられるのです。
その証拠にインプラントについての非難は
ひたすら寿命と費用に集中しており、インプラントの素材、形態、術式などの具体的な批判はまったく記されていません。
おそらく内容を知らないで批判・非難しているのでしょう。インプラントについてはまた次回に。

 確かな事実は以下の通りです。
1)山崎氏はインプラントによる補綴治療ができない。
2)ロッキー調布さんにそれに替わる有効な補綴処置をせず放置している。
3)その結果、惹起されうる問題点について理解していないか、理解できていたとしても意図的に無視している。
4)その後、問題を解決することなく矯正治療をすすめていて、当然矯正治療後も未解決のままである。
5)主訴には「歯を白くしたい」とは一言もないにもかかわらず、ホワイトニングを行っている。
 インプラントについては次回少し詳しく述べようと思います。


43 :名無しさん@おだいじに:2008/02/22(金) 01:15:39 ID:???
次、まだー?

44 :名無しさん@おだいじに:2008/02/22(金) 07:29:33 ID:ofhbe1FH
軟化していても再石灰化しえる象牙質がある。
染色してそういう所は残し、結果として不規則不定形な窩洞
に接着力のある高分子材料を充填して修復する。
という考え方は総山孝雄先生の理論であり、各大学の教授が
ほとんど彼の弟子であったために日本のスタンダードとなった。

しかし、当時の国際学会にとっては異端な考えであり、特に
アマルガムに大きく依存している米国歯科学会には到底
受け入れられない考えだった。

アメリカで教育を受けた人間から見れば日本の治療は
悪いところを残しているように見える。

ただし不勉強ではあるね。接着に依存した修復技術は
今はグローバルスタンダードだし。
修復物を外したら全部虫歯の大爆発?
インレーを知らないんだよね。アンダーカットがないから
虫歯になる前にセメントが溶けて落ちてくる。少なくとも
容易に外せるはずだし、外した後にセメントがたくさん
残っているということはそこは酸性環境になっていなかった
ってことです。
外す必要のない修復物を外しまくって、削る必要のない
歯を削って、歯として持つべき形状を与えずに治療を終えて、
アメリカの歯科医の10倍以上の料金を徴収している。
医療保険に加入できないか、低グレードの契約しか出来ない
低所得者向きの治療で大金を取っている。

裕福な白人が金属が見えるような治療を望むわけがない。
ハリウッドの俳優で金属が見えるやつが居るか?
アメリカの超一流の歯科医っていうのは、そういう人が
治療を受けに行く人のことです。

45 :名無しさん@おだいじに:2008/02/22(金) 10:42:51 ID:DdR4syjH
>>44
>医療保険に加入できないか、低グレードの契約しか出来ない
>低所得者向きの治療で大金を取っている。

ほんとうの低所得者向き治療は全部アマルガムって聞いたことがあるけど、
あまりにも大きいカリエスの場合はそれをクラウンにするって感じですね。
で、材質がゴールドってだけの話ですね。

46 :名無しさん@おだいじに:2008/02/22(金) 19:15:51 ID:2z0Fb8ak
GVBDOを受診するかどうか検討している人にとって
大変参考になる科学的根拠にもとずいた適切な意見だと思います。
たぶん、すごく優秀な歯科医がたちあげたスレだと思います。
読むのが楽しみです。

47 :名無しさん@おだいじに:2008/02/22(金) 22:19:13 ID:D99UQ7Tp
私(このスレッドを立ち上げたもの)はインフルエンザに罹患したため、
インプラントについては回復後に記すつもりです。スイマセン
 やっぱ気功やんないと?(¨;)

48 :ポヨ:2008/02/22(金) 23:11:24 ID:68tqP5vs
インフルエンザとは、大変ですね、お大事に。
総山先生の、とにかく辺縁漏洩を防げという理論は、
今でこそあたりまえですが、昔はなかなか理解
されなかったみたいですね。随分先をいったひとでした。
僕も山崎先生がカリエスチェックもつかわずカリエスを除去してるのは、
疑問です、かなり削りすぎているとおもわれます。日本の歯科医が考え
たものは使いたくないのかもしれません。
金属がみえる治療なのですが、20年位まえに、医科歯科大学の学会で、
筒井先生の症例スライドに、下顎の6番7番にゴールドクラウンがあるのを
山崎長郎先生が、見栄えが悪いとばかにしてたのを思い出しました。
きちんとした力学を与えれば、セラミックも壊れずきちんと機能しますもんね。
。GVBDOの山崎先生には、一例として、是非 H.SHAVELL先生の症例をインターネットで
ットで検索して見て欲しいです。


49 :名無しさん@おだいじに:2008/02/23(土) 00:00:49 ID:/XxpSipe
ホーレンバック先生の症例のスライドを見せていただいたことがある。
ゴールドのインレーだけれど、角度が計算しつくされていて笑っても
全く見えない。
歯肉は完全に健康で、金属も昨日セットしたかのような光沢を放っていた。

セットしたのは50年前だというのに。

超一流っていうのはこういう事だと思う。

日本でもこういうクオリティの仕事が出来る人は二人は居たと思う。
患者さんの口の中を見た瞬間に質の高さを感じる。

さまざまな理由があって自分のところに来られたのだけれど、
残念ながら自分はこんな質の仕事はできないので応急処置は
したけれど主治医のところに戻ることをお奨めした。

GVBDOから患者さんが流れてきたら躊躇せずにすべてやり直す。
気の毒だけれど矯正もやり直しだろう。めちゃめちゃにしちゃっている
からかなり困難な道のりだろうけれど。


50 :名無しさん@おだいじに:2008/02/23(土) 00:10:59 ID:???
なんか、このスレ読んでると、GVBDO山崎って、技術的には、日本の底辺に位置しているようだね。
患者をこのスレを読ませてあげたい。いや、むしろ真実を知らせない方が、かなり親切かw

51 :ポヨ:2008/02/23(土) 09:27:00 ID:caGUFbYm
僕の母は、86歳ですが、やはり、50年位前に、上顎の左右5番6番
のMODインレーを、原田良種先生にいれてもらい、いまだにピカピカ
です。原田先生はとっくに亡くなりましたが、口の中に入れる金属は全て白金加金
しかも自分でブレンドしてつくり、東工大の花沢教授に物性を分析してもらい
お墨付きをもらって初めて臨床で使っていたとのことです。印象は隣接面
を含むインレーはカッパーバンドで圧排してぴったりに製作してました。
副院長は後に横浜で開業されたいまは亡き丸森先生。徹底したブラッシング
指導をしてたそうです。当時は歯科衛生士がほとんどいないため、
女性の歯科医師が、いまでいうPMTCを行っていました。しかも、
当時は反対派も多かったフッソをそのあと塗布しています。
驚くことに器材も今とほぼ同じです。バイオフィルムという概念は当時
なかった(昭和30年頃)とおもうのですが、なにかつかんでたのでしょうね。
保険は扱わず、午前と午後2〜3名のみの診療だったそうです。この先生の偉い
ところは、地元の歯科医師会にも入りかつ協力的で、見学も受け入れ、アメリカ
の治療法をおしみなく教えてくれていたそうです。GVBDOにもそのような
スタンスをとって欲しい気がします。
今の日本にはもっともっと優秀な歯科医が沢山います。
GVBDOの言うハカイシャハイシャが大半というのは言いすぎとおもいますが?
GVBDOは日本の底辺ではありませんが、たいしたこともありません。

52 :名無しさん@おだいじに:2008/02/23(土) 10:10:54 ID:xbhT2Ftm
49です。
二人居た、のうちの一人は丸森先生です。


53 :ポヨ:2008/02/23(土) 13:26:05 ID:caGUFbYm
驚きました!何という偶然。

54 :名無しさん@おだいじに:2008/02/23(土) 14:05:12 ID:JBphClMe
実名出せば、生前懇意にしてたと言い出すよ。
あいつは、そういう人間。

55 :名無しさん@おだいじに:2008/02/24(日) 10:14:59 ID:CPoJTXWZ
>>54 その通り!

どうしてこういうスレで本当の名医の実名を挙げてはいけないかというと、

そ の 先 生 に 迷 惑 が か か る か ら

詐欺師はすぐにそれを利用しようとするからね。

56 :名無しさん@おだいじに:2008/02/24(日) 18:52:17 ID:???
軟化象牙質をのこして水酸化カルシウムを使ったって記述がどっかにあったんだが、これも一生持つ治療なのかね。
あと、ソウルのかよちゃんはどっかにカリエス残ってたのに、ブラケット付けてたな。
ちょっと写真が見つからない。

しかし、こいつさ手が遅いよな。
1時間かけて一生懸命やりました。なんて書いているけど、単にのろいだけw
学生実習かっつうのw

57 :名無しさん@おだいじに:2008/02/24(日) 23:19:06 ID:OJ4JCwJk
時間をかけて治療費が高いのを患者に納得させてるのでは?

58 :名無しさん@おだいじに:2008/02/25(月) 20:03:23 ID:wh2n01zO
>エミリー日向(ひゅうが)が福岡から飛行機で歯列矯正のチェックにやって来たので、いろいろと注意しました。
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEには全国から治療にやって来ているので、
>新しく来た人は自分よりも先に来ている同じ地域の人を手本とする場合が多いのです。
>ジュピター福岡がおかしくなっているのはエミリー日向(ひゅうが)がおかしくなっているからであり、
>それを指摘し、どのようにしたら改善出来るかも教えました。
>エミリー日向(ひゅうが)の歯列矯正は昨年の12月にBOの予定でしたが、エミリー日向(ひゅうが)
>の管理と日々の行動がおかしいためにまだ調整をしているのです。

また患者さんのせいにしてますね。

この先生、自分の思い通りに治療が進まないと全部患者さんが悪いことにしてしまう癖、というか病気をお持ちのようです。

このエミリー日向さんは、ジュピター福岡さんという、別の患者さんのことでも責められています。
自分以外の患者さんがどうしようと、まったくエミリーさんには関係ないでしょう。
どうして歯科医師から別の患者さんのことで説教されなければいけないのでしょう?

59 :名無しさん@おだいじに:2008/02/25(月) 21:35:35 ID:sH09Cwcx
ネット上でこれほどの悪評があるGVBDOを
選択したのは、他ならぬエミリー日向さん本人だからね。

かわいそうだが、自身の選択を嘆く他ない。
高い高い授業料だったと諦め、福岡で矯正専門医で評判の
いいところで再治療してもらった方が予後も良いだろう。
これから先のこともすべては本人が決めることだね。

飛行機で東京まで行き時間とお金を費やし

>ジュピター福岡がおかしくなっているのはエミリー日向(ひゅうが)がおかしくなっているから

こんなたわごとを聞かされて、なんつーかもう

修行するぞー修行するぞー修行するぞー修行するぞー修行するぞー修行するぞ
こんな世界とたいして変わらない。

60 :名無しさん@おだいじに:2008/02/25(月) 22:01:42 ID:???
ジュピター福岡がGVBDOの患者向けにネガティブキャンペーンをはじめてるんだな。
その手始めが、エミリー日向ってことか。このスレよんで洗脳がとけたのかな。

61 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 00:55:34 ID:DcVWkKMT
 久々登場です。インプラントについて記します。
解説的なことは後述するので、治療法の概要についてはそちらを見てください。
まずGVBDOがインプラントについて主張していることについて検証して行きましょう。
GVBDOのサイトでは最初にインプラント手術を受けた際に、死亡事故が発生したことについて触れています。
自らの解説もなしに掲示板のコピーをして、悪戯に不信感を煽っています。
インプラント手術だけが他の歯科処置に比して特別に危険だということはありません。
誠に残念なことですが、歯科治療では様々な医療事故や偶発症がどのような処置であれそれに伴って起こり得ることを
まず認識しなければなりません。
局所麻酔によるアナフィラキシーショック、ラバーダム時の嘔吐による嚥下性肺炎、クラウンやリーマーの誤飲など
頻度は非常に希でも年間に何件かは起こっているのが現実です。インプラントの症例だけをフレームアップして
とりあげるのは不公正というべきです。
では、インプラント手術がどの程度のリスクかといえば、歯周外科処置
(歯周病を治すために外科的にポケットを除去したり、骨の形態を修正したりすること)と同程度であろうと思われます。

62 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 00:56:19 ID:DcVWkKMT
 次にインプラントの寿命についての記述があります。「現在のところ5年以下の予後しかありません。」と参考文献も
論拠も明示せず断定した上で、「自分の臨床経験と科学的な考察からして何の根拠もない
単なる金儲けのための宣伝文句に過ぎないと思っています。」と言い放っています。
インプラントについて山崎氏は臨床経験はゼロと考えられるので、”科学的な考察”が欲しいところですが、なにも記されていません。
私たち(諸先輩方も含んで)の経験では黎明期のインプラント治療でも、25年以上も問題なく経過している症例が
複数あります。これはセラミック製のブレードタイプという今では古いやり方でしたが、それでも成功例は豊富に存在するのです。
公平に失敗例にも触れます。骨とインプラントがしっかりくっつくかなかったものも全体の約20%で見られました。
そういった例ではインプラント摘出術を行っていますが、骨開削をブレードに沿って行い、
極力、頬側の骨を保存したため問題なく部分床義歯を装着しています。
GVBDOのサイトにおいて「失敗した後は、歯ぐきの中の骨がえぐられたようになくなり、その後、
良い入れ歯をつくるのは至難の技となります。」とあるのは、骨膜下インプラントの予後を指すと考えられますが、この方法は
論理的に成り立つ方法ではなく、現在では誰も行っていない方法です。
ブレードタイプインプラントの摘出が困難で頬側の骨を大幅に削った場合には、
確かに義歯の作製は困難になることもあると思われます。
しかし、現在広く行われているインプラントは歯根型といって直径3〜4mm、長さ8〜18mmのものであり、
もし失敗し摘出が必要になっても、小臼歯を抜歯した程度の骨欠損しか残りません。
したがって、「歯ぐきの中の骨がえぐられたように」なることはありません」。


63 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 00:57:25 ID:DcVWkKMT
 現在の歯根型インプラントでは5年成功例は95%程度、10年でも90%程度となっています。適応症を厳密に選んで施術すれば、
100%にかなり近づくと思われます。比較的新しい治療法のため、20年以上という報告はあまりありませんが、
GVBDOの「“インプラント”は現在のところ5年以下の予後しかありません。」という記述は
明確な誤りです。「神経が簡単に死んでいる」おかしな症例が増えているGVBDOに
「虫歯に詰め物をしたら少なくとも20年は予後を保障します。」と言われたところで私は信用しませんが、
10年良好に経過しているインプラントは、おそらく、さらに10年は問題なく機能するだろうと考えます。
「インプラントをするということは、数年後に起こりうる失敗という事実」ではありません。
さらに「その後の人生を歯のないみじめな顔で食べたい物も食べられずに暗く生きなくてはならないという現実」とまで
書いていますが、そういう人を山崎氏は見たのでしょうか?

 私は予後不良な骨膜下インプラント摘出後の症例を研修会のスライドで見たことがあります。
無歯顎(全く歯がない状態)の症例で、顎堤(歯を失ったあとの歯茎の盛り上がった部分)は炎症により凹型になり、
義歯の入るスペースは全くありません。どんな総義歯の名人もやりようがないだろうという状態でした。
この症例はなにを用いて噛めるようにしたか?というと、
歯根型インプラントを用いた有床型固定式のブリッジでした。劣悪なインプラントにより総義歯の作製が不可能になった人を
救ったのは、適切なインプラントによる治療だったというわけです。
この方がGVBDOに行くことになっていたら
「その後の人生を歯のないみじめな顔で食べたい物も食べられずに暗く生きなくてはならない。」と言われるだけだったのでしょうか?


64 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 00:58:12 ID:DcVWkKMT
 インプラントの費用についても触れておきます。医療機関により幅がありますが、1歯あたり15万円〜30万円くらいで、
ちょうどGVBDOのクラウンくらいです。ということは、ブリッジで一歯を補う場合、両側の歯を削ることなく、GVBDOの1/3の費用で済むわけです。
GVBDOのサイトでは入れ歯を作ろうとしたら500万円でインプラントを薦められた方の相談に乗るカタチで、補う歯の数を不明にしたまま、
その答えを記しています。仮に総義歯で完全な固定式にしようとしたら埋入するインプラントの数も増えるのでそのような例もあるかもしれません。
しかし、500万円もかけて全額に多数のインプラントを埋入する症例は希で、多くは部分的な歯の欠損を補ったり、条件の悪い顎堤に対して
総義歯の安定を補うために2〜4本のインプラントを利用するのが一般的です。したがって、GVBDOの総義歯の作製費用150万円と同等か
それ以下の費用になるはずです。
「インプラントというのは5年のために500万。1年で100万。1日2739円程度。」という山崎氏の理屈付けは最初から成り立ちません。
さらに続けて書かれている「これだけのお金を毎日自分の体がボロボロになるために払い」というのも間違いというよりデマと言っていいでしょう。
「5年後には、とりかえしのつかない事態が待っている『歯医者が儲けるための商品』の値段です。」については、繰り返しを避けるため、
「儲けるための商品」という言い回しについて考えてみましょう。先ほども述べたようにインプラントで歯を1本補うのはGVBDOでブリッジにするより
安いのです。しかも、ブリッジのように余計な歯を削る必要がなく、インプラントの方が優れている面も多くあります。
見方を逆にしてみましょう。クラウン1つでインプラント並の治療費を受け取っているのは誰か?ブリッジにした場合、インプラントの3倍もの費用を
得ているのはどこの歯医者か?答えは明らかですね。歯科医医院も経営のために利益が必要なことは否定しません。
しかし、旧式のやり方(悪いやり方ではありません)で最先端のやり方の3倍もの治療費を得ている山崎氏に、
「歯医者が儲けるための商品」とか「単なる金儲けのため」などと非難する資格があるとは到底考えることは出来ないのです。


65 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 01:00:06 ID:DcVWkKMT

「アメリカで一流のDentistと目される人で“インプラント”を行っている人に私は会ったことがありません。」とありますが、これはどういうことでしょう?
「私(山崎氏)はアメリカをある程度回った。その中で一流と目される人と表現してもいいなと自分で思った人が何人かいた。
けれどもインプラントを行っている人には会っていない。」ということなのか、「アメリカで一流のDentistと目される人はインプラントなんぞは行わない。」ということか
不明です。わざと曖昧にしているのかもしれません。後者であるとすれば、アメリカではアマルガム修復が一流の治療と同じくらいの大嘘です。
前者の言い分であれば、分からなくもありません。山崎氏はインプラントを熱心にやられているドクターにわざわざ会いに行くとは思えないからです。
補綴、口腔外科、審美歯科そして矯正においてすら、あらゆる領域でインプラント治療は導入されつつあり、その状況は日本でもアメリカでも同様であるというのが現状です。


66 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 01:00:43 ID:DcVWkKMT
最後の記述について触れましょう。「8年後には口腔外の臓器 に炎症を起こす例がかなり見られます。」
最初は5年で失敗と言っていたのに、ここでは8年になっていますね。
それより困惑するのがおおざっぱに過ぎる記述で「口腔外の臓器の炎症」ってなんでしょう?
コメントのしようがありません。インプラント周囲炎で菌血症になり遠隔臓器に感染が及ぶということでしょうか?これは歯周炎と同じ状態で、インプラントのせいではなく、
口腔清掃状態が不良だったことが主な原因でしょう。インプラントそのものに問題とも言っていますから、チタンで金属アレルギーが起きて掌踵?胞症のような症状が起きたのでしょうか?
それも考えられません。チタンはもっとも金属アレルギーが生じにくい生体親和性の高い金属だからです。あったとすれば、貴重な症例報告となるでしょう。
おそらく、8年間の間に種々の全身疾患に罹患する人が増えた。それがインプラント後8年という人が多かったということだということでしょう。いずれにしても
「専門医が口腔内の知識しかもっていないためこれはおきます」と詳しい見解を留保しているのは、インプラントとの因果関係があるかないか理解できないだけでなく、
患者のどこになにが起きているのかも分かっていないということでしょう。こういうものは症例とか予後経過として記すのではなく、勤め帰りに独り言で言うべきことで
そんな程度のことを書かれても専門家も患者も混乱するだけです。
「G.V. BLACK DENTAL OFFICEによく来る、3年前までインプラントを1年に300本以上していた斉藤医師のインプラントが全身に与える影響からの体験談。」というコーナー
はすべて削除して欲しいと思います。


67 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 01:02:33 ID:DcVWkKMT
 ・インプラントについて(補足)
歯科用インプラントは歯を支える骨に人工の歯の根に替わるものを埋め込み、その上に失われた歯を
再現する方法です。その形態により歯根型、ブレード型がありますが、現在ブレード型を用いている歯医者はいないと思われます。
また、骨に埋め込むのではなく骨と骨膜の間に金属フレームのようなインプラントを埋入する方法もとられたことがありますが、
今では用いられていません。
現在主流となっているインプラントは直径3〜4mmくらい、長さ8〜18mmくらいの円柱状(歯根型)で、
材質としてはチタンまたはチタン表面に歯や骨の構成分子であるハイドロオキシアパタイト(以下HAと略)を蒸着したもの
が用いられます。
これを歯槽骨に埋め込む1次手術後、インプラント体が骨としっかり結合するまでの期間(3〜6ヶ月)をおいたあと、
粘膜面からインプラントにアプローチし歯肉の治癒をはかる2次手術にわけて行われます。インプラントが骨に
しっかりくっついて(オッセオインテグレーション)いれば、その上に上部構造が作られます。


68 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 01:05:21 ID:DcVWkKMT
インプラントはブリッジのように歯を削ることなく、また入れ歯のように
異物感を感じることがない点意外にも次のうような利点があります。
1)ブリッジが不適応な奥の歯がない状態でも固定式のもので補える。
2)入れ歯が苦手とするすりつぶす、砕くという動作だけでなく、かみ切る機能も十分ある。
3)人工歯根が良好な状態に保たれていれば、後に生じた歯の欠損にも柔軟に対処できる。
4)ブリッジや入れ歯の安定に利用することもできる。
欠点は
1)費用が高い。(一本あたりの埋入手術費10万円程度、上部構造は15万円程度)
2)外科的な手術が必要
3)神経管や副鼻腔などの位置関係により適応でない場合もある。
(その場合も可能にする方法はあるがかなり大がかりにならざるを得ない)
4)滑質や創傷治癒に問題のある糖尿病のある全身疾患、喫煙者は不適応。


69 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 01:05:54 ID:DcVWkKMT
 現在のインプラントの特徴をあげると
1)チタン製(またはチタンに表面加工したもの)で歯根型
2)無菌的に行われる骨へ埋入するための1次手術後、骨としっかり結合する(オッセオインテグレーション)ための期間をおく。
3)その後、粘膜面からインプラント体にアプローチし歯肉の形態を整えるための2次手術を行う。
4)クラウンやブリッジなどの上部構造をその後、作製しスクリューまたはセメント合着。
精密に加工されたチタン製の人工歯根が作られるようになり、無菌的に行われる1次埋入手術、
オッセオインテグレーション確立後に行われる2次手術という、2ステップで行う術式で行われるようになってから、
インプラントは信用にたるべき歯科補綴(歯を補う処置)になったと言えます。
施設にもよりますが5年後の成功率は約95%、10年後でも90%くらいになってきており、適応症を選び、
訴着後のメインテナンスがしっかり行われれば、ブリッジや入れ歯と同等の寿命が得られると私は考えています。
20年後以上のデータがあまりないのは新しい技術のためです。
 また、仮にオッセオインテグレーションが得られなかった場合や装着後に細菌感染により修復不能なインプラント周囲炎に陥った場合は
失敗となるわけですが、歯根型のインプラントは直径3〜4mm長さ8〜18mm程度なので、
歯槽骨が大きく破壊されて義歯が装着できなくなるようなことはほとんどありません。
そのようなことが問題になるのは20年以上まえによく行われたブレードタイプのインプラントの場合です。問題が起こって
インプラント対を摘出する必要が生じたときに、顎骨内に大きく(30mm程度)埋め込まれたブレード部分を取り出すのに
大きく顎の骨を削らなければならなかったためです。また、骨膜下インプラントは感染し炎症が生じると顎骨全体に
波及するため、歯槽骨は大きく吸収され、その後に義歯を装着するのは極めて困難になります。
このいずれの方法も今は用いられていません。


70 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 02:03:14 ID:???
すごいよく判ったよ。続きまってるから。

しかしY詐欺って、ほんと知識と技術が30年前なんだな。
やってること爺医レベルじゃん。こういうの野放しにしてていいの?

71 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 02:07:49 ID:???
カリエス除去の時に粉が出るのは注水してないからだよね
ビタベックスを押し出すのも今はやらないほうがいいといわれてないっけ?
どっかにあった根尖にわざとファイルを折り込んでおいたっていうのもいい訳くさい。
「破折ファイルの処理をさせたら日本では間違いなく一番!と言われている山崎先生」らしいのに

72 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 02:23:17 ID:???
上顎洞にビタベックス押し出して放置したり、下歯槽菅スレスレまで入れたうえ、さらに追加してるのもあるね。

73 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 11:52:00 ID:ATS8JhiW
根尖病巣を攻撃などと馬鹿な事を言って造影性のある薬剤を
むやみに注入して、フィステルがあればいいのだけれど
そうでなければ、与えないでよいひどい痛みを患者にもたらすことも
考えられます。ほんとに乱暴です。


74 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 12:41:40 ID:ATS8JhiW
歯科医が読んでも勉強になるし、
一般人でも充分理解できる。
すばらしい!

75 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 13:37:59 ID:???
感染根菅だけでなく抜髄根菅でも生理的根尖孔をハカイして、
根尖にビタペックスだかカルシペックスだかを意図的に溢出させてるのもあった。
単に患者に苦痛を与えるだけでなんの意味もない。


76 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 14:01:15 ID:pyVNOgtD
>>75
感染根管では、いわゆる生理学的根尖孔は吸収して存在しないからね。
よって、厳密にはアピカルシートもつけられない。

「根尖病巣」というのもわかってないね。
根尖の透過像はあくまで歯根膜が肥大した「根尖病変」であって、
多くの場合「病巣」は根管内にある。
根管内の病巣を除去してしまえば根尖病変は治る。
根尖病変にアプローチするのは、影踏みのようなもので無駄なこと。

77 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 14:29:43 ID:ATS8JhiW
その通りですよね。

78 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 15:29:09 ID:pyVNOgtD
http://www.gvbdo.com/ptfile_asada/asada_index_ortho.html

矯正が終わって右上の臼歯の対合関係が改善されてないのはどうしてなんだろう?
修復、補綴、ホワイトニングが終わってあの状態でいいんだろうか?
ブラックマージン、ブラックトライアングルは、今や素人でも気にする時代なのに、
どうやって言いくるめているんだろう?
「縁下マージンはダメ」で押し切ってるんかなぁ?w

79 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 17:15:00 ID:???
顎関節症の治療はやってないですよね。この人。
咬合を検討した様子はなし。虫歯(?)削って歯を動かして白くしておしまい。

患者からのクレームが直接聞かれないのは独特のムンテラ(?)ゆえでしょうか?
こんなんで顎関節症は治るなんてよくアピールできますよね。


80 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 17:42:27 ID:???
クレームすると、患者の職場とか家族に嫌がらせ電話がいくらしい。
GVBDOでぐぐると、その辺の事が書かれたスレがあった。

81 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 19:31:32 ID:BE0redA8
>>79

治らない→クレームする→ネット上でドキュン扱いされる→治療拒否される

→職場などに嫌がらせの電話がくる→泣き寝入り

今まで警察に訴え出た人がいないだけで、いつ訴訟になってもおかしくないって。

82 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 23:24:57 ID:DcVWkKMT
ロッキー調布さんの症例検証は欠損を補わず放置したことから、インプラントについて
触れました。ちょっと長すぎましたでしょうか(^^ゞ
 今回は顎関節症について触れますが、おそらく何日かに渡って記述することになるかと思います。
そもそもロッキー調布さんの主訴は顎関節雑音および疼痛・違和感でした。
GVBDOのサイトには顎関節を診察したのか、したとすればどのような状態であったのかが全く記されていません。
どのような方針で治療したのかも記されていないのですが、う蝕を治療し、ホープレスだったと主張する左下7番と
親知らずを抜歯しただけで「顎関節症を完治させたので、今後問題が起きないように将来のためを考えて」矯正をはじめています。
最初の診査の状態が記されていないので改善の具合は全く不明です。

 ここで顎関節症の簡単な診査について記しておきます。
1)開口障害の有無。有った場合には開口量。
2)関節雑音の有無と質・雑音が発生するタイミング。
3)筋肉の圧痛。
たったこれだけです。こんなことすらしていないのか?していたとしてもなにも記述はないのはなぜか?
また、関節雑音は無くなったのかどうかも不明です。極めて疑問に感じます。


83 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 23:25:41 ID:DcVWkKMT
「顎関節症が治る治療・患者力」というところ(URL下記)にGVBDOの考え方が述べられているのでそれを見ていくことにします。
まず、日本における顎関節症は医元性であると記してあります。確かに咬頭干渉を生じるような修復物・補綴物によって
顎関節症が生じたと考えられる場合はあります。しかし、すべてではありません。
明らかに咬合に対して問題ある補綴物があっても、顎関節症になってしまう人と全く問題なく過ごしてしまう人がいます。
一方で歯科医院に行ったこともない人が顎関節症になることもあります。これはこの疾患が様々な要因が絡んで生じていることを
示唆するものです。
 顎関節症(狭義)とはなんらかの原因により、顎関節窩の関節円盤が前下内方にずれることによって生じる
1)関節雑音2)開口障害3)疼痛を主徴とする病態ですが、この「なんらかの原因」に様々な要因が考えられるということです。
咬合(かみ合わせ)以外にも、生活習慣や習癖(頬杖、うつぶせ寝など)やストレス等の心因や寒冷による筋緊張など
様々な要因が関わっていると考えられています。したがって、治療に際してはこれらのことをよく考慮する必要があります。
山崎氏が主張するように「ハカイシャハイシャによって作られた病気」という考え方は原因論が間違っています。
スタートラインが間違っているわけですから、
「ハカイシャハイシャによって破壊された歯はすべて理想的な修復治療をして再生させ」ることはゴール(治癒)とはなり得ません。


84 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 23:26:25 ID:DcVWkKMT
 詳しくは述べませんが、顎関節が最も安静にリラックスするポジションは、歯によって規定される顎の位置とは関係がなく、
それがずれていることが最大の問題なのです。顎がリラックスする位置に収まるようにすれば、顎関節症は治るはずです。
ところが、実際に顎の位置や動きを大きく規制しているのは歯です。
山崎氏が言うように歯を治せば顎が治るのだとしたら、話は簡単です。しかし、それは誤りで、顎がもっとも楽な位置に行くように
顎の位置・動きに大きく関わっている歯のかみ合わせを改善しなければなりません。
顎の位置が最も楽で、かつ歯にも負担かけない状態にすることが理想なのです。
削られた歯は二度と元には戻りませんから、削ったり、被せたりすることによって顎が楽になる位置に咬合を変えていくには
非常に注意が必要です。直接歯を削らず、バイトプレートを利用して長期間調整を続けるのは、慎重に適切な顎の位置を見極めて
治療する必要があるからなのです。
この課程で不適切に調整されたバイトプレート(とくに部分的に覆って、一部しか接触しないタイプ)
を長期間装着した場合に歯が移動し、不適切な咬合になってしまうことが起こりえます。これは山崎氏がはしゃいで指摘するケースですね。
これも山崎氏は歯を治せば治るというのでしょうか?
 (次回に続きます)


85 :名無しさん@おだいじに:2008/02/26(火) 23:40:43 ID:DcVWkKMT
ここにも様々な意見が聞かれるようになり、スレッドを立ち上げた意義があったのかな
という気がして来ました。私は単に正しい情報を伝えたいという思いで始めました。
いろいろな意見が寄せられていますが、私の見解についてはロッキー調布さんの件が終わって
から改めて記します。
齲窩の切削のあり方、歯内療法での糊剤の使い方の問題、歯冠補綴物のマージン位置など
重要な指摘をありがとうございます。
中には先生方の間でも意見の分かれるところもあるかと思いますが、そうした場合でも
冷静で理論的な議論によってご覧になる方々の見識が高められるような展開を望んで
おります。

86 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 00:09:45 ID:zwPamSDy
山崎氏は顎の位置とは関係なく診察台を寝かし、親指でいきなり下顎をぐっと下に押して噛ませ
「奥で噛んで。奥歯の方から奥で噛んで!そこ!それが正しい位置」
と言っていきなりナイトガードと言うマウスピース(確か8〜10万位?だった)を作ります。
初診でいきなり作られた患者もいて、「明日から12時間噛むように」と言われその通りにすると
頭痛がひどく外したときに「ガコッ」と関節から異音がする、と言ってる患者が何人もいました。
その患者達は全く症状がなかったにも関わらず、高いお金を払ったにもかかわらず顎が痛くなったので
パニックになり、バレないように他医院にもずっと通っていました。氏には痛い事は言っていませんでした。
又、矯正が終わったらDPと言うポジショナーを8時間以上(長い方がいいと言う)
付けるように指導をされるのですが、DPはぞっとするような大きさで噛むと家族にも見られたく
ないような酷い口のゴリラ顔になります。口を閉じるのがギリギリでしかも話せません。とても息苦しいシロモノです。
冗談ではありません。本当にDPは非常に醜く、使い続けるのは皆辛いです。

元患者、現患者もたくさん知っていますので、これからも事実だけを書きます。

87 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 00:40:23 ID:???
ひど・・・・

88 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 09:18:26 ID:VK0+6Sxk
>>86
>山崎氏は顎の位置とは関係なく診察台を寝かし、親指でいきなり下顎をぐっと下に押して噛ませ
>「奥で噛んで。奥歯の方から奥で噛んで!そこ!それが正しい位置」
>と言っていきなりナイトガードと言うマウスピース(確か8〜10万位?だった)を作ります。

これって今や廃れたナソロジー学派が唱えてた「中心位」かな?

材料や技術のみならず、考え方まで30年前と同じとは驚き。

89 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 10:28:59 ID:???
>88

ドーソン法?

90 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 11:52:38 ID:???
そもそも中心位っていうのがね。
スポットじゃなくてエリアで考えるべきではないでしょうか?

91 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 13:02:27 ID:6HGY4Zez
いまだに、ドーソンでスタビライゼーションスプリントつくる先生結構いるよ。
そんな位置に誘導してどうすんのといいたい。
某インプラントインストラクターのM氏もそのひとり。
臨床めちゃくちゃ。

92 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 14:56:26 ID:???
いやーびっくり
咬合についてはいろいろ言われてるけど、基本的なことをはっきり分かってない、実は。
例えば顆路が把握できたとしても
1.咬合高径どのくらいにしたらいいのか
2.咬頭傾斜は何度にしたらいいのか
3.切歯路角は何度にしたらいいのか
ということすら、はっきりしてない。
患者さんが快適となるところをともに探しながら治療するというのが現状でしょう。
山崎くんが「ここが正しい」と言ったところにあわせちゃうなんてーのは
意味なく歯をガンガン削っちゃうくらいの害悪だねえ。


93 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 16:00:29 ID:VK0+6Sxk
>>92
>山崎くんが「ここが正しい」と言ったところにあわせちゃうなんてーのは
>意味なく歯をガンガン削っちゃうくらいの害悪だねえ。

九州の某県にも全国から患者が集まり、1週間で治すという、
良心的な歯科医の間では悪評紛々の所があるが、
そこも「ここで噛め」という指示を出すらしい。

94 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 20:11:35 ID:eAhwhQ+2
↓にもこう書かれているね

ttp://homepage1.nifty.com/kumiria/index.html

>GVBDOにかかりたいという人には顎関節症の人が多いですが、
>私がそもそもGVBDOにかかりはじめたのは顎関節症のためではなく、
>どこの歯科に行っても治らない歯痛と口臭のためでした。
>顎関節症についてはGVBDOにかかるまで自覚症状はまったく無かったのですが、
>GVBDOで顎関節症と診断され、噛み合わせと下顎の位置の調整
>(下顎を従来の位置よりも後ろに下げる)を受けました。
>ところがこの調整後しばらくしてから、それまで自覚できなかった症状
>(耳の前の痛み、鼓膜が奥にひっぱられるような違和感)が出てくるようになってしまいました。
>症状が出ていることをGVBDOに伝えたのですが、GVBDOは私を除名にする態度で臨んで来て、
>症状の悪化などおかまいましでした。GVBDOの治療で顎関節症が悪化することなど
>ありえないとでも言うんでしょうか。アメリカでTMD(顎関節症)の専門家に診てもらったところ、
>下顎の位置が後ろ過ぎるために顎関節の筋肉がそれを前に戻そうとして症状が悪化しているとの診断でした。
>再度、顎位を動かすためにナイトガード(夜寝るときに口に入れておくマウスピース。
>GVBDOでもこれをして眠ることが必須とされます)を作ってもらい、症状は解消しました。

どうやら山崎氏の考える「中心位」は、今では否定された下顎最後退位らしいね。
あるいは、手技が稚拙であるために「最前上方位」へ誘導するつもりが後退位へと誘導されているのかも。

95 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 20:25:39 ID:eAhwhQ+2
>>89
ドーソン法も確かに親指でオトガイを押すけど、
「親指でいきなり下顎をぐっと下に押し」たりはしないよ。

そんな誘導法はアメリカでもヨーロッパでも、よほど腕の悪い歯医者しかやらないだろうね。

96 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:06:24 ID:rodipTbj
前回「顎関節症が治る治療・患者力」のURLを記し忘れました。すみません。
http://www.gvbdo.com/hontonow/tmd.html ←ここです。
(HTMLファイル名がTMJではなく、TMDとなっているのはなぜでしょうか?)
86さんの衝撃証言については流れの中で触れていきます。(これには本当に仰天しました。)
もう一つ、「顎関節症治療法に関する最も頻繁に尋ねられる6つの質問」(URL下記)もあわせて見ていく予定です。
http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html
「顎関節症が治る治療・患者力」には、次のように書かれています。
>歯科医療の範囲内で顎関節症を治すために行う治療方法は次の4点に集約されます。
>#1. 上下の顎の位置関係が理想的になるように顎の位置を決定する
>#2. 上下の顎の位置関係が理想的になるように筋肉のバランスを直す
>#3. 歯と歯の咬み合わせは、理想的な顎の位置をもたらすようにする
>#4. ハカイシャハイシャによって破壊された歯はすべて理想的な修復治療をして再生させる

#1.は至極当然なことです。というより上下の顎の位置関係が理想的ではないから、顎関節症になっているわけで、
「骨折したら骨を正しくくっつける」と言っているのと同じであり、意味のない記述です。
なにを基準にどうしたらいいのか?を書かなければ
すなわち骨折であれば、変位を元にあった位置を基準に、整復して副木をあてるとかプレートで固定するといったことを書かなければ、
治療方法を記しているとは言えません。また、理想的な位置はどのように決定するのでしょうか?
(86さんの告発的な内容は私にとって衝撃的でした。、それに従えば
「山崎氏が患者を仰臥位にして下顎を後方に押し、『奥で噛んで』と指示して決定するということになりますが。)


97 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:08:06 ID:rodipTbj
#2.の「筋肉のバランスを直す」とはどういうことでしょう?
顎関節症で咀嚼に関わる筋肉やその周囲の筋肉に、緊張や痛みが生じるのは、簡単に言えば(※)、
咬合(かみ合わせ)に問題があって、開閉口時や咀嚼時に運動が阻害されたり、食いしばりや歯ぎしりが生じるためと考えられます。
(※痛み、ストレス、筋肉の緊張は相互に関連していて、単純にとらえられない場合もあります。)
一般的には顎の位置を患者さんが楽に感じるところで落ち着かせ、筋肉の緊張を和らげるということを目指しします。
しかし、山崎氏の考えはそうではないようです。

山崎氏は http://www.gvbdo.com/chanto%20/chanto07.html において以下の記述をしています。

>「ほぉ、これでアゴの筋肉を鍛えるんですか。こうやって歯を食いしばればいいんですね。アゴの筋肉を鍛えれば、顎関節症が治るんですか?」
>「そうです。ナイトガードは、歯を噛みしめたとき上下のアゴが理想的な位置関係になるように作ってあります。
>その理想的な位置で歯を噛む習慣をつけるためにアゴの筋肉のバランスを整えるんです。
>つまり、これまで身についてた筋肉の悪い癖をほぐして、正しい噛み合わせで噛めるように筋肉を鍛え直すんです」
>「うむ。正しい噛み合わせの位置をアゴの筋肉が覚えれば顎関節症は治ると」
顎関節症は筋肉に症状が現れますが、顎関節に障害があるのです。顎関節に問題をかかえたまま、顎の筋肉を鍛えるように
指導したら、過大な負担が顎関節にかかると容易に予想できます。この場合は明らかに顎関節症は増悪します。
関節雑音も開口障害もなく、顎の筋肉のみに症状があるので
あれば有効な症例もあるかもしれませんが、すべてに有効ではないでしょう。


98 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:09:58 ID:rodipTbj
#3. はその通りですが、我々歯科医は口腔外科的な手法を除外すれば、かみ合わせを調整することによってしか
「上下の顎の位置関係」をコントロールできません。#1. と#3.は言い回しを変えて同じことを言っているだけでしょうか? 
最後の#4.が山崎氏がもっとも言いたいことだと言うことが、この先の記述で明らかになります。
つまり「この4つの条件は#4の理想的な修復治療をして歯を再生することにより全てを満たすことができます。」とあるからです。
長々と意味ありげな文章を綴りながら、その内容は「歯を治せば顎も治る」でしかなかったわけです。(ちょっと疲れましたね。)



99 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:10:32 ID:rodipTbj
 次に山崎氏の言うナイトガードについて考えます。以下はすべて引用です。
>簡単な例を挙げると、顎関節症を治すための修復治療のスタートとして作るナイトガード
>(スプリント・バイオプレートなど呼び方はいろいろ)があります。(※)
>ここで注目すべきは、顎関節症を治せる一流の名医が作るナイトガードは装着した瞬間にわかる、ということです。
>顎関節症が治るナイトガードは装着した瞬間に合っているのです。
>装着した瞬間に、思いっきり噛んでも顎も歯も痛くはないのです。
>装着して寝ると顎も歯も体も楽になっていて、翌朝は今までにない壮快感を感じるのです。
>それが合っているということなのです。     
考えますと言ってはみましたが、考える内容があまりに乏しく虚しい内容です。
顎関節症が治るナイトガードは装着した瞬間に合っている、とありますが、なにを基準にどう合わせたのかが全く分からないうえ、
以下のように
装着した瞬間に分かる→装着した瞬間に合っているのです→装着した瞬間に思い切り噛んでも痛くない→
装着して寝ると顎も歯も体も楽になっている→それが合っているということです
「合っているから合っているのだ」という意味不明の論理展開のため、批評不能です。
しかし、86さんの書き込みからは
・12時間装着したら頭痛を生じ、関節雑音(?)を生じた症例が複数あった
・症状のない状態で装着し、顎の痛みを生じた症例があった とのことですので、
GVBDOの顎関節症の治療法は、少なくともすべての人に有効ではなく、また顎関節症状を惹起することもあることが
はっきりしました。
(※)スプリント、バイトプレート(バイオプレート)は日本語では咬合挙上副子(こうごうきょじょうふくし)と呼ばれ
   顎関節症の治療に用いられることが多く、ナイトガードは歯軋り防止装置と呼ばれ、その名の通り歯軋り防止の目的で
   使われます。歯軋り防止装置が顎関節症の治療に役立つという理論的根拠はないと考えられます。


100 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:11:18 ID:rodipTbj
 要点のまとめるのが困難な文章が続くので、さらに引用と検証を繰り返します。
>ところが今の日本にはびこるハカイシャハイシャの削って調整する固いプラスチックのスプリントは
>どんなに馴れようと装着しても、顎や歯が楽になることはなく、ましてや体はつらいだけで、これでは単なる人間破壊道具でしかないのです。

これも全く論拠が不明です。軟性レジンもしくはシリコン製のナイトガードでなくてはならないと言っているのでしょうか?
であるとすると、明確な誤りです。というか全く逆です。バイトプレートは固くなくてはいけません。
かみ合わせ調整の基準とするのは、カチカチ噛んだときにどの歯も均一に接触すること、側方運動時は犬歯のみが接触し、
顎関節の動きと調和した角度であること、前後運動時には前歯の左右2点が接触し顎関節の動きに調和していることです。
顎関節症では何週間かあるいは何ヶ月かかかってこの調整を繰り返しながら、顎がリラックスする状態にもっていきます。
柔らかい材料でこんなことはできません。

>つまり、装着した瞬間、不快感や違和感を感じるナイトガードを作るような歯科医院では、
>その後どんな治療をしようとも顎関節症は絶対に治ることはないのです。

86さんの書き込みを読むと、墓穴を掘った発言です。GVBDOのナイトガードで不快感を感じている方がいるわけですから。
しかし、幸か不幸かこれは正しくありません。装着直後の違和感と顎関節症の治癒には関連がありません。
口の中に入れたときの異物感が問題であれば、不愉快に感じるでっぱりやふくらみを修正すればいいだけのことです。
絶対に治ることはないとまで言っていますが、恥ずかしながら私は私自身が顎関節症であったため、
自分でバイトプレートを作製、自ら調整を続け、約2ヶ月で治しました。この経験は非常に役にたっております。



101 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 22:11:53 ID:rodipTbj
>現代歯科治療において顎関節症の治療のために最も重要とされる筋肉のバランスや緊張のしくみが
>わかっていれば常に合ったナイトガードは作れるはずなのです。

下顎を後退させた位置で固定して歯軋り防止装置を作製することは、なにも理解していなくても作製できます。

>それができないということは顎関節症の治療のために最も重要とされる筋肉のバランスや緊張のしくみがわかっていないということですから、
>その後どんな治療をしようと顎関節症が治るわけがないのです。

筋肉のバランスや緊張のしくみだけの理解では顎関節症は治りません。顎関節の状態を考慮しなければなりません。

>ちなみに私の知る限り、顎関節症の治療のために最も重要とされる筋肉のバランスや緊張のしくみ関して
>日本のハカイシャハイシャの知識はほとんどゼロに近いくらいしかないのです。

とくに言うことはありません。あえて言うとすると「・・・別に」という感じでしょうか。
このページまだ続くんですが・・・・
ここまで検証した段階で、明確に”山崎先生、あなたの治療では顎関節症は治りません!”とはっきり断言できます。
そこでGVBDOに行こうと思われている方々で顎関節症の人には絶対に行かないようにアドバイスさせていただきます。
1〜2歯のかみ合わせの面に限局した虫歯の人(アマルガムの適応症)はお好きならどうぞ。


102 :名無しさん@おだいじに:2008/02/27(水) 23:07:50 ID:???
顎関節症に執着して、ネットの方々にワード埋め込んでPRしてたはずのGVBDOw
ここまで、専門理論的に突っ込みいれられちゃって、もう、ぐーの根もでないねw
GVBど、おまいの方こそが、ハカイシャだったんだなあ〜
悔しかったら、理論的に反論してみ?
できれば、シロウト相手のあいまいトークじゃなく
歯医者さんを納得させる専門知識レベルでね。
無理だろうけどw

103 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 12:11:46 ID:???
ちなみに歯ぎしりの処置としてナイトガードを装着した場合、
保険診療では、印象(型をとる)のが40点、
咬合採得(噛み合わせの記録をとる)のが0点
ナイトガード自体が1500点、
装着料が100点。(1点=10円)
よって総額は1640点(16400円)となります。
患者負担三割なら4920円でできるものなんです。
顎関節症のスプリントの場合も大差なくだいたいこれくらいです。
GVBDOで8〜10万円だとすると山崎氏は保険診療の5〜6倍の報酬を得ていることになりますね。
患者さんの負担は16〜20倍と。
これで治らないとなると、やっぱり詐欺師としか言えないなあ。


104 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 21:20:00 ID:CjGu5ZT1
>>99

>「合っているから合っているのだ」という意味不明の論理展開のため、批評不能です。

「バカボンのパパだからパパなのだ〜」と同じですなw

山崎氏は「杜撰な歯科治療(虫歯・歯列矯正・噛み合わせ治療など)が原因で引き起こされる医元性顎関節症は正しい歯科治療により100%治る」
という嘘はまだ言っているけど、「GVBDOで治療を受けた者は、もう二度と歯では悩まない!」という表記は引っ込めたみたいだね。

105 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 21:25:07 ID:CjGu5ZT1
>>1 さんに聞いてみたいのですが、山崎氏の齲蝕治療について。
以前、別スレでこんなカキコがありました。以下引用。

65 :卵の名無しさん:2007/12/07(金) 20:32:01 ID:o13TyQO90
>Prohy 投稿者:ダイアン北町田 投稿日:2007/12/05(Wed) 21:56 No.1256
>この歯は、BOして3ヶ月後、トッポを食べた時に激痛が走りました。
>そして、昨年に神経の打撲と診断を受けました。
>痛めた神経がダメになり、今日RCTに決まりました。

ありえねえ・・・
この歯(右上6)は2003年の10月か11月にアマルガムにされている。
ブラケットオフが2006年の2月。
それから3ヶ月後に、右上6がトッポを食べただけで神経の打撲(歯髄震盪)??
そして神経の打撲→歯髄壊死??
絶対にありえねえよ。

患者に嘘を言ってもいいのかい?

そもそも、トッポを食ったぐらいで第一大臼歯の歯髄が打撲を起こすのなら、
矯正治療に問題があった
咬合に問題があった
アマルガム治療に問題があった
のどれかしか考えられん。

「ダイアン北町田の歯はほぼ完璧な仕上がりとなりました」
(この文を書いた時点で、すでに右上6には激痛が走っていた)
「GVBDOで治療を受けた者は、もう二度と歯では悩まない!」
(虚しい言葉ですなぁ)
引用以上

もう一つありますので↓で

106 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 21:26:27 ID:CjGu5ZT1
再び引用

205 :卵の名無しさん:2007/12/10(月) 20:27:06 ID:lBDV5YMZ0
ttp://www.shishubyo.com/ptfile_dennis/dennis06.html
>January 30, 2004 歯周病だった Dennis はもう昔の話
>今日の一番はDennisでした。Prophyです。順調です。
>どの角度から見回しても問題はありません。
>目の見える人ならだれがどう見てもDennisは良くなっている!!とわかるのです。
>誰が見ても良くなっているとわかる治療。それはほんとうの治療と呼ばれます。

ttp://www.gvbdo.com/index_gakukansetsu_shou.html
>GVBDOで治療を受けた者は、もう二度と歯では悩まない!

ttp://www.gvbdo.net/yybbs/yybbs.cgi
>Prophyでした 投稿者:Dennis 投稿日:2007/12/08(Sat) 23:34 No.1272
> 今日はProphyに伺いました。
>#18はRCTは神経が死んでしまったそうで来年はRCTです。

#18は左下7のことだが、この歯も>>65と同じように山崎氏によりアマルガム修復がなされている。
カズイスチカ(症例提示)を見ると、アマルガム治療がおそらく2000年だから、この7年間のうちに
歯髄が細菌感染を起こした(二次う蝕)か、
切削時のダメージにより歯髄が壊死したか、
どちらにしても医原性、つまり治療の不手際による歯髄疾患に罹患したものと考えられる。
我々のような、山崎氏から「ハカイシャハイシャ」と馬鹿にされる者でも、こういう拙い治療はしない。

山崎氏の治療のレベルについて、>>65と併せてここで問題提起をしておく。
「健全歯質と感染歯質の区別がついておらず、齲蝕の取り残しや過剰切削があるのではないか?」
「間接覆罩の手技があまりにも古典的で、成功率が著しく低いのではないか?」

引用以上

この問いかけについて、どう思われますか??

107 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 21:51:41 ID:???
いくらラバーダムしても
・注水しないので切削時に歯髄に熱によるダメージがある。
・過切削による象牙細菅レベルの露髄
・資質接着性のない水酸化カルシウムとアマルガムによる漏洩
こんなことかな

108 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 22:03:12 ID:CjGu5ZT1
>>107

私も全く同感です。

そもそも、
「アマルガムは虫歯を予防する材料としてアメリカで認められている」
という主張からして嘘でしょう?

109 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 22:26:43 ID:???
>>106
86さんが書いてる通り、Y豚のGVBDOに通ってる時点でトラブル大発生してるのに
それを素直に言うと、会社や周辺に嫌がらせ電話で迷惑行為を受けるのと
前金で大枚とられてて苦情いおうものなら資金回収できないから、別歯科に平行して
通うんですよ。ただ、ダメとわかった歯科医院に、渡した金のために通い続けて
どんどん歯をダメにしていくと言うロジックさえわからない香具師が患者として
GVBDOに通うだけのことで、自業自得なのだろうけど。
通常、あそこまで口の中をめちゃめちゃにされたら、医療訴訟でもやって、
慰謝料請求プラス支払った前渡し治療費は返還請求ぐらいやろうと思うでしょう。

110 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 23:53:25 ID:iVhP2T1f
105さんに対する私の考えを記します。
山崎氏は虫歯だけを削ることのできるドリルを使っていると言っていますが、これは明らかなウソです。
理由は
・感染歯質と健全象牙質に明白な硬度差がないこと と、
・う蝕の内層では脱灰軟化がはじまっていても、感染の及んでいない再石灰化し得る層(第2層)があること
です。
硬度差がないということは虫歯だけ削れるドリルがない証拠であり、仮にあったとしても
硬さだけを頼りに削っていては、再石灰化し得る第2層まで削ってしまうので削りすぎになります。
山崎氏は健全歯質と感染歯質の区別がついていないのではないか?ということですが、
虫歯だけを削るドリルが本当にあると思っているのなら、区別できていないと言われても仕方がないでしょう。
実際に過剰切削している場合が多いと、私は考えています。
 ダイアン北町田さんはおそらく削りすぎとアマルガムの辺縁漏洩による歯髄炎か
歯髄壊死〜根尖性歯周炎となったのでは
ないかと想像します。(大臼歯で神経の打撲が起きるとうのは交通事故くらいではないでしょうか?)


111 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 23:54:47 ID:iVhP2T1f
 次にう蝕の取り残しと覆罩(歯の神経を保護するための処置、覆髄ともいう)の方法についてです。
あれほど虫歯をすべて除去することにこだわっているかに見える山崎氏ですが、意図的に虫歯を残したと
言っている症例があります。下記URL
 http://www.gvbdo.com/ptfile_anna/anna03.html
この症例ではこれ以上虫歯をとると露髄(歯の神経がむき出しになってしまうこと)してしまうので、あえて残し、
その上に水酸化カルシウムで覆罩し、アマルガム充填しています。
山崎氏の主張は「水酸化カルシウムによって二次象牙質が形成されるので二度と虫歯にならない」ということのようです。
これは大間違いです。再石灰化し得ない感染歯質を残せば、なにを使ってもう蝕の再発は起こります。(※)
感染歯質を残して覆髄する方法(暫間的間接覆髄)という方法もありますが、これは露髄する可能性が大きいときに
何ヶ月か二次象牙質が形成されるのを待って、再びう蝕を完全に取り除き修復する方法であって、
う蝕を残したまま最終的な修復処置を終えることはあり得ません。
つまり、彼の覆髄処置は古い新しいの問題ではなく、考え方が間違っていると言っていいでしょう。
成功率が低いとしたら、そういう理由だろうと思います。
(※)3mixMP(水酸化カルシウムに3種類の抗生剤・抗菌剤を混ぜたもの)では大丈夫だと主張する人が一部にいます。


112 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 23:56:19 ID:iVhP2T1f
 これで終わろうかと思っていたら・・・
上記URLのアンナさんの症例では、右上6番を虫歯を残したままにしているわけですが、左上6番では
まったく別のことを言っているのに驚きました。(下記URL参照)
http://www.gvbdo.com/ptfile_anna/anna04.html
窩洞が大きいことの言い訳に
>実際に歯の中というのは限られた極小のスペースしかなく、そこで虫歯を取りきるためには、
>見えているエナメルの下を深く削らないといけないため、ある程度のスペースがアクセス確保のために必要になるのです。
>つまりこの溝が広くなっているのは、虫歯を全部取りきるためには、大きなドリルを付けなければならず、
>そのドリルが動ける最小のスペースが、この溝の幅になっているのです。
要約すると便宜形態(操作の都合のためのカタチ)のために削ったとしていますが、この太さはアクセスのためではなく
アマルガムの強度が少ないために設けられた抵抗形態(材料や歯が外力によって壊されないためのカタチ)なのは明らかです。
メタルインレーならばこんなに広く削る必要はありません。
MI(最小侵襲)の考えに従って、コンポジットレジンでもよいと思います。


113 :名無しさん@おだいじに:2008/02/28(木) 23:56:54 ID:iVhP2T1f
>このくらいの幅で虫歯を取りきると、歯は内部から虫歯になることは2度となく、
>強度も十分ですから、アンナの#14は一生OKということになりました。
>なんだ!だったらハカイシャハイシャは虫歯を取っていないのか!!
>とデンタルIQボウフラ以下のパパはアンナに怒鳴りますが、
>それは日本国民全員が本能的に理解している当たり前のことですから
と今度は虫歯は全部とったから「一生OK」と言っています。ちょっと待てよと
「だったらハカイシャハイシャは虫歯を取っていないのか」って?誰でしたか?
感染歯質残して、なんの抗菌作用もない水酸化カルシウム敷いてそのまま修復したのは?
考え方が間違っているのではなく、ご都合主義なんでしょうか?一貫性がまったくないのに呆れました。
このケースは深部をセメント等で覆って(裏層)メタルインレーとするか、
またはコンポジットレジン修復すべき症例だったと思います。
 私は今反省しています。
昨日「1〜2歯のかみ合わせの面に限局した虫歯の人(アマルガムの適応症)はお好きならどうぞ。 」と
言いましたが、顎関節症に加えて、虫歯のある人や修復物のある人は
GVBDOには近づかない方がいいと考え直しました。
次は顎関節症の続きを記します。


114 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 00:50:55 ID:???
顎関節症ダメ 虫歯ダメ じゃどういう人が行けばいいんだか
つーか山崎にできることってなに?
プロフィと矯正とホワイトニング?
裁判負けた矯正専門歯科と同じかい!
山崎は笑えないね これじゃ


115 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 00:52:41 ID:???
山崎い〜、このスレちゃんと読んでる?勉強しようね。

116 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 00:59:40 ID:???
歯科医師の免許って、ここに書いてあるような具体的なケースは試験に出ないわけ?
GVBDOって歯科治療の基礎的な事も理解してないようだけど、どうやって国試に通ったのだろう?
アメリカ帰りを強調してるけど、実態は都内私大に編入卒業して試験受けたと聞いている。

117 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 05:53:59 ID:zf484Vjs
>>110

虫歯だけが削れるというふれこみのバーは存在してます。
プラスチック製の使い捨てバーだから日本では一般的には
使われていません。
ただし切れ味は不安定で堅いところに当ててしまうと刃が
なくなってしまうし、ちょっと刃がヤワすぎるので取り残しが
発生しやすい。
彼は変色しているだけの堅い歯質も除去しないと気が済まない
のでこのバーだけで削っているとは信じられない。

>>113

水酸化カルシウムに坑菌作用はあります。
アルカリ性に強い細菌には効果がありませんが、
虫歯の原因菌は酸性環境に強いやつだし、少なくとも
そのあたりのPHは歯が溶けるレベルではなくなります。

もちろん細胞にもダメージがあり壊死します。
壊死層が薄くできれば、これが再石灰化するのが直接覆髄。
根尖病巣にぶち込むのはやり過ぎれば腐骨します。


118 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 09:34:49 ID:???
そうなんだ。虫歯だけが削れると言ってるバーが売っているんですね。
でもどういうリクツをつけてんのかなあ。
理論的に成り立たないでしょ。諸先生方どう思われますか?
あと水酸化カルシウムについては議論が分かれるところだよね。
ただ直接覆髄に使える唯一の材料なのは確か。
問題は間接覆髄でしかも感染象牙歯質を残したら、どうなっちゃうか?
まー少なくとも一生大丈夫とは言えないでしょうな。


119 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 10:07:43 ID:tjpDawFI
>>118
「むし歯」だけが削れると言うより、軟化象牙質だけが削れるということではないのかなぁ?
それならディスポのプラスチック製のバーというのもわかる。

120 :ポヨ:2008/02/29(金) 13:00:59 ID:xbHqzKGD
露髄を回避するため感染象牙歯質を残す場合、
3MIX−MPは有効です。
力価の落ちていない状態で使い、
アイオノマーセメントで確実に密封してから修復すれば、まず長期的に安定します。
もし、辺縁漏洩がおきて、水分と反応すると、歯全体が黒変してしまいますから
(MPの浸透性がきわめて高いため)前歯への使用には注意が必要です。

121 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 13:47:06 ID:tjpDawFI
>>120
>力価の落ちていない状態で使い、
>アイオノマーセメントで確実に密封してから修復すれば、まず長期的に安定します。

力価が長期的に低下しないというエビデンスはあるのですか?
3MIX-MPも一時期ほど流行らなくなりましたよね。
開発者の先生自体が否定的見解を出していたのでは?

GVBDOの症例検証に、本来の歯科界ですら疑問を呈しているような3MIX-MP法を出してくるのはいかがなものかと思います。

122 :ポヨ:2008/02/29(金) 14:25:45 ID:xbHqzKGD
一例としてかきました。
N大のI先生は何年か前に3MIXをアルファTCPセメントに混ぜて
使用する方法を提示しましたが、3種混合して1か月使用可能としていました。
この方法で思った効果が出ずやめてしまった先生が多いようです。力価は1日
くらいで低下するようです。

123 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 16:39:51 ID:tjpDawFI
>>122
ここではGVBDOの症例検証するわけだから、3MIX談義しててもしょうがない。
やってみたら上手く行った的な、偶然の産物とでも言うべき3MIXを、
GVBDOの症例検証の為に引き合いに出すべきではないということです。

124 :105:2008/02/29(金) 20:09:05 ID:QHJuf/i0
>>1さん、それに皆さん、ご意見ありがとうございました。

他の歯科医師が齲蝕を残して治療 → ハカイシャハイシャの酷い治療だ
山崎氏自身が齲蝕を残して治療 → 二度と虫歯にならない
結局、山崎氏は「俺の治療が正しいのは、俺の治療が正しいからだ」という
「バカボンのパパだからパパなのだ〜」論法しか使えないのでしょうね。

私は水酸化カルシウムを使った覆罩自体は悪いことだとは思いません。
しかし、リエントリーすることもなく、水酸化カルシウムの上を接着性のない
アマルガムで充填して「これで完璧」「一生持つ」という山崎氏の治療は酷いレベルだと思います。

>>117
おっしゃるとおり、山崎氏のいう「虫歯だけが削れるバー」は、コンポジットレジンも削れるようです。
コンポジットレジンと象牙質の硬さを考えると、軟化象牙質だけを削っているのではなく、
健全象牙質もかなり削っていることは明白です。
要するに山崎氏が使っているのは「虫歯だけが削れるバー」では絶対にありません。
彼が使っているのは「虫歯もレジンも健康な歯質も削れるバー」であり、
ただ「虫歯の部分は白い粉になって吹き飛びます」という写真を撮りたいだけでしょう。

>>1さんの顎関節症の続きを楽しみにしています。

125 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 21:58:14 ID:UjGfUcFd
 顎関節症の続きの前に訂正です。
 虫歯だけが削れるバー(ドリル)ということで販売されているバーがあるということを
117さんに教えていただきました。これが訂正の一点目です。
次に水酸化カルシウムに抗菌性はまったくないと記しましたが、消毒作用はまったくないの誤りでした。
これが訂正の二点目です。不勉強な点があり申し訳ありません。
また、水酸化カルシウムによる直接覆髄については117さんご指摘の通りです。

 3mixMP法については記べきか否か迷いましたが、そういう意見もあるということで記しました。
「削らずに虫歯が治る」と大々的にマスコミで報道されたためか、
「虫歯に薬をつめて蓋をすれば治る方法がある聞いたが、やっているか?」と一部の患者さんから聞かれたことがあります。
この方法についての賛否はおくとして、賛否があるという時点で私は治療の選択肢にはしていません。
ある治療法に賛否が分かれるときに、一般臨床家がとるべき治療法は意見の分かれていない確実な方法であるべきだと
考えるからです。感染歯質をすべて取り除いて修復することで、予後に問題が出るという人はいません。
だとすると、そうすることが確実な治療法ということになるのではないでしょうか?
 切削に耐えられない特殊な例(局所麻酔が使えない、病的な歯科診療に対する恐れなど)については患者さんまたは
患者さんの介助者・保護者に十分説明のうえ、施術し、経過をしっかり観察することを前提に行うかもしれません。
以降、3mixMP法についての議論は別にスレッドを設けてやった方が良さそうですね。

126 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 23:06:29 ID:UjGfUcFd
顎関節症の続きです。
http://www.gvbdo.com/hontonow/tmd.html から「私が今まで見た中で頂点を極める人間破壊道具プレート」として
ハイパーリンクがされています。 http://www.gvbdo.com/ptfile/yochan.html#anchor
M歯科室というところで行われたという見慣れないスプリント(?)のような部分入れ歯のようなものが示されます。
山崎氏の言い方はどうかと思いますが、顎関節症治療のためのスプリントにしては手間とお金をかけ過ぎているように
思います。容易に調節しにくい構造なのでM歯科室はどのような理由でこのようなものを作製したのか私には分かりません。
どなたか分かりますでしょうか?
 
 前回の続いてこのページで山崎氏が言っているのは投薬および口腔外科的処置についてです。
>精神安定剤などの治療薬は、一切必要ではありません。
>逆に恐いのは薬の副作用が現れたり、固いスプリントにより歯の移動が起こって
>咬み合わせがますますメチャメチャになり、鬱病などの精神的な病気が発症し、
>社会から逃避していくような暗い性格になってしまうことです。
精神安定剤は不要と言っています。顎関節症は咬合に問題があることは確かですが、
他にも種々の発症因子が考えられています。寒さを感じたり精神的ストレスを受けると
顎の筋肉は緊張します。すると顎関節腔が狭くなってしまい、関節円盤と下顎頭の動きも悪くなります。
その結果、関節雑音や開口障害、顎関節周辺の痛みを生じやすくなります。痛みは人間にストレスを与えますから
さらなる筋の緊張を招く恐れがあります。


127 :名無しさん@おだいじに:2008/02/29(金) 23:07:11 ID:UjGfUcFd
症状が強い場合に患者さんの苦痛を和らげる目的で、痛みに対して鎮痛剤、筋の緊張に対して筋弛緩剤、
精神的なストレスに対して精神安定剤を投与することがあります。
(3種類すべて常に処方するわけではありません。鎮痛剤のみ、鎮痛剤+筋弛緩剤という場合が多く、
問診を通じて、精神的な不安・緊張などの問題が強く関与していると思われた場合に精神安定剤を用います。)
1〜2週間程度の内服で症状が緩解し、とくに処置せず経過観察に移る場合もあります。至極当然の処置だろうと思います。
精神安定剤はありふれたベンザジアゼピン系抗不安薬(ジアゼパム=セルシン)を私は使っています。
この薬の副作用で鬱病になるという報告を私は聞いたことがありません。
というよりむしろ、鬱病の治療に抗うつ剤と併せてこのセルシンを投与する場合が多く、セルシンを飲んだら鬱病になることはなく、
実際は鬱病になったらセルシンを飲むことがあるということです。山崎氏は向精神薬についてよく分かっていないのでしょう。

 また、かみ合わせがメチャメチャになると鬱病などの精神的な病気が発症するとも読めます。
確かに顎関節症のために気分が落ち込んだり、いらいらしたりすることはあるかもしれません。
些細な事が気になる性分であったり、不安を感じやすい性格のために顎関節症の症状を生じやすいというのもあり得ることです。
鬱病の人が顎関節症になることもあるかもしれません。
しかし、顎関節症が原因で鬱病が発症するという例は聞いたことがありません。
精神疾患の成因については分を超えないようこれ以上言及しませんが、
山崎氏ももう少し正しい言い方ができるように勉強した方がよさそうです。

 結論だけ記しておきましょう。顎関節症治療および症状の緩解を図る目的で精神安定剤を投与する場合があるが、その副作用によって
鬱病になることはない。「社会から逃避していくような暗い性格になってしまうこと」もない。

 次回は口腔外科的処置についてです。


128 :名無しさん@おだいじに:2008/03/01(土) 01:47:50 ID:???
まだー?

129 :名無しさん@おだいじに:2008/03/01(土) 14:12:34 ID:5AsnVXuE
次も楽しみです。すごく勉強になります。

130 :105:2008/03/02(日) 10:36:00 ID:bhFz7zsB
>>126-127 山崎氏(=気功団体)からの反論が出ています。少し引用します。なお、「医薬ビジネスセンター」などの誤表記は原文ママです。
ttp://ameblo.jp/kiko-power/entry-10076306111.html
>(前略)その煩わしさに、気を遣って「うつ」症状を発病される方もいます。(中略)Fその他、薬の副作用等によるもの
>(中略)ほとんど100%に近く、治療を受ければ「薬」を飲むことになります。「薬」は、本当に治療の助けになっているのでしょうか??
>(中略)安易に、良いと思って「薬」を飲むことを考えなければいけないな。と思っています。
> 日之本元極では、まずは薬に依存したからだから、薬や邪気(悪いモノ)を排泄することから、改善が始まっていきます。
>(中略)「ハルシオンスキャンダル」医薬ビジネスセンター発行 薬のチエックは命のチエック11号 2003年7月20発行
>20年ほど前に、ハルシオンが世界的に非常に問題となりました。(中略)その後、その臨床試験では、30人のうち13人にパラノイア(妄想症)うつ病、
>記憶障害などの重大な精神科的な副作用が起きたのに、報告されていないことが判明しました。しかもFDA(米国食品医薬品局)の調査によって、
> ハルシオンの別のデーターが完全なねつ造であったことも発覚しました。ヨーロッパ各国で、販売中止になったり、事実上、ほとんど使えなくなりました。
>たとえ使っていても、用量は0.125rか0.25rだけを厳しい警告付きで販売しています。ところが日本では、現在でも一日0.5rという高用量を認め、
>ハルシオンの年間売り上げの約6割を、日本が消費しています。
医薬ビジランスセンターについては右記をご参照下さい ttp://www.npojip.org/

131 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 10:58:09 ID:???
>しかし、顎関節症が原因で鬱病が発症するという例は聞いたことがありません。

>結論だけ記しておきましょう。顎関節症治療および症状の緩解を図る目的で精神安定剤を投与する場合があるが、その副作用によって
>鬱病になることはない。「社会から逃避していくような暗い性格になってしまうこと」もない。
それは単に証明するのが難しいというところだろう。金になるわけでもないし。
原因を色々想定するのは簡単だが主原因を特定するのは難しい。
不定愁訴に耐えつつなくなった方もいるみたいだが、
顎関節症によるものと特定するのは難しいだろう。

向精神薬で治るものや緩和するものを分類するのもまだまだ難しいだろう。
治癒と緩和が混同されることも多いしね。原因が明らかに口腔にあれば緩和がせいぜいだろうが。

また診断や治療が適切でないからそれに縋るという可能性も排除できない。
盆栽や気功なんかもね。





132 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 22:20:12 ID:U3qNlG+S
 精神安定剤についての反論らしきものが出ているとのご指摘がありました。
ここで例として出されているハルシオン(トリアザラム)は私がありふれた抗不安薬として記したセルシン(ジアゼパム)
と同系統のベンゾジアゼピン系薬剤です。しかしながら用途は異なります。
セルシンが抗不安薬としての内服や手術前投薬、静脈内鎮静法によく用いられるのに対し、傾眠作用の強いハルシオンは
抗不安薬としてより睡眠導入剤として使われます。
鬱病における薬物療法の主役は抗うつ剤であって、それに併せて不安や焦燥感に対して抗不安薬が
使われています。入眠困難がある場合にハルシオンが使われることもあり得ますが、治療のメインとなるべきもの
ではなく、鬱病に対して必ず投与されるものではありません。
また、鬱病における睡眠障害には入眠困難(なかなか寝付けない)よりも早期覚醒(朝早くもしくは夜中に起きてしまう)が多いので、
ハルシオンやマイスリー(酒石酸ゾルピデム)のような短時間作用型よりも長時間作用型のベンザリン(ニトラゼパム)を使うのが
一般的と思われます。 ハルシオンが話題になったのは乱用によって幻覚を生じた例があり、
違法に売買されるなどの問題があったのは事実です。

 まとめを書いておきます。
1)鬱病の治療の目的で使われる薬は抗うつ剤であって、抗不安薬は補助的にしか使われない。
2)補助的に用いる場合、抗不安薬としてはセルシンなどが一般的であり、また、睡眠導入剤としてはベンザリン等の
長時間作用型が一般的である。
3)したがって、鬱病の治療薬の問題でハルシオンを例に出すのは不適当である。
4)ハルシオンの乱用による問題はあるが、本邦において重大な副作用として鬱病が報告されていない。
5)仮にハルシオンに種々の問題があったとしても、鬱病の薬物療法の必要性を否定する根拠にならない。

なぜ歯科医師の私が鬱病の問題にある程度知識があるかと言えば、身内に罹患したものがいたからです。
その者は妙な民間療法にひっかからず、適切な診療と投薬を受け、現在は至極元気にしております。

鬱病のメカニズムについての詳細は本論から外れるため記しません。

133 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 22:20:52 ID:U3qNlG+S
 次に131さんの問題提起についてもお答えしておきましょう。
顎関節症はまず咬合に問題があって、顎関節に主徴が現れる疾患であることは間違いのないところです。
したがって咬合を改善すれば治るはずです。ただし、咬合に問題があってもすべての人が顎関節症になるわけではありません。
また、顎関節症では症状が再び疾患を増悪させる原因ともなっています。
すなわち、痛み→ストレス→筋の緊張→顎関節の負担→痛みというように症状自体が増悪因子になっているわけです。
この流れのなかで対症療法は半ば原因療法としての側面があると言ってもいいでしょう。
患者さん自身の訴えに応じてそれに対処することが求められており、一症例ごとに原因論を追求することに重要な意味があるとは
思いません。我々が為すべき事は原因を除くこと(咬合を治すこと)が最終的な目的ではなく、
患者さんの苦痛を取り除き、人を治すのが最終的な目的です。そのための選択肢はいろいろあってよいと考えています。

134 :105:2008/03/02(日) 23:18:50 ID:bhFz7zsB
>>132
お返事ありがとうございました。
この気功団体は(多くの詐欺的集団がそうであるのと似て)意図的に別々の情報を混在させて、
相手を信じ込ませるテクニックを使っているように思います。
>3)したがって、鬱病の治療薬の問題でハルシオンを例に出すのは不適当である。
まさにその通りで、うつ病の治療→ハルシオン→ハルシオン・スキャンダル→危ない薬→気功のほうが優れている
というこの気功団体の理論(そして山崎氏も同様の説を幾度と無く紹介してきた)は一見筋が通っているようでその実詭弁です。
まず第一に、>>132の通り、うつ病の治療にハルシオンを使う かのように読者を誘導している部分。
おそらく「ハルシオン」という名前が広く知られているためにその知名度を利用したのでしょう。
第二に、ハルシオン・スキャンダルがあったからハルシオンは危険なクスリだという部分。
日本国内でハルシオンを服用した際の重大な副作用が比較的少ないことを完全に無視しています。
第三に、医師の処方する薬よりも「気功」のほうがより安全な治療であるかのように説いている部分。
もし気功が薬物療法よりもうつ病に有効であるというのなら、その根拠を示さねばなりません。
薬をやめれば薬の副作用で健康を害する心配は無いでしょう。
ただし、うつ病という疾病のために体は蝕まれ、最悪の場合は自ら死を選んでしまうかもしれません。

このように、私が>>130で引用したこのサイトの記述には、数々のトリックが仕掛けられています。
これは医学的知識の無い一般の方を騙すターゲットとしており、
そのようなトリックは山崎氏のGVBDOサイトでも頻繁に見られます。

135 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 23:42:53 ID:U3qNlG+S
次回は口腔外科的処置についてです。
なんらかの原因により下あごの関節円盤が相対的に前方(前科内方)へ動き、下あごの関節の丸い突起部分(下顎頭)の動きがスムースさを欠いたり、
妨げられるというのが顎関節症の本態です。
下顎頭が関節円盤を乗り越えられなくなり、ついには口が大きく開かなくなってしまった状態をクローズドロックといいます。
クローズドロックの状態がなかなか緩解しない場合、術者が下あごを下方に動かして
その状態を解除しようとする方法(徒手的整復、マニュピュレーション)を行う
下顎頭と関節円盤の癒着が疑われるときには、関節腔内に局所麻酔薬を注入して離す試み(パンピング)を行う、
または両方を併用(パンピングマニュピュレーション)等の方法がとられます。
それでも治らない例があります。関節円盤と下顎頭が強固に癒着している、下顎頭の形態に問題がある、関節円盤が穿孔・断裂している
などの場合です。この場合、それぞれ、顎関節授動術、下顎頭形成術、関節円板切除術が行われます。
これらの処置は一般歯科医からの紹介により、口腔外科を備える病院で行われます。歯を治したり、プレートを入れたりということでは
全く改善できず、パンピングマニュピュレーションによっても改善が図れないからです。

136 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 23:43:35 ID:U3qNlG+S
GVBDOは次のように主張します。
「また、顎関節症が極度に進んでいるという理由で、日本の口腔外科医が顎関節の手術が必要である!
というケースも、その99%は、正しい歯の修復治療をすれば、手術をするよりも格段に良い状態になれる!と断言します。」
手術が必要と言われたケースの99%は歯を治せば治ると言っています。
これは理論的に不可能です。ですが、これらの処置を受けた上でよくならずGVBDOに行ったところ修復治療・矯正・ホワイトニングを
受け「元気に毎日を暮らしています。」という例が下記URLに記されています。
http://www.gvbdo.com/ptfile/chiebow.html
このケースでは関節円板除去手術や関節洗浄などを繰り返したが、改善が見られないのでGVBDOを受診したとあります。
GVBDOに行ったことは修復治療・矯正およびダイナミックポジショナー、ホワイトニングだけです。
この人がもし元気に毎日暮らしているとするならば、山崎氏のムンテラによるプラセボ効果によるものでしょう。
この症例にも顎関節の診査の状態が術前、術後とも全く書いていないのでどの程度改善したのか不明です。
しかし、処置と症状の経過の経過から少なくともリハビリによって疼痛を感じつつも運動域の制限が減少してきていた症例ではないかと想像します。
ある意味山崎氏は後半のリハビリを心ならずも手助けすることになったのではないかというのが私の想像です。
理屈の上からクローズドロック以上に進んだ顎関節症の治療は、山崎氏にはできません。理論が理解できていないからです。
その辺の事情は通常100%治ると豪語して憚らない人が99%は治せるにトーンダウンしていることからも、なにがしか察せられるところです。
「あなたの関節円盤は穴があいててね。下顎頭のカタチも変なんだよ。残念ながら1%に入ちゃったねえ。」というエクスキューズが聞こえるような。
私も山崎氏と同意見ではありませんが手術するしない、あるいはどういう手術をどこで受けるということについて、
あわてて考える必要はありません。十分に納得の行く方法とドクターを選び診てもらった上でやってもらうor経過を見るなどするようにしましょう。


137 :名無しさん@おだいじに:2008/03/02(日) 23:59:34 ID:U3qNlG+S
135の訂正です。次回は× 今回は○

138 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 22:00:31 ID:Ql8rio1u
 顎関節症における外科的処置の補足です。
顎関節症は臨床診断名です。つまり腰が痛む場合に腰痛、皮膚にブツブツができたら発疹というのと同様で、顎関節および
その周辺に疼痛や関節雑音、機能障害がある場合にとりあえずつけられる病名です。
顎関節内で本当はなにが起こっているかを、はっきり確認している歯医者はほとんどいません。
経験的に器質的な病変がないかあっても可逆性であろうという見込みの元に治療しているに過ぎません。
ほとんどのケースはそれで問題なく治癒していくわけですが、もし器質的な病変(顎関節円盤損傷、下顎頭変形症など)があって、
それが不可逆的に進行している場合は外科処置を選択せざるを得ないわけです。
一般の歯科臨床科がスプリント療法をしようとGVBDOでナイトガードを入れようと、関節円盤の損傷も下顎頭の変形も治りません。
このような場合で歯を治せば99%治ると言っているのは、最初の診断に誤りがあった場合以外考えられません。
平易に言えばウソと言えるでしょう。


139 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 23:18:46 ID:Ql8rio1u
 顎関節症が治る治療 http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html
におけるGVBDOの主張を見ていくことにします。
(ここでの保健Healthは保険Insuranceの誤りと思われます。)
>1)もう何年も有名な歯科医院に通っているのですが、全く良くならないので、どうしたら良いのでしょうか?
との質問の答えとして以下のように記しています。
>顎関節症を歯を治すだけで完治させることのできる高度な歯科治療技術を持っているような歯科医師であれば、
>患者に低レベルな要求しかされない日本の保健治療はしていない
何度か言っていますが、歯を治すだけで顎関節症すべてが治ることはありません。
ゆえに、それができると言っている歯医者は日本においておそらく山崎氏だけだろうと考えます。
保険診療での患者さんの要求が低いというのは、保険診療を受けている人、保険診療の制約の中で
良質の医療を行おうとしている人々を冒涜するものです。
保険診療に要求される技術レベルは自由診療と全く同じです。というより同じでなければなりません。
お金を出した人には良い技術を提供し、お金を出さない人には手抜きした診療を行うなどということはあってはならないのです。
それができないならば、保険診療を行うべきではありません。
(それをいうのであれば診療報酬が低すぎるだろうという議論はひとまずおきます。)

>もし、あなたのかかっている歯医者は、保健が効いて、症状も来たときよりも悪くなっていないし、
>やる気もあるようだ、としたら、他に転院するのは「もっと悪くなるかもしれない」というリスクを背負うことになります。
>そんな場合は、今かかっている歯医者の「誠実度」を試して、もし良ければ留まることが良いと思われます。
そんなことは山崎氏に言われなくても、患者さん自身が判断すべき問題です。
さらに次のように続きます。


140 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 23:19:37 ID:Ql8rio1u
>その方法は、
>「セカンドオピニオンとしてG.V. BLACK DENTAL OFFICEの山崎先生に見て頂きたいので紹介状を書いて頂けますか?」
>と聞くのです。
>もし、日本でまじめに歯科医療を行っている歯医者であれば、
>「今、目の前にいる患者の顎関節症を治せるのはG.V. BLACK DENTAL OFFICEの山崎先生くらいかも」
>ということは誰でも知っています
あえて反論するのも馬鹿馬鹿しいのですが、そもそもGVBDOは患者総代にメールが必要という奇妙なシステムのため、
「紹介状」など受け付けているとは思えません。
また、日本でまじめに歯科医療を行っていてインターネットを閲覧する機会のある歯医者であれば、GVBDOというおかしな事を言っている
名誉毀損裁判で敗訴したデンタルオフィスがあることを知っているかもしれません。
しかし、「この顎関節症を治せるのは山崎氏くらいだ」と考える歯医者はほとんどいないでしょう。
「誰でも知っている」と本当に思っているのでしょうか・・・・
そして、紹介状を書かなければ転院すべきとし、書いたならば誠意ある歯医者として認めれられると言うわけです。
そして転院する場合、「ネットで良い歯科医院を探せば良いだけです↓。」として
http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html#anchor と
自らのサイト上に載せた得手勝手な18項目の基準(a.〜r.まであり)に沿った治療および態度や姿勢のところを探せと言っています。
結局のところGVBDOに来いと言わんばかりの内容で、このカラクリはアダルトサイトさながらの巧妙さです。
この基準はつっこみどころ満載なので事項に引用のみして、検証(というより訂正?)は、また次にします。


141 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 23:25:48 ID:Ql8rio1u
 以下すべて下記URLからの引用です。
http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html#anchor 

>良い歯医者を見つけるためにハカイシャハイシャとコンビニ歯医者を除外するチェックポイント:
>a.  顎関節症の治療として薬物投与をあげている(-300)
>b.  顎関節症の治療として針や整体をあげている(-200)
>c. 顎関節症の治療はバイオプレートやマウスピースがメインになっている(-100)
>d.  顎関節症を治せる!というくせに、自分が行った臨床例を写真付きで全く紹介していない(-100)
>e.  症例が全て40才以上で、30代以下はほとんどない(-50)
>f.  やっていることのほとんどが歯を削ったり、今ある銀歯を取り、白いクラウンを被せることである(-50)
>g.  インプラントを推奨している(-50)
>h.  8020運動を推進している、と書いてある(-30)
>i.  院長の写真があった場合、院長が長髪である(-20)
>j.  分院がある、と書いてある(-20)
>k.  勤務医が院長以外に2名以上いる、と書いてある(-20)
>l.  衛生士が3名以上いる、と書いてある(-20)
>m.  G.V. BLACK DENTAL OFFICEのことをメールや掲示板で聞くと、知らない、と言うか悪口を言ってののしる(-10)
>以上の12項をチェックし-300点以下になった歯医者を除外すると、2000が50くらいにまで減少し、コンビニ歯医者は除外できるはずです。
(続きます)


142 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 23:26:41 ID:Ql8rio1u
>そして、複数見つけた場合、さらに踏み込んだ内容を吟味するためには、
>n. 治療に関しての掲示板があった場合、どのような内容が書かれているか(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは御茶ノ水Note)
>o. 患者の普段の様子を書き込む掲示板がある場合、そのような内容が書き込まれているか(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではスクランブル交差点)
>p. 患者同士の交流の場があるのか(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは練達道場)
>r. その歯科医院ではどんな人がどんな治療を受けているのかという情報公開はしているのか(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではカズイスチカ)
>などを読んで自分で好感が持てるところに行けば良いと思います。
>特にp.の患者同士の交流については治る治療をしている歯科医院では必ず行っているため、
>患者同士の交流があるだけでもハカイシャハイシャやコンビニ歯医者よりはましだと言うことがわかります。
>以上のことを吟味しながら気長に探せば、残った中にはきっとあなたの家の近くにある歯科医院があるはずですから、
>顎関節症で悩んでいる人はがんばって探すと良いでしょう。


143 :名無しさん@おだいじに:2008/03/03(月) 23:44:03 ID:Ql8rio1u
症例検証というより掲げている事柄の虚実を暴いているだけになってきた気もしますが、
顎関節症に関する記述に対しては一応やりとげ、その後本来の症例検証に戻ろうと思います。
正しくないことを放っておけない質なのでご容赦ください。

144 :名無しさん@おだいじに:2008/03/04(火) 02:34:23 ID:???
> 正しくないことを放っておけない質なのでご容赦ください。

山崎への追求の手をゆるめないスレの面々も
同じ気質ゆえに集ってる人々だから、安心して検証してほしい。

145 :名無しさん@おだいじに:2008/03/04(火) 10:41:12 ID:MvZA38Yc
相手がカルト的要素が強いので、
虚実をこのように筋道たてて暴くことも必要だとおもいます。

146 :名無しさん@おだいじに:2008/03/04(火) 11:53:24 ID:???
GVBDOの顎関節症治療法って
歯を治す
と、山崎が決めた位置で作ったナイトガードを噛ませる
この2つしか出て来ないんだよね。
どっちも明らかに間違ってるんだから検証しようがないよね。
顎関節の安静が得られる位置に誘導した上で最終的な修復・補綴処置をすべき。
関節円板は前下内方に偏位していることが多いわけだから、相対的に下顎は前方にした方が楽になる。
ところがGVBDOでは無理矢理に最後方位にもっていて、ナイトガード作って噛むように指導する。
これじゃ悪くなることはあっても絶対よくならないよ。
1さん あとはインチキ宣伝暴いてくしかありませんぜ。
応援してまーすv



147 :名無しさん@おだいじに:2008/03/04(火) 12:01:30 ID:???
歯が治ってるかどうかは疑問

148 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 00:09:14 ID:eJg6v3AR
 たびたびスイマセン。訂正とお詫びです。関節円盤とあるのは関節円板の誤変換でした。

 いちおうロッキー調布さんの顎関節症での症例検証のまとめを記し、
その後「良い歯医者を見つけるためにハカイシャハイシャとコンビニ歯医者を除外するチェックポイント」に進みます。
GVBDOにおけるロッキー調布さんの顎関節治療法のまとめ
 ロッキー調布さんさんは顎関節症(様)の症状を訴えてGVBDOに通院することになったのですが、
どのような状態でどのような治療をし、どのように改善したのかは全く記されていません。
症例検証と言ってはみても146さんご指摘のように
「理想的な修復治療をして歯を再生すること」と(顎位の決定方法不明な)ナイトガードを作製し、
「それを用いて身についてた筋肉の悪い癖をほぐして、正しい噛み合わせで噛めるように筋肉を鍛え直す」こと
の2つしか治療方法を示せていません。そして、その結果どうなったかは記されていないのです。
虫歯の治療も147さんご指摘のように少なからぬ問題点がある上、顎位決定も86さん告発(?)によれば、
下顎最後退位に合わせている(※)となれば、ロッキー調布さんの顎関節症は治っていないのではないかと想像されます。
また、左下7番を抜いたまま放置しているので、それが左上7番の挺出を招いて、
咬頭干渉を生じて顎関節症が惹起・増悪することも懸念されます。
以上のまとめでした。
※顎関節症では関節円板が前方(前下内方)にずれていることがほとんどで、顎を前方にもっていくと症状の改善が見られます。
(スプリントで行う場合、前方整位型スプリントという。)
顎を思いっきり引いた状態からを口を大きく開けた場合と、顎を上下の切歯が触れるくらいまで前方にもっていってから
口を大きく開けた場合、顎を前方にもっていってから口を開けた方がラクに口が開けられるはずです。
関節円板の転位や肥厚等があった場合はこの傾向がさらに強まるわけです。

149 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 00:10:57 ID:eJg6v3AR
 では良い歯医者を見つけるためのチェックポイントとやらを見て行きましょう。
a.b.は薬物療法と針・整体の否定です。薬物療法は患者さんの苦しみを和らげる目的で行うとともに、
痛み・ストレス・筋緊張の悪循環を押しとどめるのに有用です。
針や整体も心身のリラックスを得る意味で、とくに患者さんが快適に感じている場合、有効な場合もあるでしょう。
いずれも否定するのは構いませんが、薬物療法をすすめていれば−300ポイント、針や整体であれば−200ポイントと
する評価は理解できません。

>c.のバイオプレートやマウスピースがメインになっている場合は-100 という言い分は
歯を治せば顎が治る、ナイトガードで筋肉のバランスを整える、いうスタンダードからまったく外れた治療(?)をしている
山崎氏らしい意見ですね。

>d.  顎関節症を治せる!というくせに、自分が行った臨床例を写真付きで全く紹介していない(-100)
これはまたまた自分の首を絞める発言です。確かにGVBDOには修復・矯正などの臨床写真が出ていますが、
顎関節症について初診時の開口量を測り、治療終了時と比較した写真は1枚もありません。
それどころかカルテにクリックの有無や開口障害の有無、周囲筋肉の圧痛を記録しているのかどうかすら疑問です。
その機序について説明しているページがないためです。
顎関節症は虫歯のように他者が視覚で見て、理解できる面は少なく、用いるとすれば、シューラー法によるレントゲンや
下顎骨の模型を用いるのがよいと思います。臨床写真はあってもいいですが、なくても治療に差し支えはありません。


150 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 00:12:11 ID:eJg6v3AR
>e.  症例が全て40才以上で、30代以下はほとんどない(-50)
意味不明です。
>f.  やっていることのほとんどが歯を削ったり、今ある銀歯を取り、白いクラウンを被せることである(-50)
またもや自爆です。白いクラウンを超高額なアマルガムと超高額なゴールドクラウンにおきかえたらGVBDOそのものです。
患者さんが希望されるのであれば臼歯部においてオールセラミックス、
セラモメタルクラウン、ハイブリッドセラミックスを適宜使うことは30年前ならいざ知らず、なんら問題ありません。
ただし、すでに顎関節症である場合はレジン・アマルガムなどで暫定的に修復しておいて、顎関節症が緩解する顎位が
明らかになった時点で永久修復材に変えるといった考慮が必要です。

>g.  インプラントを推奨している(-50)
インプラントと顎関節症は直接関係ありません。自分がやっていない(できない?)技術はよくないとでも言いたげです。
>h.  8020運動を推進している、と書いてある(-30)
80歳まで20本健全な歯を残そうという標語です。現状から見て妥当な目標でしょう。
山崎氏であればすべて(28本)残さなければダメだとでも言うのでしょうか?
そのわりには、簡単にホープレス→抜歯とすぐに決定しすぎる気がしますが。


151 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 00:12:59 ID:eJg6v3AR
>i.  院長の写真があった場合、院長が長髪である(-20)
>j.  分院がある、と書いてある(-20)  >k.  勤務医が院長以外に2名以上いる、と書いてある(-20)
>l.  衛生士が3名以上いる、と書いてある(-20)
意味不明、理解不能です。

>m.  G.V. BLACK DENTAL OFFICEのことをメールや掲示板で聞くと、知らない、と言うか悪口を言ってののしる(-10)
まあ、これが一番言いたいことでしょうね。おもしろいのは、知らないのも−10、悪口を言っても−10であることです。
私はこれほど腕がいいのだからその私を知らないとはとんでもない、悪口を言うヤツは妬みで言っているんだろうくらいの
認識なんでしょうか?
インターネット利用している歯医者の一部には、GVBDOおよび山崎昇先生はインターネット上で
問題のある宣伝行為をしているちょっと変わった人で、他院の名誉を毀損したため、
裁判で負けたということは知っているでしょう。しかし、誰でも知っている、超一流の歯科医師というのは誇大広告的な言い分です。
はっきり言えば、ウソです。(自分でそう信じ込んでいるフシがあるので本人にはウソの自覚がないのかもしれません。)
また、2ch等での情報や検討を通じて、その治療自体にも問題が多々あることが明らかになりつつあります。
次回はn.〜r.についてです。


152 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:19:34 ID:eJg6v3AR
GVBDOでは治療前後に強要される行為がいくつもあります。(下記URL)
 http://www.gvbdo.com/omoi/kihon.html
携帯で見ている方のためにすべてコピー&ペーストしておきます。(一部省略)

>GVBDOの基本
>Amy 御幸山(みゆきやま)はGVBDOのHPを読み、治療希望のメールも書いたので、
>実際にGVBDOに来てみると、決められた事柄のほとんどをわかっていない、という醜態を演じました。
>Amy 御幸山(みゆきやま)はハカイシャハイシャにされたデタラメな治療を考慮すると、情状酌量の余地があるので、通常は
>HPをちゃんと読むように!
>と突き放すのですが、今回だけ特別に最低ラインだけは教えることにしました。
>GVBDOで治療を受ける者は以下のことを実行する
>01)治療日の治療前には毎回神田明神にお参りする
>02)治療日には、開始時刻の15分前にはGVBDOのフロントに到着している
>03)治療は治療椅子に座り平静な気持ちになるよう努める
>(GVBDOでは診療椅子に組み込まれた計測器で血流などの計測をしており、
>全てのデータが治療を受けるための理想値にならないと治療は始めないという院内規則があるため)
(続く)

153 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:20:30 ID:eJg6v3AR
>04)治療中は、指示されたり、聞かれたこと以外は話さない
>05)治療中はトイレに行かなくても良いようなコンディションにしておく
>06)治療中は手のひらを上に向けて、指示されたリラックスできる姿勢を保つ
>07)治療代を前もって振り込んでいない場合はその日のうちにフロントで決済する
>08)治療を受けた日は、今日の治療内容と自分の感想を御茶ノ水Note(GVBDO患者・会員のみに公開)に、題名を書き、一行置きに書く
>09)すくらんぶる交差点は修復・歯列矯正治療が進行中の者が書く掲示板で、1日書かないと-10点になる
>10)画像掲示板(GVBDO患者・会員のみに公開)は治療が進行中の者が自分の撮影した写真を貼る掲示板で、1作品ごとに10点数がつく
>11)GVBDOは会員制であるので、会員「Member」は会員たる節度をわきまえること
>付録
>GVBDOで会員資格「Member」を得るには、二人以上の患者の紹介者となり、
>かつ現職の患者総代全員からの承認を得ることが必要である。
>治療を受けているだけの者は「患者=Patient」であって、「会員=Member」の持つ特典は行使できない。
>以上

 私ははじめ山崎氏の歯科治療についてのみ検証していこうと考えていましたが、患者さんの扱いやその指導(?)を
GVBDOでは治療の一環であるかのように言っていることから、そうしたことにも言及しなければならないことに
気付かされました。

154 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:21:29 ID:eJg6v3AR
 良い歯医者を見つけるためのチェックポイントとして
>n. 治療に関しての掲示板があった場合、どのような内容が書かれているか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは御茶ノ水Note)
>o. 患者の普段の様子を書き込む掲示板がある場合、そのような内容が書き込まれているか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではスクランブル交差点)
というものが続きますが、「GVBDOの基本」にあるように、この書き込みは患者さんに強要しているものです。
また、これだけ理不尽なことを強いている山崎氏がその内容をチェックし、彼が不適切と判断したものは削除し、
採点(?)していることは想像に難くありません。
たとえば、ファミリーレストランのアンケートで「店の雰囲気は?」という問いに「1良い 2普通 3悪い」とあった場合、
多少印象が悪くとも、なかなか「3悪い」に○をつけられず、遠慮してせいぜい「2普通」に○をしてしまいがちです。
無記名であっても、そうした遠慮が働くのに、山崎氏自身が管理している掲示板に患者さんが記名して、
書き込みをするシステム(しかも強要された書き込み)では、本来の感想や意見など分かるわけがありません。
高額の治療費を払って放り出されては困る、という心理的負担の上で書けることと言えば
「今日は○○をしていただきました。素晴らしい治療をありがとうございました。またよろしくお願いします。」くらいでしょう。
実際に「御茶ノ水Note」にはそんな書き込みしかなく、患者さんの満足度を知る上でなんの参考にもなりません。


155 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:22:35 ID:eJg6v3AR
>p. 患者同士の交流の場があるのか(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは練達道場)
この練達道場というのは園芸療法を兼ねた盆栽愛好会のようなものらしく(詳しくは分かりません)、GVBDOの患者さんは
それへの参加を強く求められるらしいです。現在ではThe Hungarian Cafeという
「GVBDOの治療を完全に理解し、GVBDOの提供する復活のためのヘルプを100%利用するためにはどうしたらよいのか?
を山崎先生が直接指導する機会を持つ」ためのオフ会だそうです。
「GVBDOの治療を100%理解して、GVBDOのヘルプを100%活用し、自分を成長させ、ただ生きるのではなく、
強く生きることを望む人は、参加するようにしてください。これは強制事項ではないので、自分は歯が悪いだけで、
歯を治してもらったら自分のやり方だけで十分生きて行ける、と思う人は参加する必要はありません。」
私も歯医者ですが、「強く生きる」ことを歯科医療に求めてどうするのでしょう?
山崎氏は牧師でも神父でも僧侶でもなく、精神医療の知識も不足しています。その人物が強く生きるように指導するというのです。
そのような指導を受けたいと思う人がどれだけいるか知りませんが、「強制事項ではない」とわざわざ言っているところが不気味です。
「歯を治してもらったら自分のやり方だけで十分生きて行ける、と思う人は参加する必要はありません。」は
言うまでもないないことながら、大きなお世話でしょう。


156 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:23:05 ID:eJg6v3AR
このThe Hungarian Cafeには種々の問題点がありそうですが、ここでは詳述しません。
治療後も患者にグループを構成させ、あたかも配下として支配しているかのような手法が一部で
カルト歯科と言われる所以かと思われます。GVBDOはカルト的であるだけでなくオカルトにも興味を示しているようです。
患者さんどうしの交流があることは悪いことではありませんが、それは歯科治療の成否に全く関係がありません。
GVBDOが患者さんをこのようにあらゆる場面でコントロールしようとすることや、会員制、患者総代によるメール受付と紹介システムは
一定のある特質を持った患者確保が目的なのではないかと想像されます。
(ある特質とは従来から受けてきた歯科治療に強い不満があり、そのため同じように日本における歯科治療を批判している
GVBDOにシンパシーを感じていて、支払い能力が十分であるというような事柄です。)
それは患者になれた、会員になれたというだけで優越感を持たせるような山崎氏の記述からも窺うことができます。


157 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:23:54 ID:eJg6v3AR
>r. その歯科医院ではどんな人がどんな治療を受けているのかという情報公開はしているのか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではカズイスチカ)
情報公開というのは自分がうまくいったと思える症例を並べ、自画自賛することではありません。
その診療機関にとって不都合となるような情報や意見についても記述し、患者さんの医療機関選択の一助となるよう
つとめなければ、単なる宣伝に過ぎません。
情報公開は治療成績として客観的な数字で表すのが適切で、「良い感じです」とか「何度見てもナイスです」というような
感想文のようなことを書いてもなんの意味もありません。
審美性が問題になる修復・補綴ではそのような感性に訴えかける部分もあるかもしれません。
審美修復・補綴とは天然の歯と区別がつかない材料を用いるもので、アマルガムやゴールドクラウンは審美的な
材料とは見なされていません。ゴールドクラウンの「光の反射が素晴らしい!」などと言って喜んでいるのは
半世紀ほど前のお金持ちか山崎氏くらいのものでしょう。
次は「顎関節症治療法に関する最も頻繁に尋ねられる6つの質問」に戻り、
「2)自分の顎関節症は治るのでしょうか?」から検討していきます。
この際、徹底的に追求することに決めました。The Hungarian Cafeについてもいずれ俎上に乗せます。


158 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 21:58:01 ID:eJg6v3AR
 お茶の水Noteおよびスクランブル交差点はパスワードが無ければ閲覧できないようになったようです。
「n. 治療に関しての掲示板があった場合、どのような内容が書かれているか」が分からないのではないか?
「o. 患者の普段の様子を書き込む掲示板がある場合、そのような内容が書き込まれているか」が分からないのではないか?
言っていることと矛盾します。
また、旧掲示板には偶然、次のような書き込みがありました。

「レジン 投稿者:さとちゃん 投稿日:2008/03/05(Wed) 20:37 No.1587
本日は#27のレジンが取れたので、急患で診て頂きました。
なんか変だなぁ、と思っていた時にはひびが入っていたのだと思いました。
早めに気がつき、先生に診ていただけたので、ほっとしました。
先生、事務長様、須崎様本日もありがとうございました。
来週もよろしくお願い致します。」 というものです。

 わずか二週間ほど前に山崎氏は自信たっぷりに以下のように記述しています。
「G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは開業から11年になりますが、今までにやり直したレジンというのはありません。
ということはG.V. BLACK DENTAL OFFICEのやり方ならば少なくとも11年は持つ!ということがわかります。」

 これを訂正するのか、隠蔽するのかあるいはどういう言いわけをするのか見物です。
繰り返しますが、情報公開というのは自信にとっても不都合なことを含めて、ありのままの情報を提供することです。


159 :一患者:2008/03/05(水) 22:31:29 ID:rXjmE0i5
教えてください

たまに,ここの写真で
他の歯科で分厚いプレートを長期に装着し歯が沈下して噛まなくなってる人の

症例がありますよね
それを山崎氏はナイトガード?かなんかをさせた後

矯正で廷出させてるように見えるのですが、

あんなこと出来るもんなんでしょうか???

また問題は無いのですかね??
板違いごめんなさい

160 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 22:38:33 ID:eJg6v3AR
写真のURLをお示しください。
その状態を見て判断しようと思います。


161 :一患者:2008/03/05(水) 22:49:41 ID:rXjmE0i5
ごめんなさい
体調が悪く携帯からなのでURLが無理なのですが

最近であれば,バイオプレートを使用されたトッピ―和歌山さんなどがそんな感じなのですが・・

私も似たような感じになった患者なので あんな事出来るのかな??と

もちろん山崎氏の所に行くつもりなどありませんが,(笑)
恐らくああなると私同様 かなり体に不具合があると思われるので あれでうまくいってるのかな?と思いました

162 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 23:09:32 ID:???
> The Hungarian Cafeについてもいずれ

これ、高島屋から粗品をせびって、数万円もの高額参加費を強制執行
された患者のお土産にばらまく為の会だったけど、昨年、高島屋
から追いだしくらった時点で閉鎖に追い込まれ現在は新たに
気功サークルに鞍替えした模様。
歯医者廃業を視野にいれた新規ビジネスではないか?

163 :105:2008/03/05(水) 23:14:08 ID:eHiQaV6X
>>158
この場合の「レジン」は、多分暫間固定のレジンだと思います。
(山崎氏はスーパーボンド等の強力な接着材料がお嫌いのようですが、
さとちゃんの固定が何度も外れているところをみると、そういう強力なのを
使っていないか、あるいは使い方が下手なのかどちらかでしょう)

何しろ山崎氏のレジンについての知識は30年前でストップしていますので
(細胞毒性がどうのこうのと言っていたころでしょうかね)
歯冠修復用のコンポジットレジンも、矯正のブラケットをつける接着材料も、
何でもかんでも「レジン」と呼んでいます。

164 :105:2008/03/05(水) 23:17:47 ID:eHiQaV6X
患者が治療内容についての感想を書き込む「御茶ノ水NOTE」が閲覧できなくなったのは、
>>1さんの言うとおり、やはり患者の生の声を聞かれては困るからだと思います。

たとえば齲蝕処置後に歯髄壊死を起こした何例かの症例も、患者さんが
御茶ノ水NOTEにその旨を書き込んだことから判明しました。
山崎氏は「もう二度と歯では悩まない」を売りにしていますので、
こういう事例自体が、あってはならないことなのです。

常識的な思考能力のある人なら、「100%治ってもう二度と悩まない」なんて怪しい謳い文句を見れば
間違いなく嘘か詐欺だと気がつくのでしょうが、山崎氏のところへ行く患者さんは
相当に悩み、困っている人たちですので、冷静な判断ができなくなっているのかもしれませんね。

165 :名無しさん@おだいじに:2008/03/05(水) 23:28:55 ID:eJg6v3AR
一患者さんへ トッピ―和歌山さんの様子見ました。
顎関節の状態を見ながらということになりますが、噛める場所が定まれば、
歯を挺出させるのは難しくありません。また、前歯も臼歯部で
噛むように動かしますので、臼歯が何ミリも伸びていくわけではありません。
顎関節症と矯正双方に造詣の深い先生であれば問題なく治療してもらえるはずです。
トッピ―和歌山さんのその後は分かりませんが、緻密な咬合チェックが行われているように
見えないことから、一応の小康を得ているものの、
治ってはいないのではないかと想像します。

162さん The Hungarian Cafeは新規ビジネスかと確かに患者が患者を2人以上紹介すると会員に昇格というシステムから
してネズミ講を連想させますよね。

166 :一患者:2008/03/06(木) 01:42:41 ID:mCbSRmuh
165さん ご丁寧な返答ありがとうございました

心から感謝です

私はバイオプレートを使用したわけではありませんが トッピー和歌山さんのような状態で困っていましたので 少し希望が持てました。

ちなみに山崎氏の患者さんにウッチーさんとか真珠湾?さんとかいう方々が同じようにプレートで噛めなくなってたりオープンバイト
の様に成られていてやはり矯正のようなことをされていました。

私も同じく山崎氏の治療で主訴である不定愁訴自体が解消されているのか甚だ疑問ですが、
同じ患者として良くなって欲しいという気持ちに変わりはありません。

僅か数ミクロンの咬合調整の失敗に端を発して苦しんだ私からすると山崎氏の治療があまりに大胆に見えます


167 :名無しさん@おだいじに:2008/03/06(木) 18:47:54 ID:???
ホント深刻な人いるんだよね
そういう悩んでる人につけこんで何倍もお金とって
不平を言ったら追放
酷すぎだよ。


168 :名無しさん@おだいじに:2008/03/06(木) 19:51:49 ID:EcU3rALl
ネットで宣伝して患者を引き込む。

この段階で選別が行われる。つまりネット上の情報を信じ込む人を選ぶ。
お金を使うのであれば、通常の場合ネットに書かれていることが真実で
あるかどうか、さまざまな手段で確認するのだけれど、そういったスキル
あるいは友人や家族を持たない人を選別する。
あの大げさな表現に不自然さを感じない人を選別する。

次に会員制と言って連絡させ、経済状態などを確認する。
金が払えなければ治療しても仕方ない。
ボロが出そうな症例は敬遠する。

というようなビジネスモデルを構築して開業したのでしょう。

弱点が三つあって、一つはネット情報を流すのにYahoo掲示板に
依存していたこと。あそこは商用ベースだから都合の悪い
書き込みを削除させるコツがある。
2ちゃんねるはそうではないのでこれが崩れた。

二つ目は友人や家族関係が希薄な患者をピックアップ
したので口コミレベルでの広がりに欠ける。

三つ目は最高だ、至高だと最初から思いっきり吹いて
しまっていること。頂点を極めたと自らが言ってしまえば
それから進歩はない。進歩してしまえば過去の仕事は
質が落ちるということだから。
開業当初は米国でもアマルガムをやっている歯科医は
結構いただろうけど、今や保険難民のための治療法に
なっている。だけどいまさら審美治療にいけない。


169 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 00:08:15 ID:Qb5dZ416
またも訂正からです。163 さんから「レジン」はブラケットを固定する目的のものではないかとのご指摘を
受けました。私の158の記述はコンポジットレジン充填(以下CRF)を前提に記したものです。
スタンダードともいえるスーパーボンド(商品名)を使っても矯正用のブラケットが外れてしまうのは割とよくあることなので、
それを使っていない山崎氏がもっと頻繁に外れてしまうのは無理からぬことでしょう。
そういうわけで「GVBDOでは(CRFを)11年間やり直したことはない」は上記のことで訂正する必要はありませんでした。
正確なことを記載せず申し訳ありませんでした。
ただし、CRFを11年間やり直したことがない=GVBDOのやり方ならば少なくとも11年間は持つ とは言えません。
最初にCRFした症例は11年間もったとしても、それ以降行った症例が11年経っていないわけですから、
少なくともではなく、今のところ最大で11年もっているが正解で、少なくとも11年間もつかどうかは
今から11年経たないと分かりません。(当然ですね。)

 次に顎関節症についての補足です。長い間スプリント(ここではこの言い方で統一します)を装着していて、
臼歯がかみ合わなくなっている症例があるが、治療可能かとの質問について述べます。
165で答えましたが、なぜそのようになってしまったのか?ということについてです。
顎関節症で用いられるスプリントには大別して、診断型スタビライゼーションスプリント、前方整位型スプリント、
ピボット型スプリントがあります。


170 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 00:09:14 ID:WvvDj7gA
1)診断型スタビライゼーションスプリントはカチカチ噛んだときにどの歯も均一に接触すること、
側方運動時は犬歯のみが接触し、顎関節の動きと調和した角度であること、
前後運動時には前歯の左右2点が接触し、後方運動時には臼歯部の任意の左右対称な2点で接触し
顎関節の動きに調和するように調整し、咬合の診断と顎関節の安静を図る目的で使われます。
2)前方整位型スプリントは前下内方に転位した関節円板に対して、相対的に下顎を正しい位置、
つまり顎を前方に出した状態で固定するように調整し、関節雑音・疼痛の除去の目的で使われます。
3)ピボット型スプリントは問題のある側(患側)の顎関節がクローズドロックの状態にあるとき、そこに突起
(ピボット)を設けてテコの原理で下顎(頭)を下方に誘導し、クローズドロックを解消する目的で使われます。

 つまり1)以外は不自然な状態でかみ合わせる状態になるため、長期間使用していると、歯の移動や
挺出を招くことになるのです。したがって、前方整位型やピボット型は症状が改善するか、ある期間使用しても
効果がないときは漫然と使用し続けるには問題があるのです。
歯の移動・挺出が生じて、障害が生じた場合は、それを装着し、指導した歯科医に問題があるか、
患者さん自身が来院不定期で目的とする調整が出来なかったかのどちらかでしょう。
その点で山崎氏のナイトガードは顎関節に負担をかけるという問題点がありますが、正しくできていれば
歯の移動は起きないと思われます。(顎関節症が治るということではありませんが)


171 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 00:10:03 ID:Qb5dZ416
 では「2)自分の顎関節症は治るのでしょうか?」を見て行きましょう。(URL下記)
http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html
>結論から言うと、顎関節症を主訴にG.V. BLACK DENTAL OFFICEに来院した人で、
>歯が良くて虫歯が1本もないという人に、私はまだあったことはありません。
私は顎関節症になりましたが、修復した歯は下顎両側第一大臼歯の頬面溝と
右上第二小臼歯の近心面(つまりかみ合わせに関係のないところ)の
3カ所にアマルガム充填してあるだけです。他に修復物もう蝕もありません。
あったことがない=そういう例はない とするのは科学的態度ではありませんね。
さらに
>アメリカで顎関節症を引き起こすくらい食いしばるのは不特定のストレスのため
>日本で顎関節症を引き起こすくらい食いしばるのは、歯医者の虫歯の治し方が悪いか、
>歯列矯正で歯をデタラメに動かされたので、歯の噛み合わせが全く合っておらず、
>食いしばることにより歯の高さを合わせようとする人間の本能のため
>ということになるのです。
と断定しています。この人の文章の特徴は同じ事を繰り返し言っているだけなのに、
つまり→ということになるのです→従って→○○だ!ということを覚えておきましょう
というように、論理的に文章を書き進めているかのような接続詞や助詞を使って
理詰めでモノを言っているように装うクセがありますが、ここでの文章はその典型的なものです。


172 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 00:11:09 ID:Qb5dZ416
 素朴な疑問がわくのが
・アメリカ人が感じるようなストレスを感じて、歯をくいしばってしまう日本人はいないのか?
・逆にアメリカ人はすべて適切な歯列矯正、適切な虫歯治療を受けているのか?
どちらもあり得ないことなのは明白です。アメリカ人であれ、日本人であれ、同じ人間であれば、
ストレスを感じて歯を食いしばったり、歯軋りしたりすることもあり、なかには顎関節に問題が出てくることも
あるでしょう。また、治療する側も人間であれば、その熟練度、技術もまちまちなのは当然で、
アメリカに医元性の顎関節症がないというのは、「アメリカで一流のDentistはインプラントをやらない」と同じような
デマ(よく言えば誤認)です。
例によって言いたいのは次の2点だけです。
>歯列矯正でデタラメな歯並びにされ顎関節症になった人は、悪い歯を治すことだけで顎関節症は治るが、
>さらに一歩踏み込んで、正しい歯列矯正をして咬合を治せば、もう顎関節症には2度とならない!と覚えておきましょう。
さらっと読むと気付きませんが、「悪い歯を治すこと」以外に、顎関節症の予防法らしきものが登場します。
「正しい歯列矯正をして咬合を治せば、もう顎関節症には2度とならない。」というものです。
治療は歯を治せばよく、予防のためには歯列矯正で咬合を治すと書いてありますが、
これを本当にやるのはだいぶ手間と時間がかかります。顎関節がラクになりしかも、安定している位置(状態)を
見つけ、その位置に見合う移動を矯正で行うということになれば、かなり微妙な歯の移動が求められるからです。
おそらく、山崎氏は見栄えのいいように矯正し、セットアップ模型で彼が良い咬合と判断したダイナミックポジショナーを
作製し装着させることで、それを果たしたとしているのではないかというのが私の想像です。
運良く山崎氏が合わせ位置が適切であれば、よい結果を招くかもしれません。
それ以外はちょっと厳しい経過になるのではないかと懸念されます。
いずれにしても最初から最後まで言っているのは「悪い歯を治すことだけで顎関節症は治る」という間違った論拠にたって
いるため、その後の予防のための矯正による咬合の再構成というのもどんなものかなという気がしますが、
症例があれば見た上で判断しようと思います。


173 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 00:11:51 ID:Qb5dZ416
 ここでのまとめ
・日本でもアメリカでも(現代先進国ではすべて)ストレスが大きな主因の一つとなった顎関節症は存在する。
・日本でもアメリカでも(現代先進国ではすべて)不適切な歯科処置が原因の一つになっている顎関節症は存在する。
・医元性の顎関節症であっても悪い歯を治すことだけで治らない。
・なお、顎関節症の場合、その修復処置、補綴処置、矯正治療を行う場合、
 咬合の管理と顎関節への負担の配慮が求められる。


174 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 12:13:28 ID:???
>>168
確かに自分の家族や配偶者は来てないって人いるよね。
あれ見て信じちゃう心理が分からないよな フツーの感覚では。


175 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 14:00:26 ID:pNFwXXOO
逆なんですよ。
普通だったら信じないようなうさんくさい話を広範囲にばらまいて
信じ込む人間をピックアップしてしゃぶりつくす。

迷惑メールやらオレオレに先駆けること10年。

この点において超一流を自称する資格はあります。


176 :105:2008/03/07(金) 20:13:17 ID:P6UNLQLR
>>169
私は個人的に、「さとちゃん」のような患者さんを山崎氏がどう治療するか楽しみにしていました。

というのも、初診時において、山崎氏は「さとちゃん」の下顎両側の7と8、そして右上7
の5本を抜歯し、それ以外にも12本ホープレスになるかもしれない、と述べていたからです。
GVBDOでは年齢が若く、残存歯数が非常に多い患者がメインですので、こういう患者は比較的稀なように思います。

特に左上6が欠損であるため、インプラントのできない山崎氏がここをどう治療するのか興味深く思いました。
可能性としては、
1.短縮歯列にする(6の補綴は行わない)
2.延長ブリッジにする
3.義歯を入れる
などが考えられます。
(歯周組織検査の結果もレントゲンも示されていないので、本当に12本もホープレスになる可能性があるのかはわかりません)

ところが、この症例は初診以後、ほとんど紹介されず、臼歯部の処置をどうしたのか全く分かりません。
もしかしたら恥ずかしくて発表できない状態になっているのかもしれませんね

177 :105:2008/03/07(金) 20:15:13 ID:P6UNLQLR
>>176を訂正します
特に左上6が欠損であるため

特に右上6が欠損であるため

178 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 23:39:30 ID:JJ0yLX7X
本題に入るまえに「さとちゃん」について少し私見を述べておきます。
そこで、今まで受けて来た治療についてなんとかコンパクトにまとめました。まずこれを見てください。
1974年以前にはB歯科医院に通院したことがある。
1974年中学2年生でA歯科医院で右上6番、左下6番、右下6番の治療を行った。
左上6番もおそらくそこで治療した。
下顎の両側の6番が予想以上に削られたことにショックを受ける。
右上6番はクラウンになったが、「歯を金儲けのために、歯をダメにされた。」と思い、
以降A歯科医院には行かなくなった。3年後に右上6番周囲に腫れ痛みを感じる。
ここでA歯科医院に連絡する。「歯で死ぬようなことはないから、診れない」と言われる。
母親がB歯科医院に連絡し、急患で右上6番を抜歯。
B歯科医院では「どうして中学生にクラウンをしたのだろう?」と言われたとのこと。
抜歯後、ブリッジを装着するが、しばらくして脱落(どの程度経過したか不明)。
右上8番が萌出してスペースが埋まるだろうと言われ、その後放置。
間隙は完全に埋まらず、咬合しにくくまた、食片圧入がある。
半年に一回程度の歯石除去をすすめられるが、通院していない。
右上7番は何度か歯茎が腫れたのでC歯科医院を受診。
「治り方がわかると、歯医者に行かず治した。」という理由で通院していない。
2004年に右上7番の腫脹・疼痛を感じ、C歯科医院で抜歯。
2002年と2005年にC歯科医院で歯石除去、歯茎の治療を受ける。
下顎の両側6番は5〜6年くらいで外れるので、入れ直している。
2007年1月に左上7番の疼痛を感じ、C歯科医院を受診「歯槽骨がない」と言われる。
一ヶ月前に「なんとなくおかしいので悪くなる前に、診てもらおう」と言ったのに
「その歯のことは一ヶ月まえにはなにも書いていない」と言われ、信頼感をなくす。
いろいろ探したすえ、GVBDOに連絡する。
その間にC歯科医院で左上7番の抜歯をする。
以降、「歯医者に触られない方が、ひどくならない」と思い歯科医院には行っていない

179 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 23:48:15 ID:JJ0yLX7X
この患者さんが通院の仕方に問題があると多くの先生が思われるでしょう。
歯周炎(成人性歯周炎)は慢性に経過し、ときに鈍痛や違和感を生じるが、自覚症状がほとんどなく、
歯肉の出血・腫脹や歯の動揺ではじめて自覚されるものです。ひどい腫れや痛みが生じた場合には、
すでに抜歯するほかない場合もしばしばあります。
したがって症状があったら歯医者に行くではなく、歯周病の進行を食い止めるためにも
定期的な歯の清掃とご自身によるブラッシング指導は必須のものです。
多くの人はなぜ”ちゃんと歯を磨いているのにこうなるのか?”と思うわけですが、
”歯を磨いている”のと”歯が磨けている(実際にプラークを除去できている)”のは違うのです。
歯周病に罹患した場合、少なくとも1日1回15分以上かけてブラッシングする必要があります。
デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃用具も欠かせません。
「さとちゃん」の場合、こうした指導を受ける機会がなかったか、あっても習慣化しなかったのでは
ないかと考えられます。
また、1974年(33年前)に左上6番がクラウンになったことにショックを受けているわけですが、
どのようなう蝕であったのか分からないのに中学二年生がなぜ根拠もなく、
「歯を金儲けのために、歯をダメにされた。」と思うのか不思議です。
そういう厳しい状態の歯が何年かして抜歯になってしまうのもあり得ることです。
「歯で死ぬようなことはないから、診れない」と言われたとも記されています。
何曜日の何時に何回電話したのでしょう。深夜・早朝に連絡した場合で態度に多少問題があれば、
適切なことではありませんが、そのようなニュアンスのことを言ってしまうかもしれません。
B歯科医院では「どうして中学生にクラウンをしたのだろう?」と言ったとありますが、
これは「ああ、クラウンなんだ」くらいの発言であったものを、そのように記憶してしまっているのかも
しれません。


180 :名無しさん@おだいじに:2008/03/07(金) 23:49:11 ID:JJ0yLX7X
その後ブリッジにするも脱落し、8番の萌出に期待することにし、とくに処置しないことにしたのですが、
思うようにスペースが埋まらず、そのことを通院中の歯科医院に相談した記載もありません。
半年に一回の歯石除去をすすめられても行かず、右上7番は何度か歯茎が腫れたのでC歯科受診。
しかし、「治り方がわかると、歯医者に行かず治した。」としています。
歯医者からすれば、これは治ったのではなく症状がなくなっただけです。歯周炎でも、歯肉からの
排膿が滞れば腫れや痛み(急性炎症)を起こします。しばらくして、ニキビが破けるように中の膿の
出口ができれば症状はなくなります。これは治ったのではなく、急性炎症が慢性炎症になったに過ぎません。
左上7番を抜歯というときになって、一ヶ月前に違和感があったと言ったではないかと歯医者を責めていますが、
そのくらい進行した歯周炎では1〜2ヶ月まえに処置したところで歯を支える歯槽骨がほとんどなくなって
いれば抜歯するほか方法はありません。
 つまり、この人は歯周病がどういうものか分からず、行けば抜歯されるということでますます不信感を強めたのでしょう。
しかし、それは歯医者の責任ではありません。なによりすすめられた通り定期的な受診をせず、痛くなったら治療したり、
「自分で治した」りしていることであなたの歯はどんどん失われていったのです。
歯周病が治るための生活習慣指導が欠けていたかもしれませんが、
そうした指導があったときによく聞ける状態だったかどうかも問題ですね。
と私の意見はこれくらいにして山崎氏の見方は違いますよ。(これは次回か次々回に)


181 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 00:01:04 ID:+Uv5BZxY
予定していた「顎関節症治療法に関する最も頻繁に尋ねられる6つの質問」の中の
3)治療費はどのくらいかかるのでしょうか?
4)期間はどのくらいかかるのでしょうか?
5)どこに行けばいいのでしょうか?
については
「さとちゃん」が終了しだいやります。ちょうど患者の訴えもそのまま読めないものも
多いということを書こうと思っていたのでいい機会です。

182 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 10:17:01 ID:???
安心して定期健診にいけるような歯医者が少ないとすれば問題だし。
重症のときに高次医療機関にきちんと紹介してもらえるような歯医者がないのも問題。
そもそも大抵の歯医者が顎関節症の重症と軽症の見分けが付かないことが問題。

連携と紹介が機能してないからHPの一本釣りが機能するという側面もあるだろう。
患者の奪い合いという側面が過剰競争で出てきているからね。


183 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 14:16:38 ID:wGfRGZ5B
>>175
鋭い!
なるほど、GVBDOのビジネスモデルは「オレオレ詐欺」「迷惑メール」などと共通点がありますね。

ネットを使って広く情報をバラ撒き、ひっかかったごく少数の人間からできる限りの高額な金銭をとる。

そうか〜。
どうしてこんな歯科医院が存続できるのか良く分からなかったのですが、非常に納得しました。

184 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 23:52:34 ID:+Uv5BZxY
 182さんの問題提起に対して私のお答えを記します。
1点目は安心して定期検診に行ける歯医者が少ないのではないかとのご指摘です。
直接のお答えにはならないかもしれませんが、一般の患者さんになる人へ向けての私の意見を書いておきます。

 歯科医院が多くなれば、患者さんもどこに行くか迷ってしまうということはよくあると思われます。
そうした状況では、初診でなにか処置をしないで、納得できるか否か、まず相談されることをおすすめします。
多くの人は歯が痛くなってから、歯医者に行きます。(「さとちゃん」の場合もそういうことがよくあったようです。)
しかし、それではすぐに処置が必要になるため、相談も吟味もすることなく、漫然と決めた歯医者に通うことになります。
それではなかなか安心して定期検診に行ける歯医者は見つかりません。
とくに症状がないときに、まず治療方針をよく聞き、その医院の雰囲気を把握すべきと考えます。
お勤めの方で会社で定期検診があった場合など、機会をとらえて行かれるといいでしょう。
ネットでの評価や雑誌に記載されている情報などは、広告要素もあるのであまり参考にしない方がよいと思います。
やはり実際に通院されている方のクチコミ、それも長い年数通院していて、長期的な予後が良い、
という評判のところを探すのがよいでしょう。
「この前行ったらいい感じだった。」というような直近の感想は、長期的に見てよい治療だったかどうかは不明なので、
参考になりません。


185 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 23:53:35 ID:+Uv5BZxY
 もし一度、通院しはじめた歯医者で「これはどうなのだろう?」と疑問に感じることがあれば、
遠慮せずにはっきりとそのことを伝えて、納得できる答えがなければ、通院を中止し、他の歯医者を探しましょう。
このとき何も言わずに通院を中止し、とくに痛みがないというだけで、他の歯医者を受診しないのは、
通院していた歯科医にとっても、その患者さんにとっても最もよくない結果を招きます。
すなわち、その歯科医は他の患者に対してもその患者さんがされたと同じような
(誤った治療でなくとも、誤解を生むような)処置を続けるでしょうし、
その患者さん自身も歯には自然治癒がないのですから、悪くなるのを待つだけということになります。

 他の歯医者を見つける場合、前医の処置を悪し様に言うような歯医者は信用できないと思ってください。
このタイプの歯科医は自らの自信のなさから、自分の方が優秀であることを示したいというタイプが多く、
新たな患者を獲得したいとの思いが強すぎるがゆえに、そのようなことを言っていることが多いのです。
真に優秀な歯科医はそんなことをせずとも、治療のなかで自らの技術を発揮し、
患者にそれを確認してもらうことが可能です。
そもそも優秀な歯科医であれば、患者一人を獲得したくて必死になる必要がないので、
そのようなことはしません。GVBDOと逆ですね。
たとえば、優秀な営業マンは他社製品を批判することから説明をはじめるでしょうか?
優秀なエンジニアが他の技術者の悪口をまず口にするでしょうか?
おしいいレストランのシェフが他店の評判の悪さを得意げに話すでしょうか?
普通に考えれば、分かるのではないかと思います。


186 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 23:54:07 ID:+Uv5BZxY
 よい歯科医院が見つかったら、とくに症状がなくとも定期的に通院してください。
しつこくリコールをせまったり、無断でキャンセルしたら通院を拒否したりするようなところはGVBDOくらいです。
予約を忘れてしまって、行きづらくなってもそういう人は結構いるので、さほど気にかけなくとも大丈夫です。
繰り返しますが、痛み止めの偶発医療ばかり受けていれば、歯は悪くなっていくばかりです。
予防と早期治療が重要と言うことは歯科診療においてこそ強調されるべきことだと考えます。
歯医者に行くほど歯が悪くなるという誤った印象を持っている患者さんは、このことを理解していません。
どこかの時点で「さとちゃん」のような患者さんにこうしたことを伝える歯科医はいなかったのか、残念な気持ちになります。
これを読んだ人がよい歯科治療を選択できるよう願っております。


187 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 23:54:35 ID:+Uv5BZxY
 182さんからのご指摘の2点めは
重症のときに高次医療機関にきちんと紹介してもらえるような歯医者がないのではないか、ということです。
これについては、そのようなことはありませんとお答えさせていただきます。
歯科における一般臨床家が対象とする疾患はう蝕、歯周病、親知らずの他に、
口腔粘膜病変や顎顔面領域の外傷・腫瘍などがあります。
歯医者の技量にもよりますが、局所麻酔下で3時間以内くらいで行える処置であれば、大体のものは処置が可能です。
しかし、局所麻酔下でも特殊なアプローチが必要な抜歯や全身麻酔下で処置が必要な場合や
長時間に及ぶ手術が必要なものは大学病院等の専門機関へ紹介するようにしています。
また、長期間治らないいわゆる口内炎なども前癌病変を疑い、紹介することがあります。
他にもインプラントで骨量が足りず、神経や副鼻腔に近接している場合や、外科的処置が必要な歯列矯正などがあります。
歯科医院でできる処置できない処置はありますが、それで放置されたり適当な治療で誤魔化したりすることはなく、
近隣の専門的な施設か患者さんが望む施設があれば、そこに紹介するので安心していただきたいと思います。


188 :名無しさん@おだいじに:2008/03/08(土) 23:55:25 ID:+Uv5BZxY
 3点めは大抵の歯医者が顎関節症の重症と軽症の見分けが付かないことが問題ではないかということです。
私の138における書き込みがそのような誤解を招いたすればお詫び致します。
顎関節症で「顎関節内で本当はなにが起こっているかを、はっきり確認している歯医者はほとんどいません。」
との記述がありますが、これは関節円板が骨のように固い組織ではないため、レントゲンには写らず、
実際にどうなっているかは軟かい組織も撮影可能なMRIによってしか確認できないが、
歯科医院ではそのような設備を備えているところはほとんどなく、また顎関節症の病名でMRI撮影をすること自体が
保険診療では不可能なので行っていたとしても研究機関に限られるという意味です。
顎関節を撮影するためのレントゲン(シューラー法)が用いられることがありますが、関節頭しか写らず、
動的な状態を反映していないので参考にする程度です。
顎関節症が重症か軽症かを判断することは、開口量と関節雑音の有無・質と発生時期によって
容易に判断できます。すなわち、開口障害がありいわゆるクローズドロックの状態にあるものが最も重症、
関節の雑音は口を開き始める比較的早期に生じる場合は軽症、遅い場合は重症というように、です。
種々の保存的治療が奏功せず、長期間クローズドロックの状態が続く場合は外科的処置も考慮し、
専門機関への紹介を検討することになります。
 また、なにか疑問や問題提起がありましたら、どなたでも(もちろん山崎先生でも)ご発言をお願いします。
次回は「さとちゃん」の症例の山崎氏の見方と処置について検証します。

189 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 01:35:56 ID:rnYuQIhB
正直言うと患者さんたちに同情しきれないんだよね。
いわゆる権威みたいなところに飛びついて結果が悪くて
さまよっているところを突かれたみたいな感じの人たちだから。

平凡な歯科医である自分のところには来るはずのない人たち
だろうし、訴えや不満を見ると助けてあげたいという気持ちより
自分のところに来て欲しくない気持ちの方が強い。

前金で1000万支払いますから診てください、と言われても
お引き取り願いたい。

ただ思うのはこういうヘンテコな歯科医院が成立して盛業
してしまったというのは一般の保険医に技術以外の何かが
足りないからだとも思うね。

保険制度の問題かもしれないが、その狭間であえいでいるのを
一般国民に対して周知してないし。

そのあたりを真剣に考えないと第二第三のGVBDOが出てくるだろう。


190 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 09:09:41 ID:???
医療人であることを自覚するなら重症になる前に何かできなかったのか
という反省は必要だろうね。勿論次に生かせる方向で。

少なくとも昔よりは説明する雰囲気ぐらいは出てきていると信じたいね。
会話しても金の無駄、時間の無駄という側面が保険治療にはあるならば、
座る、削る、詰める、放置、そんな事例もまだ残っているかもしれんがね。

191 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 16:54:39 ID:???
GVBDOは、もとから本当に儲かっていたのだろうか?
わけわからん盆栽大会だって、収益補填の為だったんじゃないだろか?
売上が落ち込みはじめたとき、一時的にキャッシュフローが潤沢になる。
これは、売上に伴う支払が追いかけてこない為。そこに気が付かずに
デパートで散財をはじめると、後から大変になる。そこで盆栽大会ですよ。

192 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:14:28 ID:kc40NfOa
 「さとちゃん」の症例について、山崎氏の見方、処置、治療方針について検討してみます。

>GVBDOにたどり着く人は、
>このままでは自分の歯はダメになる!
>歯がダメになったら自分自身もダメになる!
>という人間が生きるために持っている本能が発する心の叫びに急かされてやってくる、という共通点があります。
>あと1年遅ければ大変なことになっていた・・・という症状の人が多いことからも、それは明らかです。

「さとちゃん」の状態はすでに大変なことになっています。
すぐに要抜歯と山崎氏が判断した歯は5本、そのうち3本は親知らずですが、右上の8番はすでに6番、7番と
失っているので、保存が可能ならば、なんとかしたいところです。
さらに「今日は5本抜歯しましたが、さとちゃんにはあと12本ホープレスになる可能性の歯があります。
そのうち8本はかなり厳しい状況です。」というのですから、あと1年早くても遅くても状況が大きく変わってはいなかったと
考えられます。患者さんの危機感を煽り、自院に誘導しようという意図があってこのように記述しているのかもしれません。
それにしては、初診での急患は一切受け付けず、患者総代にメールの上、診査し
何ヶ月もかけて自身の本とサイトを読んでから、アポイントをとるなど
明らかに矛盾した行為と言えるでしょう。
それにしてもいきなり初診で抜歯(しかも5本も)を行うのはいかがなものかと思われます。
患者さんの心身の負担の問題だけでなく、急性炎症があれば、まず投薬で落ち着かせて、
基本的な初期治療(プラークコントロール、スケーリング・ルートプレーニング)をまず試み、
歯周外科処置で保存可能であれば、極力保存する方向で治療すべきではなかったかと考えられるからです。
かつては一度失われた歯槽骨は二度と元には戻らないことを前提とした処置が行われて来ましたが、
特殊な膜を使用した組織誘導再生治療が可能になったため、骨欠損の形態によっては、抜歯せざるを得なかった歯も
保存できるものが出てきたからです。
もっともGVBDOのサイトには歯周外科処置に関する記述がほとんどないことから、山崎氏はそうしたことを知らないか、
できないという可能性がありますが。


193 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:15:10 ID:kc40NfOa
>さとちゃんのように、納税の義務、教育の義務をちゃんと果たして、
>日本を支えている模範的な家庭の主婦が、歯だけに限ってみると、
>アメリカなら生活保護者やホームレスの人々と同レベルの状態!
>という現実は、デンタルIQがナノ以下な人であっても、何かがおかしいことはわかるはずです。
まず、アメリカには日本のような生活保護という制度がありません。国民皆保険もありません。
日本における生活保護者は保険診療であれば制限無く、受けることが可能です。
「さとちゃん」の場合は、いくらでも歯科治療を受ける機会があったのにも関わらず、自らの都合で
それを受けなかったに過ぎません。歯科医院で不信感を抱いてしまったことに同情はしますが、
だからといって、以降20年以上にわたっての歯科治療を専門家に諮ることなく、
自らの歯を自身の判断で扱ったら、どうなるかということの責任は歯科医療制度にあるのではなく、
自らの選択と通院の姿勢にあると言わざるを得ません。


 山崎氏の見方は全く逆です。
>そして、このような状態になったさとちゃんは、
>ちゃんと機会があるごとに歯医者に通っていたという現実です。
>歯医者に通っていたのに歯が悪くなるという現実!

 機会あるごとというのは痛くなったり腫れたりしたら歯医者に行くということでしょうか?
それではちゃんと歯医者に通っていたとは言えないでしょう。
歯周病は自覚症状が少ないとは言え、全くないわけではなく、歯肉出血、歯肉の後退、歯の動揺など
はっきり自覚できるものがあるのです。そうした場面で、自分流にどうにかするのではなく、
歯科医院を受診して、どうしたらよいか相談する、または相談するに足る歯科医師を見つける努力をすべきだったのです。
つまり「さとちゃん」はちゃんと歯医者に通っていなかったために、今のような状態になったということです。


194 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:15:46 ID:kc40NfOa
>従って、さとちゃんの問題の根源は、ハカイシャハイシャによる
>その場しのぎのデタラメな治療にあったのですが、この事実は、
>もう言う必要もないくらいハカイシャハイシャのデタラメな治療の結果、
>歯を失ったことのある人ならわかっていることです。
その場しのぎのデタラメな治療ではなく、歯周病とそれをほとんど処置せず、放置したことが原因です。
歯周病に罹患したのは歯科医師の責任ではありません。
痛みや腫れが生じて、抜歯する以外にそれを収める方法が無ければ抜歯する、これは適切な処置です。
その後症状がなくなったら通院をやめてしまうという態度が問題なのです。

>「もう歯ではなやまない人生」
>をさとちゃんがおくれるようにならなければ、看板に偽りがあると言うことになるので、
>今日は緊急にその何かをやりました。(5本の抜歯)

 確かに抜歯してしまえば、その歯で悩むことはなくなるでしょう。しかし、5本もの抜歯が
緊急にやるべきこととは思えません。


195 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:16:36 ID:kc40NfOa
>これからさとちゃんが来週のアポまで毎日やらなければならないことは:
>1)コップにスプーン1杯の塩を入れた濃度の塩水を大量につくり、それで1時間おきにうがいをする
>2)歯磨きは食事の後、すぐにする
>3)固い物は食べない
>4)早寝早起きをする
>5)イライラしない の5つのことです。
行ってもよいが意味のない行為として1)があげられます。
塩分濃度によっては高血圧、腎疾患の増悪を招く恐れもあります。
私であればクロルヘキシジン含有の含嗽剤による毎食後のうがいを薦めます。
2)、3)、4)は重度歯周病においては、順当な指示と言えますが、なにより重要なのは、
ブラッシングと補助清掃用具を用いて、歯面に付着したプラーク(細菌塊)の75%以上を
確実に毎日除去できる習慣を身につけなければなりません。これには指導する側も
指導を受ける患者さんにも相当根気のいることですが、これができなければ、そのうえに
なにをやってもうまく行かない、もしくはその可能性が高まります。
この場合のブラッシングは15〜20分はかかるので、1日一回就寝前などはこうした方法で、
毎食後にはとくに気になるところを、ブラッシングするというような指導を私はよくしています。


196 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:17:04 ID:kc40NfOa
 今回は「さとちゃん」に厳しすぎるという意見もあろうかと思いますが、歯周病と同じく生活習慣病である
糖尿病の場合を考えてみてください。たびたび高血糖性の昏睡を起こし入院し、血糖値を下げる薬を処方され、
今度は欠食でそれを内服したために低血糖で入院することになったとします。患者さんは医師に対して不信感を
持つかもしれません。
医師も医師でなぜ指示を守らず欠食したうえ内服したのか、と患者の不注意を詰ることもあるでしょう。
それが原因で患者さんが長年糖尿病を放置し、「目が見にくくなった」と眼科に行ったとします。
眼科医が「「糖尿病網膜症であって失明の可能性がある」
と言われてしまったと、そういうケースを考えてみます。この場合、糖尿病が悪くなったのは誰の責任なのか?
網膜症になって失明の可能性すら招いたのは誰の行動に問題があったのか?
少なくとも私は最初に診た内科医になにか責任があるとは思いません。

 次回から本題に戻ります。


197 :名無しさん@おだいじに:2008/03/09(日) 23:42:53 ID:???
>>194
ハカイシャハイシャは誰なのだろうと思うぐらい酷いですね。


198 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 00:03:43 ID:???
自分がハカイシャの場合、逆に他をハカイシャ呼ばわりするものですよ。

199 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 22:56:06 ID:Vlmw4yNu
元患者です。
残念ながら、山崎医師からは、充分な歯の管理方法の指導がありませんでした。
患者によって、対応に多少の差はあるかも知れませんが、
初回に有無を言わせず「清掃セット(ウィーターピック等一式)」を購入させられた時に、
ハミガキや洗口剤について簡単な説明はありましたが、実際に患者が正しく歯を磨けているかどうか、
どうすればプラームの除去ができるかといった衛生指導の機会は、ほとんどありません。

おっしゃるように歯が悪くなるには、患者にも責任の一端があります。
でも、どうすればそれを改善できるかという実際の指導が、山崎医師を含めほとんどの歯医者さんで不十分というのが私の意見です。

また山崎氏のところでは、虫歯治療のあと、ほとんどの患者が矯正治療に入ります。
矯正中は、
@調整による痛み
A食べ物によるブラケット離脱に掛かる費用(一回10000〜15000円)を避けるために
患者は「おかゆ」など極力柔らかい食べ物しか食べなくなります。
Bハミガキによるブラケット離脱をおそれ(費用がかかるので)管理がおろそかになりやすいです。

カロリー不足で痩せたり、頬の筋肉が落ちて顔がコケます。
プラーク付着や、ハミガキの不十分から、矯正後に虫歯が発生してしまう患者さんも少なくありません。
山崎医師は、ブラケットオフ時には気がついているかもしれませんが・・・
治療中の患者が山崎医師をどう慕っているかについては、多分に「演技」であると解釈していました。

私自身は、歯周指導の充実した歯科医院と出会えました。
山崎医師によってなされた治療には、正直のところ不安を抱えています。

医療人ではなく、あくまで一患者の意見です。間違いがありましたら、ご指摘ください。


200 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:12:16 ID:1TObAlad
 では、GVBDOサイトの「顎関節症が治る治療」の「最も多い6つの質問への回答」の3項目目以降を
見ていきます。 http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html

>3)治療費はどのくらいかかるのでしょうか?
>GVBDOでは歯を治す金額が治療代金となるので人それぞれです。
>顎関節症を専門にしているという自費の歯医者ではプレートやスプリントだけで
>30〜200万円と幅がありますが、G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは同様な器具なら7万円です。
>つまり顎関節症を治すにはプレートやスプリントは単なる補助器具にすぎず、
>根本的な原因となっている悪い歯を放置したまま、そんなものに大金をつぎ込ませるのは、
>顎関節症治療の本質からかけ離れているハカイシャハイシャのすることです。
>従って、そのような所に通っても永遠に治ることはありません。

はっきり言っておかなければならないことは、顎関節症の治療は保険診療でできるということです。
スプリントを使った場合、装置自体が15000円程度、初診料・再診料、印象(型をとること)や調整を含めても
2万円は超えません。
一部負担が3割であれば、6000円以下、1割であれば2000円以下で可能です。
したがって装置のみに限っていうと、山崎氏は保険診療報酬の5倍近く報酬を得ており、
患者さんの負担は12〜35倍にもなります。
別のページでは「顎関節治療 ¥ 170,000- 220,000が一般的」としているので、おそろしいほどの
負担を患者さんに求めることになるわけです。


201 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:13:14 ID:1TObAlad
 さらに山崎氏は日本の顎関節症はすべて歯医者の作る医元性と主張しているため、問題があってもなくても
他院で行われた修復物やクラウンなどはすべて外され、これまた保険診療報酬の35〜50倍もの費用で
アマルガムにするか、相場の4〜6倍のゴールドクラウンになります。
GVBDOで顎関節症と訴えたら、こうした処置が行われ、
「歯列矯正でデタラメな歯並びにされ顎関節症になった人は、悪い歯を治すことだけで顎関節症は治るが、
さらに一歩踏み込んで、正しい歯列矯正をして咬合を治せば、もう顎関節症には2度とならない!」
と言っていることから、必要・不必要に関わらず歯列矯正が行われる可能性が高いわけです。
その歯列矯正の費用は「矯正治療 ¥1,500,000が一般的」としていますから、患者さんの負担はさらに
重くなります。
「30〜200万円と幅がありますが、G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは同様な器具なら7万円です。」
とさらりと読めば、割安であるかのように記述していますが、上記のような事柄を踏まえれば、
悪質と言わざるを得ません。
ここで珍しく山崎氏と私の見解が一致しました。プレートやスプリントそれ自体は決して高額ではなく、
それに大金を支払う必要はないということです。
30〜200万円もするプレートというものを咬合治療の名目で行っている歯科医院があるとすれば、
私は決してそこ薦めません。(山崎氏のやり方は同様か場合によっては、
それ以上の利益を得ていて、彼がそれを言える立場にないことは明白ですが。)


202 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:14:06 ID:1TObAlad
このような彼がうまく行かない症例のいいわけに言っていることは
「完璧な歯の治療を受けても、精神的にダメな人間は顎関節症を克服できない!ということが常識 」
だそうです。 http://ameblo.jp/gvbdo/entry-10078155469.html
法外に高額の報酬患者さんから徴収し、100%治ると言い切っていて、うまく行かない場合、
最後は患者さんの精神力を問題にしてしまう、このような行為をどう形容したらよいのか、
人格攻撃に当たらない言葉を探すのが困難です。
再び言います。顎関節症でGVBDOを受診するのはやめた方がいいですよ。


203 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:17:35 ID:Vlmw4yNu
>199
「プラーム」→プラーク の間違いでした

204 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:22:52 ID:1TObAlad
199における元患者さんの訴えにより、いくつかのことが分かりますね。
199さん、ありがとうございます。
これにつきましては明日予定を変えて思うところを記すつもりです。

205 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:37:35 ID:???
199さん、山崎は石じゃないんだがwww

206 :名無しさん@おだいじに:2008/03/10(月) 23:40:52 ID:???
山崎は負けた裁判で控訴はじめたらしいが、高等裁判所の判事さんにも
このスレのリンクを知らせて上げるといいね。

207 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 10:57:24 ID:???
>>199
いやはや呆れますね。
あれだけ時間かけて歯周病治療のスタートラインの
プラークコントロールを教えないとは・・・
矯正のブラケットが外れたら、フツーはただでつけなおすよ
だって患者の責任じゃないんだから
ホント詐欺師だねえ


208 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 12:54:12 ID:62fcbhcl
199さんよく我慢しましたね。びっくりです。
207さんの言うとおり、ブラケットがはずれるのは
歯科医側の責任ですよ。
ウォーターピックだって、プラークなど除去できるはずもなく、
食物残渣を吹き飛ばす程度で、歯科医にあまり相手にされず、
何年も前に販売中止になった代物です。

209 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 13:13:55 ID:n3djVxVJ
>>207 だって患者の責任じゃないんだから

>>208 ブラケットがはずれるのは歯科医側の責任ですよ。
ウォーターピックだって、プラークなど除去できるはずもなく、
食物残渣を吹き飛ばす程度で、歯科医にあまり相手にされず、
何年も前に販売中止になった代物です。



おまえら見たのか?
言葉は大事にした方がいいぞ。
名無しで垂れ流しの言葉でも、信じるやつもいるからな。


210 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 14:08:20 ID:???
>>209
このスレッド見たら誰も山崎を信用するって人はいないよ。
1さんは抑制した論理的展開で言葉をよく選んでるじゃない。
信じるヤツもいるから気を付けろって意味分かんないよ。


211 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 16:53:43 ID:q/Axb9sz
>1先生はできればトリップつけてください。

212 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 23:07:20 ID:8UsX9sSi
199です。
山崎氏が度々口にする、「時代に見合うスタンダードの歯科治療」を氏自身が行っているのか疑問です。
歯周状態を調べる全歯のポケットチェックはありません。
唾液検査で患者に注意を喚起することもしません。
現代人が歯を失う主原因が歯周病であることは周知の事実なのに、とても不思議でした。


213 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 23:23:32 ID:wy/o/cOV
>>212
歯科医としては気にする付着歯肉に関しても無頓着と思う。
お構いなしに電気メス使うから歯肉退縮がひどいケースもある。

214 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 23:25:31 ID:2T8CHuFB
1です。211さんご希望のトリップというのは通し番号みたいなものですか?
教えていただければ対処します。

 さて、199さんの書き込み(告発?)について私の考えを記します。
プラークコントロールについての指導が歯科医院であまり行われていないのではないか
というご指摘がありました。このような傾向は確かにあると思われます。
保険診療で歯周疾患のブラッシング指導、メインテナンスは極めて複雑な取り決めの上で
診療報酬体系ができていて、しかも非常に低い評価になっています。
そのことが歯科医師のやる気を奪っていることは多くの先生が賛同されることと思います。
しかし、だからといって必要な指導をしなくてよいわけはありません。
現在のところ私は保険診療を基本に歯周病治療を行っていますが、
これ以上複雑になるようならば、患者さんの同意を得た上で、
歯周病の一部は自費診療にしようか考え中です。

 山崎氏にはそのような問題についてなにも煩わされることなく、十分な検査、プラークコントロールに
ついての指導が行えるはずです。ところが、199さんによれば
ウォーターピック(水流で歯の汚れを落とす機械)等を買わせ、
簡単な説明だけで、実際にどうすればプラークが除去できるかの指導がほとんどなかったとのこと。
歯周治療はすでにこの時点で失敗と言えます。
しかも保険診療でも行われるポケット測定すらしないというのでは重傷度・軽症度の判断はどうするのか?
どう治療効果を判定するのか?全く理解できません。
ウォーターピックは食べかすを落とすことはできますが、プラークは除去できません。
また、プラークコントロールができていなければ、なにをやっても歯周病は治りません。
仮に一時症状がなくなっても必ず再発します。
顎関節症に加え、歯周病の方もGVBDOに行かない方がいいと言えます。


215 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 23:26:28 ID:2T8CHuFB
 「歯列矯正・名医の見分け方」 http://www.gvbdo.com/hontonow/kyosei2.html
で、山崎氏は以下のようなことを言っています。

>歯列矯正の常識以前の知識
>ブラケットを付けワイヤーを付けたら歯が1週間以上、
>痛くて痛くて何も食べられない状態になった歯列矯正は、この時点ですでに失敗しています。
>このような低レベルの治療をする歯科医院からは転院するか、
>それがいやならブラケットをすぐ外すように依頼し返金を求めるべきです。
(さらにこのあと、「GVBDOでは常識とされる高度な技術を持ち信頼のおける歯列矯正医」の条件として
28項目続きますが、今回はすべて記しません。)

 しかしながら、199さんによれば@調整による痛み と Aブラケット脱離を避けるために
極力柔らかいものしか食べなくなったとのことですから、山崎氏は199さんの場合、
すでに失敗していたことになります。
199さんに返金を求められたら、山崎氏は応じなければなりません。
矯正治療中は多少とも痛みや鬱陶しさがあります。私自身も矯正治療を受けているので
よく分かります。しかし、ブラケットが外れないように気を使ったことなど一度もありません。
例え外れたとしても、そんなことは207さん、208さんご指摘のように歯科医師の責任ですから
無料でつけなおすのが当然の行為です。
この処置に10000〜15000円もの費用を徴収するのは、自ら記している25項目目の
「治療代は総額○○円で最初に払えばそれが全てであり、
1回毎の調整料や歯列矯正後の保定装置の料金は取らないと約束する。」にも反しています。
山崎氏は虚言癖があるとしか思えません。


216 :名無しさん@おだいじに:2008/03/11(火) 23:27:20 ID:2T8CHuFB
 さらに問題なのが27項目目です
「27)ブラケットを歯に接着するのにスーパーボンドという名称の強力接着剤を使う
ハカイシャハイシャが溢れている日本だが、歯のエナメルにダメージを与えたり、
虫歯の原因になるので絶対に使わない。」
スーパーボンドでは確かに酸処理エッチングによって、限られた範囲のエナメル質が粗造になります。
しかし、ブラケットオフ時に丁寧に研磨すれば、問題を生じることはほとんどありません。
そのスーパーボンドを使っていない山崎氏のケースはといえば、
たびたびブラケットが脱離し、そのたびに費用をとられる患者さんはそれを恐れて、
セルフクリーニングアクション(噛むことで歯がきれいになる作用)が働かない
おかゆのようなものを食べ、同じ理由で歯ブラシもこわごわやらざるを得ず、
結果は虫歯になってしまう人も少なくないというのですから、本末転倒です。
総合的に見ればとれにくいブラケットの付け方をすることが第一で、
その中でスーパーボンドは非常に優れていて、患者さんの歯に問題を起こすことなく
使っている臨床家も多いのであるから、そのノウハウを山崎氏が学べばいいというだけです。
矯正治療中にこのような理由でやつれるとすれば、
それも山崎氏のいう「小顔」の成果でしょうか?冗談としてはよくできていますが、
やられた患者さんにとってみれば、文字通り冗談ではありません。

 ところでスーパーボンドを使わない山崎先生はなにを使ってブラケットセットしてるんでしょうか?
どなたかご存じですか?

先ほどあげた28項目は顎関節症が終わって、矯正に移ったら改めて触れます。


217 :名無しさん@おだいじに:2008/03/12(水) 00:05:39 ID:???
すみません、プラケットって何ですか?

218 :1先生 ◆oNqgP71MM. :2008/03/12(水) 08:47:08 ID:D59CkRND
>>214
>1です。211さんご希望のトリップというのは通し番号みたいなものですか?
>教えていただければ対処します。

名前の欄が通常は「名無しさん@おだいじに」になって匿名性が保たれているのですが、
ここに固定ハンドルというご自分のペンネームを入れます。
それだけではなりすましが出来るので、ペンネームに続けて「#」を入れて、
暗証番号のような自分独自の文字や数字を入れると、
その人だけの固定ハンドルと確認できます。

私が「1先生#お大事に」と名前欄に入れてみますので見てみてください。

219 :名無しさん@おだいじに:2008/03/12(水) 10:43:25 ID:sxPr8ILO

話が飛んで申し訳ないのですが、虫歯だけが削れる
バーというのは、ポリマー樹脂製のバーで、ヌープ硬度が50なので、
ヌープ硬度が70〜90の健全象牙質は削れないというアメリカの製品だと
思われます。硬さだけを頼りにするのは、削りすぎるのは明白とおもいませんか?

220 :名無しさん@おだいじに:2008/03/12(水) 11:27:21 ID:D59CkRND
>>216
> ところでスーパーボンドを使わない山崎先生はなにを使ってブラケットセットしてるんでしょうか?
>どなたかご存じですか?

歯面にセメントをてんこ盛りにして、ブラケットが埋もれるような付け方してますが、
山浮フ好きなグラスアイオノマーセメントじゃないでしょうかね?


>セルフクリーニングアクション(噛むことで歯がきれいになる作用)が働かない
おかゆのようなものを食べ、同じ理由で歯ブラシもこわごわやらざるを得ず、

矯正中の写真はほとんど誰もが異常と言えるくらい色素沈着してますが、そういう理由だったのですね。
たばこのヤニかと思ったくらいw

221 :名無しさん@おだいじに:2008/03/12(水) 12:03:57 ID:???
GVBDOの患者は、一体いかなる段階で「これは騙された」と感知するんでしょうか。

222 :名無しさん@おだいじに:2008/03/12(水) 14:38:26 ID:D59CkRND
>>221
普通ならHPの文言を見て怪しいと思うから近寄らない。
「騙された」と感知する能力のない人だから患者になってしまう。

223 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 00:43:29 ID:rWx1pB4Y
 トリップの件了解 しました (巷の)いち歯医者を名乗ることにします。
う蝕だけが削れるバーについて情報をいただきました。
ポリマー樹脂製のバーヌープ硬度が50(健全象牙質70〜90の)、アメリカ製と。
ん〜まあ硬度だけの基準で虫歯を除去すれば、削りすぎることは前述しました。
が、なにかに使えないものか実物が手に入ったら、見てみたいものです。
ただ、今はエルビウムヤグレーザーもありますからねえ。(残念ながら私のところにはまだです。)

 220さんは山崎氏がブラケット(矯正時に歯に付ける金具)ボンディング(それを歯に付けること)に使っている
のはグラスアイオノマーではないかと言っておられますが、10年くらいまえにスーパーボンドと
同じ用途でグラスアイオノマー系の製品が出たことがあります。一回買いましたが、イマイチなので
それ以来使ってません。どうなったんでしょうね。
純粋なグラスアイオノマーはエナメル質に対する接着性なんて期待できないから、レジンモディファイドされたヤツ
なのかな?まあ結論はやっぱりとれやすいってことになりますね。


224 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 00:44:48 ID:rWx1pB4Y
>4)期間はどのくらいかかるのでしょうか?
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは修復治療は1ヶ月以内に終えることにしています。
>この段階で今までの顎関節症はもう治っています。
>次にガタガタの歯並びでは、再発する可能性が高いの予防の意味で歯科矯正を行います。
>今までG.V. BLACK DENTAL OFFICEで行われた歯列矯正の治療期間は、最短は3ヶ月、平均して1年弱となっています。
>歯列矯正が終わった段階で、指示された誰にでも出来る簡単な管理を適切に行うことができれば
>顎関節症にはもう2度となることはありません。
一般的な顎関節症の治療では関節雑音の無いタイプで咀嚼筋周囲の痛み・圧痛程度の症状であれば
筋弛緩剤と鎮痛剤の内服を1〜2週間もすれば、7割程度の人は以降問題なく予後観察に移れます。
このとき問題の原因らしき、他の歯に対して調和のとれていない角度の修復物は咬合調整で修正したり、
挺出して咬頭干渉を起こしている親知らずの抜歯などもあわせて、行うとされで5年以上も症状無く経過している
症例もあるのでそうしたものは治癒したと判断しています。
これで結果が不十分な場合や関節雑音が伴う場合はスプリント療法になります。
下顎顎関節がどのうな高さとあたりかたになったときにリラックスできるのか、
スプリントをいろいろ調整していって短くて2週間、長くて半年近くも患者さんの様子を見ながらすすめて行くのが
通法です。それがある程度はっきりするまでは問題のある未処置歯にはテンポラリーを入れます。
その試行錯誤の過程の中で「ここだ!」というところが分かれば、調整されたスプリントを参考に永久修復に移り、
それが終わってスプリントもほとんどいらないということになれば、経過観察に移行していいということになります。
そうなるまでには短くて3ヶ月、長くて半年以上かかる場合もあります。


225 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 00:45:34 ID:rWx1pB4Y
 GVBDOは歯をちゃんと治せば、顎関節症は治ると言っているので、修復治療が1ヶ月で終わると
言っているなら、顎関節症も1ヶ月で治ると言いたいのでしょう。
「虫歯治療」が終わったら、顎関節も治っているという理屈になっています。元患者さんたちの証言からも
理論的にもそのようなことは考えられません。
最終的な修復物やクラウンのかみ合わせの面の高さ、咬頭の角度はどうやって決めるのか?
顎関節症の現状で普通に噛んだ状態を基準にしていいのか、疑問だらけです。
さらにガタガタの歯並びのままでは顎関節症が再発する可能性が高いので、
予防の意味で歯列矯正すると言っています。顎関節症になる人でよくあるのは比較的キレイに並んで
いるのにわずかに咬合に問題がある場合です。
見るからに矯正しなければと思われるような叢生や上愕然突、受け口の人が
顎関節症になることはむしろ少ないと思われます。顎関節症の予防のための矯正というものは
そのためかあまり聞いたことがありません。元患者さんの証言からあまり有効ではないようですが。
一般の顎関節症の治療と比べた場合、この矯正も含めると4ヶ月〜1年ということになりますね。
問題なのは、「指示された誰にでも出来る簡単な管理を適切に行うことができれば
顎関節症にはもう2度となることはありません。」と言いながら顎関節症でなかった患者さんも
顎関節症になっていたり、少しも治っていないという証言のあることです。
山崎氏の耳には入っていないのでしょうか?
私が言っておきましょうか?「山崎先生、あなたは裸の王様ですよ。」と


226 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 00:51:34 ID:rWx1pB4Y
今度は顎関節症の名医見つけるなんとかの残り2項目をやって
 5)どこに行けばいいのでしょうか?
 6)良さそうな歯科医院をWebで見つけたのですが、
    そこが本当に良いか悪いかはどうやって見分けたら良いのでしょうか?

 ロッキー調布さんの矯正を考えようかと思います。
歯周病ももうちょっと掘り下げないといけなさそうですね。頑張ります。

227 :名無しさん@おだいじに:2008/03/13(木) 03:11:57 ID:???
GVBDOでの歯周病関連で歯石をまともにとってる記述ないね。

228 :名無しさん@おだいじに:2008/03/13(木) 07:31:59 ID:IuJMmB42
>>227
え、そんなにひどいんですか?
PMTC(Prophy)に含まれていると思ってたんですが。

229 :名無しさん@おだいじに:2008/03/13(木) 11:03:54 ID:???
PMTCって超音波の水流で洗うクリーニングのことでわ?

230 :名無しさん@おだいじに:2008/03/13(木) 11:18:13 ID:???
何ヵ月かに一回PMTCやっても基本的な
プラークコントロールの習慣が
身についてなければ意味がなくなるでしょ


231 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 22:46:40 ID:rWx1pB4Y
GVBDOが言っている「顎関節症が治る治療」
 http://www.gakukansetsusho.us/index_gakukansetsusho_ans.html

5)どこに行けばいいのでしょうか? に対する答えは明確です。
>私が安心して薦められる所は日本にはG.V. BLACK DENTAL OFFICE以外にはありませんが
自分で自分のところしかないと言っています。
続けて
>それでは経済的にG.V. BLACK DENTAL OFFICEに来ることのできない人々にはつらい話なので、
>とにかく
>顎関節症を治したいと思ったら、針や整体やヨガや精神科ではなく、
>良い歯科医院を探して、歯科医院へ行く!ということを忘れないように。
山崎氏自身がが法外といっていい治療費を設定していて、「にはつらい話なので」とは人ごとのように
言い回しです。保険診療で採算が取れなくても、良質な歯科治療を目指しているものを
彼は見習うべきでしょう。
個人差はありますが、鍼灸・接骨(整骨)・整体やヨガなどの代替医療は根本的な解決にはならなくても、
症状の緩和に効果が見られることがあります。また、顎関節症で精神的な問題も考慮すべき症例では
神経科・心療内科・精神科との連携が必要なこともあるでしょう。
しかし、顎関節に問題が生じている場合は基本的に歯科を受診すべきです。
これは山崎氏の言っている通りではありますが、他院をあれほど悪し様に論評して、
サイト閲覧者にどこへ行けというのでしょう?


232 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 22:47:17 ID:rWx1pB4Y
それが
>6)良さそうな歯科医院をWebで見つけたのですが、
>そこが本当に良いか悪いかはどうやって見分けたら良いのでしょうか?
というところに繋がります。
そして前述した
「良い歯医者を見つけるためにハカイシャハイシャとコンビニ歯医者を除外するチェックポイント」
というa.〜r.までの17項目の意味のないチェックポイントです。(なぜかq.が欠番です。)
この中でまともなことがいくつかないか再び見ましたが、
n. 治療に関しての掲示板があった場合、どのような内容が書かれているか
ということはまあ普通の意見ともとらえられます。
(ただし、御茶ノ水Noteがなんの参考にもならないのは既述しました。)
これ以外一つとして私が得心できるチェックポイントはありませんでした。
次は矯正治療について触れようと思っていたのですが、歯周病治療に関する書き込みがいくつかあるので
先にこれを見ていくことにします。


233 :名無しさん@おだいじに:2008/03/13(木) 23:15:57 ID:CJqjokk3
いち歯医者先生。

引用文とご自身のコメントの間に改行をしていただくと読みやすくなります。
コメントが長いときも適当に改行していただいた方が読みやすいです。

234 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/13(木) 23:34:25 ID:rWx1pB4Y
了解です。確かに自分で見ても分かりにくいですね(^^ゞ
歯周病のところでもその辺気をつけます。


235 :名無しさん@おだいじに:2008/03/14(金) 10:54:03 ID:w4TD0pJO
ポリマーのバーは、茂久田商会が輸入しています。
茂久田商会のカタログに載っています。
SSホワイトのスマートバーと言うものです。
定価は10本で7800円です。
本来MIに使うことを目的に開発されている製品です。
ですから深い部分に使用するのは、?です。

これだけの文章というより論文に近いものをお書きになるのは
さぞや大変でしょう、興味深くよませていただいています。
応援してます。

236 :名無しさん@おだいじに:2008/03/14(金) 11:03:05 ID:ta1KGrkA
私も一歯医者ですが、応援しています。
GVBDOに関する私の拙い知識や記憶で良ければいつでも提供させていただきます。
彼がYahoo掲示板でせっせと宣伝活動を行っていた頃から知っております。

1999年にインターネットを始めたのですが、当時いろいろ検索して、
「日本で初めて、会員制の歯科医院」というキャッチコピーに興味を持って見始めたのが最初ですから、
その当時から見ていることになります。

237 :名無しさん@おだいじに:2008/03/14(金) 21:37:46 ID:uVvTKURg
元患者です。
山崎氏の行うプロフィーについて

ブリッジや差し歯など補填が多い患者は、3ケ月毎のリコールを要求されます。
それ以外の患者は6ケ月以内に、プロフィーと山崎氏が呼ぶリコールを受けないと、
初診扱いになり、その後の治療を受けることが出来ないと聞いています。

内容は、重曹塩と水とエアーの高圧噴射による歯のクリーニングとフッ素塗布です。
クリーニングの時間は、わずか10分程度です。
まともな衛生士さんなら、丁寧に時間をかけて行うスケーリングも、おざなりと感じました。
これだけのことで、52500円と5250円(衛生費という名目の医院への入室料)が要求されます。

患者は、お茶やコーヒー等着色の原因となる飲料を極力避けるよう生活指導を受け、
プロフィー前は、一日6-8時間、二週間のホームブリーチを薦められるので、
少なくとも正面の見た目は綺麗な画像が、HPにアップされます。


238 :名無しさん@おだいじに:2008/03/14(金) 23:01:07 ID:uVvTKURg
237です。
衛生費ではなく、感染予防費という呼称でした。


239 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 00:33:33 ID:???
それじゃ、スケーリングやるなら、保険で受診した方がはるかに口ははるかに衛生的になるとおもうよ。
初診料もろもろの管理費を含めても3割負担で2千円位で終わるし、再診ならもっとやすい。
GVBDO歯周病の知識ないから、歯石と歯質の違いがわからねんじゃねの?

240 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 00:57:44 ID:WtXXPDEM
235さん 情報ありがとうございます。スマートバー買ってみて実際に
どんなところで有効かあるいは無効か試してみることにします。

236さんのかつてYahoo掲示板での宣伝活動らしきものがあったのは私も知っています。
いかにも、インチキっぽい雰囲気でいずれなくなるだろうと考えていたのですが、
このような被害を患者さんや歯科医療関係者に及ぼすようになれば、
看過できない問題となってしまったと言わざるを得ません。
まずは、普通の患者さんとなるべき人たちに向けて正しいことを伝えたいという
思いがこのスレを継続させている力になっています。


241 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 00:58:20 ID:WtXXPDEM
 また元患者さんの237の書き込みによって山崎昇歯科医師がプロフィと
称して行っていたことは、あそらくエアーフローのような特殊な塩の結晶を水圧と一緒に
歯面にあてて沈着物(ステイン)を除去することだったと。それも10分程度。
それにおざなりに感じられたというスケーリングにフッ素塗布。
感染予防費5250円をプラスして毎回、57750円の支払いを求められていたということですね。
この行為は普通に言われるPMTCではありませんね。
食物色素やヤニ(喫煙によるものばかりではない)などの沈着物を除去するときに使うのが
このようなエアーフローという機械です。
(この処置はウチでは自費で2000円です。)
超音波スケーラーと異なり、歯周治療よりも審美目的に使われることが多いですね。
歯周治療で歯医者が中心になってやる処置の中心におかれるのは
スケーリングとルートプレーニングであるはずなのに、審美目的と勘違いしているのでしょうか?
山崎氏は。
おそらく歯の漂白を患者の迷惑はどうあれ早くきれいに仕上げたいということだと
想像します。歯周治療にはあまり役に立たない行為と言えそうですね。
そういうことが分かっているのかいないのか私のところと比べて、
25倍もの費用をよく、取れますね。しかも、それがホワイトニングの宣伝にまた
使われるわけですから、呆れるばかりです。

242 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:34:43 ID:WtXXPDEM
GVBDOの歯周病についてのサイトは、顎関節症の場合と酷似というか一部そのまま
使われています。
プラークコントロールもスケーリングもほとんど話題に出ることなく、話が展開して行きます。
なぜそうなるのかは読んで行けば分かります。
今日はすべて引用だけしておきます。普通の歯科医師であれば、この異常さがよく分かると
考えますので、それぞれ思うところがあれば、是非書き込みしてください。
まず http://www.shishubyo.com/ から


243 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:35:39 ID:WtXXPDEM
>歯周病・歯槽膿漏に関する5つの質問
>1)自分の歯を救える良い治療方法はあるのか?
>2)治療費はどのくらいかかるのか?
>3)期間はどのくらいかかるのか?
>4)どこに行けばいいのか?
>5)そこが良いか悪いかはどうやって見分けるのか?
>このHPではこの5つの質問について実際の臨床例も交えて解説し、
>このHPとリンクされた全ページを読み終えたときに、あなたは歯周病や歯槽膿漏について、
>知識だけは、アメリカの一流のDentistで治療を受けている人々のレベルにまで達しているはずです。
>私がここで歯周病や歯槽膿漏の基準としているのは私自身が行っている
>アメリカの一流のDentistが行っている治療で、それは
>1)ホープレスな歯は早急に抜いて健全な歯が残る環境を作る
>2)残った歯はもうなくならない
>3)一生美しい歯を保つことのできる歯科矯正治療で仕上げをする
>ということであって、現在日本の多くの歯医者さんたちの行っている
>1)ホープレスだろうとぺりおくりんでごまかして延命治療をする
>2)根本的な治療をしないので、歯磨き指導ばかりさせて時間がむなしくすぎるので良い歯も悪くなる
>3)挙げ句の果てには歯がどんどん抜け、インプラントを薦め出す
>という治療とはあまりにもかけ離れているので、多少の日本で流布している知識を
>歯周病や歯槽膿漏に関する知識を持っている方はカルチャーショックを起こさないように注意してください。
>最後に、歯周病や歯槽膿漏について私の考えを手短に言うと、
>歯周病や歯槽膿漏というのはアメリカではすでに過去の病気であって、]
>適切な治療さえ行えば、それ以上はもう悪くならない!
>従って、歯周病はもはやアメリカでは過去の病気であり、一流の技術を持つDentistにとっては難しい治療ではない。
>というのが今の日本の歯医者たちとは全く違った私の考えであり、アメリカの歯科医療の現実なのです。


244 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:37:00 ID:WtXXPDEM
ここで出た5つの質問への答えは http://www.shishubyo.com/index_shishyubyo.html
に書いてあります。これもすべて引用します。

>よくある歯周病・歯槽膿漏に関する5つの質問への回答
>1)自分の歯を救える良い治療方法はあるのか?
>こーちゃんの入れ歯物語のこーちゃんはG.V. BLACK DENTAL OFFICEに来た人の中で
>最も破壊が進んだ人でした。
>そんなこーちゃんでも下の歯の8本は適切な治療をすることで救えました。

>上は総入れ歯、下は部分入れ歯になりましたが、下が部分入れ歯で食い止められたということの意義は、
>物を噛むということに関する限り大きな意義があるのです。
>下の歯を適切な治療により救うことで、総入れ歯よりも安定した部分入れ歯を製作できたことにより、
>こーちゃんは物を食べるという、人間が最も必要とする機能をなんなく回復しました。
>こーちゃんはG.V. BLACK DENTAL OFFICEに来たとき既にホープレスな歯ばかりだったので、
>総入れ歯と部分入れ歯になりましたが、乙さんやDennis程度の状態であれば回復など簡単なことです。
>ましてやイワン御慶荘のような症例では良くなるのが当たり前の状態です。
>そのために行うのは基本的な、
>1)歯の清掃
>2)虫歯の治療
>3)壊された咬合の回復
>という修復治療と歯列矯正治療のみであって、アメリカで歯周病が過去の遺物になったのは、
>この修復治療のレベルが日本とは比較にならないほど高度だからなのです。
>どのくらい高度であるのかはこのHPで臨床例として挙げた乙さん、Dennis、イワン御慶荘の歯周病の恐怖と決別した
>3症例を読むと誰にでも理解できるはずです。


245 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:37:44 ID:WtXXPDEM
>日本で盛んに近代的な治療方法とされているもののほとんどは意味のない子供だましのようなものばかりだし、
>歯磨きをどんなにしても、もとの歯がダメな場合は良くなりようがないので、
>ハカイシャハイシャに騙されて無駄なことばかりで時間を浪費し、その結果自分の歯を犠牲にしないように。
>2)治療費はどのくらいかかるのか?
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEを例に取ると、G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは悪い歯は全部治すということなので、
>歯の状態によって治療費の値段は変わります。
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEの治療費は日本の自費専門の歯科医院の相場に近いそうなので、
>日本の自費専門の歯科医院の治療代の参考として紹介します。
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEの治療費は日本一高額だ!とシャウトしている人たちもいますが、それは間違いです。
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは料金は治療ごとに決まっており、
>その治療代のひとつひとつは日本の自費専門の歯科医院の相場であるということです。
>しかし、G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは悪いところは全部治す!ということであるため、
>トーマス上田のように根幹治療をしてクラウンにしなければならない歯が22本もある症例では
>修復治療代に800万以上かかりますが、Sawady小平のように虫歯が1本しかない場合は7万円となっています。

>要するにG.V. BLACK DENTAL OFFICEでは歯が悪い人は高額な治療費になるが、
>歯が良い人は地元の自費専門の歯医者に行くのと同じくらいの治療費ですむ、ということになります。

>これは全国、まじめな治療をしている歯科医院に行けば、どこでも同じような状況になります。
>参考例としての詳しいG.V. BLACK DENTAL OFFICEでの治療費の詳細はこちら。
>3)期間はどのくらいかかるのか?
>治った!という自覚症状が出るまでにどのくらいかかるかというのは個人差があるのでなんとも言えませんが、
>治療期間に関する限りG.V. BLACK DENTAL OFFICEの治療例では、
>1)歯の清掃、修復治療は1ヶ月以内で終了
>2)補綴治療も1ヶ月以内で終了
>3)歯列矯正治療は1年半で終了 ということになります。


246 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:38:16 ID:WtXXPDEM
>4)どこに行けばいいのか?
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEに経済的な理由で来ることのできない人は、
>色々な妥協をして、とりあえず歯周病の進行を止める!ということが重要です。
>では具体的にどこがいいのか?ということですが、徹底的に治して、
>もう歯では2度と悩まなくなるような治療をしてくれる歯科医院が、
>G.V. BLACK DENTAL OFFICEの他にあれば私が日本に帰ってくる必要はなかった、
>ということですので、このレベルの治療では推薦する歯科医院はありません。

>しかし、不必要な治療をしてさらに悪くするより、現状維持を目標に今よりは悪くならないようにしよう、
>という治療をしている場所なら、色々な妥協をして、
>とりあえず歯周病の進行を止める!ということが重要である以上、行く価値はあると思います。

>そんな治療をしているのは、私が知っている範囲では日本では○×歯科(伏せ字引用者)だけですが、
>同様の治療をしている所はまだあるかもしれません。

>G.V. BLACK DENTAL OFFICEにも自然歯科にも色々な理由で行けない、という人は、
>結局、Webで自分の行く歯科医院を探さなければいけないわけですから、
>そんな人のために、次項では、行っても悪くされるだけのコンビニ歯医者と行ったら
>それなりの効果は認められるまじめな歯科医院の見分け方を伝授します。


247 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 01:42:50 ID:WtXXPDEM
>5)そこが良いか悪いかはどうやって見分けるのか?
>G.V. BLACK DENTAL OFFICE HPを開設した1997年当時は歯科医院のHPは50程度しかありませんでした。
>今は医院の名前と住所なのどの基本データだけの医院紹介のHPも含めると9000程度だと聞いたことがあります。
>Googleやヤフーで上位にヒットしているところは宣伝費を払って出ているのだし、
>Webの口コミ掲示板はヒマな歯医者が患者になりすまして自分の歯科医院の宣伝しまくっているだけだし、
>歯科のランキングサイトは歯医者が自分で経営していて自分のところを1位にしているところばかりだし、と信用など到底できません。

>しかし、きっかけは検索エンジンしかないのがWebですから、
>Googleで検索し探し出した歯医者をひとつひとつ自分で良いか悪いかを決め、
>最終候補まで絞り込まなければならないのが現状です。
>従って、良さそうな歯医者をヒットした時、どのような基準で判断したら良いのかを
>示したのが以下に掲げたa.からp.までのチェックリストです。


248 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 02:14:49 ID:WtXXPDEM
>日本のHPを持つ9000の歯医者の中からコンビニ歯医者といわれる、ホケンが使えて、早くて、痛くないけど、
>すぐにダメになる、という98%以上を占めるコンビニ歯医者を除くためにThe Dentists JAPAN参加者である
>現役の歯科医師が10名で作りました。
>(-10)とある数字はその項目があった場合のマイナス点を示しています。

>コンビニ歯医者は:
>a.  インプラントをしている、と書いてある(-100)
>b.  自分の臨床例が全く紹介されていない(-100)
>c.  8020運動を推進している、と書いてある(-100)
>d.  歯周病に力を入れている、と書いてある(-20)
>e.  介護診療をしている、と書いてある(-20)
>f.  院長の写真があった場合、院長が長髪である(-20)
>g.  分院がある、と書いてある(-20)
>h.  勤務医が院長以外に2名以上いる、と書いてある(-20)
>i.  衛生士が3名以上いる、と書いてある(-20)
>j.  非常勤で矯正医(アルバイト)がいる、と書いてある(-20)
>k.  最新の機械を導入している、と書いてある(-10)
>l.  スエーデンのイエテボリ大学で歯周病の勉強をしてきた大野純一のことをメールや掲示板で聞くと、
>知らない、と言うか、あいつはたいしたことはない、と言う(-10)
>m.  G.V. BLACK DENTAL OFFICEのことをメールや掲示板で聞くと、知らない、と言うか悪口を言ってののしる(-100)


249 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/15(土) 02:16:28 ID:WtXXPDEM
>以上の12項をチェックし-200点以下になった歯医者を除外すると、
>9000が100くらいにまで減少し、コンビニ歯医者は除外できるはずです。

>そして、複数見つけた場合、さらに踏み込んだ内容を吟味するためには、
>n. 治療に関しての掲示板があった場合、どのような内容が書かれているか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは御茶ノ水Note)
>o. 患者の普段の様子を書き込む掲示板がある場合、そのような内容が書き込まれているか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではスクランブル交差点)
>p. 患者同士の交流の場があるのか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは練達道場)
>r. その歯科医院ではどんな人がどんな治療を受けているのかという情報公開はしているのか
>(G.V. BLACK DENTAL OFFICEではカズイスチカ)

>などを読んで自分で好感が持てるところに行けば良いと思います。
>特にp.の患者同士の交流については治る治療をしている歯科医院では必ず行っているため、
>患者同士の交流があるだけでもコンビニ歯医者よりはましだと言うことがわかります。
>以上のことを吟味しながら気長に探せば、
>残った中にはきっとあなたの家の近くにある歯科医院があるはずですから、
>歯周病で悩んでいる人はがんばって探すと良いでしょう。


250 :105:2008/03/15(土) 02:21:50 ID:isEdPpSL
>>237

そこまで酷いとは・・・あなたの書き込みを読むだけで、GVBDOでの歯周治療のレベルが知れます。

>重曹塩と水とエアーの高圧噴射による歯のクリーニング

それはプロフィー・ジェットなどの名前で、市井のごく普通の歯医者さんでも良く見られるものです。
目的はステインの除去と歯肉縁上のプラーク除去であり、
PMTCの目的のひとつである「歯肉縁下のバイオフィルムの破壊」には使えません。

歯周疾患の予防効果は低いということです。

しかし、そんなもんで5万円以上の治療費を請求するのは「商売上手」としか言いようがありませんね。

まったくGVBDOでは、ほんとうの歯周病治療は無理なのでしょうか?
歯周治療ができないから、比較的若い患者さんしか診ないようにしているのではないか、
と勘繰りたくなります。

251 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 07:52:15 ID:???
別スレで直接金修復の話が出ていますが、
経験のある方おられますか?

出身大学の講義においても、教官が
見たこと無い。良いらしいけれど、時間がかかりすぎるから多分誰もやってないのでは?
と言う程度でしたし、その後の勤務医生活でも誰かがやっていることもなければ
口腔診査にて見たこともないのですが、やはりやる人はいないのでしょうか?

一度くらいは見てみたいと思います。
自分がやることは未来永劫無いでしょうが。

252 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 08:51:59 ID:fy128rVR
ttp://www.gilbertdental.com/Fillings.htm

症例は見たことがあるし、充填も一回だけ見たことがある。
ただし虫歯ではなくて逆根充だった。


253 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 11:12:59 ID:BtqbaDzM
237です。
患者仲間数人に確認したかぎりでは、同程度のプロフィーでした。
患者さん・元患者さんで、GVBDOで違うレベルの処置を受けた方がいらしたら、
カキコ願います。


254 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 15:04:13 ID:TtiHRoIt
以前、妻の小臼歯のインレーにするには削除量が多くなりそうな
小さな1級の修復を金箔充填したことがあります。
やはり、熱して酸化膜をとりながら、詰めても詰めてもはいってゆく
という感じで、時間はかなりかかりましたが、研磨後は満足のゆくものでした。
道具はありますがそれ以来おこなっていません。
私も、逆根充に、ヨーロッパのメーカーの、あらかじめ酸化膜を除去して
カプセルにはいったスポンジゴールドを使用してるのをみたことがあります。

255 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 18:49:01 ID:r1iJR+n7
ここは2ちゃんねるです。
患者さんの体験談を全て鵜呑みにしないで下さい。
漏れがgvbdoの関係者ならこうします。

1)患者に成りすまして、gvbdoのことを、実際より「さらに悪く」書きます。
  ↓
2)何らかの方法で、それが嘘であることを証明します。
  ↓
3)それにより「2ちゃんねるは全て嘘だ」とHPで喧伝します。

このような手口も可能ですからあまりにも「悪すぎる」書き込みも
疑う必要があります。
とはいえ幸いにして歯科医や専門家がおられるようですので、写真等と
照合して明らかな嘘体験談は指摘があるかと。

256 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 20:49:47 ID:???
2)が実現したことはいままでないよ。

257 :105:2008/03/15(土) 21:09:05 ID:isEdPpSL
>>255

確かにそうですね。彼らならそのぐらいのトラップ、平気で仕掛けてくるでしょうね。
以前のスレでも、元患者さん(これは多分本物?)が書き込みを始めたら、
急に「元患者ですが」と名乗る人が増え始めて、結局議論がウヤムヤになってしまった
ような記憶があります。

別スレでありましたが、wikipediaの「グリーン・バーディマン・ブラック」の項にも
根拠のないGVBDO擁護な記述がなされているようですし。

でもまあ、>>237さんの言ってる事はおそらく本当でしょう。
プロフィー後の写真を見ると、>>237さんの言っていることと矛盾しませんしね。

258 :名無しさん@おだいじに:2008/03/15(土) 21:29:44 ID:???
255=事務長さんなんじゃねーのWWW

259 :105:2008/03/15(土) 21:55:25 ID:isEdPpSL
>>237さんのような元患者さんの証言は「GVBDOは自分たちで主張しているほど優れてはいない」
という方向性・具体性を強めるものであって、ここでの議論を覆したりするものではないと思われます。

万が一、後にそれが嘘だと暴露されたとしても、
我々専門家から見たGVBDOの実力が「口ほどにもない」という事実には何の影響もないかと。

260 :255  ◆QSvu02wgHE :2008/03/15(土) 22:09:52 ID:r1iJR+n7
>>258
そうかもしれませんよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

261 :105:2008/03/15(土) 23:06:57 ID:isEdPpSL
話を元に戻しましょうか。

>>244でいち歯医者さんが引用してくださった「こーちゃん」の症例ですが、
はっきり言ってGVBDOでの歯周病治療が功を奏したとは全く思えません。

この患者さんは、GVBDOへ行く2年以上前に、当時通院していた歯科医師から
>「随分、歯周病が進んいる、このままだと下の前歯以外、いずれ抜け落ちる」
と宣告されています。

その後、GVBDOでの治療を受けた結果、上顎の歯はすべて抜歯、下顎の前歯部だけが残りました。
結局、前の歯科医師が宣告したとおりの結果になっただけで、GVBDOで行われた歯周治療で、助かった歯などなかったということです。

GVBDOで抜歯された上顎のブリッジをみると、左上1と2にはかなりの量の歯根膜が付着しているように見えます。
>上顎で唯一、1本残るはずだった#10も結局、虫歯が進行していて抜歯の運命に。
とありますが、#10(左上2)がそんなに重度の虫歯には見えません。さらにこう続きます。
>#9、#10を先生の力技(ちからわざ)で抜いて、入れ歯のためにごしごし骨を削って平らにする。
つまり、左上の1と2は、歯周病で抜歯されるような歯ではなかったということです。
(歯周病で抜歯適応の歯は「力技」で抜く必要など無く、通常は非常に簡単に抜けます)。

左上1,2は歯周病の治療によって保存できた可能性が高いと考えられます。
この患者さんはGVBDOで適切な歯周治療を受けなかったから上顎が総義歯になったのではないでしょうか。

262 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/16(日) 01:53:52 ID:ZQEcvMq8
今日は書き込みが続いているGVBDOでの歯周治療の問題を考えます。
まず、歯周病や歯槽膿漏と別に呼ばれることがあるのはなぜかに触れておきます。
いわゆる歯周病は、成人以降に生じる歯周組織
(歯を支える歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)の慢性炎症性の進行性破壊をいいます。
分類上では他にもありますが、ここではこのもっとも大きな比率をしめる
成人性歯周炎をたんに歯周炎と呼ぶことにします。
かつては慢性辺縁性歯周炎と呼ばれていましたが、これを成人性歯周炎とよび、
このような状態が若年者に起こる場合をとくに若年性歯周炎というようになりました。
 
 かつては歯周病を歯槽膿漏症と言っていました。
歯が植わっている槽(おけ)から膿が漏れる(歯肉から血や膿が出る)状態から、
このように言われました。しかし、それでは単に歯周組織に炎症が起こった結果の
現象を示しているにすぎません。消化器感染症で下痢や嘔吐があった場合に、
下痢嘔吐症とはいわずに胃炎や腸炎、さらに原因が分かれば細菌性とかウイルス性
というような言葉が最初につきます。
このようなことから、今では歯槽膿漏(症)と言わなくなりました。
山崎氏はタイトルに
「歯周病・歯槽膿漏に関する5つの質問」と、いまだに歯槽膿漏と書いています。
説明が面倒なのか、よく説明できないのか不明ですが、
歯医者から見るとややみっともない記述です。


263 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/16(日) 01:54:41 ID:ZQEcvMq8
 5つの質問のまえに「アメリカの一流のDentistが行っている治療」が書かれています。

>1)ホープレスな歯は早急に抜いて健全な歯が残る環境を作る

ここでホープレスか否かの判断は極めて重要です。歯は抜いてしまえば決して生えません。
動揺や周囲歯肉の腫れを繰り返し、患者さんがその歯があることで苦痛を感じる
ようであれば、抜歯する他ありません。
また、歯を支える歯槽骨の全周にわたる大きな欠損のある場合も抜歯となります。
しかし、多少動揺があったり部分的に非常に深いポケットがあっても、
初期治療(プラークコントロールやスケーリング(歯石の除去)、
ルートプレーニング(歯の根をキレイにして平滑に仕上げる))の過程で、残せる可能性が
出てくる歯のあることはよく経験することです。
「さとちゃん」の症例で山崎氏は、初診でいきなり5本の抜歯をしていました。
グラグラの歯が数本くらい並んでいて、患者さんが痛みや不愉快さを訴えていて
レントゲン上でも治療不可能と判断されたならば、まだ理解できます。
しかし、この症例の場合は、下の左右の7番(第二大臼歯)と8番(第三大臼歯(親知らず))と
右上の親知らずで、場所もばらばら、患者さんが苦痛を訴えていたわけでもないのです。


264 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/16(日) 01:55:54 ID:ZQEcvMq8
 このような場合、局所麻酔は下顎の左右と上顎の右にしなければなりません。
麻酔の注射を三回もしなければいけないことになります。
術後の違和感も強く、右も左もキズがあれば、治癒するまでは右でも左でも噛めません。
なぜ一本ずつではないのか?7番だけでも保存して、初期治療をした方が良かったのでは
ないか?と疑問ばかり残ります。
なぜこんなことをしたのかの答えは次の項目にありそうです。


 つまり
>2)残った歯はもうなくならない

と言っていることです。少しでも危なそうな歯は最初にホープレスとしてしまえば、
残った歯は確かになくならい可能性が高まります。
しかし、それは残せたかもしれない歯がホープレスとして抜歯される危険がある
ということに他なりません。
これでは現代的な歯周治療ではなく、「歯槽膿漏症の根本治療は抜歯である」と
していた半世紀以上まえの歯医者と同じです。

最後は
>3)一生美しい歯を保つことのできる歯科矯正治療で仕上げをする

となっていますが、
歯周病の場合は歯列がプラークコントロールを妨げたり、
歯の位置、歯軸方向が不適当で噛むたびに歯周組織に傷害を与えるような
場合に、歯周病治療の一環として矯正をすることがあります。
山崎氏の文面からは、そのようなことは読み取れません。
キレイに並べるというのが目的で歯周治療のことは考えていないという印象が拭えません。

 「現在日本の多くの歯医者さんたちの行っている」としている治療の
3項目については次回にします。また、みなさんの書き込みに対しても
この次に記します。


265 :名無しさん@おだいじに:2008/03/16(日) 12:33:57 ID:FPwb4HIV
>>219
>話が飛んで申し訳ないのですが、虫歯だけが削れるバーというのは、ポリマー樹脂製のバーで、ヌープ硬度が50なので、
>ヌープ硬度が70〜90の健全象牙質は削れないというアメリカの製品だと

>648 :卵の名無しさん:2008/02/24(日) 10:43:11 ID:FeZvqJ7m0
>ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10073814818.html
>お気楽レジンを除去するのは大変です。
>なぜなら象牙質とお気楽レジンの区別がほとんど付かないため、
>お気楽レジンを除去する際に、健全な象牙質も削る可能性があるからです。
>従って、やや少なめに除去します↓。
>そして後は、虫歯だけが削れるバーで削るのです。
>幸いなことに、虫歯が削れるバーはお気楽レジンも削れるので、
>時間がかかることを考慮して、慎重に削ってゆきます↓。
>ここで気をつけなければならないのは、レジンを削り終わった直後に、
>虫歯の大爆発があった場合、レジンを削り終わった瞬間、瞬時にストップしなければ、
>固いレジンからスポンジのような虫歯に移行しているわけですから、
>バーが神経まで突き抜けてしまいRCTになる、という可能性があるのです。
>
>かなり前の教科書から抜粋してみよう。
>         エナメル質 象牙質 コンポジットレジン
>ヌープ硬さ   355-431   68    45-63
>ビッカース硬さ 408     60    41-174
>
>さらに言えば、近年のコンポジットレジンはフィラー含有量が増え、もっと硬い。
>あまけに、象牙質は深層になればなるほど硬さが減少し、ヌープ硬さ40を切ることもある。
>山詐欺の言うことがどれほどデタラメか分かりますね。

このバーの硬さがヌープ硬さ50だとすると、今のコンポジットレジンは削れないでしょうね。
とすると、山崎氏が使っているのはこのバーじゃないかもしれません。

266 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 00:18:31 ID:cgZWdeDw
 このスレに書き込まれたいくつかのこよについて触れておきます。
まずGVBDOでPMTCもどきの処置(あえてそう言います)に際して、使われる
「重曹塩と水とエアーの高圧噴射による歯のクリーニング」(元患者237さんによる)
はエアーフローとかプロフィー・ジェットなどと呼ばれるものについてです。
これらは歯肉縁上(歯の歯茎から出ている部分)に付着した食物残渣、
色素沈着を除去するのが目的で、歯石の除去とくに歯肉縁下(ポケット・歯茎の中にある歯面)
に付着している細菌性プラークや歯石の除去には使えないというのは250さんご指摘の通りです。

 ですから、このような機械は歯茎の状態が比較的健全で、歯の着色や沈着物を除去し、
歯面をキレイに見せたい場合やホワイトニングの前処置として行われるものです。
もともと歯周治療のために作られたものではないので、歯周治療に対する効果には疑問が残ります。
むしろ、保険診療で行われる超音波スケーラーを用いた歯石の除去(いわゆる簡単な歯石除去)と
歯面の研磨の方が遙かに有用と考えます。239さんのご指摘も全くその通りと私も考えます。


267 :名無しさん@おだいじに:2008/03/17(月) 00:18:57 ID:cgZWdeDw
 しかもこの処置で52500円とは開いた口が塞がりません。前述の保険の簡単な歯石の除去であれば、
総額で3000円超えないでしょう。その20倍近くの費用を受け取っておいて、さらに感染予防費として
5250円とることまで聞くと、暴力バーすら思い起こさせます。
感染予防と言っても誰(何)から誰への感染を予防したいのかが不明です。患者さん自身が、
特別に考慮を要するウイルス感染症であったり、そのキャリアである場合は、一定の合理性が
あるかもしれません。(これには差別だとの批判があるかもしれません。)
その患者さんのために使い捨ての特別な器具や消毒薬を使わなければならないからです。

 患者さんにそうした感染症がないとなればインフェクションコンロールは器具の滅菌・消毒など、
ルーティンに行っている業務の一つに過ぎないわけですから、当然それに新たな費用が発生することを
正当化できません。


268 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 00:20:01 ID:cgZWdeDw
 次に直接金修復についてです。
山崎氏は自身の歯科医院をG.V.Blackデンタル・オフィスと名付け、あたかも近代歯科保存修復学の礎とも
言えるこの人物となにかつながりがあるかのように振る舞っています。
であるならば、金箔充填がさかんな時代に考えられた諸原則をもっともわかりやすく現すのは、
直接金修復だろうと。それを山崎氏はできるのか?というのが話題のもとになった書き込みです。

 もし彼が金箔充填が可能であるならば、ゴールドクラウンと咬合しているアマルガムはよりイオン化傾向の乖離しておらず、
ガルバリニ電流も電気的腐食の心配もない金箔にすべてやりなおすべきだと私は考えます。
できるのならば。
254さんは奥様にやられたんですか。私も純粋に学問的に是非やってみたいと思っているのですが、
私の妻の歯は大きめのインレー・クラウンでしめられているので、なかなかチャンスがなさそうです。

244さん261さんがとりあげた「こーちゃん」の症例についてもいずれ検証するつもりです

269 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 01:18:39 ID:cgZWdeDw
「現在日本の多くの歯医者さんたちの行っている」治療として
>1)ホープレスだろうとぺりおくりんでごまかして延命治療をする

 何度か触れましたが、ホープレスか否かを拙速に判断すべきではありません。
初期治療のコンプライアンス(受容、患者さんの受け止め方)がよく、
プラークコントロールがよくできていて、スケーリングやルートプレーニングで
病状が安定している場合にさらに慎重に経過を見るのと合わせて
ペリオクリン歯科用軟膏という商品名の
テトラサイクリン系抗生物質の軟膏を歯周ポケットに使うことがあります。
これは歯周病の原因菌に奏功し、良好な臨床成績もある薬です。
これである程度落ち着いたら、様々なテクニックを用いた歯周外科処置を行い、
ホープレスではなく、ホープフルな歯に蘇らせられることがあるのです
この場合、ペリオクリンの使い方は術前1回/週を4回、術後に同様の間隔で4回というのが
一般的です。

 これは断じて延命治療ではありません。
抜歯しなければならない歯を再び噛めるように回復させる治療です。


270 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 01:19:17 ID:cgZWdeDw
 ペリオクリンの問題点として抗生物質であるために耐性菌の出現があげられます。
したがって、来院のたびに漫然とペリオクリンを使い続けるような使い方は避けなければなりません。
投与期間と間隔を守って使わなければいけないということです。
しばしば、歯科医師の指導力・患者さんのコンプライアンスに問題があってプラークコントロールが
うまくいかず、スケーリング・ルートプレーニング以上の処置になかなか進めない場合、
ペリオクリンを頻用しがちになりますが、その場合は2ヶ月8回を限度とすべきでしょう。

271 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 01:20:22 ID:cgZWdeDw
>2)根本的な治療をしないので、歯磨き指導ばかりさせて時間がむなしくすぎるので良い歯も悪くなる
 
何度か言っていますが、歯周病治療の基本となるのはプラークコントロールです。この習慣を患者さん自身が
身につけない限り、治療は成功しません。そして、これには時間がかかるのです。
平行してスケーリング・ルートプレーニングをやっていけば、「時間がむなしくすぎる」こともありません。
この「良い歯も悪くなる」には「根本的な治療をしないので」がかかるのか、
「時間がむなしくすぎるので」がかかるのか判然としません。
根本的な治療というのは後述されている1)歯の清掃2)虫歯の治療3)壊された咬合の回復 のことでしょうか?
であれば、山崎氏は歯ブラシ指導ばかりでそれをしないと思っているのでしょうか?
そうしたこともやりつつ、プラークコントロールについての指導も行うのが一般的と思われますので、
山崎氏の批判は的外れです。
時間がむなしくすぎるので良い歯も悪くなるでは、もっと意味がわかりません。歯ブラシの指導をしていると、
よい歯が悪くなるんでしょうか?

 よく分からないですが、歯周病の初診でいきなりホープレスか否か決定し、それを抜歯、
歯の清掃と言っても場違いな機械を使った10分程度のもの、あとはいつも通りの虫歯の治療と
矯正というワンパターンで歯周病治療の理解ができていない山崎氏の文章を深く詮索しても
しょうがないかもしれません。


272 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 01:21:01 ID:cgZWdeDw
>3)挙げ句の果てには歯がどんどん抜け、インプラントを薦め出す

 歯周病のコントロールが悪ければどんどん歯は抜けるでしょう。まえにも記したように
それは術者のみの責任ではありません。
人間は変わりうるものです。
最初から、ダメ(そう)な歯をバンバン抜歯するよりも、治って行く可能性が少しでもあれば
できるだけ残す、そちらのほうが将来的に正しい選択となるかもしれないのです。

インプラントはブリッジが困難で入れ歯はどうしても入れたくないという人が対象になりますが、
歯周病でプラークコントロールが不十分な場合は不適応です。歯周病でどんどん歯が抜けるような
タイプの人にいきなりインプラントを進める歯医者はまずいないと思います。

 山崎氏であれば最初に問題な歯は抜歯して金合金の金属症義歯を入れるでしょうね。
インプラントより遙かに高い費用で。
しかし、残された歯が適切に歯周病の治療ならびにメインテナンスを受けられないことから、
鉤歯が動揺しだして、ダメになるでしょう。そうするとやはり総義歯ですか?
歯が全部なくなれば、歯周病は完治したことになりますからね。


273 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 01:22:54 ID:cgZWdeDw
267は私です。なぜか消えました。スイマセン

274 :名無しさん@おだいじに:2008/03/17(月) 02:01:37 ID:???
ペリオクリンは、今は保険では使えなくなったらしいと聞いてますが(私の通ってる歯医者によると)
実際、どうなんですか?一度使った事がある人は、時間あけても、2度目はダメという意味なんでしょうか?

275 :名無しさん@おだいじに:2008/03/17(月) 22:27:58 ID:???
webページ見たけれど、何だかメンヘルの臭いがするよな。


276 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 23:04:21 ID:ejHzRAO1
 ペリオクリンについてのご質問にお答えします。
ペリオクリンは保険診療適応です。しかし、使用して請求するのには煩雑な取り決めがあり、
なににいつ使うかということが定められています。
歯周検査→スケーリング→再評価→スケーリング・ルートプレーニング(SRP)→再評価としたうえで、
計画的に1ヶ月間使用した場合に算定する 
 というぐあいです。
この保険の決まり事にに沿っていれば、何回やっても保険請求は可能です。
しかし、多くの歯医者はこれが使いたいときに使えないという不便を感じているため、
無償or有償で保険と関係無しに使っている場合も多いようです。
実際ペリオクリンの売り上げ額が、保険請求で支払われる額を上回っていることからも、
そのことがうかがえます。

 私も保険のシステムでは、しばりがきつすぎるように思います。
たとえば、メインテナンスにたびたび訪れる患者さんがいたとします。
おおむね良好ながら、一部に歯周ポケットが深くなってきているところがある、
というような場合です。
もう一度再評価に戻って最初からやるか、ここはSRPとペリオクリンで経過を見るか
判断を迫られるこっとになりますが、保険では後者の方法が使えません。
やむを得ずペリオクリン回につき700円くらい負担していただくか、サービスで
やってしまうかということになります。
こう複雑だとペリオクリンを保険で請求するのはムリだと判断する先生方も増えてきて
いるので、274さんが通院されてる歯医者さんはそのように発言されたのだと思います。
私が患者で信頼のおける先生にいうとすると
「先生が必要と思われるときに使ってください。」
しかし、「耐性菌の問題もあるので週一回で一ヶ月で再評価して、
必要なら同じようにもう一ヶ月までは使ってください」と言うと思います。
この場合、一回につき700〜1000円程度の自費負担をもとめられるかもしれません。


277 :名無しさん@おだいじに:2008/03/17(月) 23:15:31 ID:qz4LagNf
>>276
>私が患者で信頼のおける先生にいうとすると
>「先生が必要と思われるときに使ってください。」
>しかし、「耐性菌の問題もあるので週一回で一ヶ月で再評価して、
>必要なら同じようにもう一ヶ月までは使ってください」と言うと思います。

「いち歯医者」先生の論理的な切り口には溜飲を下げている私ですが、
そのようなことを患者に指南するのはいかがなものかと思います。
治療内容に深入りするような指図をされるとへそを曲げる先生が多いと思います。
「友達が歯科関係でその友達が言うには云々」というようなことを言って、
「じゃ、その友達にして貰ってください」と放り出した先生もいるらしいです。
患者と歯科医の良好な関係を崩すおそれがあるようなことは言わないに越したことはないと思います。

278 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/17(月) 23:19:03 ID:ejHzRAO1
105さんが問題提起された「こーちゃん」の症例を見ると
やはり山崎氏のホープレスというのは抜歯しなければいけないというレベル
ではなく、
おいておいたら面倒な問題が起きるかもしれず、それに山崎氏が対応できないために
行われる抜歯なのだという意を強くしました。
歯自体はホープレスではないのです。
ホープレス間際の歯を生かすこと、それができるのが最良のPeriondontistです。
どうやら先行きホープレス(希望がない)のは、
山崎氏歯周治療法と歯周病で受診される患者さんたちとしか言えないですね。

279 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/18(火) 00:02:52 ID:ejHzRAO1
いやぁ説明不足でした。私の信頼のおける歯医者というのは兄なんです。
(どっちも歯はいいので、お互いやることは滅多にないんですけど。)
というわけで、なんでも言ってしまいます。
そんなの一般化したらまずかったですね。
以下のようであれば、よいでしょうか?
「先生が必要と思われるときに使ってください。」
「頻用を心配する必要ありませんね。その辺もよろしくお願いします。」
これくらいで大丈夫でしょうか?
歯医者も患者もコミュニケーション上手にならないといけませんね。


280 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/18(火) 00:05:08 ID:bX7OUlds
 では
前回の続きからです。
「歯周病や歯槽膿漏というのはアメリカではすでに過去の病気」とあります。
平均的なアメリカ人が平均的日本人より口の中の清掃状態を考え、
ブラッシング等の歯口清掃習慣が身についているかもしれません。
しかし、日本人でもアメリカ人でも神経質な人もいれば、ずぼらな人もいます。
肥満を例に考えてみれば分かりますが、アメリカは一面では非常にカロリーを気にする人が多い
というイメージとは逆に、肥満した人の割合が高い国でもあります。
このように印象と実態は必ずしも一致しません。
そのようなアメリカで歯周病が過去の疾患になったという話は聞いたことがありません。
(歯槽膿漏は過去の病気の呼称法ですが)

 歯周病は生活習慣病であって生活習慣の改善が見られなければ、治りません。
このような疾患はホームケア(自宅での養生法)、セルフケア(自らの口腔内の細菌数をコントロールする)
があってはじめてプロフェッショナル・ケア(専門家による処置・治療)が奏功するのです。
したがって、
「適切な治療さえ行えば、それ以上はもう悪くならない!」と言っている
「適切な治療」の中身がProfessional Careのみだとしたら、大間違いと言わなくてはなりません。

 その適切な治療の中身がこれから読み進めていくなかで、なにか出てくるのか、あるいは
なにも出て来ないのか。これが、びっくりするほどなにも出てこないのです。
どなたか以下の言葉をGVBDOのサイトから探してみてください。
1)ポケット測定、2)プラークコントロール、3)スケーリング・ルートプレーニング、4)歯周外科処置

他院の悪口を書いているところでスケーリングはムダな処置だというニュアンスのことは
書いているかもしれませんが、歯周治療の基本になるこれらの言葉が、
GVBDOのサイトではなかなか見つからないのです。
これはなにを意味するのか? 次回に続きます。


281 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 01:29:21 ID:???
Y詐欺自身の存在が既にホープレスだということですね。

282 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 01:30:44 ID:???
スケーリングができないから、もう何でも抜歯しちゃうGVBDO

283 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 09:25:34 ID:Xx7m7lMi
>>279
わかっていただきありがとうございます。
たとえば鮨屋で客が、シャリだの上がりだのムラサキだのおあいそだのの隠語を得意になって連発すると嫌われると言いますが、
歯科でも患者さんが歯科用語を出してくるとちょっと警戒したりしますよね。
ブリッジくらいなら良いですが、「痛いから抜髄してください」とか言われると「指図すんなよ」と思ってムッとしてしまいます。
私の人間性が小さいだけなのですが^^;

ところで本題ですが、
このスレにおける「いち歯医者」先生の発言はいちいちごもっともで、
dat落ちさせるのはもったいなさ過ぎます。
匿名ブログとかで誰でもいつでも閲覧できるようにしていただけませんか?
GVBDOの悪行は継続して行うべきで、一過性のスレで目的が達成できるとは思わないのです。

284 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 09:26:49 ID:Xx7m7lMi
>>283
>GVBDOの悪行は継続して行うべきで、

自己レスです。
「悪行の糾弾」です。

285 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 09:50:11 ID:???
まとめサイトとかですかね?>283
このスレが現役の間にゆっくり考える方がいいかもしれませんね。

286 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 10:15:45 ID:Xx7m7lMi
>>285
>まとめサイトとかですかね?

あ、そういうことです^^;
以前「元患者」さんのまとめサイトかブログか出来たんですが、
元患者の真偽を疑われたためか閉鎖されてしまいました。

そういうことのないように、継続的な糾弾目的のサイトが良いと思います。

「いち歯医者」先生が実名でされたら最強だと思いますけどw
実名同士の論争ならば表に出て来ますよね。
歯科界で広く知られるところとなって、GVBDOが窮地に立たされやすくなると思います。

287 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 11:49:57 ID:???
>>286
あのサイトを見る限り、やり方がまずいと妨害工作されたり、
本家から執拗な嫌がらせをされるから個人の実名云々出して
サイト開くのは得策じゃないと思います。
仕事に差し支えるぐらいの嫌がらせをしかねないと思います。

「本●のG●BD●」みたいなサイトにするのがいいかなと
思います。

288 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 12:32:18 ID:Xx7m7lMi
>>287
控訴はしたものの名誉毀損裁判には一審で負けてますから、
過去のような酷いことは出来ないと思います。

本家が強気でいられたのも、批判はネット上の顔の見えないハカイシャハイシャであり、
面と向かって批判してくる人がいなかったからでしょう。
山崎が実名を出して攻撃した相手も、今回勝訴された近藤先生以外は沈黙されていました。
スレ主の先生が実名でGVBDOの悪行を一つ一つ検証していくサイトって相当脅威になると思います。
匿名だと「ハカイシャハイシャ」で一括りにされますからね。

289 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 12:52:49 ID:25BsN828
235です、SSホワイトのスマートバーですが、
改良型を開発中とのことで、一時製造を中断しているようです。
新型の輸入再開は未定とのこと。
茂久田商会にNO.2のサイズだけ在庫があるそうです。265さん
ご指摘の通りですので、他にないか調べて見ます。
283のご意見ごもっともで、是非GVBDOで検索した時に出てくる
形で残してほしいです。でないと、ほんともったいなさすぎます。

290 :105:2008/03/18(火) 19:18:57 ID:lbjMjObS
実名を公開するのは、>>288さんのおっしゃるとおり、インパクトは強いでしょうが
相手が相手だけに止めておいた方がいいかと思います。

ニ○コ歯科や、小暮○カ先生などが(おそらく2chでGVBDOの批判などしてもいないのに)
名誉を毀損されるコピペを繰り返されたのは記憶に新しいところです。
(結果的にはアク禁などの事実を暴かれて墓穴を掘ったわけですが)

我々一般の歯医者にとって、ネットでGVBDOの批評をするのは本業ではありません。
しかし、GVBDOの連中にとって、ネット対策は死活問題であり、いわば本業の一部です。
いち歯医者 先生や我々が実名を公表したら最後、あらゆる手段で彼らは我々の名誉を毀損しにかかるでしょう。
(GVBDOのサイトで誹謗中傷されたなら名誉毀損で訴えることもできるでしょうが、
匿名掲示板などでの嫌がらせを止めさせるのは非常に難しいかと思います)

相手が普通の歯科医師や医学者ならいざ知らず、「あの」GVBDOですからね。
用心するにこしたことはありません。

もちろん いち歯医者 先生のご努力をどこかに保存することには大賛成です。

しかしその場合も、引用部分が著作権の侵害に当たるとか、名誉毀損で訴えてやるとか、
サイト運営者やプロバイダなどにGVBDO側が圧力をかけてくることは容易に想像できます。

うまい方法を考えなくてはいけませんね。

291 :名無しさん@おだいじに:2008/03/18(火) 21:54:26 ID:nftCAzGt
元患者です。
いち歯医者先生におたずねします。
GVBDO臨床写真で、ジョージ木戸さんのパーフォレーション症例が、
「どんな名医でも救えない」とあり、抜歯となったと紹介されています。
このような状態では、顕微鏡を使ってコアを削りMTAを使用しても、
歯の延命を図ることはできないのでしょうか?

少なくとも、そういったことが可能かどうかを探りもせず、
いきなり抜歯というのは、どうかと思います。
もっとも山崎氏は「アメリカ式の治療」を謳いながらも、
アメリカではRCT時に義務となっているマイクロを使用しないので、
そうせざるを得ないのでしょうか?

氏の治療を受けて、いつも疑問だったのが、
最新の治療方法等に対して、異常に否定的だったことです。
治療方法は、氏の決定するひとつしかないのか、
患者にとってのベストは何なのかを、考慮する場がなく苦痛でした。



292 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/18(火) 23:52:46 ID:bX7OUlds
 2ch掲示板ではなく、自前のブログかサイトを作製した方がよいのではないか
というご意見があいついでおりますが、それも今検討しているところです。
はじめはこの掲示板の保管庫のようなカタチにして、
後に整理していこうかと考えています。
その場合、私は実名を出す気はありません。相手が実名を出しているのに
フェアでないという批判を彼(ら?)はしてくるでしょうが、公表したらしたで
様々な迷惑行為を仕掛けて来ることは目に見えています。
私の診療がそのことによって、円滑さを欠けば患者さん方にも迷惑が及びます。
そもそも、GVBDOは山崎氏の名前、スタッフのハンドルくらいしか明らかにして
おらず、住所も電話番号もサイトに載せていません。(簡単に調べられますが)
メール連絡も患者総代を介す診療申し込みのためのものだけ。
自らの名前だけは出したいようですが、他の情報は広く知られないように
注意しているフシがあります。
自己を顕示したい欲望はあるが、住所やTELを直接載せるのはこわいという心理が
透けて見えます。
このような人物がフェアでないとか臆病と言ったところで、さほど説得力を持つとは
思えません。
ただ2chハンドルいち歯医者は存在するのだ という証拠を示せればよいかなと
それも方法を検討中です。

293 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/19(水) 00:27:25 ID:WyUeT8fM
元患者の291さんからは「ジョージ木戸」さんの症例で
パーフォレーションがある歯を抜歯にしないで治療&保存を試みるべきだったのではないかという
疑問が提示されています。
ジョージ木戸さんの症例は見つからなかったので一般論で述べます。

 レントゲンでperforationが確認されたら、そこを明視野におくべく、
修復物、クラウン、コアすべてを歯に過剰なダメージを与えないように
注意しながら除去します。
perforationがあると出血が多く見極めが困難ですが、どのあたりに穿孔してしまった
のかを確認します。
1)根管の入り口付近か根管内でも浅い部分にとどまっている場合。
穿孔部をふさぎ正しい根管にアプローチしなおして
うまく治療できることがあるかもしれません。

2)根管内深部で生じている場合。
除去・封鎖ともかなり困難です。
これがいくつかの歯根を持っている歯で起こっている場合は、
問題のある歯根のみ抜歯し、
問題のない歯根は残すという方法が考えられます。

一本しか歯の根がなくその深部に修復不可能な穿孔がある場合、最後の方法として
抜歯後再植があります。
患歯をできるだけ侵襲を与えないように抜歯。穿孔部分を明視野下で確認し
封鎖、抜歯窩を十分にソウハした上で患歯を再植固定。生着を期待するという方法です。

 このような操作にともなって実態顕微鏡があったら大きな助けになるかもしれません。
いずれにしても、なにも試みず抜歯してしまうのはもったいないですね。
彼はコアを除去するのにバーを何本も折ってしまうほど不得手なので、
そのような思いをしてうまくいくか行かないか分からない処置を躊躇った
のかもしれません。

294 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/19(水) 00:59:57 ID:WyUeT8fM
それではGVBDOの掲げる歯周病の治療の中身を見て行きましょう。
(以下の引用ですが、理解しやすくする目的で多少改変しています。)

>(中等度歯周炎?)の状態であれば回復など簡単なことです
>ましてや(軽度歯周炎?)のような症例では良くなるのが当たり前の状態です。
>そのために行うのは基本的な、
>1)歯の清掃
>2)虫歯の治療
>3)壊された咬合の回復
>という修復治療と歯列矯正治療のみであって、アメリカで歯周病が過去の遺物になったのは、
>この修復治療のレベルが日本とは比較にならないほど高度だからなのです。

1)の歯の清掃というのはホームケアではブラッシング、
プロフェッショナルケアではスケーリングやルートプレーニングと普通は考えますが、山崎氏は
ホームケア用に患者にウォータ^ピックを購入させ、プロフィではエアーフローのようなものを使っているそうです。
ウォーターピックではプラークは落とせません。エアーフローでは歯肉縁下の歯石・バイオフィルムは落とせません。
つまり、山崎氏が行っている歯の清掃は歯周病に有効ではありません。

 あとは顎関節症のパターンと同じです。2)に「虫歯の治療」と出て来て、アメリカで歯周病が過去のもの
なったのは修復治療のレベルが高度になったからだと言っています。
またまた出てきたのは「虫歯をちゃんと治せば歯周病も治る」という嘘八百でした。

3)壊された咬合の回復は矯正治療を指すのは明らかです。きれいな歯並びになれば歯周病にもならないだろうと
いうわけです。原因除去の治療ができてうないのに、歯周病によっておきた歯の移動を元に戻しても
意味のないことです。矯正力が働くことにより、歯槽骨の吸収が早まる可能性すらあり、
歯周病の症例で矯正を扱うには、あまりに歯周病の治療とコントロールがお粗末過ぎです。

 これからあとを読んでも、顎関節症と同じ様な展開なので、やめます。
確認したい方は、最初の長い引用を読んでください。
次回は矯正について検証するつもりです。


295 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/19(水) 01:15:02 ID:WyUeT8fM
 ジョージ木戸さん見ました。
あれならもう一回根治して経過見てもいいかもしれません。
その後思わしくなければフラップ開いて外からperforationを封鎖。
それもダメならば、その後抜歯再植。いきなり抜歯とはもったいない。

296 :名無しさん@おだいじに:2008/03/19(水) 08:55:53 ID:6oOjaYDk
>>292
それもそうですね。
ブログで多重ハンドルを駆使しているような連中に実名で対処することはないですね。
いち歯医者先生のような論客であれば、実名の方が効果的だと思いましたが、
連中はどんな卑劣な手を使ってくるかわかりませんし、
無責任なことを言ってしまったことをお詫びします。

とにかくこのスレの内容を保存、かついつでも誰でも閲覧出来るようにしていただければ文句はありません。

297 :名無しさん@おだいじに:2008/03/19(水) 11:44:28 ID:kdTFdinP
このスレが、グーグルでGVBDOで検索したとき
出てこなくなってしまったようなのですが?

298 :名無しさん@おだいじに:2008/03/19(水) 12:07:02 ID:6oOjaYDk
>>297
3ページ目にありますよ。
もうちょっと上がって欲しいですけどね。

299 :名無しさん@おだいじに:2008/03/20(木) 21:03:19 ID:???
ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10080596596.html

この写真を見て、「もう一根管ありそうだな」と思わない歯医者はヤブ。

300 :名無しさん@おだいじに:2008/03/20(木) 21:27:31 ID:NX3iZClN
>>299
#8とか#10とかのファイルで探ると、スッと入って行きそうな根管孔らしきものが見えるね。
そこから鋸をひくようにファイリングすれば樋状根になることがあるけど、
そこを残してるということは、将来「内圧が上がってクラウンがはずれる」原因になるかもねw
根尖病変が出来ても、患者の自己管理が悪かったで済ませるんでしょうなぁw

301 :名無しさん@おだいじに:2008/03/20(木) 22:49:52 ID:???
近心頬側にもう一根管あるんじゃね?
根管の解剖学的な配置を考えると。

それか>>300の言うとおり樋状根かもしれん。
ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10079956129.html
↑の根充後x-ray見ると、山崎氏が自分で言ってる通り根充材が不明瞭なんだが、
拡大不足の樋状根に根充するとこう見える時がある。
拡大されていない部分がフィンになって、そこにシーラー等が浸透するから辺縁が不整に見える。
俺は山崎氏の言う、内部吸収が原因じゃないような気がするな。

ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10080596596.html
↑根充後の窩洞の写真を見ると、遠心根管から近心に向かって樋状根のように細い筋が見えるし。
もしそうだとすると、予後悪いかもな。
まあ何でも患者の免疫力の低さと自己管理の悪さのせいにしちゃうからww

患者の掲示板が非公開になったから、この症例の長期予後がどうなったか知る術がないんだよな。
ぜんぶ「大本営発表」と「山崎先生マンセー」だから。

302 :名無しさん@おだいじに:2008/03/20(木) 23:25:20 ID:???
プロフィールの写真って前からあったっけ?
別人くさいんだけど

これも下歯槽管近くまで水酸化カルシウム無理やり入れてるね
内部吸収なら逆に多く入るだろう。

http://ameblo.jp/gvbdo/entry-10079957958.html
これも削りすぎ

303 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:37:01 ID:SKTcg09I
 今回は矯正がテーマでしたが、GVBDOの記載の構成が煩雑なため、
今日はその主張の整理をしておきます。
まず 子供の矯正(15歳以下)と大人の矯正(15歳以上)に分けて説明しています。
子供の矯正では「よくある子供の歯列矯正に関する5つの質問」として以下のものが
掲げられます。
大人の矯正では「よくある大人の歯列矯正に関する9つの質問」というものが並びます。
子供の矯正の項ではまあ常識的な質問項目ですが、大人については、患者に対し、
既診の歯科医に対し不信感を煽るような質問項目が並びます。
以下にはじめの4項目を引用していおきます。

>1)自分のしている歯列矯正はおかしくないか?
>2)顎関節症で悩んでいるが、矯正をすれば治ると言われたが、それは本当か?
>3)昔、矯正をしたが後戻りしてしまい、2度目の矯正を薦められているが、
>また後戻りしないのか?
>4)どこに行っても時分の歯並びはひどすぎて矯正するのは
>難しいと言われるが、こんな歯並びでも治るのか?

矯正相談でどのような状態の歯列をどう治療すればよいかを記述すればよいところを
いきなり1項目目に「自分のしている歯列矯正はおかしくないか?」と記すあたりは
いかにも山崎氏らしいところです。


304 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:38:23 ID:SKTcg09I
どちらのページでも以下のことを主張しています。

>歯列矯正治療の基準としているのは私自身が行っている
>アメリカの一流のDentistが行っている治療で、それは
>1)ブラケットは1年半以下の期間だけ着け、
>2)虫歯になどなるわけがなく、
>3)一生美しい歯を保つことのできる歯科矯正治療

と言う一方、現在日本の多くの歯医者さんたちのやっているのは

>1)5年も6年もブラケットを着けて、
>2)挙げ句の果てには虫歯だらけになって、
>3)数年すると後戻りをして見る影もない歯科矯正

とコキおろしています。
先ほどの設問の回答ページには「1)自分のしている歯列矯正はおかしくないか?」に
対して、「矯正歯科・名医の見分け方」として28項目のチェック・ポイントが並びます。


305 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:39:25 ID:SKTcg09I
一応すべて見て行きますが、初回は「アメリカの一流のDentist」の治療と、
「現在日本の多くの歯医者さんたちのやっている」治療と彼が記述している、
先の引用からはじめます。

まず、「1)ブラケットは1年半以下の期間だけ着け」ると記していますが、
なにを基準に1年半なのか?が不明です。歯列矯正における歯の移動は
歯が力を受けたときに、圧力を加えた側に歯槽骨の吸収が生じ、牽引された側に
骨の添加が起こることによります。
従って、骨の代謝盛んな思春期と緩慢になりはじめる壮年期では歯の移動スピードが異なり、
個人差もあります。
加えて、歯列不正の状態がどの程度なのかが個人によって全く違います。
短い期間で済む人もいれば、長く時間のかかる人もいるのはあたりまえで、
ムリに短い期間で移動を図れば、歯根吸収の懸念を生じます。

 患者さんにとってはブラケットを付けている期間が短い方が快適なのはいうまでもないことですが、
それ自体を目標に掲げる矯正治療は、本来のその個人にとってもっとも適切な歯並びと
かみ合わせを構築することを目標にした本来の治療からかけはなれる恐れがあります。

306 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:41:46 ID:SKTcg09I
さらに「日本の多くの歯医者」は5年も6年もブラケットをつけていると言っていますが、
少なくとも私は、5年も6年もブラケットをつけている患者さんを見たことがありません。
2年〜3年が一般的ではないかと考えます。彼が本当に「多くの日本の歯医者」を
見聞したのか大いに疑問です。

「2)虫歯になどなるわけがなく」は失笑を誘う文章です。というのも、元患者さんから、
ブラケットが脱離すると1〜1.5万円そのつどお金がかかるので、ブラッシングもおそるおそる
行うような有様となり、あげく虫歯になったとの証言があるからです。
なぜブラケットがとれてしまうのかといえば、山崎氏が接着性レジン材料を使わないからです。
彼いわく「虫歯になるから」だそうですが、使わなくても虫歯になっているのでは
話になりません。
以前にも書きましたが、彼が批判しているスーパーボンドを使うと虫歯になるというのは
事実ではありません。

「日本の多くの歯医者」は長いことブラケットをして「2)挙げ句の果てには虫歯だらけになって」
との記述に対する反論は、ここですでに終わっているので記しません。


307 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:43:19 ID:SKTcg09I
最後の「3)一生美しい歯を保つことのできる歯科矯正治療」とあるのは、文字通り受け取ってよいのか
判断に苦しみます。
「一生美しい歯を保証する」と言えば明らかな誇大広告と言えます。
しかし「保つことのできる」と言われれば、一生美しい歯を保つように努力しなければ、
そうはならない、とも受け取れます。
そもそも個人個人の生活習慣やその後に罹患する疾患や事故など、
人にはなにがあるか分からないのです。
軽々しく、”一生”とか”絶対”とか”100%”という言葉を使うべきではありません。
医療に関わる者は、とくに気をつけるべきところを、山崎氏はこれらを頻用しています。
しかも、それらは間違いなく、絶対に、100%間違っていることもよくあるのです。


308 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/20(木) 23:47:28 ID:SKTcg09I
 日本の多くの歯医者は「3)数年すると後戻りをして見る影もない歯科矯正」をしているとの
主張は、現状を調べて言っていることとは思われませんので、とくにコメントしません。
が、一言言っておけば、彼が保定装置として用いるダイナミックポジショナー(DP)は
矯正装置としての使い方もあり、矯正力をかけ続けられるということです。
カタチのうえではブラケットオフし、保定となっても、実際には微妙な調整が可能な装置である
こと
これを不愉快さを我慢させ、長時間の使用を指示していること
これを守らなければ、診療拒否される恐れもあること
などを考慮し、彼がいつまでこの装置の使用を指示しているのか知りたいところです。
3年も4年もさせているのなら、確かに後戻りはしないでしょうが、その間患者さんは
次のような思いを抱いているのだということを、山崎氏は認識すべきです。
(以下、元患者86さんの書き込みから抜粋)

>(GVBDOでは)矯正が終わったらDPと言うポジショナーを8時間以上(長い方がいいと言う)
>付けるように指導をされるのですが、DPはぞっとするような大きさで噛むと家族にも見られたく
>ないような酷い口のゴリラ顔になります。口を閉じるのがギリギリでしかも話せません。
>とても息苦しいシロモノです。>冗談ではありません。
>本当にDPは非常に醜く、使い続けるのは皆辛いです。

 これなら、ブラケット3年の方がマシだったかどうかは分かりませんが、こういう患者さんの
率直な感想を言える空気のない歯医者というのは、やはり問題が起きやすいと言えるでしょう。


309 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 11:12:26 ID:hIRPYak9
>>301
http://ameblo.jp/gvbdo/entry-10079957958.html
これと同じ歯だと思うけど、ニコニコマークの口のような樋状根の入り口が見えるような気がするんですが。
ニコニコマークの口の口角に当たる部分だけまーるく拡大して根充してますね。
こういう患者が「痛い」って来るけど、精査すると樋状根の取り残しであることが多い。

310 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 20:56:16 ID:???
「いち歯医者」に名乗れと言ってるのはGVBDOのどちらか。
それが常に奴らのテ。
ワンパターンw

311 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 21:36:47 ID:???
早速、糞ブログに、このスレについて言及してるのか。恥をしらない香具師だな。

312 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 21:58:36 ID:KlPl8Mz/
いち歯医者さんへ
山崎氏のDP着用指示期間は、「ずっと」。
5年以上継続している人もいます。
おおむね3年で再製作、代金は30万+税と聞いています。

313 :105:2008/03/21(金) 22:24:30 ID:lDYpBQ1X
>>312

・・・それじゃあ、永遠に矯正治療が終わらないのと同じじゃないですか。

「GVBDOの矯正は後戻りしない」ってのは、治療が終了しないから後戻りも有り得ないってことなんでしょうか。

314 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 22:38:37 ID:KlPl8Mz/
DP期間 当初は矯正期間と同じと、なってましたが、
近年では、期限を定めずとなりました。
この件について、治療開始時に説明がないのは、どうかと思います。

315 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 23:32:39 ID:hIRPYak9
>>310
私が言いましたが、GVBDOの関係者じゃありませんよ。
実名の方が論争として信憑性があると思ったんですが、
連中がどんな卑劣な手段を使うかわからない以上、
「いち歯医者」先生に実名で登場いただくのはいけないと思い直しました。

316 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/21(金) 23:33:38 ID:y13uUvmM
 312さん 具体的な情報をありがとうございます。
装着すれば、家族に見られたくないほどの顔貌になってしまい、息苦しく会話もままならないものを
1日8時間以上、期間を区切らずにずっとし続けるよう指示するとは、驚きました。
山崎氏は顎関節治療のためのスプリントや矯正治療のヘッドギアやチンキャップを拷問道具と
非難しています。このダイナミックポジショナーは違うというのでしょうか?
何年かの使用に限定するなら、我慢もできるでしょう。しかし、これをずっとしていろと言われて、
どれだけの人が納得し、耐えられるでしょうか
これで「絶対に後戻りしない」と言われてどのくらいの人が「ああ、良かった」と思うでしょうか?
ずっと保定していれば、後戻りしないのは当たり前です。

 山崎氏のところで治療を受けた人のほとんどは矯正治療を受けています。
つまり、ほとんどの人はこのような耐えなくてもよい苦痛を耐え、大金を支払っているわけです。
このようなリテイナーは通常2万円程度、多少高額なところでも5万円くらいでしょう。
30万円ということは、その6〜15倍の報酬です。それを3年ごとに再製作するたびに
要求するとは、見下げ果てた行為です。


317 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/21(金) 23:34:27 ID:y13uUvmM
 これ以上、この歯医者の矯正治療に言及すると冷静さを欠きそうなので、少し違うこと
(前々から気になっていたこと)を記しておきます。
山崎昇氏は自らの歯科医院をG.V.Blackデンタル・オフィスと名付けました。
G.V.Blackとは20世紀はじめ歯科保存修復学の基礎を体系づけた人物です。
修復材料の進歩により、多少考え方に修正が求められる場面もありますが、現在でも歯科治療、
ことに修復の分野で基礎になっているという点で、極めて偉大な歯科医師と言えます。

 山崎昇氏は自分がBlackの理論と臨床を実践しているのだと言っていますが、
なにか関わりがあるわけではありません。
にもかかわらず、G.V.Blackデンタル・オフィスなどと名乗っていることは問題があるのではないか?
ということです。
エッジワイズ矯正歯科、リンデ歯周病科というように歯科医学において著名な人物の名前では、
一般の人には分かりにくいでしょう。(それぞれ、矯正歯科、歯周病治療において偉大な功績のあった人です。)
では、ヒポクラテス内科、コッホ感染症科、ワトソン・アンド・クリック遺伝病科、フロイト精神科はどうでしょう?


318 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/21(金) 23:35:20 ID:y13uUvmM
 日本人の名前であれば、もっと問題が明瞭に認識できるかと思います。
緒方洪庵内科、華岡清州麻酔科、北里柴三郎医院、野口英世医院など
このような名前の医院や病院があったら、多くの人はなにか繋がりがあるのだろうと考えるでしょう。
しかし、もしその名をそれぞれの子孫や関係者に無断で使用していると分かったら、どう思うでしょう?
詐欺とは言わないまでも、変更を求めるでしょう。
医学(歯科医学)において重要な人物の名前を、私物化し自らの医院の名前に使うべきではないことは、
これで理解いただけたかと思います。

 では、山崎氏が勝手にG.V.Blackデンタル・オフィスと名付けてしまったこの歯科医院はどう呼んだら
いいのか、いろいろ考えましたが、
山崎昇流(自称一流)歯科医院(N.Yamazaki Method Dental Office (treated in his own characteristic style) )などよいかなと。
略すとNYMDOですが、これではなんのことか分かりませんね。山昇流歯医者(仮称)とでもしておきましょうか?
なにかいい呼び方があったら教えてください。

 歯内療法についての書き込みがありますが、ラバーダムのこととあわせて、矯正の件が済んだらやろうかと
考えています。


319 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 23:48:54 ID:???
G.V.Blackの縁者に通報したほうがいいな。
シャネルなんて、場末のクラブまでネーミング不正使用で訴えてる位だし。

320 :名無しさん@おだいじに:2008/03/21(金) 23:55:07 ID:???


日矯の相馬は極悪矯正医かよ wwww

         

321 :名無し@おだいじに:2008/03/22(土) 21:25:50 ID:Gw2bNeLV
>神経が死んでしばらく経過していた証に、根尖の病巣のサイズが上げられます。
またGPを詰めても通常のようにカッターで切った線のようにレントゲンに移らないのは根管が内部吸収
を起こしていた箇所であり、そのことによっても純ちゃんの#31の内部で起こっていた重大事
を察することができるのです。

http://ameblo.jp/gvbdo/entry-10079956129.html

失活歯じゃあ内部吸収なんてしないんじゃない??




322 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/23(日) 00:00:45 ID:eN3MTYUi
山崎昇氏が現在開業している歯科医院の名称については重要な問題なので、
事実関係の整理と私の推論をあわせて記述します。
 山崎氏がG.V.Blackの名前を勝手に使っているのは間違いないでしょう。
(理由はあとで述べます。)
【GVBDO】カルト歯科・山崎昇被告Part6【一審敗訴】というスレッドで、
GVBDOなる名称は不適切である旨を記したところ、
事実上この名称が通称となっていて、GVBDOで検索して2ch掲示板も参照でき、
被害者も減っている様子であるから、使った方がよいという意見が複数ありました。
泉下のブラック先生には誠に申し訳ないことですが、
当面やむを得ず、山崎昇氏の歯科医院をGVBDOと呼称することにします。

 山崎氏がG.V.Blackの名前を使い歯科医院を開設したいきさつは、
サイトに記載されていたのですが、
前述のスレッドの32さんがそれを指摘するまで、私は気付きませんでした。
   http://www.gvbdo.com/gvbdo/seturitu.html
上記のURLに記してあります。
いわく、G.V.Black学派の歯科医は歯学に選ばれた歯科医であって
「米国の優秀な学生の集まる5大学歯学部の中の1つを、
臨床系カリキュラムにおいてトツプで卒業し、
かつG.V.Black学派の伝統を代々受け継いできた教授の指導する大学院で、
少なくとも3年間の研修を優秀な成績で修了した者」
が属することができるとしています。


323 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/23(日) 00:01:25 ID:I+ipYCAo
 さらに日本人では山崎昇氏がはじめてこの学派に加わり、
彼がインディアナ大学歯学部客員助教授になったときに
G.V.Blackの名前を冠する医院を日本で開設することを認められたというのです。
(それを認めた主体はG.V.Black学派なる組織(?)なのでしょうか?)
そのG.V.Black学派は全米に100人ほどしかいないそうです。

 山崎氏は自分のサイトのプロフィールで
1992年 6月に米国インディアナ州インディアナ大学歯学部を卒業し
同年同月 米国インディアナ州開業医免許取得・CSR(麻薬を含めた処方箋を書く資格)取得
と記しています。
※「麻薬も処方できるんだよ」と自慢げに付記してありながら
どこにも首席で卒業とは書いてありません。トップで卒業が事実としたら、
自己顕示性の強い彼がこれを記述しない理由が分かりません。

1年後の1993年 5月には日本国 歯科医師国家試験合格し、
その一ヶ月後の同年6月インディアナ大学歯学部大学院課程修了して、
そのわずか2ヶ月後の7月 インディアナ大学歯学部 客員助教授になったとあります。

 「G.V.Black学派の伝統を代々受け継いできた教授の指導する大学院」とは
Melvin Lund先生が指導するインディアナ大学歯学部大学院であったとしても、
少なくとも3年とあるのに、歯学部卒業から1年しか経っていません。
さらに大学院を修了して2ヶ月で客員助教授です。つまり、歯学部卒業から13ヶ月で
教わる方から、教える方に変わったというのです。
しかも、この時点で日本において、G.V.Blackの名前を使った医院を開業してよいとされたというのですから
信じがたい話です。
彼が日本においてこの問題のある名前の歯科医院を開業したのはその2年後です。
歯学部卒業からわずか3年です。
新卒の歯科医が日本でただ一人ブラック先生の名前を使った医院を開業できるなど、あり得ない話です。

324 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/23(日) 00:02:21 ID:I+ipYCAo
そもそもG.V.Black学派は全米で100人くらいしかいないとしていますが、代表は誰なのか?
事務局はどこにあるのか?100人くらいいる他の歯科医には誰がいるのか?すべて不明です。

さらに彼のプロフィールページでは「インディアナ州免許オンラインで事実関係をチェック」および
「医師等資格確認検索で事実関係をチェック」としてリンクされていて、確認できるようになっています。
ところが、このページのどこにも「G.V.Black学派」 については記されていません。
私の推論は簡単です。そんなものはないからです。

 この設立の経緯を説明するページもトップページから派手にリンクしているわけではなく、
どこから行けば見られるのか分からないくらいになっているのも不思議です。
そんなに尊敬し、由緒があり、自身の歯科医院の名前にもしているのに、その説明は
なぜか意図的に目立たなくしているのはなぜなのでしょう?
おそらくこれも簡単です。設立の経緯自体が虚構だからです。

 そうでもなさそうだという情報があれば教えてください。

矯正からそれました。今度そっちの方やります。(たぶん)


325 :名無しさん@おだいじに:2008/03/23(日) 00:31:17 ID:???
G:原価の安いアマルガムで
V:ヴォロ儲け
B:ボンボン抜いちゃう彼が言ったらもうホープレス
D:デタラメといい、他の歯医者を誹謗中傷
名誉毀損裁判に破れ、憐れ山崎被告になりました。
O:大一番は次と張り切ってみても敗色濃厚
患者も減少。
頼みの綱は黒魔術ではなくキコウ
はてさてどうなるどうなる?


326 :名無しさん@おだいじに:2008/03/23(日) 00:34:46 ID:???
では、インディアナ州立大に山崎昇という客員助教授がかつて雇われていたかどうか
メル凸してみたらどうでしょうか。学生の在籍記録では、サッチーのコロンビアや
ペッパーダイン騒動で判るとおり、事務員が電話口でも答えてるみたいですが。

http://www1.indstate.edu/carcen/employers/index.htm

のリンクに

For General Information about ISU Recruiting

Martha Reed
Employer Services Coordinator
Career Center
Indiana State University
Student Services Building 2nd Floor
567 N 5th Street
Terre Haute, IN 47809
E-Mail: freed1@isugw.indstate.edu
Phone: (812) 237- 3806
Fax: (812) 237- 4392

という、問い合わせ窓口がありましたが。
突然、「こういう香具師、いましたか」と聞くのも警戒されるので、
日本での顛末を簡単に説明してから本論に入るのがよろしいかと。

327 :名無しさん@おだいじに:2008/03/23(日) 00:36:04 ID:???
またお得意の脳内組織だろ〜。

>インディアナ大学歯学部客員助教授に列せられた時点をもってG.V. BLACK博士の名前を冠する医院を、
>日本において開くことを認められました。

この時点でおかしいっしょ。
もしも「G.V.Black学派」ってのがあったとしても、
その学派に何の権限があってBlack博士の名前を勝手に使っていい許可を与えられるの?
Black博士の家族(子孫)には承諾を得てるの?
こういうことに厳しいアメリカ人が、「名前を勝手に使ってもいいよ」なんて権利を与えるかね。

おおかた、ランド教授の教え子の一人が、何を血迷ったか

ランド教授はBlack博士を尊敬している(事実はここまで)

ランド教授は「G.V.Black学派」に所属しているに違いない(ねーよそんなもん)

ランド教授の下で研修した自分は「G.V.Black学派」に入れる資格を持っている(だれもお前なんか認めてねー)

「G.V.Black学派」に所属していれば、「G.V.Black」の名前を勝手に使ってもいい(なわけねーだろ)

・・・な〜んて妄想を膨らませたんじゃね?

328 :名無しさん@おだいじに:2008/03/23(日) 00:47:05 ID:???
>>326
客員助教授、ってのが本当だとしても、どの程度の肩書きなのか。
助手クラスなのか、本当に助教授クラスなのか。
どうして正規の役職じゃなく「客員」なのか。

もし客員助教授という肩書きをもらっていたとしても、
だからといって「G.V.Black学派」などという学派が存在し、
そこからG.V.BLACK博士の名前を使用していい許可を得たということの証明にはならない。

ただ、活動実体が全くなくても、「G.V.Black学派」というものが一切存在しない、
ということも証明しにくい問題ではある。
一般的に、「ない」ことを証明するのは難しいね。
故人を使ったり、アメリカ人を使ったり、完全に否定しにくい虚構を創り上げるのは上手。

329 :名無しさん@おだいじに:2008/03/23(日) 07:10:53 ID:6V8uBOOZ
日本語で言うとパシリです。
助手に当たる言葉がないため、最下層の教員を示す言葉を
日本語に訳すと助教授になってしまう。
で、客員ですから無給で籍もなし。

G.V.BLACKは当時のアマルガムや金箔をつかった修復において
窩洞形成法を系統だてて理論付けたのがすばらしい仕事だった
わけで、その時点で完成している。
教科書レベルの話なので、未だにそんなの学派とか言っているのは
補習レベルでしょう。というかそんなんじゃライセンスとれないぞ。

なお、もしGVBLACKのような優れた臨床家、研究者が今の世の中に
あれば、アマルガムなんぞ使っているわけがない。


330 :328:2008/03/23(日) 11:47:47 ID:???
自分で話を振っといてスマンが、経歴やG.V.Black学派(?)の話はスレ違いみたいなのでこっちでやろう。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1205843618/l50

331 :名無しさん@おだいじに:2008/03/24(月) 20:07:25 ID:27gty+au
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1197368910/l50x より転載

339 :名無しさん@おだいじに:2008/03/24(月) 09:42:25 ID:yjtRKs45
いち歯医者先生へ

治療や矯正が上手く行かない患者には非常に不機嫌な態度で接し
帰りに受付の愛人が「今日は治療後の話はありません!」と冷たく言います。
話なんて無くてよいのですが、経過について説明するべきだと思います。

患者が減ると、診察のローテーションが早まってどんどん来させます。
矯正の調整が1週間に1回〜2回、(GVのルールでは2週に1回)
前歯の上の筋を電気メスで切る手術フレクトミー?(済みません忘れました。)
やプロフィーのお誘いメール等と利益を上げるのに必死なのか、とにかく気ままでした。
又、逆に気に入らない事(思い通りに矯正が進まない、ブラケットがよく取れる
GVが勝手に決めた予約スケジュールに従わない)があれば矯正の調整を先送りにしたり
ブラケットオフをどんどん先伸ばします。だから盆栽や気功をやるのです。

>>328 の先生の仰る通り上手く行かなかったら臨床写真は公開せずお蔵入り、又は突然治療停止です。

今回のご高齢の患者さんは、恐らく矯正中で機嫌を損ねたくない患者のお母様でしょう。
「ちょっと診てあげるから連れてくるように」と指示されたと思います。良くあることです。

又カキコします。

332 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 00:02:21 ID:sXF3u0ir
 山崎氏の言うG.V.Black学派についての議論は330さんの言うとおり
【GVBDO】カルト歯科・山崎昇被告Part6【一審敗訴】に譲ります。

 矯正の続きに入るまえに、上記スレッド339さんの書き込みについてコメントしておきます。
あらゆる医療行為にはそれを患者さんに説明する責任があります。
一回380円の保険診療であっても、少なくとも今日はなにをしたか、次はなにをするかを伝え、
理解が得られなければ、時間をかけて説明しなければなりません。
法外な治療費を要求していながら、治療後の話はないと言って帰すとは言語道断です。

 また、来院のペースや期間は可能な限り、患者さんの負担を考慮しつつ、最良の結果が得られる
ように努力すべきで、繁盛の具合でそれが変わるなどあり得ないことと言えます。
最もあってはならないのは、患者さんを一方的に見放すということで、自分で上手く行かなければ、
より専門的かつ高度な治療が受けられる施設へ紹介し、目的の治療が終了したならば、
プライマリー・ケアを自身の診療所で継続するというのが、責任ある態度でしょう。

 私ははじめ山崎氏の歯科治療の内容だけを評価するように努力して来ましたが、
どうもそれ以前の問題、歯科医師としての問題というより、人間としての問題点を
感じないわけにいかなくなって来ました。
しかしながら、それについてはこのスレッドでは深く立ち入らないようにして、あくまでも
歯科治療の内容そのものを検証して行こうと思います。
そうすることで、態度や姿勢に問題はあるにしても、腕はいいのだと言う人々に、
改めて考え直す材料を提供するつもりです。


333 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 00:03:22 ID:sXF3u0ir
 それでは山崎氏がG.V. BLACK DENTAL OFFICEと称する歯科医院のサイトで掲げる
「よくある大人の歯列矯正に関する9つの質問」を見ていきます。
最初にこの9つを引用しておきます。

>1)自分のしている歯列矯正はおかしくないか?
>2)顎関節症で悩んでいるが、矯正をすれば治ると言われたが、それは本当か?
>3)昔、矯正をしたが後戻りしてしまい、2度目の矯正を薦められているが、また後戻りしないのか?
>4)どこに行っても時分の歯並びはひどすぎて矯正するのは難しいと言われるが、こんな歯並びでも治るのか?
>5)歯列矯正をすると顎関節症になると言われたが本当か?
>6)治療費はどのくらいかかるのか?
>7)期間はどのくらいかかるのか?
>8)どこに行けばいいのか?
>9)そこが良いか悪いかはどうやって見分けるのか?

まず、「1)自分のしている歯列矯正はおかしくないか?」の回答では、「歯列矯正名医の見分け方」
という28項目のチェックポイントがあります。そのチェックポイントのまえに以下のような
滑稽な(?)一文があります。

>その前にこの28項目には入らないあまりにも常識的なことを1つだけ述べておきます。
>歯列矯正の常識以前の知識
>ブラケットを付けワイヤーを付けたら歯が1週間以上、
>痛くて痛くて何も食べられない状態になった歯列矯正は、この時点ですでに失敗しています。
>このような低レベルの治療をする歯科医院からは転院するか、
>それがいやならブラケットをすぐ外すように依頼し返金を求めるべきです。

これに215において触れたので、再度のコメントはしません。
ただ、山崎氏にはは「このスレッドの199の書き込みをよくご覧ください。」と言っておきましょう。


334 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 00:04:28 ID:sXF3u0ir
28項目すべてを並べるには長すぎるので、まずはは1)〜4)まで

>01)虫歯が完全に治ってからでないと歯列矯正はしない。
>02)歯周病が完全に治ってからでないと歯列矯正はしない。
>03)顎関節症が完全に治ってからでないと歯列矯正はしない。
>04)顎関節症を歯列矯正で治そうとしても絶対に治らず、
>かえって急速に悪化することを知っている。

01)については一般にはその通りです。が、例外もあります。
歯と歯の間に虫歯があるような場合で、それが軽度のとき、虫歯の部分以外をなるべく削らないように
歯がある程度移動して、器具が到達できる間隙ができてから修復治療を行うことがあります。

02)の歯周病が完全に治ってからでないと歯列矯正しないというのも正確ではありません。
M.T.M.(Minor Tooth Movement 歯の小移動)は歯周病の治療の一環として行われることがあるからです。
歯が傾いたり、挺出したり、位置異常を生じたりしていて、かみ合わせによって強い外力が加わり、
そのままでは歯を残しておけない場合、それをM.T.M.で治療し歯を残そうとする方法です。
 この方法はプラークコントロールがきっちり行われ、初期治療が奏功していなければ、
成功する可能性が低くなります。また、残念ながら、保険診療ではできません。
保険診療で傾斜・挺出した歯を治療する場合は、ブリッジや連結したクラウンを用いることがあります。

03)および04)も一概にそうと言えません。これも顎関節症の治療としての矯正治療というものがあります。
バイトプレート(スプリント)を用いて、顎関節が落ち着く場所が明らかになり、それが長期的に安定して
いれば、それを基準に歯を移動させるという方法です。頻用はされませんが、そういう方法もあるという
ことは、山崎氏も知っておくべきでしょう。
04)で「絶対に治らず」と言っていますが、治っている例のあることを知らないのでしょう。
ここでもお得意の「絶対に」が登場するところがポイントです。これは「絶対に」ではなく、
「自分が知る限りは」あるいは「少なくとも私がやったならばと記述すればよいのです。


335 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 00:05:07 ID:sXF3u0ir
 1)〜4)を書き直します。
01)歯列矯正は原則として虫歯の治療が終了してから行う。
02)歯周病治療の一環としてM.T.M.が用いられることがあるが、初期治療後の経過が安定し
良好なプラークコントロールが得られている場合に限る。
03)顎関節症の治療の目的で歯列矯正を行うことがある。
顎関節症の場合、下顎が安静になる位置・領域が確認され、それが安定的であるとき、つまり緩解期に
矯正治療を開始し、矯正期間中もスプリント等を用いて顎関節症の誘発・増悪に注意して行う。
開口障害、顎関節の痛み、関節雑音がある段階では矯正治療を開始しない。
04)顎関節症治療の目的で矯正する場合、スプリント等により3ヶ月〜1年ほど病状が安定していて、
その位置に歯牙を移動させることで、治療目的が達せられると判断された場合に行う。

 では次は混合歯列期の矯正について触れます。


336 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 23:04:32 ID:sXF3u0ir
 山崎氏がG.V. BLACK DENTAL OFFICEと勝手に命名した歯科医院における「歯列矯正名医の見分け方」
の続きを見て行きます。

>05)乳歯があるうちはブラケットを付けた歯列矯正はしない。
>06)従って小学生の時に1回、中学生になってもう1回ブラケットを付けてやる
>いわゆる「子供のための歯列矯正」はデタラメであり、ボッタクリ以外の何者でもない!とわかっている。
>07)歯列矯正をする前には、歯の根が完成しているのと、体の骨の成長の止まったことを確認する。
>08)従って女の子では13才以上、男の子では15才以上でなければブラケットをつけた歯列矯正は行わない。

 混合歯列期の矯正治療は思春期の成長まえに機能的な障害を除くという目的のために行われます。
どのような場合かといえば、
(1)上の前歯が突出していて、口の周りの筋肉の異常な運動を引き起こす可能性がある場合。
(2)1〜2歯の前歯に限局した反対咬合。(骨格の問題か歯並びだけの問題か、鑑別が必要)
(3)歯の位置異常のために他の歯が出てくるのを妨げている場合。
(4)不良習癖(指しゃぶり、異常な嚥下の仕方など)の治療。
(5)交叉咬合(上の歯が下の歯に被さる正常なかみ合わせでなく、下の歯が上の歯の外側にある状態。)
 これに加え、骨格的な上下顎の位置の異常(上顎前突・下顎前突)がある場合も、その成長をコントロール
すべきだという意見と永久歯列期まで待つべきだという意見があります。


337 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 23:06:10 ID:sXF3u0ir
このように混合歯列期の矯正治療は予防的で限局的なものになります。
そのため、できるだけ簡単な装置で短い期間で終了するのが望ましいでしょう。
しかし、必要であればブラケットを装着すべきです。治療の目的は上記の通りですが、目的を達するために、
最も適切な治療法・装置を選択すればよいのであって、ブラケットの有無は問題ではありません。
したがって、この時期にブラケットを付けなければ名医で、付けたら名医でないという根拠はありません。

 たとえば交叉咬合のような状態を放置した場合、顎の動きそのものに影響を与えてしまうこともあるので
可能な限り早期に処置すべきです。これは決して「デタラメ」ではありません。
また改めて言うまでもなく、山崎氏に他の歯科医を「ボッタクリ」と非難する資格はありません。
山崎氏の言う「いわゆる『子供のための歯列矯正』」が、なにを指しているのか不明ですが、
彼には混合歯列期に行うべき事と、永久歯列完成期に行うべき事が理解できていないと言えます。
「子供の歯科矯正」のページを見ても私が掲げたような話は全くなく、直接治療に関係のない、
以下のような文章が記してあるだけです。

338 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/25(火) 23:07:03 ID:sXF3u0ir
>歯科矯正は、子供が自分でどうしてもやりたくなって、値段に関係なく自分の稼いだお金で、
>ちゃんとした治療をしているところでやろう、と思うまで親は何もしない!

一方、体の成長が止まったことを確認してから矯正を行う、女子13歳、男子15歳まではブラケットをつけた矯正
はしないと言ってもいます。これはどういうことか?
結論はこうです。山崎氏は混合歯列期の小児の矯正治療をしない、もしくはできないとみて間違いありません。

 永久歯列が完成すれば、一般的な成人歯科矯正の適応となります。これは性別年齢によって目安はありますが、
個人差のあることです。したがって、一律に何歳以上と規定するのは意味がありません。
個々人の状態をよく診査し、適否を判断すればよいだけです。
 ここでのまとめです。
(1)混合歯列期に治療すべき問題と永久歯列期に治療すべき問題がある。
(2)小児へのブラケットの装着と歯科医の技術・姿勢にはなんの関係もない。
(3)成人歯科矯正の開始は永久歯列の完成を待って行う。年齢は直接関係しない。
(4)少なくとも乳歯がある間は、GVBDOで不正咬合・矯正の相談に行っても必要な処置は受けられない。


339 :名無しさん@おだいじに:2008/03/25(火) 23:56:22 ID:e9wC7huU
いち歯医者先生におたずねします。
山崎氏は、ほとんどの患者に矯正を強要しています。
患者が希望したり、いかにも必要そうなケース以外に、
歯列矯正ではない、時間も費用もかからない他の治療法が選択可能かを、
検討せずに、強引に矯正に持っていっている例が多いように思います。
氏はこの理由を、審美面よりも、このままでは歯が磨り減るとか、
いかにも医学的な必要性があるかのように言っていますが、
あいまいで根拠が不明です。

方法もですが、そもそもそれほどに矯正が必要なのかどうか?
いかが思われますでしょうか?
氏の説明は、自信を持って言い切るほど怪しいのでご意見を。

340 :名無しさん@おだいじに:2008/03/26(水) 09:48:50 ID:ceKBufk5
いち歯医者先生、僕も339さんと同じ疑問
を持っています。
コンタクトの適正な回復が難しいアマルガムを
多用してるのもその一因なのでしょうか?

341 :通りすがりの鹿:2008/03/26(水) 10:32:34 ID:tp3juqsG
いち歯科医師ではないですが、個人の見解を述べます。
歯列不正による害
・清掃が難しい
・咀嚼効率が劣る
・顎関節への負担
・審美面
・発音・構音障害
などが考えられます
これらの1つ、ないし複数の症状が重なっているものがほとんどです

342 :通りすがりの鹿:2008/03/26(水) 10:50:25 ID:tp3juqsG
但し、人間の体というものは環境に適応するので
いずれの症状も本人、または他人から全く問題無いと言って良い場合がほとんどです

矯正治療は将来的に問題を起こすリスクを低くし、予防的な処置にもなるので
患者さんの顎口腔系に対する関心が高ければ必要でしょう

小児に関してはそのお子さん次第と言うのは同感です
特に中・高校生ぐらいだと途中中断してエライことになるのをしばしば見かけます
親と一緒に来院する場合の多い混合歯列期については必要な治療はやるべきだと思います

押し付けはよくないですが、ね

343 :通りすがりの鹿:2008/03/26(水) 11:36:56 ID:tp3juqsG
歯の磨耗は健全な咬合であっても起こるしどう説明してるのかはわかりませんが
特定の歯に負担が集中する場合もありますので必ずしも間違った判断ではないと思います

>コンタクトの適正な回復が難しいアマルガムを
多用してるのもその一因なのでしょうか?

質問の意味がわかりかねますが、アマルガムを使用して得するのは
うまくいったときのみ若干の抗虫歯作用があるぐらいでしょう

344 :105:2008/03/27(木) 21:29:53 ID:c8q8lWi9
>>340

私もいち歯医者 先生ではありませんが、少し意見を述べさせてもらいたいと思います。

>コンタクトの適正な回復が難しいアマルガムを多用してるのもその一因なのでしょうか?

これは、私も全く同感です。(以下、歯科医師でない方のために一般的な用語で説明します)

山崎氏のアマルガム修復治療後の写真を見ると、コンタクト(つまり隣同士の歯と歯が接する部分)がスカスカになっているものがあります。
これでは食べものが歯と歯の間に挟まって具合が良くありません。
そのため、矯正で歯を動かして、隣り合う歯と歯をくっつけているのではないでしょうか。

私には、GVBDOでは不要な矯正治療が半ば強制的に(洒落ではなく)行われているように思えます。
そこにはアマルガムでうまく作れなかったコンタクトを、矯正で強引に作ろうとする意図が見え隠れします。

>>343の通りすがりの鹿さんの「アマルガムの若干の抗虫歯作用」というのは
きちんと証明されたものなのでしょうか?すこし疑問ですので根拠をお教え下さい。

345 :名無しさん@おだいじに:2008/03/27(木) 21:34:06 ID:???
「通りすがりの」という枕詞に人物名称がひっついてる場合、多くはGV関係者だよ。

346 :名無しさん@おだいじに:2008/03/28(金) 09:56:42 ID:glbY5MVT
いち歯医者先生は検証中でしょうか?
最近山豚が歯科の話題を避けてるように思うのですが、いち歯医者先生のご功績だと思います。

347 :通りすがりの鹿:2008/03/28(金) 12:06:31 ID:R3wYtZ/4
>>344
きちんと証明されたものかどうかわかりませんが、
アマルガムに含まれている銀イオンによる抗菌作用は
よく耳にすることだと思います
実際はどんな修復物でも適合状態や咬合状態、清掃状況
が考慮されていなければ意味ないことですがね

あと、GV関係者ではない事は先の文章を読んでみるとわかると思います

決してアマルガム、矯正の強要に対して肯定的な意見ではないということ
どんな歯科医師も完璧はあり得ないです
症例毎に対象となる患者さんの性格も考慮した治療計画が必要であり
患者さんが求めるものに治療の最終目標をどう近づけるかが重要です


348 :通りすがりの鹿:2008/03/28(金) 12:35:52 ID:R3wYtZ/4
どんなやりかたでも
・患者が求めるものを満たしている
・満足と行かないまでも、納得できる治療である
これを満たしていれば医学的に完璧でなくともフォローができる環境を整えて、
患者さんにその状態を理解してもらっていれば治療として充分な場合も多々あります

ただし、
・途中で見捨てない
・自分のできる範囲とできない範囲を説明し、できない範囲は周囲と連携、
または紹介できる環境にある
・他人の治療結果に過程も知らず文句を言わない
・自分を神様のように言わない
これは人の健康を預かる者の備えていなければならない倫理観だと思います

349 :通りすがりの鹿:2008/03/28(金) 12:47:58 ID:R3wYtZ/4
他人の症例にアドバイスではなくダメ出しは同じ穴のムジナに感じます

ここの様に多数の目に触れるところにおいて実際の患者さんを見たわけでもなく言い切るのは
あまり賢いとは言えないでしょう

それよりも、自分の知っている知識での見解に留め、質問者の疑問、不安に対する対応や
相談に対して回答するほうが良いのではないかと考えます

誹謗中傷についてはされた人が訴えれば良いんです
その結果をここで報告すれば良いんです

間違っていますかね?

350 :名無しさん@おだいじに:2008/03/28(金) 18:47:18 ID:ezRBSxP1
そのとうりだと思いますよ。

351 :名無しさん@おだいじに:2008/03/28(金) 22:54:15 ID:???
ここは、山詐欺のダメだし情報を患者側のシロウトさんと共有するところであり
歯科医同士の馴れ合いの場じゃないよ。通りすがりのなんとかさんさ、やっぱりY関係者じゃないの?

352 :名無しさん@おだいじに:2008/03/28(金) 22:55:58 ID:a6bDDhVZ
> 誹謗中傷についてはされた人が訴えれば良いんです
> その結果をここで報告すれば良いんです

そんなの現実的に有り得る事とおもいます?
誹謗中傷された人が、こんなスレで訴訟の結果を報告する?
なんだか泡沫ですね。

353 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/28(金) 22:59:11 ID:GqNp+/oZ
 矯正治療について山崎氏の言い分「歯列矯正名医の見分け方」は28項目あるのですが、
この検証の続きのまえに、いくつかご質問・ご意見があったようなのでそれについて記します。
339さんは患者さんの感じる必要性や希望に関係なく、歯列矯正を強いているのではないか
との指摘がありました。また、340さんはアマルガムではコンタクトポイント(※)の回復が
困難であるのに多用しているのは、矯正治療を前提としているからではないかとの疑問が
呈されました。これに対し、344さんが実際にアマルガム修復後にコンタクトポイントが明瞭に
空いている症例があり、明らかに矯正治療で動かすよう強要しているのではないかと述べられました。


354 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/28(金) 23:00:19 ID:GqNp+/oZ
 歯科矯正学でいう不正咬合によってもたらされる障害には以下のようなものがあります。
(一部、通りすがりの鹿さんと重複しますが)
(1)虫歯の誘因となる。
(2)歯周病の誘因となりやすい。
(3)発音に影響する。
(4)咀嚼への影響。
(5)外傷にかかりやすくなる。
(6)歯槽骨・顎の成長・発達に影響を与える。
(7)ブリッジや入れ歯の作製を困難にすることがある。
(8)顎関節の障害を起こすことがある。
(9)口の周りの筋肉の動きに異常を来すことがある(異常嚥下癖など)。
(10)心理的な問題。
このように「○○になりやすい」や「○○ことがある」という言い方が多いのは、個人の適応力や
歯口清掃習慣の改善である程度抑えうる問題もあるからで、通りすがりの鹿さんの言われた通り
です。
よって、患者さんの希望によって矯正をするかしないかを決めることが多いわけですが、
山崎氏がそのような希望を聞いて診療しているとは思われません。
いろいろ悩んでGVBDOを訪れることになり、半ば山崎氏を盲信している状態で
「二度と顎関節症にならない」ように歯列矯正をすると言われれば、「お金がかかるのでやりたくない」とは
言えないでしょうし、それ以前にそんなことを言えば診療を拒否されていまします。
山崎氏は確信犯的にコンタクトの空いたアマルガム充填やゴールドクラウンを入れていて、
矯正で辻褄あわせをしているのは明らかです。アマルガムで7〜10万円、クラウンで20〜30万円という
法外な費用を払っても、それだけでは治療は完結しないということです。
GVBDOでは患者本人が矯正治療を希望するしないにかかわらず行い、それには150万円かかる。
ブラケットがたびたび脱離し、それをつけなおすたびに1万〜1万5千円かかる。
ブラケットがとれたあと、ダイナミックポジショナーを1日8時間以上ずっとしているように求められる。
ダイナミックポジショナーは3年ごとに再製し、30万円かかり、これが繰り返される。
これを患者さんが本当に望んだ結果なのだとしたら、他者がとやかくいうことではありません。
一方において、後悔している元患者さんが何人か(あるいは大勢?)いることもまた確かです。


355 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/28(金) 23:01:20 ID:GqNp+/oZ
 山崎氏は自らを特級宣歯と称し、その治療を自画自賛する一方、日本の歯科医師のほとんどを
ハカイシャハイシャと言い切り中傷しています。
また、他人のやった症例には破壊行為、矯悪、おきらくレジン、どうでもいんれーなど罵詈雑言の
限りを尽くしています。それについてメール等で注意や苦言を呈しても、まったく返事はありません。
逆にこちらの身元が分かれば、個人名をあげてサイトを通じた誹謗を強めるという卑劣な方法を
とるのです。(私が直接経験したわけではありませんが)
そのような人物の治療を検証するスレッドがここです。したがって、私は山崎氏の症例にアドバイスしている
つもりはありません。ダメだししているつもりもありません。山崎氏の言っている通りになっているのかどうか?
を確かめているだけです。いつになるか分かりませんが、ホームページとして残るカタチにするつもりです。
それが"犠牲者"を減らすことに少しでも繋がるのであれば、愚かしい行為であったとしても続けるつもりです。

 では、この次は「歯列矯正名医の見分け方」の続きをやります。


356 :いち歯医者 ◆cWOLZ9M7TI :2008/03/28(金) 23:09:10 ID:GqNp+/oZ
(※)
コンタクトポイントの説明:隣り合う歯と歯が接するところ、点状または線状で一定の緊密さ、滑らかさが必要。
緊密さがなく空いていると、食渣がはさまりやすくなり、きつ過ぎれば清掃が困難となる。
その緊密さ加減の調整は鋳造修復(インレー)などでは容易で、アマルガムやコンポジットレジンなどの成形修復では、
難しい。


357 :通りすがりの鹿:2008/03/29(土) 11:20:04 ID:XZApHVYX
>>351
いや、ヲッチャーがいっぱいいるでしょ

倫理に欠けている事は確かですね

ただ、結構鬱の患者さんを多く見かけますので他人を誹謗中傷しているのは
いただけませんが、相手に妄信させるくらいの信頼関係を築くためのやり方
で治療していくのは凄い手法だと思います

心の病を抱えている方(歯科恐怖症や鬱など)の治療はこちらが100%の
治療と思っても相手にとっては恐怖や不安の対象になることが多々あります

ここで相談される方にわかりやすく説明されるのは良いことだと思いますが
写真やカキコミのみで判断し比較して批判するのは非常に危険だと思います

あのサイトを見て妄信する方々は過去になんらかのトラウマがあるとしか考
えられません

ですのでそこでの幸せを壊してしまうとさらにひどいトラウマを抱
えた方を生み出す結果になり得ると思います
そういったことまで配慮して批評をしてみてはいかがでしょうか?
僕個人の感想
・先のサイトで公開されている治療は昔ながらのアメリカの治療
を今でも変わらず続けているんだなあ
・技術は古いが技術革新についていけない方にとってはこのやり
かたは予後を予測しやすいだろうなあ
・極力クレームを出さないように考えているんだろうなあ
・極端に保存的な治療法だなあ(矯正を除く)
・高いなあ

358 :通りすがりの鹿:2008/03/29(土) 11:27:23 ID:XZApHVYX
最後に、今現在では多くの歯科医師が海外へ出て見聞を広めています
故に、日本の歯医者云々はもはや時代遅れです
歯科領域での技術の進歩は凄まじくきちんと新技術の見極
めをしないと将来的に問題が起こると感じています
日本は海外より薬事が厳しくEUやアメリカより技術導入が遅いが、
経過を見られる分より安全性の高い技術が採用されていると
も思います
ただしインプラントなどの外科的な処置を含む一部の技術においては
予後予測をした長期展望を見据えた管理や外科的リスクを最小限に留
めるスキルや経験が必要です
矯正も患者のニーズに合わせた方法がたくさん出てきています

患者さん自身が自分の求めるものをよく考えて選択しなければなりません
これが一番重要だと考えます

359 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 11:46:08 ID:???
香ばしい臭いがする…

360 :てっちゃん:2008/03/29(土) 13:03:21 ID:A7u5ycNX
GVBDOのHPですが、医元性の表記があります。これは正しくは医”原”性です。
dental officet としてますが、正しくはdentist's office です。このふたつだけでも
たいしたもんでない。全体的にもひどすぎる。医療から程遠い、old dentistry
です。


361 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 13:57:33 ID:Uq+2ez+4
> 相手に妄信させるくらいの信頼関係を築くためのやり方
> で治療していくのは凄い手法だと思います

これは生命保険会社とか、新興宗教が普通にやってる手法ですよ。
人の不安と恐怖心をあおって金をまきあげる。
不安な心理状態に置かれてるだけで、別に信頼関係があるわけじゃない。

362 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 17:44:16 ID:???
患者が苦痛を感じているのに術者に気を使って、というより診療を拒否されるのを恐れて、
なにも言えず我慢しているような関係を信頼関係と言えるでしょうか?


363 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 17:55:54 ID:fbkKIS2/
> dental officet としてますが、正しくはdentist's office です。

アメリカ帰りを自認してる香具師にとって、この間違いは痛いな

364 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 17:59:52 ID:fbkKIS2/
> 最後に、今現在では多くの歯科医師が海外へ出て見聞を広めています
> 故に、日本の歯医者云々はもはや時代遅れです


普通の歯科医師は、日本でまともに教育をうけてディグリーとった上でアメリカの
フェローシップなどで高い見識を深めてるんだけど、山詐欺の場合、厚生省がそのまま
免許やるには、技術知識不足を疑念があったのでイカシカの総合診療で研修させて
(結果クビになったらしい)条件付きで免許やったような経緯があるらしいじゃん。
ただ、海外に行けばいいというもんじゃない。さしづめワーホリ君みたいな立場かな。

365 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 21:42:56 ID:AJxPw1Uc
> ・極力クレームを出さないように考えているんだろうなあ

出さないのではなく、苦情したら職場に迷惑電話を掛けまくって実質言えないようにしている。

http://piza.2ch.net/log2/hosp/kako/965/965890574.html

7 名前: ああ 投稿日: 2000/08/16(水) 01:45
治療経験ある人知ってるよ。 でもちょっとでも批判するとすぐIP調べて
勤務先に嫌がらせの電話や書類を送ってくるから誰もホントの事を
いえない。かくいう私もすごい嫌がらせをうけた人を知っている。

おかかえ弁護士もいて普通の人は泣き寝入りパターン
それにいまでは患者は従順な女優先じゃなかったけ?

366 :名無しさん@おだいじに:2008/03/29(土) 21:43:49 ID:AJxPw1Uc
つまりパラノイアなんです

367 :105:2008/03/29(土) 22:09:41 ID:w0otyBSV
>>347
お返事ありがとうございました。

そうですよね、俗にアマルガムには虫歯予防効果があると言われることもありますが、
信頼に足るような文献にはなっていないように私も思います。
(もちろん私が知らないだけの可能性もありますので、ご存知の方がいらっしゃったらご教示下さい)。

ですので、なぜ山崎氏が自信満々に「虫歯を防ぐ歯科材料であるとして最も信頼されているアマルガム」
などと断言できるのか理解に苦しみます。
山崎氏がアマルガムの安全性を訴えるために自ら引用した「歯科医学大事典」にも
>〔予後〕本修復法の欠点は,二次齲蝕の発症頻度がほかの修復法に比して高いことである.
と書かれているほどです。
「アメリカ仕込みの俺がやればアマルガムは虫歯を予防する、日本のハカイシャハイシャのあまるがむは虫歯になる」
ということが言いたいのかもしれませんけどね。

あと、私は通りすがりの鹿 さんが「GVBDOと称する都内の小診療所」の関係者だと疑ってはいませんよ。
山崎氏の治療について、どんどん議論していきましょう。

私もいち歯医者 先生と同じく、山崎氏の治療にダメだしをしているつもりはありません。
最初から山崎氏を貶めたいと思って書き込んでいるわけではないのです。
私は山崎氏の言っていることが、果たして実際の歯科治療においてどれだけ
事実として認められるのか、「ほんとう」のことなのか、検証したいと思っているだけです。

実際に患者さんを診ていない者が、限られた情報のなかで他の先生の治療を論評することさえ
非倫理的だと仰られるのなら、症例検討会すらできなくなってしまいます。

一方的な批判がアンフェアだということなら、ここは(アク禁を喰らっていない限りw)基本的に全ての方に開かれた掲示板です。
批評に対して論理的に反論ができるなら、それをすることは誰からも禁じられていません。
少なくとも反論を認めない形で自説を主張し続ける誰かさんよりは、幾分良いかと。

368 :105:2008/03/30(日) 12:43:39 ID:L3pYzWNb
いち歯医者 先生へ。
先生が>>111-113でも触れられた、アンナさんの症例です。
(どういうわけか>>111-113のリンクはページごと削除されていますね。どうしてでしょうかねw)

ご参考までにどうぞ↓。GVBDOの矯正コーナーでも特に「絶口調」なシリーズです。
山崎氏がどういう性格をしているのかもよ〜く分かるような文章です・・・

ttp://www.gvbdo.com/hontonowanna/kyoseianna01.html

369 :名無しさん@おだいじに:2008/03/30(日) 13:44:07 ID:GNkPnjUj
GVの山崎先生に何かを伝えたければ、このスレにカキコすれば、即、伝わるようですね。

370 :いち歯医者(携帯):2008/03/30(日) 23:14:00 ID:???
山崎先生もこのスレッドを見ているようですね。
私もさらに丁寧な書き込みをと思っていたら
PCのHDDが逝ってしまいました。バックアップはとってあるので
問題ないのですが、PCが治るまでは簡単な書き込みしかできません。
一週間くらい待ちください。


371 :名無しさん@おだいじに:2008/03/31(月) 11:25:47 ID:???
山崎先生ご自慢の「TIFFのクラウン」
信者さん達、ヤフーで「TIFF crown」で検索してみてよ。歯医者の被せで
出てくるのはGVBDOだけだから。アメリカの一流がみんなやってる「TIFFのクラウン」が
何故検索でひっかからないんだろうね?

1.検索でヒットしない
2.米で教授をしておられた藤本先生の補綴の本にも出ていない
3.人間の歯のとがった部分や溝の部分は意味があってあんな形を
しているのに、「TIFFのクラウン」みたいにツンツルテンでは咀嚼効率に劣る

以上の理由から「TIFFのクラウン」は山崎先生の創作だと断定いたします。

372 :名無しさん@おだいじに:2008/03/31(月) 20:46:46 ID:???
>>371
TIFFはティファニーの略らしい。もちろん山崎氏の創作。こんな恥ずかしいことは山崎氏にしかできない。

ちなみに、山崎氏のマスターであるLund先生も執筆に携わった教科書「Textbook of Operative Dentistry」をみると、
ちゃんとキャストクラウンには天然歯のような溝がついている。
日本の教科書と同じ。

山崎氏のTIFF(爆笑)は、この本に出てくる暫間修復冠(いわゆる仮歯)とソックリ。
山崎氏ご自慢のクラウンは、教科書的には仮歯レベルの造形なのかも。

ついでに、この本には大きいアマルガム充填は鋳造修復(インレー)にすべきだとも書いてあるよwww

山崎氏が「GVBDOと称する小診療所(この呼び方いいね)」でやっている治療は本当にアメリカ仕込みのものなのか、実は見よう見まねの自己流なのか。

どっちだろうね。

373 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 08:14:00 ID:+zWan4Mo
>>372

所詮、豚の技工だから。

テンポラリーぐらいが常識となります。

374 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 09:01:44 ID:???
数年もてば儲けもののレベルかいww
実際そうなってる患者が何人もいるっぽいねw

375 :通りすがりの鹿:2008/04/01(火) 09:15:12 ID:FYLZl+2B
お金を返還してもらいたかったら消費者センター?だかに文句の電話入れたら
返してもらったりできないもんなんですかね?

>数年もてば儲けもののレベルかいww
>実際そうなってる患者が何人もいるっぽいねw
こういう歯科医師がいるから日本の歯科医師は・・・などと言われるんでしょうね

症例に関しては先に述べた通りですが高いお金もらってやるならもっと技術の進歩に即した
治療に対応していきたいものですね

宗教団体云々は僕もそう感じてうまいもんだなとw

今の時代、優れた人はたくさんいるので普通の感性の方は行かないだろうと思います

376 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 10:37:54 ID:???
開業するにあたりどこも技工を引き受けてくれないし、技工料なんかもったいなくて払いたくねえよ
         ↓
じゃ、自分でクラウンも作ろう でも、俺って下手くそで咬合面の溝掘れないんだよね
         ↓
お!咬頭も溝もないツンツルテンのクラウン作ればいいじゃん!俺って頭いい!ツルツルのピカピカだとなんとなく宝飾品みたいで騙されるやつもいるだろ
         ↓
でも、なんらかの理由付けが必要だな。このツンツルテンのクラウンよく見ればTiffanyのビーンズみたいじゃん。
         ↓
よっしゃ、「TIFFのクラウン」と名付けよう。で、アメリカの一流はみんなこの形ってことで。
         ↓
検索されたらどうしよう。でも、TIFFって名前にしといたら画像ファイルのTIFFがいっぱい引っかかるだろうから、バカにはわかんねえだろ(^^)/
         ↓
10年近く騙してきたけど、2ちゃんでスレできちゃって色々暴かれてきたんだよね。「TIFFのクラウン」もそろそろやばいよな。次考えよ   ←今ここ

377 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 11:48:52 ID:GS2mUwRO
>>376
>俺って下手くそで咬合面の溝掘れないんだよね

カントゥアも作れないんだよw
豊ヘなしのストレートな頬側面w


378 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 12:21:19 ID:???
技工料がもったいない以前の問題。

高島屋に特注品まで難癖つけて返品する香具師だよ。
どの技工所からも出入禁止され、新規に依頼しても噂が知れ渡ってて断られる。
実質自分でやるほかない。それでアマルガムですよ。

高島屋にアク禁にされ、新宿伊勢丹の外商サロンの階を徘徊し盗撮、次に
松坂屋を持ち上げるが、デパートのぱったり話題がたちきえて、ついにブログ消滅。
実際どこからもアク禁になったのだろうとおもわれ。

379 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 13:56:38 ID:???
緊急告知!!!!

当院では「TIFFのクラウン」に代わる新世代のクラウンの名前、形態を募集しております。
名前、形態に関しては以下の要件を満たすものとします。

1.不器用な院長でも一晩で作れる形態であること
2.一流ブランドを連想させる名前であること
3.患者が有り難がるたいそうな名前であること。
4.また、もっともそうな理由づけがあること

採用者には
A賞:前歯部に真っ白けっけな単一色メタルボンド
B賞:犬歯部にアマルガム充填
C賞:臼歯部にツンツルテン「TIFFのクラウン」
のいずれかをプレゼントいたします。ふるってご参加ください。

380 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 15:00:27 ID:e2e2ZnvF
>>379
>A賞:前歯部に真っ白けっけな単一色メタルボンド

副賞として「縁上マージン」

381 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 20:38:47 ID:???
GVBDO女性会員のためのブログより
ttp://ameblo.jp/ozaki-mylove/entry-10084568311.html
>4月
> 昨日は、とても寒い1日でした。あいにくの雨で、桜が散り始めてきてしまいました。
>はやいもので、今日から4月。
>世の中、これから様々な出来事が起きそうですが、元気でがんばっていきたいものです。
>とりあえず、GVBDOで矯正治療中の方々はBO目指してがんばりましょう。
>修復治療中の方は、体調を整えて常にBESTな状態で、治療を受けられるように努力しましょう。
>矯正治療が終わり、DP装着のみの方は、毎日最低8時間DP装着をするように努力しましょう。
>と、自分にもいいきかせている私であります。

このブログを書いているkaorinrinはもうとっくに治療が終わったはずですよね?
やっぱり今もゴリラ顔でDPを毎日8時間カミカミしているのでしょうか?
そうでもしないと山崎氏の治療は「もたない」のでしょうか?

D賞:つけるだけで誰でも類人猿になれる、ゴリラDP

382 :名無しさん@おだいじに:2008/04/01(火) 23:40:13 ID:e2e2ZnvF
>>381
>GVBDO女性会員のためのブログより

そのブログのアメンバーは、山豚除くと6人しか居ないんだがw
その6人も実在するかどうかわからんのだがw

383 :名無しさん@おだいじに:2008/04/02(水) 00:00:08 ID:???
ここ最近、今日の患者メンバーに、顔鱗淋とかウラン丸太とかがつづら折りのように出てくるね。

384 :名無しさん@おだいじに:2008/04/02(水) 17:04:12 ID:???
なお、C賞「TIFFのクラウン」の副賞として、審美性が要求される職種の方に限って
頬側面にレジンでフェーシングいたします。もちろんこのフェーシングの技術は
アメリカの一流だけが行えるものであり、日本のハカイシャハイシャの「ふぇーしんぐ」とは
全く次元の異なるものです。GVBDOではこの技術を「イルージョン」と呼んでいます。


385 :名無しさん@おだいじに:2008/04/02(水) 17:39:33 ID:2h4YO6+r
>>381
>このブログを書いているkaorinrinはもうとっくに治療が終わったはずですよね?
>やっぱり今もゴリラ顔でDPを毎日8時間カミカミしているのでしょうか?
>そうでもしないと山崎氏の治療は「もたない」のでしょうか?

様子を見て非難囂々なら「実はエイプリルフールのネタでした」って事にするんだろw

386 :105:2008/04/03(木) 21:33:49 ID:A6zyNR7U
ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10084196760.html
>傷口からウミが出てくることもありますが、それは歯自体とは無関係な根尖周辺部分からのものですから、
>免疫力さえ上げれば問題は解決します。
>そこがハカイシャハイシャのデタラメな治療とGVBDOのほんとうの治療の差であることを純ちゃんは覚えておきましょう。
>なんでそこまで言い切れるんだよ!と言いがかりをつけるハカイシャハイシャが溢れんばかりの日本ですが、
>私が断言できる理由があるのです。
>純ちゃんがされた治療と同じ治療を、私も今から22年前にオハイオ州立大学の学生だった頃に受けているからです。
>それは#7と#30なのですが、非常に疲れた時には歯茎に穴が空いて排膿します。
>しかし、免疫力が回復すると治ります。そして歯はまったく問題なく22年間持っており、
>骨にも異常はないという自己体験があるからです。

言いたいことは山ほどありますが・・・
とにかく山崎氏に科学的思考の能力が乏しいことが、最後の一文から窺えます。

387 :105:2008/04/03(木) 21:34:45 ID:A6zyNR7U
この「自分で受けてみてうまく行ったから万人にも通用するはず」という考え方は、医療人として非常に危険です。
山崎氏がインチキな気功にハマっているのもまさにこの考え方からで、
「自分のダイエットがうまく行ったから、偏頭痛が改善したから、この気功(気功師)は本物だ!」という論法なのです。
どんなインチキな治療でも、治ってしまう人というのは存在します。これは歴史が証明しています。

山崎氏の脳内には、よい治療(自分が行う治療)と、悪い治療(ハカイシャハイシャが行う治療)の二種類しかないようです。
よい治療は必ず成功し、悪い治療は必ず失敗すると思っているのでしょう。
しかし通常の思考能力があれば、どんな名医でも失敗することがあり、またその逆もありうることが分かります。
名医の場合は成功確率が高く、未熟な医師の場合はその確率が低くなるというだけのことです。
もちろん山崎氏の治療成功率が100%などではないことは、このスレを読んでいる方ならご存知でしょう。

22年前の自分への歯科治療が成功した(この記述を読むとそうは思えませんが)からといって、
それがどの患者にも通用すると考えるのは大間違いです。
山崎氏の治療の問題点のうち、多くがこの科学的思考力の欠乏からくる傲慢によると思えてなりません。

388 :名無しさん@おだいじに:2008/04/05(土) 14:46:59 ID:???
いつものようにビタペックスを根尖から溢れるほど注入
 ↓
やりすぎて根尖周囲の組織がネクって排膿
 ↓
焦りつつも、さも予定道理のようなフリをして掻爬
 ↓
自分で溢れさせたビタペックスが除去できたので、歯肉が瘢痕治癒
 ↓
オレって天才じゃね? ← ずっとこんなレベル

前医がApicoをした後、根尖にいれたのはボーンジェクトだと思うが、
豚が手を付けた時点では排膿は無かった。
一回ネクってしまうと審美領域に瘢痕が残るし、予後も悪い。

自分で悪くしておいて自分で治したと自慢する神経が判らん。




389 :名無しさん@おだいじに:2008/04/07(月) 18:16:52 ID:Gm3VyEaS
ネクるってなに?
もしかしてネフローゼの略のつもり?

390 :名無しさん@おだいじに:2008/04/07(月) 20:03:32 ID:???
壊死=ネクローシスの略
つもりって嫌味っぽくいってっけど、知らなくても文脈で意味分からないとおかしい

391 :名無しさん@おだいじに:2008/04/07(月) 22:57:10 ID:tavU6a5b
>>389
ググれ。病院ではわりと一般的に使われてる。

392 :名無しさん@おだいじに:2008/04/08(火) 12:52:25 ID:???
389は豚本人か?
だとすると脳がネクってるね。

393 :名無しさん@おだいじに:2008/04/09(水) 18:31:27 ID:uECCQHnF
いち歯医者先生。
まだPCは直りませんか?

ただいま公開中の純ちゃんのエンドについて検証願います。

山詐欺も、自身が時々根尖部から排膿するけれど、免疫力が上がれば大丈夫とか言ってますが、
単に根尖病変が治ってないだけの話だと思うのですが。

根管内の病巣に対する変化としての根尖病変を「病巣」と言い張って、
「病巣を叩く」と言っては病変内に薬剤を流し込むのは一般的なのでしょうか?

歯根のう胞ではのう胞の上皮を破壊するためにビタペックスを注入することがありますが、
単なる根尖病変でそんなことはしません。

山詐欺のエンドはここが変というところを突いていってください。

394 :名無しさん@おだいじに:2008/04/12(土) 06:05:50 ID:???
保守

395 :名無しさん@おだいじに:2008/04/13(日) 11:07:22 ID:???
770 名前: 病弱名無しさん 投稿日: 2008/04/12(土) 23:17:30 ID:zwUutvp10
ttp://www.maruhashi.com/GVBDO.htm
ttp://www.maruhashi.com/voices/Voices.htm
○橋がGVBDOに反論しとるw


396 :名無しさん@おだいじに:2008/04/13(日) 13:43:29 ID:4lMWkF0s
患者を若い人に限定して
免疫力が回復すると治ります

たしかにそうだよな
治療がへたでも、若い人間だとそのまま保存できたりするからな
それで保存できると自分は天才だと豪語する
上手い事やってるな

397 :名無しさん@おだいじに:2008/04/14(月) 11:51:53 ID:9N0ZgdOL
保守

398 :名無しさん@おだいじに:2008/04/14(月) 15:18:03 ID:l6Ruh7hE
>>395
○橋も訴訟起こさないかな?
たぶん勝てると思うんだが。

399 :名無しさん@おだいじに:2008/04/14(月) 19:46:54 ID:kOPXLC6J
いち歯医者先生、ようやく人大杉が解消されたようです。

カムバーック。



>>398

だよね。
少なくとも、GVBDOの虚偽記載が明らかな部分だけに絞って裁判すれば勝てるよ。

400 :名無しさん@おだいじに:2008/04/15(火) 21:20:50 ID:SCZRk+ZT
>>398
○橋は自分が訴訟起こされてんだぞ?
失笑すべき事態を楽しみたいのか?
お得意のを真似れば揃いも揃ってバカイシャハイシャ。
クソ高いだけが取り柄。


401 :名無しさん@おだいじに:2008/04/15(火) 22:42:10 ID:B483g/yb
裁判になれば○橋先生が優勢だろう、どう見ても…。

402 :名無しさん@おだいじに:2008/04/16(水) 07:49:41 ID:???
GVBDO山崎の唯一の功績は○橋の酷さをWEB上で衆目に晒したことなんだぜ。
中身の伴わないボッタクリに関してはどちらも目糞鼻糞。

403 :名無しさん@おだいじに:2008/04/16(水) 08:36:45 ID:gXsXkxmQ
○橋とかHALとか、保険と自費で施設を分けてるけど、
上手いこと考えたなw
鮨屋の松竹梅と同じで、金のあるヤツや見栄っ張りは松を頼む。
「保険にしますか?自費にしますか?」って手間も要らない。

梅を頼むようなヤツは、多少まずくても、
「梅だからしょうがない」と自分で納得してくれる。

404 :名無しさん@おだいじに:2008/04/16(水) 23:11:21 ID:gKG2bToZ
おまえら良いこと言うな。
結局は同じ穴のってやつだな。

405 :名無しさん@おだいじに:2008/04/17(木) 20:43:39 ID:pHfWME0I
山崎が訴えられている名誉毀損裁判の控訴審、4月中にまた口頭弁論があるらしいけどいつなんだろう。

406 :名無しさん@おだいじに:2008/04/18(金) 11:21:28 ID:kJqwp3PH
>鮨屋の松竹梅と同じで、金のあるヤツや見栄っ張りは松を頼む。

寿司屋の松竹梅と
歯科治療を一緒にしてんなよw

いまどき保険でお願いしますなんて患者は
命知らずだろ?

407 :名無しさん@おだいじに:2008/04/18(金) 16:49:46 ID:???
命知らずというよりも
むしろ世間知らずといった方が正しいような。

しかしながら
サラリーマンの平均年収500万円以下、年収300万円台も珍しくない世の中にあっては
歯の治療に一本あたり数万、数十万円の治療費を出せないという人は少なくないだろう?


408 :名無しさん@おだいじに:2008/04/18(金) 23:36:21 ID:2f42oRT0
>>406
ていうかこいつが世間知らずw
どこのボンボン?
俺も保険は受けないが、受ける人の実情程度はわかるくらい
最低限の視野と経験くらいあるつもり。歯科先進国アメリカだって
なんだかんだ言ってひでーし、親戚の家の近所のおっさん治ってねえ
のに根治終了で抜歯・・・しかも入れ歯も無し。なんでかわからない
奴は余りに世間知らず。何事も経験その上で俺はOGビーフは認めねえ
食感、味共に駄目。地産地消やっぱ黒毛和牛に限る。

409 :名無しさん@おだいじに:2008/04/20(日) 21:22:57 ID:rCZQ78JR
ttp://ameblo.jp/gvbdo/entry-10089372843.html

いつもどおり自分以外の日本の歯科医師は無能だ!と喚いていますが、
自称超一流の、この山崎氏のセットした前歯のクラウンのクオリティーの低さといったら・・・

はじめて写真を見たとき、私にはテンポラリー(仮歯)にしか見えませんでした。
あまりにも自然感に乏しく、透明感のない、不自然で醜いブリッジだと思います。

こんな醜いポーセレンクラウンは学生実習レベル、しかも才能のない学生が作るレベルです。

一般の方のために、下に自然なポーセレンクラウンの一例を挙げますので、
山崎氏の臨床写真と見比べてみてください。
http://www.nobelbiocare.co.jp/product/procera.html
↑のページの中ほどにある写真では、前歯のどの歯を被せて治したのかほとんど分からないと思います。
私たちの目から見ると、この写真の治療でもまだ指摘すべき点がありますが、
山崎氏の治療(どの歯を治したのか一目で分かる)のレベルと雲泥の差があることはお分かりいただけるかと思います。
(一応お断りしますが、私はリンク先の会社と何の関係もありません。現在は取引もありません)

もちろん、すべての歯科医院で隣の歯と見分けがつかないような、美しい治療が受けられるわけではありません。
しかし、自称超一流のGVBDOで、このようなレベルの治療を受けられるでしょうか?
それは山崎氏が自信満々に公表した、数々の症例写真によって雄弁に物語られています。

410 :名無しさん@おだいじに:2008/04/20(日) 23:13:51 ID:???
>>409 町場の歯医者でも、ここまではっきり色が違う前歯にはしないよ。
山詐欺って色盲なのかな?

411 :名無しさん@おだいじに:2008/04/20(日) 23:15:50 ID:???
っていうか、歯科のみならず、全体的に審美眼に欠けてるから、しょうがないかもね。

412 :名無しさん@おだいじに:2008/04/21(月) 20:15:36 ID:???
>>411

整形外科と形成外科の区別もつかない
アフォだからな。

413 :名無しさん@おだいじに:2008/04/21(月) 20:32:37 ID:ikBo+nHa
いやいやいやいや、審美、美容、インプラ歯科にも「ほーう良い
個性しとる」といった猛者どもがいるよ。勿論
町医者にもね。彼はさ高いだけに余計タチ悪いんだよなぁ。

414 :名無しさん@おだいじに:2008/04/21(月) 21:36:15 ID:???
ま、GVBDOだって一介の町場の歯医者にすぎないけどな。

415 :名無しさん@おだいじに:2008/04/21(月) 21:36:35 ID:???
しかもびるくりだしw

416 :名無しさん@おだいじに:2008/04/22(火) 09:20:44 ID:???
>床矯正なのにリンガルボタンが付いています。

>術者の意図が良くわかり好感は持てるのですが、
>それならば始めからブラケットを付けてやれば良いのではないかと思います。

 デンタルIQがピコ以下な豚には判らないかもしれんが、Molar Distalizerで
臼歯を遠心移動する方法もある。3年かかっても床装置だけであれだけ動かすのは
かなりのテクニックが必要。豚には理解不能の世界だろうね。

417 :名無しさん@おだいじに:2008/04/22(火) 11:07:57 ID:bqpEdo8Q
うわっ。グロい。

山崎人格ハカイシャ歯医者の前歯ブリッジ
ひど過ぎ。色が全く違うだろ。

418 :名無しさん@おだいじに:2008/04/22(火) 13:04:58 ID:y/+hqlg4
いち歯医者先生が現れないのは、職場への脅しがあったからか??

419 :名無しさん@おだいじに:2008/04/23(水) 01:09:52 ID:???
>>410
>>417
ホワイトニングさせて儲けるためかと思われw
(実際にそこまで白くすることが出来るかは漏れは知らん。)

420 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:08:47 ID:???
二年ぶりに来院の純ちゃん、上顎前歯の歯肉がえらい下がってますな。
電メスでバカバカと切り刻むからですよ・・・

421 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:25:37 ID:???
前歯の歯肉どころか、豚が手を加えた箇所の周辺歯肉みてよ。そこ限定で異様な肉の減り方・・・

422 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:27:51 ID:???
なんでこのような2006年の失敗症例を今になってPRしてるんだろ?

423 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:50:26 ID:8YM23NjF
>>410
色はホワイトニングで誤魔化すんだろうけど、形態は誤魔化しようがないよねw
2番の形態を左右で見比べると・・・
隅角なんて全然別物w


424 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:55:25 ID:8YM23NjF
>>422
なんとかいう患者がその失敗症例に似てるからその子のために出してるらしいw
同じような失敗をするからクレーム入れられないように予防線を張っているんだろうw

「2年経つと歯茎はこのように下がるよ」とかねw

適切な咬合、適切なカントゥア、サブジンジバルカントゥアを与えて、
歯肉縁下にマージンを設定すれば、2年くらいであんなに下がることはありませんから!!

425 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 11:56:00 ID:???
前歯だけでなく小臼歯部も歯肉が退縮してるね。さすが電メス切り刻み魔。
もはや医療事故レベル。アメリカの超一流は違いますなw

「#7,9の歯茎の退縮はもうもとにはもどりませんが、G.V. BLACK DENTAL OFFICEに
通い続ける限り進行を遅らせることはできます。」

って歯肉を退縮させたのあんただろうにw。何か他人事のような言い草ですね。

426 :名無しさん@おだいじに:2008/04/24(木) 13:15:05 ID:???
>>424 いくら一般人でも、あの写真を見せられれば「自分もああなる」と危機感と怖れを感じる程のもんだよ

427 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 11:25:45 ID:umYBAiib
http://www.gvbdo.com/index_gakukansetsu_shou.html
武蔵野のまさちゃんとやらの矯正だが、
矯正終了時の下顎の舌側傾斜が・・・
歯肉に歯根の形が浮き出るようになってるw
傾斜移動なら早いの当たり前w

428 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 12:48:35 ID:Ps52H8J+
オーバージェットありまくりだろ。
前方誘導と、顎関節はだいじょうぶか?

429 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 12:49:26 ID:Ps52H8J+
余計ひどくなったね

430 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 12:57:31 ID:???
>>427
強引ですねw

431 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 16:09:32 ID:???
>427

 Daemonのローフリクションブラケットで傾斜移動すれば9ヶ月でも
そこそこまでは動く。問題はそこから1歯ずつのポジションや全体の
バランスを見ながらワイヤーで保定する期間。そここそが矯正医の
腕のみせどころ。

 ちょっとみただけでも左右の側切歯の軸方向がバラバラ。
ブラケットのポジショニングからやり直しのレベル。

432 :名無しさん@おだいじに:2008/04/25(金) 19:06:17 ID:???
アメリカでは落第したんだろうな

433 :名無しさん@おだいじに:2008/04/30(水) 17:26:08 ID:KMaXsTKC
保守

434 :名無しさん@おだいじに:2008/05/08(木) 00:04:30 ID:FxieyIeQ
1は突然いなくなったけど何かあったのか?

435 :名無しさん@おだいじに:2008/05/09(金) 12:57:02 ID:???
アク禁なだけだったらいいんだけど…

436 :名無しさん@おだいじに:2008/05/09(金) 15:10:54 ID:m7OGpxmo
いち歯医者先生、また戻ってください。

437 :名無しさん@おだいじに:2008/05/17(土) 11:59:38 ID:4yMUgXIy
いち歯医者先生…どうされたんでしょう…

438 :名無しさん@おだいじに:2008/05/17(土) 13:58:31 ID:???
アク禁ではない悪寒w

439 :名無しさん@おだいじに:2008/05/17(土) 14:01:03 ID:???
もう来ないでしょ。どっかで本人認定されちゃったんだよ。

440 :名無しさん@おだいじに:2008/05/17(土) 14:15:35 ID:???
卒後3〜5年のレベルかな。

441 :名無しさん@おだいじに:2008/05/21(水) 15:57:24 ID:GloZGPvb
保守

442 :名無しさん@おだいじに:2008/05/23(金) 18:42:02 ID:LDH5CYVL
俺の予想では>1は院生だな。
大方研究が忙しくなったんじゃないか?

443 :名無しさん@おだいじに:2008/05/24(土) 09:23:03 ID:U0rwpUR8
院生よりはるかに高いレベルの方だと思います。

444 :名無しさん@おだいじに:2008/05/24(土) 21:34:50 ID:uw3ay+KQ
>>439
え?マジ?ネタ元希望

445 :名無しさん@おだいじに:2008/05/27(火) 10:39:16 ID:???
保守

446 :名無しさん@おだいじに:2008/05/29(木) 16:56:08 ID:???
昨日ドクター山崎のサイトを見て、日本の歯科治療\(^o^)/オワテル
と思って落ち込んだ
グーグルさんありがろう・・・
グーグルさん無かったら確実に洗脳されてた

447 :名無しさん@おだいじに:2008/05/29(木) 17:28:07 ID:???
よかったよかった。マジよかった。
これで貴重な歯をまた一つ救えた。スレが効を奏しはじめてる実感。

山崎は、ドクターじゃありませんから。

448 :名無しさん@おだいじに:2008/05/30(金) 18:51:01 ID:???
消費者の惹きつけ方がマルチと同じ手法なんだよな。
『普通に売られているシャンプーはラウリル硫酸ナトリウムが含まれててガンになる』
『このシャンプーはそれらが含まれていなくてすばらしい』
みたいな。
他者を危険なものとしてたたいて、自分を必要以上に美化する。そしてうさんくさい。
そんなんでひっかかる人の気が知れないわ。

449 :名無しさん@おだいじに:2008/05/30(金) 19:22:35 ID:???
「パントモ診てこりゃひどい!!後○○年であなたの口は崩壊します」

450 :名無しさん@おだいじに:2008/06/03(火) 14:59:51 ID:???
でも、やっぱりうさんくさいのに引っかかるやつがいるんだな。

451 :名無しさん@おだいじに:2008/06/03(火) 16:03:00 ID:???
>>450
へんな壷を何十万もだして買う人もいるからねえ

452 :名無しさん@おだいじに:2008/06/03(火) 17:03:54 ID:???
>>446
何年か前に本を注文した馬鹿ですww
見るうちに胡散臭さを感じて他の病院を探して今に至ります。
ほんとうのGVBDOのサイトもその頃からありました。

あそこの先生だったら抜歯させられてウンコブリッジにされたで
あろう歯も抜かれず、ブリッジにもされずに済んでよかったです。

453 :名無しさん@おだいじに:2008/06/14(土) 11:38:37 ID:???
642 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2008/06/14(土) 00:32:09 ID:Kk7RogNS0
>>640
その通り。

私は元「信者」ですが、今の主治医はサイトや、医院に看板すら上げてません。
一切の宣伝はしてないので、こんな豚小屋で教える事は出来ません。

豚の治療は酷く、どのうんこクラウンを外しても「山詐欺さんは下手だなー
この歯も露髄(?)しまくってるよ!老眼だったのかな?疼いてたでしょ?
ちゃんと治療してもらいなよ。あっ、そんな事言ったら破門?それとも睡眠不足だって
ヤクルト飲まされるんだったっけ(笑)」
と治療中に顕微鏡で拡大した歯の内部をモニターに映し露髄を説明してくれました。

信者や元患者の方がこのカキコを読まれたら、連絡先を知っている患者を辿って下さい。
誰かは必ず、でたらめな豚治療を治してくれる歯科医を教えてくれます。


454 :名無しさん@おだいじに:2008/06/16(月) 17:18:52 ID:???
668 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2008/06/16(月) 14:20:48 ID: r8vEC+ZmO
私は元患者です。でたらめな治療、ウンコくらうんにお金を捨てた同士皆さんへ
まだ、豚の再治療をして下さる先生はいます。
私の治療をして下さるアメリカの先生は、
600万かけたと私が言うと
大きなため息をつき
『コレは30年前のインターンレベルの治療だよ』
とおっしゃってました。
また、豚小屋と違い患者はデンティストとクライアントという対等な信頼関係にあります。
600万有れば、、、。
高い社会勉強代と割りきります。
ただ、これ以上被害者を出さないように啓発活動をします。


455 :名無しさん@おだいじに:2008/06/17(火) 08:45:28 ID:???
684 名前: 卵の名無しさん Mail: sage 投稿日: 2008/06/17(火) 00:06:31 ID: 0IW5M7QG0
漏れの人生最大の恥。
山詐欺小屋の信者だった過去。
高い授業料だった。
授業内容はマインドコントロールのされ方だったと気づくまで
ずいぶんお布施を投入したもんだ。
途中で丸裸、授業料払えなくなって保険医に転院。
そっちのがずっと腕が上だったんだよ。
そいではっきり目が覚めた。
咬合がひどいことになってて、本来の位置に戻るまで時間かかった。
保険医の主治医は、他医の批判はしない主義。
前の歯科医に対して言いたいことは山ほどあろうが、
ぐっとこらえてくれ、と言った。
だからぐっとこらえてたけど、我慢できなくて初めてここに書いた。

456 :名無しさん@おだいじに:2008/06/17(火) 10:55:16 ID:???
689 名前: 卵の名無しさん Mail: sage 投稿日: 2008/06/17(火) 10:33:07 ID: 9v/c5S2a0
漏れ684だ。
漏れのお布施は400万円だった。虫歯だけでこの金額だ。
ウンコクラウンいらねーよ。
素材やわらかいから、穴あいちゃって修理したよ。保険で。
漂白だってやりたくなかったが、強制されたんだ。
あんな道具やこんな道具もいらねーのにキャッチセールス。

写真は正直言って、サイコーに屈辱だった。
漏れなんか勤務先名もまんま、本名も漢字だけ変えてまんま
公開されちまったんだぜ。会社に見つからないかと寒い毎日だった。
不幸中の幸いは、顔はまんま出なくて歯だけだったってことかな。

それでもさ、マインドコントロールされてる最中は、
しかたがないって思えたから、思い返すと自己嫌悪。


457 :名無しさん@おだいじに:2008/06/19(木) 13:55:11 ID:???
738 名前: 卵の名無しさん Mail: sage 投稿日: 2008/06/19(木) 13:07:58 ID: mKWS/myQ0
私は小屋で入れ歯を作りました。500万円かかりました。
とうもろこしが丸かじりできるのが最低条件という素晴らしい入れ歯でした。
しかし出来上がったのはとうもろこしどころかお粥さえ食べるのが困難な入れ歯でした。
きっと良くなると膿マン氏を信じて我慢して通い続けましたが流動食しか食べられない
毎日についにキレて他の歯医者さんへ駆け込みました。

これはアメリカ人の歯並びで作られてる。
日本人には合わないよ。
これでン百万円? ン? ン? ン?

新しい歯医者さんはそういって全部保険で作り直してくれました。


458 :名無しさん@おだいじに:2008/06/20(金) 21:05:00 ID:zfhps8YF
近藤裕敏名誉毀損裁判 http://www.gvbdo.com/himawari_saiban/index.html

これって小山市のひまわり矯正歯科のことか?

459 :名無しさん@おだいじに:2008/06/20(金) 21:32:44 ID:???
GVBDO裁判(山崎昇名誉毀損裁判)、更新されてるよ!

http://gvbdosaiban.blog121.fc2.com/

460 :名無しさん@おだいじに:2008/07/02(水) 14:18:02 ID:???
896 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2008/07/01(火) 21:10:57 ID: qvLloghL0
>>886

私の知っている元患者にそのような契約書にサインをした者は1人もいません。

又、盆栽倶楽部等の顔写真、治療経過報告の際の職場や職種ばらし、初診時のメール
などを公開しないように、GVBDOに言えば当時は治療停止で、受付(妾)が次回予約を
入れさせませんでした。

元患者が厚生省、医師団体、医療裁判に明るい弁護士等へ働きかけ
非常に良い方向へ動いてますので、「逮捕」や「医師免許剥奪」は
かなりの確立であるかも知れません。


461 :名無しさん@おだいじに:2008/07/05(土) 18:58:40 ID:yQH2qYL+
良スレかと思ったが、工作員が多すぎて参考にならんな。残念。

462 :名無しさん@おだいじに:2008/07/05(土) 21:07:29 ID:hGFqAR88
>>461
GVBDOの工作員乙。

このスレはまぎれもなく良スレ。

肝心のスレ主が途中でいなくなってしまったが、前半の検証はこれからGVBDOで治療を受けようと思っている人
(もういないと思うが)にとっては非常に参考になるだろう。

463 :名無しさん@おだいじに:2008/07/06(日) 00:05:10 ID:???
最近GVBDOに関与してると思われる疱瘡関係者がチャチャいれてるよ。
ここに関わると、ろくな事ないって事を知らずに引き受けたんだろうか。
着手金もらったなら、仕事の融通の為に2chで工作するのは自由だろうよ。
GVBDOが依頼できるのは、最早、その程度の事務所だったという事。

464 :名無しさん@おだいじに:2008/07/09(水) 21:26:27 ID:/QdPEago
広島のDD文治弁護士?


465 :名無しさん@おだいじに:2008/07/15(火) 20:06:32 ID:nYxp/woR
今日はGVBDO名誉毀損裁判控訴審の結審。

判決は一ヵ月後ぐらいでしょうか?楽しみですね。

466 :名無しさん@おだいじに:2008/07/15(火) 20:41:09 ID:7EoSfF7a
栃木県 小山市ひまわり矯正歯科 近藤裕敏院長(代理人・北澤香織弁護士)が提訴した名誉毀損裁判の記録
このページは、G.V. BLACK DENTAL OFFICEが、小山市ひまわり矯正歯科院長近藤裕敏歯科医師に名誉毀損で訴えられている
裁判に関する公開情報です。
内容は小山市ひまわり矯正歯科で治療を受けた麻田ケリーさんが、ひまわり歯科矯正で受けた治療内容をありのままに記録し、
自分の感じたことをそのまま書いた治療希望メールを受けて、山崎先生が実際に診断した内容と、治療内容に関する感想を、
HP上で7年以上前に公開したことが、近藤裕敏歯科医師の名誉を毀損している、というものです。
G.V. BLACK DENTAL OFFICEは過去にも同様なクレームを付けられたことがあり、その時は刑事訴訟として広島県警の強制調査
という形になったのですが、結果は証拠が明らかになることにより訴えてきた藤田和也歯科医師の保険医停止、医業停止処分で
幕が下り、G.V. BLACK DENTAL OFFICEの主張が100%正しいことが証明されました。

467 :名無しさん@おだいじに:2008/07/15(火) 20:41:51 ID:7EoSfF7a
今回の裁判は山崎先生が自ら本人訴訟で争い、近藤裕敏さんの代理人のプロの弁護士(北澤香織弁護士事務所・北澤香織弁護士)
を相手に、麻田ケリーの文章は名誉毀損ではない!つまり今後、歯科治療を受けた患者が麻田ケリーさんのような実名を表記した
体験談をネットに発表しても名誉毀損にはならない、とする画期的な判決!を勝ち取っただけでなく、近藤裕敏歯科医師の請求の
4/5を退ける結果も勝ち取ったので、G.V. BLACK DENTAL OFFICEとしては、非常に満足する結果、となりました。
民事訴訟では100%の勝ちは存在しない、というのが日本の裁判の常識だそうで、プロの弁護士の方々も、これは山崎先生の
大勝利!であることを皆さん認めておられます。
しかし、治療内容の事実認定において、裁判所の側に明らかな間違いがあり、本人訴訟をした山崎先生も裁判には不慣れだった
ため、損害賠償額に対する反論をし忘れ、200万円(近藤裕敏歯科医師は1500万円の請求)の支払いを命じられたため、
控訴審は医療法人社団神農会の顧問弁護士の方に代理人を依頼し、現在も係争中です。控訴審は山崎先生の代理人の方の指示に
より、一切ネットでは一般公開しないという方針になりましたので、ご了承下さい。尚、第一審の傍聴記は↓で公開しています。
2008年6月18日 G.V. BLACK DENTAL OFFICE 事務長 木村恵子

468 :名無しさん@おだいじに:2008/07/16(水) 21:23:30 ID:gadXZ18q
>>466-467 あまりキツイ電波を飛ばさないように。以下、GVBDO名誉毀損裁判の真実。

GVBDO(ジーブイブラックデンタルオフィス)院長の山崎昇(山ア昇)氏が訴えられている裁判について
これは、山崎昇氏が自身のウェブサイト上で、ひまわり矯正歯科の近藤院長を誹謗中傷したとして、近藤氏側から提訴されたものである。

原審(一審)は平成19年9月27日、東京地裁で判決があった。

・判決要旨
1)記事のうち、患者の体験談に基づいて被告(山崎昇氏)がコメントを加えた部分については、原告(近藤氏)の社会的評価を下げている。
 歯科治療は、公共の利益に関する事実ではあるが、被告(山崎氏)の記事掲載には公益目的は認められず、名誉毀損を構成する。
 また、真実性についても、その記事の内容が真実とは認められない。従って、名誉毀損にあたるので、その記事を削除すること。
 なお、(GVBDOに通院している)患者の体験談の部分は、名誉毀損にはあたらない。
2)被告(山崎氏)は、1)によって削除が認められた記事の内容は、掲載をしてはならない。
3)被告(山崎氏)は、原告(近藤氏)に損害賠償として200万円を支払うこと。
4)訴訟費用はその8割を原告(近藤氏)が、2割を被告(山崎氏)が負担する。
(注:一審で山崎氏は弁護士を立てていないため、かかった訴訟費用には双方で大きな差があった)
5)この判決は、2)および3)について仮に執行することができる。

被告(山崎氏)側はこの判決を不服とし控訴。東京高裁で平成20年(今年)7月15日に結審の予定。

参考url

近藤氏側弁護士による、GVBDO裁判の詳細(原審判決文の原文もダウンロード可)
http://ime.nu/gvbdosaiban.blog121.fc2.com/

山崎氏および山崎氏を信奉する患者たちによる、裁判傍聴記。
(ここでは「近藤裕敏名誉毀損裁判」と呼称しているが、実際に名誉毀損で訴えられているのは山崎昇氏)
http://ime.nu/www.gvbdo.com/himawari_saiban/index.html

469 :名無しさん@おだいじに:2008/07/17(木) 13:01:42 ID:nYz1Edof
名誉毀損だと主張している原告側歯科医は、批判されてしかるべきひどい治療をしてきている
わけで、私は原告側に協力をするつもりは毛頭ないと拒否をしました。
アメリカのまともな歯科のレベルをみるにつけ、日本がいかにどうしようもないレベルなのかがよくわかりますので、
国内に蔓延するクズ歯科医院をどうにかしなければならないという思いは私も同じです。
雑誌に「危険な歯医者の見分け方」の記事を書いたりして(GVBDOのことには一切触れていない記事です)、私にできることを少しずつやっております。)
山崎先生の破壊者歯医者を駆逐するための戦いは影ながら応援しております。
では。

クミーリア


注:原告側(栃木県小山市ひまわり矯正歯科・近藤裕敏院長)の弁護士=北澤香織弁護士事務所・北澤香織弁護士


470 :名無しさん@おだいじに:2008/07/17(木) 17:37:35 ID:???
http://gvbdosaiban.blog121.fc2.com/blog-entry-12.html

まるで子供のような悪あがきをする山豚w

471 :名無しさん@おだいじに:2008/07/17(木) 22:05:41 ID:iTC4rm74
(つづき)
> 従って、今後の動向は、さらに注意深く見守る必要があるものと認識しています。
> また、控訴人の前記裁判に関する記事について、今まで一部とりあげてこちらでもコメントしておりました。
> しかし、改変された内容の記事を見ても、やはり内容があまりにも事実とはかけ離れており、
>「主観」と言うにしても、その前提が誤っていると思われる部分が散見されます。
> このような記事によって、再度、被控訴人に不利益になるような誤解を招くようなことは見逃せません。
> 改めて、この記事については、こちらのブログにて逐一コメントさせていただく予定です。

472 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 10:55:48 ID:T5lPpBEO
51 :卵の名無しさん:2008/07/18(金) 10:49:03 ID:TtVqYw2K0
以下は http://www.sophia-law.com/docs/070927_gvbdo_01-36.pdf からの引用

35 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:42:54 ID:ri2GznaI0
別紙記事目録
1別紙URL目録lないし4のURL上に記載された記事のうち、
「かかった歯医者は栃木県小山市中央町にあるひまわり矯正歯科(院長近藤裕
敏)というところです。そこの院長近藤裕敏に指示された、親知らずや虫歯のひ
どい歯を、当時勤めていた大学病院で抜歯しました。院長近藤裕敏が『うちは矯
正専門だからね。虫歯治療や抜歯はやっていない。どうなってもいいって言うん
だったらやってもいいけど責任はもてないよ』括弧というのでひまわり矯正歯科
(院長近藤裕敏)とはそういうものなのだと思いました。」の部分

473 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 10:56:26 ID:T5lPpBEO
52 :卵の名無しさん:2008/07/18(金) 10:50:20 ID:TtVqYw2K0
以下は http://www.sophia-law.com/docs/070927_gvbdo_01-36.pdf からの引用

36 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:44:19 ID:ri2GznaI0
2 別紙URL目録1ないし4のURL上に記載された記事のうち、
「矯正開始の頃から、口内のつらい痛みに伴い頭痛、身体のだるさ、気持ちの
落ち込みなどの症状がではじめ、夜勤あけの目は一日中ベッドからでられず、い
っも疲れがたまっているような状態でした。しかし、ひまわり矯正歯科(院長近
藤裕敏)の矯正医から、『矯正中は、うつになったりすることもあるけど、終わ
れば治るから』と言われていたので、そういうものなのだと白金にいいきかせ、
ただただ耐える日々でした。」の部分

37 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:45:10 ID:ri2GznaI0
3 別紙URL目録1ないし4g)URL上に記載された記事のうち、
「矯正が終わればみちがえる様にきれいな歯に、との私の期待は大きく裏切ら
れ、鏡に写るのは顎がやたらと細く貧弱になり〜、笑うと不自然に顔がひきつって
しまう、そんな悲しし−、顔でした。」の部分
4 別紙URL目録1ないし3、及び9のURL上に記載された記事のうち、
「その頃、ひまわり矯正歯科(院長近藤裕敏)の矯正医から、右奥歯の虫歯が
ひどく、抜歯しなければならないかもしれない、といわれたのをきっかけに、丸
橋全人歯科・丸橋ファミリー歯科(丸橋賢院長)を受診しました。」の部分

474 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 10:56:56 ID:T5lPpBEO
53 :卵の名無しさん:2008/07/18(金) 10:51:28 ID:TtVqYw2K0
以下は http://www.sophia-law.com/docs/070927_gvbdo_01-36.pdf からの引用

38 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:46:41 ID:ri2GznaI0
5 即紙URL・目録1ないし3、及び9のURL上に記載された記事のうち、
「レントゲンを撮った際に、青木博之歯科医師から、前歯の根本にひびがはい
っているが、ひまわり矯正歯科(院長近藤裕敏)の矯正医にきいてみたほうがい
い、といわれました。」の部分
6 別紙URL目録lないし3、及び9のURL上に記載された記事のうち、
「ひまわり矯正歯科(院長近藤裕敏)では、あいかわらず月一回チェックする
だけの日々がつづき、歯の隙間は埋まる様子もなく、担当医師は毎回変っていま
した。あと一回のチェックで終わり、といわれた時点でも、歯の状態は変わらな
いため、そのことを伝えると、医師は、最初の頃の私の写真を見て、『あ、でも
だいぶよくなりましたよ、よくなったほうですよ0』といいました0丸橋全人歯
科・丸橋ファミリー革科(丸橋賢院長)で指摘された前歯のひびについてきいも
(ママ)、レントゲン写真みて「あー日■と言った医師は、近藤院長にきいて
みるね」といっただけでした。この栃木県小山市中央町にあるひまわり矯正歯科
(院長近藤裕敏)へはその後は行きませんでした0」の部分

475 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 10:58:14 ID:T5lPpBEO
54 :卵の名無しさん:2008/07/18(金) 10:52:43 ID:TtVqYw2K0
以下は http://www.sophia-law.com/docs/070927_gvbdo_01-36.pdf からの引用

39 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:47:26 ID:ri2GznaI0
7 別紙URL目録1ないし3のURL上に記載された記事のうち、
「麻田ケリーの歯はここまでやられるのかあ、と溜息が出るほど蓉惨な状態で
す。上の歯です。(写真)普通ならどんなにひどく治療をされていてもここまで
はゆがんだ形で写真に撮られることはありませんロ普通にセンターに合わせて撮
る写真ですから、ゆがむと言うことは麻田ケリーの歯並びの方がゆがんでいるの
です。ハカイシャハイシャ矯正医にかかってここまでデタラメな矯正をされた人
もめずらしいのです。下の歯です。(写真)普通の人にはわかりませんが、専門
,家がみるとデタラメな唆合だと言うことがわかります0ハカイシャハイシャ矯正
医は校合などという言葉さえも知らずに歯をいじくっていたのです0」の部分

40 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:48:49 ID:ri2GznaI0
8 別紙URL目録1ないし3のURL上に記載された記事のうち、
「麻田ケリーの矯悪をしたハカイシャハイシャ矯正はprophyという言葉
も知らないのでしょうか?左下です。(写真)ハカイシャハイシャのあまるが
むに穴が開いています。中は虫歯の大爆発ですがハカイシャハイシャ矯正医は『う
ちは矯正専門だからね、虫歯治療や抜歯はやっていない。どうなってもいいって

476 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 10:59:18 ID:T5lPpBEO
55 :卵の名無しさん:2008/07/18(金) 10:53:42 ID:TtVqYw2K0
以下は http://www.sophia-law.com/docs/070927_gvbdo_01-36.pdf からの引用

41 :卵の名無しさん:2008/07/17(木) 12:49:25 ID:ri2GznaI0
言うんだったらやってもいいけど責任はもてないよ』と言うそうです。ふざけた
ものです。アメリカならパンチが飛んできてこのようなハカイシャハイシャ矯正
医は自然淘汰されるような言いぐさです。歯科医療の水準がどこまで落ちて行く
のか考えただけでも恐ろしい栃木県です。右下です0(写真)呆れてもう言うこ
とは何もありません。矯悪医は虫歯だろうとなんだろうとメチャゲチヤな方法で
歯を動かして人々を地獄の生活に送り込んでいることが良くわかりました0とど
めは正面です。だまってしばらく眺めることにしましょうロ(写真)どんなにデ
ンタルIQの低い人でもこんな前歯では恥ずかしいはずですロ普通の感覚の歯医
者なら前歯をなんとかしてから矯正をするでしょう。(写真)しかもこの前歯2
本にはデタラメなこんちがされていてパノラマで見ても大きな病巣ができている
のです。こんな歯を矯正で動かしたら、燃えている家にタンクローリーで突入す
るようなものです。矯悪医のすることはまったく恐ろしい限りです。また矯藩医
もまるけんも儲からないことはしませんから、歯石なんかばかばかしくて取りま
せん。(写真)こんなに歯石が溜まったらお口も臭くて不潔なのですが、治療の
基本をわかっていないハカイシャハイシャにかかるとみんなこのようになるので
す。麻田ケリーが頭が痛くなったり、上顎洞炎になったり、何もできないくらい
辛くなるのはハカイシャハイシャのデタラメな治療のせいなのです。」の部分。

477 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 11:00:43 ID:???
http://gvbdosaiban.blog121.fc2.com/blog-entry-12.html

まるで子供のような悪あがきをする山豚w


478 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 11:52:33 ID:???
これで矯正終了だってw
http://ameblo.jp/gvbdoketai/page-1.html

正中はずれてるし、上顎前歯は下顎前歯を隠してるしw
矯正専門医の皆さんどうですか?

479 :名無しさん@おだいじに:2008/07/18(金) 12:12:58 ID:gQAlhY4J
引用て…w
名誉棄損目的の無断転載。

480 :名無しさん@おだいじに:2008/07/27(日) 11:48:14 ID:xA2rA3Vl
GVBDO新スレ 【GVBDO】カルト歯科・山崎昇被告Part7【一審敗訴】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1215931415/

481 :名無しさん@おだいじに:2008/08/03(日) 12:12:19 ID:l8pjClrh
保守

482 :名無しさん@おだいじに:2008/08/15(金) 06:07:22 ID:DvXvjWiU
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1217178383/ここにも

337 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)