5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

● 2008年目標総合質問スレ ●

1 :一般に公正妥当な1:2007/12/04(火) 20:51:03 ID:97EcqwAC
質問は簡潔に

答える人は余分なことは書かない

荒らし×

2 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 03:23:49 ID:j9bFF5q8
2

3 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 19:01:57 ID:3msq02Vc
みんな答練の問題聞いてから受けるの??

4 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 19:09:43 ID:???
Tの答練の問題と解答UPよろ

5 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 19:17:29 ID:z9k3r/0i
今回の簿記三級で100点を取りましたが、今からでも間に合いますか?

6 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 21:10:32 ID:???
>>5
09ならいけますよ。

7 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 21:48:32 ID:???
>>5
マジレスすると短答科目に絞って一日15時間勉強できるなら、10%は可能性ある。
但し短答のみ。
論文は理論科目のみ、しかも1,2科目に絞って3ヶ月間やりこんだら科目合格の可能性は2%はある。

一括は無理。

8 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/05(水) 22:28:31 ID:???
>>5
笑える。3級って・・
>>7
現実。

9 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/06(木) 15:44:25 ID:???
あげてみたいの、僕。

10 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/08(土) 22:54:28 ID:???
会計学と監査論だけ入門から通信で受講したいんだけど、
単科単位で申し込めるとこってないよね?

11 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/10(月) 20:11:01 ID:dHH/tUhV
割賦販売の対照勘定法なんですが

前期販売分の回収不能時の仕訳で
期中に対照勘定を相殺+戻り商品損失を計上する仕訳を教えてください。

よろしくお願いします。

12 :103:2007/12/10(月) 21:03:00 ID:???
 
 貸倒引当金OR    / 割賦売掛金 XXXXX
 前期貸倒損失 XXXX
 戻り商品損失 XXXX 
 仕入     XXXX

 前期に販売したんだろ? じゃあ前期に対照勘定は相殺されてる.

 

13 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/10(月) 21:32:24 ID:???
レックの租税理論って、単価でも受講出来るのでしょうか?パンフレットに載ってなかったので、質問させてください。

14 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/10(月) 21:44:35 ID:dHH/tUhV
>>12
回答ありがとうございます。

すいません。質問がおかしかったですね。
前期に「引き渡してる」でした。
そして収益認識を回収基準で行ってる場合で教えてください。

15 :103:2007/12/10(月) 22:04:54 ID:???
 割賦仮売上 XXXX / 割賦売掛金 XXXXX

 仕入 XXXX / 期首商品 XXXX

 戻り商品損失 XXXX / 仕入 XXXX 

16 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/12(水) 15:45:16 ID:gkYRbXIq
すみません、自宅組なもんで、かなり初歩的なところでつまづいています。

原価還元低価法なんですが、
商品を広告宣伝費に使ったら、P/L上では売上原価のところに広告宣伝費振替高がきますよね。

その金額の計算法なんですが、どうして低価法原価率で計算するんですか。
広告宣伝費振替高だけを原価法原価率で計算しても、低価法原価率で計算しても、
どうせ販管費で同じ額だけマイナスするので、結局最後は同じ結果になり、間違いやすいです。

何か意味付けをして間違えないようにしたいです。
よろしくお願いします。






17 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/12(水) 15:46:48 ID:gkYRbXIq
×原価還元低価法
○売価還元低価法

18 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/12(水) 16:59:58 ID:???
在庫の値段が多くみえちゃうからじゃね?

19 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/12(水) 17:07:06 ID:gkYRbXIq
>>18

なるほど!
あなた天才ですね!!スゲー!
すごくわかりやすかったです。目からうろこです。
ありがとうございました〜。

20 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/12(水) 21:01:35 ID:???
 スマンが旧定額法って何?

 何か変わったの? 12月から再開したからワカラン…

 宜しく

21 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/13(木) 00:34:23 ID:???
× 旧定額法
○ 1日定額法

うん、そういうことなんだ

22 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/13(木) 16:25:30 ID:???
携帯料金みたいだな

23 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/13(木) 22:23:28 ID:???
>>20
ヒント:残価

24 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 08:02:42 ID:???
アゲ

25 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 13:11:22 ID:???
会計学、監査論、租税法で貸与される基準の範囲っていつ頃発表されんの?

26 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 14:03:29 ID:???

多分試験の開始前に
「今から〜を配ります」って感じで発表されると思うよ

27 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 14:18:00 ID:???
上の基準に関連してなんだけど、
答練って今年から法規集とか持ち込み可で行われてるんですか?

28 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 14:34:10 ID:???
TACは今んとこ何もなし

29 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/17(月) 14:46:04 ID:???
基準の範囲が示されないと答練で何を持ち込んで良いのかも決まらない
予備校側も大変だ

30 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/20(木) 11:26:52 ID:3UnTwGl/
銀行勘定調整に関係した問題なのですが、

取立依頼していた得意先振出の「手形」525千円の取立が
完了していたが、未記帳であった。

解答
当座預金 525 / 受取手形 525

これは、なんとなく分かるのですが、

取立依頼していた得意先振出の「小切手」210千円の取立が
完了していなかった。

解答
取立依頼小切手→仕訳なし(銀行側加算)

これは、すでに企業側では、

当座預金 210 / 現金(小切手)210

のような仕訳がなされているって事ですか?

31 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/20(木) 14:57:25 ID:???
そうですね

32 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/20(木) 15:04:00 ID:???
のれんと無形資産の違いを述べよって問題がでたんですが、わかりません。。
教えてください。。

33 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/20(木) 20:53:54 ID:jcP+bPyO
>>32
のれんも無形なんだけど問題文それだけ?
まあ論証できなくはないけど。

34 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/20(木) 21:30:36 ID:???
投資者が認めた評価額と時価の差額だとか
その差額はシナジーやらだとか論じさせるんだろうか
変な問題だな

35 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 00:01:13 ID:???
無形資産は権利であり、財産であるから換金価値有り。
のれんには法的権利は無く単なる超過収益力であって財産ではない、よって換金価値も無し。

36 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 01:07:20 ID:JNeJbCVr
>>31
ありがとうございました。

37 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 09:16:48 ID:???
>>35
無形でも価値ないのはあるだろ

38 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 14:16:14 ID:???
無形資産の中でも例えば特許権とか法的な権利は無償で取得しても公正な評価額で評価するけど
のれんの場合は有償取得でしか発生しないから、無償で取得した場合はゼロ評価

39 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 15:15:44 ID:???
一日何時間くらい勉強してるかと、
1週間の各教科の配分時間教えて

40 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 15:19:43 ID:???
90時間くらい勉強してます。

簿記20
財5
管理10
監査5
企業30
税15
統計5

くらいかと。

41 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 15:23:03 ID:???
企業に結構重点置いてるんだね
思い教科だし、年明けからじゃなく、今から重点置いたほうがいいかな?

42 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 15:25:22 ID:???
1日10ぐらい

簿記20
財10
管理5
監査5
企業10
租税15
経営5

おれはこんなもん
まー過年度力入れたのは少なめになってるし、人によって結構違うだろうな

43 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/21(金) 15:43:09 ID:???
まじでー?
入門生なのに1日4時間しかしてない。やばい

44 :103:2007/12/21(金) 17:40:23 ID:???
 1日4時間じゃ受からんだろ…

 3年目の漏れでさえ9時間はやると言うのに… まあお前がバカだろといえば
 そうなんだが入門で4時間は受からないレベルじゃろ

45 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/22(土) 14:12:56 ID:1NyCqR9r
今、簿記1級やってるんですが、原計のところで会計士では習った覚えのないところがありました。

直接経費の外注加工費の仕訳なんですが結構めんどくさい。
仕損があった場合がもっとめんどくさい。

少なくとも、入門・中級ではやってないし、TACでは上級は理論ですよね?
会計士じゃやらないところなのですか?

46 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/22(土) 14:58:44 ID:???
>>45
そこはパターンが決まってる。
ポイントになるヒントだけやる。
無償か有償か。
外注先から受け入れたとき、倉庫保存かすぐ払い出しか
外注加工賃で仕訳切るのは一つしかない。
仕訳は簿記の総記法てイメージ。
後は失敗分の負担の考え方。
論点はこんなもん。
大原じゃこんなもん基礎だぞ。
BY07入門経営科目合格者総合A判定より。
CEDCBでした。


47 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/22(土) 16:16:46 ID:???
>>45
TACでも上級でやるよ
藤木さんはかなり詳しくやりつつ、
「15年で仕訳の問題は1度も出てないので1年目の人はやらなくてもいいです」
と言ってたな

てか>>46の態度何なの?wwww
下2行まじ聞いてねえwwww
こんな重要性低いところが基礎論点にするなんて、大原もあほだな

48 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/22(土) 16:53:37 ID:1NyCqR9r
>>46-47
ありがとうございました。
やっぱりTACでもある論点なんですね。当然か。

自宅組なので助かりました。またお願いしますね。

自分的には>>46さんの下2行おもしろかったです。w

49 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/22(土) 17:23:30 ID:???
>>47
短答ならでる可能性あるかなと思って一応書いてあげたのに。
基礎論点というか基礎の講義で一度扱うんだよ。
大原とTACで教えることに差あったらかわいそうかと思っただけなのに。
理解しちゃえば練習不要なとこだし。
メイン論点と主張してるわけじゃないよ。
とんだ言われようでびっくりしたわ。
さすがAチャンだなwww

50 :ハカセ ◆mqlF1TRiJQ :2007/12/23(日) 01:33:46 ID:???
総合Hの漏れが来ましたよ

51 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/23(日) 17:48:43 ID:???
 どなたか財規の流動資産の中の副産物又は作業屑又は材料の中に
 仕損も含めて表示すべきという理由わかる? 無きゃいいけど

52 :おっさん:2007/12/23(日) 22:57:10 ID:tcYOUO+J
すいません、最近資格試験の勉強を始めたものです。
ここで聞くべきかわかりませんが、「少数株主」ついて教えてください。
昔商法の講義で、少数株主ってのは
「一定割合または一定数以上の株式を保有する株主」つまり大株主って習いましたが、
何か親会社以外の株主みたいな使われ方がしていて混乱しております。
親会社は「一定割合または一定数以上の株式を保有する株主」にあたるので、
親会社こそ少数株主なような気がしますが、どうなんでしょうか?

53 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 13:33:34 ID:???
自分の会社の株主の話じゃないところに注意。
あくまでも「親会社が子会社を見る場合」における、自分(親会社)以外の株主って意味

54 :おっさん:2007/12/24(月) 16:15:34 ID:XH/qpIOS
>>53
ありがとうございます。
親会社は子会社の少数株主だと思うので、いまいちよくわかりません。
板違いだったかもしれないので、他の板で聞いてみます。

55 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 17:26:49 ID:???
会社法について質問です。 
過去問で株式会社の取締役の任期は原則として2年をこえることができない。

が○となっていました。

非公開では10年までOKだったと思うのですが、これは例外だと332条2項には書いてありません。

条文をどう読めばこれが例外だと判断できるのでしょうか。

いつもこういうパターンで間違えてしまいます。

56 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 18:58:09 ID:SPAP2uqq
税理士受験組が大量に会計士試験に傾れ込んでるってホントでつか?

57 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 19:03:04 ID:???
>>55
過去問って商法?だったら原則2年だったけど
会社法でも他の肢との比較で間違いとは言えない物はバツとは決められない

58 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 20:01:09 ID:???
>>54
会社法(旧商法)の概念上、少数株主という言葉が何と対比されて使われているのか、
その結果なぜそれらを保護するような規定があるのか、というのをちゃんと理解できるようなレベルになれば、
親会社が少数株主に当たるなんて発想自体なくなるから安心してください。
その頃には晴れて試験に受かっていますよ。きっと。

59 :おっさん:2007/12/24(月) 20:29:31 ID:XH/qpIOS
>>58
アドバイスありがとうございます。
一旦クローズしたつもりでしたが、せっかく御回答いただけたため、
ちょっとだけレスします。

株主総会招集請求権のような権利は、
持分の少ない(1株しか持っていないとか)株主にまで認めてしまうと
濫用のおそれがあるため少数株主にのみ認めた等の話だったと思います。
親会社が少数株主に当たらないということは、
親会社にはこのような少数株主権が認められないということでしょうか?
ますます混乱してきました。

60 :103:2007/12/24(月) 20:48:57 ID:???
おっさん… 過去に拘ってるその脳がおっさんだという事に
 言葉が悪いが気づかないと…

 かつての定義がどうだったか知らないけれど今『少数株主』とは
 親会社以外の株主と考えちゃってOKでしょ.学説上どうか試練けれど
 受験上それ以上不要.

61 :おっさん:2007/12/24(月) 22:39:31 ID:XH/qpIOS
そりゃそうですな。

62 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/24(月) 22:59:42 ID:???
親会社にも少数株主権は認められますが、親会社はそれ以上に強力な株主権を種々保有している
ので、少数株主の保護を前提とする少数株主権は会社法上の議論の対象はなり得ません。
あと法律の説明上、少数株主といったら、少数株主権を有する少数の株主という意味あい
で取られることが多いので、少数株主権を有さない株主も含めた少数の株主という意味を
強調したい場合は少数派株主と言ったりもします。

会計上の話では少数株主は親会社以外の株主という位置づけです。



63 :おっさん:2007/12/24(月) 23:53:21 ID:XH/qpIOS
>>62
ご丁寧にありがとうございます。

会計上の少数株主は少数派株主に近いイメージですね。
で少数株主権を持つか否かは全く関係ないと。
理解できました。

64 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/25(火) 11:01:07 ID:???
>>63
企業法より先に会計学勉強した方が会計士試験には有用だよ

65 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/25(火) 16:53:33 ID:???
07年財表の答練もらったんだけど使えるのかな?
概念フレームワークのところは07年から適用なのかな
話ぶった切ってスマン

66 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/25(火) 23:46:38 ID:???
>>65
そうです

67 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/27(木) 18:35:45 ID:41KCvl/o
 ★★小泉純一郎と安倍晋三は朝鮮人★★
コピペして各板に貼り付けよう 知人にも話そう
小泉純一郎 
・戦前大臣を務めた祖父小泉又次郎は純粋な日本人とされる。だが、純一郎の帰化朝鮮人である父が鮫島姓を買い取り
 又次郎の娘をたぶらかして婿として小泉家に入る そこで小泉家は帰化朝鮮人である純一郎の父に乗っ取られた
 参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0 上下くっけて
%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F
・父親の純也は、鹿児島東加世田の朝鮮部落の出身者といわれる 日大卒業名簿には、純也の日本名はなく、
 見知らぬ朝鮮名が書かれているという  
 純也は朝鮮人の帰国事業、地上の楽園計画の初代会長であった
・結婚後、子供をもうけ即離婚した宮本佳代子は在日企業エスエス製薬創業者の孫
・小泉の元秘書官の名前は飯島勲←注目 帰化朝鮮人
・派閥のドン森喜朗も生粋の朝鮮人 ←森も帰化人がよく使う通名
・小泉は、横須賀のヤクザ、稲川会と関係が深い
安倍晋三
・岸家 毛利元就が陶晴賢と厳島沖で戦い大勝を収めた際、寝返って毛利方についた船の
 調達人が「ガン」と称する帰化人であったという 毛利はその功績によって「ガン」を
 田布施周辺の代官に召したてた このガンを岸家の先祖とする説がある
・祖父岸信介が文鮮明と共に 反共団体 国際勝共連合(統一教会)を設立
・官房長官時代統一教会「合同結婚式」に祝電を送り、話題に
・安倍のスポンサーは、下関の朝鮮人パチンコ業者である
・グリコ森永事件時、明らかになった帰化朝鮮人企業森永のご令嬢と結婚
・そのわが国のファーストレディーは電通(会長成田豊、半島生まれの帰化人)勤務という分かりやすい
 経歴の持ち主の朝鮮の血筋
・韓国、中国の留学生に日本の企業に入ってもらうために住居費分、学費免除分、生活費など月計20万〜30万円相当の支給
 日本人のワーキングプア層を全く省みない また帰化系在日系朝鮮人が日本の企業で技術を盗み、半島の現代などの企業に
 伝授していることが深刻な問題になっている 


68 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/28(金) 00:49:51 ID:???
会社の営利性の根拠としては105条2項をあげればいいということですが、
1項は根拠条文にならないのでしょうか?

69 :ハカセ ◆mqlF1TRiJQ :2007/12/29(土) 03:57:23 ID:???
会社の営利性とは、会社が対外的取引活動により利潤を獲得し、その利潤を構成員に分配することだとするのが通説です(´・ω・`)
つまり、105条1項と2項をセットにすることで、必ず構成員に利潤を分配することが根拠づけられ、会社の営利性が説明できる訳。

70 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/12/29(土) 09:27:26 ID:???
>>69
なるほど。ありがとうございます!

71 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/02(水) 00:39:07 ID:???
すみませんが質問させてください

自分高校卒なのですが、一次試験って撤廃になったって本当ですか?
本当でしたら、それは何年度の試験からなのでしょうか。


72 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/02(水) 00:41:03 ID:MUN5Jikp
アゲ忘れ・・

73 :ハカセ ◆mqlF1TRiJQ :2008/01/02(水) 01:32:39 ID:???
本当ですよ。
06年度の試験からです。
高卒だろーが中卒だろーが問題ありません

74 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/02(水) 02:38:19 ID:???
>>73
そうですか。
俺なんか人千倍努力しなきゃいけないけど
ちょっと勇気沸いてきました!

どうもありがとうございました。

75 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/02(水) 02:54:33 ID:???
              | !\ヽ、       ,. /1l
              | !: \ヽ.      /イ   | !
              | !:.  _,ゝヽ-..,,、,//.     | !
              | レ '´:.:.:.:.:.:``´:.:..`ヽ、  | !
              /.:.: .:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、i |
               ,.' .. . .:.  /..: .:. :.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:V/
            /:.:.:.;'.:.:;. ..:.:,!:.. .:. ! . .:゙!.ヽ.:.:.:. :.ヽ
             ,':.:.:.:.!:.:._!L_イ!.:.:.:.:.:l!:.:.:.|!.:.:! ..:.:.:.:゙!
            ,':.:.:.:.:lL'.:i:|_::!|:.:.:.:.:.:l|‐-、!:.:,!.:..:.:.:.:.:.|    >>10、大原ならできますよぅ
          ,!:.:.:.:.:.! イ!'::i```'' '",. テミヾノ:.:.:.:.:.:.:.:|
          !:.:.:.:.:.:l  ゞ''       !'::;ハ ,!i:.:.:.:.::、:.:!
          ,!i:.:.:.:.:.:|!       ` '' ,':.:゙、:.:.:.:.、:|
          !:.、:.:.:.:.:.!   、'__    ,':.:.,:.;_.:.:.:.:ヾ
            |:.:.゙:.:..:.:.;iヽ、   ‐     ,..'.r'´  ``ヽ:.:゙、
            !:.:.:゙、.:.:.;'.:!| ヽ、、_,,.. -''"!,i゙     ゙!:.:.|!、
         !i:.:.:..゙!:.;':.:.!:..:トr―-ヾ''゙! {       !:/':.:!
         l!i:.:.:.:./-‐ ''"ゝ!   ノ-'ヽヾ_、,,.    ゙!:.:/i゙、
       ,. '´|:i:!:.:./ 、_ .:.:. ヽ_,.'  ::._`7.:.:゙!   ゙!_/:.:.|
      ,r/  Y:.:./   `ヽ ..:.:,ィ' '' "  /.:.:.:.:.!     ! ゙y':.!
    / L、 . `'"            !.:.:.:.:.:.!.   ゙!''゙、ノ
   .,.'   .:゙L:. 、              ヾ.:.:.;.|     ゙、 ヾヽ_
   !    '  /゙7-―- 、、..  ,.. ´_,,....,,_  `r! |     ゙、.. .:.,!
   ゙i      ,!,、- 、、 `ヽ:;' -''"    ``ヾ!::..,!     ヾL,. {
   | i:..   / /   `ヽ、::. _,,..-''" ̄`ヽ、 |:::;!|      ゙!ィヽヽ

76 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/03(木) 22:35:10 ID:N/6z2Hym
平成19年の監査論について質問があります。問題14のイとウですが

基本的に監査人が別の監査人の監査を参考にする場合は、
監査報告書には他の監査人の監査結果を利用参考したことを記載しないものと考えていたのですが、
ウ(正答)では「監査調書に記載しなければならない」とあります。

これは私がどういった勘違いをしているからでしょうか?
てかこの時期にこんなの分かっていないおれヤバス。

77 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/03(木) 22:49:23 ID:???
09年があるさ。

78 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/03(木) 22:57:08 ID:???
監査調書 ↓

http://home.att.ne.jp/sea/tkn/operations/Operations-WorkingPapers.htm

調書=内部,報告書=外部

79 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/03(木) 23:12:59 ID:i+QZqlaR
>>76
10目標スレまで待ってくれ

80 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/04(金) 00:00:27 ID:???
ひでーなこりゃ

81 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/04(金) 01:53:23 ID:???
>>76
ウは「監査調書」ですよ。

82 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/05(土) 20:18:02 ID:c7o+IIYn
TAC教材の管理会計の問題集問題15-4の問4ですが、
方程式でゴリゴリ解いて150円より高く450円未満だと思ったら回答は300円のみ
300円に限定するのはどこから読み取るんですか?
計算間違い含んでたらごめんなさい

83 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/05(土) 22:03:50 ID:???
財務会計の基礎答練3回の計算て減損とかリースも範囲なの?

84 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/06(日) 02:51:01 ID:???
そう

85 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/06(日) 23:24:59 ID:ovSP7TF0
法人税の仮払い経理について教えてください。

期中に中間納付400を支払い、期末に通期の法人税が900であったと
判明した場合、会計上は

支払時:
 仮払法人税等  400/現金     400 …@

決算整理仕訳:
 法人税等    900/未払法人税等 900 …A
 未払法人税等  400/仮払法人税等 400 …B

とするのがオーソドックスな処理かと存じます。
このような経理を法人税では「仮払い経理」というのでしょうか。

この場合に別表4で
 仮払法人税等認定損  △400 (減留)
 損金計上納税充当金  +500 (加留)
のような調整となるのでしょうか。

以上よろしくお願い致します。


86 :85:2008/01/06(日) 23:26:19 ID:ovSP7TF0
上記カキコにおいて別表4の調整で
 損金計上法人税  +400 (加留)
が抜けておりました。

失礼しました。


87 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 00:51:51 ID:PY64anKP
>>85-86
「仮払経理」か「損金経理」かどうかは仕訳の問題ではなく、決算書のどこに
計上されているかで判断します。
>>85のような経理をした場合、仮払法人税等は相殺されて決算書には資産計上
されていません。
よってこの場合は「仮払経理」ではなく「損金経理」であり、仮払法人税等
認定損400(減留)は不要です。

88 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 15:14:59 ID:???
損金計上納税充当金って法人税等の金額を載せるんだっけ。
それとも未払法人税等だったっけ?

89 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 15:32:40 ID:???
>>85
実務上の話で恐縮だが、通期の法人税が900の場合

法人税等1,300 / 未払法人税等1,300
未払法人税等400 / 仮払法人税等 400

上記のようにすることで別表四に納税充当金だけをのせるようにしている。
たまに問題で出る、別表五の納税充当金の金額がばらばらな金額になる奴がこれ

90 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 15:55:27 ID:???
通期の法人税が900ってことは「900のうち400が中間申告額で残り500が確定申告額」
って意味なんじゃないん?

91 :89:2008/01/07(月) 16:27:28 ID:???
>>90
その通りだ。
89は法人税等900 / 未払法人税等900でいい

92 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 21:22:29 ID:NN3+GOMJ
今までの議論をまとめると、結局>>85>>89=>>91も別表4の調整はともに

 損金計上納税充当金  +500 (加留)
 損金計上法人税    +400 (加留)

ということでFA?


93 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 23:32:54 ID:???
合理的な保証と合理的な基礎の違いって何ですか?

94 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/07(月) 23:54:47 ID:???
釣り乙

95 :91:2008/01/08(火) 13:44:16 ID:???
>>92
損金計上納税充当金 900 (加算留保) のみ

損金計上法人税はのせないやり方

96 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/09(水) 23:52:26 ID:aCYOV6kf
マジですか?

>>85のAとBの仕訳の結果、決算書に表示されてる納税充当金は500だけなのに?


97 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/10(木) 00:18:22 ID:???
>>93
それぞれが何を保証してるのか、何の基礎なのか考えてごらん。

98 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/10(木) 10:24:10 ID:???
消費税に関する質問なんだけど
通信費(国内の電話料金に関するもの)って仕入税額
控除の対象?問題上は対象じゃないみたいなんだけど
どこにも書いてなくて、しかも電話料金って
消費税払ってるよね・・・誰か教えてください。

99 :91:2008/01/10(木) 15:59:56 ID:???
>>96
期首分は中間分400の2倍で、800とすると

前期確定分納付 未払法人税等 800 / 現金 800
中間分納付    仮払法人税等 400 / 現金 400

当期確定分    法人税等    900 / 未払法人税等 900 
中間分      未払法人税等  400 / 仮払法人税等 400

これを別表五で表すと
期首積立  当期の減  当期の増  期末積立
 800      1,200     900      500      

損金計上法人税を損金計上納税充当金に含めたイメージ。

決算書上、中間分を租税公課にのせないので経常利益は大きくなるが、純利益は同じ。

100 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/10(木) 21:11:00 ID:1pGVYfoe
略式株式交換についてですが、
完全親会社が完全子会社の特別支配会社である時の完全子会社
完全子会社が完全親会社の特別支配会社である時の完全親会社は
株主総会決議が不要ですよね?
「完全子会社が完全親会社の特別支配会社である」という記述がよく理解できないのですが、もともとA社がB社の90%株式を取得していて、そこで株式交換を行って、
AがBの子会社になった。ということでしょうか?
だとすると、上の方の「完全親会社が完全子会社の特別支配会社である時の完全子会社
」については、完全子会社はもともと最終的な親の90%も株式を取得して実質親会社に近かったのに、逆に子会社化されてしまったということですよね?
なのに特別支配会社であった現時点の子会社は株主総会不要なのですか?


101 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/10(木) 23:49:19 ID:WExWFmQB
>>99
なるほど。損金計上納税充当金は未払法人税等勘定の純額でなく、総額で
考えるのね。
仮払経理かどうかは>>87が言ってりように仮払法人税等の総額でなく
純額で考えるのに。。。

なんだかややこしいでつね。


102 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/11(金) 00:36:35 ID:???
はじまして。質問させてください
連結会計の、持分法の連結仕訳についてです。
基礎中の基礎ですが、よろしくおねがいします。


関係会社が、親会社に対して配当を実施した際、連結修正仕訳は

(持分法損益)   ××× /  (関係会社株式) ×××
(受取配当金)   ××× /  (持分法損益)  ×××

となりますが、
一段目の仕訳は、関係会社の純資産の減少なので、それを株式に反映させる
ための仕訳であり、理解できます。

テキストには
しかし、
二段目の仕訳をやる理由がわかりません。
どなたか教えていただけませんでしゅうか。

103 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/11(金) 11:04:06 ID:???
関係会社は配当で流出したけど
それは結局親にいったんだから
連結では資産が移動しただけで
実際は資産減ってない

104 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/11(金) 23:36:27 ID:???
配当受領時
現金XX/受取配当XX

持分法修正
受取配当XX/関係会社株式XX

合わせると
現金XX/関係会社株式XX




105 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 14:12:09 ID:jEXY0jCG
 素人質問ですいませんが会社の監査役が当該会社の会計参与との
 兼任はよくてその子会社の会計参与との兼任は禁じられている
 理由は何でしょうか?

106 :105:2008/01/14(月) 14:15:19 ID:jEXY0jCG
 すいません,監査役は当該会社の会計参与との兼任も出来ません
 でしたね.すいませんでした.

107 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 14:58:30 ID:???
>100
もう一度整理したら?図を書いて

108 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 15:56:44 ID:???
>>107も言ってるけど企業法は文章だけ読んでも
日本語でおkってなるから図なりフローチャートなりを書いて
ビジュアル的に理解するといいと思うんだ

109 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 17:32:09 ID:???
>>105
親会社の監査役は子会社の業務執行を監査したりもするから、
親会社の監査役と子会社の会計参与との兼任を認めると、
監査する側(親会社監査役)=監査される側(子会社会計参与)となってしまうので
兼任が禁止される。

逆に子会社の監査役が親会社の監査をすることはないので、
親会社の会計参与と子会社の監査役の兼任を認めても、
監査する側(子会社の監査役)=監査される側とはならないので兼任を認めても
OKってことだと思う。
間違ってたら誰かフォロー頼むorz

110 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 17:48:10 ID:???
あれ。親会社の会計参与も子会社の監査役と兼任ダメじゃなかった?

111 :109:2008/01/14(月) 19:00:05 ID:???
>>110の言うとおりだった。5行目以降が余計だったのか。
会計参与は独立性が求められるから、子会社の監査役も兼任ダメなんだな。
逆にややこしくしてしまって申し訳ない。

112 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 20:23:26 ID:???
監査役や会計監査人は独立性が大事だが、会計参与に独立性という概念あったっけ?

113 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 20:33:53 ID:???
ない
経営者と共同して計算書等を作成する

114 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 20:51:32 ID:???
自分は会計参与にも独立性があると習ったぞ。
だからこそ兼任禁止の規定があるわけで。

115 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/14(月) 21:13:04 ID:01C57mkM
新試験制度の趣旨として、「社会人を合格しやすくする」というのがあったけど
実際にそうなってるのかな?

それと、「1年目は短答特化→2年目でより確実に論文合格を目指す」という戦略が立てやすくなると
あったけどこれについてはどう思う?

http://www.kaikeijin-course.jp/kounin_siken.html

116 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/15(火) 01:16:20 ID:Atu9TTNl
Oの方がレベルが高くないですか?

117 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/15(火) 13:34:56 ID:???
>>115
そりゃ一年で受かるより2年に分けた方が受かりやすいに
決まってると思いますよ


118 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/15(火) 22:55:47 ID:???
「経営者と共同」しながら独立性を求める可能か?

119 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 00:18:24 ID:???
可能かどうかはおいといて、独立性もなしにただ経営者とつるんで計算書類を
作成してるだけで会計参与が存在する意味がない。
会計参与の独立性アリについては授業の際講師もかなり強調してたよ。


120 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 19:24:49 ID:???
法が会計参与に独立性を求めるということは、その独立性を担保するための
手当ても法は用意してるはず。

そういう制度あったっけ?


121 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 20:03:47 ID:???
はじめまして 質問させてください。
分野は連結です。
資本連結における持分の一部売却(連結継続)のケースですが、

連結仕訳としては

(S社株式)×××   (少数株主持分)×××
(●●●●) ×××    (のれん)

と習いました。
二段目の借方は、S社で個別上行われた売却損益の修正であり、
売却益となることもあるし、売却損となることもあると習いました。

ここで疑問なのですが、
連結仕訳上、(●●●)の仕訳は必ず借方にくるのでしょうか!?


例えば、S社個別上 売却損益200
連結上 売却損益 50

だった場合、個別の修正としての連結仕訳として

貸方に(●●●)150 

とくる場合もありえますか!?


どなたかご教授お願いいたしますm(__)m

122 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 20:14:59 ID:???
>>121
当然ありえます
仕訳で貸借差額により持分変動損益を出す人もいる

123 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 20:32:30 ID:???
>>122
ありがとうございますm(__)m
その場合、クウィック・メソッド(開始仕訳をもとめるための下書き)
の書き方ですが、例えば

_____________________________


      ×1/末              ×2/末(売却)

資本金   200,000            200,000
 

            少持 2,000(△1,500)
利益剰余金 100,000 __________  150,000

親持 8,000(+1,500)         

________________________________

↑取得後利益剰余金の変動の(△1,500)ですが、私は問題をとく際、
「売却したら、「△」は親持部分につける。」というのに慣れてしまって、うっかりそうしてしまうのですが、
このケースだと、 小持部分に「△」がつくと考えてよろしいのでしょうか?


124 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 20:35:16 ID:???
>>121、訂正です。

例えば、S社個別上 売却損益50
連結上 売却損益 200

の場合でした。

すいません

125 :ハカセ ◆mqlF1TRiJQ :2008/01/16(水) 20:46:15 ID:???
>120
報酬。費用の請求

126 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 22:00:51 ID:???
>>121
必ずかと聞かれれば×です。
念の為説明しますが借り方にくる場合は売却益の修正のみで終わる場合と売却益+売却損を計上しなくてはならないケースもあります。
続いて貸し方にくる場合ですが、簿記の問題上はまあほとんどないと考えてはいいですが連結上簿価<個別上簿価のケースが想定されます。
例えば普段評価差額を計上するとき 時価>簿価がほとんどかと思います。
ただし簿価>時価も想定されます。つまりタイムテーブルでマイナスの評価差額などを計上してる場合です。
この場合子会社が利益を全くあげてない場合や利益をあげていても評価差額のマイナスを補填するほどでない場合などが該当してきます。他の事例として債務超過などで持ち分が低下してるケースなども想定されます。
機械的に覚えず連結上簿価と個別上簿価を必ず比較するようにすればいいです。

127 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/16(水) 22:11:46 ID:???
>>126
丁寧なご説明、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、貸方にくるケースをテキスト及び問題集等で見たことがなかったものの、
理論的に、貸方にくるケースもあるのでは・・、
との思いがモヤモヤしていました。

ありがとうございました。解決しました。

128 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/17(木) 22:39:31 ID:???
>>82も分かる方お願いします

129 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/18(金) 17:32:13 ID:FOWmyQ0A
財務会計の質問です。時価差額と評価差額はどう違うのですか?

130 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/19(土) 02:19:18 ID:???
タックって
例えば大原でいう論文応用答練企業法っていうふうに単科で申し込めるんですか?

131 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/19(土) 08:28:17 ID:???
できる


132 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/20(日) 22:46:24 ID:???
日経読んでると将来的には日本の連結基準も経済的単一体説を採用するため、仕訳上(●●●)の部分はなくなってしまうので、
売却損益の修正の論点はあくまで試験用と考えておくべき。

133 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/01/22(火) 06:21:05 ID:???
>>131
ありがとう

134 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/07(木) 21:40:10 ID:VkpMH9MW
 教えて下さい.

 例えば外貨建満期償還社債について満期償還額について
 為替予約による償還額の固定を行いかつ取得原価が額面よりも
 低い価額で取得した場合には償却原価法は用いないのでしょうか?

 例えば 1,000ドル 満期償還社債 を2/1に950ドルで取得 
 (決算日は3/31)

 同時に1ドル=110円にて為替予約(現物も1ドル=110円),振当処理

 この場合 とある問題だと取得時の仕訳
 
 投資有価証券 110,000 / 現金預金 104,500
              長期前受収益 5,500

 となってるのですか何故長期前受収益を用いるのか解りません.


135 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/07(木) 22:08:30 ID:???
外貨建取引会計実務指針14項、57項に説明があるが、要は通常の為替予約の振当処理の考え方を踏襲し、将来の円貨による回収額で投資有価証券勘定を固定しようというもの。
為替予約自体が分からないのなら、長期前受収益の意味は分からんのでまずそちらを勉強すべき。

136 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/07(木) 22:21:28 ID:VkpMH9MW
 いや為替予約は解るんですわ.

 でも何故償却原価法を適用しないのかが解りませんでした.

 どうも.実務指針見てみます.

137 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/07(木) 22:35:22 ID:???
為替予約の振当処理処理自体が例外的な方法だから、償却原価法を適用しない簡便的な方法のほうがなじむということだろう。
ただ国際的には認められていない方法だし、取引が複雑になってきたらやはり原則に戻って、ヘッジ対象・ヘッジ手段を別個に処理する方法の方が分かりやすいのかも知れんな。

138 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 01:16:05 ID:rULkB2aE
こんなとこ見てないで勉強したら?

139 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 02:07:41 ID:???
償却原価法はしません。別に利息の調整でもなんでもありませんからね。単なる償還額を予約して決めたことによる予約差額です。振り当て処理なので外貨建取引と円建て取引を一体として処理します。
よって長期前受け収益は償還日までに為替差益として月割で振替てくことになります。



140 :139:2008/02/09(土) 02:14:15 ID:???
本事例で砕いていうなら将来回収する額を固定したものが買う時に払った額より大きく利益がでたものを各月に振り当ててるにすぎません。
回収額が決まってる以上償却原価法で簿価を増減して回収額を示す簿価を示す必要はないのです。


141 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 02:21:29 ID:???
>>136
償却原価法をなぜやるのか?というところから考えなさい。
金利調整でなければやる必要もないのです。
市場の利率より低い利率の場合そんなもん普通額面で買わないですよね?そこで割引発行してもらうんです。
でも最終的には額面で投下資本回収できますよね?
回収額を示すために簿価にプラスしてるんですよ。
まずそのあたりの原理を理解してください。パターン脳は本試験でとんでもない勘違いした計算しますよ!
あなたの事例は回収すべき金額が決まってるんですよ。バカすぎて笑えるわwww君はほんとに受験生ですか?

142 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 08:17:32 ID:???
>>141の説明もおかしいがな
答案構成できず、理論で全然点取れないタイプ

143 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 09:58:27 ID:0Cxjb8Mw
受験願書の収入印紙ですが、自分の受験する府や県の収入印紙ですよね?
郵便局でしたけ?銀行でしたけ?

144 :136:2008/02/09(土) 11:37:48 ID:ONHk+Nzv
う〜む 何故そこまでバカにされなきゃならないのか理解
 出来ないが… とりあえずサンクス>>ALLレス

145 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 11:53:32 ID:???
>>144
気にすんな
おれはそこ疑問に思っても仕方ないと思う
要は振当処理の目的が為替予約時点で価額を確定することだからってことじゃないか

>>141が完全に間違っていることは確かだ

146 :136:2008/02/09(土) 11:58:04 ID:ONHk+Nzv
 多謝>>145

 

147 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 12:32:20 ID:???

136の問いにストレートに答えてやれよ。
141は出題意図を誤りピントのずれた答案を書いて『完璧』って
思い込むやつの典型。

136の疑問は持って当然。
償却原価法の償却費も振り当て処理によるP/L項目も
同じ利息(利息の調整)だから、政策的(便宜的)に償却原価法を
適用しないことにしたんだよ。

あと141よ
『外貨建取引と円建て取引を一体として処理します』
って日本語おかしいぞ。『事実上円建て取引とみなして処理する』だろ


148 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 12:39:42 ID:???
あと141よ のところ
141でなく139ね

149 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 14:58:25 ID:ry33OdfW
試験委員が問題漏洩!?
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/exam/1202534699/l50


150 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 21:12:06 ID:bYVS5Cwi
県の収入印紙はこの世に存在しません

151 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 21:16:09 ID:???
租税の理論で出るよ

152 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/09(土) 23:48:39 ID:???
これから会計士の勉強を始めるものです。
予備校に通うお金がないので、
ヤフオクなどで出品されているTACや大原のテキストを買って自学自習しようと思うのですが、
予備校のテキストには必要十分なことが書かれていて読めばわかるようになっているのでしょうか?
ご存知の方いませんか?
ご回答いただければ幸いです。

153 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 00:10:18 ID:???
結局租税の理論ってどういう対策してるの?

154 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 00:13:26 ID:pduGWD3a
>>152

独学は東大レベルじゃねーと無理

155 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 00:23:19 ID:oEsPPzSR
>>152
全く違う説明をする時や間違いもある。

156 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 00:46:19 ID:???
>>152
その年度で受かるために必要十分なことが書いてある(でなきゃ意味がない)。
しかし、教材が古いと制度改正等にまったく対応していない場合がある。
その場合は自分で制度改正等を調べる必要があるが、
特に直近の改正は専門学校に行っていないと一人では網羅的に入手するのはほぼ不可能。
アカスク行かないならケチらずに専門学校に入るのがベター。

157 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 00:58:53 ID:???
>>152
予備校代くらい親に出してもらえ。
親のすねかじれないのなら、会計士は諦めろ。
結局スタート地点の親の経済力で子供の将来はほぼ決まってしまうということだ。


158 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 01:02:10 ID:???
たかが60万ぐらいだろ?

159 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 01:03:43 ID:???
誰か教えてください。
トレ管2基礎マスター編 問題27の問5
【複数基準かつ予定配賦の場合】の解説で補助部門固定費の予定配賦が
(72,000,000÷12)になっているのはなぜですか?
変動費の予定配賦は問4と同じように補助部門予定変動比率をつかっているのですが
固定費の予定配賦は問4のように補助部門予定固定比率のように計算しちゃダメなようなんで・・・
どなたかお願いします。


160 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 01:11:40 ID:???
年間だからじゃないの?
見てないから知らないけど。

161 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 01:15:51 ID:???
>>159
問題知らないから、なんともいえないけど、複数基準だったら、
固定費は生産能力で割当てるでしょ。

162 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 08:57:49 ID:qRcs9HPO
今年の会計士試験日って発表された?

163 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/10(日) 11:21:58 ID:???
今年の短答問題数はまだ発表されてないけど(このまま発表されない可能性
も十分あるみたいだが)、各科目ごとに問題数が異なる可能性もあるのかな??
例えば理論科目は20問のままだけど計算科目は15問で配点かえるとか。

164 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/11(月) 00:28:00 ID:???
>>159
問題知らないから、なんともいえないけど

固定費の予定配賦は問4のように補助部門予定固定比率のように計算するのがダメなのは、その方法では単一基準配賦になってしまうからです。
複数基準の場合の配賦計算では、固定費予算額(予算許容額)を製造部門の用役消費能力割合で配賦するので、
そもそも単位当たり固定費(固定費率)という概念は存在しません。

管理苦手なら、LECの池辺さんの講義受けてみたら目からうろこになりますよ。

165 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/15(金) 00:39:03 ID:6gbHkuzD
税理士−簿記論−リース会計

リース資産の計上価額のところで

「見積現金購入価額」と「リース料総額の現在価値」との「いずれか低い方」
というのがテキストに載っていたのですが、
過去問を見る限り、これの「いずれか低い方」の判定を
やるような問題はありませんでした。

この判定をするかしないかの判断は、
どういったところでしたらいいでしょうか?
単純に「リース料総額の現在価値は〜」というような
文面が出てきたら、判定アリと読む、でいいでしょうか?

166 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/15(金) 01:10:09 ID:???
貸手の購入価額が明らかでない場合は、見積元気購入価額とリース料総額PVのいずれか低い価額

貸手の購入価額が明らかな場合は、
所有権移転→貸手の購入価額
所有権移転外→貸手の購入価額とリース料総額PVのいずれか低い価額

が今の規則
昔のは知らんがね

167 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/15(金) 01:25:21 ID:6gbHkuzD
>>166
いえ、それは分かっているのですが、
それの判定をするかしないかの判断は
どこでしたらいいのかなって思いまして・・・

問題によっては、リース料の年額を利子率で割って
現在価値を計算させるものがありましたもので・・・
けれど簿記論の過去問の解説には
単純に見積現金購入価格がリース資産として計上されていました。

168 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/15(金) 07:41:09 ID:???
所有権移転で貸手の購入価額が明らかである場合以外は全部比較しますよ

169 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/16(土) 23:42:16 ID:???
>>167
俺にはお前の悩んでる点を想定できたが伝え方が下手。
きちんと問題文くらいのせるか理論だてて質問しろよ。
おそらくこういう問題の場合じゃないか?
数値例は適当。所有権移転外ファイナンスリース。
見積もり現金購入価額100000 借入利子率3% リース料総額を見積もり現金購入価額
に一致させる割引率5%
これだけでも割引判定せずに見積もり現金購入価額を取得原価と判定できる。
理由、 割引判定の際、リース料総額を割引するときに3%を使用するが 5%と3%より大きい数字を使用してやっと見積もり現金購入価額と一致するんだから 3%で割引しても見積もり現金購入価額よりは大きい数字が現在価値としてでる。
よって取得価額は見積もり現金購入価額を使用する。
短答ならこれだけでリース期間何年とかあたえて減価償却ださせるのも面白い問題だな。

BY07会計士企業法科目合格者

170 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/19(火) 00:09:30 ID:???
経過勘定項目で

未収収益、前受収益、未払費用が一年を超えても
それぞれ長期○○にならないのはなぜですか?

171 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/19(火) 00:36:50 ID:???
>>170
気にするな

172 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/19(火) 00:39:48 ID:???
経過勘定だから
つまり
気にするな

173 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/20(水) 00:19:33 ID:QZrG0eXb
新株の引受を諜報なくして著しく低い価額で取得した場合、
差額支払い義務はない。というので正解ですか?

諜報があった場合は、不正に低い価額なことに善意だろうが悪意だろうか
差額支払い義務あり。ですよね?

174 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/20(水) 00:31:44 ID:???
>>170
一年を超えることが想定されないからです

175 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/20(水) 17:14:57 ID:x6jyLXXJ
>>170
その経過勘定項目が正常な営業の循環過程内で発生
したものだからじゃね?



176 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/20(水) 23:51:34 ID:???
>>175
全然ちがうよきみ

177 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 00:31:11 ID:MpFxt/XM
別に前払費用以外にも「長期」はつけるよ。
為替予約の独立処理では長期前受収益とか使うし。

まあ、税務上の繰延資産を長期前払費用で上げたり会社もあるから一番良く
使うのが前払費用ということじゃないかな。


178 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 01:16:27 ID:???
>>177
いたいなお前。経過勘定の話をしてるんだよ。
振り当て処理などにでてくる長期の前払いなどは別物だよ

179 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 02:23:30 ID:???
>>174
複数年契約による保険料契約の場合、
支払う側は1年超のものを長期前払費用として処理するけど、
じゃあ受け取る側の処理は・・・?

180 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 02:44:53 ID:???
複数年契約って、なんかスポーツ選手みたいだなw

181 :103:2008/02/21(木) 02:59:42 ID:???
 保守主義の観点は無いのかな

 1年超の長期前受収益って何となくアレだろ

 それに1年超の長期未払費用とかワロスだろwww

182 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 03:07:06 ID:???
受け取る側は売上

183 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 09:12:47 ID:???
で結局答えは・・・w

>>176
>>178
否定の仕方だけは一丁前ですね^^



184 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 11:02:18 ID:???
>>177

185 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/21(木) 15:31:17 ID:???
試験上はちゃんと分ければいいだけだ

186 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/22(金) 22:38:41 ID:8kPg+zPJ
監査事務所の設けなければいけない品質管理システムについて
覚え方みたいなのはありますか?
(1)品質管理に関する責任(2)システムの監視 みたいなやつです。

187 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 12:49:06 ID:UleNNixw
4月から大学生のものです。公認会計士を目指しています。まず何をすればよいでしょうか。

自分では本屋で入門書を読んでみることしか思いつきません。

本当に無知な自分で申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願いします。

188 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 13:08:27 ID:???
>>187
予備校の無料講座を受けたり、ガイダンスに出たりする。

189 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 13:13:17 ID:UleNNixw
やはり予備校通わないと無理なのでしょうか?

190 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:14:02 ID:???
絶対無理とは言わないけど、無謀だとは言っておく。
本気で受かりたいけどできる限り回り道したくない、
と思っているなら、素直に専門学校に行くのがベスト。
下手にケチって独学でやるのは一部の特殊な人を除いてお勧めはできない。

191 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:18:28 ID:UleNNixw
大学入るやいなや親に「予備校行かせてくれ」って言うのに少し抵抗がありまして(経済的に)。

軽率でした。もう少ししっかり考えたいと思います。

192 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:24:44 ID:???
 マジレスするととりあえず簿記1級を目指してみればどうでしょう.

 予備校だと(すんませんが行ったことないけど)TACだと数万円
 くらいらしい

 で受かれば有る程度簿記の実力がつくし,それに親もやる気を
 認めて金出してくれるようになるのでは.

193 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:26:28 ID:???
>>191
簿記検定からはじめてみるというのが一番いいと思う。
適正があるかどうか試せるし、取得したら、会計士を目指さない
としても、就職に役立つよ。

194 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:26:51 ID:???
親に頼らずバイトしたら?


195 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:36:59 ID:???
バイトだけじゃ続けていけないだろうな。
真剣に会計士試験をはじめようと思うんだったら、家族の理解は絶対必要だよ。

理解が得られず、それでも会計士になりたいときは、一旦就職して、貯蓄しつつ
短答に受かるまで働きながら勉強したらいい。短答に受かったら、会社を辞めて
専念すればいい。

196 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:38:24 ID:0kOKz2Lx
先物かオプションやるといいよ。
300円のコールを2回売って見事OTMすれば60万ゲット


197 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:45:50 ID:UleNNixw
ガキの自分に色々アドバイスありがとうございます。あとで本屋に行って簿記関係に目を通したいと思います。
予備校もパンフレットを読むくらいのことはしようと思います。

198 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:50:32 ID:???
でもITMなら・・・

199 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 15:54:42 ID:???
 千年を20円で1000株でも買っとけば今頃
 40万くらいは儲けてたかもしれんのになw

200 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 20:47:19 ID:???
千年って最近やけに盛り上がってるよな。

市況板でもスレが常に上がってるし。
何か材料でたん?

201 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/23(土) 22:32:29 ID:???


202 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/24(日) 23:46:00 ID:Jj6tneQi
持分会社の社員の持分譲渡についてですが、
有限責任社員、無限責任社員の別は関係なく、業務執行しないものの譲渡には
執行するもの全員の同意が必要。業務執行するものの譲渡にも業務執行するもの全員の同意が必要
でいいですか?

203 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 04:20:11 ID:???
>>202

チガウヨー

執行する人としない人の個性の強さを考えるといいお

204 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 19:46:46 ID:ggvjgzCP
監査上の重要性と監査リスクの関係が納得できません
基準に書いてあるのは逆としか思えないんですが


205 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 19:58:59 ID:???
短刀でそこの問題よく出されるね
結局納得いかず、とりあえず覚えることにした気がする

206 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 20:13:48 ID:dsLkvveF
>>204
そこの「監査上の重要性」は「重要性の基準」である。

定義
重要性の基準:財務諸表において重要であると判断される虚偽の表示の金額。
監査リスク:監査人が財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を表明する可能性。

☆監査上の重要性を当初より大きくすると監査リスクは低くなる。

つまり財務諸表において重要であると判断される虚偽の表示の金額を大きくすると
監査人が財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を表明する可能性が低くなる。

これで分からないなら例えば領収書を調べるにあたり
@1円以上(1円とはいえ重要であると判断した場合)の領収書をすべてチェックする
A1億円以上(1億円未満などたいした金額でないと判断した場合)の領収書をすべてチェックするということを考えてみる。

@の場合すべての領収書をチェックするため見落としなどをしてしまう可能性が高い。
Aの場合1億円以上に絞ってチェックをするため@の場合より見落としの可能性が低くなる。



207 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 20:56:36 ID:ggvjgzCP
>>205


208 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 21:01:45 ID:???
207は書きミスしました。
>>206
Aより@の方が虚偽記載を看過する可能性が低いと思うんですが・・
ここだけ監査リスク=監査人が不適正意見を出す可能性とか読み替えませんよね?

209 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 21:31:10 ID:KYKNWscE
一円を重要とするか一億を重要とするかの違い。他を全て同じ条件とすると、当然一億を重要とした方が監査リスクは小さくなる。前者の場合は一円でも誤っていたら、重要な虚偽を看過したことになるから。監査リスクは高くなる。

210 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/25(月) 21:53:04 ID:???
>>209
理屈は理解できました。ただ、虚偽かどうかは監査人が決める
重要性の基準によるというのが納得いかないのですが。
重要性の基準はどの桁で四捨五入するかくらいに考えてました・・
その理屈だと重要性を大きくしたら監査の失敗はありえなくなりませんか?

211 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 00:42:23 ID:???
そうですね

212 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 19:20:41 ID:???
>>206
お前みごとにトラップにはまってるな。大間違い。論文で書いたら笑われるぞ

213 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 19:27:43 ID:c5TL7XG7
73 GS McK
72 日銀 MS ML Fidelity BCG Bain
71 UBS JP LB DB 日興citi BAH AT.Kearney Deloitte/TC
70 野村證券(IB/FE/リサーチ) RB ADL Monitor P&G(マーケ) フジテレビ 日本テレビ
----------------------------------------------------------------------------------------------------
69 Barclays DBJ MRI NRI(コンサル) 電通 三菱商事 三井不動産 三菱地所 日本郵船 商船三井 新日石
68 Monex JBIC citibank(法人)野村AM AC(経) 三井物産 集英社 TBS テレ東 朝日新聞 テレ朝 小学館 講談社 新日鐵
67 みずほ(GCF) 三菱東京(IE除FT) 博報堂 共同通信 日経/読売新聞 NHK 準キー P&G(ファイナンス) JR東海 東電 JICA JETRO 全銀協
66 みずほ(IB) JAFCO NIFSMBC 住商 川崎汽船 東証 JFE 任天堂 東ガス JRA 同友会 関電 東建 旭硝子
65 三菱東京(IB) 伊藤忠 東急不 大和SMBC 毎日新聞 信越化学 JR東 大ガス 中電 出光 JASRAC
----------------------------------------------------------------------------------------------------
64 農中 丸紅 時事通信 産経新聞 住友不 JR西 トヨタ ソニー 三菱/三井/住友化学 P&G(CMK)昭和シェル
63 新生銀(IB) JAIC 森トラスト ホンダ パナソニック BASF 味の素 三菱重工 住友電工 住友金属 富士フイルム キヤノン 東北/九電 NTTドコモ
62 マリン 三菱UFJ信託 日本政金公庫 豊通 キリン 花王 サントリー apple J&J ユニリバ 川崎重工 富士ゼロリコー NTTコミュ NTTデータ 神戸製鋼 中国/四国/北陸/北電 AC(非戦) Oracle NRI(SE) SAP
61 JA共済 双日 ADK アサヒ 日立 日産 デンソー 日清製粉 旭化成 王子製紙 P&G(CBD) JOMO
60 三菱東京(EE) 住友信託 日本生命 シャープ パナソニック電工 東レ 住友3M ブリヂストン JT 鹿島 大成 NTT東西 資生堂 三菱マテ


大手監査法人ってこの表でいうとどこらへん?

214 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 19:57:08 ID:???
>>206
どこの予備校の誰に監査習ってるの?

215 :103:2008/02/26(火) 21:21:19 ID:Od4V15w1
俺が説明する.(論文のような緻密さじゃないよ)

 まず『監査上の重要性』と『重要性の基準値』は異なる

 常識で考えれば解るが,

 重要性の基準値の大きさは1円単位>>1億円単位

 何故なら1円でも虚偽を見逃してはいけないというのはそれだけ重要性

 が高いことを意味するからである.

 監査上の重要性を大きくするという事はそれだけどんな小さな
 虚偽の表示も見逃してはならないことと同じ

 従がって 監査上の重要性と重要性の基準値は反比例の関係となる

 一方1円も見逃してはならないのなら当然監査リスクは低くなる

 何故なら1円も見逃せないようにすれば虚偽の表示の可能性は大幅に
 減少するからである.

 すなわち重要性の基準値と監査リスクは比例関係となる

 以上を図示すれば

 重要性の大きさ(←反比例→)重要性の基準値(←比例→)監査リスク

 従がって重要性の大きさと監査リスクは反比例の関係となる
 

 

216 :103:2008/02/26(火) 21:21:58 ID:Od4V15w1
 読みにくいな スマン

217 :103:2008/02/26(火) 21:24:27 ID:Od4V15w1
 しかも重大なミスをした

 重要性の基準値は

 1円の方が小さく
 1億円の方が大きいの間違い 当たり前だな…

218 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 21:37:58 ID:???
>>215
君も理解不足。監査上の重要性と重要性の基準値の正しい理解がなされていません。後比例関係や反比例関係など固定化された書き方はよくありません。相関関係や負の相関関係と書きましょう。

219 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 21:41:36 ID:???
> 一方1円も見逃してはならないのなら当然監査リスクは低くなる

 何故なら1円も見逃せないようにすれば虚偽の表示の可能性は大幅に
 減少するからである.

重要性の基準値って容認可能な虚偽の表示の金額だから、
基準値を1円にしたら、一円を超える虚偽の記載は看過しちゃならんてことになる。
だから監査リスクは高くなるっしょ。

220 :219:2008/02/26(火) 21:44:03 ID:???
他の条件を一定にして、ってのを忘れてた。

221 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:07:54 ID:???
重要性の基準値とは、財務諸表において重要であると判断される虚偽の表示の金額をいう
重要性の基準値を小さくすると、監査人が重要と認識する虚偽事項は増加する
監査人が重要と認識する虚偽事項が増加すると、監査人は被監査会社に対してより修正を求めるか、又は推定した虚偽を確かめる手続きがより多くなる
すると、開示される財務諸表には、投資家の意思決定に影響を与えるほど重要な虚偽が含まれる可能性は低くなる
ここで、監査リスクとは、監査人が、財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を形成する可能性をいう
よって、監査人が上記の財務諸表を適正と意見表明した場合、監査リスクは低い水準であるといえる

一方、監査上の重要性は、発見した虚偽が財務諸表利用者によって重要であるとされるかどうかについて、監査人が定める判断の基準である
一定の監査要点について、この重要性が高まると、監査人が重要であると判断する事項は増加する
あとは同上→監査リスクは低くなる

重要性の基準値については主に金額的影響のみを考慮し、監査上の重要性については質的影響も考慮することについても言及したほうが良さそう

222 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:13:04 ID:???
あまりに勘違い馬鹿どもおおすぎるから書いとく。
監査リスクと重要性の基準値の関係を述べよ。
通常問題文に他の条件が一定であればどのような関係がいえるか?とでる。
重要性の基準値=重要な虚偽とすべき金額をいくらいにするか。
例えば、10円なら10円以上みつかったら全部重要な虚偽。100円なら100円以上みつかったら全部重要な虚偽。
ここで当初10円に設定していたとする。
これを100円にかえたら、いままでは10円以上のものは重要な虚偽として把握されていた。
100円に変更すると100円未満は無視することになる。
つまり100円未満に存在する虚偽は無視していいことになる。
よって「他の条件が一定ならば」監査リスク(=監査失敗の可能性)は大きくなる。
なぜなら仮に10円以上100円未満が重要な虚偽だとすべきものだとしたらこの分の金額を無視し適正意見とだしていれば利害関係者に損害を与える。
監査失敗である。ちなみにここにいう他の条件とは重要な虚偽表示リスクや発見リスクを意味していると理解してよい。


223 :103:2008/02/26(火) 22:17:09 ID:Od4V15w1
 そうなんだ

 サンクス.

224 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:17:49 ID:???
>>222
惜しいね
もちろん内容は合ってるけど、両者の関係を明確に述べておくべき

225 :103:2008/02/26(火) 22:19:16 ID:Od4V15w1
 つまり重要性の基準値と監査リスクは正比例で言いんだろう?

 普通に考えりゃそうじゃね 

226 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:24:42 ID:???
>>225
いいたいことはわかるがまあ言葉の使い方として形式的に比例とはいえないから、相関関係にあるとしておいたほうがいいよ。書くなら正の相関関係だね。
平成17年の改訂基準にもあるようにリスクを形式的にとらえすぎるのは問題があるとしてるから。

227 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:28:19 ID:???
結論、理解が正しく、かつ分かりやすい説明をしてるのは、<<222氏。分かりやすい説明も試験上や受かってからの仕事上重要そうだな。

228 :103:2008/02/26(火) 22:30:08 ID:Od4V15w1
 >>226

 どうも有難う御座います.監査はこの数ヶ月全くやってないので.
 (超言い訳ですが).他で精一杯どす.

229 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 22:49:55 ID:???
最初に質問した者です。みなさんありがとうございます
重要性の基準と監査リスクの関係は理解してましたが
監査上の重要性を大きくした時に重要性の基準も大きくなると誤解してました
これじゃ真逆の結論になりますね(^^;

230 :229:2008/02/26(火) 22:58:45 ID:???
ちなみにTACの中里先生に受けてますが、
レジュメ7の2-4-30の「狭くなる」と「広くなる」って逆じゃないですか?
このせいで誤解してたかも・・

231 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 23:07:31 ID:???
>>230
そのレジメにはなんて書いてあるの?
もうちょっと詳しく頼む

232 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 23:14:18 ID:???
監査上の重要性→当初より大→重要な虚偽として識別される範囲が→狭くなる
→監査リスク→低くなる

監査上の重要性→当初より小→重要な虚偽として識別される範囲が→広くなる
→監査リスク→高くなる

携帯なので見にくかったらゴメンナサイ

233 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 23:17:13 ID:???
がんばれ〜

234 :103:2008/02/26(火) 23:23:53 ID:???
 それで正しいんじゃないかなぁw

235 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/26(火) 23:55:02 ID:???
>>232
それで正しいと思う。俺は>>222が間違ってると思う。
監査リスクが大きくなるのは重要性の基準値を当初よりも小さくしたときだよ。
当初基準値を100と設定した場合、100を超える虚偽表示が重要ということになる。
つまり100を超える虚偽表示を発見するための計画を立てるのであって、100未満の虚偽は問題にならない。
ここで基準値を10に下げた場合、他の条件が一定だとしたら、つまり100を超える虚偽の表示の発見のための手続きのままならば、
10以上100未満の虚偽の表示を発見できない。これは監査の失敗であって、監査リスクは以前よりも高まることになってしまう。
監査リスクを低くなるケースはこれと反対を考えればいい。

>>222
あんまり他人を安易に馬鹿呼ばわりしないほうがいいよ。

236 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:17:04 ID:???
>>235
かなり混乱してます。。
まとめると>>222>>232が対立するものであり、
>>222は監査上の重要性(負の相関)重要性の基準(負の相関)監査リスク
>>232は監査上の重要性(正の相関)重要性の基準(正の相関)監査リスク
であり、監査上の重要性と監査リスクの関係はどっちも基準通り。
キーポイントは他の条件の解釈、ってことですか?

237 :221:2008/02/27(水) 00:31:57 ID:???
>>232はおかしい気がするな…
その文面の識別する主体が財務諸表利用者だとしたら、合ってるけど
そのレジュメそのままうpできない?

238 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:33:15 ID:???
監査リスクって動かさないもんじゃないの?

239 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:36:10 ID:???
>>238
他の条件を一定としたときに、監査上の重要性を変更したら、それに伴って監査リスクが変動するって話

240 :103:2008/02/27(水) 00:37:27 ID:???
 俺も232は変な風に感じる

 とりあえず>>222が正しいと思うので後は聞かずに寝ます

 さようなら

241 :103:2008/02/27(水) 00:38:28 ID:???
 >>232じゃなくて

 >>235

 超混乱させた 

242 :103:2008/02/27(水) 00:44:32 ID:???
>>222は監査上の重要性(負の相関)重要性の基準(負の相関)監査リスク

 --->

>>222は監査上の重要性(負の相関)重要性の基準(正の相関)監査リスク

 だろ

 流れ読んでる?

243 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:49:44 ID:???
222は間違ってるよ

244 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:50:42 ID:???
236のまとめは間違いました。

>>237
UPの方法がないです。スミマセン
今講義録読み返したら209のような事が書いてあって益々混乱
とりあえず>>232の先生は
監査上の重要性と重要性の基準値は正の相関と考えているようです

245 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:55:22 ID:???
みんな混乱してるから
一週間後にまた同じ時間に同じ場所で会う約束したら?


246 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 00:58:21 ID:???
そうですね。
ちょっと落ち着いて今までの意見と講師の考えまとめてみます

247 :103:2008/02/27(水) 01:04:58 ID:???
 正の相関?

 アリエナス...

 トヨタの財務諸表見て今までの基準値を100億円にしてたのを
 1000円にしたらどれだけ虚偽の表示の可能性が減るか常識で考えりゃ
 解るだろうが... そりゃ売掛金の重要な虚偽表示リスク高けりゃ
 監査の重要性上がるから100億→1000円になりゃ監査リスク減るじゃん...
 意味全くワカラン さっぱり

248 :204:2008/02/27(水) 01:07:55 ID:???
まず定義
監査上の重要性=発見した虚偽が財務諸表利用者によって
            重要であるとされるかどうかについて、監査人が定める判断の基準

重要性の基準値=財務諸表において重要であると判断される虚偽の表示の金額

監査リスク=監査人が、財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を形成する可能性

確定事項
監査上の重要性が大→監査リスク低
監査上の重要性が小→監査リスク高

問題点:重要性の基準値と監査上の重要性・監査リスク低の関係

249 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:08:40 ID:???
監査リスクは重要な虚偽表示見逃して意見するリスクだろ?
だから見逃すかどうかの問題だって考えれば簡単にわかるだろ
上の方にもあったけど
1円が重要ってなったらそりゃ見逃す確率も高くなる
でも1億円が重要ってしたら見逃す確率は低くなるだろ

250 :103:2008/02/27(水) 01:19:24 ID:???
 だからああああああああああああ 1億円が重要って事は
 監査上の基準値を9999万9999円まで置いてるんだろう?

 それを基準値を1億9999万9999円まで『上げたら』1億円見逃すんだろう?

 上げれるっつーことは重要な虚偽表示リスクそこ低いんだよなぁ?

 じゃあ監査上の重要性は相対的に低いんじゃないの?

251 :103:2008/02/27(水) 01:20:32 ID:???
 監査上の基準値 → 重要性の基準値

252 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:24:04 ID:???
この話長いなー

253 :204:2008/02/27(水) 01:26:14 ID:???
>>248の最終行”低”は削除で(^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

監査上の重要性(正の相関)重要性の基準値(負の相関)監査リスク
の考え(TACのN講師・>>209>>249

監査上の重要性が上がったとき、重要性の基準値を大きくする
すると、監査失敗となるような虚偽表示の額が下がるから同じ監査手続きを行ったときに
監査失敗となることは減る(=監査リスクは下がる)

疑問点:”監査の失敗”は監査人により決められる重要性の基準値に拠る
      従って、重要性の基準値を大きくしまくると”監査の失敗”があり得なくなる!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
監査上の重要性(負の相関)重要性の基準値(正の相関)監査リスク
の考え(>>215>>221>>222の考え)

監査上の重要性が上がったとき、重要性の基準値を小さくする
すると、少額の虚偽でも重要と捉えて訂正等の処置をするため、
監査終了後のFSに虚偽が含まれていることは少なくなる(=監査リスクが下がる)

疑問点:特になし(但しTACの大物講師と異なる意見)




254 :204:2008/02/27(水) 01:28:46 ID:???
>>253にまとめたんで討議資料にドゾー

監査リスクの捉え方からして対立してる気がします
個人的には下かと思うんですが・・

255 :103:2008/02/27(水) 01:28:51 ID:???
 TACの大物講師と異なる意見ってナニ??

 >>232読む限り俺がリアル池沼じゃなきゃ重要性大きけりゃ
 範囲を狭く(つまり基準値小さくしてもっと細かく調べろ矢ということ)
 して監査リスク小にしましょうねとしか逝ってるように思えないが??

 ヒトラーの隠し財産見つかったらしいニュースみて頭おかしくなったのかなぁw

256 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:29:45 ID:???
んじゃこうしたらどうだ?
1円→1円の間違いも許さない
1億円→9999万は見逃してもおk

257 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:34:43 ID:???
>255
TACの大物講師=上の考えのN講師です。
講師の意見と対立ってのは論理的な弱みでなくても疑問点かなと

>>232では簡略図でしたが、講義録を読んだら>>253の考え方だとはっきり分かりました。

258 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:36:26 ID:???
重要性って言葉に混乱してるみたいだな
これでわからなきゃもうどうにでもなれ

重要性ってのはようは見逃しておkな値って意味だよ
だから大きくするってのは重要性がますって言う意味じゃなく
見逃しても良い額が増えるって意味だ

259 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:39:31 ID:???
>>258
すみません、その考えで行くとまとめのどっちの結論になると思われてますか?
ここIDないから議論しにくいですね・・

260 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:43:32 ID:???
>259
253

261 :221:2008/02/27(水) 01:51:16 ID:???
モデル式で考えるとわかりやすい

監査リスク=重要な虚偽表示のリスク×発見リスク

@基準では、重要な虚偽表示のリスクは所与として、
監査上の重要性↑⇒発見リスク↓⇒監査リスク↓
と単純に考えてるんじゃない?

Aもし「監査上の重要性↑⇒重要性の基準値↓⇒重要な虚偽表示のリスク↑」も考慮すると、
監査上の重要性↑⇒重要性の基準値↓⇒重要な虚偽表示のリスク↑&発見リスク↓⇒監査リスク不動
となる

つまり、基準の「他の条件を一定」の文言は「重要な虚偽表示のリスクを一定」と解釈するしかない
すなわち、監査上の重要性が変動するときに、重要性の基準値の変動による重要な虚偽表示リスクの変動を考慮すると、結論が一致しなくなる
よって、もし問題で出たら、監査上の重要性の変動によって発見リスクが変動することだけを書くしかないんじゃないか
ってことでおれは>>221みたいに書く
重要性の基準値についても言及しないほうが良いかもしれないけど

262 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:55:56 ID:???
おまえら大丈夫か・・

263 :103:2008/02/27(水) 01:55:58 ID:???
 ここ読め カス

 >>18.監査人は、虚偽記載の重要性の基準値を基に、それぞれの取引記録
 ごとの重要性の値を考慮する必要がある。この値は、監査人の専門的
 な判断をもって、虚偽記載の重要性の基準値より相対的に小さい金額
 として決定される。虚偽記載の金額が重要性の基準値を超えていない
 場合であっても、これらの虚偽記載の金額を合計すると重要性の基準
 値を超える場合も考えられるからである。

 委員会報告書5号

 >>http://www.geocities.co.jp/HeartLand/5875/iinkai/iinkai5.html


 トヨタ 今まで100億までOK → 今年経済状況ヤヴァいんで10億円
 にした → より綿密な監査 → 監査リスク小


 〜 終了 〜

264 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 01:56:29 ID:???
サイヤ人は強えーから見つけて倒さなきゃならないのな
ナメック星人も強えーから見つけて倒さなきゃならないのな
地球人はよわっちーからほっといてもいいわけな。
クリリンが怒り狂ったら地球滅びるけどな

みたいな重要性とリスクの関係さ

265 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:09:03 ID:???
>>261
試験戦略的にはそれがいいですね。
基準値についてピンポイントできたら困りますけど・・
というか>>253は上も下も基準の論拠がないからどっちでもいいんですかね?
どっちもそれっぽくて困ります

266 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:14:10 ID:???
>>263
なんで急に重要性の値の話になったんだ?
まあいい
ただ、重要性の基準値が小さくなることによって、発見リスクの水準が低くなるけど、
重要性の基準値が小さくなると、重要な虚偽表示のリスクの水準は高くなるんだよ
そう考えると、監査リスクは変わらないことになる
ってことを>>261で言ってるんだが

267 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:22:30 ID:???
>>266

>>253はかいつまめば
上は重要性の基準値が上がると、虚偽が虚偽でなくなるから監査リスクは下がる
下は監査上の重要性が上がると、虚偽を細かく洗うから監査リスクが下がる
ってことを言っている。

つまり、
上は重要な虚偽表示のリスクが下がる(発見リスクは一定)
下は発見リスクが下がる(重要な虚偽表示のリスクは一定)
ってことだと思います。

268 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:30:03 ID:???
俺は上の考えが正しいと思うが。


>「他の条件を一定」の文言は「重要な虚偽表示のリスクを一定」(>>261
確かにそれもあると思う。
しかし、「他の条件」には当然に監査計画により策定された監査手続等も含むと考えられる。
仮に含まないとすると、監査上の重要性を大きくしようが、実施する監査手続をめちゃくちゃにすれば監査リスクは上がるし、逆もしかり
とすると、「他の条件が一定」=「監査上の重要性の変更以外は全て同じ条件」と考えるのが自然。
そうであるならば、
>すると、少額の虚偽でも重要と捉えて訂正等の処置をするため、
という253の下の考え方の論理が崩壊する(監査上の重要性以外も変更しているから)。
よって下の考え方は正しくない。


間違ってたら指摘よろしく。


269 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:33:05 ID:???
>>253
>重要性の基準値を大きくしまくると”監査の失敗”があり得なくなる!?

基準値を大きくすると発見リスクの水準は低くなるが、
ヒューマンエラーがあるから、ゼロにはならないってことでいいと思う

>>267
解説さんくす
大体まとまったな

>>263は論点ずれだが

270 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 02:46:09 ID:???
>>268
>仮に含まないとすると、監査上の重要性を大きくしようが、実施する監査手続をめちゃくちゃにすれば監査リスクは上がるし、逆もしかり
重要性の基準値が小さくなると、監査人が重要と識別する虚偽が増加するから、監査人はより監査資源を投入すると考えてる
重要と識別する虚偽が増加してるのに、むちゃくちゃな監査手続しないでしょ

>>253の上の考え方で、
>すると、監査失敗となるような虚偽表示の額が下がるから
とあるけど、監査失敗と判断するのは財務諸表利用者だろ?
監査人が監査上の重要性を変更しても操作できるところじゃないでしょ
ってことで完全におかしい
その講師がそう考えてるとも思えない
>>253の解釈が間違ってるんじゃね

271 :ちょっと通りますよ:2008/02/27(水) 03:21:10 ID:???
結論を先に書こう。すべての条件が所与なら
監査上の重要性↑⇒監査リスク↓
監査上の重要性↓⇒監査リスク↑ だ。

何も考えずにある監査手続きを実施したとする。
そしたら1億円の虚偽表示を発見できました。

ここで、監査上の重要性を金額にしてみよう。例えば100億円。
虚偽表示がこれを超えれば重要、つまり、監査意見に影響してくる。
この場合、100億円>1億円より監査上は修正しなくても適正意見。

では、監査上の重要性が2億円だったらどうか。
同じ会社で監査手続き等を一切変えない(重要な虚偽表示リスク・発見リスク所与)場合、
同じ1億円という虚偽表示を発見するよね。
で、同じように監査意見はというと、2億円>1億円より監査上は修正しなくても(ギリ?)適正意見。
結論は両方とも適正意見というハッピーエンドだね。

さてここで問題。監査で発見されなかった虚偽表示が「実は」10億円ありました。
前者だと、虚偽表示が10億円増えようが監査意見には影響しないですよね。
一方後者だと、ホントは修正しないと不適正なのに適正と意見表明しまってたということだね。

ここまででピンときましたか?


272 :ちょっと通りますよ:2008/02/27(水) 03:22:00 ID:???
折角なんで、さらにうだうだと説明してみよう。
ある水準(ここではXとしようか)から監査上の重要性を上記に変えたと考えてみよう。

つまり、監査上の重要性を上げる(X⇒100億円)と、「こんなんどうでもいいよ」と判断する金額が上がる
(10億円どころか50億円でもどーでもいいよ)から、間違った意見表明が行われにくい(監査リスクは下がる)。

一方、監査上の重要性を下げる(X⇒2億円)と、「こんなんどうでもいいよ」と判断する金額が下がる
(えっ、9,000万!?やばいじゃん。)から、手続きを厳しく(発見リスク↓にする手続きを追加)しないのであれば、
間違った意見表明をしてしまう可能性は跳ね上がるよね(監査リスクが上がる)。

なお、上記の後者の場合は普通なら監査手続きを厳しくすることで(発見リスク↓)
監査リスクが一定以上(ここでは監査上の重要性以上)とならないようにするけどね。

理解できました?

273 :222 :2008/02/27(水) 03:36:40 ID:???
申し訳ありません、他の条件一定ならば 監査上重要性↑監査リスク↓です。
ただ他の条件一定がなければ監査上重要性↑監査リスク↑です。私が書いた論理は後者でした。訂正させていただきます。馬鹿どもははやく理解してくださいね。

274 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 04:02:59 ID:???
授業聞いてれば理解できる問題+答練でも解説されてる。
いい加減スレ汚しなの気付きなさいよ。

275 :ちょっと通りますよ:2008/02/27(水) 05:41:53 ID:???
監査上の重要性と重要性の基準値、そして監査リスクのお話。
結論を先に書くと、>>271-272であげたすべての条件を所与という前提から
重要性の基準値や発見リスク等を変動させてみよう。

まずは前提から。
投資家にとって重要とは?と問われると人それぞれというのが答えだけど、
話を分かりやすくするために税前利益の5%としましょうか(どっかで聞いたな、これ。)

さて、税前利益が1000億円の会社があるとしよう。
この会社の場合投資家にとって重要なのは1000億円×5%=50億円。
重要性の基準値はこの50億円をベースに決まるということだね。

では税前利益が10億円の会社ではどうだろう。
投資家にとって重要なのは10億円×5%=5000万円だね。
すると、重要性の基準値は50億円・・・なわけないよね。5000万をベースに決まる。

極端すぎる話で現実ではまずありえないけど、上記が同じ会社だったとする。
1000億円⇒10億円に変える場合と10億円⇒1000億円に変える場合を考えると、
監査リスクを一定以下にする(監査意見を間違えない)との条件のもとでは、
監査上の重要性と重要性の基準値には正の相関関係がある程度見出せるよね。

ここまでは簡単だよね。


276 :ちょっと通りますよ:2008/02/27(水) 05:43:15 ID:???
では、上記を前提として重要性の基準値と監査リスクを考えてみようか。
さっきの例で、実施する監査手続を考えてみよう。
監査手続も50億円をベースにする場合と5000万円をベースにする場合とでは手続の詳細さが変わるよね。
同じ残高を検証するなら前者なら簡便的、後者なら詳細に手続を実施することは簡単に想像できる。
では監査上の重要性を変えず、監査人が勝手に重要性の基準値を大幅にアップしたとしよう。

監査手続は非常に楽になりそうだけど、監査リスクは大幅にアップしそう。その感覚は正しいよ。

先ほどの事例で10億円の税前利益しかない会社に
例えば50億円の虚偽表示を発見できる簡便的な手続を実施する、ということを想定してもらえればいいかな。
この場合は例えば20億円の虚偽記載を見逃す可能性があるわけだ。でもホントは見逃したらアウトだよね。
つまり、重要な虚偽表示リスク、監査上の重要性一定の元で監査人が
重要性の基準値↑にして監査手続を簡略化してしまうと、発見リスクが↑となり、監査リスク↑となるんだ。
したがって、これを防ぐためにも、実際は発見リスク↓となるような詳細な手続を実施するんだね。

逆に税前利益が1000億円の会社に重要性の基準値を50億円から5000万円に下げ、それに見合う監査手続を実施したらどうだろう。
50億円の虚偽記載はもちろん、今までパスしてきた1億円、5000万円の虚偽記載も発見できるよね。より監査結果が厳密になるわけだ。
つまり、重要性の基準値↓にして監査手続を厳格化すると、発見リスクが↓となり、監査リスク↓となるんだ。
でも、この極端な例を考えれば分かるとおり、普通に考えて監査のやりすぎは目に見えてる(監査の非効率)。
5000万円の水準で売上10兆円を検証できますか?まぁ常識的にありえないよね。
だからこの場合は発見リスクを上げて監査手続を簡略化(効率的)にする。
もちろん、重要性の基準値↑⇒監査リスク↑だけど、監査上の重要性以内であれば別に構わないよね。

理解できました?

277 :通り過ぎちゃいました:2008/02/27(水) 06:26:46 ID:???
>>275
結論を先に書くといっときながら

・・・先に書いてないじゃん・・・

ダメじゃん、俺 orz


278 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 07:13:40 ID:TpaAyQUv
さんざん議論されてることだと思いますが、市販の予備校のテキストで短答試験にうかることは可能ですよね?
仮に予備校生しか教えてもらっていないことがあっても、それが全てじゃないし。
とれるところをとるというスタンスが大事ですよね?

279 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 08:23:04 ID:???
>>276
そんなことさすがにみんな理解してるでしょ…
何が論点になってるかもわからずに長々書いちゃって恥ずかしいよ

280 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 09:02:39 ID:???
>>279
そんなあなたに問題です。

IT企業A社は売上、利益、総資産ともに前年比30%〜50%で拡大し、今後も拡大する見込みです。
それにあわせ事業も複雑化し、会社の内部統制も複雑化してきています。
 @監査上の重要性は各年度ごとにどのように変化しますか。
 A重要性の基準値は各年度ごとにどのように変化しますか。
 B監査リスクは各年度ごとにどのように変化しますか。
 Cリスクアプローチとはなんですか。
 D重要性の基準値を1000⇒1500に変更したことに伴い、売上債権の監査手続を簡略化することを計画しました。
  しかし、内部統制の整備状況の検証を行ったとき、重大な欠陥があることが判明しました。
  そのときに監査人が取るべき行動について、監査計画、監査手続実施の面から答えなさい。
注:上記にない諸条件は各自が考えて設定すること。

281 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 09:23:07 ID:???
>>280
@大きくなる
A大きくなる
B変わらない(ように発見リスクを設定すべき)
C略
D内部統制是正の要求、是正の評価、監査計画の見直し

めんどくせ
変な問題
基準と前提が違いすぎるから、今までの流れからするとまた誤解を招きそうだが

282 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 13:18:34 ID:???
>>280
しねよ雑魚!

283 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 23:20:34 ID:???
みなの知識を混乱させようとしてわざと話をややこしくしてる奴いるんじゃない?
俺は2chでの変にこみいった議論はあえて全く読まないようにしてる。

284 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/27(水) 23:39:36 ID:???
かなり読みにくいからな、理解できてない典型みたいな感じだな。
めちゃんこ単純なのに明らかに混乱させようという意図が見え見えでウザイってかキモイ。

285 :204:2008/02/28(木) 00:31:30 ID:???
>>268−269
ありがとうございます。自分も最終的にそれで納得しました

>>270
253で僕自身も書いたように、その点が最初から疑問でした。
ただそれは会計士の判断で監査上の重要性を変化させていることを前提にしての話です。
そうではなく監査上の重要性の変化が会計士にとって完全な所与であるならば
つまりそれが絶対に正しくて、監査人は事実に対応して重要性を変えただけだとするなら
監査失敗の額の変化の点もクリアーできます。
おそらく講師もこの前提で理解してると思います。


最後に長々とスレ占領して申し訳ないです。。

286 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/28(木) 00:42:57 ID:???
監査上の重要性と監査リスクは正比例関係でおさおとけや

287 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/28(木) 00:53:01 ID:???
不安な奴は平成17年の問題みて自分で内容確認しときなよ。
他の条件一定(重要な虚偽表示リスクなど)なら監査上の重要性が大きくなるなら監査リスクは小さくなるよ。



288 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/28(木) 21:12:29 ID:btMfo/Ve
てか、質的と量的で解答は変わってくるけどね

289 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/28(木) 23:20:22 ID:Ta252cuT
73 GS McK
72 日銀 MS ML Fidelity BCG Bain
71 UBS JP LB DB 日興citi BAH AT.Kearney Deloitte/TC
70 野村證券(IB/FE/リサーチ) RB ADL Monitor P&G(マーケ) フジテレビ 日本テレビ
----------------------------------------------------------------------------------------------------
69 Barclays DBJ MRI NRI(コンサル) 電通 三菱商事 三井不動産 三菱地所 日本郵船 商船三井 新日石
68 Monex JBIC citibank(法人)野村AM AC(経) 三井物産 集英社 TBS テレ東 朝日新聞 テレ朝 小学館 講談社 新日鐵
67 みずほ(GCF) 三菱東京(IE除FT) 博報堂 共同通信 日経/読売新聞 NHK 準キー P&G(ファイナンス) JR東海 東電 JICA JETRO 全銀協
66 みずほ(IB) JAFCO NIFSMBC 住商 川崎汽船 東証 JFE 任天堂 東ガス JRA 同友会 関電 東建 旭硝子
65 三菱東京(IB) 伊藤忠 東急不 大和SMBC 毎日新聞 信越化学 JR東 大ガス 中電 出光 JASRAC
----------------------------------------------------------------------------------------------------
64 農中 丸紅 時事通信 産経新聞 住友不 JR西 トヨタ ソニー 三菱/三井/住友化学 P&G(CMK)昭和シェル
63 新生銀(IB) JAIC 森トラスト ホンダ パナソニック BASF 味の素 三菱重工 住友電工 住友金属 富士フイルム キヤノン 東北/九電 NTTドコモ
62 マリン 三菱UFJ信託 日本政金公庫 豊通 キリン 花王 サントリー apple J&J ユニリバ 川崎重工 富士ゼロリコー NTTコミュ NTTデータ 神戸製鋼 中国/四国/北陸/北電 AC(非戦) Oracle NRI(SE) SAP
61 JA共済 双日 ADK アサヒ 日立 日産 デンソー 日清製粉 旭化成 王子製紙 P&G(CBD) JOMO
60 三菱東京(EE) 住友信託 日本生命 シャープ パナソニック電工 東レ 住友3M ブリヂストン JT 鹿島 大成 NTT東西 資生堂 三菱マテ


大手監査法人ってこの表でいうとどこらへん?




290 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 01:11:01 ID:???
>>289
Deloitte/TCがこんなところにいるなんて・・・

291 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 10:20:50 ID:???
>>289
これどこのスレからのコピペ?


292 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 16:10:16 ID:???
そもそも整合性がなってない、いいかげんな表だ

293 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 20:05:16 ID:???
>>292
雑魚がだまれよ!

294 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 22:52:39 ID:t4GEnYu+
公認会計士を目指そうかと重いはじめてるんだけど
日商簿記って必要なの?

必要なら何級必要?


295 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/02/29(金) 23:19:47 ID:???
>>294
不要。3級の問題解いてみてちょっとでも嫌だなと思ったらあきらめよう。

296 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 02:01:59 ID:mhY9MyoO
論文式試験の科目免除をもらうための得点率っていくらくらいですか?

297 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 06:58:56 ID:???
>>296
合格者平均を基準として決定されます

298 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 07:30:40 ID:mhY9MyoO
>>297
ありがとうございます。
つまり、足切りや合計得点で不合格であった場合で、企業法のみが合格者平均を超えていたような時は
企業法が科目免除。ということですね。

299 :297:2008/03/01(土) 11:14:13 ID:???
>>298
その通り
だから科目合格重ねて合格する計画立ててる人はきついよ

300 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 13:00:29 ID:???
いや科目免除の基準は明確に決まってない
監査審査会のHPミロ

301 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 21:28:41 ID:mhY9MyoO
>>299
科目合格狙いにきびしい制度というのはどうしてですか?
科目免除の条件自体は、合格点とれてたらいいのならばゆるいと思うのですが。

302 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/01(土) 21:39:54 ID:ggAjWfsY
受験料が高すぎます。

短答の日程が短縮されたのだから、受験料もその分下げても
良さそうなものだが、そうはならないのか?


303 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/02(日) 01:15:48 ID:???
配布する資料が増えたからじゃ

304 :294:2008/03/02(日) 09:55:27 ID:???
>>295さん、ありがとう。ではなぜ公認会計士目指す人で簿記受ける人多いの?



305 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/02(日) 13:11:02 ID:???
ペースメーカー
一定の評価を受ける資格だから取っとく
みんな受けるから

306 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 13:01:32 ID:+/zaoUlk
外貨建取引での質問なんですが、
独立処理での事前予約の際、

為替予約 / 為替差損益

or

為替予約 / 繰延ヘッジ損益

の2パターンあると思うのですが、
これの判断は、問題文のどういう所に注目すればいいですか?

ドル建輸入取引は「実行されることが確実」であり、ヘッジ会計〜

この辺りでしょうか?

307 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 13:55:01 ID:???
ヘッジ会計の適用ありなら下

308 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 15:19:54 ID:+/zaoUlk
残念ながら問題文には、ヘッジ会計の適用アリ、ナシが
書かれてないことが多いです。

問題集での、繰延ヘッジの問題と、普通の事前予約との違いは、

「取引の実行が確実&ヘッジ会計の要件を満たしている」
の 文面があるかないか。だけのようです。
この文面があると、ヘッジ会計の適用と判断しますか?

309 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 16:00:47 ID:???
>>308
ですね
通常、ヘッジの効果があれば企業はそれを会計に反映したいし、するべきと考えられるから
あと、F/Sにおける繰延ヘッジ等の科目の有無で判断できることもある

310 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 20:42:07 ID:???
>>309
ほ〜、そうなんですか!
たしかに適用した方が理にかなってますものね。
って事は、事前予約の場合、
ヘッジ会計を適用する事を前提に考えた方が良さそうですね。

答案用紙の科目の有無での判断も参考になりました。
総合問題でなら、それで判断可能ですね。
ありがとうございました。

311 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 21:14:46 ID:8wVl5dl7
法人税を払わなくても良い状況とはどういった時ですか?

312 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 21:30:51 ID:???
なに言ってんだこのカスが!!

313 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 21:35:53 ID:???
赤字の時

314 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/06(木) 23:09:21 ID:???
ちがうけどまあいいか。みんな分からなくなったら教科書戻れ。

315 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 01:19:22 ID:???
監査論の継続企業の前提のところについて質問なんですが、
合理的な経営計画が示されなかったら監査範囲の制約になって(大抵は)意見拒否になりますよね。
でも合理的な経営計画って何なんでしょう?
実行可能性があって、再建の目処が立つような計画?
だとしたら、その後継続企業の前提が成立しないとして不適正意見が出される余地って無くないですか?


316 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 02:13:11 ID:???
計画が無理難題じゃないものじゃなきゃいいんだよ
そもそも明日のことなんて誰にもわからん

317 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 02:14:52 ID:???
つまり合理的な経営計画の「合理的」ってのは、確実に経営再建できるってことは意味してなくて、
あまりに非現実的すぎたり、むちゃくちゃな内容だったりしはしないって程度の意味と捉えればよいのでしょうか?

318 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 02:16:53 ID:???
会社法第337条3項2号の「その取締役」の「その」とは株式会社を指すのでしょうか?それとも子会社でしょうか?

319 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 02:57:43 ID:???
>>317
実現可能性じゃなくて実行可能性となってることからも感じ取るべし

320 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/07(金) 03:16:14 ID:???
金商法では上場会社に財務報告にかかる内部統制について、内部統制報告書の提出を義務付けてますが、
ではその前提となる、上場会社への内部統制の整備自体の義務付けの根拠となる条文ってなんなんでしょうか?
確か会社法では大会社には内部統制の整備を義務付けてましたが・・・。

321 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/09(日) 20:17:13 ID:OZObYGTB
 リース取引に係わる会計基準(&適用指針等)について
 ファイナンスリースとまず判定されるための条件として
 現在価値基準があるけれども

 「解約不能の期間のリース料総額の現在価値がおおむね見積もり
  現金購入価額の90%以上」

 だと何故ファイナンスリースと判定されるのか意味解りません.
 
 耐用年数基準に関してはなんとなく解りますが(解約不能期間が
 対象物件の経済耐用年数の75%以上ならおそらく購入したと
 同じと考えられるから).

 何故でしょうか?

 宜しくお願いします.

322 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/09(日) 20:20:22 ID:OZObYGTB
 と思ったら適用指針に書いてありました
 (といっても全て納得したわけでは無いですが)

 すいません.

323 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/09(日) 20:28:30 ID:???
>>322
「解約不能なら、借金して買うのと変わらないじゃん」
って事じゃない?

で、その具体的ボーダーが「現金購入価額の90%以上」と。

324 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/09(日) 20:30:10 ID:???
>>314
繰越欠損金の事かい?

325 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 16:05:27 ID:2wJ/KdQJ
いくつか質問があるのでお願いします。

知れている債権者には格別に報告しなければならないの格別は、
格別であってますか?各別ですか?

普通、株式や社債は払い込みがあれば遅滞無く発行するものですが、
新株予約権証券のみは、請求がある時まで発行しなくていいんですよね?

最後に一つ、
社債について「期限の利益を喪失する」とありました。
どういう意味ですか?

よろしくお願いします。

326 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 16:34:43 ID:???
各人別に報告するということだ。格別では、格別のご配慮だろ


327 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 21:42:50 ID:???
質問です。

会計監査人設置会社=公認会計士の監査を受けている会社?で良いのでしょうか。

328 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 22:05:36 ID:???
違います
2条参照
てかひどい

329 :103:2008/03/10(月) 22:12:24 ID:H4mOBGhi
 別にひどくは無いと思われ

 監査法人が抜けてるくらいじゃね

330 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 22:23:15 ID:???
>>329
こいつもひどいwwww

331 :103:2008/03/10(月) 22:27:24 ID:H4mOBGhi
 ひどいって何が?w

 簡単にいやあ監査人に監査受けてると言っても
 差し支えないじゃんw

 2条参照でそれ以外に???? アホほど難しく言いたがるなw

332 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 23:08:45 ID:???
会計監査人を設置する旨を定款に定めている会社が会計監査人設置会社だろーが
よって監査を受けていても定款の定めがなければ会計監査人設置会社ではない

>>331
「機関」とか「定款」っていうことば、わかるかなー?
もっとかんたんにいったほうがいいかなー?
wwwwwwww

333 :103:2008/03/10(月) 23:14:26 ID:H4mOBGhi
 何言ってんだオマエ

 クスリでも打ってんのか

 つまんねーから 師ね

 現実に定款にも書かないで監査を定期的に受ける企業なんか
 いねーーよ この引きこもり

334 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 23:18:47 ID:???
ぷっwwww
「ほうりつ」ってどういういみかしらないんだ?
パパかママにきいてごらん!!
wwwwwwww

335 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/10(月) 23:20:27 ID:2wJ/KdQJ
>>325の残りについてもよろしくお願いします。

336 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 10:50:43 ID:???
すいません、2010年目標で入門からはじめようと思ってるものですが
みなさまは、どこの予備校ですか?
私は、LECかアクセルに通信にしようかと検討中です。

いろいろとアドバイス頂ければ幸いです。


337 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 18:43:27 ID:???
46 :103:2008/02/03(日) 23:40:02 ID:4RKRi+wn
オマエラ喋る人はどれだけいるの???

俺はリアル…

週2回のバイトで上司(?)や仲間と2日
週1日くらい昔の親友と飯
電話で飲み屋のどうでもいいロシア人ねーちゃんとつまらん会話

正直スレの雰囲気見てるといじめられそうだけど上記でもかなりつらい
もっと同姓の親友欲しい ロシア人ねーちゃんはたまに会話のための
会話で話してるだけで基本的にちょーつまらん 男の親友少なくてつらい…

61 :103:2008/02/10(日) 20:42:22 ID:KZF5TZMK
 >>56

 存在はしてます(藁

 最近変なクスリ飲むようになつてきた… 激しくダメ人間に
 なりつつありまつ…

338 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 18:45:52 ID:???
180 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2007/06/09(土) 16:41:09 ID:buo3SJNV
39で奥さんいて年収700裏山シスとか思っちゃうオレは
 氏ねということでしょうかw そんな俺は32歳の4年目短答50台..
 唯一TOEIC990点換算のTOEFL持ちだけが心の支え...


181 :180:2007/06/09(土) 16:45:18 ID:buo3SJNV
最近話してる女と言えばロシア人のキャバクラ嬢くらい。。。
勿論キャバクラ嬢なのでさっぱり中身が無いw
精神的満足度ゼロw

184 :180:2007/06/09(土) 16:49:34 ID:buo3SJNV
 株で大もうけしていた時はそう感じた

 今はもう悲壮感だけ 話す友達一人とキャバクラ嬢と親だけで
 つまんなすぎて自殺したい

339 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 18:48:02 ID:???
186 :立教3年:2007/06/09(土) 16:51:45 ID:???
ゴミがあつまるスレッドですね。
私は初受験でしたが短答パス確定です☆


187 :180:2007/06/09(土) 16:54:50 ID:buo3SJNV
 まあ俺は陸橋なんてクズ大学入らなかっただけ後悔してない


188 :立教3年:2007/06/09(土) 17:05:03 ID:???
>>187
32才でTOEFLの点だけが生きがいの方のほうがよっぽど……。
しかも一回り下の人間にムキになるなんて。
ホント、ゴミですよね^^

191 :180:2007/06/09(土) 17:09:06 ID:buo3SJNV
 いやそもそも立教は大学でも無いしな。。。w

 まあ俺は職歴自体は存在するから低学歴若造と話しても
 そもそも話しあわんな


192 :立教3年:2007/06/09(土) 17:12:35 ID:???
>>191
今夜も、ロシア人とお話ですか?
実は私も羨ましいと思います。時間にゆとりがありますもんね。短答落ちて。
私はそろそろ回線切って勉強してきます。論文あるので。
ロシア語上達するといいですね。あは。

340 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 18:49:13 ID:???

193 :180:2007/06/09(土) 17:16:03 ID:buo3SJNV
 そりゃロシア語は上達したいさ

 2、3カ国語しゃべれれば楽しいだろ それはそれで


194 :180:2007/06/09(土) 17:19:03 ID:buo3SJNV
 まあ今の全員大学入学時代に名乗るのが許されるのは少なくとも
 筑波以上だから(俺は飯台)名乗るの止めとけ マジ

341 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 18:51:07 ID:???
103ってヤツは32歳の4年目短答50台らしい。
マジでこいつのアドバイスは真に受けないほうがいい。

342 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 20:17:25 ID:???
公認会計士又は監査法人による監査を受けている会社は会計監査人設置会社である。


だからなwwwwwwww
落ちるはずだわwwwwwwww

343 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/11(火) 20:42:24 ID:???
103、かなり痛い奴だな。勉強もあんまりできないみたいだし。このスレには相応しくない。

344 :103:2008/03/11(火) 21:01:40 ID:???
 ぷっ

 都合のいいとこだけアップしやがってw

 オレは正直まあこんな試験とんなくても言い訳だがもう

 アップしてる香具師はそこも読んでんだろ?w

345 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/12(水) 04:16:06 ID:???
テキストやネットで調べましたがころころ去年から変わったような気がして
最新の情報が把握できないですが
低価法の原価、販売費、営業外費用、特別損失になる内訳について
何処かに一覧表は無いでしょうか?

346 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/12(水) 05:09:17 ID:???
>>345
監査小六法。

347 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/13(木) 00:43:07 ID:???
普通に08目標の教科書に載ってたと思うけど(TAC)
07使い回してるの?

348 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/15(土) 01:53:57 ID:???
吸収合併の逆取得の場合の連結財務諸表ってなんでしょうか。
合併した場合一つの企業になるのだから個別上の処理になるのでは?
吸収合併の取得の場合は個別上の処理しかやりませんよね?
消滅会社が取得企業になるのでパーチェス法を適用したいのはわかるのですが。
なぜ連結という概念がでてくるのかがわかりません。

バカな質問かもしれませんが誰か教えてください。。

349 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/15(土) 15:23:58 ID:???
>>348
当然、他にも子会社が多数いるだろうって話

350 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 17:16:45 ID:97lSr5H8
資本連結について教えてください。
数社で株式を相互持合いしてる場合に、
開始仕訳は保有比率と持分比率はどう使い分すればよいのでしょうか。

351 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 17:19:21 ID:???
意味わかんね

352 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 17:41:45 ID:97lSr5H8
説明下手でスイマセン。
資本金、資本剰余金は取得時から金額が動くことはあまりないので、
保有比率で開始仕訳を行うと思うのですが、利益剰余金については
毎期の利益の積み増しなので持分比率で開始仕訳を行うのでしょうか。

353 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 20:04:29 ID:???
公認会計士又は監査法人による監査を受けている会社≧会計監査人設置会社
ということで。

354 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 20:14:21 ID:???
おまえは中学レベルの数学も学習してないんだな

355 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 20:25:06 ID:???
それでは今から354が模範解答を書きます。


356 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/16(日) 20:27:59 ID:???
なぜそう言われたかもわかってねーんだろ?
恥ずかしいぞ

357 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/17(月) 03:56:22 ID:???
>>352
いまいち何を質問したいのか理解できかねますが
利益剰余金は小餅のように持分比率で開始仕訳を行うことは不可能かと。
過年度のれん償却で動くので。
タイムテーブルから読み取るのが一般的です。

358 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/19(水) 20:29:24 ID:Vib7R+PY
所得税法の質問です。
家事費・家事関連費が必要経費等に参入できない(費用控除できない)のはなぜなんでしょうか?

359 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/19(水) 20:47:30 ID:???
必要経費=業務に必要な経費
家事費=業務に無関係な支出

360 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/19(水) 23:20:36 ID:???
その前に
家事費と家事関連費とは同じ意味ですか?

361 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/19(水) 23:31:46 ID:???
ヤル気がなくなってきたんですがどうすればいいですか

362 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/20(木) 00:06:15 ID:???
家事費は収入との関連が無いもの。
家事関連費は収入との関連があるか微妙なもの。
けど半分以上が収入と関連があることが明らかじゃない限り必要経費にはできない。

363 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/20(木) 05:02:02 ID:???
50パーまでは必要経費にしちゃっていいですから

364 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/21(金) 11:02:04 ID:???
>>361
とりあえず自習室に行け。話はそれからだ。

365 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/03/28(金) 18:10:22 ID:4HtKeuuy
会計士試験の試験対策において
証券取引法と金融商品取引法で大きな違いはありますか?

366 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/04/28(月) 12:48:59 ID:???
連結F/S上子会社が持つ親会社株式は取得原価で純資産の部に自己株式として記載する
答練でこれが誤りらしいのですが、正しくないですか?
簿記ではこう処理してますし

367 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/04/28(月) 13:03:33 ID:???
>>366
親会社持分

368 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/04/28(月) 13:10:20 ID:???
>>367
そこですか・・
ありがとうございました

369 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/04/28(月) 13:13:07 ID:???
>>366
阿部ちゃんに言わせれば△の択だな
完全子会社ならその通りだから正しい場合もあるし

370 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/02(金) 13:17:36 ID:???
在外新株予約権
適用指針読みにくいんですが市販参考書で分かりやすいのありますか?

371 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/02(金) 18:33:48 ID:???
会計監査人は機関ですか?

372 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/02(金) 18:48:23 ID:???
役員じゃないけど、機関

373 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/02(金) 19:33:51 ID:???
ありがとうございます
先生によって違ってるんですが微妙なとこは短答じゃでないですかね

374 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/03(土) 03:12:40 ID:Ox2vHRK4
建物は平成4年10月1日に取得し、耐用年数は30年であったが、
平成19年「10月」1日に改修工事が完成し、
工事代金48、000千円が支出された。
改修後の耐用年数は10年間延長されることとなった。
(当期の決算日は、平成20年3月31日)

既存の建物は、200、000千円
期首の建物減価償却累計額は87、000千円
減価償却方法は、定額法。残存価格は取得原価の10%。

建物  19、200 / 現金預金 48、000
修繕費 28、800 /

この場合の、当期の減価償却費を教えてください。
(期首ではなく、期中に資本的支出)

375 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/03(土) 18:25:08 ID:???
会社法だと監査役って子会社の使用人になれますよね?監査論の答練で、
「監査役監査は会社又は子会社の取締役及び使用人との兼務が禁止されているほか…」
という選択肢が正しいと書いてあるんですが。私の理解が間違ってますかね?

376 :375:2008/05/03(土) 18:29:03 ID:???
自己解決。ひどい勘違いでした。
親会社の使用人は子会社の監査役になれるけど逆は無理ですもんね。
すいません。あー恥ずかしい。

377 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/03(土) 19:02:39 ID:???
test

378 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/03(土) 19:09:59 ID:???
はじめての書き込みです。よろしくおねがいします。

ひとつめの質問は税理士簿記論の建設業会計についての質問です。
工事完成基準、工事進行基準ともに、期中で工事が完成しても収益の計上は決算でやるんですか?

続いてふたつめです。
たとえば売買目的有価証券(洗替法)の時価評価で前期末に評価損を計上し
当期首に洗い替える場合、解答欄に評価損と評価益 両方があるときは評価益として洗い替えるんですか?

初歩的な質問ですみませんが教えてください。

379 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/03(土) 19:28:47 ID:???
>>378
工事完成基準は工事が完成引渡しされた時点で収益を認識しますし
進行基準でも同様です

貸方に評価損がきます

380 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/05(月) 02:05:59 ID:???
工作員

381 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/05(月) 11:28:50 ID:hQbOULx1
当たり前だけど、お前ら受かる気ないよな?

382 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/06(火) 15:29:35 ID:???
特別支配会社って親会社の方を指すんですか?????><

383 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/06(火) 15:57:52 ID:???
簿記2級の知識しかなくて先に連結の勉強するのは無理ですか?
やはりその前に覚えなきゃならないことはたくさんありますか?

384 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/06(火) 17:11:37 ID:???
>383 うん。

385 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/09(金) 23:12:57 ID:???
会計士試験でまず短答合格を狙ってるのですが短答のみだと勉強時間何時間ぐらいでしょうか?
また論文と短答の勉強時間の比率はどのぐらいなのでしょうか

386 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/09(金) 23:25:42 ID:???
知るか
毎日10時間半年やれば合格レベルには達する

387 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/09(金) 23:47:30 ID:???
短答は1000時間ぐらいじゃね?

388 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/10(土) 18:49:17 ID:???
会計士の論文試験の2年間科目免除になる得点は合格基準の52%なのでしょうか?

389 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/05/10(土) 19:24:21 ID:???
57〜60%ぐらいじゃなかったっけ。偏差値基準で57%とかだから
『科目合格はあくまでおまけ』なんていわれたりする。狙って取るもんじゃない

390 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/06/29(日) 13:09:09 ID:94SWitj7
来年のセンター試験で簿記・会計を受けようかと思っています。
日商2級程度の知識で満点取れると言われた(あくまで伝聞です)のですが
一から始める場合、どんな風に(用いる本ですとか)勉強していけばいいでしょうか?

ちなみに過去問は↓から見られます
http://hiw.oo.kawai-juku.ac.jp/nyushi/

大学入試センター試験速報

出題傾向・分析コメント、問題、正解・配点

数学のところの簿記・会計

よろしくお願いいたします!

391 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/06/29(日) 13:18:36 ID:???
あ、書くところ間違えた感が・・・どうもすいません

392 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:2008/07/01(火) 13:33:36 ID:???
2009年だからスレ違いだな

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)