5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

作曲科受験生の為のスレッド〜第2楽章

1 :nanasissimo:2007/12/21(金) 19:57:35 ID:R2Dqn6pL0
前スレ「作曲科受験生の為のスレッド〜第1楽章」
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/musicology/1141024592/

2 :nanasissimo:2007/12/21(金) 20:35:42 ID:0vWj+cXhO
2

3 :nanasissimo:2007/12/21(金) 23:43:20 ID:hBWILHjLO
スレ復活おめでとう!
芸大作曲科の学生って在学中アルバイトとかしてますか?勉強に忙しくてそんな暇ないですかねぇ…実態が知りたいです。

4 :nanasissimo:2007/12/23(日) 02:35:24 ID:BdD672no0
即死防止

【和声】
芸和→シャラン380の9・10巻→シャラン24やフォーシェ40(絶版)

【対位法】
ギャロン→学習追走曲(絶版)かフーガの実習

【曲】
楽式論→ブラームスのVlやVcソナタの楽譜から研究
楽器法は伊福部管絃楽法(絶版)かピストン管弦楽法

辺りが受験の王道か?
フォロー頼みます

5 :nanasissimo:2007/12/23(日) 04:32:19 ID:4laOhJ6n0
新設乙

6 :nanasissimo:2007/12/23(日) 20:55:43 ID:LLGX/rSo0
うーん まだ反復進行終わらない 問題多すぎ
しかもここは半音の刺繍音だろって一瞬思ったけど、
凡例のとおりに全音にして持ってったら
この刺繍音が全音なのはなぜなんだっ?と小一時間問われた。(汗
本が正解とは限らない、、、。orz 自分を信じればよかった


7 :nanasissimo:2007/12/25(火) 16:28:32 ID:kXiUou8nO
>>1 乙です

8 :nanasissimo:2007/12/25(火) 19:07:50 ID:KkCYR0rTO
作曲科学生のランキング (和声、対位法習熟編)

A東京芸大
B京都市芸大、東京音大、桐朋
C愛知県芸大、国立音大
D武蔵野音大、日芸

異論、追加等あればどうぞ。

9 :nanasissimo:2007/12/25(火) 19:46:50 ID:KkCYR0rTO
作曲科学生のランキング(教授陣への満足度編)

A東京音大
B東京芸大、国立
C桐朋、京都市芸大
D愛知県芸大、武蔵野音大、日芸

こんなもんでしょうか。

10 :nanasissimo:2007/12/25(火) 21:19:17 ID:ND06tfWf0
 和声について以前から疑問に思っていることがあります.どなたか助けてください.
六度調X73和音を借用後,「原調Y〔1転〕で受ける」ことは,想定されていないのでしょうか?
借用和音を説明されたら,当然Yの一転が必要になると思うのですが,これまで文中に説明されたことのない和音です.
今,3巻の構成音の転移をやっているところですが.
>>6
先生には何ていって答えたの?

11 :10:2007/12/25(火) 21:24:07 ID:ND06tfWf0
 すみません.p.214和音の補遺を見たら分りました.これは,まだ先のページですが,このページまで学習を進めて初めて使うことのできるようになる和音であるようには思いませんので,適宜使ってみようかと思います.

12 :nanasissimo:2007/12/26(水) 19:11:56 ID:ZTAVlJ1n0
 前スレの書き込みによれば,今構成音の転移をやっている人が何人かいると見えますので,うpしてみます.
課題26の2です.赤いマルを付けた箇所,みなさんはどうしましたか?
僕は夕べから散々悩んで,さっき完成しました.
H音が実はCesであるという解釈です.

ttp://www.uploda.org/uporg1173902.gif

13 :nanasissimo:2007/12/26(水) 22:43:40 ID:eQshvdN90
>>10 感覚より凡例のとおりにしたといったまでですよ。

>六度調X73和音を借用後,「原調Y〔1転〕で受ける」
あれ、前からでてきてなかたっけ。忘れましたw

瞬間的な転調っていっていいのかな。4度調での同様のものなんかも
私かなり好きですよ。

皆さん文章化の力あるなぁ、
師匠からは感覚で理解しろあまり本見るなといわれてるんで
言葉だとなんだか理解するのに時間掛かる。

>>12 Ces?


14 :nanasissimo:2007/12/27(木) 12:38:21 ID:toEjhuTMO
3巻までくると、より音楽的和声への移行、学習的和声からの脱却が始まります。和音や調の繋がりが説明できるものならば、大体感覚通りで大丈夫でしょう。

15 :nanasissimo:2007/12/28(金) 09:43:20 ID:8nckJkWM0
和声は芸大3巻終了しました。
ポップスの曲でバイオリンなどの使い方を勉強したいのですが、
対位法をやればいいのでしょうか?
おすすめの本などありましたら教えて下さい。


16 :nanasissimo:2007/12/28(金) 12:08:47 ID:/LR3vBiU0
和声なんて黒巻を弾きまくって響きだけ覚えれば良いじゃん。

あんなんに何年もかけてるやつの気が知れない。

俺はちゃんとコンクール等で結果残してますが。和声なんかまともにやってる方がアホ。あんなの古典だけの書式だよ。

まあ、でも音楽未経験者ならあれから音楽入るしかないか。ピアノとかベートーヴェン、ブラームス等ろくに弾いてきてないわけだから。

17 :nanasissimo:2007/12/28(金) 20:15:12 ID:F/+YqflDO
まあ趣味の領域だとは思う 知ってるからといってどうということもない
都合の悪いところはみんな例外扱いでとても学問とは言えないし

18 :nanasissimo:2007/12/28(金) 22:40:01 ID:Qy1od1m/0
>>16
 とても乱雑な文章だけれど,それが本心から出た言葉なら,あなたのような方が本当の能力者だと思います.

19 :nanasissimo:2007/12/29(土) 00:07:05 ID:3iKkAsxe0
>>16みたいな大天災でも受験生スレ見に来るんだな

20 :nanasissimo:2007/12/29(土) 00:18:37 ID:OUO2ZWqV0
>>16
あなたの書いた作品を見てみたい!

21 :nanasissimo:2007/12/29(土) 12:33:36 ID:d+OIvOO+0
>>18
本心です。まあ、あの本の調性感の中で編曲や作曲するんなら大いに役立つでしょう。
私の中ではあの世界での作曲はもう既に退屈ですがね。

>>19
あまりの馬鹿さ&レヴェルの低さ加減に一言言わせてもらったまでです。あの三巻ごときで四苦八苦してるような奴は音楽の才能の欠片もないと思う。
どうせ自分で書いた課題を初見でもろくに弾けないんだろ。五線紙上でしか処理できてないから。よくいるよそういう受験生たまに教えてたし。
しどろもどろで弾く姿すら恥ずかしい

>>20
無調も書くし調性も書くよ。独自の旋法でね。見せてあげたいですね。今年あったコンクールで入賞した作品が
来年度に入賞者演奏会で演奏されるから虱潰しに聴きに来てきださいな。その中に私の作品ありますから。
まあ、コンクールなんてただの通過点に過ぎませんが。作曲家として自分の中ではなんの計測にもなってないし。
ま、どちらかというとG大の諸先輩方より武満さんや吉松さん、海外の多くの若い作曲家などの作品に影響受けましたよ。
自分独自の世界を持っている作曲家をリスペクトしています。ちなみに12音やピッチインターヴァル技法などは好みではありません。

とにかくG大三巻レヴェルで立ち止まらないほうがいいですよ。フーガも対位法も過去の産物として有名どころの4、5冊をなんなくこなし多くの作曲家の譜面とCDを掻き集め自分流に消化しさっさと曲をと書いていったほうがいいでしょう。
立ち止まるような人は相当な遅れをとっていると思っていいと思いますよ。

22 :nanasissimo:2007/12/29(土) 12:35:58 ID:d+OIvOO+0
ブラインドで二分くらいで打ちましたので誤字脱字了承願いますw

23 :nanasissimo:2007/12/29(土) 13:36:12 ID:aQF/OSNiO
コンクール入賞を盾に自己防衛、自分を神格化、ちょっとおだてりゃ、嬉しそうに長文書き込む姿は痛い。しかも何気に「ブラインドて2分で書いた」とアピール&文章力の無さをフォローするとこなんか始末に負えない。

誰にも相手にされないからと言って、こんな所でマスターベーションして快楽を味わうのはよしてくれ。迷惑だ。

24 :nanasissimo:2007/12/29(土) 13:46:55 ID:V2QJ8wqeO
まぁ 先生の立場レベルの人の本心と考えれば、自分には刺激になった。
煽り上等!
ここは2ちゃんだし俺はOK。

25 :nanasissimo:2007/12/29(土) 13:49:11 ID:d+OIvOO+0
「ブラインドて2分で書いた」 「相手にされないからと言って」
読み直せ 日本語になってないよお前
文章力のなさを指摘しようとしながら句読点の稚拙な多様にさらなる馬鹿さ加減を露呈している救いようの無さw

ま、その程度だよなw  才能無し童貞君は作曲の勉強よりマスターベーションして寝ろ 薄気味悪い

26 :nanasissimo:2007/12/29(土) 14:32:21 ID:FLKtO+f4O
コンクール通ったの?おめでとう!何コンクール?

27 :nanasissimo:2007/12/29(土) 16:48:55 ID:Dx6LveOk0
国内のコンクールにひとつふたつ入ったくらいで浮かれんなよ。
その傲慢さが自分自身の成長のきっかけを失わせる。
武満を尊敬しているならそれくらいわかるだろう?

和声で滞っても気にすんな。
その代わり毎日少しの時間でもいいからとにかく続けること。そして
音にすること。(ピアノで弾きながら実施することは薦めないが)
成長の度合いは人それぞれだ。

28 :nanasissimo:2007/12/29(土) 18:41:27 ID:eUtyd4ug0
ってかこれ、釣りなんじゃ…
コンクール(笑)

29 :nanasissimo:2007/12/29(土) 19:31:22 ID:3DigHGHV0
コンクールだってさ

お疲れ様です

30 :nanasissimo:2007/12/30(日) 01:45:11 ID:qD7xL9+pO
半年ROMれクズ共

31 :nanasissimo:2007/12/30(日) 02:22:29 ID:EdltrYTjO
感性が無いと無理だよ。
おまえら
天才の条件に絶対音感とかも
ある
おまえらにあるか?
俺まだ高校生だが、
これから
あー・・・・書くのだるっ
まぁ、感性は重要だぞ

32 :nanasissimo:2007/12/30(日) 10:41:20 ID:dB1lxdLr0
現代音楽家の立場ってどうなっていくんだろうね。やはり一部の色物音楽扱いされて衰退して消えていくんですかね。大阪万博のときはあんなに盛り上がったのに。

だって国家でさえ…例えば天皇陛下が御即位したときも式典で黛敏郎の素晴らしい作品を献ったのに
それを引き継ぐべき御即位十周年式典の作曲者が(しかも演奏も)元X−JAPANのYOSHIKIですよ????

所詮は知名度、人気度、話題性なのかと思うと常日頃、現代音楽の世界に勤しんでいる私としてはなんともやりきれない疎外、追放された感というものが本音であります(苦笑)

33 :nanasissimo:2007/12/30(日) 13:36:28 ID:It6QUYKqO
じゃあ、歴代の大作曲家たちは優遇されてきたのか?って話だ

確かに、曲を書けば、今よりは喜んではもらえたかもしれない。
でも、金に苦しんだり、書きたくないスタイルを書いたり、
同性のパトロンに抱かれたり、
新しいことをすれば変人を見る目で見られたり、
生きているうちは叩きに叩かれ、
死後何年も経って、どこかの評論家が誉めたとたんに右ならえ。

そんなのはベートーヴェンの時代から当たり前にあったこと。


それでも創造を押さえられないのが真の芸術家なのだよ。

ちやほやされたい。お金が欲しい。
なら、現音で未踏の美を追い求めてないで、そういう土俵で曲を書けばいいだけの話。

34 :nanasissimo:2007/12/30(日) 13:55:29 ID:dBQACVae0
>同性のパトロンに抱かれたり、

これだけは出来るかどうか、、、出来ないと思う(汗


35 :nanasissimo:2007/12/30(日) 14:24:29 ID:dB1lxdLr0
作曲家はとび切り上等な曲を書けばいいんですよ。
演奏家はとび切り上等な演奏を奏でればいいんですよ。
たとえば寿司屋だったらとび切り上等な、有無を言わさずうまいと大多数の人間が唸る寿司を握ればいいんですよ。
違いますか?
そこに少数の「まずい」と叱咤してくる一部の偏った味覚(価値)観を持つ人間がいたとしても(必ずいる)、
そんなこと大切なことじゃないんですよ。そういう優れた作品や演奏(音源)は後世に残りますから。必ず。

皆さんも芸術を志した頃の自分に介在する純粋さを忘れず、これからもお互い頑張りましょうよ。

36 :nanasissimo:2007/12/30(日) 14:34:45 ID:dB1lxdLr0
寿司屋だったら最高の新鮮なネタを朝早くに仕入れて、おいしい寿司を握ってナンボって世界でしょ?
シェフでもなんでも一流の世界の人間ほど影で努力している。
料理人から音楽化の道を目指したので少々強引な意見かもしれませんが、そういう当たり前の事を忘れてしまってはだめですよ。と稚拙な文章ながら私は言いたいのです。

37 :nanasissimo:2007/12/30(日) 16:23:38 ID:4b8Q0Uhz0
>>32
気持ちは分かる。だがこれだけは言っておく、お前が本当におn


38 :nanasissimo:2007/12/30(日) 20:02:34 ID:dB1lxdLr0
例えばこの世にさ、ベルリオーズが生まれてなかったとして、今の時代に「幻想交響曲」を自分の作品として世に問うたらどんな評価がされると思う?

39 :nanasissimo:2007/12/30(日) 21:29:33 ID:l/cfsbw/0
ハイ
次の質問をどうぞ

40 :nanasissimo:2007/12/31(月) 00:37:31 ID:j2vgJhgNO
高2なのですが、現在芸大和声の一巻の2転が終了した所です。
これから受験までにはたして3巻終了できるものでしょうか。
誰が教えてくれませんか?


41 :nanasissimo:2007/12/31(月) 01:33:57 ID:+4WsVkAX0
やるきしだいやヴォケ こんなとこいないでさっさと 小節割りふって課題やれやカス

だいたい芸大三巻で立ち止まる奴なんてかなりデキ悪いよ  みんなあんなもんさっさと終わらしてフーガとフランス和声と作曲やってるよ

42 :nanasissimo:2007/12/31(月) 01:38:13 ID:+4WsVkAX0

俺の周りの話だがな。
みんな国内外で活躍して大学講師or助手等やってる優秀な若手だが。俺はフーガでは確かに苦労したよ。がんばれよ

43 :nanasissimo:2007/12/31(月) 10:04:05 ID:2zcW+wh30
よしがんばろー!

44 :nanasissimo:2007/12/31(月) 13:41:53 ID:VkhdVWyu0
>>41-12
あんた優しいな

45 : 【中吉】 【2円】 :2008/01/01(火) 02:27:30 ID:JN2nybOq0
1です。
あけおめ。

今年は伊福部管絃楽法復刊して欲しいですな

46 :nanasissimo:2008/01/02(水) 21:49:28 ID:Woy7HvpW0
>>4
芸大受験を前提として...

>>【和声】
>>芸和→シャラン380の9・10巻→シャラン24やフォーシェ40(絶版)

現在入手可能なフランス本に頼ってもよいのでは。
フランス本を手を付けず、邦人本(矢代、野田、原などなど)で勉強する人も。

>>【対位法】
>>ギャロン→学習追走曲(絶版)かフーガの実習

芸大受験生たちは、かならずしも対位法は学びません。
いきなりフーガです。「フーガの実習」巻末に載っているフランス本のうち
教本類は入手できます。なお、芸大はかならずしもフーガを要求していません。

>>【曲】
>>楽式論→ブラームスのVlやVcソナタの楽譜から研究
>>楽器法は伊福部管絃楽法(絶版)かピストン管弦楽法

ブラームスも重要ですが、ロマン派とフランス近代を広く研究すべきでしょう。
楽器法についての知識は、ごく浅くでよい。というか浅くならざるをえない。
本を持たずに臨む人もいます。

47 :nanasissimo:2008/01/02(水) 21:52:31 ID:Woy7HvpW0
【誤】芸大受験生たちは、かならずしも対位法は学びません。
【正】芸大受験生たちは、かならずしも対位法を学びません。

48 :nanasissimo:2008/01/03(木) 21:52:58 ID:Qug29KgZ0
学べよな

49 :nanasissimo:2008/01/04(金) 18:50:54 ID:OJNeHy6/0
正論

50 :nanasissimo:2008/01/06(日) 12:28:50 ID:QBtO0j6Y0
いい加減お受験テクニックだけで作曲科に入るのはヤメてほしい

51 :nanasissimo:2008/01/06(日) 12:43:18 ID:GZQdtlvL0
作曲といえど
どんな学校もお受験テクニックは必要かと。

52 :46(47):2008/01/06(日) 14:08:21 ID:wE0ABFdQ0
>>50
学校側の工夫や努力も必要ですね。
入試(科目)を固定せずに、毎年ゆさぶりをかけても良いのかもしれません。


53 :nanasissimo:2008/01/13(日) 10:03:10 ID:le4cARFFO
>>50
じゃあまず試験時間という足枷をどうにかしなきゃな

作曲に3年かかったものの神掛かったソナタを書いた人が居たとしたら、
受かって然るべしだもんな

無理だよ無理
理想論
科目があって試験時間があったら必ず独特のテクニックがあるはずだもの

54 :nanasissimo:2008/01/14(月) 12:45:49 ID:qtJutMwp0
>>53

>>50はもっと受験生の自主的な意味で言ってるんじゃないのか?
芸大入るんならいっぱい予備知識も付けて来いっていう

55 :nanasissimo:2008/01/16(水) 10:32:27 ID:C2faonie0
>作曲に3年かかったものの神掛かったソナタを書いた人が居たとしたら、

そういうのは残念ながら論点がずれてるねー。
長期間で作品を作り上げるのではなくて、限られた時間で最良に仕上げること力がこの場合求められるわけ。
その能力の善し悪しが判断されるのよ。

わかる?わからねーだろーなーw




56 :nanasissimo:2008/01/16(水) 11:11:59 ID:27ka0AOp0
>>55
パリ音楽院は↓
Instrumentation, analysis, presentation of works, interview
北米の音楽学校もジュリアードに代表されるように、予め準備した作品を
提出するのみですね。いえ、面接は重要なんだろうけど。
芸大も(というか日本の音楽学校も)院試は提出作品が最重要なのでは。



57 :nanasissimo:2008/01/16(水) 12:31:46 ID:zRdTjDWb0
いや,はたから見てるとね,
>>50-56
は自分勝手にしゃべってるだけで全然会話になってないよ.

58 :nanasissimo:2008/01/16(水) 12:46:29 ID:27ka0AOp0
>>57
べつに会話をしているつもりはありません。
徒然なるままに戯言を書いてみたりしているだけです。
>>53>>55の意見のどちらかが正しく、どちらかが誤り、とも感じませんし、
拙言(>>56)で何かを主張したつもりもありません。

会話が成立したり、論旨が明快であったりすることを掲示板に求めることも
ありましょう。しかし、無駄とも思える自分勝手な書き込みが連なることも、
趣きのうちのひとつですね。


59 :nanasissimo:2008/01/16(水) 13:41:07 ID:zRdTjDWb0
まあ,確かに.仰るとおりです.

60 :nanasissimo:2008/01/16(水) 20:40:04 ID:4tNClHPw0
センター試験がんばれよ

61 :nanasissimo:2008/01/20(日) 14:10:23 ID:hJR80AzhO
横レスすみませんが、どなたかChallan380の問題86番のソプラノ課題の譜面を持っておられる方いらっしゃいますか?

62 :nanasissimo:2008/01/20(日) 15:31:30 ID:3Sflk8+/O
みんなセンターどのくらいだった?

63 :nanasissimo:2008/01/20(日) 18:20:14 ID:OmPxLyLh0
中央くらい

64 :nanasissimo:2008/01/20(日) 19:34:04 ID:9vTE1Ooz0
A4位

65 :nanasissimo:2008/01/21(月) 19:04:33 ID:mGbRabHJ0
欧米は面接試験というより口頭試問だな。
理論的なことを質問すれば人柄もすぐわかる。
ピアノなどの試験はこの口頭試問に含まれている。
すなわち大きく筆記試験(無調の聴音も含む)と口頭試問(ピアノ即興もふくむ)に別れる。

66 :nanasissimo:2008/01/21(月) 20:51:54 ID:fNVbw7IN0
>>61
持ってます。

67 :61:2008/01/23(水) 00:18:02 ID:bmo58G88O
>>66さん、いらっしゃいますか?
もしよろしければ、お手数ですがその問題の譜面をアップして頂けないでしょうか?
音の高さがあっているかを少し確認したいだけなので自力でなんとかしたかったのですが今手元に本がない状態でして……。
音名だけでも打ち込んで下さると非常にありがたいのですが……。

こんなこと頼んでしまって本当にすみません。
よろしくお願いします(>_<)

68 :nanasissimo:2008/01/23(水) 06:15:04 ID:dMkKebHx0
フランス和声なんかなんの役に立つんだ?
三善や矢代のようなフランス音楽を真似た作品しか出てこない。

69 :66:2008/01/23(水) 10:10:14 ID:z2Yv4USt0
>>67
ソラソド2|シラシソ|ラファミレ|ミーレ(休)|
レソミド2|シラシソ|ラシド2ファ2|ミ2レ2ミ2ー|


70 :nanasissimo:2008/01/25(金) 04:27:48 ID:m/qYxfeKO
今まで和声をやってきたが、
いざ作曲となったとき、モチーフに対して
何から始めたらいいのかわからないまま全く進まない…

なんだか死にたくなってきた…orz

71 :nanasissimo:2008/01/25(金) 15:36:26 ID:lNWk30OI0
俺がいるなぁ

72 :nanasissimo:2008/01/25(金) 21:43:09 ID:c2pNrzgzO
>>69
ありがとうございました!助かりました。

73 :nanasissimo:2008/01/25(金) 22:28:46 ID:Ju6bhIsU0
>>70
ベトベンのソナタを分析すると良いよ。
分析の仕方がわかんなかったら師匠に質問してね。
モーツァルトの曲は分析しては駄目だよ。

74 :nanasissimo:2008/01/26(土) 01:14:44 ID:wq/mbC9N0
それまた何でモーツァルトはダメなの?

75 :nanasissimo:2008/01/26(土) 11:26:58 ID:DzHLgNJOO
>>70
俺はまず与えられた動機を1楽節に完成させるっていう練習から入った。

編成はまずピアノ曲だった。
ただ、お遊戯のような伴奏からで構わないと指導された。


その後、三部形式に広がって、複合三部形式、で、ソナタに到達。

もちろん、お師匠さんに従うのが吉。

76 :nanasissimo:2008/01/26(土) 11:35:01 ID:DzHLgNJOO
>>68
芸大和声にはない「定型」があるので、経験が増える。
書けるけど書かない、と、書けない、では前者が良いに決まってる。
(もちろん、やらなくちゃ絶対書けない、とは言えないが、
その理屈では極論、和声の学習自体が不要と言う結論になるので除外)

また、モード的な処理も含まれてくるから、
近代和声に移行するためのブリッヂとして与える教師もいる。
この面に関しては、確かに受験の範囲では不要といえば不要。

77 :nanasissimo:2008/01/26(土) 20:06:11 ID:3Aj/SIgV0
何を書いていいかわからない、っていうときにソナタの練習をする必要はないと自分は思う。
どんな奇天烈なものでも稚拙なものでもいいから自由に、思うがままに書いたほうがいいよ。

あえて条件というか制限をつけるなら、規模の大きな曲を書くのがいい。
息の長い音楽を書くことは案外難しいもので、そのときに「形式」が役に立つのだと知るのが正しい順番じゃないかな。
演奏や作曲に対して理想があるからこそ、楽器の練習をするし理論(方法論)の勉強をするものでしょう。

78 :nanasissimo:2008/01/26(土) 22:27:10 ID:xSFPgwEg0
芸大和声にはない「定型」があるので、経験が増える。
書けるけど書かない、と、書けない、では前者が良いに決まってる。
----------------------------------------------------------
それじゃ、将来和声の先生にしかならない。
日本のやっていることはいつも本末転倒。
もう一度三善や矢代作品を再作曲するようなもの。
通用するのはマイコンまで、
海外には三善や矢代作品未だに存在しないことをお忘れなく!

79 :nanasissimo:2008/01/26(土) 22:35:48 ID:xSFPgwEg0
演奏や作曲に対して理想があるからこそ、楽器の練習をするし理論(方法論)の勉強をするものでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和声はやる。でも芸大和声までで十分にソナタは書ける。
対位法も旋法でフーガが書けたらバッハフーガは書ける。
それが終わったら理論はもちろん終わりじゃない。
電子音楽・セリエル・特殊奏法なども同じぐらいの勉強が必要だ!
ソナタやフーガの実習は作曲行為とはいえない。
それは時代様式演習という。
やったほうが良いがソナタやフーガを良く知るためにやる。
楽器の表現の解釈も上手くなる。
しかし決して「作曲行為」とはいえずあくまでも人真似にすぎない。
一番大切な独創性はどこに行った?どこに?

80 :nanasissimo:2008/01/26(土) 23:51:46 ID:DzHLgNJOO
>>79
ブレすぎててなにが言いたいのかよくわからんが、

あなたの主張する大事な大事な近現代のそれらは、
大学に入ってからきちんと叩き込まれるのでご安心を。

ここは作曲科『受験』スレであることをお忘れなく。

81 :nanasissimo:2008/01/26(土) 23:56:42 ID:DzHLgNJOO
あー違うわ
古典から近現代まで、どの理論も均一に大事だけど、
それじゃ独創性が身に付かないって話か


うーん…でもその綺麗事だけじゃ受からないのでね
やっぱり残念ながらスレ違いですかね

本気で憂いでいるのなら、
ご自身で入試がない大学でも設立してはいかがでしょうか。

82 :nanasissimo:2008/01/27(日) 00:29:09 ID:9pMLgmpO0
受験勉強とそうでない勉強を区別している時点で、西洋音楽の作曲には
たぶん一歩も近づかない。ブレているのはむしろ>>80の考えではないかな。
そして、叩き込まれることを期待して、何も教師がしないとなると、
とたんに何もできなくなる学生の無能さがどこに起因しているのか。
東洋の芸術の理解では西洋芸術の精神は絶対に理解できないよ。
理解できても体がそれになかなかついてこない。「どう」作るのかじゃなくて、
「何を」作るのかが大切なんだ。それがわかれば「どう」のところは
自分で見出せばいい。学校で教わることのできるのは、せいぜいその「どう」の
部分だけだ。
受験生は、>>79の最後の一行の持つ意味を、よくよく考えてみて。

83 :nanasissimo:2008/01/27(日) 04:03:12 ID:t3A1toT8O
じゃ音大なんかいらねーじゃん。
みんながみんな吉松隆みたいな人だと思うなよ。

作曲家ったって色々ありますからね。

発注されたスタイルを無難にこなすこと。
現在の構成予定と、削られた構成予定を同時進行で組み立て、
納期までの残り時間を鑑みて臨機応変に対応し、無事完成、納品させること。

大学が、プロ養成機関として、ありとあらゆる方向性においても
諸専門学校より優位に立つために、
何よりもまずこれらの素質をテストしますというのは、
至極まっとうな姿勢だと思う。

その商業作曲家としての最低限の基盤の上で、じっくり後世に残るゲイジュツ作曲家を育てれば良い。
(実際に育てられているかは別だが)

84 :nanasissimo:2008/01/27(日) 10:08:17 ID:chPgYTH70
82ですが。

> 大学が、プロ養成機関として、ありとあらゆる方向性においても
> 諸専門学校より優位に立つために
(中略)
> 商業作曲家としての最低限の基盤の上で、じっくり後世に残るゲイジュツ作曲家を育てれば良い。

少なくとも上野の芸大はそういう位置づけではない(取手が何をやってるのかは知らない)。
芸大和声やフーガの話が出てるから、芸大やそれに近い大学のことを念頭に入れて
考えて書いた。でも商業音楽家の養成が目的なら、古典和声とか対位法なんて
理解はおろか、極端に言ってしまえば、手をつける意味すらないのでは?
むしろポピュラー音楽理論の方がよほど適切。

入試の内容は商業の世界でのことを念頭に置いたものではなく、むしろ
フランスでの昔のやり方を持ってきたまま現在まで放置、といったほうが適切だと思う。
そして、芸術家は「後世に残ること」を目的に作曲しているのではないし、
(まともな)高等教育機関の目的も当然そういう作曲家を育てることではない。

受験まではこれ、大学に入ったらこれ、という考え方は、
教育の場では何かと好都合なことも多いけど、本筋を見失わないようにしないと危ない。
でも正直言って、音大なんかなくなったほうがいいんじゃないかと思うことも、たまにある。

85 :nanasissimo:2008/01/27(日) 11:17:55 ID:c9k4HXbG0
>>84
>>入試の内容は商業の世界でのことを念頭に置いたものではなく、むしろ
>>フランスでの昔のやり方を持ってきたまま現在まで放置、
>>といったほうが適切だと思う。

入試に限ってなら、フランスも昔のまま、といえるのではないでしょうか?


86 :nanasissimo:2008/01/28(月) 07:40:13 ID:j/yVaOf8O
gdgdkr

87 :nanasissimo:2008/01/30(水) 21:57:30 ID:OIasdmRH0
先生に聞いた話だと、ソルフェが6割程度ないと実技で合格点でも落とされると聞いたのですが、
点数化算式の今はどうなってるでしょうか。

理論、ピアノは進んでるのですが、音感が無いもので視唱、聴音が致命的なので……。
明日の私立程度はあるんですが、それ次第で大幅に変わるので情報があればお願いします。

88 :nanasissimo:2008/01/30(水) 23:18:52 ID:TkgwOrr00
合否可能性はよく知らないけど、ソルフェージュできないってのは作曲家にとって致命的すぎないか。
理論勉強するより訓練つんだほうがいいよ絶対。
しかし受験ソルフェしか教えられない人は多いよな・・・いい先生が見つかるといいけど。

89 :nanasissimo:2008/01/31(木) 11:56:06 ID:fpfrsxo/0
>>87
芸大?
加算式になったのですか?
従来だとオールB評価くらいでボーダーという
印象でしたが。


90 :nanasissimo:2008/01/31(木) 12:50:40 ID:ELbGezax0
ソルフェ、ある程度出来ないで作曲なんてヤバいよな

91 :nanasissimo:2008/01/31(木) 14:21:53 ID:wkXtNRiTO
歌も下手では無いとは思いますが、
音楽と楽譜をすぐに直結できないんですよね…
あと一ヶ月あるんで、当然出来るだけのことはしますが

92 :nanasissimo:2008/01/31(木) 23:00:26 ID:LlIyArxXO
>>91
俺もだ
最近始めたが聴音が苦手…

和声もまだ反復進行
前からわかってはいたが、こりゃ今年は無理だな

…さてと、勉強しなきゃ

93 :nanasissimo:2008/02/01(金) 10:49:50 ID:BoC/ftp/0
>92
和声も聴音もダメだと思ったのなら、作曲そのものでがんばれ
実技はすごく大事なんだから

94 :nanasissimo:2008/02/01(金) 21:59:23 ID:XxW4hItA0
反復進行は重要だぜ。。。

95 :nanasissimo:2008/02/01(金) 23:42:42 ID:fnz0/k2a0
僕もこれから反復進行入ります

96 :nanasissimo:2008/02/02(土) 00:38:08 ID:XzfiJdQJO
反復進行大好きだ

97 :nanasissimo:2008/02/02(土) 00:41:33 ID:vv60x/ho0
やっと反復進行終えそう。
長かった、、、ああ、巻末の演習がまだだorz


98 :nanasissimo:2008/02/02(土) 03:07:29 ID:LM4IEurR0
私立の模試ついでの試験……

和声4時間とか時間あまりすぎw
作曲を増やしてくれw

99 :nanasissimo:2008/02/02(土) 03:58:23 ID:leYrymx30
作曲は作品提出だけでよろしい!
数曲コピーして出しなさい。

100 :nanasissimo:2008/02/02(土) 11:24:16 ID:tz05r5JY0
作品提出って盗作については全く考えていないのかな?

受験者が曲を書く→作曲プロに見てもらって、悪いところを指摘してもらう
→書き直し→大学に提出。

これは全然あり?

247 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)