5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自民憲法審、「傍論で違憲」上訴可能に

1 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:26:01 ID:???
語れ
 
ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080424AT3S2300X23042008.html

(以下引用)
自民党の憲法審議会(中山太郎会長)は23日の会合で、航空自衛隊のイラク空輸活動に関する名古屋高裁の違憲判断に関連して、
判決と直接関係のない「傍論」で違憲判断が示された場合は勝訴した側でも上級審に憲法解釈を仰ぐことができる制度が必要と
の認識で一致した。法整備も含め具体的な検討に入る。

2 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:26:35 ID:???
2げと

3 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:27:51 ID:???
>>1
棟居の憲法解釈演習にも、似たような事例問題があったような気がする

4 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:29:26 ID:???
ほう

5 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:32:05 ID:???
>憲法解釈を仰ぐことができる制度

制度ということは、具体的に法律を改正するの?


6 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:33:02 ID:???
抽象的憲法判断可になったら
自民涙目の可能性も大きくなりそう

7 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:33:43 ID:???
行き当たりばったりで司法制度いじるなよ・・・ガキじゃあるまいし

8 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:34:18 ID:???
抽象的違憲審査制もできるってことにすんの?

相当な大転換になるが

9 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:35:38 ID:???
>>6
一応、具体的事案について判断するわけだから、抽象的違憲審査とまでは
言えないんじゃないの。

10 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:36:23 ID:???
あくまで当該事案における憲法判断(傍論)に対する上告なんじゃない?

11 :10:2008/04/25(金) 22:37:02 ID:???
>>9
かぶったすまんこ

12 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:37:22 ID:???
よっぽど悔しかったんだな

13 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:38:25 ID:???
>>9
今回のイラクの件はともかくとして、たとえば

「自衛隊法はおよそ違憲だが、平和的生存権は侵害されていないので、原告の請求棄却、被告国勝訴」

という下級審判決があった場合、どうなるだろうか。

14 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:38:57 ID:???
あっ、そうか。つうことは、統治行為論に近いな。

郵便法といい、在外選挙権といい、今の最高裁は熱い時期だなぁ。
今回は名古屋高裁の最後っぺらしいが。

15 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:39:20 ID:???
衆議院の議事録より。みんな大活躍してますね。


○阪本参考人 
広島大学法学部長阪本です。独法化と法科大学院、二つの課題を背負って、毎日呻吟しております。
きょうは、新しい人権についてお話をさせていただきます。
これまで、いろいろな議事録を読ませていただきますと、憲法学者としては、高橋和之、長谷部恭男、
安念潤司、棟居快行、そういう方々がここで話をされたようでありまして、特に、この人権に関しましては、
棟居教授、そして前回が安念教授と伺っております。


16 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:41:41 ID:???
>>13
その場合も、国側が上訴で求めるのは、「自衛隊法は合憲である」という判断ではなくて、

「(たとえば)自衛隊法は合憲であり、それゆえに平和的生存権を侵害しないので、原告の請求棄却」

という判断全体だと考えれば、抽象的審査にはならないと思う。


17 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:47:43 ID:???
>>16

「自衛隊が合憲」と「平和的生存権を侵害しない」が飛躍してるだろうが・・。

そういう判例あんなら。裁判所と判決日時だけでええから、教えろ。


18 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:47:53 ID:???
あくまで傍論だけが審判対象になるとすると、傍論でも法令違憲の判断なら
やはり抽象的違憲審査になると思うんだけど。 
しかし、仮にこの制度ができたとしても、制度自体が違憲判断受けたりしてw

19 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:49:52 ID:???
>>18
違憲判断じゃなくて、「憲法の予定していないところ」という感じになりそうだが。



20 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:50:37 ID:???
傍論を批判している元判事の井上○氏はどう思っているんだろうか?


21 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 22:52:56 ID:???
しかし、やることがえげつないなー最近の自民は。

22 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:02:40 ID:???
主張適格がねーだろ

23 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:03:58 ID:???
つまり、司法権については高橋和之の勝利ってこと?

24 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:06:55 ID:???
>>13
具体的事案における法律の違憲性を判断するんだから抽象的審査ではない、といえる気がする。

法律によって不服申立の範囲を拡張してあげただけなんだよ。きっと。

25 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:08:31 ID:OfCje3tM
いっそのこと
統治行為論を破壊したら
それで済む話

26 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:13:04 ID:???
馬鹿だな

27 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:18:58 ID:???
高裁がガンガン違憲判決出して、ケツ回される最高裁だけ
馬鹿見る気がするんだけどw

28 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:18:59 ID:???
ん?
憲法判断はすべからく傍論じゃないのか
本案は損害賠償請求じゃないのか

29 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:19:55 ID:???
所詮負け犬の遠吠えなんだから、超然としてればいいのにね

ほんと目先のことしか考えてないわ

30 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:21:07 ID:???
傍論かどうかはどうやって判断するつもりかね?


31 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:33:26 ID:???
傍論でっていう部分にはこだわらなくていいのか。
ようは下級裁判所が違憲だという判断をすれば
上訴の利益がなくても上訴できるってことだな。


32 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:48:12 ID:???
これは、自民党が「最高裁は俺らのもの」と暴露したに等しいな。

33 :氏名黙秘:2008/04/25(金) 23:56:00 ID:???
上告しても訴えの利益無しで却下されるだけなんだから
政府にとっても何の名誉挽回にもならないよね

34 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:02:32 ID:???
政界のゆとり化が嘆かわしい

35 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:27:34 ID:???
>>34
自民の改憲案って、なんつうか色んなものが
丸出しですげえ恥ずかしい内容だったよな

36 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:28:43 ID:???
それをいっちゃw
カワイソウなくらい努力してるらしいよ?w

37 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:29:17 ID:???
伊藤真によると国会の憲法問題委員会は
学級崩壊状態だそうだな

38 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:39:25 ID:???
選挙に負けたら
「民主主義が悪いんだ!」
なんて平気で言い出しそうだよな、今の自民党は

39 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 00:40:29 ID:???
>>38
礼譲期待説はいずこへ。。。orz

40 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 02:17:38 ID:???
>>37
はぁ?「お前」が、崩壊してるだろうと。土井と一緒に、9条、13条
実現するために、エリトリアに行けと。
土井があえてアメのロー行ったのは、「英語」が「共通語」ということで
言ったんですかね。

とっとと人救えにいけや、クソが。本当に腹たつわ。

41 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 02:27:29 ID:???
どう考えても抽象的違憲審査制です。
ありがとうございました。

42 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 11:42:47 ID:???
今年の試験問題です

43 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 14:26:08 ID:???
>>40
日本語でおk

44 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 15:45:30 ID:???
小沢が投手になった時点で民主党が駄目になるのは目に見えている

45 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 15:53:49 ID:I7mA+CW9
36>国民を誑かす為にカワウソになるくらい努力してるんですよ、

46 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 15:56:38 ID:???
形式的不服説はどうなるんだよ。

47 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 15:59:45 ID:???
>>46
民訴の学説はこの際関係ないだろ。
立法論の問題で出番があるのは憲法だけだ。

48 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 16:15:51 ID:???
形式式不服説では上訴は認められないが、
このケースでは法律で例外的に認めるという方向だろう。

49 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 16:17:07 ID:???
で、最高裁としてはどんな判決を出すの?

50 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 16:30:51 ID:???
付随的違憲審査制を採用する我が国憲法の下では法令によって
抽象的違憲審査制を定めたとしても
当然に違憲無効であり、したがってこれに基づく上告は当然に
許されると解することはできず、本件被告による上告は上訴の
利益を欠く不適法なものとしてこれを決定で却下した原裁判所の
判断は適法である。

51 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 16:34:27 ID:???
>>49
そもそも訴訟物が何なのかということになる。
違憲宣言請求権とでもいうものを観念するしかない。
本法はこのスレでも議論されているように抽象的審査制を一部導入する案といえる。


52 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 17:01:58 ID:???
>>50
法律で抽象的違憲審査制を導入することを許容するとも取れるようなことを
最高裁は言ってるからな。
実際に最高裁がどう判断するかはわからない。

53 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 17:07:24 ID:???
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.



54 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 17:39:08 ID:???
政権与党のやることだし、一応憲法学者に
相談はしてるんだろうけど、話聞いて頭抱えた
ろうなあw


55 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 17:56:00 ID:???
これは酷い

56 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 17:56:35 ID:???
念ずれば花開く

57 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 18:03:37 ID:???
ヒント:相談してたらこんな案は出てこない

58 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 18:06:16 ID:???
だろうな

59 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 18:11:14 ID:???
いや、田舎のワンマン社長とか酷いよ

絶対無理だって口酸っぱくなるくらい
言っても、プロなんだから何とかしろとか、
法律の方が間違ってるとか言い出すし

だからたぶん、相談は一応したけど
無視したんだと思うw

60 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 18:12:26 ID:???
>>54
まだ審議会で「困ったな」「法律にしちゃえばいいんじゃね?」って
適当に言い合っている段階だろう。憲法学者に相談するのはこれからだ。
しかしこんな特殊な状況でのみ抽象的審査を認めるというのは
バランス的にも変な気がするが。合憲判断には抽象的上訴を認めない積りなんだろうし。

61 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 20:58:32 ID:???
>>49

>>33

つか、他の判決があり得るのかね

62 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 21:01:09 ID:???
なお念のため

63 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 21:28:07 ID:???
>>61
「〜は合憲であることを確認する。」
になるだろうよ。訴訟要件の点も含め立法解決するんだから。

64 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 21:30:52 ID:???
ならないでしょ
却下じゃないと弁論やらなきゃいけなくなる

65 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 21:48:42 ID:???
弁論やるんだろ。
暴走した控訴審への戒めのためだけに。
意味ねー・・・

66 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 22:33:17 ID:???
そもそも原告の請求を棄却しておきながら傍論で違憲とかいうのがおかしい。
裁判所がいらんことしてるだけだろ。

67 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 22:34:48 ID:???
>>66
その通り。井上薫が昔から(新書ライターになる前から)指摘している通りだよ。
違法の疑いさえある。

68 :氏名黙秘:2008/04/26(土) 23:39:39 ID:???
そもそも訴え却下だったんだから形式的不服説でいけば請求棄却求めるために上告ないし受理申立てすりゃよかったんじゃないw
で,職権判断を促す,と。差止め事案だから請求棄却を求める上告理由書/上告受理申立理由書が書きづらそうだが。

69 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 01:13:56 ID:???
>>68
名古屋高裁の判決は、請求却下ではなく、請求棄却でしょ
イラク派遣の一部の行為は違憲だが、平和的生存権が侵害されたとはいえないから、差し止めの請求を棄却・・と。

70 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 03:08:54 ID:???
いや、いくつか請求が立ってて違憲確認とかは却下、国賠が棄却とか
じゃなかったっけ?

71 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 03:35:57 ID:???
違憲確認に対しては訴え却下を求めてるんじゃないか?
もしそうなら上訴の利益はなくなるが。

72 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 04:28:08 ID:???
違憲審査の性格以前に上訴の利益もないものを上訴許すのかよ。


73 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 04:49:03 ID:???
形式的不服説の例外を認める法律ということでは?
ようは理由部分に対する不服を認めるのでしょう。
そうであれば抽象的審査にはならない

74 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 12:08:21 ID:???
>>69
「請求」は認容か棄却,「訴え」は却下ね。
差止めについては訴えを却下してんだよ。国賠は請求棄却だけど。

国がもし差止めについて本案前の主張に加えて本案の主張も選択的にしてたとしてたら
一応理論的には形式的不服説に立っても差止めについての訴え却下に対して上告可能。

75 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 21:45:55 ID:???
訴訟物じゃないものに対して不服を認めてどうするんだ?
妨害排除請求は認容されたがその前提の所有権は否定されて、その所有権の存否について
上訴で争って認められたとして、じゃあその所有権についての認容判断も後訴を拘束するのか?

しないとしたら訴訟経済上全く無意味な裁判をすることになるし、するとしたら確認訴訟を
制限してる趣旨に反する。

76 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 21:53:18 ID:???
ていうか傍論が訴訟物になるなら
市民運動が大挙して行政訴訟起こすだろうね

77 :氏名黙秘:2008/04/27(日) 22:50:42 ID:???
>>75が正解

78 :氏名黙秘:2008/04/28(月) 01:29:52 ID:???
最高裁の政治的判断は、自民党が考えているよりずっとリベラルだと思ふのだがな。

79 :氏名黙秘:2008/04/28(月) 16:11:41 ID:gm4VhEHe
78
其れってほめられたことかい

80 :氏名黙秘:2008/04/28(月) 20:44:49 ID:???
そだよ。

81 :氏名黙秘:2008/04/29(火) 09:32:21 ID:???
しかしまぁ、大変だよなぁ・・・

82 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 00:24:39 ID:???
自民涙目・・・

もう自民も用済みだな

戦後CIAにつくられた政党だからな

アメリカには頭が上がらん連中ばかりだ

反抗したら密約ばらされて大変なことになるからな

83 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 00:26:59 ID:???
反米保守も自民の中には多いだろ
今の時点では平沼が変な位置にいるが。

84 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 01:53:12 ID:y1uJKvj6
>>83
自民内部の反米保守なんてポーズだけ。
橋本が再登板狙った総裁選のときだって不自然にも小泉が勝っただろ。その後彼は失脚へ・・・
米国に従わない総理なんて消されるだけ。

85 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 02:03:18 ID:???
安倍なども反米保守だろ。


86 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 08:44:58 ID:y1uJKvj6
>>85
www

87 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 09:07:36 ID:???
ネットって84みたいなのが目立つな

88 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 15:57:09 ID:dViv0Csk
知的水準が低そうだな>>84

89 :氏名黙秘:2008/04/30(水) 23:53:04 ID:???
その1
イラク派遣:違憲判断「不要な傍論にすぎない」政府答弁書
ttp://mainichi.jp/select/seiji/news/20080501k0000m010043000c.html
 政府は30日の閣議で、イラク派遣をめぐる名古屋高裁の違憲判決について
「判決の結論を導くのに必要ない傍論にすぎない。(イラク派遣は)憲法の範囲内だ」とする答弁書を決定した。

その2
砂川裁判:米大使、最高裁長官と密談 破棄判決前に
ttp://mainichi.jp/select/seiji/news/20080430k0000m040141000c.html
 米軍立川基地(当時)の拡張に反対する住民らが基地内に侵入した砂川事件で、
基地の存在を違憲とし無罪とした1審判決を破棄し、合憲判断を出した1959年の最高裁大法廷判決前に、
当時の駐日米大使と最高裁長官が事件をめぐり密談していたことを示す文書が、米国立公文書館で見つかった。

90 :氏名黙秘:2008/05/01(木) 02:24:39 ID:???
アメリカは50年経つと公文書が出てくるから研究者は便利でいいよな。


91 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 07:07:45 ID:???
ところで、読売の
ttp://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20080502-00753/1.htm

「ただ、参院の機能は、衆院に比べてあまりに強すぎないか。
衆参両院の役割分担を見直す必要はないか。
与野党には、こうした憲法改正にかかわる問題を大いに論議してもらいたい。」
は何なんでしょうか?
よく意味が分からないんですが。


92 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 07:43:59 ID:???
アゲ

93 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 08:28:21 ID:???
昔から、強い第二院は有害で弱い第二院は無用って言うからなw

94 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 10:53:51 ID:???
中山研一先生がブログで自衛隊違憲判例を賞賛してるね

95 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 11:40:03 ID:???
違憲時のみ上訴できるなんて不平等は通らないだろうな。
「本法律は、裁判所に抽象的審査権を付与したものと理解でき、この点は合憲といえるが、違憲判断時に限るとする制限については、
目的が正当といえず、手段として不合理で、不平等な取り扱いを定めたものであるから、この制限は違憲無効である。」
ということで普通に憲法訴訟をやりまくれるようになってしまう。
そもそも、今回の判断だって最高裁にいくと覆せるなんて根拠はないんだろ。
違憲判断が最高裁で確定する危険を考えていないのだろうか。

96 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 11:43:30 ID:???
>>95
最高裁が9条違憲をいうことはありえないという前提で作ろうとしてるからな。
措置法に近い。

97 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 11:58:07 ID:???
自民党ていつからこんな低俗野蛮な政党になったんだろう
昔は悪いなりにも一定のモラルがあって大政党としての安心感があったんだけど
理性ある大悪党がいなくなって、下衆共が暴れ回ってる感じかな
弁護士の世界でも賢い大物ヤクザよりイカれた小悪党のほうが厄介らしい


98 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:04:20 ID:???
内閣に最高裁判事の任命権あるんだから、粘り強く都合の好い判事を
任命していけば、問題なし。
東京中郵から全農林への判例変更は、内閣の人事による「勝利」
まあ石田みたいな強い人間いないとダメだけどな

99 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:06:15 ID:???
内閣が指名、天皇が任命

だったような
択一で間違えやすい

100 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:07:11 ID:???
>>95
いや、1回はそういう主張を審理しなきゃいかんけど、
1回ですむ。後続の同じ主張は、理由なしで片付く。
だから、やりまくれるこたーない。つーか、今でも同じような主張は、
腐るほどあるよ

101 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:24:09 ID:???
>>99
長官はな

102 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:32:33 ID:???
この判決は、改訂される基本書に載るのか?

103 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:39:49 ID:???
判決ってどれ?

104 :氏名黙秘:2008/05/03(土) 12:47:12 ID:???

■■■【政治】自衛官確保策を検討 少子化進行で…自民党国防部会 [02/14]  岐阜新聞■■■
http://www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/politics/CN2007021401000439164143.shtml
防衛省によると、自衛官募集対象人口(男子、18歳)は1991年度の106万人
をピークに減り続け、2011年度には61万人にまで落ち込む。
好景気が持続すると自衛隊を志望する人が減少することも予測されている。・・・

【雇用】自衛隊が求人活動で苦戦 就職戦線の売り手市場を受け
★自衛隊が求人活動で苦戦 '07/2/25
中国新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200702250094.html

【カンボジア】 18歳から30歳までの男性に1年半の兵役を義務付ける兵役法を可決、徴兵制に [10/26]
■カンボジア、徴兵制に
http://www.newsclip.be/news/20061026_007412.html


糞自民は少子化による男子徴兵制を将来確実にもくろんでるぞ。

現在政府答弁で徴兵制禁止の根拠となっている18条但書き(18だぞ)さえ糞改正案で削除しやがっている。

絶対入れるな。

こんな糞蛆虫政党は、マジで壊滅させろ。


105 :氏名黙秘:2008/05/06(火) 10:48:32 ID:???
こんな改正したらそれこそ傍論が乱れ飛ぶだけじゃないか(´・ω・`)

106 :氏名黙秘:2008/05/06(火) 12:58:13 ID:???
結構重要だよな、これって

107 :氏名黙秘:2008/05/06(火) 13:05:31 ID:???
付随審査制の一部放棄か。

108 :氏名黙秘:2008/05/06(火) 15:18:13 ID:???
あくまで当該事件についてだから付随審査制の放棄ではないのでは。


109 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 05:48:51 ID:???
傍論で憲法判断を求めることを目的とする訴訟は
事件性の要件を満たさないと思います(´・ω・`)


110 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 11:37:29 ID:???
事件性の要件は「特別の定め」があれば無視できるよ

ところで18条の削除ってほんとかよ
9条改正は限定肯定説の俺でもさすがにこれは酷いと思うぞ

自民党は完全に終わったな

111 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 11:55:23 ID:???
上訴審は、原審は憲法判断は回避できたはず、ということを憲法判断を回避しながら示すのかなあ?
なんだか金をかけてやることとは思えないなあ

傍論なんだから無視したければ無視すればいいのに、結構気にしてるってことなのかねえ


112 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 12:16:53 ID:???
お互い、感情論だからな。
傍論で違憲でも、もらった方は、鬼の首取ったみたいにおお喜び、
で、マスコミは見出しで「裁判所が違憲判断!!」
で、自民の法務族は少しは法律知ってるだけに余計にアタマにくる。

113 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 14:18:31 ID:???
立法された場合にどっかの市民団体から違憲確認訴訟が提起されたら、
法律上の争訟にあたらないとしながら、傍論で違憲判断をする裁判官がいると予想

114 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 18:00:30 ID:???
>>110
9条がらみの訴訟が「特別の定め」による訴訟だと考えているのか?

115 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 18:24:31 ID:???
マスコミの偏向報道で一般的には知られていないようだけど
傍論って合憲ないし国や政府よりの判断の山じゃんよ(´・ω・`)


116 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 19:13:51 ID:???
上訴できたとしても最高裁は棄却して憲法判断を避ける。
意味なし。

117 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 19:21:05 ID:???
そこでなお念のためですよ
なお念のため違憲と言われたら?そりゃ傍論ですからね、脇の論

118 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 20:51:03 ID:???
憲法判断を避け続けてきた最高裁に無理やり憲法判断させる。
そして、必然的に違憲判決が出る。
傍論のままにしておけば良いものを、自ら墓穴を掘る政府。

119 :氏名黙秘:2008/05/08(木) 01:19:50 ID:???
>>115
刑訴関係なんか特にそうだな。

120 :氏名黙秘:2008/05/08(木) 01:32:49 ID:???
「裁判官は法の言葉を述べる口である」

121 :氏名黙秘:2008/05/09(金) 09:47:35 ID:???
かなり前に過去

122 :氏名黙秘:2008/05/10(土) 15:56:50 ID:???
つーかこれって
結構重要じゃね?

123 :氏名黙秘:2008/05/10(土) 16:33:56 ID:???
違憲だなんだつっても、傍論だから別に無視してもいいんじゃないの?
しかも最高裁が出した結論じゃないんだからなおのこと事実上の拘束力は無いだろ
というのは一般市民はわかって・・・・ないよなやっぱり。

124 :氏名黙秘:2008/05/10(土) 17:21:32 ID:???
>>123
>違憲だなんだつっても、傍論だから別に無視してもいいんじゃないの?

政治学者や一部の国会議員は無視するなといっている。
カンサンジュンさん辺りが。

>しかも最高裁が出した結論じゃないんだからなおのこと事実上の拘束力は無いだろ

カンサンジュンさん辺りは、「拘束力がある」
「判決に従うということは傍論を認めて従うということだ」と発言している。
国会議員や政治学者の一部も同調している。

>というのは一般市民はわかって・・・・ないよなやっぱり。

漫画家の小林よしのりさんは知ってた。
「傍論は主文と違って拘束力はありませんよ。判決を受け入れたら
傍論も全て正しいと当事者が認めたわけではなりませんよ。」
と民事訴訟法の条文を引きながら批判していた。

テレビなどで、傍論も主文と同じような効力があると学者や
政治家識者が流通させたのがことの発端。しかも、学歴や経歴は
良く見えるから漫画家の意見が紙面をかざることはなかなかない。

125 :氏名黙秘:2008/05/10(土) 21:15:48 ID:???
>>124
>カンサンジュンさん辺りは、「拘束力がある」
>「判決に従うということは傍論を認めて従うということだ」と発言している。
>国会議員や政治学者の一部も同調している。

あれだな、多分「判例」と「裁判例」の違いもわかんないんだろうな。

126 :氏名黙秘:2008/05/10(土) 21:18:09 ID:???
>「判決に従うということは傍論を認めて従うということだ」
カンサンジュという人が法学者でないということはよくわかった。

127 :氏名黙秘:2008/05/11(日) 00:18:30 ID:qA8Jidwy
姜尚中さんは政治思想史専門だぞ、いじめるな。
と、姜尚中の名前を単語登録している俺が言ってみる。

128 :氏名黙秘:2008/05/11(日) 00:34:59 ID:???
>>124
>漫画家の小林よしのりさんは知ってた。
「傍論は主文と違って拘束力はありませんよ。判決を受け入れたら
傍論も全て正しいと当事者が認めたわけではなりませんよ。」
と民事訴訟法の条文を引きながら批判していた。

それって、たしか日本国が、サンフランシスコ条約で、東京裁判の結果を
受け入れていることについて、描いたものだったよなあ・・・

でもあれって、刑事裁判である東京裁判について
民事訴訟法の条文持ち出したりしたり、
「判決理由」といわゆる「傍論」をごちゃ混ぜにしてて
正直シロート騙しで、鵜呑みにゃあできんなと思ったよ。


129 :氏名黙秘:2008/05/13(火) 11:29:32 ID:???
確かに菜

130 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 10:03:49 ID:???
ひでぇな

131 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 11:06:25 ID:???
これ結構重要な問題だと
思うんだけど。

132 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 16:31:19 ID:???
自民党だけだからな

133 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 10:41:23 ID:???
ふーん
なんかつまんないね。

134 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 11:45:25 ID:???
暴論で意見

135 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:47:59 ID:sqyPjF8k
傍論を述べることを禁止する法律をつくったらどうなるかな?
司法とは具体的事件に法を適用して解決するものなんだから
傍論は禁止しても憲法違反にはならん気もするんだが、どうなんだろう。

136 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:57:35 ID:???
これって政府にとって有利な判例残すため?最高裁なんて政府の犬だ牢?

137 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 18:47:31 ID:2ijQLBCR
自分達自民党に都合のいい法律を作るのか?
考えが浅ましく、セコい。

138 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 19:03:42 ID:???
>>135
違憲にはならないだろうけれど
傍論といっても当事者の主張に対する回答だから
ここをなくしちゃうと裁判所の判決が
どれも無味乾燥なものになって
上級審や今後の裁判の資料に使えなくなる。

傍論を禁止する法律のメリットが
判断の蓄積をなくすデメリットより大きいとは思えない。

139 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 21:08:13 ID:???
>傍論を禁止する法律のメリットが
>判断の蓄積をなくすデメリットより大きいとは思えない。

確かにこの意見はよくわかるんだが、傍論がマスコミに取り上げられるときって
裁判所が政治利用されるときばっかりだから、なんかいやな感じがするよな。

140 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 10:31:24 ID:???
お、微妙に盛り上がってきたか?w

141 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 10:50:48 ID:???
もう自民党オワタ
小泉のせい
あんなの総理にしなければまだ自民は安泰だったのに

142 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 11:08:33 ID:???
何が何でも靖国合憲にしたいんだな

143 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 11:17:05 ID:???
マスコミに新司法合格者がたくさん入ればいいんだよ!

144 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 11:17:19 ID:???
焼け石に水だな。

145 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 17:05:55 ID:X+JvRSNf
>>142
そんなのわからんだろ
上告した結果、憲法違反の判決が下されるかもしれないんだから。

やっぱり上で出ていた傍論禁止のほうが、自民(というか政府)のためになるんじゃない?

146 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 17:11:42 ID:???
>>1
んなことより自民党は憲法裁判所つくれよ

147 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 17:18:52 ID:???
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/e220587f114a1d7c64f33a3ce9adca8d
自衛隊は自衛隊裁判所をつくろうとしてるらしいぜ

148 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 17:48:55 ID:???
>>147
すごいな。このblog
こいつ、どっかの国が攻めてきたとき防戦した自衛官を殺人罪で告発しそうだな。

149 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 11:11:01 ID:???
なかなか面白そうだな自衛隊裁判所w

150 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 20:20:34 ID:MddL4L1M
自民党wどんだけ卑怯なんだよwww

151 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 20:23:46 ID:???
上訴の利益もないのに上訴させんの?
キチガイか?

152 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 20:27:22 ID:49qiPQeL
もはや司法権が何だか分からなくなるな


153 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 20:51:50 ID:???
現在の日本は、人類史上類をみないクレプトクラシーである。
一部の特権階級によるオリガーキーが行われている国であり、
国民意思が反映された政治が存在しない。
勤勉で真面目な国民一般に比べ、政治家や官僚など支配層の卑しさは、異常だ。
・車が通らない高速道路、ただ水を貯めるだけに存在するダム、野菜を運ぶためだけの地方空港、誰も利用しない市町村ホール、ただ官僚が天下るためだけに存在する豪華保養施設、そしてロースクール。
法の理念に従った社会構築のために法の理念の核心ともいうべき公正を欠くロースクール制度。

結果は途方もない借金の山である。日本の国債の格付けは、アフリカの小国ボツワナ以下になってしまった。
それなのに、道路もダムもまだつくる、ロースクールも廃止しない。一方で、後期高齢者医療制度を創設し、医療制度は崩壊寸前。年金カットや増税策を推し進めている。
それなのになぜ、あなたは怒らないのか?


154 :氏名黙秘:2008/05/31(土) 17:59:25 ID:C5xXSMge
日本の政治を革命的に良くする、わりとかんたんな方法を発見しました。
さて、何を私は発見したのでしょうか。このスレであててください。↓

憲法]日本の政治を革命的に良くする方法[統治
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1212223672/

155 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 18:21:25 ID:???
最高裁がイラク派遣は違憲だって言ったらどうすんのさ?

156 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 14:39:01 ID:???
そんなこと言うわけねーじゃんw

157 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:45:46 ID:???
それはともかく
国籍法が
違憲判決

158 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:49:38 ID:???
暴論で意見上訴化膿実か

159 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 11:21:52 ID:???
なにをいっているのかわかりません。
日本語でおk

160 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 06:15:33 ID:???
これが本当の暴論だ!

161 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 06:25:38 ID:???
ロースクール廃止は亡国の論である。

162 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 11:14:27 ID:???
ロースクール廃止が亡国の論?
なんで?

163 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 13:23:49 ID:???
説明するまでもないわ。

164 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 11:29:15 ID:???
そんなこといわずに説明してみてよ

165 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 19:10:20 ID:???
自民党「暴論で意見」上訴化膿に。

166 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 09:49:31 ID:???
umai

167 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 16:18:17 ID:???
結構重要だと思うんだけど
世間はこんなもんか

168 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 23:41:32 ID:???
ま、こんな思いつきは法案作っても内閣法制局が通してくれないだろ。
議員立法なら衆院の法制局で、
こりゃちょっとムリありすぎ、って諌めてくれるんじゃねぇか?
さすがに法案提出、委員会審議まで持っていけないと思われ。

169 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 10:56:11 ID:???
そういうことに
なりそうですね。

170 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:36:23 ID:???
うちのローに、元法制局幹部の先生がいるんで聞いてみた。
「デキッコナイ。分かってて、裁判所への威嚇のつもりでやってる。」

171 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:45:18 ID:???
蛇足判決を叩いてる元判事(井上薫さんだったか)が、
この件についても蛇足だと批判してたな@読売

172 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:46:07 ID:???
>>124
>傍論も主文と同じような効力があると学者や
>政治家識者が流通させたのがことの発端。
同じような効力、って法的にはともかく、
世間一般には「やっぱり」って思わせる効果は間違いなくある。

結局、民主的根拠が希薄な裁判所が、司法府として機能する実効力は、
国民から信頼されていることだけが基盤となっている。
傍論中であっても、裁判官が自らの法的見解を述べるのは裁判官の独立の趣旨から言って、
当然。

>しかも、学歴や経歴は
>良く見えるから漫画家の意見が紙面をかざることはなかなかない。
違う。
漫画家にしては「面白い」と言うだけ。
漫画家じゃなければ、とてもあの程度ではテレビに出られない。

173 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:48:43 ID:???
日本国憲法を無効にして
新憲法を制定した方が
手っ取り早いと考えてる

174 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:51:49 ID:???
>>171
その井上ナントカを初めとする、”極端”司法消極主義者の言わんとすることは、
結局、「その時々の議会の多数派が決めたことが万能。
憲法だの、法律だのに優位する。」ってこと。

これが政権交代が頻繁に起きて、
議会の自浄性が健全に機能していれば、問題は少ないかも知れないが、
一党支配が永続して、議会が機能不全に陥っている日本においては、
詰まるところ、自民党&官僚のやることに口出しすんな!、ってこと。

175 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:53:08 ID:???
そんなことしたら、下級審判例だから…、って言い訳ができなくなるよ

176 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 16:56:44 ID:???
>>174
あなるほど、極端消極司法主義ですか。過疎板の質問スレを想起させるwww
ちょっと解きづらい問題をおずおずと提示する→スレチだの空気読めない問題提起だのと
ぼこぼこに叩かれる

177 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 20:25:19 ID:???
>>176
日本語でヨロシク

178 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 20:26:42 ID:???
>>176
>あなるほど

アナルほど・・・? チョ〜〜〜〜っっw

179 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 20:59:17 ID:???
>>124
そもそも傍論と主文を並べて比較しているだけで
何も理解していない証拠なんだがw
傍論と対比されるのは主文ではなく判決を導き出すのに不可欠な理由中の判断だろうに。
「上告を棄却する」って主文になんの憲法上の意味があるんだよ。

180 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 23:33:49 ID:???
Ratio decidendi
http://en.wikipedia.org/wiki/Ratio_decidendi
Obiter dictum
http://en.wikipedia.org/wiki/Obiter_dictum

181 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 09:46:44 ID:???
>>172
つまりは、この自民党の提案は十分可能だと。

182 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 10:37:16 ID:???
アナルほど

183 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 17:20:46 ID:???
ロースクールは違憲。

184 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 19:28:47 ID:???
>>177
たとえ話として若干不適切なのは認めるけど…

185 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 09:55:59 ID:???
残念だったな

186 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 13:40:54 ID:a8yWXfFK
傍論かぁ・・・
傍論のみを上訴・審査しても、それが完全に抽象的違憲審査であるとはいいにくいし、
仮に抽象的違憲審査だとしても、過去の最高裁は、法律があればいいとも解釈できそうな文言を残してるからなぁ・・・

上訴の利益の問題についても
>>1の法律が
「法として上訴の利益を特別に認めたもの」と解釈できれば、この問題は生じないのかな・・・
(あるいは、上訴の利益の問題ではなく
 旧来の上訴の枠からは外れるが、法として認めたもの、ということになるのか)

違憲の場合のみ上訴可能というのはいやらしいように見えるが、
国民の側も、勝訴・傍論違憲の際には上訴できると考えると、平等原則云々の問題も生じないのか・・・

いやらしい制度だが、なんだかんだでOKなのかな

187 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 19:38:02 ID:???
いやらしいもなにも
理由中に判決主文を導くのに
必要不可欠でないことを書く方がよっぽどいやらしい。
しかもこの名古屋高裁の裁判官は自分が既に辞めることが決まってて
あえてこういう判決を書いてる。
こういう裁判官がいるから司法への国民の信頼を失わせるんだよ。

188 :氏名黙秘:2008/07/05(土) 17:55:17 ID:???
>>1の提案は法理論的に十分可能というのが結論ですかね?

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)