5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新司試】 知的財産法−その6 【選択科目】

1 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:41:24 ID:???
過去スレ
【新司試】知的財産法Phase-1【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1097632671/
【新司試】 知的財産法−その2 【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1124076927/
【新司試】 知的財産法−その3 【選択科目】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1140786919/
【新司試】 知的財産法−その4 【選択科目】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1153374200/
【新司試】 知的財産法−その5 【選択科目】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1179323622/

教材等は>>2-10くらい

2 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:42:03 ID:???
サンプル問題
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/MON-KENTOU/SAMPLE/index02.html
プレテスト問題
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/pretest02.html
第一回新司法試験
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/shin02-13.html
第二回新司法試験
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h19-19jisshi.html

3 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:42:50 ID:???
知的財産法においては,特許法と著作権法の2法を中心として出題することとし,実用新案
法,意匠法,商標法,不正競争防止法等については,それ自体の知識や法律上の論点を問うこ
とはしない。

なお,特許法については,「総則」( 目的, 定義,補正関係),「特許及び特許出願」
特許の要件,発明の新規性の喪失の例外,特許を受ける権利,職務発明,特許出願, (
共同出願,先願),「審査」(拒絶の査定,拒絶理由の通知),「出願公開」(出願公
開の効果等),「特許権」(特許権の効力,特許権の効力が及ばない範囲,特許発明の
技術的範囲,他人の特許発明等との関係,共有に係る特許権,専用実施権,通常実施権,
先使用による通常実施権,登録の効果),「権利侵害」,「審判」(拒絶査定不服審判,
特許無効審判,訂正審判,共同審判,訂正の請求関係,職権による審理,審決の効力,
訴訟との関係)及び「訴訟」を中心として出題する。

また,著作権法については,「総則」(目的,定義),「著作者の権利」(「著作物」,「著作者」,
「権利の内容」,「著作者人格権の一身専属性等」,「著作権の譲渡及び消滅」,「権利の行使」)
及び「権利侵害」を中心として出題する。

4 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:43:24 ID:???
【特許法基本書】
高林龍『標準特許法〔第2版〕』(有斐閣,2005年)
竹田和彦『特許の知識〔第8版〕』(ダイヤモンド社,2006年)
渋谷達紀『知的財産法講義T 特許法・実用新案法・種苗法(第二版)』(有斐閣,2006年)
吉藤幸朔(熊谷健一補訂)『特許法概説〔第13版〕』(有斐閣,1998年)
中山信弘編『注解特許法〔第3版〕(上・下)』(青林書院,2000年)

5 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:46:11 ID:???
【著作権法基本書】
(学者系)
半田正夫『著作権法概説第12版』法学書院・2005年
斉藤 博『著作権法第3版』有斐閣・2007年    
田村善之『著作権法概説(第二版)』有斐閣・2001年
渋谷達紀『知的財産法II〔第2版〕』有斐閣・2007年
中山信弘『著作権法』有斐閣・2007年
(文科官僚系)
作花文雄『詳解著作権法[第3版]』ぎょうせい・2005年
作花文雄『著作権法・基礎と応用(第2版)』発明協会・2005年
加戸守行『著作権法逐条講義〔五訂新版〕』著作権情報センター・2006年
(弁護士)
三山裕三『著作権法詳説―判例で読む16章〔新版改訂〕』Lexis Nexis,2005年

6 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:46:36 ID:???
【判例】
大渕哲也・茶園成樹等『知的財産法判例集』有斐閣・2005年
中山信弘・相沢英孝・大渕哲也編『特許判例百選 第3版』有斐閣・2004年
斉藤博・半田正夫編『著作権法判例百選』有斐閣・2001年
金井重彦等『知的財産法重要判例』学陽書房・2005年
本橋光一郎・本橋美智子『要約 著作権判例212』学陽書房・2005年

【演習書】
小泉直樹・高林龍 等『ケースブック知的財産法』弘文堂・2006年
盛岡一夫・土肥一史編『演習ノート知的財産法 第二版』法学書院・2006年
寺本振透『ケースメソッド知的財産法』商事法務・2005年
末吉亙編『実務知的財産法講義』民事法研究会・2005年

7 :氏名黙秘:2008/05/04(日) 21:50:15 ID:???
【知的財産権全般に渡る概説書】
角田政芳,辰巳直彦『知的財産法 第3版』有斐閣アルマ・2006年 (4版が今月中旬に刊行予定)
田村善之『知的財産法 第4版』有斐閣・2006年
紋谷暢男『知的財産権法概論』有斐閣・2006年


8 :学部の知財はAでした:2008/05/04(日) 22:39:13 ID:3CgfHRwG
なつかしいなー知的財産法。最初はアツく燃えてんだけどねぇ〜
けっきょくこの分野も「カネ次第」なんだよねえ(・д・)
ようつべで探してみ?80年代のCMいっぱい。しかも削除されてない。
どうみても送信可能化権侵害&公衆送信権侵害なのにさ。
企業としては、CM見て商品買ってもらえるなら、それでいいんだよねー(・д・)

9 :氏名黙秘:2008/05/05(月) 01:57:43 ID:???
弘文堂のケースブックは2版が出てるし,実務知的財産法講義も全訂増補版が出てるよ

10 :氏名黙秘:2008/05/05(月) 03:33:42 ID:???
ちなみに実務・・・は演習書じゃなくて概説書だと思う。

11 :氏名黙秘:2008/05/06(火) 19:22:02 ID:???
来年受験ですが、

ケースブックって使える?

条文と判例をまとめたノートみたいの作って勉強しようと思ってるんですが・・・

12 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 01:49:25 ID:???



.

13 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 20:40:52 ID:???
青林書院から出た「リーガルプログレッシブ3、知的財産関係訴訟」はいいよ。
著作権法はカバーしてないけど、特許関係訴訟の訴訟構造にしたがって解説
してある。


14 :氏名黙秘:2008/05/07(水) 20:48:24 ID:???
(目次)
第U部 特許、実用新案権
 第1章 侵害訴訟
 1 対象製品・対象方法の特定、2 特許発明の技術的範囲1
 3 特許発明の技術的範囲2、4 間接侵害
 5 無効の抗弁、6 試験又は研究のための実施
 7 先使用の抗弁、8 国内消尽
 9 損害1、10 損害2(特許法102条2項・3項)
 11 損害3(複数の侵害者・複数の権利者)、12 秘密保持命令をめぐる実務上の諸問題
 13 渉外問題
 第2章 職務発明の相当対価の請求訴訟
 1 外国出願への特許法35条の適用、2 相当の対価
 3 発明者の認定
 第3章 特許権ないし特許を受ける権利の帰属に関する紛争
 1 冒認出願における真の権利者の救済
 第4章 審決取消訴訟
 1 審理範囲、2 無効審決取消訴訟係属中の訂正審判請求と特許法181条2項
 3 進歩性の判断構造、4 進歩性(非自明性)の判断実務の日米欧比較

15 :氏名黙秘:2008/05/11(日) 13:38:43 ID:???
>>13
要件事実を基礎にした問題は今後も出るだろうから,必須だな。
同様に『会社関係訴訟』もお勧めできる(これは『類型別会社訴訟』
という親玉みたいな本があるが受験生なら『会社〜』で十分)。

16 :氏名黙秘:2008/05/11(日) 15:13:42 ID:???
LPシリーズは保全もいいしね。
白表紙よりわかりやすいよ。

続刊希望。

17 :氏名黙秘:2008/05/11(日) 15:57:38 ID:???
世界にひとつだけのバラ

18 :氏名黙秘:2008/05/12(月) 10:21:19 ID:???
ちょっと苦手

19 :氏名黙秘:2008/05/12(月) 12:46:37 ID:???
何が?

20 :氏名黙秘:2008/05/12(月) 20:22:18 ID:ItGvix6j
所員を中傷した大手特許事務所長ら書類送検 大阪府警
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080512/crm0805120149001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080512/crm0805120149001-n2.htm
2008.5.12 01:45
 国際特許を扱う事務所(本部・大阪市中央区)でテレビ電話会議の席上、元男性
所員(49)を中傷したなどとして、大阪府警東署が、名誉棄損容疑で所長(65)
を、同容疑と偽計業務妨害容疑で上司(29)を書類送検したことが11日、分かっ
た。
 同事務所は大阪、東京、福岡に拠点があり、ノーベル賞受賞者や各国政府、優良企
業などを顧客に持つ国内最大手の特許事務所のひとつ。バイオテクノロジー(生物工
学)やIT分野の案件を得意としている。
 調べでは、所長は昨年5月11日、不特定多数の所員が視聴していたテレビ電話会
議で、当時特許に関する英文書類の翻訳を担当していた元所員に対し、「文科系の出
身者にバイオの翻訳などできるわけがない。君の質の低い翻訳のために優秀な人材に
多大な時間を取らせたらかわいそうだ」などと暴言を吐き、名誉を傷つけた疑い。
 上司は昨年5月ごろ、元所員が提出した翻訳書類を放置して売り上げを激減させ、
「翻訳レベルが低くチェックに時間がかかりすぎるのでしなかった」と所長らに報告、
名誉を傷つけた疑い。 元所員は昨年10月に同事務所を退職し、所長らを告訴していた。
同事務所をめぐっては、元所員13人が「上司のパワーハラスメントで苦痛を受け
た」として所長らに損害賠償を求めて大阪地裁に提訴、昨年3月に和解が成立してい
る。

21 : ◆SamURaI3c2 :2008/05/12(月) 21:20:14 ID:???
>>20
前スレで行ったろう?ココは君のようなのが来るところじゃない。

22 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 18:26:18 ID:???
  ,.. --─ァ‐==、、
    ∠二ミ:::::://  ...::::::ヽヽ、
  r'r'´..::::::::ヽr‐、'、..::::::::::::::/ rl]
  || ...::::::::::/ | l::ヽ、`ー‐'´ノ:ヽ
  r' ヽ、___/ ∧::ヽ;::::::i「:l「::ヽ::::',
  |iTー--r‐'´ ヽ:、ヽヽ:::l|::|ヽ:::ヽ:::!  
  |::}:::/|:|:|    ヽ   ヽ!| ! ヾ;:::|::| ロー生はキモイわね!
  |.:.!/:|::|l:!       -彡-;、リヽ:|
  |.:.||:::l::|リ''テ=ミ    ヘ:;;;ノ |:::|:!  
  |!.:|:::::l::|ハ::;;:ノ      ::::::: |:::|:!
  .!|.||;:::l::|、::: ̄   ,     /川|   __ , -''´i ̄ ̄`゙ヽ、
   |!ヾ!:l:Lヽ     _...,  /リ:/!| //へ|レ^レ彡    `ヽ,--、
   !  lハ::! `''ー- 、.`´ イ  _   ////      | | ヽ   ヾミ ヽ
      , ---、 __ノ   l⌒Y|  V/ //       ヽ!   | !  ハ| ||
     /     、    /   |\ || ! /        ヽ  l| |彡/ | ||
      | __、   ̄ /  /ヽ(.)! | | >=、    -<! | |/ //| ||  ロー生なんてクソよ!!
    /: : : : : ヽ   /   /   /|| | | ! |::::'!      /::Lミ||レ// l| ||  
     {: : :r'´--ヽ=:/  /   /7|| |.|゙! L::ノ     L;;ノ ||リクヽ.l| ||  .l⌒!
      |: : :/: :__/  、 '  /-r'┴、!||::::   ,   :::::::: | |!).ノ|| ||  / /
      ト|: : : /:ノ    ヽ、 レ'′ /ハ|'、         //'´  ||Ll/ /
      |: :Y: : /  \   !  /l/: :|| `゙ - ゚..__,.ィ´//_,--'´  、,/
      L; :|: : }    \  l   | !: : ∧  ,. --| //〃:r'´ 、  \ ヽ
      ト|: :.|   \  レ'  /: :: : {〃⌒l Lr' ̄`ヽ |:::| 、  ヽ  〉ノ
      |:ヽ: |     | / ,ィし!: : : ||...::::/r、| ....:::::/ ハ::| `Lヽ レ‐<
      ヽ ヽ|ヽ、  .し'r<ハ!: : : : :|トニノ ヽニニ人ヾヽ、  ̄  >'′
      ∧ ヽ::::`ー‐': : 人: : : : : :| |/::::::::::::::::::::::::::`゙´:::::r`ー'


23 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 18:58:16 ID:???
いよいよですな
公法なんて今さらだから特許特許〜

ベタだけど、ヤマは職務発明!
と代位行使!
か、間接侵害!

24 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 19:05:59 ID:???
マイドームおおさかの、監督補助者は美形が多くてなかなかよろしい。
巨乳の受験生が胸の開いた服を着ていてクラクラした。


25 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 19:45:02 ID:???
今年は名義書き換えで決まりです

26 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 20:04:32 ID:???
通常使用権

中古ゲーム

27 :氏名黙秘:2008/05/14(水) 21:17:31 ID:???

知的財産法は、特許が間接侵害・消尽論。著作権は、公衆送信権・共同著作物


あったら、スゴイいよね!!
要チェックだよ。



28 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 01:50:18 ID:???
.

29 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 13:24:44 ID:???

知的財産法は、特許が間接侵害・消尽論。著作権は、公衆送信権・共同著作物


あったら、スゴイいよね!!
要チェックだよ。



30 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:31:06 ID:???
知財難しすぎ
しんだ・・・

31 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:37:53 ID:I/lKip3h
論点は?

32 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:45:52 ID:???
著作権わけわからんかった…。オワタ。。

特許の問1(最判H.17.6.7)と問2(1)(東京高判S.60.7.30)は有名判例。
問2(2)は公平の観点やら当事者の合理的意思やらででっちあげたorz

著作権は何が論点だったのかもようわからん。

33 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:47:09 ID:???
ちなみに、問1は今年の伊藤塾の全国模試で出てた。


34 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:47:29 ID:???
ナカータ

35 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:57:13 ID:???
(最判H.17.6.7)????

36 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 20:58:46 ID:???
受験してないんだけど、最判H17.6.17のやつのこと?

37 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:00:43 ID:???
専用実施権設定後の特許権者の権利行使の可否
最判が出たやつ

38 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:01:01 ID:???
>>32
たぶん元ネタの半分は中田
著作者人格権

39 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:01:47 ID:???
パブリシティ検?

40 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:02:44 ID:???
著作権はやむを得ない改変法政大学懸賞論文)
以外は条文かマイナー論点だよね。


特許も誘導に乗れば
無効審判OK→対価返還不可っていうのまでは明らかだから、簡単だよね。

41 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:04:12 ID:???
今年受験された方は、結局どんな勉強をすればいいと感じましたか?

42 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:04:14 ID:???
>>29
美香かわいいよ美香

43 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:11:18 ID:???
15問がほとんど元ネタになってない?
実施権の話と、本案の話がもろにのってた。
著作権の問4とかこれ見てないと厳しいだろ。

44 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:16:09 ID:???
どの辺が?

45 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:26:12 ID:???
いやーPBPCでしたね!

46 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:26:52 ID:x1mUKxf1
どーでもいいけど専用実施権の効力要件は登録だよね?
特許法98条は「専用実施権の設定」と「登録」を使い分けて規定していると思うのだけど。
問題に設定としかなく、登録の事実はないのでは・・・・

47 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:29:28 ID:???
>>46
その通り。だから、専用実施権の効力は発生してなくて、
独占的通常実施権の効力が問題となる。

48 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:30:36 ID:???
良く考えたら登録の有無で場合わけかもね
そうすると独占的通常実施権の話が出てくるし。
「登録があれば」とか、書いちゃったよorz

特許法は毎年完全な旧試型だから論証必須だろうに。
そんなに書けんけどな〜。

49 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:33:50 ID:???
しているとも書いてないがしているとも書いていない。
うぜ〜。

50 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:38:07 ID:???
今回もっとも気づくべき点は通常実施権と専用実施権の違いだよね。
専用実施権は物権的な権利だから登録がないと権利が発生しない。
それに気づかず判例に飛びつくと失敗する。

正確には、
「専用実施権が設定されていても特許権は行使できるんだから、
それより弱い独占的通常実施権の状態であれば、なおさら特許権の
行使が制限されるいわれがない。」
と書かなければならない。

51 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:40:31 ID:???
設問数から考えると場合分けが最も無難だと思う。

52 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:41:52 ID:???
誰か問題うpしてよ

53 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:47:41 ID:???
傘の防水塗料を特定の温度で塗ったら紫外線もかっとできちゃいました、みたいな〜

54 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:49:06 ID:???
>>53
そんなんじゃ全然わからねーよ
もっとkwsk

55 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:51:17 ID:???
とりあえずライセンス受けたけど、なんか気に喰わないので
特許無効審判請求しちゃった〜、みたいな〜

未払いのライセンス料あるんだけど〜
バッくれちゃおっかあ、みたいな〜

56 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 21:55:37 ID:???
>>46 場合わけすべきなのだろうな。
77条2項の規定振りから、「設定」=契約+登録 と考えてしまった。
設問1
1.乙は丁に対し差止め・損害賠償請求できるか
(1) 乙は専用実施権者として業として甲発明を実施する権利を専有する。(ここで、場合わけすべきだったか?)
(2) 丙発明は甲発明を利用するかどうか議論。(「利用する」と結論しないと後が続かない)
(3) 丙発明の特許の実施権者である丁は丙発明を業として実施できない。
(4) しかるに丁は丙発明を業として実施している。
(5) 乙は差止めも損害賠償も請求できる。
(6) 損害の発生は不明だが少なくとも実施料相当から後述の甲の取り分を除いた額を請求できる。(自信なし)


57 :56:2008/05/15(木) 21:58:20 ID:???
2.甲は丁に対し差止め・損害賠償請求できるか
(1) 甲は特許権者として差止め請求できるかのように見える(100条)。しかし、甲は甲発明を業として実施する権利を専有しないので、
  差止めできないとも考えることができる。
(2) 甲が、乙の販売量に応じて実施料を受け取っている場合、丁の実施により乙の販売量が減るので差止めの利益がある。
  しかし、甲は実施料を一括して乙から受け取っているので訴えの利益が無い。よって、差止め請求できない。
(3) 損害も無いように見える。しかし、乙が丙に実施許諾しようとすると甲の承諾が必要。この場合、乙は甲に実施料の
  一部を分けることになるだろう。すると、損害賠償として実施料相当額を得る場合も、甲がその一部をもらうのが妥当。
  よって、損害賠償はできると考える(こちらも自信なし)


58 :56:2008/05/15(木) 21:59:41 ID:???
設問2
1.特許無効審判は何人も請求できるので、丁も請求できる。実施許諾を受けている丁が無効審判を
 請求するのは信義に反するとの見解には賛成できない。無効な特許をのさばらせておくのは公益に反する。
 従って、仮に丁が契約で無効審判を請求しないことを約束していたとしてもその部分は無効であり、丁は審判請求できる。
2.(1)無効審決が確定すると最初から特許が無かったことになる。すると、不当利得返還請求ができそう。
  しかし、丁は実施許諾を受けることによって競争から保護される利益を得ていたので、丁に損害があった
  とは言えず、不当利得の要件が満たされない。従って、返還請求できない。
(2)(自信なし)審判請求前は丁は競争から保護されていたので丙は支払いを請求できる。その後は、
  無効審判が提起されていること、無効理由、が第三者にも明らかになるので、丁は競争から
  保護されているとは言えず丙は請求できない。

59 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:01:15 ID:???
>>56
利用発明って侵害の成否とは無関係では?

60 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:04:15 ID:???
>>53 紫外線カットは傘生地の効果だろ?
答案には関係ないが。

61 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:08:11 ID:???
>>60
ガーン。ほんとだ。少し変な記載をしてしまったなあ。
たしかに論点的には関係ないけどね。

62 :46:2008/05/15(木) 22:08:20 ID:???
47、56の人
レスのつけ方わからなくてごめん。

答案構成では場合分けしようとしたけど、
書き始めると甲の差止め請求の可否、乙の差止め請求の可否が代わるので
理由つけたら4ページでは足りない感触で独占的通常実施権のみにしてしまった。

効力要件として登録が必要であり、問題文に登録の事実はないと指摘していれば
即死はないよね?

63 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:09:17 ID:???
>>59 言われて見ればそうだな。
72条の利用発明の規定は、侵害は侵害で、仮に利用発明の特許権等があっても正当化されるわけじゃないぞ、
と念のために言っているようなものだからな。
ついさっきまで、完璧にかけたと思っていたのだが、ここの書き込みを読んでたくさんミスをしていることがわかってしまった。


64 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:12:29 ID:???
あの問題で、なぜ独占的〜の問題を論じるのか。
確かに「登録」の文字はないけど、
ちょっと深読みしすぎじゃないの。

65 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:16:57 ID:???
>>64
乙の請求で書くことなくね?

66 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:18:18 ID:???
著作権の図書館に対する請求って何が問題?

67 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:18:28 ID:???
いや・・・
民法でも土地を売却したって書いてあって、登記について記載がなければ場合わけするだろ・・・

68 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:19:32 ID:???
>>66
翻案による非営利貸与の可否

69 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:21:20 ID:???
>>68 侵害品の非営利貸与の可否 では?

70 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:22:11 ID:???
>>65
そうすると書くこと増えすぎじゃね?
4枚じゃ入らんぜ。

71 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:23:36 ID:???
ああ、やっぱり非営利の点か。
著作権者の利益を得る機会が失われるから
違法とか一言書いて別の事も書いた俺ヤバす。

72 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:25:44 ID:???
非営利貸与の話初めて聞いたぜ。
勉強不足か。逝ってきます。

73 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:26:45 ID:???
>>65
いや。専用実施権でも、乙は実施できなくなるから請求できないように見えるけど実はできるよって論点があるじゃん。

74 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:28:35 ID:???
>>73
よこれす
それで最判が出たのが専用実施の方でしょ?
やっぱ、登録を認定したのはまずかったのか。
当然あるものと解釈してしまったが。

75 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:30:35 ID:???
>>73
??それは甲の話では?

76 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:33:54 ID:???
専用実施でも、独占的通常実施でもそれぞれ一方は論点がないから
両方に点がふられてるという構造と見た。
そうしとけば片方書いただけの人にも点が入るしな。

77 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:36:07 ID:???
>>73
だから登録を認定したことが誤りなんだよ。
独占的通常実施権ということになれば、差し止めは無理にしても
第三者による債権侵害として損害賠償できるかという有名論点が
問題になる。

78 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:39:23 ID:???
ふ。差し止めは独占的通常実施権を非保全債権とする債権者代位権の転用で認める説に立ったぜ。
テラ少数説。

79 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:41:54 ID:???
登録が効力要件であることを指摘した上で
登録の有無を認定することが必要だと思う。
専用実施権の効力に関する98条をまったく考慮しないのはまずい。

そもそも要件事実として考えると乙は丙に対して自己の専用実施権に基づく請求をするには
登録があることも主要事実になるよね。そうすると抜かせないのでは。

80 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:43:24 ID:???
登録をしないとずっと通常実施権の話で一貫するよな。
ただ、採点基準が変更されて独占的〜にも点が入ることになりそうだ。

81 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:43:46 ID:???
>>79
大丈夫。お前は多分受かる

82 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:51:48 ID:???
>>56
77条2項の規定は、「専用実施権者は・・・」となっているから、
専用実施権の登録がされていることを前提としている。
だから設定が登録を含むという解釈の指針にはならない。
むしろ、98条の規定ぶりを根拠に設定と登録は別と解するのが合理的。
問題文には「登録」と一言も書いてない以上、それがないものとして
書いていって問題なかろう。


83 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 22:52:24 ID:???
著作権もよろ

84 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:03:36 ID:???
64が正しいと感じる。

85 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:04:21 ID:TI83zawC
>>78
独占的通常実施権じたいがひ保全債権にはならんなー
登録してないとしたら差止は代位構成が一番筋が通ってると思うけど


86 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:06:59 ID:???
登録してないなら、「してませんから」って書いとけよ、出題者。

87 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:07:53 ID:???
問題とは直接関係ないが、専用実施権の登録って実務上何ヶ月
もかかるらしいな。
もっと迅速にやってくれれば、こんな論点すら生じない気がする。

88 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:09:34 ID:???
俺も登録は微妙だと思ったが、ひとこと
「登録はあるものとして考える」とだけ書いておいた。
ってことで>>64に同意。

89 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:10:09 ID:TI83zawC
なお効力発生要件の登録はされてるものとする、と書いた。こんなにモメてるとは知らんかった…

90 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:10:10 ID:???
場合わけして両方書いた香具師がたぶん勝ち組。
俺は専用実施権のみorz
問題文の事情は、明らかに最判H17を睨んでいたような気がしたから。
実際、両方書いた奴はどれくらいいるんだろう。

91 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:13:19 ID:???
独占的通常実施が勝ち組みなキガス

92 :82:2008/05/15(木) 23:23:21 ID:???
蒸し返すようで悪いが、よく考えてみると設定=契約+登録という
考えにも一理あるように思えてきた。
98条で挙がっている設定以外のものを見てみると、
「消滅」「変更」「移転」などで、一定の法律要件の元に発生する
法的効果なんだよな。
とすると、98条1項2号であがっている「設定」という文言も
設定契約ではなく、登録によって発生する法的効果と見るべきで
はないか。だから問題文で「設定した」と書いてある以上、登録
もなされて設定の効果が発生したと解釈すべきではないか。

 しかも、専用実施権の範囲は、契約ではなく登録原簿の記載で
決まるところ、77条2項の文言は、「設定行為で定めた範囲内
で」と規定されているんだから、その設定行為の中に登録も含む
と解釈せざるを得ない。

前言を撤回する。この問題では登録までなされてると思う。

93 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:29:48 ID:???
俺は、>>92が正しいことを熱望する。
この問題は、疑義が出るような出題をした試験委員が悪い。
9月までの心の平穏を得られるという意味で、
両方書いた奴が勝ち組なのは間違いなし。

94 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:37:14 ID:???
単純に、著作権もあわせて、小問がいっぱいあって、うんざりしたので、
めんどうくさい話は抜きにして、設定=契約+登録と考えることにした。

95 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:45:19 ID:???
おまえら、中日あって暇なんだから、去年みたいに問題さらしてくれよ。

96 :氏名黙秘:2008/05/15(木) 23:46:15 ID:???
特許法の教科書とかには専用実施権の設定は登録しなければ
効力を生じないとの記載が一般的でない?
こういうの読むと設定とは効力がない専用実施権の設定という概念が当然あって
登録を含まないのが一般的な使い方だと思うのだが。

手持ちの教科書で違う表現あったら教えて〜〜

97 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:04:16 ID:???
>>96
その教科書の表現というのは98条の文言をただ引っ張ってきてる
だけじゃないか。

98 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:08:33 ID:???
「専用実施権の設定」
ってのは専用実施権を内容とするライセンス契約,という意味だよ。
つまり「登録していない専用実施権」というのはせいぜい,
(完全)独占的通常実施権に過ぎない。勿論,ライセンス契約の
条項を読まないとその中身は知れないわけだが。

99 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:20:33 ID:???
特許権は設定の登録によりその効果が発生する。
「設定の登録」と読むべきかそれとも「設定」の「登録」
と読むべきか。

100 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:22:19 ID:???
これ以上議論しても仕方なくねえ?
ただ、専用実施を書いた人が多ければ
そちらも採点基準に含まれるってだけのこと。

101 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:23:12 ID:???
当然,登録の有無で場合分けでしょう。
昔の民法の過去問だって登記の有無で場合分けしただろ。

102 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:24:59 ID:???
そうだね。
去年刑法で小問にしか答えなくても上位答案になってるみたいに
採点段階で問題が生じて問題の疑義に起因するとすれば
採点に際して考慮してくれるでしょう。

103 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:27:14 ID:???
まあはっきり言って選択科目のレベルは超低いので
2chで当日議論できるような度胸のある人は3分の1より上に入ってるよ

104 :去年の知財一桁:2008/05/16(金) 00:29:09 ID:???
誰か問題文うpしてください
答案構成しますよ

105 :去年の知財一桁:2008/05/16(金) 00:33:55 ID:???
問題文みてないので何とも言えませんが、
「設定」としかなければ、普通は登録までは備えていませんね

そもそも登録なんてしませんしね

106 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:34:59 ID:???
だから場合分けだって。
俺も問題文見てないから分からんが。w

107 :去年の知財一桁:2008/05/16(金) 00:36:38 ID:???
場合分けはやらないほうがいいでしょうね
一般論ですが・・・

去年の問題も場合分け云々言ってる人はいましたけど、軒並み失敗してましたね

108 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:36:43 ID:???
また消尽出さなかったのか。
永遠のAランク論点にするつもりか?

109 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:38:04 ID:???
>>107
登録がある場合は条文だけで答えが出るので数行で終わる。
どうせライセンスの種類について理解は示さなければならないので,
仮に点が振られてなくても余事記載にはなるまい。というわけで
俺なら登録がある場合も(条文だけで済むなら)数行書く。

110 :去年の知財一桁:2008/05/16(金) 00:38:11 ID:???
抜かずの宝刀ですか

111 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:41:52 ID:UPsFAsOj
消尽出ないね
あと試験六法には意匠法がない、ということは応用美術も出ないのかも

112 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 00:44:29 ID:???
>>111
あれは意匠法の存在だけ指摘すればいいので出せないというほどでもない。

113 :去年の知財一桁:2008/05/16(金) 00:50:20 ID:???
独占的通常実施権の話だと思いますが・・・
誰か問題を・・・

114 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 01:01:21 ID:???
確かに有名判例そのまんまみたいな問題はなかなか出題しないだろうなあ

115 :去年の知財一桁2人目:2008/05/16(金) 01:10:30 ID:???
問題プリーズ

116 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 01:45:29 ID:???
>>107
昨年騒がれて有名になった某大学ではそう場合分けしろと教えていたと聞いたw

ただ、登録と書いてなくて設定だけなら独占的通常実施権の問題だろうね。
断りなく専用実施権書いたらわかってないと自白しているようなものだと思う。
問題見てないけど。

117 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 08:34:36 ID:???
>>90だけど、
「全額一括支払済み」ってのは
平成17年判例の理由付けと相容れない事情じゃね。
そこを考えさせる問題だと思ったが。

118 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 08:55:09 ID:???
>>117
その通りだな。両方でFA

119 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 09:52:36 ID:???
>>117 おれもそう思った。で、とびついちまった。
出題者はそこを議論して欲しいからそういう設定にしたのだろう。
でも、そういう難しい論点の前に、基本的な部分の検討をしないといかんよな。
「専用実施権は登録されないとだめなんだったな」と思い出しながら、
「でもこれは設定されているから専用実施権がある」なんぞと
わけのわからないことを頭でぼんやり考えながら、論点を見つけたうれしさでつっぱしった。
実力が足りない人間がおかしがちなミスの典型だ。
とはいえ、これだけでアウトになるとも思わないが。


120 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 11:38:53 ID:L5b1GzVy
>116
なぜ登録されていないと前提できるのかな? 基本的に法律家向きではないね。
当事者間で設定されたけど登録されていない場合は完全独占通常実施権
登録されていたか事実関係で明らかでないのだから場合分けが必要と考える
のがふつうでは?




121 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 13:02:01 ID:???
難しいよね・・・

122 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 14:45:31 ID:???
民事系科目のように資料を読ませる問題ならともかく、知財のような出題では
事実認定が争われるような問い方ではないと考えて良いのでは?例えば問題文に
「契約」とあり、当事者間の専用実施権契約書が出ているなら疑うべきだけど。

そして既にプレテストで独占的通常実施権の問題が出題されている以上、
今回の専用実施権は登録されたものであると考えて減点されることはないと
思う(理由は>>92の趣旨に賛同)。

ただ、問題に「登録」と書かれていないために深読みした受験生が独占的
通常実施権だった場合を書いたとして減点対象にすべきではないとは思うが。
プレテストを読んでいなかった受験生に不利な採点は不公平だろうし。

123 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 16:00:38 ID:???
オレは場合わけしたクチなんだけど、確かに出題者は専用実施権出したつもりで、
今頃「あ。登録って書かなかったっけ?あはは」とか言ってそうな気がする。

124 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 16:22:18 ID:???
出題者が専用実施権を論じさせたいなら、
わざわざ差止および「損害賠償」請求ができるかという問題にするかな?
専用実施権を設定した後は特許権者は損害賠償請求はできない、の一文で終わるよね。
損害賠償の可否が論点になるのは独占的通常実施権を前提にしていると思うのだが。

大渕・茶園先生の「知的財産法判例集」の特許権の利用の章にある
ヘアーブラシ意匠事件と食品包装容器事件を理解しているか聞きたい設問だろ。

125 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 16:30:25 ID:???
>>124
一文で終わんないよ。
専用実施権を設定したからといって自動的に損害賠償請求できないわけではないもの。
損害がないことが多いからできないことが多いだけで。

126 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 16:35:52 ID:???
損害がないことが多いからできないことが多いだけではなくて、
専用実施権の対価を一括払いで得ている場合には損害が生じる場合が想定できないので一文で終わるよ。


127 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 16:45:49 ID:???
>>122 >>123が正しいことを祈るが、
特許権のほうは「設定登録」という言葉を使っていることからして、専用実施権のほうはわざと「登録」と書いていない気はする。
登録ありの場合は特許権者の差止めと損害賠償が問題になり、
登録なしの場合は、独占的通常実施権者の差止めと損害賠償、特許権者の損害賠償が問題になり、
どっちか書いておけば、もう一方を抜かしても致命的ではない、
だと良いのだが、、、


128 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 17:10:44 ID:???
1.出題者が専用実施権設定後の特許権者の請求の可否を意図していた場合
   →問題文から登録の有無は明らかでないので独占的実施権でも救済
2・独占的通常実施権を意図している場合
   →登録が専用実施権の効力要件との基本知識の確認のためのトラップで救済なし
になりそう。 

129 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 20:48:05 ID:???
問題文の解釈でここまで疑義が出たのは新司では初めてだな

130 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 21:34:43 ID:???
去年の出題の趣旨見ると守秘義務の有無で場合分けして欲しかったみたいだから今年も同じだろ

131 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 09:51:08 ID:???
>>120
書かれていない事実はないものとするのが法律試験の基本。
ない事実を加えるのは禁忌であり、それやった馬鹿は民裁で落ちたよ。
場合分けというのは書いてある事実がどちらとも解し得る場合の話だ。
設定と書かれていたのであれば、それは登録とは読まないだろう。
しかも、抵当権のように設定契約後は登記するのが通常である場合と異なり、
専用実施権は登録率が極めて低く、実務上は独占的通常実施権が基本という点を踏まえても、
この出題の仕方で前者のみを書くというのはありえないと思う。

それを理解した上で、傍論で登録があった場合を論じるならまだしも、
登録があったことを前提に専用実施権のみ論じたら死亡だと思うよ。

>>128
判例まんま出したって意味ないからその意味でも2じゃないの。
問題知らないけど。

>>129
知財ではねwww

>>130
去年のは窺わせる事情が出てたからね。あまりいい問題ではなかったが。




とはいえ、ここで議論してるレベルで書いてれば、
平均レベルは遥か下にあるので・・・・・・・・

132 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 13:32:36 ID:???
参考になる

133 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 13:23:20 ID:???


134 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 13:25:50 ID:???
去年の知財一桁さん、潰した教材なんですか?

135 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 17:44:33 ID:???
ケースブック、百選

136 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 18:20:40 ID:???
基本書は?

137 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 19:03:36 ID:???
ケースブック、百選って重複してねーか?


138 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 19:24:50 ID:???
出てたね。

第二東京弁護士会知的財産権法研究会編
『著作権法の新論点』
(商事法務)
A5判/488頁/4,515円(税込)
ISBN978-4-7857-1550-2   08.5刊

著作権法改正からウイニー事件、音楽著作権ビジネスまで、判例研究を含めて
著作権法に関わる問題について分析・解説をした講演の記録。著作権法に関わ
る専門家・実務家に役立つ1冊。

<主要目次>
改正著作権法と今後の改正課題(文化庁 川瀬 真)
ウイニー刑事事件判決について(弁護士 壇 俊光・ドリームポート 金子 勇)
音楽著作権ビジネス最前線(ネットワーク音楽著作権連絡協議会代表世話人 佐々木隆一)
アメリカ著作権法とインターネット法最新判例解説(弁護士 寺澤幸裕)
著作者人格権の新論点(弁護士 松田政行)
著作権の間接侵害(北海道大学 田村善之)
著作権の制限(東京地裁 高部眞規子)
判例研究:宇宙戦艦ヤマト判例概観(弁護士 中小路大・弁護士 梅村
陽一郎・弁護士 高瀬秀次郎・弁護士 大軒敬子)
判例研究:著作権の間接侵害の法理とその限界(弁護士 大塚一郎・
弁護士 藤原宏高・弁護士 齋藤浩貴・弁理士 津田幸宏)
判例研究:損害論について(弁護士 世戸孝司・弁護士 大山政之・
弁護士 上沼紫野・弁護士 常盤政幸)


139 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 20:09:46 ID:???
教科書は
特許は中山と林。
著作権は田村と作花基礎と応用。

きわめてオーソドックスです。

140 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 22:47:21 ID:???
で、利用だから侵害なの?
それともあれは均等論だから侵害なの?

141 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 07:59:44 ID:???
>>139
田村知的財産4版一冊で特許・著作をまかなうのは無理ですかね。
ケースブックは独習できますか?

142 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 15:40:50 ID:???
特許法はもうどうやって勉強していくべきか分からなくなったね。
来年からは選択者激減かな。

143 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 15:45:37 ID:???
>>66
著作権法38条4項に当たるかどうかなのか?
あと、あたらないときには間接侵害か、ということか?
そんな気がしました。


144 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 15:49:47 ID:???
実務知財とLPやっときゃ余裕。

145 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 18:49:23 ID:???
特許は割とメジャー論点ばかりだと思うが、
丁の実施品の製造販売が甲の特許発明の実施に該当するか、
問題文から不明というのが。。
クレームによるじゃん。

146 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:10:48 ID:???
著作権法の論点って、
共同著作か、出版→公表権行使できないか、
同一性保持権侵害あるか、翻案権侵害成立するか、
引用成立するか、編集著作物の翻案あるか、
38条、間接侵害、二次的著作物の著作者の権利行使。
こんなところですか?

147 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:16:28 ID:???
>>144
LPって何?

148 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:18:00 ID:???
リーガル・プログレッシブ3 知的財産関係訴訟

149 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:19:25 ID:???
legal progressive だろ。

同じ青林で、新裁判実務体系を使っている
人はいないかな?


150 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:25:18 ID:???
新裁判実務体系いいね。
古いけど裁判実務体系9&27も。

151 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 21:40:06 ID:???
非営利貸与の38条4項は全く知らなかった。
書けた人多いのかな?

152 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 21:45:19 ID:???
専用実施権の「設定」とあるのだから登録されていることが前提ですよ
設定=登録です

153 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 22:09:39 ID:???
専用実施権は登録されないかぎり「専用実施権」たりえません。
登録されなければそれはあくまで独占的通常実施権です。



154 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 22:16:00 ID:???
>>141

たむら一冊はちょっときついかな。
クセあるし、どうせ他の教科書見ることになると思う。

ケースブックはそんなに難しくないから独習できるよ。
できれば優秀なゼミ仲間がいるといいね。

155 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 22:56:21 ID:???
サンプル問題かプレ試験の問題にあったが、
独占的通常実施権のことを聞きたいなら
「専用実施権の設定契約をしたが登録までには至らなかった」という事情を問題文に明記するはず

ただ、独占的通常実施権のことを書いても減点まではされないよ


156 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 23:30:32 ID:???
〔第1問〕
 以下の事実関係を前提として、後記の設問に答えよ。

【事実関係】
 甲は、傘生地に特殊の樹脂を塗布する防水加工を施すことにより、防水効果を発揮することを
特徴とする傘の発明(以下、「甲発明」という。)の特許権を有している。

 乙は、甲発明の特許権について、その存続期間全部に対応する実施料全額を甲に一括して支払って、
甲から、専用実施権の設定を受け、甲発明の実施品であるA傘の製造販売をしている。

 一方で、丙は、甲発明の特許出願がされた後、独自に開発した紫外線を吸収する傘生地に、
上記特殊の樹脂を特定の温度条件で塗布する防水加工を施すことにより、紫外線カット(UVカット)
効果及び防水効果を共に発揮する傘の発明(以下「丙発明」という。)の特許出願をし、
特許権の設定登録を受けた。

 丁は、丙から、丙発明の特許権について通常実施権の許諾を受け、丙発明の実施品であるB傘の
製造販売を開始した。

〔設問1〕
甲と乙は、それぞれ丁に対し、B傘の製造販売の差止め及び損害賠償を請求することができるか。


157 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 23:35:24 ID:???
>>154
ありがとうございました。<(_ _)>

158 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 23:42:10 ID:???
>>155

俺もそう思ったクチだけど、
問題文が、さらっと書いてありすぎるので、正直どっちが出題意図だか
今になってよく分からん。


159 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 23:47:45 ID:???
>>155
作問者は頭が悪いから覚えてないんだろ。
登録は事実だから記載がなければ過剰主張。

160 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 23:48:32 ID:???
間違えた。記載がないのに書いたら過剰主張。
問題そのまま読めば主張自体失当。

161 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:04:48 ID:???
>特許権の「設定登録」を受けた。
>専用実施権の「設定」を受け、

はて。


162 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:21:43 ID:???
設定を受けるのは企業からで
登録を受けるのは特許庁からだろう・・・

意味を考えなよ

163 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:26:36 ID:???
配点は、20:10:10:10ぐらいかな。

164 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:29:59 ID:???
>162
特許権については設定と登録をきちんと使い分けているのに、
なんで専用実施権については設定しか書いてないか。
別に設定・登録をする主体は関係ないよ。

まぁ水掛け論にしかならんし後は出題趣旨待ちかね。

165 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:36:22 ID:???
さて、決着をつけようか。

専用実施権は物権的排他的権利です。よろしいですよね。
ですから、登録をしていないものは「専用実施権」とはいえないのです。
登録して初めて「専用実施権」という言葉を使うことになります。

工業所有権法逐条解説〔第16版〕〔特許庁〕を読んでください。

ちなみに、プレテスト(知財法)の問題文もこの点を意識して
しっかりと書き分けられています。
プレテスト問題文も読んでください。

私が採点官だったら、独占的通常権云々を書いた答案は上記基本事項が分かってないので
減点は別にしても相当に心象は悪いです。



166 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:44:54 ID:???
だからそれだと乙の請求が1行で終わるだろw

167 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:45:35 ID:???
それだったら、独占的通常を書かなきゃダメじゃないの?

168 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:48:25 ID:???
効力発生要件がなければ「専用実施権」という言葉を使えない
→「専用実施権」という言葉を使っている以上設定+登録済みってこと?
んー、なかなか暴論だなぁ。
敷衍すると効力発生要件が必要なあらゆるものは、問題文に書いてあるなら自動的に効力発生要件を満たしてる事になるぞ。
たとえば就業規則とかの場合、周知要件を満たさない時には、問題文に「就業規則」って言葉を使えないのはおかしくないか?


169 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:53:01 ID:???
>>166

それは、かまわないと思う。

乙の請求を条文を引いて2〜3行書いて、設問1の論点は、甲の請求がメイン。

「存続期間全部に対応する実施料全額を甲に一括して支払って」
という事情が、最判平成17・6・17をふまえた上で、こんな場合にはどうなの?
と、聞かれている気がした。

設問の数も多いし、設問1は、独占的〜の論点をきっちり書くことは、求められていないと感じた。


170 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:55:07 ID:???
>>168

そうだねえ。「専用実施権者」なら、分かるんだけど・・

171 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 00:58:11 ID:???
>>169
なら乙の請求聞く意味ないじゃんw
まあ俺は場合分けして両方書いたからどっちでもいいがね

172 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:01:58 ID:???
いや、論点がないから、請求を聞く意味がないということにはならない。

当たり前のことを、ちゃんと条文を引いて、条文のままに答えることは大事。

173 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:11:56 ID:???
第九十八条  次に掲げる事項は、登録しなければ、その効力を生じない。
二  専用実施権の設定

登録前は、設定(設定契約)がされているけど専用実施権としての効力が
生じないということ。
本問は場合分けするべきだね。

174 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:13:59 ID:???
著作権の話もしたいぞ

175 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:16:40 ID:???
>>173

みんな、その条文は当然ふまえた上で、なおどうなのか?と、話しているわけだが・・

176 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:20:51 ID:???
まあ、どうせみんな、自分が書いた方が正しければいい、という希望で、
自分に少しでも有利な論拠にしがみつこうとしてるんだから、>>164
の言うとおり、水掛け論だね。
ここまでやったら、出題趣旨を待つのが賢明かと。

177 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:45:19 ID:???
>>173
きみはそのつもりかもしれんが、中には>>165みたいのもいる。
特許法上の専用実施権の「設定」という語は、当事者間で
「設定契約」のみがなされた場合も含むということを明らかにしたまで
(「設定」=「設定登録」と解するのは本条の場合ありえない。)。

178 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 01:46:29 ID:???
>>175の間違い、失礼

179 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 09:30:21 ID:uKEpVJdm
いずれにしてもショボイ問題だw 経済法とか労働法か、言い分とか資料とか付けて
出題者は頑張ってるのに、明らかに知財は出題者にやる気が ry
「ケ-スブック」第8講のQ4,11,12,16そのまんま(苦笑)
手抜き 乙でした 


180 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 10:34:00 ID:EOYRaKCd
165に同旨。独占的通常実施権(債権)が登録により、専用実施権(準物権)
に昇格する。(乙に関する論点は72条前段「利用発明」。特許権は禁止権⇒
特許権実施の抗弁は通じない。丁の負け。)(甲に関する論点は、100条1項
と68条但書のにらめっこ。⇒特許は禁止権⇒100条通り差止め可能かな。
でも、全額前払い受けてるから、甲に損害なし。差止めも訴えの利益
ないんじゃないの?⇒いや、ある。∵専用実施権が中途終了する可能性)
<著作権法で既出に異議がある点>設問3は113条1項2号。設問4は
智恵子抄「編集著作物」の成立要件&保護範囲と考えています


181 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 11:01:21 ID:+Xb8YSmH
180です。甲に関する論点の出典は判例ガイドP465。
著作権法設問3は概説P155。補足でした。

182 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 11:58:23 ID:???
>>180が指摘するとおり、
問1は利用発明についても書かないとね。
差止・損害賠償できる前提として侵害が成立していないと話しにならないわけで。
だから利用発明につき配点は半分くらいはあると思うよ。

183 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 13:31:45 ID:???
著作って、38条を書いた方、おおいのですか?
あと、他の問題も何をどれだけ書いたの??

184 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 14:09:00 ID:???
>>179
そんなこといって、明細書がついてきたら文句言うだろ!


185 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 20:13:46 ID:???
明細書付いてきたらマジで困るなw
請求項1は流体を噴出するそれぞれのノズルを内外二重に配設するとともに、
外側ノズル内の流体に擾乱を与えるもので
とか論じたくねえw

186 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 20:14:35 ID:???
38条探せなかったという話なら、わりとよく聞く。

187 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 00:00:53 ID:???
38条が出てこないのは過去問やってないカスだけ
そんなのは落ちて当然w

188 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 12:25:13 ID:BeXB3eV+
財政再建中のK県では、「いかさま出版」(著作権無視をモットーとする)の発売する格安のバリーポッター大全集を購入し、貸し出すことを検討中である。当該書籍は出版社のバイトが自分の好みで過去の作品を並べ変えたものである。続く

189 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 12:35:08 ID:BeXB3eV+
話を聞き付けた知事甲は担当者乙を呼び出した。乙は法科大学院で知的財産法を学び、今年入庁した。甲「例の書籍だけど著作権は大丈夫なのかい?」乙「いかさま出版はそのうち摘発されるでしょうが、我々は大丈夫ですよ」続く

190 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 12:40:50 ID:BeXB3eV+
乙「著作権者が貸与権を主張しても、我々は非営利貸与ですから。それより、物語の順序がムチャクチャでバリーが急に若くなったりするのが許せませんね。こんなのには編集著作権を認めたくありませんね!」

191 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 12:48:25 ID:BeXB3eV+
甲「貸与権とか、非営利貸与の抗弁とかは適法複製品の話じゃないのかね。違法複製物を自由に公衆貸与できるなんておかしくないかい。」「著作権侵害を予防したり、助長を抑制するために立法者は間接侵害として規制するんじゃないのかい?」乙「カラオケ法理や寄与侵害のことですか?」

192 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 12:55:22 ID:BeXB3eV+
甲「乙君は論点が好きだね。でも間接侵害は条文に規定されているのもあるんだよ。うしろから探すと見つけられるんざゃないかな。」乙「その条文をみたんですけど、頒布とあるんで、映画の著作物にしか認められないじやないですか?」

193 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:00:41 ID:ur8alJy8
>184 O先生お疲れ様です!

194 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:01:18 ID:???
O先生はキャッチボール以外で論文を書かないんですか?

195 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:08:30 ID:BeXB3eV+
甲「頒布権が映画の著作物に限定されるのも、適法著作物の場合だけじやないかな〜。違法複製物間接侵害の条文は、映画に限定してないよ」乙「そっか。でも、僕達は違法複製物って知らなかったといいわけしちゃえばいいんじゃないですか?」

196 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:18:49 ID:BeXB3eV+
甲「『知情』要件はイギリスから警告状が送られたらアウトでしょう。英語が読めないの抗弁もサンフランシスコ講和条約以降はキツイと思うよ!」乙「そうなると、いかさま出版から購入しても、貸与を差し止められたり、廃棄請求うけたり、損賠くらったり、面倒ですね」

197 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:34:17 ID:BeXB3eV+
乙「それにしても、カト〜さんは詳しいですね。」甲「昔、少しかじってたからね。それと今年、新司法試験を受けるなら著作権法には気を付けた方がいいよ。出題者はいたずら好きだからね!」

198 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 13:40:51 ID:BeXB3eV+
以上の物語は全てフィクションであり、実在する人物とは一切関係ありません。内容は学生のにわか知識によるもので一切信用してはいけません。

199 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:06:15 ID:???
構成をさらしてみます。
平均点いけますか?あてはめは人並みだと思います。

第1問
設問1
1 甲の請求
(1)差止請求
   前提として、専用実施権設定者も差止請求の主体となりうる。
   そして、丁は甲の発明を利用(72条)しているので、原則侵害。
   ただ、進歩性あれば選択発明として非侵害。
(2)損害賠償請求
   実施料全額の前払いがあるも、損害賠償請求できる。
2 乙の請求
(1)差止請求
   専用実施権者なので差止請求できる。
(2)損害賠償請求
   専用実施権者の独占利用権が侵害されているので、損害賠償請求できる。
設問2
1 通常実施権者にも無効審判請求する利益はあるから、請求できる。
2(1)権利濫用により、不当利得返還請求できない。
 (2)あくまで無効である以上、実施料支払請求できない。

200 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:06:47 ID:???
設問2
1 通常実施権者にも無効審判請求する利益はあるから、請求できる。
2(1)権利濫用により、不当利得返還請求できない。
 (2)あくまで無効である以上、実施料支払請求できない。

第2問
設問1 複製権侵害、譲渡権侵害、同一性保持権侵害により、差止+損害賠償請求できる。
    なお、公表権侵害はない。
設問2 複製権侵害、譲渡権侵害により、差止+損害賠償請求できる。
    なお、同一性保持権侵害はない。
設問3 貸与権侵害により、差止+損害賠償請求できる。
設問4 前提として、乙書籍は編集著作物にあたる。
    そして、丙書籍は、配列に独自性あるも選択に独自性ないから、複製権侵害、譲渡権侵害により、差止+損害賠償請求できる。




201 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:24:19 ID:???
>200
第2問の設問1で同一性保持権侵害を問題にするなら、
翻案権の侵害は問題にならないのでしょうか?
改変行為≒翻案行為と考えれば、そうなる気がしました。

202 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:32:07 ID:???
> ただ、進歩性あれば選択発明として非侵害。

なんじゃこりゃ?

203 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:33:58 ID:OtFmQJZv
>194 るせ−な− 怒 法的根拠を欠いてるんだよ、まったく

204 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:37:58 ID:???
「特別の温度条件」って、選択発明というか数値発明を論じさせたいんでしょ?

205 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 14:42:00 ID:???
>>201
送り仮名の変更や現代語への入れ替えだけでは、翻案とはいえないと思う。

206 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 15:22:02 ID:???
>>199
特許法は設問2の出来が悪いが、選択発明に気づいているので
なんとか平均いくだろう。
著作権法は本案権侵害に触れないと28条の権利の話がでていないが、
複製権侵害と筋が通っているのでわるくはない。
纏めると平均点レベル。

総じて平均レベルです。

207 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 15:28:56 ID:BeXB3eV+
199さん。選択発明も利用発明の一種だから、無断なら侵害の責めは免れません。そのために裁定制度があると思います

208 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 15:46:58 ID:???
選択発明が非侵害になるって・・・侵害論を全く理解していないとしか・・・

209 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 15:57:01 ID:???
現代語への入れ替えは翻訳に近いから翻案と解する余地があるのでは
創作性の度合いによるかもしれないが

210 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 17:58:29 ID:???
形式的に利用関係があっても、
その条件に特化して初めて意味のある効果を生むなら
選択発明として侵害は成立しない

211 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 18:31:24 ID:???
199=210か?

212 :199:2008/05/21(水) 18:53:36 ID:???
>>206
ありがとうございます。
とりあえず短答通過者平均あれば十分だと思っています。

>>211
ちがいます。
今まであまり議論になっていなかったけど、選択発明は本問の中心論点だと思います。
書けている人が多ければ死因になりかねないのでは。

213 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 19:08:40 ID:???
> ただ、進歩性あれば選択発明として非侵害。

これが死因だよ・・・

214 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 19:21:49 ID:???
進歩性あれば選択発明として非侵害なんじゃなくて、
一見丁の発明は甲の発明の範囲内だけど、
甲の特許請求の範囲が丁が限定した数値を除外することを示す何らかの事情がある場合には
甲の特許権を侵害しない。

って書くのはアリ?

215 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 19:29:16 ID:???
>>214
それは特許発明の技術的範囲論だなあ。まちがいじゃないけど、無益的記載事項じゃね?

216 :199:2008/05/21(水) 19:29:56 ID:???
何だか煽るような書き込みになってしまってすみませんでした。
そんなつもりはなかったのですが。
では、消えます。

217 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 21:43:19 ID:???
>>210 「形式的に甲発明を利用していても、乙発明の条件では
甲発明の効果を全く発揮しないものであるならば、侵害は成立しない」
と言おうとしているのか? あの設問にそういう答えをするのは、
「甲の特許権が無効なものである場合侵害は成立しない」
と答えるのと同じようなものだと思う。

218 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 21:49:29 ID:???
>>199 ご本人が、もう消えますと言っているのにコメントをつけてしまって申し訳ないが
「前提として、専用実施権設定者も差止請求の主体となりうる」 
これを前提とせずに、なぜ主体となりうるのか(あるいはならないのか)を
趣旨から解釈して欲しいのだと思う。
「丁は甲の発明を利用(72条)しているので」 
どういうときに利用していると言えて、本件のどういう事情がそれに該当するのかを議論して欲しいのだと思う。
「実施料全額の前払いがあるも、損害賠償請求できる。」
なぜできるのか(あるいはできないのか)を説明して欲しいのだろう。
以下、同様。
弁理士試験では結論と条文だけ書いておけばよかったが、昨年・一昨年のヒアリングを読むと司法試験委員はそうでないものを求めているようだ。


219 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 22:01:03 ID:???
> 弁理士試験では結論と条文だけ書いておけばよかったが

なこたーないんじゃ?

220 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 22:39:31 ID:???
>>219 私が合格した2002年ごろは、たいていの場合、理由付けは条文で足りたのです。
今もそんなに変わらないと思うのですが、、、
>>220 故意・過失は損害賠償の要件だが、侵害の要件ではない。
だから、設問の2では、たぶん丙も同一性保持権を侵害している(その結果、同一性保持権侵害を
理由とする差止めは認められるが、損害賠償は認められない)
設問の4では、編集著作物として権利が認められる要件と、他人の編集著作物に係る権利を侵害する要件を、
混同して書くのは良くないと思う。


221 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 14:00:20 ID:???
参考になる

222 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 14:54:56 ID:???
その通り

223 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 15:07:57 ID:???
同一性保持権侵害による差止って何を差し止めんの?

224 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 17:22:10 ID:???
>>218
>>199の書き方をみると、構成として結論だけ書いているが、
さすがに解釈論はしているんじゃないか?

225 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 20:47:04 ID:???
>>223
だよな。

226 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 22:07:09 ID:???
>>223 同一性を損なっている丙書籍あるいは乙書籍の、出版・販売、に決まってると思うのだが、、、
何かそれ以外に考えられる?
ついでに、112条2項で、既に印刷した乙丙書籍の廃棄や、場合によっては版型(って書いちゃったがそれでよいのかな?)の廃棄も請求できるはず。

227 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 22:53:27 ID:???
>>226

だよな

228 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 01:19:50 ID:???
>>226
微妙な書きっぷりだな ま、いいけど

229 :3年生:2008/05/23(金) 07:54:00 ID:1yXKhBOk
特許で、利用発明かどうかあたり論じるの?
てか、最初に
文言侵害の検討

非侵害

均等論

侵害

という僕は初学者?

利用発明にあたれば侵害だけど、利用発明にあたらないからって非侵害
というわけでないですよね?利用発明に該当することの実益は裁定実施が
利用できるか否かで、本問はそっち聞かれてないから意味ないんじゃないかと

みなさんどうやって侵害を認定したんですか?

230 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 10:07:39 ID:???
やっぱりね。
出版はまだしも、販売行為は普通に考えれば同一性保持権侵害行為そのものではない。
差止書くとしても、販売がどういう点で同一性保持権侵害かを書かないと、何も分かってない人と思われるよ。

あ、こいつは侵害→差止と脊髄反射してんだな、と。

231 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 14:18:24 ID:7teMyXP3
229さん。本問は文言侵害か均等侵害か、を問題としていないのです。
簡単にいうと、丙発明=甲発明+UVカット機能、となっていて、UVカット
機能に進歩性があって選択発明の要件をきっと満たしているのでしょう。
(そうでないなら、丙発明は無効であり、問題としては味が出てこない)
そして、甲発明の部分で両発明は「抵触」しており、丙発明を無断で実施
する丁は、(普通は)侵害になるのです。しかし、特許権の本質を「禁止
する権利(超多数説)」と考えず、「自分で実施する権利(超少数説)」
と考えれば、丁に「特許権実施の抗弁」が成立し、侵害にならないのでは
ないか?という考え方がありうるのです。元々、誰もが自由に発明を実施
して良いはずなのに、人工的に特許権を設けることで、どのような効果が
生じるのか?という古くて(新しい)議論をしてね、というのが出題者の
意図ではないか、と自分は理解しています。72条前段はたぶん禁止権説の
根拠条文になるので、自己実施権を本質と考える人はこの条文をたたく必要
があります。

232 :229:2008/05/23(金) 15:25:35 ID:XfsmcIBA
なるほど
つまり、文言が異なろうがどうかにかかわらず、
丙発明は明らかに甲発明を含んでいるので、
丙発明の実施は必然的に甲発明を実施することとなり
原則として侵害という理解でよろしいでしょうか?

それを踏まえた上で、請求権者を
どう解するかを問うている問題なのですかね

233 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 15:39:58 ID:7teMyXP3
232さん。ちょっと捉え方が違う気が・・・。(前段)本問は構成要件が記載
されていないので、文言・均等侵害を判断できません。出題者は「特徴」と
いう言葉で、丙発明は原特許権者の保護範囲に含まれると法的評価を下して
いいよ、と言っているのだと思います。 (後段)甲又は乙は請求権者です。
(後の問題で少し問題になりますが)。抗弁として、侵害を否定できるか?
つまり、俺が持ってる(正確には人から許諾を得ている)特許なんだから、
俺がその範囲で実施して何が悪いんだ!(お上から免許もらってるんだ)
という言い訳が少数説からは可能ではないか、という問題意識です。

234 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 19:15:22 ID:???
ほう。そうすると、>>230さんの見解では、
112条の、「著作者・・・は、その著作人格権・・を侵害する者・・・に対し、その侵害の停止・・を請求することができる」
は具体的にどういう状況を想定していることになる?


235 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 07:29:05 ID:???
>>233 横からすみません。
おっしゃっていることは土地所有権に基づく妨害排除請求に対する
建物賃借権の抗弁に似てますね。

でも甲乙は侵害予防や必要な措置も請求出来るのだから、
少数説に立った場合でも実施から甲発明部分を除くことなど
(例えば紫外線カット部分に限った実施)も請求出来ることに
なりませんか?

236 :230:2008/05/24(土) 08:26:08 ID:???
だから侵害行為そのものを差し止めるんだってば。
侵害の停止、ってはっきり書いてあるじゃん。

複製権侵害を根拠にするなら、複製行為そのものが差止対象であって、その後の販売等はまた別。
もう複製権侵害は完了してるのに、どうやって差し止めるの?

販売を差し止めたければ、別個に譲渡権侵害等を根拠にする必要があるわけ。

今回の場合、同一性保持権侵害を根拠にするなら、
まさに同一性を損なう行為そのものの差止を求めることはできる。
けど、販売行為によって同一性が損なわれてる、とは言えない(少なくとも、言い難い。)でしょ?
だから、同一性保持権侵害を根拠に販売を差し止めるなら、
なぜ販売によって同一性が損なわれてると言えるか論証しなきゃ。

まあ悪意は感じないので、前向きな意見があれば、また議論しますよ。

237 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 09:48:44 ID:???
販売によっても人格権侵害になるかどうかを聞いてる問題だと思っていた。
まあ知らなくても、原本確認せずに引きうつして
新しく製本しちゃってるからそれをもってして侵害にあたるんでしょうけどね。

238 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:03:52 ID:???
あれ?

丙発明は甲発明を利用している
→原則として侵害にあたる
→特定の温度条件下で初めて両方の効果が認められるような場合には、選択発明として独自の発明と認められ、特許法上保護される。
→そのような場合には、例外として侵害にあたらない

という流れは、論理的におかしいですか?

239 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:16:52 ID:???
著作権設問1、公表権侵害の有無には配点があると思うのだけどどうだろ。

240 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:17:47 ID:???
そらそうよ

241 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:54:26 ID:???
238さん。「独自の発明と認められ」(すなわち無効ではない)という事と
「甲発明の保護範囲内か否か」は別問題なんです。238さんは知らず知らず
に少数説(特許権の本質は自己実施権だ)の考え方が混じってます。
235さん。防水とUVカットが可分なら235さんのご指摘の通りです。しかし、
もし可分なら丙特許は無効です(∵他人の特許と抵触)。つまりUVだけで
しか特許を取れない。丙特許が有効になるためには、「例)傘にてんぷら油
を塗ると防水効果(甲発明)」「傘に50Gのてんぷら油を塗ると防水効果と
UVカットの効果(丙発明)」みたいに不可分な関係にあることが必要です。
そうすると、自己実施権説からは100Gのてんぷら油は塗れないが、50Gの
てんぷら油を塗る権利だけはあるだろうとなるんだと思います。

242 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:55:45 ID:???
>>239
公表権書いてる奴はあまり多くなさそうだが。

243 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 10:59:17 ID:???
本問では聞かれていませんが、同一性保持権侵害の本の販売を差し止める
場合も、113条1項2号+112条です。これで、上述の議論が解決すると思います


244 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 13:19:10 ID:???
>>242
問題文には、中高のクラスメートっていう微妙な人間関係が書かれてるからな。
公表概念の議論が必要なのは明白だと思うが。
公表権落としは隠れた死因かもな。

245 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 13:22:05 ID:???
ほぼナカータ事件まんまなんだけどな

246 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 13:41:21 ID:???
そんなレベルで合否が決まるとも思えないけどな。

247 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 14:44:11 ID:???
>>241
ちょっとまだよく理解できていないのですが、
その少数説というのが知らず知らずのうちに混じってしまっていると、
こいつは全然分かっていないということになるのか、
それともちょっと混乱しているけど明らかにおかしなことを書いているというわけではないからまあ許してあげようということになるのか、
そのへんの心証というか評価についてはどのようなされると思われますか?


248 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 15:26:34 ID:???
>>241 4行目以後の説明はおかしい気がする。
不可分どうのこうのというのは、丙発明の進歩性を主張するときの理屈の1つにすぎない。
追加部分だけで進歩性があれば公知部分と追加部分が可分だろうとなかろうと、発明は特許されうる。
甲発明をそっくりそのまま利用して、それとは全く独立にUVカット効果をもたらす構成を追加すれば
それは新しい発明として特許されうる。
丙はそんなことをしないで、UVカット効果をもたらす構成だけを権利化するほうが、権利範囲が広くなり有利だが、
狭い範囲のみを権利化するのは丙の勝手だ。


249 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 15:28:51 ID:???
241さん
評価は試験委員の専権事項なのでわかりません。この問題は選択発明が
認定できる点がトラップみたいになっており、「特許有効⇒侵害なし」
と認定しがちになっちゃう。多くの学生が誤解する点をいやらしく突いてる。
公衆浴場への「許可」は自己実施権が主。ただ、法がその経営の安定も保護
するので、おまけ的に近隣許可を取り消せる(差止めが従)。
一方、特許・著作権は他人の実施・利用を禁止する権利が主。自己実施は
その反射的効果みたいなもので、特許もってても他人に差し止められて
しまうという違いがあります。

250 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 15:36:02 ID:???
248さん
御指摘の通りです。筆が滑りました、というより、理解が不足して
いました。

251 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 16:21:13 ID:???
>>235さん、>>249さんのアナロジーは、なんかずれてる気がする。
大きな法律の原理のなかでの特許法の規定の位置づけは、学者に任せておくほうが良いのでは?
それから「選択発明」をどのように定義しておられるのか不明ですが、
「選択発明とは、構成要件のうちの全部または一部が総括的な概念(上位概念)で
 構成されている先行発明(先願発明又は公知発明)に対し、その上位概念で包括される概念
 (下位概念)であって、先行発明記載の明細書または文献に具体的に示されていないものを
 構成要素として選択したものに相当する発明をいう」
という定義を用いると、
「先行発明が特許されている場合、先行発明の特許権者の許諾無く選択発明の特許権者が実施できる」
なんていう少数説は聞いたことが無いです。何か根本的な間違いをされているかもしれません。


252 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 17:30:39 ID:???
251さん
選択発明の定義に争いはあると思いますが、特許権者に自己実施する権利
があるのではないか、という議論が皆無とは思いません。
個人的には通説に従っていますが、選択発明は侵害とならないと考えた人
にも一理はあると思っています。

http://www.juris.hokudai.ac.jp/~hyoshida/pdf/prior-ap1.pdf

253 :氏名黙秘:2008/05/24(土) 17:40:58 ID:???
252の主張がリンク先と無関係な件

254 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 01:23:00 ID:???
>>244
中高生時代の同人誌であることと、北国のA市出身であることは、
「少し古いが、平易な日本語で書かれていること」を暗示してるんだろ。
明らかにメイン論点は同一性保持権侵害の成否であり、
冒頭の説明文は4号へのあてはめに使わせる意図。
公表権を書かせる趣旨ではないと思うぞ。

>>252
本件では、条文の要件からして中用の抗弁は成立しない。
そして特許権の積極的効力は否定する見解が支配的なので
条文より広げて積極的効力を認めている人は
ただの分かってない人。
あの設問は、結論で点数が決まる問題じゃねえか?


255 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 13:01:31 ID:/67U1bVR
>>254
今年の著作権法の問題解説についてなら、このサイトを見るのが一番確実だよ。

ピリ辛著作権相談室 Q27:平成20年度新司法試験科目の著作権法の問題解説をしてください
http://urheberrecht.cocolog-nifty.com/blog/

256 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 13:42:44 ID:???
254さん
同一性保持権の20条2項4号切りには賛同しますが、公表権(結論は侵害なし)
も択一的条文知識とあてはめの双方が聞かれていると思います。
「公衆」(2条5項)=特定多数含む。(学校の同級生=特定YES)(北国
の学校だが・・、「市」の学校=多数YES) ⇒ 「発行」(3条1項)⇒
「公表」(4条1項)。同一性保持権(4号による制限)のあてはめ要素は
「誤記修正&意味不明語の現代語化」だけで十分じゃないですか。

257 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 17:07:38 ID:???
>>245

そう、なかた事件だよね。

258 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 18:10:00 ID:???
事前に中山先生の著作権法を熟読していたせいか、同一性保持権書くときに
『著作権者の「こだわり」』ってたくさん書いちゃった。
採点官も中山著作権読んでてくすって笑ってくれればいいが。

259 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 18:18:27 ID:???
>>258
採点官なら中山先生の本ぐらい読んだことあるでしょう。
それで印象がどうなるかはわからんけど。

260 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 18:22:48 ID:???
中山先生は「こだわり」表記をはじめとして、著作者人格権の強力な効力を苦々しく思っていることがひしひしと伝わってくるからなあw

261 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 18:26:29 ID:???
>>258
特定答案でゼロ点。

262 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 22:48:40 ID:???
>>255
設問3以外、ほぼその解説どおり書けてた。
(設問3は、そもそも38条4項落としのさようなら答案だけど)
設問4の同一性保持権侵害の点は、
もはや原型をとどめぬほど改変した場合には、
別の著作物になるから、
同一性保持権の侵害とはならんのではなかろうか。

263 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:13:47 ID:???
>>262
編集著作物の創作性は素材じゃなくて選択と配列の部分にあるから、
本件が「原型をとどめぬほど改変」した場合に当たるのであれば、同一性保持権どころか
複製権も譲渡権も侵害しないことになるが、そう書いたのか?

264 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:20:56 ID:???
人格権書いて欲しいのは間違いないだろうけど、
人格権侵害になろうが結論に違いないよなぁ

旧試、それも古いタイプの旧試みたいに、論点を羅列していかなきゃならんのか…

265 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:21:13 ID:???
ここまでの議論みたけど
基本からしっかり書けてる奴が少なそうだな

これなら俺は相対的に上位に行くわ

266 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:23:14 ID:???
>>264
あー。それ、すごく思った。
どーせ譲渡権複製権侵害なのは目にみえてんのに、人格権ごねごね書くの不毛だよなあ思いつつ答案書いてたw

267 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:40:43 ID:???
>>266

だよねぇ。

268 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:41:27 ID:???
名誉回復措置があるじゃん

269 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:46:10 ID:???
知財の試験は過去問とヒヤリングを見るか限り論点主義だよね。

他の科目も今年は法律試験にシフトしていた気がするけど。

270 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:47:04 ID:???
>>269
法律試験?

271 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:49:03 ID:???
あてはめ重視というよりも法律知識を聞いている感じ。
もちろんあてはめが重要な科目もあったけどね。

272 :氏名黙秘:2008/05/25(日) 23:52:20 ID:???
>>263
262だが、「選択」の点に関しては、複製権侵害、
「配列」の点についてはお咎めなし、でいいんじゃなかろうか。

273 :氏名黙秘:2008/05/26(月) 00:15:05 ID:???
新たな創作性が付与されているから全体として翻案になるでしょう

274 :氏名黙秘:2008/05/26(月) 01:08:47 ID:???
>>273
翻案の定義しってるか。既存の著作物の表現上の本質的特徴が感得できなきゃいけないんだぜ。
出直して来い。

275 :氏名黙秘:2008/05/26(月) 02:09:41 ID:???
>>272
むー。
編集著作物は選択と配列自体を保護するものじゃないだろう。
選択と配列により創作性を認められた著作物を保護するものなのだから、選択については侵害、配列については侵害なしって切り分けて検討することにすごく違和感を感じるのだが。

276 :氏名黙秘:2008/05/26(月) 02:23:08 ID:???
>>274
選択については本質的特徴の直接感得はあるだろ?

>>275
自分も同意見です

277 :262:2008/05/26(月) 09:51:54 ID:???
著作物ってのは、アイディア自体を保護するものではなく、
具体的表現を保護するものだっていうのはその通り。
でも、有体物ではなく、観念的に存在しているものだよ。
創作性がある部分が可分の場合には、
一部についてのみ侵害となるのは当然じゃん。
編集著作物は、「配列又は選択」に創作性が認められる場合に、
それを著作物とするものじゃん。
だから、乙書籍のどの点に、どういう意味で創作性があるか、
ってことを評価した上で、編集著作物にあたるとの認定をするわけでしょ。
本件では、「甲の文学的才能を示すもの」として「選択」された点と、
「甲が作家になった後に執筆した各小説との関連性の観点から」「配列」した点に
創作性を認めるわけじゃん。両者は別。
丙書籍で再製されているのは、前者の点のみだから、
「選択」について存する創作的表現の再製があるということで、
その部分についてだけ侵害となるとするのは全く問題ないと思うが。

278 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 00:32:02 ID:???
>>271
去年の知財は当てはめ超重視だったけどな

ここでの議論でオワタ言われてた奴がどんどん合格
→実は2chで議論できるほどの答案を周りが書いてねぇと判明
→知財楽勝科目じゃね?
→今年も新規参入多めでさらにレベルダウン

去年の流れを見てたおれからすると法律論文試験にせざるを得ないのは仕方ない
さんざん煽ったやつがあっさり合格してたもん

279 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 09:18:17 ID:???
確かに。
知財は試験後のスレがあんまり盛り上がってないものなあ

280 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 15:52:01 ID:???
じゃあ特許の構成でもさらしてごらん。
そうすれば少しは盛り上げるよ。

著作権は>>255があるからもういいけど。

281 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 16:00:36 ID:???
軽めで
間接侵害の成否
→否定
PBPCの成否
→否定
そこで、
均等論の成否
→肯定
利用抵触関係が成立
→侵害

282 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 17:19:33 ID:???
>>281
問題文から請求項分からないのになぜPBPCの検討なんてできるのか問い詰めたい。子一時間問い詰めたい。
しかも、均等論は後の発明が先の発明を文言侵害しない場合に問題になるところ、本件では文言侵害してるから問題にすらならん。

283 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 22:17:17 ID:???
>>281は釣りだろ、いくらなんでも…。

284 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 22:23:21 ID:???
よかった!
バカな>>281はいないんだ!

285 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 23:22:19 ID:???
281は蛇足すぎるが、
利用関係だから侵害とあっさりかくより
均等だから利用関係が成立と論述したほうが説得力あると思う


286 :氏名黙秘:2008/05/27(火) 23:54:06 ID:???
>>282
問題文から請求項分からないのになぜ文言侵害と言えるのかと問いたい。
問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

287 :氏名黙秘:2008/05/28(水) 13:59:39 ID:???
282じゃない、通りすがりの者だけど、文言侵害が成立する理由
を問い詰められても、回答に1時間もかからない。

○○の傘について特許権が成立していてるんだから、たとえ
さらに別の発明が付加されたとしても、○○の傘を製造したら、
それだけで文言侵害ですがな。

288 :氏名黙秘:2008/05/29(木) 22:16:02 ID:???
>>281
釣りか?

お前ゼミも答練もまともに受けてないだろ。
間接侵害とかPBPCとか均等論とか明らかに関係ない。

289 :氏名黙秘:2008/05/29(木) 22:51:26 ID:???
>>282 >>285-288
281は、誰がどうみたって釣り、というかジョークのつもりでかいてるんだろ。
釣られた奴は勉強しなおすべきだと思う。


290 :氏名黙秘:2008/05/29(木) 23:35:19 ID:???
よかった!かわいそうな281はいないんだ!

291 :氏名黙秘:2008/05/30(金) 11:43:48 ID:???
釣りかどうかはともかく、そうやって叩くから誰も晒さなくなる…

292 :氏名黙秘:2008/05/30(金) 11:49:13 ID:???
これがうわさの萎縮効果ってやつか。

293 :氏名黙秘:2008/05/30(金) 14:34:08 ID:???
文言侵害の成否は「特定の温度条件」をどう解するかによると思ったけど。
問題文からは判別つかないから、場合わけするか自分が理解した方で矛盾
なく解答すればいいのでは?

最初っから文言侵害がないって言い切ると危ない気はするけど。
私は原則侵害にあたるがない可能性が考えられるとした。

294 :氏名黙秘:2008/05/31(土) 03:41:23 ID:???
>>293
そうだよね。乙発明が先願発明の穴あき部分か否かの検討はしなきゃだめだよね。
オレは本件では「特定の温度条件」を付することで特別の効果が発生することをうかがわせる記述はなく、
乙発明は甲発明の効果とUVカット生地の効果を並存させたものに過ぎないから穴あき部分にはあたらず、原則どおり文言侵害って書いたよ。

295 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 02:04:20 ID:???
ダビング10の延期問題についてはどうよ?


296 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 02:17:12 ID:???
無効審判請求できるかの問いは、
条文上誰でも請求できるのは明らかなのに、
なぜあんな問題をだしたのか誰かコメントよろしく。

297 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 03:36:38 ID:???
流れ遮りますが、特許法でお薦めの基本書または予備校本ってありますか?
弁理士対策用の予備校本ってどうなんでしょう?

298 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 09:30:53 ID:???
>>296
不争義務も知らんのか。
百選44を読んでこい。
そんで来年もう一度がんばりなさい。

299 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 11:01:32 ID:???
>>297
みんな使ってる高林でも使っておけば問題ないよ。

300 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 11:35:20 ID:???
>>299ただ、高林は改訂するかもしれんから注意な

301 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 11:54:55 ID:???
>>297
理論面をしっかり書いたものとして中山特許法は必須。
試験を意識したものとして民事法研究会の実務知財(論点表まである)。
後は高林でも渋谷でも好きなものをもう一冊持っておけばよい。
予備校本はろくに出ていないし大して期待もできない。

>弁理士対策用の予備校本

出願段階に偏りすぎ,全く使えない。
法学書院の問題集も使える問題はごく一部。
今は新試験用のケースブック等も揃ってきており実用性はない。

302 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 10:58:28 ID:???
今年の問題からすると、
高林に書いてなかったことばかりだから
高林は司法試験受験には使えないのでは?

303 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 11:44:44 ID:???
高林本は実務に使うには薄すぎ,学問書としては浅すぎ。
マンセーするのは和田信者君レベル。

304 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 15:33:23 ID:???
牧野先生の知的財産法講義ってどうですか?

305 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 12:06:50 ID:???
南摩age

306 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 12:27:58 ID:???
>>304
牧野和夫先生のことかい。
あの方日本の弁護士じゃないですよ。

307 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 16:45:18 ID:???
知財age

308 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 17:08:03 ID:???
ageと言っているのに何で下げる?

309 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 17:41:26 ID:???
今年の問題って、ムズかったの?
どう対応すればいいのかわかんねえよ。

310 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 18:59:09 ID:R1FoLnV2
簡単だろ
普通にかける

311 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 20:36:02 ID:???
>>307
ちょwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwww

312 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:54:01 ID:???
>>296
進歩性の欠落が123条1項2号に該当→123条2項但書「利害関係人」

313 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:15:56 ID:???
は?しんぎそくだろ?

314 :312:2008/06/04(水) 21:01:08 ID:???
>>313
もう一度、百選判例と本問を比べて見なさい

315 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:11:57 ID:???
>>314

316 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:12:25 ID:???
>>314 で、結論は?

317 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 10:19:29 ID:???
>>312
あんた123条2項の括弧書きも読めんのか?

318 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 13:40:33 ID:D038ujrm
312の合格が怪しいと思った

319 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 13:44:09 ID:???
利害関係人って冒認の場合だし、解釈上は諸外国の
立法との対比等から真の権利者に限るべしって
言われてるやつだよね?

320 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 13:56:49 ID:???
選択科目ってみんなできてないんだねえ

321 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:02:14 ID:???
312ができてないだけだろw

322 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:07:10 ID:???
著作権法 問1
同一性保持権じゃなくて翻案権侵害を書きまくった俺は
また来年なんでしょうか?

323 :sage:2008/06/05(木) 14:08:28 ID:nN746K4M
>>296
ライセンスを受けている者がそもそも請求できるのかという問題意識。
中山工業所有権法参照

324 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:10:04 ID:???
ですよね〜。
sageかくとこ間違ってますよ。

325 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:26:19 ID:???
>>322
翻案侵害でも小説は文章が命だから文体を少しでも変えれば翻案権侵害である
のように理屈が通っていれば合格点はつくと思いますよ。


326 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:33:17 ID:???
どう見ても懸賞論文事件…

327 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:08:39 ID:???
>>325
新たな創作的表現の付加はないだろう。
よって、ボツ。

328 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 21:19:03 ID:???
>>322
問題忘れちまったけど
翻案権を書いても良い。
ただ、同一性保持権を落としたのがまずい。
両方書けば良かった。

329 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 21:28:36 ID:???
複製権侵害は成立するしな。

330 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 09:53:49 ID:???
もし、新たな創作性の付加が認められるってすると、
乙書籍収録小説は二次的著作物になって、
そうすると、設問4では、編集著作物の著作権侵害と
素材としての乙書籍収録小説の著作権侵害の双方を書くことになるのか?

331 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 16:21:16 ID:???
問題文からして、収録小説の侵害は問われてないんじゃ?
著作者が別だし。

332 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 16:46:06 ID:???
著作者は同じでしょ?
原著作物たる甲の小説に新たな創作性を加えたのは、乙なんだから、
乙書籍収録小説の著作者は、乙なのでは?
とすると、乙書籍の著作者も乙書籍収録小説の著作者も、乙でしょ?


333 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 18:35:12 ID:???
いくらなんでもそりゃ酷すぎないか?>乙書籍の小説の著作者=乙

乙は編集者として素材の選択と配列に関して権利を有するに留まるとすべきだと思うな。
例えば学術論文集の編者が学者全員分の論文の著作者と解したらおかしい。

334 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 18:44:33 ID:???
ただ、現代語訳の分は別途考える余地はあるかもしれない。
小説の原著者と訳者の関係のように。
でも甲は少なくとも氏名表示権は失わないはず。


>>330に戻って、設問4って乙から丙への請求だっけ。乙は素材の選択と
配列の侵害について権利を有するとすれば、配列についての侵害にあたる
ということか。乙の現代語訳が翻案であれば、現代語訳の部分の利用も
複製権侵害にあたるのでは。

335 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 19:39:06 ID:???
>>334
そうそう!俺もそう思うわけだよ。

336 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 23:31:04 ID:???
>現代語訳が翻案
同じ意味をもつ語をたった数か所変えただけで
収録小説について乙が権利を持つの?

そんな結論が妥当ですか?

337 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 23:32:39 ID:???
あと、
同じ意味だから創作性が認められる余地
もかなり低そうだけどな。

338 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 00:00:54 ID:???
そもそも、あてはめは、説得的にかければ結論的にこっちじゃなきゃだめなんてないよ。
例えば、古い言葉を現代の言葉に直す場合でも、いろんな言葉を選び得るんじゃなかろうか?
選択肢がいくつもあると。
そして、甲の15編の小説は「甲の文学的才能を示すもの」と評価されてるんだろ?
とすれば、そのすばらしい甲小説の中の、古い言い回し部分を現代語訳するに際しても
小説全体の格調や、言葉のテンポ等、甲小説の雰囲気を害さないよう、慎重に言葉をえらぶ必要がある。
この言葉を選んで甲小説の雰囲気をうまく残せましたよってとこに、乙の創作性が認められる。


339 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 00:19:40 ID:???
>>336
確かに(だから「余地」と言ったんだが)。

強いて言えば、創作性は入れ替え箇所数の多少で決まるものではない
という位か。まあコジツケになるが。

個人的には中山先生の「表現の選択の幅」を創作性の定義とするのに
抵抗を感じるのはこういう時だなぁ。

340 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 00:49:23 ID:???
選択の幅があるから即創作性が認められるというよりは、
幅の広い選択肢から工夫を凝らしてあるものを選び取った
って所に創作性を認めるべきだと思う。

でないと何でもかんでも創作性が認められることになりそうな。
中山先生自身は創作性の判断基準の敷居を低くしたいのかも
しれないが…(=翻案を広く成立させたい?)。
もともと人格権が蔑ろにされやすい日本でそれをやることに
文化停滞の危険を感じる、直感だけど。

まあ試験の答案には書かないことだけど。

341 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 00:53:09 ID:???
文化停滞というのは、苦心して新しいものを生み出そうとする
モチベーションが弱まり、他人の物真似に依存する方がトク、
という打算が支配的になるということね。

342 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 04:52:01 ID:???
同一性保持権はどう考えても強すぎる権利なので
これを限定解釈して行くべき、というのが向いている方向だと思うが。
条約よりもだいぶ保護しすぎているし。

343 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 08:49:43 ID:???
>>342
実演や複製の際にどこまで勝手に変えていいかというレベルでは?

344 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 09:56:30 ID:???
キャンディキャンディ判決がキャラクター絵作家に対して厳しすぎるということならわかる。
(同一性保持権で争った裁判ではなかったが)

ただ、あれはもともと原作者との間でキャラクター使用の際に同意が必要という契約を結んで
いたのでいがらし側の契約違反という側面もあったようだけど。

345 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 11:52:06 ID:???
例えばヒップホップは創作行為としては新たな創作性を付与するものだと思うし、
これを翻案と解して二次著作物で処理するよりは編集著作物として扱う方が適切
だと思う(或は編集著作物としての二次著作物で今回の出題にも関係??)。

また例えばライブでヒップホップで使用するレコードの原著作者の氏名を
いちいち表示する必要があるか(原著作者の氏名表示権が及ぶか)と言えば、
個人的には疑問。

でもそれはヒップホップというのが一つの創作行為として原著作物とは完全に独立な
新たな創作性を有するものであって、他人の真似事や盗作やコピーレベルではない
からだろう。パロディとか風刺画等についても同様。原著作者の氏名を表示することが
原著作者に対するオマージュにはなりえても、原著作者から表示しろと請求できると
するのはおかしい。

おそらくこれらは翻案というものが当初想定されていた以上の可能性を含んできた
ことから生じいる問題だろう。条文からわかるように、翻案というのはもともとは
オリジナルに忠実であることが前提なのだから。翻訳とか小説の戯曲化とか。

346 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 11:52:37 ID:???
あと、例えば同じ工房内で師匠の技法に従って弟子同士で切磋琢磨し合った成果を
著作権法上どう扱うかというのも別次元かもしれない。普通は成果物は工房=師匠の
著作物となり、工房内では著作権の帰属は争わず売上等をどう分配するかが問題に
なるにとどまるだろうから。

工房での制作というのは個人では量産することが難しい場合の手段だと思うので
(ガラスとか彫刻とか)、デジタル制作のように比較的少ない初期投資で個人が
アーティストになれる時代にはまた著作権を考え直す必要はあるとは思う。

347 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:30:11 ID:???
知財を初歩から勉強したいのですが、アルマはどうですか?

348 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:43:25 ID:???
>>347
つ高林

349 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 07:32:28 ID:???
303 名前:氏名黙秘 投稿日:2008/06/02(月) 11:44:44 ID:???
高林本は実務に使うには薄すぎ,学問書としては浅すぎ。
マンセーするのは和田信者君レベル。

350 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 09:49:07 ID:???
高林はコンパクトでいいと思うけどなあ
アルマの評判は何かある?

351 :氏名黙秘:2008/06/16(月) 21:08:12 ID:???
あるかも

352 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 00:24:35 ID:Aq9fVKw4
学部生が知的財産法を独学で勉強する場合、何を読めばいいですか?

353 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 00:43:58 ID:???
アルマでも読めば。

354 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 04:03:35 ID:Vc5MhsX4
工業所有権法産業財産権法逐条解説第 17 版
中山工業所有権法、著作権法
これで、来年は大丈夫かな。

355 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 12:25:30 ID:???
>>354
冗談ですよね!?、初級者をおとしめる気ですか?
逐条解説は司法試験にはまったく向いてません
これはあくまで経産省の一外局団体にすぎない特許庁の解釈にすぎない
弁理士業界では重宝されるが、法曹会では小ばかにされるている感じ
中山工業所有権法はもうシーラカンス
改正に追いついていないだけでなく、論点の網羅度も低い
中山著作権法はグーだよ、脚注が多くて読みにくいけどね
知財部に長年勤務した知財プロの私からアドナイスしてあげましょう
特許法は標準特許法(高林)を軸に判例集を読む
著作権法は著作権法(中山)を軸に判例集を読む
受験生に多く読まれている実務知財講義は論点本であり体系的理解は困難であり
これを軸に勉強すると伸び悩みます

356 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 13:04:53 ID:???
書いてる口調はかなりあれだが
高林、中山は賛成だな。

357 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 22:22:24 ID:???
アドナイスww
知財部にいるだけで知財プロとかww

どこを縦読みすればいいんだ?

358 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 22:32:12 ID:???
実務知財講義って読まれてたのか・・・

359 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 22:33:48 ID:???
民事法研究会ってフォントでかくて高くてすぐ改訂するから買う気にならない

360 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 23:09:09 ID:???
実務知財講義は改訂しても誤字脱字がおおすぎ
標準特許法は薄すぎ浅すぎ
中山工業所有権法は古すぎ
特許法は基本書がない

361 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 01:14:13 ID:???
逆に考えれば著作権は中山で鉄板だよな。

362 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 01:26:06 ID:???
試験がおわって中山著作権法読んでる
やっぱすげーよ、
待望の永遠のバイブル、誕生だな

363 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 01:35:21 ID:???
そうなんだー
俺著作権法はレジュメと判例でやってきたからなあ
こんど買うときは中山著作権法にしようかな

364 :354:2008/06/20(金) 04:32:13 ID:???
ありがとう。
新試験になってから実務実務の大合唱なんで、
工業所有権法産業財産権法逐条解説が必要なのかなと漠然と考えてた、
中山工業所有権法が、改訂が古いのはわかってたけれど、
逐条解説で補えばなんとかなるかなと消極的選択、3版がでるかな?
中山著作権法は、評判がいいので。

365 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 05:55:07 ID:???
知罪は基本書いらねえようなきがするな
なんでもいいが薄いの一冊と百選で十分対応できるよ

366 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 13:26:23 ID:???
>>365
そう思って斉藤著作権法を使った俺は、
去年と今年の本試験で死亡した..

367 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 13:30:45 ID:???
斉藤著作権法はほんと使えないよな。
あんなにも無味乾燥に著作権を語れるってのはある意味凄いことだ。

368 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 13:31:11 ID:???
じゃあ厚い本使えば応用問題ができるか、っていうと違う気もする

369 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 13:38:24 ID:???
>>367
分かるw
斉藤の最大の問題は薄いことではなくつまらない事だ

370 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 00:30:14 ID:???
青山紘一の特許法は使えますか?

371 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 01:39:59 ID:???
いいえ

372 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 10:58:08 ID:???
ケフィアです

373 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 12:34:26 ID:???
特許法は使える教科書がない


374 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 16:43:21 ID:LiwXlQB2
平成20年度新司法試験[知的財産法]の問題
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h20-21-07jisshi.pdf
平成20年度新司法試験[知的財産法]の解答
http://fileman.rakurakuhp.net/UserFiles/30322/File/1213975869.pdf


375 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 16:46:02 ID:LiwXlQB2
特許法・実用新案法
「工業所有権法逐条解説第17版」(青本)
審査基準http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun.htm
審判便覧http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/sinpan-binran_mokuji.htm
平成10年改正本,平成11年改正本,平成14年改正本
平成15年法律改正(平成15年法律第47号)解説書
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/sangyou_zaisanhou.htm
「知的財産権侵害要論第5版」
「特許判例ガイド第3版」
「新・裁判実務体系4 知的財産関係訴訟法」
重要判決http://www.courts.go.jp/
「特許・意匠・商標の基礎知識第4版」
「注解特許法第三版」
平成16年度新職務発明制度説明会テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/syokumu_zirei.htm
平成16年度説明会で使用のテキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/text_list.htm
平成18年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h18_jitsumusya_txt.htm
平成17年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/17_jitsumusya_txt.htm
平成19年度知的財産権制度説明会(初心者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/h19_syosinsya.htm
平成19年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/h19_jitsumusya_txt.htm
平成20年度特許法等改正説明会テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/houkaisei20.htm


376 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 16:46:57 ID:LiwXlQB2
著作権法
「著作権法ハンドブック第6版」
「著作権法逐条講義」、「著作権法判例百選 第三版」
著作権テキスト
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosaku_text_18.pdf
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosaku_text_17.pdf
著作権
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/index.html
音楽レコードの還流防止措置について
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/kanryuuboushi.html
著作物権者不明等の場合の裁定制度
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/c-l/index.html


377 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 17:36:23 ID:???
リーガル・プログレッシブ知的財産関係訴訟

(目次)
第U部 特許、実用新案権
 第1章 侵害訴訟
 1 対象製品・対象方法の特定、2 特許発明の技術的範囲1
 3 特許発明の技術的範囲2、4 間接侵害
 5 無効の抗弁、6 試験又は研究のための実施
 7 先使用の抗弁、8 国内消尽
 9 損害1、10 損害2(特許法102条2項・3項)
 11 損害3(複数の侵害者・複数の権利者)、12 秘密保持命令をめぐる実務上の諸問題
 13 渉外問題
 第2章 職務発明の相当対価の請求訴訟
 1 外国出願への特許法35条の適用、2 相当の対価
 3 発明者の認定
 第3章 特許権ないし特許を受ける権利の帰属に関する紛争
 1 冒認出願における真の権利者の救済
 第4章 審決取消訴訟
 1 審理範囲、2 無効審決取消訴訟係属中の訂正審判請求と特許法181条2項
 3 進歩性の判断構造、4 進歩性(非自明性)の判断実務の日米欧比較

378 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 18:07:23 ID:LiwXlQB2
>>375の訂正版
特許法・実用新案法
「工業所有権法逐条解説第17版」(青本)
審査基準http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun.htm
審判便覧http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/sinpan-binran_mokuji.htm
平成10年改正本,平成11年改正本,平成14年改正本
平成15年法律改正(平成15年法律第47号)解説書
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/sangyou_zaisanhou.htm
「知的財産権侵害要論第5版」
「特許判例ガイド第3版」,「特許判例百選 第三版」
「新・裁判実務体系4 知的財産関係訴訟法」
重要判決http://www.courts.go.jp/
「特許・意匠・商標の基礎知識第4版」
「注解特許法第三版」
平成16年度新職務発明制度説明会テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/syokumu_zirei.htm
平成16年度説明会で使用のテキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/text_list.htm
平成18年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h18_jitsumusya_txt.htm
平成17年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/17_jitsumusya_txt.htm
平成19年度知的財産権制度説明会(初心者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/h19_syosinsya.htm
平成19年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/h19_jitsumusya_txt.htm
平成20年度特許法等改正説明会テキスト
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/ibento/text/houkaisei20.htm


379 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 18:08:27 ID:LiwXlQB2
>>376の訂正版
著作権法
「著作権法ハンドブック第6版」
「著作権法逐条講義(五訂新版)」、「著作権法判例百選 第三版」
青林書院「著作権関係訴訟法」新・裁判実務大系 牧野利秋/飯村敏明 編
著作権テキスト
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosaku_text_18.pdf
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosaku_text_17.pdf
著作権関係法令データベース
http://www.cric.or.jp/db/dbfront.html
■ 無償配布パンフレット
http://www.cric.or.jp/mushou/mushou.html
著作権
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/index.html
音楽レコードの還流防止措置について
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/kanryuuboushi.html
著作物権者不明等の場合の裁定制度
http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/c-l/index.html


380 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 19:10:05 ID:???
>>366
それは斉藤が原因なのか?
単に著作権法に対する理解が足りなかったのでは
何々を使わなけりゃできなかった、というような問題は出ていないと思う

381 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 23:26:24 ID:???
ID:LiwXlQB2

こいつ、なに?池沼?

382 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 23:28:58 ID:???
>>381
資格試験板でも弁理士スレを延々と荒らしている有名なキチガイ。
寄るな触れるな

383 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 23:59:22 ID:???
北海道大学はまたcoe採ったみたいだね。

384 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 18:04:57 ID:???
>>383
コーエーって何?

385 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 19:41:51 ID:+a22JmC0
追加受講申込の受付について

実施日:2008年7月27日(日)

実施地区/会場:関東地区/國學院大學 渋谷キャンパス


 2008年7月27日(日)関東地区・國學院大學 渋谷キャンパスにて実施予定の特例講習Web申込受付を
 2008年6月24日(火)13:00より開始しましたが、受付開始より10分程にて2級認定のお申込が定員に達し
 また、準2級認定も受付開始より40分程にて定員に達し、多くの受講を希望される方々にご受講いただけ
 ない状態となりました。
 増員について検討した結果、2級および準2級認定を増員し受付することが可能となりましたので、下記の
 日程にて追加の受講申込受付をおこないます。

 

 ◆受講申込受付期間:2008年7月1日(火)13:00〜2008年7月8日(火)24:00
 ※お申込方法はWeb申込のみとさせていただきます。
 ※上記期間外でもWeb申込画面にアクセス可能ですが、2級および準2級認定では受付開始時まで
  「残席なし」と表示され、お申込いただけない状態となっております。



 ◆増員する定員について

 ・2級認定:280名
 ・準2級認定:195名 
 

386 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 10:13:11 ID:???
青色LED訴訟の升永弁護士、事務所解散 大手に移籍
 青色発光ダイオード(LED)訴訟などの巨額裁判を担当したことで知られる升永英俊弁護
士(65)が今月末に事務所を解散し、7月1日付で所属弁護士らと大手のTMI総合法律事務
所(東京・港)に移籍する。企業法務分野の中小事務所の苦境を象徴する事例といえそうだ。

 升永弁護士が率いる東京永和法律事務所(東京・港)は1991年設立。特許や税務の訴訟を
得意としている。最近、後継者難に直面し、TMI総合に合流を打診していた。弁護士5人、弁理
士4人、スタッフ4人のほぼ全員が移籍する。(07:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080628AT1D2705T27062008.html

387 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 12:33:51 ID:???
tmiも特許訴訟が強くなるな

388 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 16:47:46 ID:???
今までで最も納得がいく(効果が大きい)合併なんジャマイカ?
TMIも凄いことするな。

389 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 01:18:37 ID:???
東京永和のことは直接は知らないんだけど、
「後継者難に直面」ってのもえらい書かれ方だね・・・。

中山先生の工業所有権法は改訂中だが、いつ出るのだろうか。

390 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 18:57:35 ID:???
弁護士事務所も淘汰が進んでるよな・・・。

391 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 21:18:15 ID:9MSzjsEY
2002年05月30日(木) 00時00分
宇宙事業団に不正アクセス容疑 NEC東芝スペース元社員ら逮捕 (京都新聞)
 宇宙開発事業団(NASDA)のインターネット衛星開発システムに絡み、警視庁
は三十日までに、衛星メーカーのNEC東芝スペースシステムの社員がNASDA
管理のコンピューターに侵入し、ライバル会社の基本設計を盗み見したとして、不正
アクセス禁止法違反容疑で同社の元社員三人を逮捕した。
 不正アクセスは今年二月に発覚。NASDAがNEC東芝スペースシステムを一カ
月の指名停止処分にしている。
 逮捕されたのは、同社に出向していた元社員の右田俊介(28)=神奈川県相模原市大
野台、本橋聖一(44)=横浜市栄区笠間、天野雅夫(40)=福島市太田町=の三容疑者。
 ▽セキュリティー面で甘さ
 宇宙開発事業団の話 通信衛星はまだ予備設計の段階で、今回盗み見された情報は
幸いにも機密性の高いものではなかった。セキュリティー面で甘さがあった。既にパ
スワードを他人が類推しにくいものに変えるなどの対策を講じている。(共同通信)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2002may/30/K20020530MKB1Z100000064.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E3%80%80%E5%8F%B3%E7%94%B0%E4%BF%8A%E4%BB%8B&lr=


392 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 22:27:43 ID:???
パスワード管理っていい加減な場合が多いからな・・・

393 :氏名黙秘:2008/07/01(火) 03:02:35 ID:???
>>389
後継者難に直面つぅか
マスナガ弁護士は相当クセのある人らしいからなあ。


394 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 06:39:27 ID:sgOJ0cbU
前科者でも社会復帰できるなんて、弁理士は何て夢のある資格なんだ!
守秘義務も何もへったくれもなさそうだから、俺だったら右田俊介に絶対仕事頼まないけどな。
それにしてもプレシオ国際特許事務所はすごい事務所だね。
前科を知った上で採用したのかな?

宇宙事業団に不正アクセス データ盗み見3人逮捕
逮捕されたのは同社に出向していた右田俊介(28)=神奈川県相模原市大野台、本橋聖1(44)=横浜市栄区笠間、天野雅夫(40)=福島市太田町=の3容疑者。
http://www.47news.jp/CN/200205/CN2002053001000179.html

右田俊介(プレシオ国際特許事務所)
http://www.snowdrops.gr.jp/preziofiles/2_migita.shtml


395 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 07:56:35 ID:???
>>386
いつのまにか東京永和から岩橋先生(元東大助教授)が抜けてる・・・

396 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 07:58:24 ID:???
弁護士岩橋健定の略歴は以下のとおりです。

東京都出身(麻布中学校・麻布高等学校)
1991年3月 東京大学法学部卒業
1993年3月 東京大学大学院法学政治学研究科公法専攻修士課程修了
1996年3月 東京大学大学院法学政治学研究科公法専攻博士課程単位取得退学
1996年4月 日本学術振興会特別研究員採用(研究従事機関:東京大学法学部)
1997年4月 大阪大学法学部講師
2000年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授
2006年4月 第60期司法修習生採用(実務修習地:大阪)
2007年9月 弁護士登録(第一東京弁護士会),東京永和法律事務所入所
2008年3月 東京永和法律事務所退職,岩橋総合法律事務所設立(現在に至る。)
在外研究
2001年8月 ルイス&クラーク大学ロースクール(−2002年12月)
2003年1月 ジョージワシントン大学ロースクール(−2003年9月)
http://blogs.yahoo.co.jp/iwahashi02130213/MYBLOG/yblog.html

397 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 21:34:20 ID:???
今ならなんだけど、今年の著作権の問題の設問2で、前に出て来てたブログだと113条で処理してるんだけど、
同一性保行為者が改変された物であると知らないで複製した場合にも、客観的に改変行為があるから、同一性保持権
侵害になるんじゃないの??

東京地判平19.4.12参照
http://www.tkclex.ne.jp/commentary/zn/zn28131079.html

398 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 21:36:31 ID:???
すまんよく分からん文章になってたから、再投稿。

今さらなんだけど、今年の著作権の問題の設問2で、前に出て来てたブログだと113条で処理してるんだけど、
行為者が改変された物であると知らないで複製した場合にも、客観的に改変行為があるから、同一性保持権
侵害になるんじゃないの??

東京地判平19.4.12参照
http://www.tkclex.ne.jp/commentary/zn/zn28131079.html




399 :氏名黙秘:2008/07/02(水) 23:29:32 ID:???
>>398
途中まではまったくもってそのとおり。

ただし、>>398が引用した判例にも

「複製者が,当該複製対象について,他人の著作物を改変して作成されたものであることを認識していたかどうかについては」
「同一性保持権侵害行為についての故意又は過失の有無の問題として検討されるべきことである」

とあるとおり、結局は複製にあたって権利を侵害して作成されたことを知っているか否かの問題に帰着する。

だから、結論的には主観的要件で切れて同一性保持権侵害にはならないよ。

400 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 00:06:16 ID:???
>>399

返信どーもです☆
それは過失もなかったという認定するってことですよね?

あと、裁判例だと損害賠償請求について問題としていると思うのですが、差止請求との関係
だと主観面を考慮することなく、差止を認めることができるのではないでしょうか??



401 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 00:26:41 ID:???
損賠と差止めで異なる扱いができる根拠は?
どうしてそう考えるの?

402 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 00:47:45 ID:???
損賠の方は民法709条の故意過失の要件で主観面が要求されるけど、差止は条文上要求されてないんじゃないでしょうか??
差止の場合って、権利侵害だけでは足りないんでしょうか??
複製権侵害等の場合、依拠性とか主観面が確かに問題となるけど、上記の裁判例によると、同一性保持権侵害の場合、客観面だけで侵害を認定
してますよね?その場合、主観的要件を要求する条文が他にない以上、故意過失は問題にならないと思ったのですが。。。



403 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 02:11:27 ID:???
>>402
そだねー。
でも差止ってさ、この場合複製行為の差止だよね。
増刷するなら問題になるけど、もう刷り終わってるから差止問題になんないじゃん。

んで、そのあと頒布を差止したきゃ結局113条になるんだよね。

で、その後は、
自ら著作権侵害行為を行う者であるから、著作物の頒布等を行ってはならないことは当然のことであるから
「情を知って」の要件は不要になるのではないかって論点に移行するんじゃね?

404 :402:2008/07/03(木) 02:13:17 ID:???
あ。書き間違えた。
2行目は、
複製行為の差止じゃなくて同一性保持権侵害行為=本を刷る行為の差止だ。

405 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 09:16:43 ID:???
>>403

なるほどー

ただ、思うのは頒布行為は112条2項で差し止めることができるのでは??

113条1項2号はあくまで侵害行為とみなすための条文であって、113条1項2号が適用されたところで、
同一性保持権侵害がなされていたとなるだけで、結局112条の適用の問題に戻ってくるんじゃないの??

402さんみたいな考え方だと、113条1項2号が適用されると著作権者に(同一性保持権につき)頒布権のような権利が与えられるという
ことになってしまうんはないでしょうか??

私の理解が誤ってたら、ごめんなさい。

406 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 19:30:31 ID:???
>>405
>>403ではないが、113条1項2号の後は112条に戻るのは当然。

あと、頒布行為を113条経由させないと112条で止められないかどうかは説による。

すなわち、違法出版物を出版した本人が頒布する行為が113条の問題になるのか否かという論点。
これに対しては、

@113条1項2号の問題にはならず、一連の行為が全体として著作権を侵害するとする説
 (三島由紀夫手紙事件参照)
 これだとストレートに112条1項。

A113条1項2号の問題ではあるが、取引の安全に考慮する必要がないため「情を知って」の要件が不要とする説
 うちの学校の教官もこの説だったなw

個人的には@が正しい気がしてならないのだけれど。

それから、少なくとも113条2項では差止はできない。
あれは、違法出版物を作成する道具の破棄と違法出版物自体の破棄を求めるだけだ。

ただ、違法出版物の破棄請求できるのなら、事実上頒布を止められるんだけどな。

407 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 19:31:00 ID:2CWkg9xf
しかしながら、当審において審尋の結果、出願人(請求人)の右田俊介が、拒絶理由の通知前である平成11年12月17日に死亡していたことが判明した(平成14年1月18日提出の回答書参照。)。
http://tokkyo.shinketsu.jp/originaltext/pt/1056333.html


408 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 22:25:42 ID:???
>>406

詳しい解説の方、ありがとうございます。

理解しました。

@の見解を採るにしろ、Aの見解を採るにしろ、設問1でも(設問1の人格権侵害のところで)、この論点を書かないといけないのでしょうか、
やはり。

この論点、すっかり忘れてたので、設問1でも2でも書かなかったです。。。


409 :氏名黙秘:2008/07/04(金) 18:34:33 ID:???
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

大幸薬品の敗訴確定=正露丸販売差し止め訴訟−最高裁
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080704-00000125-jij-soci


410 :氏名黙秘:2008/07/06(日) 01:47:01 ID:???
実務知的財産法講義をベースに高林特許と中山著作権を併用ですが、新司いけますか?

411 :氏名黙秘:2008/07/06(日) 01:55:10 ID:???
余裕で行けるよ!!!1

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)