5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新司法試験(2008年度) 民事系検討スレ Part3

1 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 14:02:40 ID:2x5aOa/i
★過去スレ
新司法試験 民事系検討スレ Part2
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1211345198/

新司法試験 民事系検討スレ
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1211112063/


2 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 14:03:17 ID:???
みんな、マターリ検討するべし

3 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 16:01:39 ID:???
来年はどうなる事やら。

4 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 17:55:50 ID:???
で、去年と難易度比較するとどうな感じなんですか?民法、商法、民事訴訟法それぞれは。

5 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 20:26:45 ID:???
民法 やや難化
商法 難化
民訴 横ばい

6 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 20:27:22 ID:???
検討スレもうイランだろ

7 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 23:05:07 ID:QpxwTh1s
スレとは、ちょっと違うのですが
司法試験を目指されている有能素晴らしい方だと信じて御願いです
以下の場合は、どの様な解決方法が考えられますでしょうか?

裁判で確定判決後、債権執行で預貯金を差し押さえました。
しかしながら回収した金額は、債権額に到底届きません。
債務者は、個人名義と法人名義を使い分け、現在すんでいるマンションや現金
等も法人名義で当方の差し押さえを免れています。
代表取締役なので、会社の未発行株や給料に対しても差し押さえを掛けましたが、
陳情書において「無し」と言ってきました。
債務者は、ノウノウと一ヶ月100万円もするオフィィスへ毎日タクシー通い
です。債権者の権利として、残された手段は何かありますか? 
詳しく教えて下さい。

それともこのまま泣き寝入りなのでしょうか?

8 :RX-7:2008/06/08(日) 02:00:38 ID:???
職歴がないものは「早く就職しろ」さもなくば、人生終わる・人生つぶれる・・・。
大学入った意味ナシ、高卒でキャリアある人間の法が増し
→これでも働かん「お前は、もう死んでいる」 いつまでもプーはいかん・廃人同然だ!
          「ロー卒」→「三振」→「人生終焉」
       こうなる前に、就職して、自分の身だけは確保しろ!!
          ロー卒して浪人しているバカがいるか!!
  親は何も言わんのか?→病気か?→三振したら、自殺する覚悟でもあるのか?

         職歴詐欺師→「年金特別便で加入履歴が一発で判明」
  職歴ある人 → 「前職の雇用保険(失業保険)被保険者証」を 就職先に渡す
  職歴ない人 → 「同上」ナシ 

雇用保険被保険者証に関する転職・再就職の場合の手続きについて解説します。
まず、労働者の場合には、新しく転職、再就職した場合には、雇用保険被保険者証を会社に提出する必要があります。
 今まで全く仕事に就いたことが無い場合や雇用保険の適用がある職場で働いたことが無い場合には、雇用保険被保険者証を提出する必要はありませんが、一度でも保険に加入したことがある人は、証書を提出する必要があります。
 では、会社側は、新しく雇い入れた場合にどのような手続きを行うべきなのかを解説します。 まずは、転職・再就職により雇い入れた労働者に対し、雇用保険被保険者証の提出を求めましょう。
 
雇用保険被保険者証とは、簡単にいうと失業保険をもらう為に必要は証書です。
仕事をしていたことを証明する大切な証書で、
一身上の都合等で退職(無職)になってしまい、再就職までの生活を保障するもので、
失業したときに基本手当(失業給付)として支給される保険のことをいいます。
また、再就職した際は、転職先の会社に提出する必要がある証書なんです。

 さあ、働こう。働いて、税金を国へ納めよう。国民の義務だもんね。
 さあ、働こう。働いて、母ちゃん 楽にさせてあげよう。
さあ、働こう。働いて、職場でいい出会いを見つけよう。
さあ、働こう、働いて、試験合格だ。



9 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 02:09:56 ID:???
札幌弁護士会調査:弁護士志望の修習生 4割が就職先決まらず

法科大学院を修了し07年9月に新司法試験に合格した道内の司法修習生らのうち、
弁護士志望者の4割の就職先が決まっていないことが、札幌弁護士会のアンケートで分かった。

一連の司法制度改革で司法試験合格者は年々増加しているが、弁護士事務所など受け入れ先の
態勢が整わず「就職氷河期」となっている実態が浮き彫りになった。

札幌弁護士会は今年3〜5月、札幌で修習中の新61期生67人と、北海道弁護士会連合会主催の
就職説明会に出席した札幌以外の修習生41人の計108人に匿名アンケートを実施。51人から回答を得た。

その結果、弁護士志望者45人のうち20人が「まだ就職先が決まっていない」と答えた。
愛須一史副会長は「就職先が決まらない修習生は気恥ずかしさから調査に消極的と想像できるので、
実際の未決定者はさらに多いのではないか」と推測する。

札幌弁護士会の会員は現在458人で、うち約1割を60期の新人弁護士が占めている。
新61期生の修習期限は今年12月で、残された期間は約半年。
愛須副会長は「これまでは何とか採用できたが、今年はかなり厳しい。弁護士会として受け入れ先への
アプローチも試みたい」と話す。

数年前に登録した札幌の男性弁護士は「当時は就職への焦りもなく、修了半年前に就職先が決まっていない人は
例外的だった。4割も決まっていないとしたら大変だ」と懸念した。

法務省は06年、司法制度改革の一環で新司法試験を導入。
法曹養成専門の法科大学院修了者は、5年間に3回まで受験できるようになった。
旧司法試験の合格率はこれまで数%だったが、06年は48・3%、07年は40・2%と向上。
合格者数はそれぞれ1009人(うち札幌27人)、1851人(同56人)で、今後も増加が見込まれる。



10 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 02:43:28 ID:WfxXyOeJ
以前のスレで、不動産を賃貸借の目的物とした場合に、その所有権の移転に
伴う契約上の地位の移転について、賃借人が対抗要件を備えたときには
当事者の合理的意思解釈により合意なくして契約上の地位の移転が認められる
という説が、強く述べられていた。
 この説については、ある予備校の講師の話によれば、裁判官がどうして
そう解釈するのか疑念を示されるそうだ。
 民法605条により賃借人の同意がなくても当然契約上の地位の移転が
認められるとのこと。
 当事者の合理的意思解釈により合意なくして契約上の地位が認められると
いう説は、ある予備校の創立者のオリジナルの説だと予備校の講師言う。
 この話がその予備校の講師の話であったから、そういう話を本当にして
いいのかとある種のショックを覚えたが、それを意識して演習等を検討した
ところ、確かに、当事者の合理的意思解釈により合意なくして契約上の地位が認められると
いう説は実務、学者の見解では見当たらなかった。
 もし、この予備校講師の話が事実とすれば、20年度の民事法の試験においては
予備校排除という意思が顕著に現れたものといえるのだろう。
 もっとも、解釈上の誤りが明確であるとすれば、もっと早く指摘すべきであると
いうのが法律を生の糧にしている者の責務ではないだろうか。
  

11 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 08:50:40 ID:???
ほかの科目に比べると民事系のできた答案のできはしょぼかった...

12 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 09:12:59 ID:???
なんで荒らしてるクズがいるの?

13 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 10:43:37 ID:???
民事系の手応えないな。。。他はできたけど。

14 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 10:47:11 ID:r5WuBD1x
会社法問1 主債務について借入が会社の権利能力の範囲内か否か論じた人います?高リスクの投機目的借入だから権利能力の範囲内かが問題になると思ったんだけど

15 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 10:54:50 ID:r5WuBD1x
会社の行為は借入だから当然権利能力の範囲内だよなあ あ〜あ馬鹿さらした

16 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 10:56:30 ID:???
>>14
随分レベル低いところで自滅したな

17 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 11:16:47 ID:r5WuBD1x
ほっといてよ!くっそ〜あほなことかいたから設問2記述薄くなってしまった

18 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 11:17:58 ID:???
就職したほうがいいよ あおりぬき


19 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 11:30:51 ID:r5WuBD1x
就職するよ くっそ〜択一290いったけど論文の実力とは別やわ

20 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 11:35:43 ID:???
>>10
昔の伊藤塾の見解な。
それは最高裁で実質、否定された。以後、塾は改説してる。

>>民法605条により賃借人の同意がなくても当然契約上の地位の移転が
>>認められるとのこと。

議論にやや混線が見受けられるけれど、605条をベースにする見解自体、
現在の民法学説では一世代前の議論として位置づけられている。

一世代前は、今回の事案のような賃貸人たる地位の移転の問題を
賃貸借の対抗力の一環の議論として位置づけていた。

現在では、賃貸人たる地位の移転は端的に契約上の地位の移転という
問題の一場面であるとされている。

だから、この2つの大きな立場の相違を無視して議論をすると
話が噛み合わないよ。ちなみに、この問題の第一人者は野澤先生で
論文集も出てる。ただ、独自説だわ。


21 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:00:54 ID:???
>>19
それはウソだろ
もしも290とれてるならただの詰め込み暗記バカそのものだぞ

22 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:09:40 ID:???
横レスだけど、人間は失敗するもんなんだぞ。

23 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:22:52 ID:???
そうだよな

24 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 13:05:54 ID:???
本試験だとわけがわからなくなるもんだ。
本当に解除前の第三者が聞かれてるのか何度も疑った。
何のひねりもないわけがないと。

25 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 13:09:12 ID:???
ひねりてアホかお前は

26 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 13:10:33 ID:???
>>14
そもそも定款記載の目的の範囲がほとんど無限定だってこすら知らない不勉強な奴って印象もたれたカモね
南無〜

27 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 18:33:49 ID:???
一人死んだ

28 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 19:07:34 ID:???
他で稼げば平気だよ
俺なんて言えないがもっとすごいこと書いてるぞ
就職活動中だがねw

29 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 09:21:09 ID:???
民法は要件事実の位置付けから論じないと〇点ぽいな、読み返すと……

30 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 09:34:14 ID:???
>>20
どうちがうんだ?
契約上の地位の移転って、その中身を言わないと

対抗されるから移転
意思解釈として移転

どちらも地位の移転だろうが!!


31 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 11:19:49 ID:???
>>30
もう少し、質問をkwsk
ちなみに意思解釈としての移転は、賃借権に対抗力がない場合の説明としてのみ
用いる見解(多数説)と、全体を説明するために用いる見解(野澤先生)がある。

32 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 23:43:58 ID:???
解除の効果を間接効果説か折衷説で書いた人いる?

33 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 01:16:47 ID:???
解除の効果とか書く必要ないからw

34 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 09:09:30 ID:dSJvtnL2
民法なんだけどさ、「ペットの禁止」って使った人いる?

35 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 09:24:21 ID:???
>>33
解除の効果をどのように考えるかで、545条1項但書の趣旨が左右されるんだから解除の効果は書いてもいいと思う。個人的には書いた方がいいとすら思うよ。

36 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 11:14:50 ID:???
書いたほうがいいのか。。。

37 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 11:41:10 ID:???
書くとしても、解除により売買契約は遡及的に消滅するところ…
くらいのことが書いてあれば十分な気が。
予備校の長たらしい論証までは不要だと思う。

38 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 11:58:11 ID:???
>>33

うぁw
おまいやばいぞ。
$確実に点降られているから。

>>37
甘すぎ。

せめて趣旨から導かないと

39 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 13:57:50 ID:???
民事を笑うものは
民事になく。

40 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 15:15:42 ID:???
設問2は可分債権だから遺産分割の対象にならないという構成と
遺産分割の対象になるが、可分債権だから遡及効が否定されるという構成がありうるね。

41 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 16:26:31 ID:???
>>40
可分債権だから

( ゚Д゚)ポカーン

42 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 16:44:18 ID:???
分割債権?といいたいのでは?

43 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 16:53:48 ID:???
みなさん、実際に答案に書いたのはどのくらいのレベル?

44 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 17:48:08 ID:???
会社429どうやって検討した?
甲社の役員、乙社の役員について地道に当てはめたらいいのか?

45 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 18:16:31 ID:???
>>32
オレ間接効果説で書いたよ。
545条1項但が177条の確認規定になるから、その後の論証がすごく177条的になったw

46 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 18:41:49 ID:???
同じく

47 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 21:23:19 ID:???
>>45
紛争類型別とか読むと間接効果説的なことが書いてあるよね。自分は直接効果説で書いたけど
間接効果説もすごくいいと思うけど。

48 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 21:59:18 ID:5SU0PLIK
>47
「改訂 紛争類型別〜」120頁のことかな?
「判例は、対抗関係説に立っているようにみられる(判例引用)。
解除の効果について、いわゆる直接効果説の見解に立つことを前提とした
場合にも、解除者と第三者の関係を対抗関係と解することは可能であると
思われる。」とあるね。
おれは解除の効果につき直接効果説に立ちつつ、復帰的物権変動と構成して
対抗関係に立つとしたけどね。修習所の判例に対する理解もそんなところでは
ないかな。それならいっそ間接効果説に立ったほうが明快だとは思うけどね。
あの問題であえて間接効果説に立って書いたひとはむしろ民法よく理解できてる
として評価高いかもね。この問題でどうして解除の効果がそう問題になるか
理解できてる人は少ないと思われ・・・



49 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:01:02 ID:???
0tennjyane?

50 :48:2008/06/10(火) 22:16:28 ID:5SU0PLIK
同じく「紛争類型別〜」によると、研修所は権利保護要件説叩いてるんだね。
学説の逆か・・・初めて知った。
「権利保護要件説は、・・・第三者が解除後に利害関係に入った場合の
解除者と第三者との関係が後記のように対抗関係と解されることと均衡を
失することになる」とある。
やっぱりあの問題は出題者の意図としては、対抗関係説で書いてほしかった
んだろうか?権利〜でもいいと思うけどね。

51 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:18:31 ID:???
類型別すら読んだことく試験に臨んだのですか?

52 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:20:48 ID:???
そんなあなたに広中説。
解除前だろうが解除後だろうが取消前だろうが取消後だろうが全部177条。
均衡って面から言えば最強。でも少数説過ぎ。マジおすすめw

53 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:21:41 ID:???
対抗問題帝国主義

54 :50:2008/06/10(火) 22:38:43 ID:5SU0PLIK
いいね〜広中説。そういう一貫してるのすき。

55 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:19:10 ID:???
言わずもがなだろうが、
判例知らないと思われたらそれで終わり
判例丁寧に書いて丁寧に批判して自説書くくらいなら、
判例丁寧に書いたところで終わりにしたほうが良さげ

56 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:23:58 ID:???
広中説のすごいところは明文にある取消前・解除前の第三者でさえ177条使うってとこだよな。
96条3項も545条1項但書も使わないというw
オレらが書いたら、即落ちしても文句が言えない説だw

57 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 00:32:45 ID:???
間接占有でも正解って言ってる人ってどういう理屈?

58 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 01:05:35 ID:/OHq72p1
だから結局、解除前の第三者との関係でも「対抗関係」という判例の結論に
拠るべきってことだよね。
問題はその結論に至る論理展開だわな。
「545T但書は遡及効から第三者を保護する趣旨」から、「よって第三者は
対抗要件が必要」では論理的に破綻してるわな。
ほかのスレとか見ても、それらしきのは復帰的物権変動くらいしか出てきて
ないな。ほかにうまい説明あるんかな?

59 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 01:48:32 ID:???
普通は、解除原因につき悪意でも保護される
但し権利保護要件を備える必要ありと書くが。

60 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 11:45:54 ID:???
今回の会社で問題となる事実上取締役って
不実の取締役就任登記に妻が加功したことを理由にするタイプ?
会社を主宰していたことを理由とするタイプ?

61 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 12:06:17 ID:???
解除の効果書いてないやついるんだな。
普通に正面から聞かれてると思うんだけど。
基本的なところほど配点がでかいと思う。
臼歯もそうだったし、今年の択一や論文の傾向からすると。

62 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 13:31:52 ID:???
解除は書かないとやばいのか

63 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 14:52:34 ID:???
>>60
考えて分からないのなら、君がそれを知っても
意味はない。

64 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 17:08:08 ID:???
解除のところは学説が大量にあり過ぎる。

まぁちゃんと論証できる人は少ないから試験採点的に問題は無いだろうけど。
ざっと考えても、我妻説、広中説、三宅説、高森説、平井〔一〕説、石田説、潮見説とかがある。

65 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 17:12:05 ID:???
>>58
解除の問題で難しいのは、そういう論理だけでは結論を導けないっていうところ。

一見すると論理的に明快な見解は多くの場合、ドグマティークな考えが混入してる。
例えば、我妻説は結構明快だけど、復帰的物権変動っていう教条的な考え方が入ってる。

だから、現在の多数説は、解除の論点の処理・結論は多分に政策的なものであり、
どこの処理・結論がもっとも妥当な結論を導き、かつ、判例をなるべく整合的に
説明できるかっていう点に焦点を移してる。

66 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 17:38:28 ID:???
なるほど、理解した。

67 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 17:59:10 ID:???
あの問題みてまず差がつくなと思ったのが、解除の効果から遡って論じているかどうかという点。
設問2とか今年の問題は全体的に原則から遡って論理を積み重ねられるかという点で差がつく気がするよ。
どの科目、どの問題にもいえることだけど、特にね。

68 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 18:25:53 ID:???
遡及により害されるものを保護する規定
それだけでいいやん

69 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 18:57:21 ID:???
新試はローのせいで難しく考えすぎる人が多いよな。
ローは一橋出版をテキストにすべきだ。

70 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 19:07:18 ID:???
>>67
解除の効果から遡っても、全部は説明できんっつーの。
もちろん、遡ること自体は大切なことだけど。

71 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 22:46:59 ID:???
民事系難しかったね。


72 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 22:55:10 ID:???
解除なんて直接効果説とそれを採用する理由だけ(間接効果説なんて奇特な人は除く)書けばおk
もっと書くべきことがたくさんあるだろう。

73 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 22:58:08 ID:???
民事が一番嫌いだ。

74 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 23:02:22 ID:???
まさに「民事を制するものが司法を制す」だったと思う。

75 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 00:35:30 ID:???
ガイシュツかもしれませんが、何で甲社は乙社の子会社なんですか?
上位合格候補の方、おしえてください。

76 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 00:46:13 ID:???
なんかきたぞ

77 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 03:21:11 ID:???
シッ!見ちゃいけません!

78 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 09:59:13 ID:???
民事好き

79 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:06:22 ID:???
会社法で親会社・子会社の概念が変わったから。

80 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:07:03 ID:???
法務省令というのではなくて?


81 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:09:53 ID:???
うん

82 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:11:07 ID:???
議決権過半数


83 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:18:08 ID:???
実質支配基準

84 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 11:27:44 ID:???
>>82>>83


85 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 14:07:05 ID:???
ルパン

86 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 15:55:51 ID:???
なんで?

87 :氏名黙秘:2008/06/12(木) 21:57:53 ID:???
>>79
>>83
質問は、実質支配基準のどれに該当するのかというものです。

88 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:04:35 ID:???
転換説
どうして転換するか不明だゴラァ。
不提出という前提事実から主張を真実と認める?
あ り え な い
故意に不提出であってもそれが訴訟に不利だから隠したって一概には言えない。ゴラァ

心証説
お前は倉田かプゲラ
心証による割合的認定でもするのかよ(笑)
当事者にとっても効果が不明確すぎるし、裁判所も困るだろバカか?
どうやって訴訟の見通しをたてるんだよゴラァ
軽減説
どこまで証明度を下げるんだよ(笑)
お?疎明の程度か?あ?
ルンバール判決はどうすんだよゴラァ
結局心証説と同じ批判があたるだろゴラァ
捻りなさい捻りなさい

擬制説
うん。これが一番だ。
効果が明確だし三者共に訴訟がやりやすいなゴラァ
わかったかウンコ野郎共!!

89 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:07:26 ID:???
一昔前の2ちゃんのノリだね。


90 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:08:26 ID:???
なんか懐かしい

91 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:09:17 ID:???
>>88
擬制説は自由心証を害すること甚だしいからダメ。
と書いた。


92 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:12:27 ID:???
ベテラン臭い書き込みだな。
間違ってはないようには見えるが。さすがですねベテ公。

93 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:37:57 ID:???
そろそろみんなの解答をまとめないか?
次スレの>>1に載せるべき標準的な解答を。



94 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 12:10:29 ID:???
だね

95 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 12:44:57 ID:???
今日付けの官報に追加の試験委員が発表されてる
http://kanpou.npb.go.jp/20080613/20080613h04849/20080613h048490012f.html

96 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 14:08:25 ID:???
要件事実厨隔離スレはここですか?

97 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 14:42:35 ID:???
このタイミングなら言える。
俺は擬制説+心証説というまったく新しい学説で書いた。擬制心証説。
擬制という効果を生じさせるかどうかは裁判所の裁量だ、という新説だ。
なぜかその場で思いついて、筆を走らせしまったんだよな……
今まで自由作文が死因だとか生ぬるい議論があったが、俺なんて自由創作だぞ…
問題文にこたえる気配すらないんだぞ……これが本当の死因なんだ………

98 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:48:05 ID:???
>>97
あちゃー

99 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:49:15 ID:???
>>95
野澤先生って、おい。民法第1問小問2の第一人者じゃねーか。

100 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:52:50 ID:???
>>97
それがさ、俺もそれ現場で思いついたけど書かなかったんだが、
結論的に言うと正しいらしい。
擬制説は、裁量により擬制するんだってさ。

101 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:54:05 ID:???
>>100
当たり前だ。文言は「できる」であって、裁量が所与の前提になってる。

102 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:55:16 ID:???
別に当たり前ではないだろw

103 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 16:56:55 ID:???
正確に言うと、当事者の行為の性格や擬制した場合の不利益の程度等を総合考慮して決する裁量があるらしい

104 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:08:15 ID:???
まぁ>>88くらい書けたら合格点だろう。

105 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:27:04 ID:???
>>97
俺がいるw
擬制説は文字どおり擬制しなければならない説と勘違い。
しかも、裁判官が擬制相当と考えない場合にまで擬制が強いられるとして、
自由心証を不当に制約し、極端な結論を招来するとして切っちまったw

106 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:33:25 ID:???
>>105
俺も247に反する場合が生じ得るとか書いてしまった。

107 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:37:00 ID:???
ってかさー自説以外の説の批判なんかはあり得る批判に当たればそれでいいと思うが

108 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:38:42 ID:???
>>107
俺は、全部の見解について、申立人・相手方・裁判所に対する影響を
検討した上で、そのなかで何が問題解消措置として最適か、って書いたから
自説に対しても批判してるorz

109 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:40:36 ID:???
申立人相手方ってあんまり分ける必要なくね?

110 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:42:12 ID:???
>>109
問題文に愚直に従ってしまいますた。

111 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:45:59 ID:???
愚直でいいと思うがな。擬制心証軽減は純粋に裁判所の作用の問題だから
双方当事者と裁判所の関係になる。
申立人相手方を分けて論じる必要があるのは転換だけかな。反証の場合に転換?という批判があるからね。

112 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:49:55 ID:???
>>109
つーか分けてないやつ多すぎね?
裁判所と相手方

113 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:51:48 ID:???
わけてない?
つまりどういった答案?

114 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:53:31 ID:???
双方当事者と裁判所ならまだしも、原告と裁判所and被告って分けるのか?
そりゃないでしょ。

115 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 17:56:31 ID:???
>>111
ありがと。

116 :氏名黙秘:2008/06/14(土) 11:17:32 ID:???
どうも

117 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 14:13:34 ID:???
辰巳の分析会とか行ったやついないの?

118 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 14:21:05 ID:???
しかし20日も経たずに検討が終了したな
早いもんだ

119 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 14:52:17 ID:???
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★日本は消滅する!司法試験の勉強など無意味★

史上最大の預言者ジュセリーノによれば

2038−2040年の間に日本は沈没し地球上から消滅する。

したがって司法試験の勉強などしてもまったく無意味。

司法試験の勉強なんかさっさとやめて、残された人生を面白おかしくすごそう

ここ↓で「ジュセリーノ」で検索すれば予言がすべて見られる
http://jp.youtube.com/

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


120 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 16:41:26 ID:???
>>119
馬鹿野郎2038年まで待てるかよw

121 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 18:20:51 ID:???
2010年の9月で良いな

122 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 20:37:02 ID:???
しにたい

123 :氏名黙秘:2008/06/16(月) 19:19:12 ID:???
しね

124 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 01:21:30 ID:???
需要があるようなので上げときます

125 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 22:42:35 ID:???
羽広が解説してたね。

だいたい、伊藤塾と類似した内容だった。

126 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 12:22:00 ID:???
>>125
KWSK

127 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 12:37:27 ID:???
>>126
主債務検討せよ
保証契約についても利益相反検討せよ
429以外についても検討せよ

民訴では会社855を示したか?
固有必要的示したか?

とかだったよ。

128 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 15:42:26 ID:???
429以外って、例えば423でもいいもんなんかね?もちろん結論は否定するが。
法人格否認とかは思いつかなかったけど、429だけだと寂しいので書いたんだが。
多少は点来たらいいなぁ。

129 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 23:04:45 ID:???
>>128
質問なんだけど、423の否定ってどういう理由に基づくの?

130 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 00:32:09 ID:???
>>129
128じゃないけど
丁は債権者なんだから株主代表訴訟の原告適格ないでしょ。

131 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 00:55:20 ID:???
会社法423を代位行使するのはやや迂遠じゃない?

132 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 04:46:00 ID:???
最適な方法だけではなく網羅的な手段を呈示する必要あり

133 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 05:58:07 ID:???
利益相反とかだろ

134 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 08:26:11 ID:???
俺は証拠まだもってないからどこの大学かをいうことはできないけど、
今年は去年以上に酷いと噂だ

135 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 08:48:52 ID:???
>>134
お前の成績だろ。わかりきってるよそんなの。

136 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 09:27:16 ID:???
そりゃ人数増えたからな

137 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 10:51:11 ID:???
>>130
株主代表訴訟を提起しなくても別に良いと思うけれど。

>>131
その論理ならば分かる。なるほどね。

138 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 13:30:15 ID:???
すみません。最初から読んでないので既出なのかわからないんですが、
もしそうでなければ教えて欲しいです。民事大々問、設問1後段の
株式交換の問題です。

私は、利益供与の話をこの設問で書きました。対価の金銭を払ってい
るのは甲ではなく乙なので設問2ではなく1で書くべきだと思いまし
た。今までの書き込みでは、設問2で書くという人ばかりだった気が
するんですが、その理由が知りたいです。

もうひとつは、債権者保護手続きを書いた場合の効力の問題です。
この場合、769条の最後の項が適用され、なんら効力が生じてない
ことになるので、無効の訴えを論じるまでもないと思い、無効の訴え
の話は書きませんでした。これは間違いなのでしょうか?


139 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:15:04 ID:???
>>138
確かに、株式交換における金銭交付が、およそ利益供与に当たらないということはないと思う。

例えば、本件の事案において、全株主が「上場廃止についての取締役の責任を追及する!」と
一致団結する程度に高度の不満を持っていた場合に、責任追及を回避するために株式交換という
手段を用いたのであれば、利益供与には該当する。

ただ、本件でそのような事情が認められるかどうか。

問題文の事情は少ないから断定はできないんだけど、A・Bは、上場廃止によって一般株主の
投下資本の回収が困難になると思ったから株式交換をしている。これは、株主に対する言わば
サービスのようなものと見ることもできる。

要するに、「株主の権利の行使に関し」という要件を充たすかどうか――株主の権利行使に影響を
与える趣旨だったかどうか――が分かれ目。

で、今のところ、多数派は、この要件を充たさないと考えているのではないかと。



140 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:18:05 ID:???
>>138
769条6項が適用されるかどうかは議論の分かれ目。

ただ、同条項が適用されるか否かに関わらず、無効の訴えを提起することはできる。

で、本件で無効事由該当性を書くかどうかは、まだ結論の一致を見ていない。

141 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:18:19 ID:???
民訴に漏えい疑惑があるが本当か?

142 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:18:42 ID:???
>>141
具体的には?

143 :138:2008/06/21(土) 14:19:29 ID:???
おお、ありがとう。
とりあえず、設問2で書くよりはましだって理解していいんですか?

144 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:21:07 ID:???
全く同じ問題を試験委員のいるローの授業でテキストに指定。期末試験にでたという噂も。
あの問題で漏えいが事実ならかなり差がつくと思うが。

145 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:24:31 ID:???
>>143
俺の書込みに語弊があったかもしれん。ごめん。

今のところ、2chの書込み・予備校は、利益供与を書くのであれば設問2で書くべき
としている。

多分、その理由は、設問1では利益供与を基礎付ける事情が少ないからだと思う。
問題文の事情では、株主の権利行使に影響を与える趣旨がどの程度あるのか
分からない。

時間と紙幅を考えるのであれば、設問2で書くべきっていうのが今のところの多数派かな。

146 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:26:49 ID:???
>>144
見進  北海道大学大学院法学研究科教授
西澤宗英  青山学院大学法学部教授
本間靖規  名古屋大学大学院法学研究科教授
田邊誠  広島大学大学院法務研究科教授
中山幸二  明治大学法科大学院教授
原強   上智大学大学院法学研究科教授
山本克己   京都大学大学院法学研究科教授
田昌宏   大阪市立大学大学院法学研究科
下村眞美   大阪大学大学院高等司法研究科
越山和広   関西大学大学院法務研究科教授

とりあえず、スレ違いだな。

147 :138:2008/06/21(土) 14:28:04 ID:???
そうかあ・・・
でも、設問2の丁は甲の債権者であって乙のじゃないよね?
これは、みんなどう考えてるんだ?
第一、利益供与は供与する側の意図が問題であって、それは
問題文に出てるんじゃないか?

148 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:36:16 ID:???
>>147
まず、多数派=正解とは常には言えないからね。
出題趣旨を見てみないと。だから、ここでの議論はあくまで参考に留めておくれ。

>>でも、設問2の丁は甲の債権者であって乙のじゃないよね?
>>これは、みんなどう考えてるんだ?

丁が甲の債権者だからこそ、甲社の株主である乙社に対する
甲乙間の財産移転を否定しようとしているのではないかと。

>>第一、利益供与は供与する側の意図が問題であって、それは
>>問題文に出てるんじゃないか?

120条の趣旨は、会社運営の健全性維持にある(江頭・第2版・P323)。
だから、今回の株式交換が健全性を侵害しているかどうかだわね。

「特定」の株主ではなく、「全」株主の不満に対応するっていう行動は
取締役の健全な対応であることが多い。

で、今回は上場廃止に対応して金を株主に対して交付しているけれど、
それが健全性侵害と言えるかどうかだわね。

149 :138:2008/06/21(土) 14:42:31 ID:???
ごめん。設問1と設問2の利益供与の対象が違うことをよく理解して
ませんでした。ようやく理解できました。

何度もありがとう

150 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 14:44:39 ID:???
>>149
いえいえ

151 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 18:28:08 ID:???
ところで、主債務の役会決議ケンケツと保証債務の役会決議ケンケツについての
相手の主観の認定をそれぞれ分けて描いた?
一緒くたに書いちゃったんだけどまずかったかな?

152 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 18:31:49 ID:???
問題ないと思われ

153 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 18:35:14 ID:???
わけて書いた人とまとめて書いた人ではどっちが多数なんだろう?
分けた人は同じこと2回書いたのか?

154 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 19:10:29 ID:???
ってか、主債務について書くってマジか?
論点重複しまくりだろ。

155 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 20:52:59 ID:???
憲法
 試験委員の期末がそのまま。ソースも手に入る予定。
 新聞社に持ってくべきかね

行政法
 これもまた同じく。こっちはソースが手に入るか微妙。

民訴
 ケースブック民訴に全く同じ問題があって
 某試験委員の居るローで厚くやったとの情報。
 これはどうもっていくべきかね。

期末テストと同じ問題がでたのは憲法???

156 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 20:55:35 ID:???
あがったついでにもう一回聞いてみよう

わけて書いた人とまとめて書いた人ではどっちが多数なんだろう?
分けた人は同じこと2回書いたのか?

157 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 21:00:45 ID:???
●憲法
青柳幸一 筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授
野坂泰司 学習院大学専門職大学院法務研究科教授
毛利透 京都大学大学院法学研究科教授

158 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 04:34:46 ID:???
>>155
多数派がどちらか知らないが…少なくとも俺は一緒くたに書いた。

もちろん分けて書いた方が丁寧だけど、丙の壁人者の行為が同時に
甲乙に対するものであったわけだから、分ける意味がない。

どうかいても点は変わらないと思われ。まぁ、主催む落としはあかんと思うが。

159 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 08:27:35 ID:???
>>155

お前って可哀相なくらいバカで歪んでるな

160 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 22:57:55 ID:???
答案ここに書いてもいい?どなたか評価してくれるとありがたいん
だけど・・ちなみに択一は230から236のどれかです。。

161 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 23:06:25 ID:???
↓へどうぞ。

http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1214135481/

162 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:13:06 ID:???
>>160
どうぞどうぞ

163 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:18:52 ID:???
>>160
無料のブログにうpしてURLを貼ってくれ。

164 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 21:31:35 ID:???
とりあえず書き込んどくが、乙社が支払った相手は甲社の株主だから、
株式交換のとこで利益供与を書くのはおかしいな。
ただ、769条6項の適用はよくわからん…

165 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 23:11:39 ID:???
新試関連のスレは、どこも閑散としてる
特に択一発表後は灯が消えたようだ

166 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 16:10:33 ID:???
誰か教えて。
なぜ今年の株式交換の問題で769条6項の適用の話にならないの?
無効の訴えを提起するまでもないのでは?

167 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 17:29:09 ID:???
>>166
想像力を働かせろ。
手続踏んでないから効力が生じないと主張して相手方が素直にきくか?

168 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 18:01:33 ID:???
>>166
なるはずだけどね。
まあ、そういうのに気づくと受かりにくいのが司法試験。
多分考査委員も気づいてないよ。

169 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 18:25:15 ID:???
個人的にはその辺の問題があるから、問題点というぼかした
聞き方になっていたのではないかと思う。結論としてはどっちの書き方でもOKでしょ。
書く内容が、大きく変わるわけでもないし。

170 :166:2008/06/27(金) 18:35:57 ID:???
うーん・・・とりあえずレスありがとう

171 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 18:47:19 ID:???
>>169
大きく変わるだろ。
もともと効力生じないなら無効事由を論じる必要はない。

172 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 18:50:49 ID:???
769条6項を文言どおり捉えると無効の訴えとかの関係で制度上よくわからないことになる。
そこで769条6項は無効原因を定めたものにすぎないって言われたりするよ。
つーかぶっちゃけ立法の不備なので何書いたっていいよ。新会社法マジ死ね。

173 :172:2008/06/27(金) 18:53:06 ID:???
ちなみにハダマ先生は
「私は、769条6項は、無効事由を定めるものであり、効力発生日になり、株式が発行される等株式交換の外形上の効果が生じた場合には、とりあえず有効となると考えています。」
って言ってるよ。
立法担当者ならそう言うよねー。
つーかそうかんがえるなら文言もっと考えて作れよ。常考。

174 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 19:06:12 ID:???
ということは、よくわからないままに無効事由のひとつとして769条6項をあげたオレはいつの間にか勝ち組ってことだな。

175 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 19:17:48 ID:???
>>172
orz
これだから会社法は嫌いだ(´・ω・`)

176 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 19:35:16 ID:???
>>173
大人の事情と言うことでしょうな

177 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 19:38:00 ID:???
>>173
じゃあ、解釈論じゃなくて条文で無効事由になるってことか、保護手続違反は。
まあ差は付かないと思うけど。

178 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 20:11:30 ID:???
ていうか、少なくとも普段からちゃんと条文読んでれば、769に効力の話があることは当然わかるはずだよね。それを無効の訴えの無効事由と考えるかはともかくとして。

予備校解説やら、分析会やらで、769の話が全然出ないのもどうかと思うよな。

179 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 21:27:08 ID:???
>>178
会社法はみんな苦手なんでしょ。

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)