5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●交通事故での被害者への損保の債務不存在確認訴訟

1 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:42:17 ID:57hRi1/9
損保が繰り出すこの債務不存在確認訴訟。
しばしば弱者いじめではないかと思われる
事例が頻発している。
怪我で弱りきっている人間に対し、
これは理不尽である。
これは公共の利益に反するのではないか?
これについて議論しよう。

2 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:44:29 ID:57hRi1/9
憲法第12条 
この憲法が国民に保証する自由及び権利は、国民の不断の努力によって
これを保持しなければならない。又、国民は、これを乱用してはならな
いのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う。

憲法第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に関す
る国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他国政
の上で、最大限の尊重を必要とする。

被害者の皆さん、私たちは個人として尊重されていますか?
金払う損保は、何をしても良いのですか?
損害発生の事実があるのに債務不存在確認の訴え?
これは、加害者及び損保の過剰な権利行使、権利の乱用ではないでしょうか?
金払うからと言って、契約当事者でもない損保が、被害者の医療情報を欲しいままにして
個人情報保護法が施行されても法を無視している。
裁判所は、送付嘱託で加害者=損保に医療情報を提供している。

裁判官の自由な心証とは、何でも思いのままと言うことですか?
憲法を守っての自由な心証でしょう。

損保業務と裁判所への不満・疑問を語り合いましょう。

3 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:45:07 ID:57hRi1/9
そもそも、加害者からの債務不存在とは何かいな。

加害行為が存在し、被害が出ているにもかかわらず、債務不存在確認とは???
賠償額の確定は、立証責任は被害者としても
賠償義務がないことの確認の訴訟では、「事故とは関係ない被害だから賠償義務は存在しない」
この立証義務は加害者でないのか。

4 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:45:50 ID:57hRi1/9
素因の競合って??
治療打ち切りが出来なければ、素因の競合で治療が長引いていると
損保は値切ってくる。

通り魔の犯罪者が、人を刃物でさして傷つけた。
その賠償に当たって、傷が治るのが通常より遅いのは、その人の体質のためであって
さしたものに全て賠償しろと言うのはおかしい。通常の期間の治療費しか賠償しない。
こんな理論がとおるのか??

損保・弁護士の言う賠償論とはそう言う理論だ。
交通事故とは、無過失の被害者にとって通り魔事件に遭うのと同じだ。
こんな理論を賠償論として認めてきた裁判所も裁判所弁護士も弁護士だ。

5 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:46:38 ID:57hRi1/9
そもそも、債務不存在確認の訴えとは、
「事故とは関係ない被害だから賠償義務は存在しない」との確認を求める訴え。
被害者が、治療が全て終って、賠償金を支払えと訴えを起こしたのなら、立証責任は被害者の側
だけども、その反訴が出なければ、立証責任は加害者側のはず。

事故によって、ケガを負って治療が始まった。その治療はまだ続いている。
これが、事故のせいでない。債務不存在というなら加害者が因果関係が全くないことを証明しろ。
事故の被害を受け、治療いまだ継続中。よって、加害者側の請求は棄却を求める。
これでよいはず。

必要な治療であれば、被害者は、個人情報保護法に基づいて、主治医とよく話し合って
何度でも診断書等の削除訂正を求めることが出来る。
治療いまだ継続中の事実が存在すれば、訂正など何度でも出来る。
たとえ、裁判所で判決が出ようとも事実は事実だ。

そして、損保からの治療費の仮払いストップについては、
地位保全の仮処分等の方法もあるのではないだろうか?
不当解雇等における訴訟などによく使われるやつ。
これが使えないだろうか?

6 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 17:59:31 ID:Cx180VfT
クソスレ乱立するなボケ!
巣に帰れ!

7 :無責任な名無しさん :2005/06/02(木) 18:48:43 ID:YLTx6UOq
債務不存在確認請求訴訟においても、因果関係の存在や損害の存在の主張・立証責任は被告、つまり被害者側にあります。
すなわち、因果関係の不存在や損害の不存在が請求原因事実とされているのではなく、
これらの存在が抗弁事実とされているのです。

誤解なきよう。

8 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 19:26:33 ID:RZnZMX8k
>>7

事故によって、ケガを負って治療が始まった。その治療はまだ続いている。
これでは、足りないのなら。

借金不存在確認の訴訟を起こして、訴訟起こした側は何ら立証せずに勝てる。
そう言うことかね。
弁護士の要件事実論聞いているわけではないんだ。
訴訟技法の問題の先に、憲法の人権感覚で判断することが必要なんだよ。

それは、弁護士裁判所が作った勝手なルールに過ぎない。
事故被害者は、場合によっては弁護士を雇えないくらいに金銭的に追い詰められて
ベットの上から動くこともままならない場合もある。

それでも、債務不存在を主張して、訴訟を提起して全て立証責任は被害者の側で通してきたのが
損保の手法。動けづに欠席したなら、勝訴判決か??
裁判所は、人権侵害と詐欺の幇助機関か?
まづ相手方が欠席しても、裁判長が心証を形成できるだけの根拠証拠を用意して提訴が常識。
何もない状態で、提訴してそれからカルテなどを取寄せる。
バカ言うんじゃないよ。

それは、法律技法の世界でしか考えていない、法律家の理屈にすぎん。


9 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 19:36:17 ID:RZnZMX8k
ある裁判官が、私に言った。
要件事実論では、不合理だけれどそうなる。

バカ言うんじゃない。不合理に人権侵害する事実があったら、
その理論が間違っている。
司法は、法と人権、社会正義を守るためにある。
要件事実論の講釈を聞くためにこのスレが有るわけではない。

10 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 20:04:52 ID:mG7oOb6l
>>8-9
同意。
損保とその雇われ弁護士のやり口はひどいよねえ。
裁判所もそれを幇助してるし。
人権をなんだと思っているんだ。
健康な体を取り戻したいという人間の気持ちを踏みにじりおってからに。

11 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 20:20:37 ID:RZnZMX8k
私の裁判では、1審敗訴に不服で損保が控訴してきたが
事実を丹念に調べた証拠は一切無し、控訴理由が明確でないと指摘したら
仮定の条件で計算して、事故とは一切関係ない当事者のせいで損害が発生したと断定しましたよ。
現在、何の証拠もなく責任押しつけられた第三者から、名誉毀損だとの抗議文が損保宛に送付されたと聞いている。
損保がどう対応するか知れないがね。
おそらく、損保の体質からすると無視だろうがね。

こんなバカな理論で、人権無視して勝ち負け判断してきたのが、偽造証拠オンパレードの実情を生み出している。

12 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 20:33:33 ID:RZnZMX8k
ただね、弁護士法第72条なし崩しも捨てがたいんで迷うんですよね。

13 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 20:35:44 ID:RZnZMX8k
>>12
スレ違いでした。

14 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 23:14:28 ID:9N8jzl2g
怪我をいつわってしこたま、慰謝料を儲けようと
たくらむ輩がいるから、債務不存在確認訴訟なんてのが
存在するんだと思う
まあ損保はクソだということ前提でだけどね

だから
債務不存在確認を起こされないようにする防衛手段は?
また起こされた時にとる防衛手段
そういうのを話合えばいいと思うがどうだろうかね

15 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 23:43:34 ID:mG7oOb6l
>>111
そちらの訴訟の詳細を教えてください。

16 :無責任な名無しさん:2005/06/02(木) 23:44:46 ID:mG7oOb6l
すいませン。
>>11サンへのあやまりです。

----------------------------------------------------------------
>>11
そちらの訴訟の詳細を教えてください。


17 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 00:44:03 ID:RoqWOn5I
>>11
マスコミへのリーク。
HPを立ち上げて事実関係を公表。

これらをやった方がいい。
賛同や支援を集められる。
それに、損保の実情を社会に公開し共有することにより
社会としての問題の解決を図っていける。

18 :にせべんごし@:2005/06/03(金) 00:58:48 ID:ZAMAfJUK
損保の立場からすれば、適正な賠償額という概念のない被害者があまりに多いためだろうな。
仮払いで払い切っているのに不当な請求を続ける人間とかごろごろしてるしな。
もっとも、損保の損害課も負けさせてナンボって考えている点で問題アリだけどね。
スレみてると勘違いしてるヤツが多いみたいだが、損保からの債務不存在確認は、
示談でどうにも話にならないっつーか、理解力が根本的に欠けてる相手で
しかも訴訟で決着をつけるっていう思考がなく、訴訟外で理不尽な請求を繰り返す人に対してするもんだっつーの。
常識的に交渉してれば起こされることなんてないんだっての。

何もゼロを主張しているわけではなく、訴訟で決着をつけようっていうアプローチに過ぎんよ。
それを憲法を引っ張り出してきたり、マスコミへリークとか言ってみたり、どーかしてるな。

19 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 01:02:20 ID:O2j5kA/e
>>18
詳しくどのような状況で債務不存在確認が起こされるか
教えてくれ
理不尽な請求ってつまり、どのような事故に対してどれぐらいが理不尽になるんだ?
基準があるなら教えて

20 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 01:15:58 ID:dtMPVJe3
最終的に示談で決着付かないときに
相手が訴訟してくれれば、法的な解決ができ納得してくれるんだが、
訴訟も起こさず不当な請求をしていた場合、
損保から訴訟をおこすことはあるよ。

ほんとは困るのは被害者だし、
被害者が訴えるまで放っておいてもいいのだが
長引かせたくないときに
親切?で訴訟している時もある。

基準?
判例からはずれている場合だろ。


21 :にせべんごし@:2005/06/03(金) 01:19:23 ID:ZAMAfJUK
>>19
損害額の点で言えば、まず、過失割合。
ほぼ定型的に決まっていて過失があるのが明らかなのに、
無過失を頑強に主張する人間が多すぎる。
過失割合によっては仮払いと治療費負担で相当賠償額が全部支払い済みって事案もある。
次に、後遺障害の慰謝料と逸失利益。後遺障害等級認定も出ていないのに
慰謝料と逸失利益を主張されても払えない。
逆に言えば、そんなのに対して裁判なしに払ってしまえば経営責任を問われる。
あと多いのが、車の損害は時価額までしか出せないことをいくら説明しても理解しない人間。
他にもいろいろあるけど、典型的なものはこんな感じ。

因果関係はいろいろ。
あとになってあれが壊れた、あれがなくなったとかうだうだいうヤツもいるし。

どっちにしても普通に交渉していれば債務不存在なんて起こされない。
ケド、極端な例では、翼とか和を使ってくるヤツもいるからそういう場合は遠慮なく起こす。
多分、分かってるヤツは分かってると思うけど、
債務不存在確認は、本来原告になるべき立場で
訴訟を起こすイニシアティブを握っている者を法廷に引っ張り出す手段なんよ。
法廷に引っ張り出す=公開の場でフェアに解決しようって、こと。
常識的に話のできる相手に、好き好んで債務不存在確認は起こさない。
そういう人には、これ以上は払えないから訴訟を提起してください、で済むことだから。
その証拠に示談段階から弁護士がついている事案で、債務不存在確認を起こされるなんて
ほとんど例がないだろ?

基準なんてないけど、そんな感じかな。

22 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 01:53:12 ID:RoqWOn5I
>>21
過失0の被害者相手なら治療費の件で債務不存在確認訴訟を
起こすことはないんだ。

23 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 01:59:15 ID:dtMPVJe3
>>22
どこをどう読んでそんな事思うんだ?w

24 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 05:45:22 ID:ZF0YeAH5
>>22
11だが、私の場合は過失割合0、夜間の建物への当て逃げ事故だ。
被害は、車長の3賠もの広範囲にわたり、単数回の衝突では説明の出来ない
タイヤ痕が3本残っていた。被害を受けたのは新築後3年足らずの鉄骨建物、被害は全壁面に渡って
外壁のズレやひび割れが生じている。
損保は、タイヤ痕も調べないし、加害車輌は調べもせずに、なおざりに損害を調査しただけで
「施工ミスと地震のせいと考えられる。立証責任は被害者の側、事故前になかったことを証明できるのか」
と、同じ主張を繰り返し、タイヤ痕の調査と加害車輌の調査、加害者立会いの現場検証を求めたが、
一切耳を貸さずに同じ主張を繰り返し、訴訟となった。



25 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 06:11:41 ID:ZF0YeAH5
>>24 続き
提訴後、この損保の本社が乗り出して
さらに、最初からみえみえだった値切りの姿勢が激しくなった。
しかも、後で分かったことだが、委任状交付の際に一度だけ代理人は加害者に会ってるだけで
期日が何時有ったかさえ全く連絡されていず、加害者は訴訟について全く知らされていず、
現場をろくに調べていない損保が、勝手に訴訟していた。
そして、損保が出した証拠には、軽い衝撃の1回の事故を作り上げるため、タイヤ痕が偽って記載されていた。
立証責任は、被害者の側の悪用である。
そして、確実にぶつかった跡のある支柱部の部分以外は、軽い事故で大きく揺れていないから施工ミスで出来ていたものである
と主張した。


最初から値切ることしか、頭にない損保がいることは、事実なのである。

26 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 07:25:10 ID:cgQIhfiq
にせ弁護士さんのような弁護士や、おっしゃるような実態ばかりだったら、こんなスレが出ないでしょうね。

ただ、問題のある交渉態度や不当と思われる不存在訴訟提起等は、私の狭い経験でも、ある程度特定の保険会社に集中しているようですね。
そして、そこの弁護士もどうかと思うのが少なくないようです。

第1回の調停期日に、弁護士半年目のイソ弁がやってきて、廊下での挨拶で「私は、今日この調停を不調にするためだけに来たんですわ」とのたまわられました。
私には、もはや言うべき言葉がなかった。


27 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 08:04:43 ID:ZF0YeAH5
>>21
「車の損害は、時価まで」
最近は、損保社員・弁護士が物損賠償全てに、「賠償は時価を限度に賠償するもの」
と主張するのを知っているか。

日弁連の相談センターの弁護士さんが、物損一般についてそう講義されたから
「建物のようにどっかで、同じようなものを買ってきて替えることの出来ないものでも、時価限度になるはずがないだろう」
「基本は原状回復、便宜、同等の中古品で代替えが効くものについて、時価限度と考えるべき」
と、質問ぶつけたら言い訳していた。

賠償論で時価が限度が正論なら、人についても残存時価限度でやたらいい。
平均寿命過ぎたら、建物で言ったら時価0円ではないか。
高齢者の人身事故は、入院していても1円も賠償しなくて済む。
このような、意味の通らない理屈考える前に、
法律家らしく、憲法と人権を考えてものを言え。

28 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 08:18:05 ID:ZF0YeAH5
>>27 の続き
まっ、後遺障害の認定と賠償については、
既に、裁判所・損保・弁護士でマニュアル作って、実践しておられますがね。
これを進めれば、姥捨てやまさ。

平気寿命を元に、その間に稼ぐ収入−必要経費で清算する。

では、一生介護を必要とするような障害を負った被害者は、
平均寿命をこえて、生存したら何も保証されないと言うこと。
しかも、それより早く死亡すれば儲けというこtですよ。
これでは、長生きして介護者が疲れたら、殺人事件か一家心中ですよ。

加害した者の権利を擁護して、被害を受けた者の人権を削るだけ削った
見事な賠償論ですよ。

29 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 11:52:56 ID:ZF0YeAH5
私は、たまたま無過失の物損被害者となり、
私が知っている導入当初よりも、余りにも、ひどくなっている示談代行の現状に
驚きを感じた。そして、たまたま司法書士倫理作成の際に調べた、法律職能の倫理から
はずれた、無資格者による加害者の代理行為にあきれたのさ。

私は、弁護士倫理・弁護士法の規定を理解していて、これとはずれた損保の示談代行を
体験させられていたのさ。
そして、多くの人身事故の被害者と知り合った。
人身事故の被害者のおかれている事を知った。
何人もの自殺未遂者に出会った。

一審、勝訴、自己負担が出るが早期修理と考えていたら
敗訴に不服、債務不存在、判決違法と損保が控訴した。
損保は、事実をろくに調べておらず、何ら追加証拠もなかった。

私の裁判は、物損でも建物の被害、人身と共通する部分もあるし分かりやすい。
それで、色々と金銭に換算した請求つけて、人身の被害と共通する部分について
判断を付け加えて附帯控訴した。

加害者側から、附帯控訴棄却の申立があったが棄却されて
控訴審裁判長は、損害拡大も含めて判断すると述べた。

2回で結審して、判決言い渡しを待っている。

30 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 13:18:21 ID:ZF0YeAH5
控訴では、乙号証と銘打った書類が2通だけ出た。
しかし、事実調査の裏付け無しの、被害建物所在地から遙かに離れた地区の
木造欠陥住宅の写真と、仮定の計算でほとんど建物がこれでは揺れない。だから新築当初から施工ミスで外壁が壊れていた。
事故とは関係ない。だからすごい。

仮定の計算で、施工業者が当初から外壁の壊れた建物を建築しただとさ。
立証責任は被害者の側だから、これで当たり前の業務なのかね。

木造建物については、被害建物の鉄骨建物の損害と、地域性、地盤、構造にどんな類似性があって、
施工ミスなら、何の施工ミスを主張するために出したのか釈明かけたら、答えられず。
そして、控訴理由書不明確を指摘されたら、あわてて、2回期日直前に仮定の計算での住宅性の評価員の断定証拠を出してきた。
根拠となる、調査に基づいた事実はなしだ。仮定の話で、第三のせいに断定した。
そして、債務不存在を主張した。

この仮定の計算での断定は、控訴理由書では、債務不存在の主張根拠が不明確だ。控訴理由書の定を為していないと指
摘したら出されたものです。立証責任は、被害者の側だからこれで良しと考えているのでしょうね。損保は。
しかし、施工業者はいい迷惑ですよ。根拠もなく、住宅性能評価員に、欠陥住宅建築の烙印張られてはね。
こんなことに力注ぐなら、真っ当な調査を最初からしろ。こんな損保は、自動車保険から撤退しろ。

不明確な控訴理由書は、控訴審第1回期日の5日前なんですよ。100日超えて出されているんですよ。
控訴状がだいたい60日を超えてとどくんですから凄いものです。
控訴理由書、控訴から50日以内なんてルール、損保・弁護士も破って当然のようです。

31 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 16:46:40 ID:ZF0YeAH5
子供のために特に健康に配慮して建てた建物は、損保が、基本の調査も充分にせず、立証責任は被害者の側を利用した
あの可能性・この可能性・だから払わないとの主張と、再利用できるものは可能な限り再利用するとの仮修理さえさまたげる主張
によって、事故後起こった雨漏れで、カビが生えカビアレルギーの体質の子供に
危険きわまりない状態になっている。

充分な調査と根拠を持って、主張されたのなら理解も出来るが、何の充分な調査もしておらず、タイヤ痕は3本が2本に改竄されて、
無かったところに1本かきいれて、都合のよいように1回の衝突を作り上げていた。

時速8kmでスピンして、軽く1回当たったというのである。
時速8kmスピン事故です。これ自体が常識はずれ。
幸い、当て逃げ事故であったため、早期にJA共済がタイヤ痕の写真を撮っていたから、証拠の偽造を証明できた。

しかし、証拠の偽造が判明して、訴訟詐欺もひっくるめて、事故状況の解明をしろと要求したら
1審裁判長が遮り、審理を打ち切って、判決となった。

はらいしぶりの拡大損害については判断せず、当初の請求額の7割判決となった。
弁護士の顔たて判決である。そして、訴訟詐欺や弁護士法の判断に及ぶことを避けて
損保を守ったのだろう。



32 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 16:51:17 ID:ZF0YeAH5
しかし、損保はよほど腹に据えかねたらしく、敗訴に不服・判決違法とののしって、控訴したのだよ。
だけど、元から調べていないので、空論に空論を重ねるほか証拠はなかったのさ。

当方は、附帯控訴の準備に施工業者の所持する写真を再度調べていて、事故直後・拡大損害が全く生じていなかった証拠写真を見つけ
さらなる拡大被害の証拠ビデをと共に、証拠提出を為して、拡大損害をひっくるめて、はらいしぶりの為のプライバシー権の侵害についても、証拠を示して指摘して判断を求めている。

高裁の裁判官は、ビデオを繰り返し見ている。拡大損害を含めて判断しますと言っている。
プライバシー権の侵害について、最近の最高裁判例を引用している。

加害者側の控訴理由書の記載は、笑いましたよ。
通常控訴理由書は、被害者と主張を争うもの。
しかし、1審裁判長の判断を罵っています。偽造証拠を提出することの意味の重さも分からずに。守ってもらっていながら、くってかかっているのですからどうかしてますよ。
判決違法で、弾劾裁判でも起こすのですかね。

だから、加害者側の主張の構成と偽造証拠提出の意味、訴訟詐欺を指摘して、裁判所に公務員の告発義務を指摘しておきました。
それでも、最後に仮定の話と計算で、全て施工ミスと主張できるんですから、ここまでくると感心します。

仮定の計算で、建物は2mm弱しか揺れないと、住宅性能評価員の意見書を証拠として提出してきたので
2mm以上に揺れている証拠の部分を、証拠写真で指摘して、架空の話しを論破しておきましたがね。

この最後の証拠は、最終期日の2日前の土曜日にFAXで送られてきました。
土曜日に送れば、時間が無くて反論できないと思ったのでしょう。
当方は、本人訴訟なんで日曜日でも反論準備できるので、準備して期日の朝
送りましたよ。裁判長は、加害者側証拠と同時に否認する反論書が届いて
びっくりしてましたね。

どんな判断出るかは知らん。
ただ、これだけ損保が異常な行為をして、裁判所までバカにしている情況を、キチント判断しろと主張している。
そして、人身も含めてはらいしぶりの仕組みと、人権侵害性を意見書の形で提出しておいた。




33 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 17:38:03 ID:ZF0YeAH5
なんの過失もなく、事故に巻き込まれて、調査して主張されたのならまだしも
7割判決の弁護士かおたて判決でも我慢して早期に修理してしまおうと思ったが
拒否したのは、損保。
どうせ、新築3年の建物が、損保の払い渋りだけの目的で、ボロボロにされたんだ。
言うだけいわせてもらった。弁護士・裁判所の誤り指摘して、0円なら0円でそれも良しだ。

ちゃんと調べて、ちゃんと争って、立証責任被害者の側と言え。
何もしらべず、あれこれ可能性を言いいたて、被害者が立証すればよいこと。
ばか言うんではないよ。事故状況が当事者これだけ主張が違えば、お互いに証拠を出して、争点整理しなければならなかったのである。
方向を違えた強い衝突による複数回の揺れと、軽い単数回の事故では、当然賠償範囲確定に影響をおよぼすのである。
否認・争うなら根拠を示してである。勝手に被害者に立証しろ、可能性だけ述べろで済むものではない。

この点については、裁判官研修所所長の加藤新太郎先生と話しした時に、先生はうなずいておられた。
損保の作った証拠を、弁護士の訴訟技法の問題と伏せて立証をせまり、追い詰められて出したら、タイヤ痕削って、書き加えた偽造がばれた。
訴訟詐欺を指摘されて、守ってもらったのに、証拠もないのに控訴。
バカか。加藤先生にどんな判決になるのだろうと予測を聞いたとき、
損保敗訴の心証形成を予測していた。証拠偽造して、払い渋ったら当然だろう。


34 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 17:41:22 ID:ZF0YeAH5
債務不存在確認の控訴、バカでないか。
賠償0円主張して、偽造証拠に、偽造証拠を重ねるような、仮定計算での意見書出して
1円でも賠償認定されたら、本来、訴訟詐欺ではないの。
だから、今回は、損保守るなら0円判決もあるのさ。


35 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 17:54:23 ID:ZF0YeAH5
面白い証拠増えたし、結果がどう出ようと、まだまだ出来ますよ色々と。
でも、納得のいく判決出たらやめますがね。
立証責任を被害者に押しつけて、ろくな調査もせずに詐欺働くような損保に、キッチリした判断下せないなら
裁判所自身が詐欺の幇助機関のようなものになる。
司法が、キッチリ判断しないから、被害者だけがこの犠牲になっている。
私は、物損だから証拠もある程度有った。人身事故の被害者は長く入院しているんだ。
それで、何も調べずに、あれこれ因縁つけて、被害者が立証しろだと。バカ言うんじゃない。
私の事件は、その問題点が分かりやすいから、判断を問うている。

依頼を受けて、法律家がやろうとしても、こんな訴訟はできないものだ。
賠償0円をも覚悟して、本人訴訟で主張するしか判断は問えないと思う。
だから、徹底的に主張した。それだけだ。

法務大臣は、司法に問えと回答しない。司法に問うて、回答しなければ、永遠に回答は出ない。
立法不作為+司法不作為になる。
司法が、信頼できる判断を下すかどうか、その判断を待っている。

36 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 18:02:22 ID:ZF0YeAH5
どうせ、ボロボロにされたのだ。
主張を尽くして、問題を提起して、何かが残ればそれでよい。
裁判所怒らせて賠償0円も覚悟の上だ。

何かが残ればよい。私は、司法書士として法律業務の端に座らせてもらっている。
交通事故被害者の現状は、余りにもひどい。何かを残せないなら、端に座る意味がない。

37 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 23:16:10 ID:ZF0YeAH5
これだけ、被害者の側に事実を丹念に調査した証拠があり、
加害者の側に何も証拠のない訴訟も珍しい。
そして、司法書士がこれだけ事実証拠を出しても
裁判所・弁護士が争点整理を避けては、事実なんて解明できませんよ。
答える必要はない。訴訟技法の問題、ケチはつけるが、根拠は何時出すかかって。被害者の側で勝手に立証しろ。
原審はこんな裁判。傍聴した施工業者も聞いていましたからね。
司法は、機能不全ですよ。

38 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 23:25:06 ID:ZF0YeAH5
何も調べず、加害車輌は廃車して証拠は隠滅するは、タイヤ痕は偽造する。
そして、証拠提出は遅らせて審理を妨げ、原審裁判長が、「鑑定してもいまさら真実は分からない。施工ミスに利するだけ。」
と施工業者らの傍聴する前で認めるくらいに、審理を妨げた。
それで、債務不存在認めるなら認めればよい。
立証責任被害者の側で、交通事故裁判のシステムそのものが、詐欺のようなものだ。
だから、損保・弁護士の土俵で、弁護士選んでやればよいか?
そんな詐欺的システムだれが信頼するか。


39 :無責任な名無しさん:2005/06/03(金) 23:28:40 ID:r+B7f0Np
>>36
司法書士のかたでしたか。
それで納得しました。

ご承知かもしれませんが、裁判官・検事は、いずれ弁護士として、
商売を始める方が少なくないものと承知しております。

従って、保険会社案件は、取り逸れのない、被告・原告代理人双方にとって、美味しい案件であると言えるでしょう。
ですから、経験上、弁護士会所属の弁護士の多くは、保険会社の非行については語らず、
あくまで、被害者・加害者の立場から主張をするというスタンスを維持して来たものと考えております。

これは、将来、弁護士となるかもしれない裁判官も同様であると想像しております。

他スレでも再三にわたって主張しておりますが、保険は、万が一の際の「お守り」であると思います。
事故は、絶対に起こしてはならない、起こしてはならないが、不幸にして、事故を起こすことがある。
不幸にして起こした事故の被害者には、応分の補償を行いたい、行いたいから、保険に加入している。
これが保険の本来のあり方だと考えております。

ただし、前述のとおり、司法・行政・保険業界の癒着により、適正な運営がなされていないのが現状であると考えております。


40 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 00:00:01 ID:QN9F/S0z
その訴訟詐欺損保の名前を公表した方がいい。
ホントにマスコミにリークした方がいい。

41 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 01:24:55 ID:2Bm1BJUr
>>40
私の訴訟は、地方新聞3面トップで報道されて、始まりました。
報道してくれた記者も最初はやる気だったんです。
でもね、この報道の後すぐに、中央で大物政治家番記者となりました。
マスコミも伏せるんですよ。

記者が最後に言ってましたよ。この問題追求しても絶対無理とね。
ただ、余りにもひどい状態に、呆れもしていますが、見過ごしに出来ないのですよ。
特に司法書士倫理について、意見を述べる委員会に属していたこともあって、
弁護士倫理・弁護士法はすみからすみまで読みましたので、

現実の余りのひどさに、呆れております。
司法書士倫理に、依頼者の自己決定権の尊重という規定があります。
私は、これを倫理の最初にもってくるようブロック会の委員として、意見を述べています。
だから、法律家が誤魔化して、被害者加害の最前線にいることが許せません。


42 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 07:07:07 ID:Bhz8xahv
>>41
ものすごい大きな癒着の構造があるようですね。
日本の闇は深いです。
それでも言い続けないとなにもかわらない。
HPでの公開など発信手段を検討してください。

43 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 07:29:12 ID:CFAsGyS3
>>8-9
要件事実論って無茶な理屈だな。
加害者から大きなマイナスを与えられてからのスタートなのに
まだまだ大きすぎる負担を被害者に課す。
その上、損保、日弁連、裁判所、検察、マスコミの大きな癒着の構造が
あり、権力者の馴れ合いとも闘わないといけなくなる。
ホントおかしいよ。

44 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 08:46:59 ID:2Bm1BJUr
>>43
日弁連ホームページ
http://www.nichibenren.or.jp/jp/bengoshi/yakuwari.html
弁護士の役割→民事暮らしのアドバイザー→交通事故
『あなたは保険会社の社員と交渉することになります。相手はプロですし、損害賠償額がいくらかは素人ではわかりません。』

これで、被害者に立証責任負わせて、立証するのは被害者の側とやってるんでしょうね。
だから、憲法・人権を考えてものをいえといっている。
高裁にも意見書でおかしい点を指摘しておいた。

45 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 08:50:41 ID:2Bm1BJUr
そもそも、要件事実は、公正で迅速な裁判実現の技術論
運用する裁判所・弁護士に憲法・人権擁護の姿勢がなければ
弁護士に金払う強いものだけを守る凶器となる。

46 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 10:05:37 ID:2Bm1BJUr
最高裁判所平成16年(受)第988号判決 知ってますか。
これは、火災保険で損保が払い渋ったケースの最高裁判断です。
『火災保険契約は,火災によって被保険者の被る損害が甚大なものとなり,時に生活の基盤すら失わ
れることがあるため,速やかに損害がてん補される必要があることから締結されるものである。
さらに,一般に,火災によって保険の目的とされた財産を失った被保険者が火災の原因を証明するこ
とは困難でもある。』
として、保険金支払を拒否する損保に、免責理由の立証責任を負わせた。

火災保険で、損保を選んだのは被害者です。
しかし、自動車保険では加害者です。
示談代行制度のもとで、加害者=損保として、保険会社が加害者の賠償金を値切る交渉に乗り出して
保険金支払を押さえるのです。つまり、加害者は、火災保険の契約者の立場を免れて、被害者に払い
しぶられる立場を押しつけて、知らないうちに加害した責任さえ減額されるのです。


47 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 10:17:49 ID:2Bm1BJUr
『時に生活の基盤すら失われることがあるため,
速やかに損害がてん補される必要がある。』
にもかかわらず、交通事故の被害者は、
自分が選んだわけでない加害者の選んだ損保によって、
最高裁が指摘するよりも過酷な2次被害を受けているのです。
だから、示談代行続けるなら、火災保険同様立証責任は転換されるべき
と、最高裁判例を引用して意見を述べておいた。
憲法の人権の規定に照らして判断しろとね。

加害者被害者に賠償する義務を負ったもの
この加害者が選んだ損保が、被害者に払い渋って物言うことがおかしいのさ。
加害者が正当な権利を主張するのではなく、被害者が正当な権利を確保できる仕組みが必要。
加害者の正当な権利を主張が、正当な範囲を超えて「賠償義務がない(債務不存在)」に至ることは、
憲法違反の権利の濫用だ。

自分が選んだ損保に払い渋りにあっても駄目なら、加害者側損保=加害者とならない。
だから、加害者の示談代行は違法だと考える。

48 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 11:12:31 ID:2Bm1BJUr
通常、債務不存在確認の訴訟は、1000万円の金の貸し借りの請求のような場合は
1000万円貸したから返せに対して、債務不存在確認の訴えを起こしたら、
契約締結があったことは、請求している側が証明する。

しかし、交通事故の場合は、事故があったことは事故届け出証明されている。
そして、ケガの治療が続いている。
加害した者が、被害者のケガからの回復に責任があることは、法が定めている。
それなのに、治療が続いているうちに債務不存在確認の訴訟を加害者側損保が起こしているのである。
「事故をおこしたけども、ケガはさせて無い治療費は0円だ。」
なら、事故と治療を受けているケガに因果関係がないことは、加害者の証明責任だ。
法が命じている義務の不存在を主張するなら、義務を免れる利益得る側がする。
これが、人権感覚にあった要件事実だ。

こんな感覚で裁判してるから、建物外壁の壊れたのは、新築当初からあった。
施工ミスのせいだから、事故と関係ないと、事実の裏付けも無しに都合のよい
仮定の話・計算で主張できるのさ。

だけど、建築確認・完了検査がとおり、新築当初になかったことは証明されているのですよ。
何考えているんですか、弁護士さんは。

49 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 13:35:53 ID:A3pu+MBx
>>45-48
おっしゃる通り。
この要件事実論の濫用というべき状況を作り、重大な人権侵害をほうっておいた
今の司法の状況は非常におかしいです。
正されなくてはなりません。
そちらの公判がその状況を変えるものになることを期待します。

50 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 14:23:09 ID:2Bm1BJUr
>>49
ありがとう。

51 :無責任な名無しさん:2005/06/04(土) 16:08:52 ID:b2UDfopt
祝、新スレ。
人権板にて開設。

☆☆損保の交通事故被害者への人権侵害を考える☆☆
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/rights/1117868805/

52 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 00:16:36 ID:vENNapNe
交通事故の債務不存在確認訴訟って原告は誰になるんだ?
実態は損保だろうけど、賠償責任は加害者だからやはり加害者か?
じゃ、加害者が「やる!」と言わなきゃそもそも債務不存在訴訟なんて起こせないわけだ。
でも、結構起きているという事は、加害者は事故の加害責任を軽く考えていると言うことか?

53 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 08:30:59 ID:I7XI0IQ5
ちがう、損保は最初に訴訟委任状を15分ほどの説明で、簡単にとって、
「後はこちで何とかしますので、まかせてくれ、」みたいです。
この後は、何時、何をするか、期日はいつか、相手がなに言ったかも知らされない。
訴訟のときでも、加害者は何があったかまったく知らされない。

私は、1審で余りに不自然で加害者に電話したら、「委任状交付の際に、弁護士と15分話しただけ」だそうです。
これ、録音取ってたので証拠として提出し、弁護士法とのからみで追及したら、追求をとめられた。

54 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 08:39:22 ID:I7XI0IQ5
さらに、Y本のところを見てみろ、加害者が望まずにいたにもかかわらず、
損保の意思で裁判が始まる。弁護士5人もついて。
委任状の加害者の住所間違えて、追及されて公正証書で作り直させられている。

控訴は、債務不存在だったんで、原審のことも有ったし、
「本当に加害者の依頼で、債務不存在を主張したのか、前例がある公正証書で出させろ。
加害者は、外壁を壊したことを知っている。詐欺罪の証拠になる。出させろ。」と釈明を求めたが
無視された。



55 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 08:40:21 ID:nd3YoU2b
以前に、事故後に死亡した加害者の委任状を出して1年間訴訟をしていた損保弁護士が居た。
被告本人の証人請求段階で分かったが、「あー、社員が持ってきたので・・」と、
その弁護士はなんの問題もないという顔つきだった。

もち、法廷にはお目付役の損保社員がツネに付き添い、アーダコーダと指導していた。
ウン、責任論が主題だったので、双方死亡で結局本人尋問無し。
で、死人に口なしの刑事記録のみに基づく原告敗訴の判決。

56 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 08:59:02 ID:I7XI0IQ5
控訴審最終期日に、仮定の話と計算で、「新築当初からの施工ミスで外壁は壊れていた。一切事故とは関係ない。」
と、損保が住宅性能評価員資格者に書かせた証拠を提出した。
これについて、期日で
「この提出証拠は、作成を加害者の意思で依頼して、加害者が外壁は施行ミスで最初からこわれていたと主張する意
思と考えてよいのですね。答えてください。裁判所は、答えを調書に記載してください」と、質問をぶつけた。
代理人は、
「答える必要がない」
当方は
「後の追及もある。大事なことだ。答えろ」と繰り返し追求するも下を向いたまま答えない。
裁判長が
「代理人は、包括的に処理を任されていますから」と、とりなして終了した。

なら、代理人は、損保の意思で損保から依頼を受けて、依頼者が業者から名誉毀損で追及され
る行為を為したということか?1円でも賠償認定されたら、1審からの提出証拠と合わせたら、
訴訟詐欺で加害者告発も出来るが、責任はどこにあるのか。

裁判所も弁護士もこの点追求されると必死に隠す。

57 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 09:20:29 ID:I7XI0IQ5
「最終的に具体的金額が確定できればよい。保険会社に具体的金額の判断を委ねることでもかまわない。」
これは、第1審の加害者側、最終準備書面(第2準備書面)に記載された、加害者と全く連絡取らずに損保の意思で
訴訟を為している事に対する主張である。

この様な考えで、損保及び損保顧問弁護士は、加害者の訴訟を行なっている。
これが、包括的に処理を任されていると、控訴審裁判長が説明したことの実体である。
これは、某損保本社の見解である。

加害者の意思の全く反映されない債務不存在の主張。
これが、加害者と被害者の間に戦われる債務不存在確認の訴訟の実体である。
日弁連のホームページの記載と合わせて考えれば、法律家ぐるみの人権審侵害であると考える。


58 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 09:39:38 ID:orb8hg91
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........       .......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l   
          |::|    イ o ヽ     イ o メ    |::::::|     
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ    
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ


答えろ! 答えろ! さっさと答え〜ろ〜! しばくど!

こうやって裁判で言えばいいんでない?
おまえさんのやってるのは、このおばちゃんのレベルと何らかわりない。


59 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 10:40:11 ID:eg+YZTql
>>53-57
加害者は訴訟委任状を発行しているわけか。
損保側のかなり簡単な説明で訴訟委任状を発行して、その後の経過の
フォローもないようだが、一応訴訟する意思は示している。
>>52の言うとおりじゃん。

60 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 11:07:10 ID:I7XI0IQ5
>>59
>加害者は事故の加害責任を軽く考えていると言うことか

制度として、助長していると言うことだ

61 :にせべんごし@:2005/06/05(日) 14:05:05 ID:PObV7vCh
>>27,28
この辺にすげー違和感を感じたわ。
特に「このような、意味の通らない理屈考える前に、
法律家らしく、憲法と人権を考えてものを言え」
ほんとに司法書士ならもう少し考えたほうがいい。
加藤新太郎も困ったろうな。

62 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 14:40:48 ID:GgijnnIO
>>60
現状の制度は加害者に自分の責任を感じさせる機会を奪うひどいものだが、
債務不存在訴訟の原告はあくまで加害者であり加害者が了解しなきゃ
起こせない。
制度うんぬん以前に加害者に問題があることは間違いない。

63 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 14:58:21 ID:QxZq1JtK
>>61
どう違和感を感じたのか説明してください。
交通事故被害者である私からはもっともな主張だと思いましたが。

64 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 15:51:18 ID:I7XI0IQ5
>>61
別に困っていなかったがね。 単純に、訴訟の流れをお話しして、意見をお伺いしただけですから。 そりゃ、違和感感じて当たり前だろうな。損保頭ではね。理にかなってないから、理にかなってないと言っただけだ。

過失事故で人を傷つけた、人の物を壊した。
警察にも事故届けが出ており、
治療も続いている。

しかし、払いたくないから債務不存在確認の訴えを起こす。
被害者が、苦痛にうめいていて、裁判どころでないのに
加害者が、賠償欲しけりゃお前ら立証しろ、立証義務は被害者の側だ。

バカ言うなよな。これを盗人猛々しいという。


65 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 15:51:54 ID:I7XI0IQ5
しかも、
>原告はあくまで加害者であり加害者が了解しなきゃ起こせない。
ごまかすなよな。
お前ら、いざ都合が悪くなれば、加害者の陰に隠れる。
これで、長年誤魔化してきた。
もともと、加害者は賠償額が増えようが、0円であろうが保険金で補填されるから
関係がない。0円の主張で儲かるのは、損保だ。損保が仕切っている。

お前らのセールストークは、「お任せコース、次の日から仕事に行ける便利な保険。」
加害者でなく、損保がしむけている。

約款には、損保に協力しなければ、保険金を支払わないと随所に書いてある。
従わなければ、「勝手にどうぞ損保は金払わない」では、加害者も従わざるを得ない。
加害者の性にするな。
自動車事故訴訟における債務不存在確認訴訟の多さは、原因が損保の払い渋りにあることを証明している。


66 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 16:04:43 ID:I7XI0IQ5
高裁でも宣言しておいたが、私は、司法書士である前に被害者として主張している。
弁護士や法律家が取り上げず隠していることを、被害者として被害者が法的主張として表現できない部分を
主張している。既存の要件事実論の範疇で議論しているわけでない。
人権侵害をしてきた側が、どう思おうがかまわないよ。
司法書士相手に払い渋って、人権侵害の仕組みに気づかせたらこうなるものなのさ。
弁護士の木村先生が、座談会で言っていましたよ。サラ金の人権侵害性に気づいたら、引き下がれなくてここまできたとね。
私は、この話がすっと心に落ちましたよ。法律職には、そう言う性もあるんですよ。

67 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 16:32:13 ID:/DmG8bwN
>>65
債務不存在訴訟を起こされそう、もしくは起こされたら、
被害者は加害者に連絡を取って現状と事実関係を伝えて訴えの取下げを
してもらえばいいように思うが。
全体像が見えれば普通の人は損保のやってることがおかしいことは
よくわかると思う。

68 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 20:13:13 ID:I7XI0IQ5
それより、効果的なのは、損保の判断で為したことについて。刑事責任を問うことだろうね。
高裁で、刑事告訴の動かぬ証拠を取るつもりで、詰めたら代理人にが黙っているので、
替わって裁判長がかばって終了となった。
でもね。代理人の裁量で加害者の意思に基づかずに、加害者の刑事責任が生じる可能性が
出たら問題ですね。しかも、控訴審でも損保が全て証拠をつくて、事故と関係のない施工業者の
新築当初からの施工ミスで、もとから外壁がずれていたから事故とは関係ないから、債務不存在だってね。
根拠のない仮定の話で断定するのだから凄い。

代理人の報酬は、約款で損保から払われる。新築当初から建物が壊れていたとの仮定の話で計算しての名誉既存文書は、損保が作った証拠あり、
裁判所での代理行為は、加害者として為した。当然、加害者に責任は及ぶ。
この場合、代理人弁護士にはどんな責任が生じるでしょうか??
刑事上・民事上・・・・
なぞなぞでした。

69 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 22:51:50 ID:RxLRjQVD
>>68
そこまでおおごとにしたくないから火種のうちに押さえたいんだが。
はっきり言って一般人には損保や弁護士が共謀して組織的にかかってこられたら
まず、訴訟で勝ち様がない。
それも、裁判官が問題を隠したがっているでしょ。
あなたのようにはいかないな。

70 :無責任な名無しさん:2005/06/05(日) 23:26:21 ID:28lu92HI
裁判官だって、いずれ弁護士になって保険案件取り扱うんでしょ?

被告側・原告側どっちになるかしらないが、
勝っても負けても弁護士費用が支払われて、それで弁護士商売が成り立つ。

一般の人達は、その仕組みが全く分かってないんでしょうねw


71 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 07:55:00 ID:jCYGHftM
>>69
私も、大事にしたくないから、裁判所がキッチリ誤魔化さずに
憲法が示す基本的人権の規定に反しない判断を示せと主張している。
高裁だからこれくらいの判断はしてもらわないとね。
事実審最後だしね。

私の場合は、JR西のマンションと全く同じで、新築三年足らずで事故に巻き込まれた。
列車と車の違いがあるがね。

片方は事故調査委員会が出来て、調査が進んでいるが。
私の方は、当て逃げで出ね。加害者側損保は、加害車輌を全く見ず、
加害車輌の写真も撮らずにいた。指摘されて撮りに行ったが、
被害者に渡していない。警察に送付嘱託してもらって、
やっとコピーで手に入った。
タイヤ後は、誤魔化して事実とちがえて、軽い事故をでっち上げる。
被害建物4カ所、加害車輌3カ所に衝突痕がある。
タイヤ痕が誤魔化されていなければ、複数回の衝突が明確なのに
一本消して、一本書き加えると、単数回の事故しかタイヤ痕からして
考えられないとなる。
タイヤ痕上から衝突は1回しかなかったと主張できるのである。
通常は、これで被害者の負けで済んだのだろう。
しかし、当て逃げでね。火災保険のJAの方が、損保と違って直ぐに連絡受けて
タイヤ痕は確認してくれていましてね。提訴後半年たって、これどうだと改竄した
タイヤ痕にもとづく解析書出したらね。偽造がばれて損保勝利の方程式が崩れた。

72 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:03:53 ID:jCYGHftM
私の事故は、当て逃げ事故なのである。
立証責任は、被害者の側にあるとしても
事故の解明が出来なければ、立証は不可能。
加害者側損保は、要求してもこの解明に協力せず
ただ、施工ミスと地震の可能性を主張して、事故前からなかった証拠写真があるのかと
脅し、納得がいかなければ裁判でもどうぞと脅したのである。
JRの置き石報道以上の対応であった。



73 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:12:45 ID:jCYGHftM
損保の対応の誤りは、通常被害者はろくな証拠を残していないため
タイヤ痕を偽造しても反証出せずにとおるのに、今回は事故現場で
仕事をしていたこともあって、充分すぎる証拠が被害者側にあったこと。

それゆえに、偽造がばれて7割判決となった。
どだい時速8kmの速度で、なぜ車がスピンする。バカか。

74 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:24:06 ID:jCYGHftM
損保は、こちらが判決言い渡し期日に出廷したことを利用して
加害者側への送達までのタイムラグの期間を利用して、加害者だけで控訴してきた。
債務不存在を主張してね。
その控訴理由は
「原判決に事実誤認の違法がある」である。

当方は、反論書を提出し
「被控訴人らは、違法は事実誤認自体にあるのではなく、事実誤認を生じさせた
第一審審理過程にあると主張する。事実誤認は、加害者側の事実を偽った証拠提出と、
これに基づく主張、訴訟指揮の不手際によって起こったと主張する。
よって、加害者側が違法と主張した以上は、この審理は必要不可欠である。
被控訴人らは、原審審理過程において、加害者側訴訟行為には、
訴訟詐欺的行為をおこない、誤判を生じさせた違法があると主張する。
従って、被控訴人らは、事実誤認判断の原因を解明することを、
控訴審裁判所に強く求める。」
として、附帯控訴により争う意思を明示した。


75 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:33:17 ID:jCYGHftM
そもそも、この控訴理由そのものがおかしいのである。
裁判長の行為に違法があるから、被害が出ているが賠償額は0円なら、
国に賠償してもらえと言うことである。加害者は、過失で人の物を壊して
裁判長の判断に違法があるから、1円も賠償しないとして控訴したのである。
裁判長の判断に違法があるなら、加害者が国を訴えればよいこと。
加害者が弾劾裁判をかければよいことである。

76 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:41:20 ID:jCYGHftM
私は、さらに反論書に書いた。

加害者側は、代理人の訴訟技法の問題と言い放ち証拠提出を遅らせ、何ら調査も為さず
タイヤ痕の誤りさえも気づかなかったか、故意に偽って迅速な審理を妨げていながら、
原審裁判長が其の責任を問わず、苦心の判決を書いたというのに、「原判決には、事実
誤認の違法がある。」と言える立場なのだろうか?被控訴人らは、損害が拡大し続けて
おり、00損保の主張で仮修理さえ出来ない状態が続いていたから、原判決の事実誤認
を指摘し裁判所の責任を追及する道より、自己負担が生じるのは納得できないが、自己
負担が生じても早期に修理をしようと考えたのである。平成16年は台風が多かった為に、
判決言い渡しのころには、既に3階西側子供部屋には、西壁面の目地の隙間からの雨漏れ
により、被害拡大症状が出ており、早期修理が急がれる為、自らは控訴しなかったので
ある。本当は違法があると言いたいのは、被控訴人の側である。


77 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 08:52:12 ID:jCYGHftM
私は、既に意思を控訴審裁判所に明示してある。
納得のいく判断が出なければ、加害者が裁判所の行為を違法と主張して
賠償額0円を主張したのだから、弾劾裁判と国家賠償をかけると。

被害者は、民法第709条により加害を受けた損害の賠償を受ける権利を
認められているのである。国の機関の違法で賠償0円なら当然そうなるの
である。

そして、訴訟詐欺の疑いを指摘し、刑事訴訟法上の公務員の告発義務を指摘し
裁判所も偽造証拠でだまされて判断を誤った被害者だから、加害者及び損保を
告発せよと求めた。

78 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 09:05:12 ID:jCYGHftM
加害者側の賠償の主張は、以下のとおりである。
ア、立証責任は被害者の側。加害者の賠償責任は、被害者が確実に事故が原因で
生じた損害と立証した、最小賠償単位の賠償に限る。
イ、外壁材修理に当たって、材料の再利用できるものは、可能な限り再利用して
修理することを主張する  (以上原審乙1号証より)

この主張で、故意にタイヤ痕を事実と違えて、都合のよい単数回の事故を主張し
事実を誤認させ有利な判決を勝ち取ったら、詐欺に当たらないのかその判断と
対応を求めているのである

79 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 09:10:39 ID:ncogOUv3
なんか頭てんぱっちゃてるな。ゴクロウサン。

80 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 09:13:26 ID:jCYGHftM
同じ新築3年足らずの事故で、
JRの事故と、私の交通事故では、全く異なる流れとなっている。
そして、JRは、買い取り価格での賠償の意向を住民らに示し

私は、控訴審最終期日に
加害者から、住宅性能評価員に仮定の計算をして書かせた
新築当初からあった施工ミスで、外壁のずれは生じており、外壁損害は事故とは関係無いと
主張され、壊れているが賠償しないと主張されている。

示談代行や弁護士選任サービスがなければ、こんな事態は生じていない。
裁判所も事実解明をもっとスムーズに出来たはずである。

81 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 09:39:49 ID:jCYGHftM
これを裁判所がどう判断したか、しなかったのか結果は、判決出たら報告しますよ。
そして、次の行動に移りますよ。

82 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 17:26:18 ID:jCYGHftM
だれか教えてくれませんか、控訴理由が判決違法
控訴理由書が、100日以上経った期日の5日前

素人の本人訴訟の当事者が、早期にルール守って書面を出しているのに
プロの代理人やとった側が、控訴提起から50日以内に理由書提出のルール守らない。

この控訴理由書には、原審裁判長の判断に対する不満が書き連ねられていた。
これで、被害を受けた者が賠償0円にならねばならないのですか?

何故賠償が0円なのか理由が不明確と釈明かけたら、
2回目期日の2日前に、事実の調査にもとづかない仮定の計算で、事故による揺れは2mm弱
だから、全て新築当初から壊れていた。事故と関係ない。と断言した。
これが、被害者に立証責任あると言うことですか。

加害車輌は、勝手に廃棄、証拠は遅れて出して、
「1審裁判長が、傍聴している業者の前で、今いまさら鑑定しても無駄、損保の施工ミスの主張に有利になるだけ」
と断言している。
私は、早期に証拠を出せと言ってきた。業者は、根拠が示されたら直ぐに訴訟参加するために
1審の間全ての期日傍聴席で聞いていた。
代理人の技法の問題、何時出すかは自由とうそぶき出さずに審理をさまたげたのは、損保・加害者。
おかしいけれどそう言うことですと、争う根拠を示させなかったのは、裁判長。

これで、被害者が判決違法で0円なら、国の責任・司法の責任をとうさ。
私どもは、施工業者らも含めて、争う機会さえ奪われたのだから。
これで、加害者の側が、新築当初からあった施工ミスで、外壁のずれは生じており、外壁損害は事故とは関係無いと
主張すれば、裁判所が、仮定の計算でも0円を認定するなら、認定すればよい。
だれが、その様な司法を信頼するか。

83 :無責任な名無しさん:2005/06/06(月) 17:31:07 ID:jCYGHftM
すくなくとも、衝突痕が明確な部分の支柱部位外壁は、1cm弱ずれている痕がある。
これも、新築当初からの施工ミスによるズレで最初からあったか。それが、正しいと通すならとおせ。
それなら、それで司法の責任の追及をはじめる。
加害者も指摘しているんだ、違法とね。

84 :にせべんごし@:2005/06/07(火) 03:10:23 ID:P9dZJ5PE
>>63
司法書士というのならば相当程度の理解力はあるはずなのに、
自らは意味の通らない独善的な理屈を並べ上げる一方で、
対立当事者の主張に対しては、その意味と理屈を理解しようともせずに
あたかも自己の意見に対立するすべてが憲法・人権の敵であるかのように主張している。
拠って立つ政治的な立場によって意味と軽重は異なるものの、
憲法・人権が尊重すべきことは疑いのないものであるからこそ、
それを安易かつ何らの脈絡なく自説の論拠にし、相手方攻撃の道具としていることに対して
ものすごく違和感とイヤラシサを感じる。

それから、事件に関わったわけでもない、
加藤新太郎やらクレサラの木村弁やらのある狭い世界での権威の名を持ち出して補強しようとする、
しかもそういった人物の事件についての見解を明らかにしているわけではない。
加藤新太郎がいわゆる要件事実の分野でどのような地位を占めているかも知らずに。
そういう一種の権威主義的なご都合主義に違和感を感じるわけさ。

85 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 07:21:28 ID:JvEazy9A
>>84
私は、司法書士であるまえに、交通事故被害者であり、損保の払い渋りにあった当事者である。
敵の主張に、おれなければならない理由はない。
裁判所に提出した主張は、もっときついことを主張している。
既に、被害者仲間には、その裁判所提出の意見書等の中身は、知らせてある。
共感するものは多い。民事裁判は公開が原則、集団訴訟だってあるんだ。
お前ら敵が違和感を感じようがかまわない。

私は、顧客の依頼を受けて訴訟している司法書士ではない。
そんなことも分からないのか。

憲法・人権は、人権侵害を受けた者が拠所とするもの。
憲法・人権を持ち出されて嫌らしさを感じるのは、
憲法・人権を軽んじている輩だからだろうかね。
堂々と反論すればよいだけのこと。

こんな主張だけでおたおたするなよな。
いずれ、訴訟に提出した証拠、準備書面、意見書は、結果と共に
公開される。もっときつい主張が書かれているからな。


86 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 07:48:06 ID:Td9FXjg0
>>84
これだけのことを損保や事故処理の司法システムにされているんだ。
憲法と人権を持ち出すのは当たり前と思うが。
一般人の私としてはあまりにもひどい矛盾を被害者に押し付けている現状が
ものすごくおかしいと感じますが。
法律論抜きであなたはどう感じているのですか?

87 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 09:10:05 ID:JvEazy9A
>>84
加藤新太郎氏の話は、司法書士の地区ブロック研修会での話しだ。
どの様な地位を占めているか、紹介は聞いているが?

研修会に参加した司法書士はみんな聞いているよ。
本人訴訟相手に、証拠も示さず不知否認を繰り返す、事例について
他の司法書士が質問したので、関連して質問した。
そして、答えられた。それだけさ。


88 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 09:20:54 ID:JvEazy9A
>>84
木村先生の話は、ある座談会で木村先生が、クレサラ運動に取り組まれた
体験を、最初のきっかけから振り返って話しをされた。
そして、法に携わるものとして、許せない人権侵害を発見してしまって、
目をつむれなくなって、これまで来たことを話しされた。

私は、その話を聞いていて、私の現状に重ね合わせて聞いていた。
そして、先生の気持ちがすっと心に落ちた。その事を言ったっだけだ。

法律に携わるものには、職業を金儲けと考えるものと
許せない人権侵害と考えたら、引き下がらないものと
2種類あるんですよ。
それだけの話しをしただけだ。

89 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 09:30:43 ID:JvEazy9A
>>84
訴訟において、誤った仕組み、手法によって、判断が為され人権が侵害されるなら
これを正す論拠は、憲法の人権の規定である。
憲法には、国民の不断の努力によって、国民が人権の規定を守る義務を定めてる。
人権を侵害されてる被害者には、憲法が国民生かしている、その使命がある。
君は、憲法否定論者なのかね。

90 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 09:32:42 ID:JvEazy9A
>>89 訂正
『憲法が国民生かしている』
正→に

91 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 09:55:50 ID:JvEazy9A
さらに、付け加えておく。
私の控訴審では、加害者側は、控訴理由書以外なんの主張も反論も出していない。
「附帯控訴棄却を求める」と主張したが、裁判長から、「だめです」といわれ
却下出来ませんか、「だめです」と言われている。

損保本社が乗り出していて、なぜ訴訟で堂々と反論できなかったのですかね。
代理人は、上記の発言以外、2回の期日に一つも主張もせずに黙っていた。
これで、また判断避けてもらうつもりでいるのだろうね。

92 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 12:49:50 ID:2P/hGhlO
>>91
HPでの状況や考えの公開を検討してください。
もし今回の裁判でも人権を無視もしくは判断を避けた判決だった場合、
政治運動にすることも考えたほうがいいかもしれません。

93 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 13:04:47 ID:JvEazy9A
>>92
それも、考えている。
じつは、損保が当初からの欠陥建物を建てたと主張した施工業者の一人は
国会議員の親族らしいのです。全ての1審の訴訟過程を傍聴して知っています。
裁判所が、判断をまた避ければ、相談してみたいと思っています。

94 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 13:11:57 ID:2P/hGhlO
>>93
政治家に相談するのもいいですが、自分と同じ考えの持ち主を集める
ことも必要です。
一人でできることは限られますし、ましてや政治運動にしようとするなら
人はたくさんいる必要があります。

95 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 13:19:29 ID:JvEazy9A
なんの明確な根拠もなくて、交通事故を起こしたものが
事故と関係のない施工業者のせいにして、賠償がないと主張できることが異常ですよ。
建築確認も完了検査も通っていて、どうして、当初からの施工ミスで、外壁に隙間が空
いていたと主張できるのか理解できない。

しかも、隙間の空き方は激しく横れして、開いた痕が4面に生じているのだが、
どうして、施工ミスだけで建物が激しく横に揺れるのか理解できない。
そりゃ、仮定の話で、事故ではほとんど揺れなかったと計算すれば、事故のせ
いでないとの理屈はつけられるが、こんなこと許されるのか。

では、施工ミスだけで、新築建物がどうして横揺れを起こすんだい。
こんな、事故とは関係のないものを巻き込むような業務が、保険業法で許可を受
けた者がやって良いのか?それでも、一切人権侵害していないのか?

96 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 13:21:38 ID:JvEazy9A
>>94
ありがとう。そうだと思う。



97 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 14:21:03 ID:i2bAYxec
>>5
>そして、損保からの治療費の仮払いストップについては、
>地位保全の仮処分等の方法もあるのではないだろうか?
>不当解雇等における訴訟などによく使われるやつ。
>これが使えないだろうか?
この辺どうでしょうか?

98 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 14:29:50 ID:JvEazy9A
ただ、この場合に損保と加害者の契約内容の問題が、一つのネックとなる可能性があります。
自賠の範囲を超えたら、加害者が被害者に払う治療費・休損の仮払いの特約つけている契約が
存在しないとね。



99 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 14:34:23 ID:JvEazy9A
加害者に対しては出来ると思うが、損保は出さないと思う。

100 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 15:10:13 ID:J25n+ozo

http://ryocohime.hp.infoseek.co.jp/

の北海道関連のHPは今どちら?


101 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 15:19:28 ID:JvEazy9A

http://www.y-moto.net/

102 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 18:37:48 ID:JvEazy9A
私が今控訴審で、審理を求めていることは、示談代行の是非ではありません。
最高裁の新判例を受けての、立証責任の分配の見直しです。
これがなければ、立証責任は、被害者の側、何も調べなくても
事故以外の可能性を主張すれば勝てるとの対応に、
被害者は何時までも苦しめられる。

示談代行が必要悪なら、司法が被害者の人権に配慮した
見直しをかけるべきである。

103 :無責任な名無しさん:2005/06/07(火) 20:09:39 ID:7d5MkX6+
加害者の代理人が選定された後で、被害者が加害者と直接話をすることが
可能でしょうか?

104 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 07:57:01 ID:yAl70QeW
加害者自身が拒否しなければ出来る。
でも、直接交渉しないように釘を刺されている。全て、保険会社に任せてありますと
言うよう指示されている。

でも、代理人は、示談交渉では、「本人と直接話す。代理人を立てての話し合いは認めない。」
と、通告された終わりですよ。
ただ、この場合、弁護士さんは裁判に持ち込むでしょうが。

ただね、長期戦になるとね。抜き打ち的に連絡入れると
本音が聞けますよ。訴訟後半年経った頃には、ボロボロ話してくれた。

代理人は代理、私は、訴訟においてどうしても加害者の意見で、
訴訟が行なわれているとは思えなかったので、
事情を知らされているのか確かめたところ、
委任状交付の時の接触以外、なんの連絡もないことが分かった。
裁判が何時始まったかも知らされず、半年間、何の連絡も無し。
これ録音取って反訳して証拠としてだしたのさ。



105 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 07:57:43 ID:yAl70QeW
相手が、何を言ってきたかも伝えない。期日も知らない。
委任状さえあれば、最終的に金額が確定できればよい。
損保・弁護士・加害者の信頼関係の上でやっていること。

これが、裁判所・弁護士・損保がやっていること。
少なくとも私の訴訟では、そうであった。
そして、なんの根拠らしい根拠もなしに、施工業者の施工ミスの
可能性を並び立てる訴訟が開始し、半年以上経って出された証拠は
タイヤ痕が間違っていた。1本は故意に書き加えられており、私は
偽造と思っている。
加害者の知らないところで、加害者が頼みもしないのに、信頼関係
の上でやっていることとして、損保と顧問弁護士の間で、第3者を
陥れる目的での訴訟が行なわれたのである。
そして、控訴審では、仮定計算で軽い揺れをはじき、
だから、当初からの施工ミスで外壁がずれたもので、事故とは関係
ないと断定した。
これが、合法と言えるところが凄いところ。普通、こんなのは代理と言いません。
代理人が、自分の利益謀ったら、通常は特別背任ですよ。
私が体験した範囲では、損保が、自分の利益だけを考えて値切る行為は、これに近いのでは。
損保・弁護士・加害者の信頼関係の上でやっていることの内容が、異常すぎる。


106 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 08:08:41 ID:yAl70QeW
だから、裁判所に刑事訴訟法の規定を指摘して、公務員の告発義務を指摘したのさ。
犯罪ありと判断して、行使したら、加害者が犯罪者になることを分かってもらうためにね。
私は、当て逃げ事故であったが、加害者が若かったので、事件にしないよう計らっている。
しかし、その後の示談交渉以降の損保の取った行為は、加害者を犯罪者にさえしかねない
交渉であり、訴訟であった。このことを理解して判断してもらわなければならないから、
公務員の告発義務を指摘したのだ。


107 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 08:22:42 ID:yAl70QeW
皆さん分かりますか、写真にハッキリ写っていなくて間違えたは、過失でおこる。
しかし無いものを作ること加えることは、故意がなければ出来ないのです。

108 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 19:05:36 ID:dpiAn9/M
私は,ふと,考えた。
原告の債務不存在確認訴訟の訴状に対する答弁として,

被告が原告に対し,債権を有する旨主張していることは認め,その余は争う。

被告が,本件交通事故で被った損害額は,後記記載のとおり,
合計1.000.000.000.000.000.000円である。

とすると,

原告は,膨大な貼用印紙の補正を命じられ,
これを負担できないため,訴えを取下げるかも。

109 :無責任な名無しさん:2005/06/08(水) 22:28:06 ID:IFIPQ6F+
>>106
原告は建前でもその加害者でしょう。
その加害者が訴訟を取り下げると言えば取り下げられるはず。
それをしない加害者に手心を加える必要などないのでは?

110 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 05:36:13 ID:o4aWR0om
>>109
ただね。損保のために刑事告訴ではね。
その前に、控訴審裁判所がそれなりの判断下してくれればいいんだがね。
それに、この問題は複雑で、検察がやはり避けるかも知れないしね。
これやるとしたら、国賠等の手段も必ず必要となるんですよ。

ようは、国ぐるみのシカト事件のようですからね。

111 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 07:07:08 ID:DJ4jY/TW
>>110
>>109の回答になってないようですけど。
なぜに訴訟取り下げを行わない加害者を擁護しているのですか?

112 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 07:42:01 ID:o4aWR0om
>加害者を擁護している。
それは、ちがう。
当方の釈明を取り上げなかったか、応じなかった弁護士か裁判所
訴訟取り下げは、結局代理人がついた場合は、訴訟代理人が出すのですよ。
裁判所・弁護士が、損保の意向だけで代理人が裁判しても、
「代理人の包括授権の範囲
損保・弁護士・加害者の信頼関係の上で行なわれていること
最終的に金額が確定できればよい」を認めている間は、
無駄なこと。

無駄なことはしない。結果を見て、民事・刑事・その他の追求を考える。
加害者に酷であろうが、やるときが来たらやる。

ある程度適正に判断することを避けずに判断していればやめる。
まだ、司法の見解がハッキリしない内から事は起こさない。
加害者はおそらく何も知らないのだから、今、追求する必要は無いと考えている。
ある意味で、損保は加害者の権利も侵害しているのだから。
一番悪いのは、裏で訴訟を操り利益を得ようとしている者。

113 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 08:04:56 ID:o4aWR0om
つまり、お前らの行為が合法かどうかは
加害者と法律的立場が同一なのは、損保なのか被害者なのか、この1点にかかているのさ。
第1審では、事細かに主張しているので、弁護士法第72条の判断に踏み込むとね。
弁護士の側が、他の業種に対してつけてきたクレーム全てを否定せざるを得なくなってくる状態だったのさ。

それが、分かっていたから、原審裁判長は、損保側の主張が全くないのに
援用のない証拠部分を自ら援用して、訴えの利益がないことにして判断を避けたのさ。
そして、私見という形で述べて、私にこれ以上追求するなといったのさ。

それを、どこかの損保が分からずに、判決違法、債務不存在を主張して控訴して
裁判所の配慮をぶちこわしたのさ。

114 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 08:08:54 ID:o4aWR0om
>>133
すれ違い。すみません。

115 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 20:22:45 ID:6O0O4Puz
>>112
> 加害者はおそらく何も知らないのだから、今、追求する必要は無いと考えている。
少なくとも自分を原告として債務不存在確認訴訟を起こしていることは知っている。
である以上は、敵と考えるべきと思うが。

一般の被害者はこんな訴訟が起こされる前に加害者と会話して
債務不存在確認訴訟をOKしない用にいっておいたほうがいいかと思うけど
どうかな?

116 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 20:38:15 ID:o4aWR0om
それは、そうだが、
最後は言うこと聞かないなら、損保は手を引くからと、言うらしいよ。
脅しだがね。

117 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 20:42:52 ID:6O0O4Puz
>>116
> 最後は言うこと聞かないなら、損保は手を引くからと、言うらしいよ。
> 脅しだがね。
法的に正統性のない話は脅迫罪に該当するのではありませんか?

118 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 22:16:37 ID:DHB129hG
債務不存在確認訴訟

これをすると良識に反する諸刃の剣

素人にはお勧めできない

119 :無責任な名無しさん:2005/06/09(木) 22:53:00 ID:6O0O4Puz
>>118
誰に向かって言っているのですか?

120 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 05:11:34 ID:T5Cl2yZJ
債務不存在の被告にされてるが、(めくらましの裁判)裁判官、保険会社弁護士は、つるんでる。って。
公判に、損保弁護士30分も遅刻。  1言の謝罪もなく着席。
それでも、裁判官は、弁護士には、寛容。   1般社会で 30分も待たせてこんなことありえない。
俺がそれしたら絶対許されないだろうな ァ・・・素朴な感想






121 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 06:33:46 ID:VSg/tKhn
>>120
よかったらそこまでに至る経緯や状況を書き込んでください。

122 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 10:03:01 ID:b0cFpt6x
>>120
私も1審では、それを感じた。
控訴審では、判断が出ていないので・・・・・・。

ただ、加害者が控訴して、控訴状の送達は控訴提起から60数日後、
現在、控訴は1審裁判所に提起するから、高裁へ書類が届くのに1月程度かかるのは、
分かるが異常です。

控訴提起から50日以上たっても、うんともすんともないから、
確かめてみると、加害者代理人2名のうち異名がわざと判を押さずに、
控訴状を出していた。

書記官が、「補正に来ないんで送達できないんです」って言って見せてくれた。
加害者側には、ボス弁といそ弁の2人が代理人についている。
押してなかったのは、いそ弁。

この事務所から高裁までは数分で、しょっちゅう裁判所に来ている弁護士が補正しないことも
おかしいし、書記官が押させようとしたらすぐ出来るはずなのに、どうしてしかったのでしょうか?

しかも、控訴理由は 事実誤認・判決違法と僅か3行意味不明。
控訴理由書は100日越えて期日の5日前です。

民事訴訟法第2条には、裁判所の公正で迅速な裁判主宰の使命がうたわれており、
弁護士は、これに協力する為に国から資格をもらっているはずなのですが??

控訴理由書の提出のおくれで、1期日余分となった。
弁護士増員しても、これでは公正で迅速な裁判も、国民に開かれた司法も実現しません。
司法制度改革は、正しい方向に進んでいるのかね。

123 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 11:18:00 ID:Mlu/1QN/
>>122
そんな状態じゃ、控訴自体が期限切れで無効だと思うのですが。

124 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 11:36:43 ID:clF48Qdv
ご質問すみません。
当方、人身傷害保険と無保険加入しておりましたが過失が0に近いと判断したと言われ
契約会社が、搭乗車しか使えないといいました。
知り合いからは、人身傷害使える事を告げられましたので
あわてて、その保険会社のサービスセンターにも確認した所やはり使えるみたいです。
これって保険屋さんしていい事なんですか?
使えるのに使えない?嘘の報告って・・・・・

125 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 12:08:24 ID:PJx3Lmp8
>>124
スレ違い。
こっちで聞け。
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1115999574/

126 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 14:58:10 ID:b0cFpt6x
私もそう思うが、無効とならなかった。
結審して判決出る。おもしろいだろう。

127 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:12:48 ID:b0cFpt6x
まっ、期日で加害者被害者双方が、書面を陳述した段階で、相手の同意無く取り下げできないから
判決出すのは、当然のことなんだけど。
だから、和解で終わりが損保にとっても裁判所にとっても、ふた出来てベターだったんだが
蹴ったの損保なんですよ。

面白い裁判でした。
判決違法ではじまり
控訴理由は、1審裁判長の判断への不満
答弁書では、裁判長の判断への不満は、被害者と加害者の主張は同じと
主張したので、違うと否定しておいた。
被害者側が問うているのは、裁判長の判断を誤らせた加害者側損保の責任だ。全く違うとね。

損保が出した証拠は、否認されて反論も釈明も無し。
最後の期日に、素人の私の妻がきれて、素人として感じた不満を述べた。
裁判長が、裁判所の立場を説明し、控訴理由書の提出おくれは、以上と言わざるを得ないと述べて
結審した。

128 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:15:42 ID:b0cFpt6x
127最後を訂正

以上と言わざるを得ないと→異常と言わざるを得ないと

でした。

129 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:31:48 ID:b0cFpt6x
判決違法の控訴受けて、控訴した側が、証拠らしい証拠も出さず
附帯控訴して、拡大損害の証拠を更に追加して、当方が主張して
判断しますと述べて、
一審裁判長が、賠償につての損保の主張が、デタラメとの心証を得て
請求額の7割判決書いているのに、
こんな不自然な訴訟進行で、損保がろくな証拠も主張も出来ずに
1審判決額が下がったら、国の違法認めて削ったようなもの。
ここまで不自然であれば、上告はもちろん国家賠償をも検討するつもりです。

130 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 15:37:42 ID:bzqkAhFo
>>126
裁判制度の欠陥だな。
法律を変えていくしかない。
マスコミに問題にしてもらった方がいいね。
まずはHPを作って注目を集めることだな。

131 :無責任な名無しさん:2005/06/11(土) 23:26:24 ID:Yk3WPCLe
運輸・交通板に新スレ出現。
世の中の仕組みがおかしい。
議論しよう。

交通事故処理行政の問題-警察・検察・裁判所・日弁連
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/traf/1118474996/

132 :無責任な名無しさん:2005/06/12(日) 17:17:30 ID:zNuis7iD
新スレ起動。
交通事故処理の最悪の事態に備えよう。

交通事故賠償裁判の訴訟技法★要件事実論★立証★嘘
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1118563230/

133 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 10:00:14 ID:5+jKogXt
新スレ  『損保をめぐる政治・司法3者の癒着』


http://www2.2ch.net/2ch.html

134 :無責任な名無しさん:2005/06/13(月) 12:36:35 ID:5+jKogXt
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1117517883/

具体的な議員名・政党名だれかが書き込んで、
スレ主脅しているよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例えば、民主党 〇〇院議員会長の〇〇〇〇氏は、弁護士だ。
当然、当該選挙区において、関与している企業・法人と関係している保険会社は、強力この上ない。
当然、これらに逆らえば、司法関係者と雖も厳しいことになるだろう。

他にもいるだろう?

ま。死んだ気になれば何でもできるけどね。
家族持ちには勧めないよ。

余命が限られていて、社会正義に燃えていて、この国の司法をこの上なく憎んでいて、
「どうせ死ぬんだし、怨み晴らして死ぬんだからまあいいか」みたいな人が、
金銭的問題を度外視して、徹底的にやるんだろうね。

さあ、期待してる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新スレ 損保をめぐる政治・司法3者の癒着
こちらです
 
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1118621789/l50


135 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 11:59:02 ID:PJZsH9sm
「これでいいのか自動車保険」として、
週刊朝日に、この問題の連載がされていたことがあった。

マスコミは、本当の弱者である一個人を守る報道を忘れないで欲しいね。

136 :無責任な名無しさん:2005/06/14(火) 21:50:52 ID:bz/WDJGR
>>135
柳原三佳さんのね。

かなり前だが、あれからあんまり変わってないな。

137 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 00:47:07 ID:tckN4GHg
マスコミに期待する者が、2ちゃんに書き込むことこそ、社会通念を逸脱している。

マスコミ自体、「柵」でガチガチ。

だからこそ、こういった匿名掲示板があるのと違うのかね?




138 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 09:03:09 ID:7BaKF0PJ
基地外の独り言スレは、こちらですか?

139 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 09:13:17 ID:7BaKF0PJ
要は、「本人訴訟でがんばっています」は自分の要求が満たされないことの理由付けに、「保険会社の示談交渉サービスが違法なためにそうなった」という自分勝手な解釈を持ち込んで、賠償額のアップを狙ったがために、理論破綻を起こしているということだね。

現時点の「本人訴訟でがんばっています」の相手は既に保険会社ではなく、加害者代理人の弁護士。だから既に違法性云々は既に過去の問題であり、現時点では純粋に賠償額の問題なのを、あーだこーだと屁理屈をつけて争っているわけだ。

んでもって何を言い出すかと思えば「板を立てたカテゴリが悪い」だの「俺に刃向かう奴は損保の社員」だの、本質とは関係のないところでワンワン吠えている。

俺から言わせりゃ、示談交渉サービスが違法だとしてなくなって、一番助かるのは損保の社員のはずだが。
弁護士依頼のための費用が増えた部分は、各社一斉にその分を保険料に上乗せすればよいだけ。保険とはそういうもの。

だいたい、保険会社の社員が示談交渉することと賠償額とは何の関係もないこと。それを違法だとして否定したところで、それが直接被害者に利益になることはないし、加害者の利益にもならない。

それが証拠に「本人訴訟でがんばっています」は、逆の立場での展開を意識的に避け、かつ都合の悪い質問には答えない(「頭の悪い奴には理解できない」などと、三流弁護士よりたちが悪い発言で誤魔化している)という、典型的な「ご都合主義」の展開をしている。

だから、無理があることは明らかなのだ。

まあ、引っ込みがつかなくなって、破綻するところまでやらざるを得なくなっているということかな。

可哀相だね。


140 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 09:56:43 ID:sPeboW1F
>>139
キッチリした基準があり定型的に示談を進められるならそのとおりだ。
現状はぜんぜん違うけど。
損保ハライシブリ、加害者交渉免責システムでしかない現状の示談代行サービス
は見直されなければならない。

141 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 14:41:20 ID:o/X5Gtf7
>>140
キッチリした基準作成不可能を、日弁連と損保で平成9年に確認した書面
以前どっかで公開されてましたよね。

142 :無責任な名無しさん:2005/06/15(水) 15:22:09 ID:rPcJr/nC
>>141
それじゃ今使われている全ての基準がおかしいということじゃないか。
よくそんな状態を放置しておくな。

143 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 17:33:52 ID:UxNohe6n
本人提訴でがんばってますっていいかげんなことばかり言ってるね。

>医者へ直接行くことが合法なんて言っていませんが。
>保険金直接請求権行使を被害者が承諾するなら、
>被害者と損保の直接交渉は、否定しないといっただけ。
>ただし、この場合に私は、最高裁新判例に沿って、
>立証責任は損保になるべきと考えているがね。

>>403
同判決では
 保険対象を火災によって失った被保険者が、保険対象の火災原因を証明することは困難でもあるので、
保険契約者の故意・重大な過失・法令違反による免責条項を主張するなら
保険契約者の故意・重大な過失・法令違反の立証責任は保険会社側にある
ことを示しているだけなのです。

 損害の立証責任全般が被請求側にあることを述べたものでもなく
同案件でも、 火災により消失した商品の時価の立証責任は
請求側にあるのです。


144 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 19:06:19 ID:EFJKw0/v
商法641条に定められている免責事由は、故意・重大な過失・法令違反だけではない。

この最高裁判決では、保険とは被害からの早期回復を図るために入るものであり、
保険会社が社会的使命を忘れて保険金払い渋りに走り、過剰な立証要求を保険金
請求権者に要求することは社会正義に反するとして、保険金支払いの免責自由に
ついて、立証責任を保険会社に負わせたのである。そしてその理由として、
過度の立証責任を被害者に負わせることは、「被る損害は甚大となり、時には生
活の基盤さえ失われることがある」という重大な人権侵害を生じさせることにな
りかねず、認められないと判示しているのである。

自分が選んで契約した保険会社に対して、自分の過失で損害を被った被害者と
損保の間の保険金支払について、ここまで踏み込んで判断している。

しかも、この判決理由で転換を図ったことについて、素人の1国民とと損保の
能力の不均衡に触れて判断している。この考えは、当然に交通事故賠償にも通づる。

加害者によって加害された被害者が、自ら選んだ損保でもない加害者側の損保に
事故の保険の支払対象外とありとあらゆる主張をされて、早期救済が受けられない
現状につき、憲法の人権規定と照らし合わせて、判断するなら転換されるべき。

145 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 19:32:13 ID:EFJKw0/v
>>143
お前は、字面だけ読んで、損保に都合の良いように読んでいるから、
判決の重さがわからないだけだ。

この判決の事例と、交通事故被害者への損保の対応の現状を、
対比してみればより鮮明なのさ。
ここでは、膨大量を書かねばならないので述べないがね。
高裁には、事細かに分析して私に対しての損保の対応と絡めて主張してある。
主張したが判断しないであれば、判断しなかった事実が残る。
判断を求めたが、判断しなかったと、判断を誰も求めなかったから判断されなかった
は違うのである。後で問われる責任の重さが違う。その足跡を残すために戦っている。

146 :無責任な名無しさん:2005/06/16(木) 20:09:30 ID:EFJKw0/v
>火災により消失した商品の時価の立証責任
それは、治療費の領収書等で充分である。

おまえらは、事故と違う原因での損害だから、損害保険の支払対象でないと払い渋っている部分が多い。
商品の時価の立証の前に、立証対象の商品でないと払い渋っている。
立証対象の商品であることを立証しろと払い渋っているようなもの。

素人と損保の能力格差は、交通事故の被害者と損保の間においても同様である。
人身事故の被害者は、体が動けない状態等により、より格差が開いているのが現状である。

人を加害した側の損保が、被害者に対して立証責任は全て、被害者の側とすることは、
最高裁の判断と対立するものであることは明らか。
加害者側損保の営利追求行為の犠牲で、「被る損害は甚大となり、時には生活の基盤さえ失われることがある」
を放置するなら、自らが選んだ火災保険について、自らの過失で生じた損害について、これがいけないとの判断は
成立しない。矛盾する。
交通事故被害者に対して、この様な差別的な扱いをするなら、司法の尊厳は保てないと考える。

おまえは、なぜ、最高裁が保険会社と被害者の能力格差の問題について触れていることを隠すのかな。

この能力格差の中で、素人に困難な立証責任を課して、保険金払い渋りを認めるなら、「被る損害は甚大となり、時には生活の基盤さえ失われることがある」という重大な人権侵害を生じ
る恐れについて触れていることを隠すのかな。



147 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 02:28:49 ID:S9h7jBXv
>>144-146
まったくもって同意。
「初めに支払拒絶ありき。」の今の損保のあり方は社会的責任を果たしていず、
反社会的といってもおかしくない。

148 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 13:47:17 ID:tat9lzWi
>>144-146
コピペに何向きになってんの?
オリジナルのところで反論してきたら

149 :無責任な名無しさん:2005/06/17(金) 20:55:02 ID:/Gxk90EB
損害賠償責任の立証は、請求者側が負担するんでないの?
損保が免責主張する相手は、契約者でしょ。
スレ主と、損保は、契約の免責でなくて
事故の賠償責任を争っているんでないの。

あと、スレ主の言い分だと、
被賠償請求者が、保険契約している場合と
そうでない場合で、損害賠償責任の立証負担の帰属が
かわることにならんか。

損保が払いしぶりをするのは許せないが
スレ主の言い分はおかしくないか。

150 :149:2005/06/17(金) 21:04:44 ID:/Gxk90EB
ただし、自賠責法に該当するものだけが、民法に反して
加害者側が、賠償責任の無いことを立証する負担があるんだったと思う。
人身事故扱いのものだったと思うけど。
知ってた?

151 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 06:19:20 ID:gOGTHPWX
>>150
自賠法第3条は、賠償責任につき故意過失を立証する責任を転換したもの
今ここで問題になっているのは、損保の払い渋り
事故以外の原因で損害が生じた可能性があるとして、
事故以外の可能性を否定する立証を素人に求めて払い渋っていいяケ保の体質
の是非を問題にしている。
自賠法第3条とは、別のもの



152 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 06:27:58 ID:gOGTHPWX
>>149
そもそも、
>損害賠償責任の立証は、請求者側が負担するんでないの?

>被賠償請求者が、保険契約している場合と
>そうでない場合で、損害賠償責任の立証負担の帰属が
>かわることにならんか。

加害者=損保が法的に同一だとの理論で、
損保に加害者の代理交渉を認めたのは日弁連と損保協会の合意
そして、加害者が払うのは賠償金、損保が被害者に直接払うのは保険金
この意味の区別もつかず、損保が払うのも賠償、だから立証責任は被害者と
弁護士も損保も扱ってきた。

法律家が、要件事実論の技法に走って、加害者=損保が法的に同一だとの理論のまやかしで、
金払うものの利益のために、人権を忘れて考えた結果、ものが見えなくなったのさ。

153 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 06:42:47 ID:gOGTHPWX
>>149
そもそも、自動車保険の契約者は、損保と加害者
つまり、損保は保険金を支払う債務者、加害者は保険金を受け取る債権者
損保は最高裁判例で行けば、双方上の免責理由の立証責任を負い、加害者は賠償責任を果たしたことを立証するだけ
これを、わから無くさせて、被害者に加重な責任を押しつけ、無過失で加害された者の人権を侵害してきた原因が
加害者=損保が法的に同一だとの理論だ。

154 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 06:52:24 ID:gOGTHPWX
加害者=損保が法的に同一との理論を認めると
法律上の立場の混同がおこり、保険金支払義務そのものが消滅する。

わかりやすく言うと、混同の意味は、ある不動産に担保をつけている債権者が、不動産を取得したら
担保提供者の地位と担保権者の地位が同一のものに帰属して、担保権は消滅する。
これと同様のことが起こらなければならない。従って、加害者=損保が法的に同一だとの理論は成立しない。

保険金支払債務が消滅せず、加害者に払うべき保険金を直接被害者に払う以上は、
加害者はいぜんとして、損保の債権者、被害者も直接請求権を行使した損保の債権者である。
法的立場が同一なのは、加害者=被害者である。
従って、損保の示談代行は非弁であると考える。



155 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:14:45 ID:gOGTHPWX
そこで話しは、

>被賠償請求者が、保険契約している場合と
>そうでない場合で、損害賠償責任の立証負担の帰属が
>かわることにならんか。

にもどす。

損保・弁護士の主張する、加害者=損保が法的に同一との理論を仮に認めると
加害者は、示談代行・弁護士選任サービスを利用することによって
損保と同一の立場、つまり保険金支払債務者の立場になると言うことである。
そして、被害者は、直接請求権の規定があるからと、強制的に本来の債権者である加害者の地位を押しつけられて
損保払い渋りの当事者にされるのである。

そして、損保は加害者の陰に隠れて、立証責任は賠償金請求交渉だから被害者にあるとね。
だけども、実質は損保の被害者との直接交渉による保険金支払額確定の交渉なのさ。
しかも、加害者=損保が法的に同一との理論は、混同の法理により成立しないのにね。
この様な人権侵害の理論が、法律家によって永らく続けられてきたことが問題なのである。
だから、私は間違いだと言い続ける。

そして、加害者の立場=損保であれば、当然に加害者被害者の訴訟において、加害者は損保の保険金支払の
免責理由の立証責任を負担すべきなのである。
損保が、加害者の立場を利用して、立証責任は被害者の側を主張することの逆も成立する。


156 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 07:24:40 ID:gOGTHPWX
さらに、この問題は民法第709条をめぐる立証責任の問題として、何が無視され忘れられてきたか
との視点で、論ずることも出来る。しかし、これは高裁判決の結果次第で、上告審で主張する予定なので
今は論じない。ここにも大きな問題が隠れている。

157 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 08:23:12 ID:gOGTHPWX
結論として、交通事故賠償訴訟において債務不存在確認の訴訟が乱発されることとなった原因は
本来、同一に帰するなら混同により債権債務関係が成り立たなくなる立場である
損保と加害者を同一と判断した事によって、加害した者の立場を利用して実質的に損保の債務0円という、
保険金債務混同消滅の利益を得るに等しい主張をする方法法を、法の専門家集団が損保に与えたことにあると考える。

債権者の立場の者と債務者の立場の者を、被害者への直接請求権を記載したとしても、同一視するなど
してはならないことだったのである。
法理論の破綻した論理で、弁護士法第72条を守ろうとした結果が、いまの被害者の苦悩を生み出したと考える。

158 :149:2005/06/18(土) 10:20:06 ID:lDz2L+Tq
>>152
立証責任の帰属が変わってもいいというのか、
それともそうでないのか

あんた、わけのわからんこと長いけど、
主張をまず簡潔に明記してみて。

159 :149:2005/06/18(土) 10:32:33 ID:lDz2L+Tq
>>153
加害者=損保でなくて
支払の流れは
損保>>加害者>>被害者だろ。
直接請求権は、損保が加害者に支払うべきものを
被害者は損保に直接請求できるってこと。

損保が払うのは、保険金だが
被害者が受け取るのは賠償金だ
この意味わかってないだろ。
裁判所でもお前さんのアーパーなお話に
うんざりしているんだろさ。
同一理論って何だ?
お前さんが、
被害者が損保に直接請求できるから、
被害者が、被保険者の地位を得ているって妄想してるだけでないの?



160 :149:2005/06/18(土) 10:38:55 ID:lDz2L+Tq
>>155
>そして、被害者は、直接請求権の規定があるからと、強制的に本来の債権者である加害者の地位を押しつけられて
>損保払い渋りの当事者にされるのである。
お前さんは相手が、保険に入ってなかったら、
賠償責任を立証しなくちゃならんかったんだろ。
相手が無保険の場合とで、お前への立証責任の帰属が
変わることについてまず見解を述べてみろ。
理由はそのあとにしろ。

161 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:03:02 ID:gOGTHPWX
>>160
賠償責任を発生の立証と、賠償額の立証は違う。
加害者=損保が同一との訳のわからん理論で、素人を誤魔化してきたのは損保の側。
保険金支払をめぐって、債権者と債務者が同一と判断したことが誤り。
債権者と債務者が同一に帰すると判断することは、法的には債権債務関係消滅を意味する。
こんな誤った理論を展開するから、債務不存在などと損保が加害者の立場を利用して主張することの誤りに気づかない。
素人のお前らが訳わからなくなる。

見解は、最高裁に対して述べる。お前に語る必要はない。

162 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:07:14 ID:foyG5umL
 そのレベルでの論議の結論としては
・司法の場で違法とも合法とも判断されたことがない。
となってしまうのです。

 示談代行制度が違法であることの論議をされたいのならば、ご自身が、この問題に対して何がどう違法であるかを示されれば
少しは実のある議論になるかと思われます。

 これに対する あなたの回答が
>少なくとも私に対する示談代行は、適正さを欠き被害拡大が生じている。
>それゆえに、この様な不適正な行為を生じさせる示談代行制度は、違法であると考える
ならば、ご意見は もう腹いっぱいお聞きした。裁判で勝訴することお祈りするとなってしまうのです。



203 名前:無責任な名無しさん 投稿日:2005/06/06(月) 12:19:23 ID:jCYGHftM
>>200
訴えの利益がないと判断したことが、民事訴訟の原則にあっていればね。
「一切答弁も反論も認否もしない。」と主張して、損保側から主張が出ていないのに、
具体的主張は出ていない部分を、裁判所が主張して、訴えの利益がないとする判断をするための証拠の援用も
裁判長が行ない、訴えの利益がないと棄却した面白い判断ですよ。

口頭弁論主義の原則は、事故の裁判で通用しないらしい。
お後が控えていますので。


204 名前:無責任な名無しさん 投稿日:2005/06/06(月) 12:49:06 ID:jCYGHftM
私は、判決文を書きたくなかったのだと思いますよ。
損保の控訴がなければ、私は修理の準備していたのだから、それで終っていた。
守ってもらって、判決違法と控訴するから、おかしくなったのさ。
充分な証拠根拠があっての控訴なら、よかったがね。


163 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:07:54 ID:foyG5umL
ぼ損保社員のみのこちらより、もっと社会的反響を巻き起こせる一般ユーザーが多い板での討論の方が得策だと思う。
一般ネットユーザーが見る板に行き、世論という後押しで腐った損保を洗うのも1つの手だと思う。

あなた様の主張が一般国民と合致すれば世論という1つの力になりますよ。
世論の最初の一歩を上手く作れるかどうかです。
このままこの板で続けても意味が無いし時間の無駄だと思う。


東芝クレーム事件後、東芝のサービス対応がガラリと変わったのはやはり世論の後押し。









164 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:08:54 ID:foyG5umL
>>448 本人提訴でがんばってますのおっさんへ
あんた >>372
>加害者、損保の間で保険金を支払う契約があり、額が決まったら
>被害者が直接払ってくれと、請求したら被害者に直接振り込む。
とも言ってるぞ。 だったら過失案件で過失割合の合意も取れてないのに
なんで損保が病院に直接支払いができるんだ?

>加害者=損保として、
こんどは加害者=損保かい。そしたら
被害者=加害者=損保=損保の債権者
かい? W)

過ちに気がついて
>被害者が、直接請求権を行使して、直接当事者関係が生まれる。
被害者が直接請求権を行使したら、損保が被害者と示談交渉することは合法であると考えるようになったわけか。

で、被害者が、損保に直接、病院代払え、休業損害払えって言うことにより直接請求権の行使が始まるというわけだ。


165 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:09:35 ID:foyG5umL
要は、「本人訴訟でがんばっています」は自分の要求が満たされないことの理由付けに、「保険会社の示談交渉サービスが違法なためにそうなった」という自分勝手な解釈を持ち込んで、賠償額のアップを狙ったがために、理論破綻を起こしているということだね。

現時点の「本人訴訟でがんばっています」の相手は既に保険会社ではなく、加害者代理人の弁護士。だから既に違法性云々は既に過去の問題であり、現時点では純粋に賠償額の問題なのを、あーだこーだと屁理屈をつけて争っているわけだ。

んでもって何を言い出すかと思えば「板を立てたカテゴリが悪い」だの「俺に刃向かう奴は損保の社員」だの、本質とは関係のないところでワンワン吠えている。

俺から言わせりゃ、示談交渉サービスが違法だとしてなくなって、一番助かるのは損保の社員のはずだが。
弁護士依頼のための費用が増えた部分は、各社一斉にその分を保険料に上乗せすればよいだけ。保険とはそういうもの。

だいたい、保険会社の社員が示談交渉することと賠償額とは何の関係もないこと。それを違法だとして否定したところで、それが直接被害者に利益になることはないし、加害者の利益にもならない。

それが証拠に「本人訴訟でがんばっています」は、逆の立場での展開を意識的に避け、かつ都合の悪い質問には答えない(「頭の悪い奴には理解できない」などと、三流弁護士よりたちが悪い発言で誤魔化している)という、典型的な「ご都合主義」の展開をしている。

だから、無理があることは明らかなのだ。

まあ、引っ込みがつかなくなって、破綻するところまでやらざるを得なくなっているということかな。

可哀相だね。


166 :149:2005/06/18(土) 11:13:11 ID:lDz2L+Tq
>>161
はー??
なんでここでクソスレたてたんだ?
都合の悪い指摘には、だんまりか。
訴状でもはってみろ!
お前のとんちきな主張がここでも晒されることになるから。

167 :149:2005/06/18(土) 11:24:06 ID:lDz2L+Tq
>>161
>賠償責任を発生の立証と、賠償額の立証は違う。
何を主張しているのこれは?

168 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:50:25 ID:gOGTHPWX
>>162〜167
勝手な解釈による断定と思い込み、議論に値しないすれ
まっ、保険屋のレベルだね。
本質から目をそらそうと必死なところが、ほほえましい。
自分が論破されていることにもきずかず、論破したつもりでいる。

169 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 11:53:52 ID:gOGTHPWX
>>163
そうだね。損保のバカ社員相手にしていてもしょうがない。

170 :149:2005/06/18(土) 12:34:02 ID:lDz2L+Tq
都合の悪い指摘には
>議論に値しない
と垂れる。
>損保のバカ社員相手にしていてもしょうがない。
と嘯いて、逃げる。

お前なんか、暇つぶしにつっこまれているだけなんだよ!
バーカ!!

171 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 17:47:26 ID:foyG5umL
>>157
>交通事故賠償訴訟において債務不存在確認の訴訟が乱発されることとなった原因は

裁判しても通らない支払い要求をして、裁判もせずに、
ぐたぐた損保やら事故の相手方に支払い要求を続けるから
相手方がしかたなしに債務不存在確認の控訴をおこされるんだろ。

そもそも司法の場で解決する機会が与えているのだから
ぐたぐた言ってないで、とっとと訴訟起こせば、債務不存在確認の訴訟
なんてされなくてすむのだよ。


172 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 18:08:22 ID:F6Hv/7hR
>>171
だよね。
保険会社からできる方法はそれしかないもんね。

しかし、コピペばかりのスレだなw

173 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 18:34:49 ID:gOGTHPWX
>>171
おまえは、勘違いしているようだな。
損保が証拠を偽って提出して、1審に敗訴して、
どうとち狂ったのか、裁判は三審制の意味もわからず、判決違法と裁判所をののしって
債務不存在確認の控訴をおこした。これが私の裁判。
しかも債務不存在の控訴理由の不明確を指摘されて、理由も示せずに時速8km車がスピンするかのような
いいかげんな仮定の話しで、事故とは全く無関係の施工業者の新築当初からの施工ミスで、外壁が最初からずれて
隙間が空いていたと断定した意見書を提出して、施行業者の名誉毀損行為さへ働いている訴訟が、私の訴訟。

別に、私が多額の賠償が欲しいからと控訴して、控訴審が始まったわけではない。
一審が私の勝ちは、加害者側代理にっも敗訴に不服と認めている。
加害者の判断を仕切っている損保が、一円もはらわないと控訴して控訴審が始まった。
そして、根拠もないのに新築当初から施工ミスで壊れていると、某損保本社が関与して断定した。
まともな許可事業者がやることではない。

174 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 18:41:51 ID:gOGTHPWX
わたしゃね。私の相手の損保が、根拠もないのにバカな控訴しなければ、それで済ませて
お前らの間違いを別に追求せずに済ませてやろうと思っていたのに、控訴するからさ。
この事情は、私の所属会の司法書士仲間も知っている有名な事実。
文句あるなら、私の相手をした損保にどうぞ。

175 :149:2005/06/18(土) 18:51:42 ID:lDz2L+Tq
>>173
屁理屈の主張はあきらめた?

176 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 21:39:10 ID:gOGTHPWX
>>176
べつに、まだまだ方法は考えてある。
司法書士に1審でやられて、弁護士がガマンならなかったのか、損保か知らないがね。
とち狂って、裁判官の判断にけちつけて、賠償0円には恐れ入りました。
どうせなら、トコトン付き合ってあげますよ。
損害金含めて530万円ほど終わったものを、証拠もなく控訴して、
司法書士は、控訴手続きに慣れていないから、控訴理由書の提出遅らせば、しゃんしゃんとでも思っていたのかね。
残念でした。附帯控訴されてろくに主張も出せなかった。

最後に面白いもの出てきたしね。まだまだ、終わらせないこと出来ますしね。

177 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 22:36:22 ID:qsawozdT
↑子供のけんかだね。

178 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 23:10:54 ID:gOGTHPWX
さてね。けんかですめば良いがね。
ずっと傍聴されて、よくまあのような異常な審理になったものだ。

179 :無責任な名無しさん:2005/06/18(土) 23:27:43 ID:gOGTHPWX
せっかく、和解もあるよといってあげたのに、けったの損保だしね。
証拠に虚偽の加工もしてるしね。
虚偽の証拠を何時出そうが訴訟技法の問題と、1審終了間際まで出さずに審理妨げて、裁判長の判断違法だって。
なにさまなのかね。この損保どこまでえらいと思っているのかね??


180 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 07:34:18 ID:bJ+I662d
私の裁判は1審において、被害者の側が早期に証拠を提出し、主張し始めたのに
公正で迅速な審理がモットーである裁判所において、人を加害した側に大企業の損保がつき、弁護士を付けて、
損害立証の大前提となる事故状況について、時速8kmのスピードでの軽い一回の衝突事故を何ら証拠根拠を示すことなく主張して
私の主張に全て不知・否認・争うと、主張して始まった。

これについて、否認には根拠を示すのがルール、私は根拠示して主張している、違う事故状況を示す根拠証拠を示せと
主張した事につき、
何時証拠を出すかは、訴訟代理人の勝手、訴訟技法の問題、と主張し、被害者の側に立証義務があるのだから、
被害者の側が、損害を立証すればよいこと言い放ち、出そうとしなかった。

裁判長に、否認されているのに根拠も示されずどう反論し立証するのか。
ただすも、おかしいけれどそういうことです。といわれ、何ら訴訟しきもしてくれなかった。

そして、半年もこんな状態が続いたのである。
このころ、雨漏れによる被害はどんどん拡大していたのである。
しかし損保の主張は、軽い事故だから施工ミスの可能性があるである。
施工ミスでない証拠が出せない以上、悔しいが拡大し始めた症状は出せない。
だから、早期に現地を検証することを求めたが、却下でした。
早期に確認されておれば、事故によるひび割れの状態を、事故のものと確認できたし
事故後にどんな症状が拡大して出たかは一目瞭然だったのにね。

だから、私は、損保が自分の利益の為に、加害者の立場を利用して損害拡大も省みず
払い渋ることを問題にし、拡大損害への賠償を請求する主張を強めたのである。


181 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 07:44:20 ID:bJ+I662d
そして、損保が根拠を示さず不知・否認を続けたため、
事故直後に拡大損害がなかったことの証言を取る為、加害者に電話したところ
運よく代理人から委任状交付以来、半年者間、期日の連絡も何を話されているかも
全く知らされていないとの証言を得たのである。

そこで、拡大損害の証拠とともに、このテープ反訳して証拠として提出した。


182 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 08:05:09 ID:bJ+I662d
これを証拠として出した段階で、私の主張に示談代行の非弁とその後の弁護士への訴訟斡旋行為の72条違反
加害者及び損保の代理人を1人の弁護士が為すことの弁護士法第25条の問題を指摘し、代理人の受任出来ない事件であり
代理権の訴訟手続きにおける無効を主張したのである。
更に、時機に遅れた攻撃防御方法提出の却下の申し立てもなし、根拠も示さない主張はないのも同然
主張がなければ、相手方勝訴が当然、損害は見逃しに出来ないほど拡大している。
根拠を出さないなら勝訴判決となるべきとね。

そしたら、あわてて損保が作った解析書全部を出してきた。
そして、2ヶ月の裁定期間で、証拠を示して当方に全て否認された。
タイヤ後の偽造もばれたので、
当方が、早期に事故状況につき争点整理をおこなえ、損保の主張と証拠から
訴訟詐欺が疑われる。弁護士法違反についても訴訟詐欺がハッキリすれば結論が出るはず。
と求めたが、裁判長が発言をさえぎり、後は当方の現地調査を依頼した鑑定人の証人尋問を行い
結審することになった。

そして、裁判長は賠償については、自由な心証での7割判決
示談代行・弁護士選任サービスについては、
だれかが、おどして書いていた、損保・弁護士・政治の癒着で、
民事訴訟のルールを無視して判断を避けたというわけ


183 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 09:26:33 ID:bJ+I662d
従って、第1審は、損保の提出した証拠の故意的軽い事故でっち上げが、証拠上明らかとなったため
賠償範囲確定の前提となる事故状況につき審議すれば、示談代行・弁護士選任サービスの違法性判断に
触れざるを得なくなったため、裁判所が意図的に事故状況の争点整理を避け、審理を打ち切り判決となったものである。

しかも、事実上の結審(4月はじめ)から判決言い渡し(9月末)まで5ヶ月という異様とも言える期間をおいて
判決が言い渡されたのである。

しかも、9月初めに職権で期日を開き、施工ミスを言われている業者の傍聴する前で
裁判長が、今更、建物の鑑定をおこなっても、ひび割れ等が事故によって生じたものか
、施工ミスか判別がつかず、施工ミスを主張する側に有利なだけ無駄と認めて判決となったものである。

184 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 09:46:10 ID:wbVzchGE
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●敗訴●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【敗訴】になります。どこかに3回コピペすれば回避できます。
これは本当です。やらないと提訴が無駄になります


185 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 09:51:00 ID:bJ+I662d
示談代行・弁護士選任サービスの違法性判断は、証拠を援用する主張が一切出されていないのに
裁判長の独断で、訴えの利益無しを作るに都合の良い部分だけを援用して、当方が援用している部分は一切無視して
判断を避けた。

賠償認定については、当方主張額の7割を認めて終ったのである。

しかし損保は、当方が言い渡し期日に出廷していたため、当方の控訴権の喪失を待って
債務不存在を主張して、加害者からのみの控訴を為したものである。
控訴理由は、判決違法である。控訴理由書でも裁判長の判断への不満が面々と書かれていた。

この損保は、証拠に偽りを記載して審理を妨げた責任の意識は、全くないのである。
ただ、払い渋れればよいこの一点のみでの控訴である。
だから、反論書では、加害者側の主張の組み立てと、証拠を偽っての軽い事故の偽装の意味について、
訴訟詐欺も疑われると指摘したのである。

186 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:04:11 ID:bJ+I662d
本件訴訟において、事実を丹念に調べて主張しているのは、本人訴訟の被害者の側
専門職の弁護士をつけた側は、何ら根拠も示さず、不知否認を繰り返して審理を妨げた。
裁判所も適切に根拠を示させることはしなかった。

早期の現場での検証は申し立てても採用しなかったのは、裁判所。
威信裁判長が認めたとおり、現場で確認しようにも、施工ミスか事故のせいか
判別不能となったなた時期に、根拠が偽りの証拠が損保から出た。

私は、国家機関たる裁判所に、手数料を納付し、
公正で迅速な裁判による解決を求めた利用者である。
これで、判決違法で敗訴、賠償0円なら、国に賠償を求める。
当然である。

加害車輌は、勝手に滅失、鑑定を今更しても無駄との情況を作り出したのは
加害者側の根拠提示の遅れと、訴訟指揮だ。
債務不存在を認定するならすればよい。
裁判所が、詐欺の幇助機関を自認するようなものだ。


187 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 10:19:44 ID:bJ+I662d
控訴審では、事故直後に拡大損害が発生していなかった証拠写真が、見つかったので提出してある。
さらなる拡大損害の証拠も提出してある。

損保の側から、見るべき証拠は一切提出されていない。

この様な状態で、判決違法とまでののしられても、損保の意向に添う判断しかできない
裁判所であれば、だれかが、脅していたとおり、よほど癒着が深刻なのでしょうね。
裁判所は、国民の権利を守る機関ではないことを自認するようなものだ。

日本の裁判は、本人訴訟が原則で、本来、代理人は例外なのである。
資格者代理人は、公正で迅速な裁判を実現するために、国から資格をもらっている。
しかし、私の裁判にそれがあるのでしょうか。
控訴では、ハンコを一人が押さずに控訴状の送達を妨げ、
控訴理由書は、控訴審第1回期日の5日前に届く。

第2回期日でも、月曜の期日に対して、土曜日に証拠が届く。
本人訴訟の側は、充分な期間を置いて早期に提出しているのに
損保が加害者の訴訟を仕切り、この様な対応で被害者を苦しめる事自体が問題である。
司法書士である私だから、戦っていられる。
素人の被害者は、交通事故の裁判がこの様では、多くが泣き寝入りだろう。
だから許せない。判決違法と罵られても、損保に頭を下げざるを得ない裁判所であれば
その様な判決を書けばよい。
別に敗訴は、恐れていない。まだまだ、他の方法がある。

188 :149:2005/06/19(日) 11:36:43 ID:q7H9yZ6E
>>事実を丹念に調べて主張しているのは
事実と思っているのはお前だけだろ。事実かどうかを争っているんだろ。
何、仕事した気になってんのか。
>>専門職の弁護士をつけた側は、何ら根拠も示さず、不知否認を繰り返して審理を妨げた。
お前は専門職を付けずにがんばってるつもりだが
お前の主張が、アーパーすぎて、裁判所に相手にされていないだけではないのか?
それを癒着があって裁判所が脅されているなどと、勝手に解釈してしまうお前は
おめでたすぎ!

189 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 12:27:54 ID:bJ+I662d
双方主張の根拠お出した段階で、争点を整理して証拠調べに入るのが訴訟手続きだ。
裁判所は、主張の違い根拠証拠の違いを明確に認識していながら、
当方の争点整理の申し出をさえぎってしまった。
これは、傍聴人も確認している。
審理を避けただけ。

お前がどう思おうとかって、私は、癒着が有ることを指摘する書き込みがあったから
それもあるのかなといっている。書いたのはお前らの側の人間。
もし癒着がないとすると、地裁支部一人裁判官の問題かもしれないがね。
これをつつくと大変なことになるから、考え物だがね。

190 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 12:44:53 ID:bJ+I662d
どだい、判決違法・控訴理由は裁判長の半田への不服など
損保が裁判所を馬鹿にしすぎている控訴なんですよ。

それでも、証拠を偽って作成した損保に対して
毅然とした対応が取れなければ、この書き込みがあっているのでしょうね。
裁判所が態度ね、癒着のないことを示せばよい。それだけさ。


191 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 14:34:56 ID:PRGsoZDl
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●敗訴●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【敗訴】になります。どこかに3回コピペすれば回避できます。
これは本当です。やらないと提訴が無駄になります


192 :149:2005/06/19(日) 15:21:59 ID:q7H9yZ6E
>>証拠を偽って作成した損保
これも、お前だけが、事実と思っているのではないのか。
証拠を捏造したということが、裁判の中で
証拠として認定されたのか?
単にお前の推定で、偽っていると
主張しているだけではないのか?
>>裁判所が態度ね、癒着のないことを示せばよい
損保に都合の悪い結果を出さなければ
損保との癒着の疑惑が晴れない
とでも言っているのか?

思い込みの激しいアホにつける薬はない。
これがこのスレの結論。

193 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 19:38:05 ID:bJ+I662d
>>192
おまえがどうおもおうが、勝って、
次の追求の手を打つだけさ。

194 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 19:42:51 ID:bJ+I662d
何の根拠も示せずに、完了検査受けて3年も立っていない建物が、事故当初から
施工ミスで外壁が当初からぶつかり合ってずれていた。事故とは関係ない。だから賠償義務はない。
裁判所の頭が、ずれていなければ、こんなばかな主張は通らない。


195 :無責任な名無しさん:2005/06/19(日) 20:04:29 ID:bJ+I662d
>>192
なぜ、加害者の側が、控訴では
単数回の軽い事故でしか争えなかったか、分かるかね。
ふっ。


196 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 13:02:32 ID:WwXT6Rtt
>>191

ほんまに無駄に時間を使うやっちゃな〜。
暇つぶしにももっとマシな使い方しらんのかい。

お前の人生意味ナシ。
かあちゃんに謝って氏ね。

死んだタヌキと共にはよ逝ったれ。

197 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 14:08:24 ID:UgtxxdZ9
今度、近々、法務大臣に意見を述べる機会があるかも知れない。

198 :無責任な名無しさん:2005/06/20(月) 20:01:58 ID:8nh9/9QD
>>183
どうして一審が始まったんですか?

199 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 00:04:32 ID:/8TAkP94
それにしても 本人訴訟でがんばっています は全然支持されないな。
こっちでもコケにされてる。ご苦労さん

200 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:28:52 ID:4QQ3DguB
>>198
損保が、地震のせい・施工ミスの可能性がある。お前ら事故前に外壁がずれていなかった証拠写真あるか
との姿勢を変えず、事故発生状況の調査解明への取り組み要求を無視し続け、不満なら訴訟しろ証明責任は
被害者の側との態度を変えなかったため、当方から提訴した。

しかし、損保が軽い1回の事故との根拠証拠を示さず、不知否認を繰り返し、事故状況さえ解明できないまま
無駄な期日を重ねた。損保が、追求につまり損保作成の解析書をあわてて提出して、タイヤ痕の偽造がばれた。
訴訟詐欺の意図があるのではないかと指摘し、事故状況についての争点の整理と、
加害者と全く連絡もなく、損保の意向のみでこの様な訴訟を続けた代理行為の妥当性について、中間確認の訴えの判断も求めたが
争点整理の要求さえ無視された。

201 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:34:13 ID:4QQ3DguB
控訴では、当方は、1審の最終準備書面まで加害者側は、単数回の軽い事故を主張したのだから
この防御方法を変更することは、時機に遅いから認められないと主張してある。
それゆえ、複数回の事故を前提とする防御方法は、加害者側は一切出せなくなった。
そして、結審となった。
つまり、加害者側は、当方の指摘する複数回の事故を前提の賠償について、争いが不可能となっているのさ。

202 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 09:38:41 ID:4QQ3DguB
つまり、訴訟詐欺の疑いを指摘されようが、
単数回の軽い事故を主張して、防御するしか代理人には方法が無いのさ。
それで、苦し紛れに仮定の計算で、新築当初から外壁がずれていたなのさ。

203 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 10:07:59 ID:4QQ3DguB
複数回の事故を前提とする防御方法を提出することは、タイヤ痕の偽造を認めれること
訴訟詐欺的行為のあったことの自白となる。つまり、加害者の刑事責任発生が不可避となる。
だから、代理人としては出来ない。代理人も大変ですね。この様にいい加減な損保の依頼を受けては。

204 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 10:15:21 ID:JKp39cyL
損保が要件事実論を楯にした訴訟を展開すること自体がおかしい。

205 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 10:30:35 ID:4QQ3DguB
さらに、損保がないと主張したシャッタ−方向へのタイヤ痕について説明しておく。
JAが事故当日の早朝に撮影した写真では、ハンドルを切った状態で前進してぶつかったと
考えられる大型乗用車のタイヤ痕が、ハッキリ写っている。タイヤ痕のぬれ具合いから当日朝
ついたことは、写真より明らか。

当時、当方所有の普通乗用車は2台、これは車庫内にあった。車庫のシャッターは
事故により開閉できないため、これを外に出してタイヤ痕をつけるのは不可能。
外にあったのは、私が妻からの事故報告を受けて、仕事先からのって帰った軽乗用車
が1台だけ。加害車輌以外にこの様なタイヤ痕をつけられる車輌はないのです。



206 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 11:04:36 ID:4QQ3DguB
誰が見ても、まともな調査をすれば明らかな事実さえ、都合の悪い証拠は無かったことにして
もっともらしくよく調査された解析書だと作り上げる技術は見事であるが、
こんな体質の損保が、加害者の立場を利用して、無過失で事故を受けた被害者に対して
立証を迫り、被害からの早期回復を妨げる仕組みの容認は、社会正義に反する。

207 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 19:54:48 ID:QsvwVmYq
>>200
>>事故発生状況の調査解明への取り組み要求を無視し続け、不満なら訴訟しろ証明責任は
>>被害者の側との態度を変えなかったため、当方から提訴した。
なんで、お前は損保に要求できるの?被害者づらしているやつはそんなに偉いのか?
>>事故状況さえ解明できないまま
事故状況を解明する義務が加害者にあるのか?ましてや損保にあるのか?
訴えたお前が立証するだけだろ。
>>タイヤ痕の偽造がばれた
加害者側が偽造した証拠があるのか?
お前がワンワン吼えているだけではないのか?

ちなみにお前が訴えたのは加害者でないのか?
まさか損保をお前が直接訴えたのか?



208 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 19:59:02 ID:QsvwVmYq
>>201
>>つまり、加害者側は、当方の指摘する複数回の事故を前提の賠償について、争いが不可能となっているのさ。
あいかわらず、めでたい頭しているな。
不可能になっているのか?
争わなかっただけだろ!

損害賠償請求であれば、受ける方は、請求者の立証に疑義を唱えるだけだ。
ほかにも色々損害発生の可能性があるのではないかとね。
だから、ひとつの可能性がつぶれても、
お前の主張が疑わしい証拠を積み上げ続けるだけだろ。加害者は。

209 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:06:52 ID:QsvwVmYq
>>206
>>被害からの早期回復を妨げる仕組みの容認は
どうして、被害からの早期回復が妨げられているとなるのか?
被害者の要求が通らないことから、回復が妨げられる
とでも論理展開しているのか?
損害賠償額について、争っているんだろ。
賠償請求されている側は、不当な請求は排除し、妥当な請求でなければ払えない。
お前の外形上限りなく怪しいやつ(有資格者を御旗にとんちきな主張をたれるやつ)
には、徹底抗戦となるわけだ。

回復が妨げられるなら、
お前のとんちきな主張に賛同する方々から借金して
とっとと修理して、雨漏り直しとけ。
加害者から賠償金取れると賛同されていれば
弁護士でも司法書士仲間でも
いくらでも貸し手がいるだろーさ。

210 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:10:35 ID:QsvwVmYq
>>206
>>誰が見ても、まともな調査をすれば明らかな事実さえ

でもお前の主張額は、7割しか認められなかったんだよな?
上乗せして損害額はじいたのか?
それとも、3割は裁判官にだけは、明らかではなかったんか?

211 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:13:28 ID:QsvwVmYq
>>203
>>複数回の事故を前提とする防御方法を提出することは、タイヤ痕の偽造を認めれること
お前の頭だと、
複数回の事故を前提とする防御方法を提出することは
=タイヤ痕の偽造を認めれること
となっているようだが。

普通の頭では、そうならないんだけど。わからないかな?

212 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:18:44 ID:QsvwVmYq
>>187
>>第2回期日でも、月曜の期日に対して、土曜日に証拠が届く。
>>本人訴訟の側は、充分な期間を置いて早期に提出しているのに
>>損保が加害者の訴訟を仕切り、この様な対応で被害者を苦しめる事自体が問題である。

お前が、戦術を知らなかっただけだろ。
お前もやればよかったんじゃねーのか?
弁護士雇えよ。バーカ!

213 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:22:03 ID:4QQ3DguB
>損害賠償請求であれば、受ける方は、請求者の立証に疑義を唱えるだけだ。
>ほかにも色々損害発生の可能性があるのではないかとね。
>だから、ひとつの可能性がつぶれても、
>お前の主張が疑わしい証拠を積み上げ続けるだけだろ。加害者は。

これが、損保の本性。
加害者の対場を利用してね。
自損保の本性、白してるバカがいる。


214 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:27:44 ID:QsvwVmYq
>>213
損保に限らない。
受ける側のスタンス。

お前が、損害賠償請求受けたら、
言い値で全額払うのか?
自分が請求を受ける場合を想像してみよう!

同じこと言うさ!

215 :無責任な名無しさん:2005/06/21(火) 20:30:59 ID:QsvwVmYq
>>214
補足。
これは妥当と認められない請求を受けた場合の対応。

216 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 08:22:51 ID:kBzUzDFO
どちらにしても、当方は当方の道を行く。
外野が、どうさわごうが関係ない。
刑事・民事色々とね。

217 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 09:51:18 ID:kBzUzDFO
>>214
受ける側のスタンス。
それで、損保が報酬払うという約款のもと、加害者の代理人を選び、

>ほかにも色々損害発生の可能性があるのではないかとね。
>だから、ひとつの可能性がつぶれても、
>お前の主張が疑わしい証拠を積み上げ続けるだけだろ。加害者は

と、損保に都合の良いように証拠を積み上げ続け、加害者の意向確認もなく
訴訟を指揮する。

この場合には、弁護士法第26条の問題が生じる可能性がある。


218 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 19:28:48 ID:bLPyOvjj
>>217
>運よく代理人から委任状交付以来、半年者間、期日の連絡も何を話されているかも
>全く知らされていないとの証言を得たのである。
によって、お前は加害者の意向確認がないと主張しているんだろうが、
加害者の意向とは、
→賠償金は全て保険で払う
→自腹では賠償金は1円たりとも払いたくない
に尽きる。最初にこれを確認済みなんだよ。ボケ。
半年でも、何年でも、いかなる局面が訪れても
この意向が翻ることはないだろうよ。
損保の都合の良いように
っていうのは加害者の都合の良いように
だろ!お前との間の賠償額を争っているんだから
当然だろ!

ちなみに弁護士法26条の問題について
具体的にさらしてみろ!
また、つっこんでやるから。

219 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 19:32:18 ID:bLPyOvjj
>>217
お前がいいたいのは、
丸腰のど素人加害者なら
有資格者で上級代理店のお前さんの
請求を満額受け付けるだろうから、
損保が加害者に訴訟指揮するんじゃねーってことだろ!

加害者は、自腹で賠償する義務があるなら
専門家(弁護士)に相談するんじゃねーのか?
お前の主張は、相談しないだろうアホからとり損ねたって、
ワンワン吼えているようにしか、解釈できんぞ。

220 :無責任な名無しさん:2005/06/22(水) 19:44:02 ID:bLPyOvjj
さらに、お前の家の火災保険はオールリスク対応ではないみたいだな。
オールリスク対応火災保険なら、修理代保険で出るだろ。
そしたら、お前の保険会社と、加害者との争いだろ。

加害者は、保険に入っていた。
被害者のお前は無保険だった。

上級代理店様でも、リスクマネジメントが
なってないようだな。

221 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 07:47:19 ID:wJ5Z9uUe
>→賠償金は全て保険で払う
>→自腹では賠償金は1円たりとも払いたくない
>に尽きる。最初にこれを確認済みなんだよ。ボケ。
>半年でも、何年でも、いかなる局面が訪れても
>この意向が翻ることはないだろうよ。
>損保の都合の良いように
>っていうのは加害者の都合の良いようにだろ!

みなさん、これマジで弁護士・損保がこう考えていたみたいなんですね。
私の訴訟でも、マジ切れでにたようなこと言いましたからね。

しかしね。本来、加害者側の事情など被害者側にとって関係のないこと。
加害者が保険使おうが、つかわまいが、過失で被害を与えた者は、
民法709条によって、賠償義務を果たさなければならない存在。

保険屋が、保険金で出る以外1円も払いたくない意向であると確認したところで
保険屋がしゃしゃり出てきて、
「保険屋は1円も払いたくない。だから、加害者の意向は、事故は起こしたけれども賠償しないだ。」
と、加害者に替わって訴訟して良いのかね。合理的理由を説明しろよ。

222 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 08:04:11 ID:TM6mQNPz
>>221
>しかしね。本来、加害者側の事情など被害者側にとって関係のないこと。
>加害者が保険使おうが、つかわまいが、過失で被害を与えた者は、
>民法709条によって、賠償義務を果たさなければならない存在。

加害者の事情なんぞ、関係ないだろうが
賠償義務は、お前が裁判で立証しなければならないんだろ!

>保険屋は1円も払いたくない。
保険屋は不当な賠償請求に対しては保険対応と言っているはずだ
>加害者に替わって訴訟して
加害者が訴訟いているのではないのか?
それとも、保険屋がお前の相手になているのか?

223 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 08:08:13 ID:TM6mQNPz
>本来、加害者側の事情など被害者側にとって関係のないこと。
お前が、加害者の意向を確認していないと吼えたから
確認していると教えてやっただけだろ。

そしたら、加害者の事情は関係ないだと。
加害者の事情と、被害者の事情を争うのが
裁判ではないのか?違うか?

224 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 08:12:42 ID:TM6mQNPz
>>222
>保険屋は1円も払いたくない。
保険屋は不当な賠償請求に対しては保険対応しないと言っているはずだ


225 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 08:37:08 ID:wJ5Z9uUe
>加害者が訴訟いているのではないのか?
>それとも、保険屋がお前の相手になているのか?

加害者の言い分を作っているのは、実質損保。
保険屋は1円も払いたくない。
だから、私の住んでいる建物は、新築時に欠陥建物として引き渡されて
当初から外壁が施工ミスで、ずれて開いたような状態だった。
と、加害した者が、他人のせいにして主張する言い分を作って争った。

>保険屋は不当な賠償請求に対しては保険対応しない

保険屋は不当に賠償金を値切るために、
保険対応して加害者の立場を利用して、
保険金支払を値切る。

226 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 08:49:12 ID:wJ5Z9uUe
加害した者が根拠も示せずに、他人のせいにして主張する言い分を作ることは
いくら自腹を切りたくないとしても、もともとが自分の過失で他人に損害を与えた者であるとの立場を忘れた
憲法の規定にも反する過剰な幸福追求権の行使、権利の濫用である。
それゆえに、JR西は置き石報道で社会から批判を浴びた。

同様に、保険業法で許可を得ることを条件に、営業を許可された事業者が
制度を悪用し第3者をまきこみ払い渋ろうとすることは、損保の権利の濫用である。
この様な会社、そもそも保険業法の許可か資格の要件を満たしているのかさえ疑わしい。


227 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 11:16:42 ID:vGgvZzfa
被害した者が根拠も示せずに、他人のせいにして主張する言い分を作ることは
いくら娘の誕生日のステーキ代の自腹を切りたくないとしても、
損害を受けた範囲で賠償を受ける者であるとの立場を忘れた
憲法の規定にも反する過剰な幸福追求権の行使、権利の濫用である。
それゆえに、マンション住民は、ステーキ代、寿司代、家具一式買換え費用の請求の報道で社会から批判を浴びた。

同様に、保険約款により損保に直接請求することを許可された被害者が
損害の立証責任を果たすことなく支払いを求めることは、被害者の権利の濫用である。

228 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 13:21:21 ID:wJ5Z9uUe
>>227
しかし、被害者が責任を問うているのは、
過失で物を壊したり人を傷つけたりした当事者に対してである。
他には巻き込んでいない。

過失で人を害した場合に、かつては、菓子箱の一つももって、被害者に謝りに行くのが慣習であった。
しかし、最近では損保などバイスもあって、この慣習すら消え去った。
被害者が損保との話しでは埒があかないので、加害者と接触しようとすると
謝りにも来ない加害者が、偉そうに「損保に任せてある。これ以上こられると警察に言いますよ。」と
罪の意識も忘れて、被害者を犯罪者扱いする。
これは、損保業務の成果であろう。

229 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 13:42:19 ID:6o0C5fy4
>>228
何論点のぼけたこと言ってんだい

 請求するほうは、あれもこれも事故の損害だから金はらえといい
 請求されるほうも、どれもこれも事故とは無関係だから金払えという
傾向があるから、折り合いつかなきゃあ司法で決着付けりゃあいい
それだけのことだし、最終的にはそれしかないだろってことだ。



230 :無責任な名無しさん:2005/06/23(木) 14:14:45 ID:6o0C5fy4
>>229
誤)どれもこれも事故とは無関係だから金払えという
正)どれもこれも事故とは無関係だから金払わないという



231 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 00:14:07 ID:P8bzpoXy
>>227
>加害者と接触しようとすると
>謝りにも来ない加害者が、偉そうに「損保に任せてある。これ以上こられると警察に言いますよ。」と
>罪の意識も忘れて、被害者を犯罪者扱いする。

有資格者のお前さんは、ど素人なのか?
加害者のそんな言い分は通用しないんじゃないのか?
被害者のお前が、損保とは交渉しない、
加害者としか話をしないといい続ければいいだけだろ。
そしたら、加害者に代理人がつくだけだろ。

つまり、お前は、加害者が
ふざけた態度を取るのは、損保が存在するからだ
と結論づけるわけか?
文句は加害者に言え!!!
へんな屁理屈こねても、
また無力感を味わうだけだぞ。


232 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 00:33:12 ID:P8bzpoXy
>>228
被害者が、加害者呼ばわりしているところで、
その加害者とされている方が、加害していない
と主張している場合の、
解決手段を提示してみろ。
裁判で事実を争う以外の方法でな。

つまり、お前は、加害者が賠償すべきというが
加害者であることは、どのように証明されるのか?
刑事事件の冤罪と同様のことが
民事でもありえるだろ!

233 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 00:35:45 ID:P8bzpoXy
>>228
>これ以上こられると警察に言いますよ。
ってお前、そうとう怪しまれているのか?

加害者がイカレテイルカ?
お前は怪しすぎるか?
それってどちらかだろ。

ちなみにお前の投稿は、相当怪しいぞ!

234 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 00:37:31 ID:P8bzpoXy
>>228
”バイス”ってなんですか??

235 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 00:51:18 ID:P8bzpoXy
ちなみに、保険制度がなければ
ほとんどの庶民は、賠償資力ないだろ。
そしたら、被害者はとりっぱぐれだ。

つまり、お前の言い分は
だまって金払えということだろ。
そんな主張は、絶対認められないぞ。

お前の言う
被害者も損保の債権者説は
否定されるぞ。間違いなくな。

いろんな立場から考えてみろ、
保険料払って、被保険者の地位を得たやつと
保険料を払わないやつが、同じ地位を得るというのは
不公平極まりなくないか?@わからんか?
あるいは加害者が無保険だった場合と、そうでない場合で
被害者の賠償請求手続きが異なるというのも
被害者同士の間で不公平ではないのか?A

@Aへのお前の見解を求む。
無視=論破されたとみなす。
お前特有の理論でな。
スレのみんなも目撃しているとな。

236 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 07:51:34 ID:Z6AuQn0N
>保険料払って、被保険者の地位を得たやつと
>保険料を払わないやつが、同じ地位を得るというのは
>不公平極まりなくないか

被害者美支払う保険金請求については、お前らが、約款で加害者に払う保険金を、被害者請求によって
被害者に直接払うと記載しているからそうなる。

しかし、保険約款には、それ以外の契約者の権利が様々にある。この部分は契約者独自のもの。
損保と加害者が約款で決めている直接請求権の発生部分について、損保の債権者として立場が同一となる
と言っている。

では言うが、保険料をもらった側が、保険料を払った側と法的立場が同じとなると、自由に義務を負うべき側が
その義務を決定することになる。つまり、保険金支払債務を自由裁量で0円に決定することも出来る。
つまり、これは最初から支払債務を0円にすることも可能な約款をを作成し、大企業がおこなっている不当な金集めに過ぎなくなる。
この方が、よほど社会悪。お前の指摘する不公平は、お前らが約款に定めていなければ発生しない。定めたから発生した、それだけだ。

>加害者が無保険だった場合と、そうでない場合で
>被害者の賠償請求手続きが異なるというのも
>被害者同士の間で不公平ではないのか?

加害者が無保険者であれば、賠償は受けられないかも知れないが
正義感ずらした損保に、サギ犯扱いされて2次被害を受けることはない。
第三者が、加害者側損保からお前のせいで損害が発生したと言われることもない。

237 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 08:15:19 ID:Z6AuQn0N
日弁連殿     公開質問状

貴会と損保協会の間で、昭和48年に合意した覚書のなかで、被害者直接請求権の規定の明示を条件に
社員の直接交渉権を認めた。そして、加害者と損保の法的立場が同一となるとして、この直接交渉を利
用して、加害者の示談をまとめる代理交渉が認められてきた。
しかし、本来、債権者と債務者の関係が法的に同一となるなら、地位の混同が起こり、債権債務関係が
終了するのが法理。従って、直接請求権の規定を設けようとも、損保と加害者の法的立場は同一たり得
ない。法的立場が同一なのは、損保に対して同じ債権を有する加害者と被害者であると考える。
貴会は、司法制度改革審議会に対して、ADRに関して弁護士法第72条に関する意見書を提出してい
る。この中に記載してある貴会の主張によれば、損保の示談代行など成立しないはずである。
貴会は何故、何ら資格もない損保が、保険料をもらった側が、保険料を払った側と法的立場が同じとな
ると認めるなら、義務を負うべき側が、自由にその義務を決定することになる悪質な代理行為を認めた
のか回答を求める。
合わせて、私が主張する見解が誤りであれば、法理論としてご教授をお願いしたい。
回答は、本スレッド掲示板にてお願いしたい。無回答は、当方の主張を認めたものと見なします。


保険屋、顧問弁護士に取り次いで日弁連に知らせておけ。
おまえとくだらん話しは、時間の無駄。

238 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:32:47 ID:+lrRk89I
何故、日弁連がこんな便所の落書きの質問状に答えるという発想になるんだ?
暑くて脳味噌溶け出したのか?
>無回答は、当方の主張を認めたものと見なします。
久々に笑わしてもらったわw

こんなとこに引き篭もってないでお日様に当たってこいよ。
その質問状を内容証明で日弁連の本部にでも送っておけよな。
その回答をここに書き込みしてちょ。

それができないなら、あなたを引き篭もりの妄想法律オタクと認めたものとみなします。

239 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:42:06 ID:MDXYEZiu
>>237
>日弁連殿     公開質問状
・・・
>回答は、本スレッド掲示板にてお願いしたい。
>無回答は、当方の主張を認めたものと見なします。

おい頭だいじょうぶか? 病院行ったほうがいいぞ。



240 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:46:32 ID:Z6AuQn0N
>無視=論破されたとみなす。
>お前特有の理論でな。
>スレのみんなも目撃しているとな。

おまえらの論理でそっくり返しただけさ。バァーカ。
おちょくったのさ。



241 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:52:31 ID:Z6AuQn0N
それに、公開された質問状がここにある事実は残る。
回答するしないは、日弁連の自由。

保険屋が、顧問弁護士に後注進するもしないも自由
回答しない結果だけが残る。
従って、当方もバカ保険屋の相手をせずに済む。
このスレでは、
『無回答は、当方の主張を認めたものと見なします。』
『おまえとくだらん話しは、時間の無駄。』
だけが残る。


242 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 12:58:13 ID:MDXYEZiu
>>241
今 大人の時間板に
本人提訴でがんばってますへの公開質問状を書いてきた

公開された質問状がそこにある事実は残る。
回答するしないは、本人提訴でがんばってますの自由。


回答は、該当スレッド掲示板にてお願いしたい。無回答は、当方の主張を認めたものと見なします。

 



243 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 15:24:59 ID:FoT4vtPw
>>240
>>無視=論破されたとみなす。
>>お前特有の理論でな。
>>スレのみんなも目撃しているとな。
>
>おまえらの論理でそっくり返しただけさ。バァーカ。
>おちょくったのさ。

論議の場で論議に参加していた代書屋への質問に対して代書屋が反論しないことと
論議の場があることさへ知らない日弁連が、日弁連に対してなされた質問に対して反論しないことが
同じわけないだろ。

おまえ頭だいじょうぶか?

244 :,:2005/06/24(金) 20:29:53 ID:qwK4fmJx
,

245 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 20:50:49 ID:P8bzpoXy
>>240
そもそも、代書屋の理論なんですけど。
こちらが、おちょくったつもりなんだけど
全く、理解できていないみたいね。

246 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 21:00:48 ID:P8bzpoXy
>>236
>被害者美支払う保険金請求については、お前らが、約款で加害者に払う保険金を、被害者請求によって
>被害者に直接払うと記載しているからそうなる。
>損保と加害者が約款で決めている直接請求権の発生部分について、損保の債権者として立場が同一となる
>と言っている。
@約款には、被保険者が負担する法律上の損害賠償責任が発生した場合には、
と前置きがあるが、お前はこれを読めないのか?
A法律上の損害賠償責任の立証は、被害者が負担していることは、理解できるか?
B被保険者は保険会社に対して賠償責任の立証義務は負担していないが、
直接請求権を得るためには、被害者は加害者(被保険者)の賠償責任を立証する負担があるということは、理解できるか?

>お前の指摘する不公平は、お前らが約款に定めていなければ発生しない。定めたから発生した、それだけだ。
Cつまり、約款には、被害者が被保険者の地位を得るとは、定められていないってこと、理解できない?


>>加害者が無保険だった場合と、そうでない場合で
>>被害者の賠償請求手続きが異なるというのも
>>被害者同士の間で不公平ではないのか?

>加害者が無保険者であれば、賠償は受けられないかも知れないが
>正義感ずらした損保に、サギ犯扱いされて2次被害を受けることはない。
>第三者が、加害者側損保からお前のせいで損害が発生したと言われることもない。
Cこれでは、質問の答えになってないの、わからない?
まとはずれというか、話題のすり替え。
お前は、結局、いつも、これだけだな。

247 :無責任な名無しさん:2005/06/24(金) 21:24:33 ID:P8bzpoXy
裁判所向け代書屋殿
               公開回答状

>貴会は何故、何ら資格もない損保が、保険料をもらった側が、保険料を払った側と法的立場が同じとな
>ると認めるなら、義務を負うべき側が、自由にその義務を決定することになる悪質な代理行為を認めた
>のか回答を求める。
質問が文章の体をなしておらず、質問の主旨が不明であるため、回答が困難です。内容を明瞭にして、再度質問してくださるよう願います。

>合わせて、私が主張する見解が誤りであれば、法理論としてご教授をお願いしたい。
貴殿の主張は誤りです。貴殿のようなとんちきへの法理論の教授は不可能です。

248 :無責任な名無しさん:2005/06/25(土) 09:52:08 ID:4zOulaDL
>>236
>保険料払って、被保険者の地位を得たやつと
>保険料を払わないやつが、同じ地位を得るというのは
>不公平極まりなくないか
>お前の指摘する不公平は、お前らが約款に定めていなければ発生しない。定めたから発生した、それだけだ。

約款が、不公平を発生させたと主張しているわけだな。
つまり、お前の主張していることが、不公平、であることは認めたわけだな。

249 :無責任な名無しさん:2005/06/26(日) 00:52:11 ID:J6/4LRVg
>>240
>おまえらの論理でそっくり返しただけさ。バァーカ。
>おちょくったのさ。

他の掲示板でも日弁連への公開質問状をだされてますね。
おちょくったのでなく、本気なのですね。
月曜の朝 目覚められましたら精神科への受診をお勧めします。

--------------------------------------------------------
No.3758/示談代行について、日弁連へ公開質問
■投稿者/ 本人訴訟で頑張ってます -(2004/02/09(Mon) 18:48:48)



質問@
某保険会社は、本社が関与したのちでも、物損示談代行は、30万円の範囲でアジャスターが出来るだけのはず、社員が加害者の示談の代行代理行為をしたのだから、弁護士法第72条違反との主張に対して

>>保険会社社員は、昭和49年3月から発売の自動車保険で対人事故の示談代行をおこなう事が認められた。従って、保険会社において対物事故の示談代行をおこなう事が認められた際、保険会社社員の
示談代行は、対人賠償と同様無条件で認められ、アジャスターが行なう示談代行には条件が付されたという経緯がある。<<

と貴会会員の顧問弁護士を通して答えました。これについて、以下の質問に、日弁連としてお答えください。

1、日弁連は、営利企業の保険会社社員に、対人・対物とも無条件で示談代行を、いつ認めたのか。

2、社員による示談折衝は、日弁連側が覚書で提案しているが、提案の後、被害者の権利を侵害しないよう、どのような配慮してきたのか。

3、現在、私の相手する保険会社は、日常損害賠償保険についても、示談代行サービスつきのものを売出しているが、保険金支払い枠さえ確保されていれば、どんな損害保険の種類でも無条件に示談代行代理が出来るのでしょうか?弁護士法第72条の脱法行為ではないのか?




250 :無責任な名無しさん:2005/06/26(日) 01:04:40 ID:J6/4LRVg
本人提訴でがんばってますの 基地外書込み その2

No.3768/日弁連事故相談センターへの公開質問事項A
■投稿者/ 本人訴訟で頑張ってます -(2004/02/10(Tue) 13:13:58)



損保会社社員が、加害者の示談代行がなぜ出来るのか?その法的根拠は

疑問@

保険契約は、被保険者(加害者)と損保会社の間の契約である。従って、保険会社の示談担当社員と加害者の間には契約が無い。
つまり、契約によって、示談代行義務を負うのは、保険会社という法人であり、その社員ではない。従って示談代行(代理行為)は、
法人が行う代理行為として、代表権のある者が行うべきである。そうではないのか?
 社長とか、支社長が行うのなら分かるが、会社が、その依頼を受けた会社が負うべき示談代行行為を、代表権の無い社員に行わせることが妥当か?
会社の業務そのものではなく、加害者の代理行為を法人が引き受けたのであり、代表権の無い社員が、行として復代理しているのを日弁連さんは認めているのか?



251 :無責任な名無しさん:2005/06/26(日) 01:07:34 ID:J6/4LRVg
本人提訴でがんばってますの基地外書込み その3

弁護士にはやたら腰が低い 本人提訴でがんばってますであった


No.3771/被害者と保険会社間の直接当事者関係成立の時期
■投稿者/ 本人訴訟で頑張ってます -(2004/02/10(Tue) 14:30:17)

司法書士の立場で考えると直接請求権とは、非常に複雑で分かりにくい。私見を記載しますので、弁護士職能の皆様お教え願いますか



252 :無責任な名無しさん:2005/06/27(月) 22:51:10 ID:Qj5EMDko
おーい、どこ行ったー。
本人提訴でがんばってますよ。
間違いに気づいたんなら、
恥ずかしくても、いいだろ。
それとも新たなクソ理論でも練ってるのか?

253 :無責任な名無しさん:2005/06/27(月) 23:33:11 ID:gfqMV41H
>>252
基地外病院にでも入院したんだろうよ

254 :無責任な名無しさん:2005/06/28(火) 09:27:36 ID:Ctcrugdx
国民消費生活センターに相談したらいいですよ。

私は国民消費生活センターに仲裁に入ってもらい搭乗者傷害180日間満額とりました。
消費生活センターへの損保の書面でのとんちんかんな回答も笑えました。
当初損保は入院期間の17日間しか出せないと私には言っておりました。

http://www.kokusen.go.jp/jirei/index.html
相談事例検索の所に 保険 と入力し、10番目のところを読んでみて下さい。



255 :無責任な名無しさん:2005/06/28(火) 17:52:04 ID:bw57Ba4t
裁判所向け代書屋は
損保の債務不存在確認控訴は被害者が提訴もしないで
損保にたかってくるために起こされることを理解して
はずかしくなって逃げ出しましたとさ

おわり


256 :無責任な名無しさん:2005/06/29(水) 10:45:22 ID:7zbnigoT
国民消費生活センターに相談したらいいですよ。

私は国民消費生活センターに仲裁に入ってもらい搭乗者傷害180日間満額とりました。
消費生活センターへの損保の書面でのとんちんかんな回答も笑えました。
当初損保は入院期間の17日間しか出せないと私には言っておりました。

http://www.kokusen.go.jp/jirei/index.html
相談事例検索の所に 保険 と入力し、10番目のところを読んでみて下さい。


257 :無責任な名無しさん:2005/07/01(金) 17:24:15 ID:zCuL/Cql
本人さんの裁判の判決が27日に出ているはずだけど、どうなったのかな?

258 :無責任な名無しさん:2005/07/04(月) 09:59:12 ID:+nJSlhIi
【祝 敗訴確定】

259 :まいまい:2005/07/04(月) 13:57:44 ID:87JkSWjI
一人暮らしのYは自宅になんども訪ねてきた土地開発者Y1の従業員Y2に
北海道の土地の購入を進められた。近隣に高速道路開通計画があるから、
必ず値上がりするので銀行より得と聞かされ、勧誘が深夜に及ぶうち高
血圧でもうろうとした状態になり、Y2のいうままに、実際は開発の可能
性のない原野を、時価の20倍の400万で購入する契約書に捺印した。
翌日Y2はXから預かった預金通帳と印鑑で400万引き出し代金として収集した。」
XはYらに対していかなる主張をなしうるだろうか。これってどうなります???

260 :無責任な名無しさん:2005/07/04(月) 14:32:36 ID:+nJSlhIi
>>259
スレ違い
法律相談スレにでもいっといで

261 :無責任な名無しさん:2005/07/05(火) 23:47:17 ID:tZhaypnW
明治安田今頃TVで違法経営取り上げてる。
業界人にとっては遅すぎる大々的取り上げだが、今まで知らなかった一般国民には初耳だろうな。

世論が高まる予感。

違法払いしぶりウ損保にも是非皆さん目を向けましょう!

262 :無責任な名無しさん:2005/07/08(金) 20:26:07 ID:wqPLHPVH
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050708-00000085-mai-bus_all

<金融検査>利用者保護を重視課題に 金融庁

 金融庁は8日、今月から来年6月末までの金融検査の基本計画を発表した。
昨年まで重要課題のトップに掲げていた不良債権問題への対応に代わり、
今後1年間の重視すべき課題として利用者保護を挙げた。
金融再生プログラムに沿った集中処理期間を経て、
大手行の不良債権問題にめどがついたことを受けた方針転換と言えそうだ。
 具体的には個人情報保護や顧客への説明責任、苦情処理態勢、
情報開示の適切性などを重点的に検査する。
中でも保険業務については、保険金や配当を適切に支払っているかなどを
重視する姿勢を明記。
明治安田生命の一連の保険金不払いを重く見て、
保険業界への検査に重点を置く方針を示した。
【斉藤信宏】
(毎日新聞) - 7月8日19時28分更新

263 :無責任な名無しさん:2005/07/11(月) 13:47:53 ID:qsZNocHy
>>257
上告しました。
全て、審理も無く損保の事故解析書が正しい。
損保の主張が正しいのなら、0円のはずが、
全く現場を知らない、関東地区の設計士の書いた見積書が正しいとされていました。

よって、損保の事故解析が正しいなら、結論は0円のはず。
根拠のない見積りでは、0円と同様だから、「正しく0円を認定せよ」を求めています。
ただし、判決では「自由な心証」で、全く存在しないことが1審で決着していたが、
判決では、ある事になっています。

私は、被害者が23万円のものを過剰に請求して
争ってきたと書かれていましたので
判決の事故判断が正しければ、正しく加害者側仮計算のとおり
0円の判決各様もとめています。

審理もないのに、審理したような誤魔化し判決は困るとね。

264 :無責任な名無しさん:2005/07/11(月) 14:05:55 ID:QiSstAGv
>全て、審理も無く損保の事故解析書が正しい。
>全く現場を知らない、関東地区の設計士の書いた見積書が正しいとされていました。
おたくのボロ屋は、はじめから壊れていたので、
事故による損害は一部のみって判決がくだされたのか。

>正しく加害者側仮計算のとおり
>0円の判決各様もとめています。
そんな訴えしたって請求の利益無しで棄却されてしまうではないですか。
ボロ屋は、事故前は壊れていませんでした。2審で訴えた額と同額を
請求しないと。

事故がおこり、ひび割れていた家がさらにひび割れたのですから
多少の損害賠償金が支払われても当然で
>結論は0円
という珍説が、どのような理屈で導かれたのか理解に苦しみます。



265 :無責任な名無しさん:2005/07/12(火) 10:38:34 ID:Gg1/d+24
>>263
んなこたどうでもいい。肝心の「債務不存在確認控訴」の問題はどうなったんだ?。
都合の悪いことを書かないんじゃ、あんたが攻め立てる損保のレベルと、
なーんにも変わらんかむしろレベルが低いぞ(苦笑)。

ま、ここで誰一人としてあんたを支持しないんだからなぁ、裁判所も
支持せんだろうね。


266 :無責任な名無しさん:2005/07/15(金) 00:00:06 ID:AbWlzBfG
スレ主、書き込みが少なくなったけどどうしたの?

267 :無責任な名無しさん:2005/07/17(日) 04:49:10 ID:IULkn6K+
>>266
敗訴しました

268 :無責任な名無しさん:2005/07/18(月) 09:45:01 ID:VaKCvHCk
>>267
敗訴なら敗訴で言うべきことやるべきことはあるだろうに。
つーか、敗訴は予想の範囲内じゃなかったのか?
敗訴したら次の手を打つと豪語してたくせに。

269 :無責任な名無しさん:2005/07/19(火) 09:02:15 ID:4+iBu0et
>>268
卑怯者の小心者な馬鹿ですからね
自分の言い分が通らないとわかったので
しっぽをまいて逃げ出しました。

270 :無責任な名無しさん:2005/07/22(金) 18:15:41 ID:EWgAZXvc
本人提訴でがんばっても 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は     合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法

271 :無責任な名無しさん:2005/07/23(土) 01:44:02 ID:fyEChpzk
あーあ、悪い奴にどれだけ自賠責の金が食われているんだろう。

全国のドライバー、怒れ!

272 :無責任な名無しさん:2005/07/23(土) 02:24:43 ID:397FgaJq
このスレ楽しいなw
スレ主は立派だよ、俺なら他のスレあげて埋没させるもん。

273 :無責任な名無しさん:2005/07/24(日) 10:41:06 ID:N5wLO6uR
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法
本人提訴でがんばっても  敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴 敗訴
損保の示談代行は    合法 合法 合法 合法 合法 合法 合法


274 :無責任な名無しさん:2005/08/03(水) 16:42:49 ID:AKblToDV
保険金1万件超未払い 損保大手で計数億円規模
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050803-00000124-kyodo-bus_all

 東京海上日動火災保険や損保ジャパンなど大手6社を含む損害保険業界で、
少なくとも3年前から、計1万件超の契約で自動車保険などの保険金支払い
不足があったことが3日、各社の調査で明らかになった。未払い額の合計は
数億円規模になるとみられる。
 保険金算出のシステムのプログラムミスなどが主な原因としている。各社の
調査はまだ途中のため、未払い件数は最終的にさらに増加する見込み。各社は
調査を進め、早ければ8月中にも調査結果を公表する方針。
 生命保険大手の明治安田生命保険が、死亡保険金を不当に支払わなかった
問題に続いて、損保大手でも保険金の支払いで不祥事が発覚したことで、
保険会社への批判が集まりそうだ。
(共同通信) - 8月3日

275 :無責任な名無しさん:2005/08/06(土) 07:29:11 ID:AJ4TkG8L
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200508040011a.nwc

損保各社、保険金未払い調査本格化 不足分は支払いへ
2005/8/4

 東京海上日動火災保険や損害保険ジャパンなど損保各社は三日、本来支払うべき保険金が未払いだった事例の本格調査に乗り出したことを明らかにした。

 自動車保険の特約を中心に、過去に保険金額を計算するシステムの不備や担当者の事務手続きミスによる保険金の支払い不足があったとされるため。

 例えば、特約に盛り込まれている花代のようなものの支払いがなかった可能性があるという。

 過去三年程度にさかのぼり調査する方針で、未払いが明らかになった場合、不足分を契約者に支払うとしている。

 損保業界では、今年二月に富士火災海上保険が保険金算出のシステムのプログラムミスなどで、自動車保険など約一万四千件の保険金未払いが判明した。

 また六月になって、ソニー損害保険も事務の不手際などにより自動車保険を中心に約六百件の未払いを公表した。

 相次ぐ事務的なミスに伴う保険金未払いに加え、明治安田生命保険の不当な保険金不払いの発覚を受け、大手損保も過去にさかのぼり調査する必要があると判断した。

276 :無責任な名無しさん:2005/08/07(日) 21:30:57 ID:3vuAJ4Q1
損調にいたけど、この分野では訴訟も含めて総合職はおろか
アジャスター、事務職員にまである意味ノウハウというものが
いきわたってる。
結果がある程度わかっているだけに(損保職員はそう思っている)
それを想定した交渉を最初からしてくる。
んで、訴えたければどうぞというスタンス。
交通事故訴訟に本当に精通している弁護士なんてそんなにいるわけでは
なく、各地域で精通している弁護士は損保会社が顧問契約を結んでいる。
被害者なんかが雇う弁護士は交通事故なんて扱ったことないやつばっかで
当然法廷戦術なんて損保の雇う弁護士にはかなわない。
よっぽど損保側が理不尽な主張をしないかぎりは損保側が負けることはない。
負けた場合は結構ニュースになるよ。
こういう積み重ねが損保職員の非人間的で横柄な対応になるわけ。
「格落ちを認めろ!」というと「法的な賠償範囲から考えてどうかと思います」
と機械的に答える。心の中では文句があるなら訴訟起こせば?って感じでね。
訴訟なんて日常茶飯事なんでかえって訴訟になったら担当者の手から離れるんで
精神的に楽になるだけ。こういう背景を考えて担当者の対応を見てみれば?


277 :無責任な名無しさん:2005/08/13(土) 14:09:31 ID:mvFHHQTc
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200508110007a.nwc

非自動車で明暗 主要損保9社4−6月決算 5社が増収確保
2005/8/11

 主要損害保険九社の二〇〇六年三月期第1四半期(四−六月)決算(単体)が十日、出そろった。
メーカーなど一般事業会社の売上高にあたる正味収入保険料は、損害保険ジャパンなど五社が増収を確保する一方、東京海上日動火災保険など四社が減収となった。
 各社の収入の五割前後を占める主力の自動車保険の苦戦を火災保険や傷害保険などの非自動車分野で補えたかどうかが、〇五年度最初の四半期決算の明暗を分けた。
 九社合算の正味収入保険料は一兆七千八百億円と、前年同期に比べ0・4%増加した。無事故割引の進展で保険料単価が落ちた自動車保険の苦戦を医療保険を中心とする傷害保険の伸長で補ったことが寄与した。
 損保ジャパンは自動車保険を含む全商品でプラスを確保したほか、三井住友海上も自動車損害賠償責任保険を除く全種目で増加。
半面、東京海上日動は、火災保険の再保険(保険責任の一部を他社に出したり引き受けたりする取引)の出費が一時的に膨らんだことで減収となったほか、日本興亜損害保険も自動車保険の減収をほかの商品で吸収できなかった。
 収入面では各社ごとに濃淡が出たものの、利益面は好調に推移したもよう。四半期決算で経常利益などの利益項目を開示していないが、この期間中の自然災害が少なく、大きな保険金支払いが生じなかったためだ。
 四−六月期は増減収マチマチとなったが、七月以降の各社の営業成績を見ると、軒並み前年同月に比べ増加している。
また八月には東京海上日動などで自動車保険の期待の新商品が投入された。
 八−九月にかけて、昨年のような相次ぐ自然災害に見舞われることがなければ、九月中間決算に向け、収入、利益両面の改善が見込めそうだ。

278 :無責任な名無しさん:2005/08/14(日) 20:03:18 ID:p/7ST2YW
>>273
保険会社の代行が合法ねえ。
どうせなら代理権自体否認すりゃいいのに。

代理否認するなら保険は下りませんと言われたら、じゃあ本人から取るからすっこんでろとでも言ってやれよ。

保険会社と被保険者との契約は、請求者には何の関係も無い話だからな。

279 :無責任な名無しさん:2005/08/14(日) 20:28:06 ID:p/7ST2YW
過去ログ読むと似たような事例で戦ってるのがいるな。

でも、代理権を当事者が否認するならともかく、制度上の脱法行為というのは無理があるだろ。
保険会社が任意で営業することは可能=弁護士のように代理人として強制的に認められる、では無いからな。

280 :無責任な名無しさん:2005/08/20(土) 10:03:58 ID:77byPEWA
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20050817mh04.htm

自動車保険一部未払い 大手損保5社 被害数万件か

 大手損害保険5社は16日、自動車保険などの保険金の一部で未払いが判明したと発表した。
各社は8月末をめどに未払いの件数や保険金額などを発表するが、業界全体で数万件に達するとの見方も出ている。

 未払いが判明したのは、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険、あいおい損害保険、日本興亜損害保険で、
いずれも自動車保険の加入者が事故後に代車を借りた費用などを補償する、オプション契約の部分で保険金の支払い漏れがあったという。

 生命保険業界では、明治安田生命保険が、保険金の支払いを不当に拒否していた事件が発覚したが、損保各社は
「明治安田のケースとは異なり、コンピューターシステムの不備と、支払い時のチェックが不十分だったことが原因」
(大手損保)としている。

 各社はフリーダイヤルを設置し、契約者からの問い合わせに応じる。
東京海上日動=0120・522・375、
損保ジャパン=0120・103・812、
三井住友海上=0120・925・936、
あいおい損保=0120・675・101、
日本興亜損保=0120・950・058。
                                      (2005年8月17日 読売新聞)

281 :無責任な名無しさん:2005/08/27(土) 16:27:43 ID:9avC1b/l
症状固定なぞと言うものは医学的にも法的にも根拠なし。

282 :無責任な名無しさん:2005/09/03(土) 09:50:11 ID:MNmOu2UO
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005090201002553_Economics.html

業界全体で10万件規模も 損保の保険金支払い漏れ
 大手損害保険各社が社内調査している損害保険金の支払い漏れの件数が、過去3年間の合計で1社当たり1万件以上、
金額でも数億円規模に上ることが2日、分かった。
損保業界全体での支払い漏れ件数は10万件規模になる可能性が出てきた。
 損保各社は9月中にも調査結果を公表。
これまで判明した支払い漏れについて、順次契約者に保険金を支払っているが、再発防止に向けての本格的な取り組みが急務となる。
 各社は2月に富士火災海上保険で保険金支払い漏れが発覚して以降、社内調査を実施。
当初は「数千件規模ではないか」(大手損保)との見方もあったが、調査を進めるにつれ支払い漏れのケースが続出。
調査結果を8月中にも公表する考えだったが、9月以降にずれ込む。
                   First upload: 9月2日18時47分

283 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 09:22:30 ID:o8/klKxo
保険金支払い漏れ=払い渋りの証明である。
支払いもれは、システムの不備
そのシステムとは、現在、保険金額は、被害者直接請求権を根拠に、加害者と保険会社は、金払うのだから立場が一緒という理論で加害者の賠償交渉をする中で決定される。


加害者と保険会社は、立場が異質であることは、この報道事実が証明している。被害者は、保険契約者でないから保険契約の内容は全く知らないのである。保険会社が、
加害者の代理をして、保険約款で当然加害者に負うべき範囲の賠償義務を加害者にまぬがねさせれば、利益相反があるということである。


284 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 09:57:59 ID:o8/klKxo
>>279
制度上の脱法行為??
そんな主張は訴訟ではしていないが、
加害者代理人は、加害者とは何ら連絡を取らず、損保に意見だけで訴訟していた。
加害者は、委任状交付の後、裁判がいつ開始したか、そこでどの様なことが話し合われたのか
何も知らされていない。

加害者代理人は、1審では損保の代理人をかねて業務を終了している。
つまり、既に損保から報酬を貰っているということ。
加害者は、保険金で支払わなければ賠償資力ないことを認めている。
加害者が内容も知らされず、保険金請求権が侵害される行為を為されていても
何も知らされずその是正が出来ない状況下では、加害者の債権者たる被害者には
債権者代位権が発生して、加害者に替わって債権の保全処置として、
保険会社の弁護士選任サービスに異議が述べられる。

また、公正迅速な裁判実現の為に設けられた、
弁護士法第25条1号2号は、弁護士の受任禁止規定である。
この規定にについては、依頼者の同意があっても受任できないとされている。
委任状の交付は、正当性を主張する要件とならない。
これに違反する授権があり、裁判の公正が妨げられた場合においては、
訴訟相手方は、当然に公正で迅速な裁判を求める権利があるのであり、
これを妨げる事実に対して、弁護士法違反の異議を述べることが出来る。

285 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 13:27:39 ID:CHKpDOcB
>>284
>債権者代位権が発生して、加害者に替わって債権の保全処置として、
>保険会社の弁護士選任サービスに異議が述べられる。
加害者に何らかの不利益があるんですか?
君に不利益があったからといって、それは根拠になりませんよ。

>弁護士法第25条1号2号は、弁護士の受任禁止規定である。
25条にどう違反してるんだい?
まさか加害者に代位してるから、加害者の弁護人は弁護できないとか言わないよね。

286 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 13:37:18 ID:o8/klKxo
あなたと議論するつもりは有りません。これは、上告事項なんでね。最高裁が判断を示せばよい。
高裁判断は有るんだから、判断しなければならない事由があったから、
高裁は判断したそれだけのこと。

判断が出たからには、最高裁がどうしようがかまわないのさ。
最高裁が認めたら、保険会社は全ての賠償責任保険に
示談代行弁護士選任サービスつけろよな。

ただし、保険料は上げたら違法だからね。これは、サービスでやって
合法なのだから。

287 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 13:37:40 ID:CHKpDOcB
>>283
そもそも>>280等にあるの支払い漏れってのは被害者に対する賠償部分ではない。
過失割合にかかわらずか相手の資力が無いとき等の、自分の借りた代車の費用保証でしょ。

お前の言ってることとは全く違う。

288 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 13:39:08 ID:CHKpDOcB
>>286
独り言ならチラシの裏に書いてろ、カスが!

289 :無責任な名無しさん:2005/09/07(水) 15:04:00 ID:o8/klKxo
かすは、損保

290 :被害者が被告???:2005/09/07(水) 23:57:52 ID:/gqjsguu
今週の金曜日
9月9日午後1時10分より
東京地裁民事27号法廷にて
交通事故被害者が事故加害者に何故か訴えられちゃった事件
第4回目被告側反論があります。

原告側の損保屋さんお抱え弁護士の言動が中々見物です。
前回の公判は中々の盛況ぶりでした。

ご興味のある方はお越し下さいませ。


291 :被害者が被告???:2005/09/08(木) 00:18:42 ID:JBGKv+fK
今週の金曜日
9月9日午後1時10分より
東京地裁民事27号法廷にて
交通事故被害者が事故加害者に何故か訴えられちゃった事件
第4回目被告側反論があります。

原告側の損保屋さんお抱え弁護士の言動が中々見物です。
前回の公判は中々の盛況ぶりでした。

ご興味のある方はお越し下さいませ。


292 :無責任な名無しさん:2005/09/13(火) 20:50:46 ID:VG2FctkL
保険会社の皆様、示談代行合法になったら、あらゆる賠償責任保険に示談代行をつけられるのかね。
これは、サービスで行なっているも、あなた方の合法の言い訳。
サービス付けて保険料値上げなら、弁護士法違反だからね。

東京海上・三井住友は私の業種の賠償責任保険を独占しているね。
合法のお墨付きでたらよろしくね。すでに会長に概略話しておいたから。
司法決定が確定すれば、堂々と請求しますから。
特に本社の見解を示した損保さんはよろしくね。

あらゆる分野の賠償責任保険に付けられるよう、司法の見解を広く広めてあげますから。
最高裁のお墨付き貰ってあげますよ。

293 :無責任な名無しさん:2005/09/15(木) 21:21:10 ID:TyFXJejh
>291交通事故被害者が事故加害者に何故か訴えられちゃった事件

実は私も平成13年の冬に子供が(幼稚園児6歳)住宅街の道路で
横断しようとして加害車両に気づき後退したが間に合わず片足を
轢かれ1.7mもひきずられた・・・・それから保険屋の代理店
が雑費の請求に応じて対応するも加害者からの謝罪は最初の2〜3回で
加害者が来ると子供が事故を思い出すので来てほしくないと言ったら
あっと言う間に3年がたち、その間は保険屋・加害者共全く連絡なし。
そして行政書士に相談し保険屋に話をするも無視・・・そして弁護士を
通じて話し合い(調停)するが相手はこともあろうかここのスレ通り
「交通事故被害者が事故加害者に何故か訴えられちゃった事件」
債務不存在確認訴訟が我が家に届き怒り心頭ですわい!!
非常に怒りが込み上げてくる!!!そして先日届いた相手の書いた嘆願書
には・・・@子供が飛び出して来たA私はその時5キロで走っていた
B私はその日は暇で急ぐ必要もなくのんびりとその道を通過していた
だと!このような走行スピードで1.7メートルも幼児を引きずれるので
あろうか!!!馬鹿物!!!くやしい・・・被害者が反論あるなら
この状況を覆す証拠を提示しなければならないなんて腐ってる。
どう考えてもおかしいのはわかるだろうが!!それよりも何故被害者
が訴えられてこんなにも苦しめられるのか・・・・


294 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 09:59:40 ID:q1GktGIu
>>293
私も同様時速8kmでぶつかったですから、同じですね。
時速8kmは、車の停止する直前の速度です。時速5kmなんてオートマッチク車では
ブレーキかけて続けて走らなければ維持できない速度ですよ。

破産法が変わったのを知っていますか。
加害者の賠償債務は、破産しても免責されない責務なんです。
しかも、犯罪被害者等基本法が本年4月1日から施行されています。
これには、加害者が第1義的責務を負うと前文で明示され、
被害者の権利は保障されなければならないと明示されています。

それでも、交通事故被害者だけは、全ての立証責任は被害者が負うとされ
なんら権利を保障されず放置されたままです。

私は、上告で司法機関が犯罪被害者等基本法制定を受けた、
被害者の権利に配慮した判断を最高裁に求めています。


295 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 10:54:17 ID:jOVA5+GQ
日本○亜損保 顧問弁護士 佐藤○明

http://www.mochizukiclinic.com/incho/incho2.html

296 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 14:11:56 ID:q1GktGIu
犯罪被害者等基本法は「犯罪被害者等」がみそ。
単なる犯罪被害だけではないのです。交通事故被害者も含まれます。

そして、法は国の責務・地方公共団体の責務・国民の責務も明らかにしている。
損保は国から許可を受けて営業している事業者。一般国民よりも責任は重い。
しかし、営利の為にはあくどいですね。

297 :無責任な名無しさん:2005/09/16(金) 20:33:01 ID:JXJK1Bq2
>294
先程このスレを読む前に★裁判官は世間知らず Part3★を覗き
あなたの書き込みを見つけ興味深く読ませていただきました。
そして、この板に来たらいるじゃないですか!あなたが!
とても心強いご意見ありがとうございます。
毎日、加害者から発せられた言葉や行いに怒りが込上げ司法も腐って
いるとなれば被害者はどうなるんだろいう・・・・異常だ・・・
何回も5キロで走行し検証したが減速時にブレーキペダルを踏み停止
寸前でないと出せないスピードであった。考えてもわかるだろう?
このような嘘だらけの証言が過失相殺に焦点が絞られ判決時にはそのまま
記載されてしまうのかと思うとなんのための裁判かと思う。
過失相殺は私たちが保険屋の第三者調査機関が報告した比率は被害者0.5
で加害者9.5であった(行政書士さんが保険屋に出向き確認した)
にもかかわらず裁判の告訴状には2:8と書かれていて愕然とした・・・
そのまま気づかず反論していなければと思うとゾっとする。
ちなみに調停時はこちらの請求額の40%を認めて和解案を出してきたが
和解が無理だと判断?したのか調停にも来ず「債務不存在確認訴訟」で
訴えられた。そしてそこに記載されていた保険屋の保障額は請求額の20%
まで減額されていたのである!こちらは行政書士を通じて適正額を請求
しているのにこの態度には閉口である。もちろん加害者も「飛び出してきた!」
と延々と繰り返し謝罪も全くない。侘び状を要求として次回の裁判時に求める
つもりです。現場検証はビデオ片手にスピードメータ撮りながらリアルに
仕上げて証拠として提出予定。第三者意見書も準備中です。裁判は孤独な戦い
とありますがこのような場で貴重なご意見をいただき感謝してます。

298 :無責任な名無しさん:2005/09/28(水) 08:31:14 ID:CRpyDObK
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-27/2005092715_01_2.html

2005年9月27日(火)「しんぶん赤旗」
損害保険不払い
16社で16万件、67億円 各社調査で明るみに
大量の特約で契約集め、履行せず

 損害保険各社が契約者に支払うべき保険金を支払っていなかったケースが次々と明るみに出ています。
各社が過去三年分を調査し、これまでに判明した不払いは十六社で合計十六万件、総額約六十七億円にも上ります。
このほか三社と外資系の損保会社も調査を進めており、不払い件数はさらに膨らむ見通しです。
生命保険に続いて判明した保険金不払いに消費者の信頼が大きく揺らいでいます。
 保険金の不払いは火災や傷害の保障もありますが、ほとんどが自動車保険に集中しています。
自動車保険のなかでも、車の修理代や被害者への賠償などの主契約ではなく、
見舞金や代車費用など付随的な「特約」での不払いが大半を占めています。
各社は一様に「保険金支払いシステムのチェック機能が不十分だった」からだと説明していますが、
なぜそうなったのかの具体的な説明はありません。
 大手損保会社、損保ジャパンに勤務するベテラン社員は、激化する競争のなかで顧客を獲得するために
大量に開発された特約が支払い業務を複雑にし、結局、支払わないままの特約が増えたと指摘します。
 「一九九八年の保険料の自由化以降、保険業界の競争は激化しています。
契約者を取り込んでいくために百種類以上の特約が開発されました。それに伴い約款も頻繁に改定されています。
そのスピードにシステム開発や社員の業務知識が追いついていない現状があります。
ギリギリの人員配置で業務に当たっているため、社員が支払い業務の全体を点検する余裕もありません。
保険の使命を忘れがちになってしまいます」

299 :無責任な名無しさん:2005/09/28(水) 08:32:55 ID:CRpyDObK
 損保会社は保険金を支払うさい、契約者への支払いや被害者への賠償を優先させ、
特約の処理は後回しにするため、特約の支払い漏れが生じやすくなります。
契約者が請求しなければ保険金を支払わない場合が多く、請求のない特約については支払わないケースが続出しました。
 前出の社員は強調します。
「これは経営ミスです。経営陣の社会的な処分はあってしかるべき。
契約者を裏切る結果になるような過当競争はやめて、産業としてしっかり立て直すことが必要です」

■不払いは構造的問題
 保険評論家・佐藤立志氏の話
 損害保険業界の保険金不払いは構造的な問題です。
損保会社は特約の保険金支払いで自腹を切らなければならないので、なるべく支払わないようにしています。
さらに、本社に保険金を請求する代理店は、請求件数が増えると本社からの報酬が減ることになる。
そのため契約者に保険金が下りることを伝えないということが起きています。
各社の調査が過去三年しかさかのぼっていないことも問題です。
それ以前にさかのぼると阪神淡路大震災など支払わなければならない案件が大量に出てくる。
そのような事態を避けるため、わからなければ保険金は払わないという姿勢です。
 行政が損保会社をきちんと指導していくことが求められています。

300 :無責任な名無しさん:2005/09/29(木) 00:33:17 ID:5gGnpKEu
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050927-00000013-mai-soci
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050927k0000m040146000c.html

<むち打ち症>土浦検察審査会が不起訴不当「軽傷ではない」

 被害者がむち打ち症の「真相」とされる脳脊髄(せきずい)液減少症になった2件の交通事故で、
取手区検(茨城県)が「事故は軽微」として不起訴とした加害者2人について、土浦検察審査会は26日、不起訴不当を議決した。
審査会は「被害者のけがは重く、軽微な事案でない」と判断し「むち打ち症は軽傷」とみなしてきた捜査当局に、再考を促した。
事故との因果関係を初認定した福岡地裁行橋支部の民事判決(今年2月)に続き、同症は刑事手続きでも重い被害と認められた。
議決に法的拘束力はないものの、検察側は再捜査することになる。
 同審査会が26日、審査を申し立てた茨城県内の高校教諭の女性(40)=埼玉県在住=に伝えた。
それによると、不起訴不当の理由は
(1)女性は現在も入退院を繰り返している状態で、仕事の復帰のめどが立たないほど被害が重い
(2)加害者は女性との示談が未成立で、反省しているといえない
――などとした。
 女性は車を運転中の00年10月、男性(38)の車に追突された。
激しい頭痛が続いて体もしびれ、頚椎捻挫(けいついねんざ)や外傷性頚髄(けいずい)硬膜外血腫、バレ・リュー症候群と診断された。区検は事故翌月に、加害者を不起訴とした。
 その後、女性は自動車損害賠償責任(自賠責)保険の後遺障害で14級(局部に神経症状を残すもの)に認定されたが、
治療中だった02年11月、車で通勤中に一時停止を怠った女性(44)の車と衝突。
症状が悪化したが、区検は03年1月、この事故でも加害者を不起訴にした。
 女性は最初の事故の後から入退院を繰り返し、昨年9月に脳脊髄液減少症と診断された。
専門の治療で症状は好転しているが、今も高校を休職中だ。
交通事故で同じ症状と診断された患者は、全国で1000人以上と推計されている。
 ▽吉浦正明・水戸地検次席検事の話 議決を重く受け止め、適正に再捜査、処理に当たりたい。
【渡辺暖】
(毎日新聞) - 9月27日3時7分更新

301 :無責任な名無しさん:2005/09/29(木) 00:34:02 ID:5gGnpKEu
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050927k0000m040150000c.html

むち打ち症:被害者「不起訴不当の議決、重く受け止めて」

 事故の被害者がこんなに苦しんでいるのに、加害者が素知らぬ顔でいいのか。こんな思いに26日、土浦検察審査会が応えた。
脳脊髄(せきずい)液減少症を患い、検察が不起訴としていた事故の加害者について審査を申し立てた
茨城県内の高校教諭の女性(40)=埼玉県在住=は「不起訴不当」の議決をかみしめた。
「軽いむち打ち」と事故被害を位置づけた加害者や捜査当局。女性は「議決を重く受け止めてほしい」と訴えた。【渡辺暖】
 「軽い事故でも大きなけがをすることに、驚きました」。
土浦検察審査会からの連絡はこの日午後3時ごろ、電話であった。女性はすぐに夫(39)の携帯電話に連絡。
「とりあえず、よかった」と言葉が返ってきた。
女性は「周りに理解されないことが一番つらかった。初めて分かってもらえた。謝罪の言葉が聞きたいだけなんです」と涙をぬぐった。
 最初の事故は、ありふれた追突事故だった。
車の傷は小さく、追突してきた男性(38)は「急いでいる」と警察に届けようとさえしなかった。
事故の瞬間、体がしなって首に痛みが走ったが、現場は勤務先の高校に近かったため、高校から警察に電話した。
診断は頚椎捻挫(けいついねんざ)などだったが、次第に首、肩、腕が痛くなり、事故5日目に学校でおう吐した。
長い闘病生活の始まりだった。
 2度目の事故も「ささい」で、加害者の女性(44)は「子供の試験がある」と現場を立ち去った。
だが、事故を機に症状はひどく悪化した。
 2人の加害者は、事故の補償を損害保険会社に任せたまま。
その損保も「脳脊髄液減少症の治療費は認めない」と強硬だ。
加害者からは謝罪の言葉もなく「つらさを分かってほしい」と思い切って電話すると「(金目的で)長引かせているんでしょ」と電話を切られた。

302 :無責任な名無しさん:2005/09/29(木) 00:35:45 ID:5gGnpKEu
 今年7月、検察庁で捜査記録を閲覧した。現場と合致しない見取り図が付けられていた。
「これではどちらが悪いのか、はっきりしない。加害者たちは私の苦しみを知らないでいる」
と思うと我慢がならず、審査会に申し立てた。
夫と2人で同症に関する資料や新聞記事を審査会事務局に届け、この日の議決につながった。

 ◇解説 「軽傷の常識」見直し迫る

 交通事故に遭い、脳脊髄液減少症に苦しむ被害者からは
「検察官や裁判官がこの症状を知らないため、被害に比べて加害者の刑事処分が軽過ぎる」
という不満が渦巻いている。
こうした中、加害者の不起訴処分を「不当」とした土浦検察審査会の議決は、
検察当局に「むち打ち症は軽傷」という「常識」の見直しを迫ったといえる。
 事故で同症になった被害者は、この症状を知る医師が極めて少ないため、
例外なく事故直後に「むち打ち」「頚椎捻挫(けいついねんざ)」など別の傷病名で診断されている。
同症と診断されたとしても、事故との因果関係が問題になり、
労災や損害保険の支払い、民事訴訟での損害賠償がほとんど認められていないのが現状だ。
 刑事処分を判断する際、被害の程度が大きく考慮されるのは当然だが、
同症の場合、検察当局が「むち打ち症の軽傷」として加害者の刑事処分を決めているところに問題がある。
さらに、仮に脳脊髄液減少症が考慮されても、通常は同症と判明するまでに数カ月〜数年かかるため、
既に刑事処分が決定してしまっている可能性が高い。
 刑事と民事は別々の手続きだが、刑事処分の結果が、当事者間の示談交渉や民事訴訟に与える影響は大きい。
検察当局は刑事処分の検討にあたって、脳脊髄液減少症の可能性を念頭に置いた慎重さが求められる。【渡辺暖】
                                           毎日新聞 2005年9月27日 3時00分

303 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 16:12:42 ID:F6TVP1TS
>293

来月11月2日午前10時30分より裁判です。(和解期日)
交通事故被害者が事故加害者に何故か訴えられちゃった事件

私の弁護士から和解しては?と助言がありましたが判決まで戦いたい!
裁判官の和解条件は加害者側の提示賠償金:被害者側の請求賠償金
(1:5)の間より少し色をつけ3と言ってます。
それに対し加害者側の回答はまだ知りません。

和解が良策なのか判決が得策なのかご教授願いたいです・・・
それと私の弁護士に相手が事故時と全く違う供述を嘆願書と言う形
にて裁判官に提出しているが納得がいかないので送付嘱託申立書にて
【不起訴事件記録中の供述調書等】を請求したいと言ったが
不起訴なら無理だし本件とは全くちがうので別の裁判をしなければ・・・
と言わたのですがそんなものなのでしょうか??????納得でんぞ!


原告側の損保屋さんお抱え弁護士の言動が中々見物です。
前回の公判は中々の盛況ぶりでした。

ご興味のある方はお越し下さいませ。


304 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 22:53:32 ID:YPJBM1BJ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051005k0000m040150000c.html

むち打ち症:刑事事件でも03年に認定 神戸地裁

 被害者が脳脊髄(せきずい)液減少症と診断された交通事故で、神戸地裁が一昨年、業務上過失傷害罪に問われた男性被告に対する
判決で、「被害者に外傷性低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)などの傷害を負わせた」と認定していたことが分かった。
この症状を被害と認めた刑事判決が明らかになったのは初めて。
脳脊髄液減少症は、軽傷扱いされがちな難治性むち打ち症の「真相」と注目されている。
治療期間が17倍になったこの判決は、今後の事故の被害認定の在り方や加害者の刑事処分に影響を与えそうだ。【渡辺暖、稲垣淳】
 03年9月の判決は禁固2年、執行猶予4年(求刑・禁固2年)だった。男性が控訴しなかったため、確定した。
 判決によると、男性は01年12月、大型ダンプを運転中、神戸市内の交差点で赤信号を見過ごし、
対向車線で右折待ちをしていた同市に住む女性(62)の乗用車と衝突。女性に大けがを負わせた。
 女性は当初、1カ月のけがとされたが、公判途中に脳脊髄液減少症で治療中と分かり、女性の訴えを受け、
検察側が訴因変更して脳脊髄液減少症を被害に追加。診断書やこの症状を扱った雑誌記事も証拠として提出した。
 判決で森岡安広裁判官(当時)は、女性の被害について、頭部外傷・裂創、腰椎(ようつい)圧迫骨折、頚椎捻挫(けいついねんざ)
に加えて、脳脊髄液減少症を認定したうえで、量刑理由の中で
「被害者に落ち度はなく、事故により加療約1年5カ月以上を要する傷害を負わされ、結果は重大。肉体的・精神的苦痛は甚大」と述べた。
 刑事裁判は民事裁判よりも事実認定が厳格だとされる。
被害実態を正確にとらえた今回のような判決が増えれば、被害補償に消極的な損害保険会社も対応の見直しを求められることになる。
 この事故は、被害者が重傷だったことなどから加害者が不起訴や略式起訴で済まされず、起訴された。

305 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 22:54:07 ID:YPJBM1BJ
 しかし、脳脊髄液減少症をめぐっては、被害者が複数の医療機関を受診し、ようやくこの症状と診断された時点では、
既に「むち打ち症の軽傷」を前提に刑事処分が決められているケースが目立つ。
 こうした事態が繰り返されることを防ぐために、国は脳脊髄液減少症の研究に力を注ぎ、
早期発見を可能にするガイドライン作りなど、社会基盤を整備することが求められる。

 ◇女性の訴えに検察官が被害を追加
 「私が訴えないで、誰がこの苦しみを分かってくれるんか」。飲食店を経営する被害者の女性(62)は今も入院を強いられている。
痛む体をひきずるように検察庁や裁判所に通い、症状の深刻さを訴えた日々を思い出し、涙をぬぐった。
 事故は4年前の年末だった。クリスマスの買い物をして車で帰る途中、大型ダンプが突っ込んできた。意識不明が数日間続いた。
頭の中に大量の出血があり、左腕にはガラス片が無数に残っていた。腰骨も折れた。
何よりも「ミキサーでかき回されている」と思える頭痛が続き、「首から上を取り換えてほしい」と周囲に訴えた。
視力も聴力も低下した。半年後、脳脊髄液減少症を知り、治療のため神戸市内の入院先から神奈川県の病院に通い始めた。
 そんな時、加害者の刑事裁判を知り、家族に支えられて傍聴した。「こんな小さな事故じゃない」と怒りがこみ上げた。
検察官に面会し、脳脊髄液減少症のつらさを伝えた。検察官は「何のことですか」といぶかったが、
「被害者の気持ちを考えてほしい。どういうけがなのか、徹底的に医者に聞いてください」と頼み込んだ。
 検察官は、女性を診断した医師に何度も連絡を取って症状の説明を求めた。資料も送らせた。
03年5月末、検察官は起訴事実を変更し、「脳脊髄液減少症」を被害に加えた。

306 :無責任な名無しさん:2005/10/08(土) 22:55:00 ID:YPJBM1BJ
 「もともと髄液が漏れていたんじゃないですか。治るんですか」。被告の弁護人は被害を訴える証言台の女性に質問した。
「事故前は頭痛一つなかった。この症状について何も調べないで、よく無神経な質問ができるものだ」と悔しくてならなかった。
しかし、裁判官は、足元がおぼつかない女性の体を気遣いながら、訴えに耳を傾けていた。
 判決の日。女性が病院のベッドで寝ていると、枕元の電話が鳴った。
「必死に被害を訴えていたあなたの姿が見えなかったので、裁判官が心配しています」。裁判所職員だった。女性は言った。
 「判決を見届けたかったけれど、行けなかった。長い間ありがとうございました。
裁判官と検察官に伝えて下さい。お二人の真心は十分私に伝わりました」
                                  毎日新聞 2005年10月5日 3時00分

307 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 03:25:08 ID:Rgcf4ND7
知人の友人が「債務不存在訴訟」を、共済(=交通事故保険会社)から仕掛けられた。
加害者の過失割合は100%であることは、共済代理人(一応加害者代理人)も認めている事例(赤信号停車中の被告車両に加害者大型車両が激突。)である。
主たる主張に付帯事項が付加されていて「最大200万円の支払いにより債務不存在」の主張である。
200万円の対象賠償項目は、積極的損害賠償となる入院・通院期間慰藉料(裁判所基準計算)である。
当方は、最大賠償額となる消極的損害賠償となる、入院・通院期間の休業補償が「0査定」であることを抗弁理由に答弁書を作成し、提出した。
事実認定力が低下している最近の裁判官に対する初動「思い込み排除=注意喚起」のため、抗弁外付随主張を付加した。
事故加害者の訴訟代理人が保険代行サービスから派遣され、訴訟費用を受領していることから発生する事故加害者との「利益相反関係」である。
原告代理人は、加害者の業務上過失傷害罪立件回避のために重要な示談成立を優先せず、保険金支払額減額を主目的とする行動を執らざるを得ず、弁護士倫理上の問題点を指摘した。
可也気にしたんでしょうね、直ちに抗弁してきました「事故加害者が刑事罰を受けるのは当然であるから何ら利益相反行為に当たらない。」
・・たまりませんね、事故加害者として保険金が下りるためには保険会社の言いなりに行動しなければならないとしても・・形式的ではありますが一応自己の代理人ですから。


308 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 07:08:09 ID:EQfh1Z22
>>307 同感です。
>原告代理人は、加害者の業務上過失傷害罪立件回避のために
>重要な示談成立を優先せず、保険金支払額減額を主目的とする
>行動を執らざるを得ず、弁護士倫理上の問題点を指摘した。
>可也気にしたんでしょうね、直ちに抗弁してきました「事故
>加害者が刑事罰を受けるのは当然であるから何ら利益相反行為
>に当たらない。」

似たような反応です。



309 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 09:27:38 ID:o8p2Va26
307さんレスありがとうございます。
供述調書が見れない苦しさ・・・・相手の誠意の無さ・・・
検察審査会制度を利用し不起訴処分について当否の審査をしてもらう
つもりです。それと詫び状請求と被害者の書いた(現在小学高学年)
上申書を裁判官に提出する予定です。

310 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 11:37:33 ID:EQfh1Z22
>>307
加害者と保険会社の間に利益相反は存在しない。
これは、弁護士・損保は認めることが出来ないのです。
認めたら30数年間にわたって、法律の専門化が関与して人権侵害を行なってきたことを
認めるようなものだからです。そして、これについて裁判所は判断を避ける。これが、暗黙の了解事項のようだったようです。



311 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 11:38:03 ID:EQfh1Z22
しかし、私の裁判において、高裁は弁護士法違反の判の異議に対する判断として、判断を示しました。
被害者直接請求権の規定が約款にあれば、被害者に賠償金を払う加害者の法的立場と、
保険金として賠償金額を直接被害者に払う損保の法的立場は同一。利益相反は無い。これが、高裁判断です。
現在最高裁へ上告中です。これを正しいとして行くのか是正するのか、
最高裁の判断を明確に示すことを求めている。

312 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 11:44:57 ID:EQfh1Z22
私の裁判においては、加害者の代理人は、期日さえも何時有ったか知らせることも無く
訴訟を損保の指示行なっていたことは、加害者が電話で語っており、証拠としてテープ及び
録取書で出ています。この事実に対する判断であることを示した上で、
高裁は、それでも利益相反にはあたらない合法と判断しました。
そして、筆が滑って示談代行制度も同様の理由で合法と認めました。
司法は、これを合法として今後も事故被害者に犠牲を強いるのかもしれません。


313 :無責任な名無しさん:2005/10/09(日) 12:03:01 ID:EQfh1Z22
しかし、これを認めたら、今年4月から日弁連が施行している執務規定が飛びますよ。
依頼者の意思決定を尊重したり、依頼者への説明義務も飛びますからね。
委任状交付があれば、訴訟代理人が加害者無視で損保と何でも出来る。
どこに、自己決定が保障されているのですかね。
今、自己決定権の尊重が、国際レベルで注目されているが、
日本の法律家の人権レベルが、どの程度なのか、最高裁の判断で分かると思います。

314 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 09:05:24 ID:pvqB6fCJ
法務省は、1911年(明治44年)の制定以来、実質的に一度も改定されていない、
商法の保険契約に関する条文を抜本的に見直す方針を固めた。省内に大学教授や
保険会社の関係者ら有識者で構成する研究会を設置。現代の保険事情に即した
法改正のほか、新法制定に向けた議論を行う。同時に、文語体で記されている
条文の表記を平仮名口語体に改定する。 
(時事通信) - 10月8日7時0分更新

BY YAHOO NEWS


315 :無責任な名無しさん:2005/10/11(火) 09:06:31 ID:pvqB6fCJ
私が高裁に出した意見書、上告理由書は既に政治家に渡してある。
利益相反なし、これを確定させるか最高裁、判断をお待ちしております。

316 :ヤラレタ:2005/10/12(水) 16:53:08 ID:iVXsZIsS
銀行の駐車場に車を留めていたら「駐車禁止!」の貼紙がのりで4箇所ベタ付けされた上、
傷も少し付いていた。無断駐車したら車に傷つけいていいような法律はあるんでしょうか?
また、車を守るような法律はあるんでしょうか?そこには、「無断駐車禁止」の看板はある
ものの、それ以外のことは書いてなかった。留めていた僕も悪いけど、傷をつけるのは、
ひどいんじゃないかなぁ・・・・まだ新車なのに・・・
どなたか教えてください。

317 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 22:24:59 ID:ZgD540Pj
>>291

被害者の損害は十分に填補されているのに、
交通事故の加害者が被害者に何故か訴えられちゃった事件

債務不存在確認訴訟を提起した保険会社が詐病野郎に反訴されちゃった事件

ヒマだったらお越しくださいませ。


「公判」   刑事訴訟。

318 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 22:38:47 ID:ZgD540Pj
>>297
>こちらは行政書士を通じて適正額を請求しているのにこの態度には閉口である。

弁護士を通じて適正額を請求したつもりでしたが・・・・・・・
敗訴しました。

こんな奴もいる。 

319 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 22:52:36 ID:ZgD540Pj
>>317の追加
保険会社が債務不存在確認訴訟を提起することが変なのか?
保険会社の主張が認められることもあるのだが。

320 :無責任な名無しさん:2005/10/12(水) 23:36:45 ID:rINfm674
>>319
>保険会社が債務不存在確認訴訟を提起することが変なのか?

その訴訟は、保険会社が、原告なのか?
それとも、保険加入者の名前を便宜上、使うのか?

前者なら少しも変じゃない。
後者は、かなり歪。


321 :源太郎。:2005/10/13(木) 00:41:48 ID:4jufx1LF
保険会社が債務不存在確認訴訟を提起することは全然おかしくありません。
被害者が過大要求していることもありますから・・・

322 :----:2005/10/13(木) 01:26:42 ID:l3jPnG0n
道路(公道・私道の別を問わず)を駐車場代わりに使うことについて、少し、思うことを述べさせて頂きます。

【きちんと駐車場を借りてらっしゃる方々へ】
皆さんは駐車場代として、幾らくらい払ってらっしゃいますか? 仮に毎月5千円としましても、年間6万円ですね。
駅から近いところに住んでらっしゃる場合、地域にもよりますが、毎月2万円、年間24万円くらい払っている方もいらっしゃることと思います。

さて、道路に我が物顔で、車を毎日置いている方は、近所にいらっしゃいませんか?
彼らは、堂々と犯罪を犯し、年間6万円から24万円くらいのお金を浮かせているのです。
もしも、かれらの年収があなたと同じだと仮定すると毎年6万円から24万円くらい(もしかしたら、それ以上に)あなたより贅沢な暮らしをしているわけです。
あなたと同じ年収なのに、犯罪を犯すことによって、です。腹が立ちませんか? 当然、腹が立ちますね。
しかも、近所にそういう方々が大勢いらっしゃいますと、結構、通行の邪魔だったりもします。

そういった方々を懲らしめる唯一の方法、それは、地道な通報です。
自分の家の近所で、そういう車両を見かけたら、出来る限り警察に通報し、彼らを懲らしめ、駆逐しましょう。
皆さんの力で、日本の道路を綺麗にしましょう。


323 :無責任な名無しさん:2005/10/13(木) 01:42:19 ID:FRjuB81b
>320
297ですが私の場合は債務不存在確認訴訟の原告は加害者です。
保険会社の名前間は全く出てきません。
それと請求額ですが弁護士とも相談し過大要求ではなく判例に基づき
算出していますので適正であると思います。
>318 
何かやりきれませんね・・・敗訴・・・・私は弁護士に判決まで戦い
ますから和解はしません!と意思表示しましたが「極端に言えば判決で
0円とか大幅な減額も考えられるので、そういった危険性もある事を認識
しておいて下さい」ときつく言われました。

あ〜!!訴状を読み返すと怒りが込上げ眠れない・・・です。


324 :無責任な名無しさん:2005/10/13(木) 07:52:06 ID:bKVtOx34
>>321
源太郎さん、保険会社が保険会社の訴訟としてやるならね。
この場合に、相手方は誰になるかね。保険金を払う加害者ですよ。
被害者と保険会社は契約の当事者でない。だから、被害者相手には出来ない。

保険会社は、加害者と被害者のあいだで決まった後、賠償額相当の保険金の
不存在を主張し、確認を求めるんだよ。

325 :無責任な名無しさん:2005/10/13(木) 07:58:20 ID:bKVtOx34
加害者の賠償責任は、犯罪被害者等基本法前文が示すとおり、加害した者が
被害者に当然に果たすべき第1義的責任義務だ。
加害者の義務は、破産してもこの義務は免責されない。
加害者と契約した損保の義務は、契約上の義務破産したら免責される。
全く立場の違う損保が、しゃしゃり出て、被害者直接請求権があるから
加害者と同じだ。債務不存在だと契約もない被害者相手やってきたことが間違いだ。


326 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 18:33:39 ID:BLuqhaji
今日、最高裁から通知がありました。
事件番号が入り、審理することとなりました。

327 :源太郎。:2005/10/15(土) 19:11:14 ID:tqzZyfiM
>>324さんのおっしゃるとおりですが、
加害者の非の割合みたいなものが先んじて裁判で決まってしまうと、
保険会社はその賠償額に絶対的に拘束までされずとも大いに影響を受けます。
訴訟当事者に名前がなくても保険会社がしゃしゃり出る権利は保障されるべきでしょう。

328 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 19:30:39 ID:BLuqhaji
>しゃしゃり出る権利は保障されるべきでしょう。

ばかか、そんな権利はないね。お前らは、賠償額決定についての利害関係人でしかない。


329 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 19:33:09 ID:3as1VOiL
>>327
>訴訟当事者に名前がなくても保険会社がしゃしゃり出る権利は保障されるべきでしょう

保険会社が当事者として、あるいは、訴訟参加の形で法廷で主張するのであれば、
その立場と利害関係が明確ですが、
これまで言われているとおり、加害者の立場を装っての、会社の権利権益の図利行為が問題であり、
加害者・被害者にとって、極めて不明瞭であると考えられます。

実際のところ、加害者にとっては、支払い保険金額いくらか?
と言った問題は些細なことであり、何ら関心がないのが実情です。
むしろ、加害者代理人が法廷で被害者に対して行う攻撃により、
被害者が感情を害することに心を痛めているでしょう。


330 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 19:37:09 ID:BLuqhaji
>>329
私も保険会社が利害関係人として、裁判所が認めれば補助参加する余地はあると思う。
この点は、最高裁に上告で指摘している。
しかし、加害者の陰に隠れて裏で訴訟を操るような権利は、保障すべきでない。

331 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 19:40:35 ID:BLuqhaji
>>329
>保険会社が当事者として、あるいは、訴訟参加の形で法廷で主張するのであれば、
>その立場と利害関係が明確ですが、

この点は同意見です。上告でもこの点は、指摘しています。
しかし、加害者のかげに隠れて、裏で示談交渉や訴訟を加害者の名で仕切るような
権利は認められるべきでない。


332 :源太郎。:2005/10/15(土) 19:41:01 ID:tqzZyfiM
>加害者の立場を装っての、会社の権利権益の図利行為
は良くないと思いますが、

>実際のところ、加害者にとっては、支払い保険金額いくらか?
>と言った問題は些細なことであり、何ら関心がないのが実情です。
から、保険会社が困るんでしょう。

加害者も損害額がどうなるかを自分の問題としてとらえるようであれば、保険会社もしゃしゃり出なくてよくなります。
概して加害者も被害者も賠償金は保険会社が払うものとしか考えていないようです。

333 :無責任な名無しさん:2005/10/15(土) 23:59:23 ID:D7/DlMYh
>>332
>概して加害者も被害者も賠償金は保険会社が払うものとしか考えていないようです。

そのとおり。
双方が、保険会社が支払うものと認識しています。
刑事責任や行政上の責任は、加害者が否応なく負わざるを得ませんが、
保険に加入することで、被害者に十二分な補償をすることで、民事責任を免れるのみならず、
刑事上、行政上の責任についても情状酌量を得られるものと認識しています。

保険会社の利益のために、被害者の感情を害し、加入者の利益を損なうのは、
保険本来の理念に反するのもであると考えざるを得ません。


334 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 01:01:48 ID:OZYqjDZg
>>312
保険会社が示談の代行をすることに問題があるのか?????


335 :源太郎。:2005/10/16(日) 01:02:47 ID:mECe8sr4
>保険に加入することで、被害者に十二分な補償をすることで、民事責任を免れるのみならず、
>刑事上、行政上の責任についても情状酌量を得られるものと認識しています。

あくまで、加害者が法律上負わなければならない賠償義務分を、保険会社が肩代わりして払うのが損害保険制度である。
被害者の納得する額を払うシステムではない。
そのつもりで、掛金も計算されている。

336 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 01:38:45 ID:UjV0v6Ri
>>335
>被害者の納得する額を払うシステムではない。

その事実=補償内容を保険加入者に対して、
懇切丁寧に説明し、理解を得た上で契約していれば、何らの問題もないでしょう。

専門的な知識を悪用して、加入者の無知をいいことに、
保険会社の利益を偏重した業務内容であることは違法です。

サービス事業者の理念は、お客様の笑顔と満足です。
現在の保険会社は、サービス業として失格であると言えるでしょう。


337 :源太郎。:2005/10/16(日) 04:05:06 ID:l/hrzntL
>懇切丁寧に説明し、理解を得た上で契約していれば、何らの問題もないでしょう。
>専門的な知識を悪用して、加入者の無知をいいことに、

損害保険制度の基本原理は法律に書いてあり、
監督官庁のお墨付きを経た約款に反する業務内容ではないので、
自分の理解不足を棚に上げて、オレ様は客だとばかりに
法律に書いてない行為を求めて保険会社を責めるのは不当である。

一般に悪徳業者は監督官庁の認可等を得ない法律の基本原理に反する自分勝手な契約を
契約時に何らの説明もせず、
そこにハンコ押したんだから契約書に書いてあるからとの理由で
お客さんを丸め込んでいるが、
保険会社の主張は、法律の基本原則には反するものではないので、
保険会社の説明不足より加入者の勉強不足といえる。
法律の不知は保護されないのが法治国家の基本原則である。

338 :TTO:2005/10/16(日) 05:18:42 ID:2s/tixNJ
教えてください。
昨晩、自転車同士の接触事故をおこしてしまいました。
原因は私の信号無視です。
現場検証の時に、パニックになりありもしないことを口走ってしまいました。
そのことは訂正し、謝罪しましたが、相手方をより怒らせてしまいました。

相手方は被害者が未成年で、被害者の父は弁護士をつけて話し合いを
すると言っています。
自転車なので保険とかも入っていないですし、法律のこともよくわからないので

○今後やらなければならないこと。
○今後なにを注意して話し合いに望めばよいか。
○賠償金の算出のしかた。

をどなたか教えていただけないでしょうか。
申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

339 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 07:06:55 ID:m3qAgiC0
>>337
>おれさまは、客だ
馬鹿じゃないの。損保の客は加害者。
被害者は、加害者に事故で人権を侵害された、被人権侵害者。
犯罪被害者等基本法を勉強しなさい。
この法律は、全ての国民に被害者救済の協力義務を負わせている。
損保は、国の許可を受けた事業者、一般の国民より思い義務を負っている。
お前らは、加害者の責務を果たすために、加害者が契約した加害者の義務履行者だ。

340 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 08:42:00 ID:GIUx7shk
>>339
正解。

>>337
間違い。
民法の信義則、暴利行為の禁止はどう解釈するつもりなんだコラ

341 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 08:47:01 ID:GIUx7shk
てかさあ、損保側がそこまで言い切るなら、法律や判例などを全て知ってるのが当然なんだよね。

保険担当者が変なことを言って客に不利益を与えようとしたら、全て”詐欺”で訴えますよ^^
当然被害額は会社側も連帯責任で、担当者はブタ箱送りね^^

342 :源太郎。:2005/10/16(日) 12:28:18 ID:+Ub2Yf17
>加害者の責務を果たすために、加害者が契約した加害者の義務履行者だ。

そのとおりですが、損害賠償額は被害者の言い値ではありません。
法律上加害者が負うべき義務分を保険会社が支払うのです。

これこれの額が法的に見て加害者の義務分だと主張されるのは良いですが、
加害者が謝って被害者の言い値を払おうと言っているのに保険会社が値切るのは不当だとはいえません。
信義側、暴利行為の禁止も含めて、加害者の義務分はこの額まであると裁判で主張されれな良いと思います。

ちなみに私は地方公務員でして損保関係者ではありません。
気持ちはわからないではないが法的には間違っていることを主張される人に対応する者として口出ししてしまいました。


343 :源太郎。:2005/10/16(日) 13:25:24 ID:+Ub2Yf17
信義側→信義則
主張されれな→主張されれば


344 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 20:32:35 ID:m3qAgiC0
>>342
あなたが言っていることは、加害者と保険会社の間には、
利益相反の関係があることを認めていることになるのですよ。
つまり、損保の顧問弁護士が、加害者の代理を受任できない
立場であることを認めることになる。

345 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 23:50:59 ID:CtGMC2xp
>>344

嫌なら、損保と契約をしなければいい。

事故の相手に金を払いたければ、自分で払えばいい。

346 :無責任な名無しさん:2005/10/16(日) 23:58:53 ID:4OEcc0gF
>>342
>被害者の言い値を払おうと言っている
加害者が、被害者に対して請求金額を支払うと言った場合は、
請求金額を支払うべき法律上の賠償責任を負ったものと考えられます。
従って、保険約款の規定に基づき、速やかに支払うべきでしょう。

その上で、当該支払い保険金額が不当、違法であると主張するならば、
当該不法行為について法廷で争われたら如何でしょう?

347 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 00:09:12 ID:/5/b/PAj
>>388
「スレ」違い。
「相談」スレへ。

>賠償金の算出のしかた。
「民法第416条」「民法第722条」を読んでみる。
よく分からなければ、専門屋に相談した方がいい。

>今後なにを注意して話し合いに望めばよいか。
安易に「念書」なんか差し出さない。 
安易に妥協しない。

>今後やらなければならないこと。
自分で調べるか、専門屋に相談してくれ。

348 :源太郎。:2005/10/17(月) 00:49:57 ID:YgAa8oN5
>あなたが言っていることは、加害者と保険会社の間には、
>利益相反の関係があることを認めていることになるのですよ。

対被害者で、加害者の得は保険会社の得、加害者の損は保険会社の損、
だから利益相反ではないのでは???

>被害者の言い値を払おうと言っている
>加害者が、被害者に対して請求金額を支払うと言った場合は、
>請求金額を支払うべき法律上の賠償責任を負ったものと考えられます。
>従って、保険約款の規定に基づき、速やかに支払うべきでしょう。

約款には
加害者が保険会社に何の相談もなしに示談してもらっては困ります
という趣旨の規定があります。

349 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 01:14:49 ID:B/LzwUVz
>>348
>加害者が保険会社に何の相談もなしに示談してもらっては困ります

では、約款には、何の相談もなしに示談した場合、
保険金は一切支払われないとする合法的な規定がありますか?


350 :源太郎。:2005/10/17(月) 01:24:03 ID:YgAa8oN5
>保険金は一切支払われないとする合法的な規定がありますか?

一切支払わないとまでなるとその約款は公序良俗違反か信義則違反か何かで無効といえるでしょう。
ただ、加害者の勝手な示談には拘束されず、きちんと算定した額までしか支払いませんというのはOKでしょう。


351 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 01:27:26 ID:B/LzwUVz
>加害者の得は保険会社の得、加害者の損は保険会社の損、

保険会社は、被害者感情を加害者に代わって引き受けてくれるのですか?
行政処分は? あるいは刑事責任はどうです?

保険会社の行為によって被害者感情を悪化させることで、
加害者が被る精神的な苦痛を考えた時、加害者と保険会社の利益相反は、明らかでしょう。


352 :源太郎。:2005/10/17(月) 01:36:49 ID:YgAa8oN5
351さんは、法律のほう、お詳しいのですか?
地方公務員の中で比較的法律に明るい私の法律に関する知識からは、
説明もする気も起きないぐらい利益相反の意味は全然違うような気がするのですが・・・

353 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 07:55:58 ID:tRAarFuW
348、349
約款なんて、被害者はしらないよ。契約の当事者でない。
それは、あんたの契約者の加害者に言って、加害者ともめな。


354 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 11:58:54 ID:QIEslZfO
307で投稿したものです。
事務所のPCがノートンを利用している関係で2チャンネル投稿は不可となり、自宅PCから時間が有れば投稿しております。

この項目投稿内容、法律・事実認識のズレは存在しますが、結構楽しめます。

今、知人関連の交通事故被害者に対する債務不存在確認訴訟を引き受けて継続中です。
被害者本人訴訟で、判例理論構成が旧来要件論で固定(証明責任被害者側負担)しておりますから事前予測敗訴確定事件です。
但し、当方が無料訴訟引受した限り、勝訴判決は無理かもしれませんが実質勝訴和解調書までは獲得するつもりでおります。

司法は保守性が生命力ですが、消費貸借における利息制限法、損害賠償における製造物者責任論等、裁判証明責任転換論推移により、司法が社会認識に適合する方向性を見出しております。

現状、交通事故被害者に対し裁判事実認定上の「証明責任」を負担させることで、保険会社代行サービスの無能な弁護士が横柄な態度(裁判すれば馬鹿でも勝訴)を執TUております。
保険会社に対する保険金支払問題で社会的批判が増大すると、裁判による被害者証明責任論→例外解釈→加害者証明責任(転換)論に移行する時期が到来するものと思われます。

一応、当方が関与している加害者交通事故割合100%の事故被害者の裁判において、被害者証明責任全面負担の例外事例であることを裁判事実認定して頂くように審理進行の予定です。

当方は100件を超える総て本人訴訟で勝訴率95%を超える実績を有している事を付言しておきます(但、第三者本人訴訟の協力4件での勝訴率は5割)。

なお、本年春、判決文受領当日に裁判官の判決事実認定錯誤を指摘しFAX送信した事件がありました。
裁判官により発見されたとする形式で、1週間後に請求認定額が3倍弱となる変更判決を出してもらいました。
その後、地裁から高裁に栄転する裁判官に「変更内容を指摘されてありがたかった」との言葉を頂いております。
変更判決は短期1週間以内に出さなければならないですから、誤認判決の記録が残らなかったことに対しての発言と思われます。

裁判官も、悪質な損保代行サービス弁護士の行為に対しては、事実認定責任分配に対して判例変更も・・。


355 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 12:08:13 ID:tRAarFuW
>裁判官も、悪質な損保代行サービス弁護士の行為に対しては、
>事実認定責任分配に対して判例変更も・・。

これについても、最高裁で審理することになっています。
既に、事件番号が付いています。


356 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 12:30:51 ID:QIEslZfO
>355さんへ
事務所に行く前に投稿確認いたしましたので、一言だけ。

最高裁事件受理までは、手続上容認されますが恐らく実質審理をしないと思います。
残念ながら、最高裁を憲法裁判所として位置付けた民事訴訟新法成立以降の裁判実務です。

357 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 13:47:14 ID:tRAarFuW
分かってますよ。上告理由は、憲法違反。上告受理申立て理由は、重大場法律判断、最高裁の判例判断に異是する場合。

既に高裁段階で、最高裁の判例を引用して主張構成してある。
判断しなければしないでよいのさ、高裁判決確定を利用してすべきことがあるので。
確定させれば、損保と加害者は同じ法的立場で実質的に同じとの判断も確定する。
最高裁が受理して確定させたが大事なのです。



358 :無責任な名無しさん:2005/10/17(月) 13:47:45 ID:tRAarFuW
今後の法務省の商法の保険条項の見直しにも響きますよ。
法的立場が同じなら、第三者に保険金を払うことを想定していなかったで、
見直し必要ないしね。


359 :源太郎。:2005/10/17(月) 21:10:03 ID:VE8UuatA
>当方は100件を超える総て本人訴訟で勝訴率95%を超える実績を有している事を付言しておきます

保険会社がしゃしゃり出るのは不当だとの理由で勝訴されているんですか?

360 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 09:06:29 ID:OadGkYht
一部認容の程度を問わず認容部分があれば勝訴と称するなら95%でも不思議ではないな。

361 :源太郎。:2005/10/18(火) 20:23:13 ID:0zvam7t3
>一部認容の程度を問わず

1千万円請求して1万円支払えでも勝訴換算ってことですね。

362 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 20:49:44 ID:TwDF8Q4s
源太郎君は文書読解力が極めて低い方ですね。

>保険会社がしゃしゃり出るのは不当だとの理由で勝訴されているんですか?

もう一度よく読みなさい。
高校生程度の文書解読能力があれば、「保険会社がしゃしゃり出るのは不当だとの理由で勝訴」云々との論点で記載されていないことが理解できますよ。

なお、別人?の方の「一部認容の程度を問わず認容部分があれば勝訴」と称するのは、馬鹿な代理人弁護士の言う戯言です。
本人訴訟は自分の直接権益に対する裁判ですから、原告の立場では完全請求認定、被告の立場では完全請求棄却で無ければ勝訴といえません。

源太郎君も、一度現実の裁判を経験してみたら「1千万円請求して1万円支払えでも勝訴」などとの恥ずべき発想は出来なくなります。


363 :源太郎。:2005/10/18(火) 21:23:52 ID:0zvam7t3
>高校生程度の文書解読能力があれば、

裁判所事務官T種採用1次試験合格
某都道府県上級事務順位一桁台合格
の文書解読能力なんですけど
逆に私の言っていることのほうが言い回しが高級すぎて
理解されてないんですね。


364 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 22:05:07 ID:gt0pzp5/
じゃあ、頭脳明晰なところで、利益相反の意味って何なのよ?


365 :源太郎。:2005/10/18(火) 22:24:08 ID:0zvam7t3
以下のどちらが利益相反行為でしょう?(権利濫用法理等を考慮しない)

親が子の学費を賄うための融資を受けるため、子の不動産に抵当権を設定する行為。
親のギャンブル資金を賄うため、子名義で借金し子の不動産に抵当権を設定する行為。


366 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 22:46:14 ID:gt0pzp5/
「何人ト雖モ同一ノ法律行為ニ付キ其相手方ノ代理人ト為リ又ハ当事者双方ノ代理人ト為ルコトヲ得ス」
(民法108条)

未成年者の財産について親権者である親がその財産の譲渡を受けようとする場合、
親と子の間では利益が相反している。
子の立場では、対抗すべき方法を見出せない可能性が高い。

民法826条は利益相反行為については
「親権を行なう者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。」と定め、
それに違反した場合は民法第113条の無権代理に該当する。


367 :源太郎。:2005/10/18(火) 23:01:46 ID:0zvam7t3
>>366さん、ご説明ありがとうございます。
ま、
法律の条文的には仰せのとおりです。
が、
具体的な場面で
ある事象が利益相反かについては、
条文を知ってるだけでは判断できないものです。

2chで説明することのできるほどのボリュームじゃないです。
>>365が問題文として出されたとして、適切に論じられるぐらいじゃないと、
保険会社相手の訴訟など百年早いですね。

368 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 23:32:12 ID:gt0pzp5/
>>367
>保険会社相手の訴訟など百年早いですね。

っていうか、『:源太郎。』さん、
やっぱり、あなた保険会社の工作員さん?


369 :源太郎。:2005/10/18(火) 23:37:31 ID:0zvam7t3
>あなた保険会社の工作員さん?

地方公務員です。
気持ちはわからないではないが法的には間違ったことを主張する住民対応に苦慮してるので、保険会社の肩を持ちたくなるんです。


370 :無責任な名無しさん:2005/10/18(火) 23:46:24 ID:gt0pzp5/
>>369
>地方公務員です

それは失礼しました。
私は、特段の法律の知識を持ち合わせない、単なる一市民ですが、
法的に正当な主張をしているのにもかかわらず、
公務員の方々の不当な対応に苦慮しています。

お互い立場は違いますが、より良い社会の実現に向けて、頑張りましょう。
御回答ありがとうございました。

今日は落ちます。

371 :源太郎。:2005/10/19(水) 00:36:12 ID:D5YXo7Tp
>法的に正当な主張をしているのにもかかわらず、
>公務員の方々の不当な対応に苦慮しています。

法的に正当な主張をされている方の割合は、
行政訴訟の原告勝訴率ぐらいの割合と思えます。

たまたま>>370さんは正当な主張をされているのかも知れませんが、
自分勝手な解釈により法的に間違ったことを主張されたり、
弁護士の飯の種にされているのがわからないで、
「弁護士がこう言っているから正しい。」
と思いまれている方が結構いらっしゃいます。

行政訴訟を引き受ける弁護士が、負けるのをわかっていながら、
「裁判所は行政寄りの判断をするから難しいですよ。」
と言ったのをまにうけて訴訟して、
敗訴して弁護士が「不当判決だ。」
と言うのを疑いもせずに弁護士費用を掠め取られる・・・



372 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 07:45:19 ID:ZPq04qpf
ぷっ
>裁判所事務官T種採用1次試験合格
>某都道府県上級事務順位一桁台合格
>の文書解読能力なんですけど
の程度か。合格できて自慢するな尊敬もするが、
採用2次試験不合格ですか。なるほどレベルが今一と思った。



373 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 08:02:47 ID:ZPq04qpf
>>365
択一問題で苦労したか。
馬鹿がその程度が解けたところで、知ったかぶりして
そのような勉強を長年やって、一般の人の悩みを解決できない馬鹿が出来上がるのさ。
だから、ロースクールとなった。
お前、落ちて正解だ。こんな考えの持ち主が、裁判所の事務の窓口に座れば一般の人の不幸だ。


374 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 08:31:52 ID:ZPq04qpf
あっ失敬、事務官試験だった。ロースクールは関係ないか。
司法試験で無いしね。どちらにしても択一馬鹿の弊害だがね。

法律家崩れの意見ほど危険なものはない。
つい最近も法律家崩れの誤った意見を参考にして、
相続放棄の出来た事案で、承認行為を行ない多大な債務を相続した相談者がいたっけ。

375 :源太郎。:2005/10/19(水) 20:07:58 ID:JPS6Oiws
>お前、落ちて正解だ。

地方上級と裁判所の2次試験日が重なったんです。
裁判所T種の1次試験は制限時間の半分で解き終わっています。

376 :源太郎。:2005/10/19(水) 20:11:29 ID:JPS6Oiws
ちなみに地元市役所の試験は制限時間2時間のところ35分で解き終わり熟睡!!

377 :源太郎。:2005/10/19(水) 20:28:12 ID:JPS6Oiws
>裁判所の事務の窓口に座れば一般の人の不幸

裁判所の試験は、やたら聞いたこともない判例の知識を問う問題が多かった。
カンでサッサと答えていってOKだったということは、オレの考えが判例の考え方ソックリだったとしか考えられない。

378 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 21:19:59 ID:ZPq04qpf
ますます、くさくなってきた。

379 :無責任な名無しさん:2005/10/19(水) 21:22:29 ID:ZPq04qpf
ところで、自動車保険の保険契約の債権者と債務者は、天才君の考えではだれとだれかね。

380 :源太郎。:2005/10/19(水) 21:24:02 ID:JPS6Oiws
そろそろ、話をテーマに戻しましょう。

381 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 01:45:44 ID:VRXPaSCW
法律家云々とたまに出るが
所詮代書屋関係だろ?
良くて学者
弁、検、判で法律家とかいうヤシはなぜか少ないからな

382 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 08:00:22 ID:R8vLwNVm
答えられないなら出てくるな。

383 :無責任な名無しさん:2005/10/20(木) 11:03:25 ID:R3I+5pDC
交通事故で訴えられた場合に,抗弁すれば過失相殺は裁判で認められるの?
不法行為は相殺できないと思ったので,反訴するしかないのかな

384 :源太郎。:2005/10/20(木) 22:24:51 ID:++hR//wu
>不法行為は相殺できない

自分が主原因の交通事故の相手方が、あなたから借金している人だった場合、
賠償金と借金を相殺できないという意味で、
事故自体の過失割合に応じて、賠償額を調整する過失相殺はあるのでは?

385 :無責任な名無しさん:2005/10/21(金) 09:32:29 ID:7U1oWav4
事故の賠償責任発生に対する保険金支払いにおける、
自動車保険の保険契約の債権者と債務者は??

源太郎さん、利益相反を論ずる以上貴方の見解を示すべきだが。

386 :源太郎。:2005/10/21(金) 21:24:23 ID:8hQ2uFjC
>事故の賠償責任発生に対する保険金支払いにおける、
>自動車保険の保険契約の債権者と債務者は??

契約条項の読み方でいろいろ解釈できるからこそ
このテーマが提起される原因のようなトラブルが発生するのでは?



387 :源太郎。:2005/10/21(金) 21:49:57 ID:8hQ2uFjC
利益相反になるから保険会社が加害者になりすまして被害者に対して債務不存在確認訴訟するのは不当だ。
という主張に関しては、
極端な言い方をすれば、
利益相反であっても正当な賠償額を払う結論を導くための訴訟は許される。
という判決になると思う。


388 :無責任な名無しさん:2005/10/21(金) 23:50:19 ID:7U1oWav4
源太郎さん
契約条項の読み方や、判決の予測をきているのではない。
保険契約は、誰と誰の間に結ばれているのか、保険金を支払う債務者は誰で、
保険金は、本来、誰のどんな損害の補填として支払われるのか、
保険金を受け取る債権者は本来誰なのかを聞いている。

389 :源太郎。:2005/10/22(土) 00:19:14 ID:b8Nut5Br
損害賠償保険の契約は、基本原理としては、
保険会社と加害者予定者の間の契約で、
加害者予定者が加害者となって損害賠償義務を負った場合に、
加害者が法律上賠償しなければならない額を限度に
保険契約記載内容による範囲のお金を
保険会社が加害者に支払う。
被害者は加害者に代位して保険会社にお金を請求できる。
被害者が保険会社に請求できる額は
加害者が元々保険会社から受け取ることのできる額。

基本原理以外に特別に法令や約款や契約に書いてあることがあればそれに従った処理。

390 :源太郎。:2005/10/22(土) 00:37:20 ID:b8Nut5Br
>契約条項の読み方や、判決の予測をきているのではない。

利益相反だの契約当事者は誰だの
とか理屈をいくらこねても
正当な賠償額を払うという結論が最優先です。

争うなら保険会社の算定した賠償額がおかしいという主張をするほかないでしょう。

391 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 09:14:10 ID:SbISeqz2
>被害者は加害者に代位して保険会社にお金を請求できる。
>被害者が保険会社に請求できる額は
>加害者が元々保険会社から受け取ることのできる額。

つまり、保険会社は加害者の債務者、加害者は保険会社の債権者
被害者が保険会社から受け取れる金は、加害者が元々保険会社から受け取ることのできる額。
これを認めるのだな。


392 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 09:48:58 ID:SbISeqz2
現在、保険約款では、被害者直接請求権が規定され、
これを規定してあれば、賠償義務を負う加害者の法的立場と
支払うべき保険金の中から、加害者への支払いに換えて賠償金額を直接に被害者に支給する。

こういう約束をしておけば、加害者と保険会社の法廷立場は、全く同一で保険会社の意見だけに基づいて
加害者の名前を語って、保険会社の示談担当者や顧問弁護士が、交渉や訴訟をしてよい。
これが、裁判所も認めてやってきたことだ。

被害者直接請求権を規定すれば、法的立場は、加害者=保険会社
これは、法理論から見て正しいのかね。あなたの見解は?

393 :源太郎。:2005/10/22(土) 12:22:09 ID:aPw5cN+N
被害者直接請求権を規定すれば、被害者との交渉は、保険会社自身の事務になる。
業として「他人」の法律事務を行うのは非弁行為になるからその抜け道のための規定にすぎない。

加害者=保険会社
 かどうかは、申し訳ないが勉強不足で今一歩理解が及ばない。

394 :源太郎。:2005/10/22(土) 12:33:29 ID:aPw5cN+N
加害者=保険会社
の件について違う部分があることは確かなので述べさせていただく。

加害者は、法律上負うべき賠償義務は全て果たさなければならないが、
保険会社は、たとえ被害者と直接交渉するとしても、元々加害者に支払うべき範囲を被害者に支払えば足る。
保険会社は、加害者に代わって保険会社の支払い範囲外の賠償交渉まで全てを仕切るのであれば、他人の法律事務を行うことになり非弁行為になるが、
保険会社の支払うべき範囲の交渉であれば非弁行為にならない。
しかしながら、そもそも加害者が負うべき法律上の賠償義務の限度についての交渉は、保険会社にとっても自分の事務である。

395 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 16:08:17 ID:SbISeqz2
>加害者が負うべき法律上の賠償義務の限度についての交渉

これは、契約の当事者である加害者相手に保険会社が交渉すべきこと
その範囲で自分の事務であるといえる。保険会社と被害者の間には、当事者関係はない。

加害者は、被害者に対して第一義的に賠償すべき責務があるある。
加害者が被害者に賠償すべき責任義務と、保険会社が契約によって加害者に保険金を払う義務
これは、法的に同じかね。

396 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 17:05:16 ID:SbISeqz2
>>加害者が負うべき法律上の賠償義務の限度

これを対象に保険金が支払われるからといって
これを値切る行為を保険会社がやってよいのか。
加害者と被害者の間で、賠償額が決定して保険金額が確定する。
だからといって、加害者に保険金を払う立場の加害者の保険会社が
金払うんだから、法的立場は同じとシャシャリ出てきて
保険金額を決定するに等しい賠償交渉を行うことを認めることが妥当な制度か
無過失で事故に巻き込まれた被害者は、加害者が起こした事故ですでに人権を侵害されている。
なぜ、本来加害者が負うべき保険会社との交渉や訴訟を
保険会社が加害者の名で行うことを受忍させられるのだ。
これは、加害者側による更なる2次的人権侵害ではないのか。
だから、『被害者直接請求権を規定すれば、法的立場は、加害者=保険会社
これは、法理論から見て正しいのかね。』と聞いている。

あなたの意見・見解はどうなのかね。

397 :源太郎。:2005/10/22(土) 17:09:34 ID:QIDQmPkc
法律上の賠償義務が、
過失割合5分5分だったら1千万円、
全面的に加害者が悪いとしたら2千万円だと仮定した場合、
元々加害者に支払う額も違うから被害者に支給する額も違ってくるので、
保険会社は自分の事務として、被害者と過失割合の交渉をすることになるのでは。

法律上の賠償義務が1千万円であるが、
年齢不担保とかの影響で、元々加害者に半分しか払わないはずの場合、
保険会社は被害者に500万円支給することになり、
被害者は加害者に保険会社が払ってくれなかった500万円を請求することになるのでは。

398 :源太郎。:2005/10/22(土) 17:18:36 ID:QIDQmPkc
>本来加害者が負うべき保険会社との交渉や訴訟を
>保険会社が加害者の名で行うことを受忍させられるのだ。

交渉を本人以外の者が行うことは法律の予定するところであり、
法律上はどう考えても保険会社が交渉相手になること自体は受忍の限度内です。

そこで行われるエグイ交渉を受忍すべきとは限りませんが、
本人以外の者が交渉に出てくること自体は人権侵害ではありません。 


399 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 18:26:00 ID:SbISeqz2
>無過失で事故に巻き込まれた被害者
と前提条件を定めている。過失のある場合で話をすりかえないようにしていただきたい。

>交渉を本人以外の者が行うことは法律の予定するところ
保険会社が、加害者に債務を負担する立場は認めている。
利害関係を有するものが出てきてよいかを判断する前提として
『被害者直接請求権を規定すれば、法的立場は、加害者=保険会社
これは、法理論から見て正しいのかね。』と聞いている。

保険会社が、乗り出した時点では、保険金支払い債務は確定していない。
この時点で、本来加害者が行うべき保険会社との交渉を飛ばして
加害者の名で、保険会社が乗り出すことの是非を判断する前提として
君の見解はどうかをきている。

400 :源太郎。:2005/10/22(土) 18:50:45 ID:QIDQmPkc
>無過失で事故に巻き込まれた被害者と前提条件を定めている。

無過失と思っているのは被害者であって、事故直後において資料も揃わないうちから無過失と決め付けることはできない。

>法的立場は、加害者=保険会社  これは、法理論から見て正しいのかね。

>>397で述べたような関係であって 加害者=保険会社 って標語みたいな抽象表現されても困るんですが・・・

>本来加害者が行うべき保険会社との交渉を飛ばして

必ずしも先んじて加害者と保険会社が交渉しなければならないものではないと考えます。
従って 加害者の名で保険会社が乗り出すことの是非を判断する必要もありません。


401 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 21:06:16 ID:123faxz9
大多数の保険加入者は、

1.賠償義務
2.不法責任についての基本的な法的知識
3.判例
4.保険制度について

上記を全く理解していない事実があることを認識されたい。

そこにつけこんで、保険会社と弁護士が結託してうまい汁を吸っているのは、
知る人ぞ知る真実。

さて、問題です。
加害者と被害者がいますが、加害者の名で保険会社が乗り出す理由は、
保険金の不払いを目論む、保険会社の利益に他なりませんが、
それにより被害者が被る有形無形の損害は、何に起因するでしょうか?


402 :源太郎。:2005/10/22(土) 21:20:21 ID:QIDQmPkc
>大多数の保険加入者は・・・を全く理解していない事実がある
>そこにつけこんで

逆に保険会社側が適正なことが理解できずにゴネような形になることもある。

納得できないあるいは理解できなければ被害者のほうも弁護士に頼むべき。
法律のタテマエからいけば、国民は法律を全部知っていることになっている。
法律を全部勉強する時間の代わりにお金を稼いでその金で弁護士を雇う理屈になる。


>加害者の名で保険会社が乗り出す・・・被害者が被る有形無形の損害は、何に起因するでしょうか?

本来的形式的にはふだんの勉強不足に起因する。


403 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 21:36:00 ID:wZyjbSNu
ここに書き込みをしている代書屋さんはどんな制度がお望みなの。



404 :無責任な名無しさん:2005/10/22(土) 21:40:33 ID:123faxz9
>>402
弁護士は、

1.必ずしもすべての法的知識を有しておらず
2.判例についても不承知であり
3.多くの場合、同一の弁護士会内の力関係によって、
 訴訟の結果が決定します。

では、問題です。
閉鎖的な現在の司法制度により、最も利益を被るものは、保険会社と弁護士と、
それ以外は誰?


405 :源太郎。:2005/10/22(土) 21:53:56 ID:QIDQmPkc
>>404
必ずしも弁護士に頼めば万全とは限りませんし、
弁護士が最良の選択肢かわかりませんが、
自分の能力不足は代理人という形で補う自己責任が万人にあると考えるべきでしょう。

406 :無責任な名無しさん:2005/10/23(日) 00:09:32 ID:rRVQiv9O
保険会社は、契約内容の説明と同意が義務付けられています。
また同様に、弁護士法の改正により、弁護士は、受任の際、規約書の作成が義務付けられ、
当該訴訟等におけるプロセス等をあらかじめ提示することとなっています。

さて、問題です。
契約者の無知に付け込んで、当該契約者に対し、法令で定められた説明と同意に依らず、
契約書等における捺印等を持って、それらを満たしたと強弁することにより、苦情等を封じ、
専門的知識により、不当な利益を得ているのは、誰?




407 :三下り半:2005/10/23(日) 07:57:11 ID:Rk1bgxXb
>>404,406
互助会さんかな。
今後は、源太郎が混乱するかもしれないから、『三下り半』でカキコする。
>>401
>それにより被害者が被る有形無形の損害は、何に起因するでしょうか?

無過失の交通事故被害については、加害者が起こした過失事故だね。
加害者とは、過失事故で人を傷つけたり、死亡させれば
過失傷害、過失傷害致死、つまり罪人だ。加害者が起こした過失事故これが原因だ。

損保・弁護士は、金の流れが
  加害者→賠償金→被害者
  保険会社→保険金→被害者
と同じなのをとりあげて、法的立場は同じと主張する。
弁護士職能が、ごまかしをいうときは、当事者の法的立場をごまかしてものを言う。
源太郎も第三者の保険会社にも交渉権があるように言っているが、
第三者にも、利害関係を有しない第三者と、保険会社のように賠償額が決まると
支払い保険金が決まるという利害関係人の第三者がいる。
そのへんを正しく抑えておく必要がある。
  

408 :三下り半:2005/10/23(日) 08:04:19 ID:Rk1bgxXb
事故加害者とは、自分の過失で他人の権利を侵害した権利侵害者、罪人同様の立場
だから、権利侵害者が負うべき責務として、被害者に賠償責任を負っている。

保険会社とは、任意に締結されれる契約によって、加害者に賠償責任が発生したとき
に保険金支払い義務を負う加害者の債務者。
この債務に基づいて、被害者に金を渡すとして、法的立場は同じかね?

問題を変えよう。加害者が負うべき支払い責任と、保険会社が負う支払い責任
どちらの責任が重い?

409 :三下り半:2005/10/23(日) 08:12:04 ID:Rk1bgxXb
>>404
>閉鎖的な現在の司法制度により、最も利益を被るものは、保険会社と弁護士と、
>それ以外は誰?

弁護士を雇える金持ちと、司法制度事態だろう。

>>406
当然保険会社、そして、これを利用した加害者。


410 :三下り半:2005/10/23(日) 08:19:41 ID:Rk1bgxXb
ところで、源太郎さん。
債権債務を生じる契約当事者は、当然に利害が相反する関係、これは理解できるね。
この両当事者から委任を受けて代理することは本来できない。
当事者の同意の有無を無視して、判例上、双方代理が認められているのは、どんな場合かね。
あなたの得意分野だ。答えてくれ。

411 :源太郎。:2005/10/23(日) 14:07:13 ID:V7OOiyz0
双方代理や利益相反になるから問題があるとか、
利害関係人の第三者が出てくるのは問題だとか、
言っても、
保険会社や保険会社側の弁護士が、
「正当な賠償額を支払うつもりで訴訟しています。」
と言えば、
>>410>判例上、双方代理が認められているのは、どんな場合かね。
に該当するとなるでしょう。

判例上、登記等は問題がないと言っているのは、双方代理の悪影響が無いからでしょう。

412 :三下り半:2005/10/23(日) 14:26:18 ID:Rk1bgxXb
>保険会社や保険会社側の弁護士が、
>「正当な賠償額を支払うつもりで訴訟しています。」
と言えば、
>>>410>判例上、双方代理が認められているのは、どんな場合かね。
>に該当するとなるでしょう。

と一般の素人を裁判所も弁護士もごまかしてきた。
そして、弁護士法がらみのことは、司法が判断しないことにしてきた。
しかし、今は、高裁が追い詰められて、この屁理屈を認める判断を示した。
だから、もう日弁連と損保協会の合意の範囲で可能なんて言い逃れは過去のこと
これからは、最高裁が判断を変えないなら、
すべての損害保険に示談代行をつけなければならない。

弁護士さんの中には、自動鞘保険の示談代行自体に不満がある。
これから、弁護士も大増員ですからね。これによって、かなり
仕事が減ったという不満は、耳にしている。
確定して、すべてに可能となれば、もっと減る。よろしのでは?


413 :三下り半:2005/10/23(日) 14:36:14 ID:Rk1bgxXb
>判例上、登記等は問題がないと言っているのは、
>双方代理の悪影響が無いからでしょう。

それは、背任行為が生じる余地がないほど、
確定的な債務履行行為だけの代理だからだ。

示談交渉や訴訟の過程では、保険会社の支払い債務は、背任の生じる余地がないほど確定しているかね。
双方代理できる段階とは、加害者と被害者の間で賠償額が合意された時点だ。



414 :三下り半:2005/10/23(日) 14:42:55 ID:Rk1bgxXb
源太郎さん、民法第12条を知っているか?
知っているなら、第1号に元本の領収が記載されているが、
単に借金を受け取ることが、なぜ、保佐人の同意がいるかわかるかね。

415 :源太郎。:2005/10/23(日) 14:49:05 ID:V7OOiyz0
被害者との示談交渉や訴訟の過程
って保険会社と加害者との双方代理なんですか?


416 :源太郎。:2005/10/23(日) 14:53:12 ID:V7OOiyz0
>単に借金を受け取ることが、なぜ、保佐人の同意がいるかわかるかね。

元本を受け取ると、債権を失うという不利益が生じる面があるからでは?


417 :三下り半:2005/10/23(日) 16:56:50 ID:Rk1bgxXb
債権を回収して、債権が消滅する。これなら当然のこと。なんら不利益は生じていない。
金を貸したら、利息が取れる。長期の貸付で継続的に利息が発生する契約があって
全額弁済を受けてしまったら、翌日から利息が発生しなくなる。
だから、準法律行為であっても、保佐人の同意がいる事項とされている。
だから、純然たる代理行為でなくても問題が発生する場合はあるのさ。


418 :三下り半:2005/10/23(日) 17:03:46 ID:Rk1bgxXb
したがって、利息が発生しないこととなる不利益判断につき、保佐人の同意を得て有効とするのか、
取り消すのか、被保佐人には機会が与えられることとなる。

ところで、これが保佐人の債務の元本の領収だったったら、保佐人は同意できるのかね。
源太郎さん。

419 :三下り半:2005/10/23(日) 17:16:02 ID:Rk1bgxXb
通常、保佐人は被保佐人と利害の対立を生じる場合には、同意権はないんだ。
特別保佐人の選任を家裁に申し立て、特別保佐人が同意を与える。

まっ、利息が亡くなる程度では大げさだろうがね。
しかし、2号にあたる債務免除では、保佐人の借金については保佐人は同意権はない。

保険会社が、加害者の立場を利用して、債務不存在を主張することは、
保険会社の保険金支払い義務不存在を主張するに等しい。
保険会社が、加害者の代理をできるのは、被害者と加害者の間で、賠償額の合意ができて
保険会社が、加害者の権利を侵害する背任の余地がなくなってからだ。

420 :三下り半:2005/10/23(日) 17:20:48 ID:Rk1bgxXb
保険会社が、やっていることは、後見人が被後見人に対する債務を、
被後見人の代理人であることを利用して債務免除しているに等しいと考える。

とこれで、保険会社と加害者の法的立場は同じなのかね。
どちらが、責任が重いのかね。あなたの意見は??

421 :源太郎。:2005/10/23(日) 18:05:48 ID:fB9/iE3S
>保険会社が、加害者の立場を利用して、債務不存在を主張することは、
>保険会社の保険金支払い義務不存在を主張するに等しい。
そのとおりなんだが、
加害者に法律上損害賠償義務が存在しない
と主張するのは、
認められれば加害者の利益にもなるから利益相反ではない
から
>保険会社が、やっていることは、後見人が被後見人に対する債務を、
>被後見人の代理人であることを利用して債務免除しているに等しい
とはいえない。

>とこれで、保険会社と加害者の法的立場は同じなのかね。
加害者に法律上の損害賠償義務が存在しないという主張をする立場からは同じと考えます。

>どちらが、責任が重いのかね。あなたの意見は??
加害者に法律上の損害賠償義務が存在しても、年齢不担保とかで保険会社に支払義務がない場合、
その分については加害者が単独で支払わなければならないでしょうから
そういった意味では加害者の責任のほうが重いでしょう。





422 :源太郎。:2005/10/23(日) 18:16:44 ID:fB9/iE3S
ちなみに、公務員の労組が組合員たる公務員に、組合の息の掛かった自動車保険を奨めるのに、
一般的保険会社が被害者とエグイ交渉をすることによって、
結果的に加害公務員が雇用や服務上の不利益を受ける
から、組合の息の掛かった保険会社に乗り換えませんか?
と言っている。

423 :源太郎。:2005/10/23(日) 19:03:28 ID:fB9/iE3S
まあ
保険会社のやっている
交通事故での被害者への損保の債務不存在確認訴訟は
不当な行為であるが、違法とまではいえないので、
法律の適用場面である裁判所では争えない。

監督官庁の行政指導を促したり
規制立法の制定を促したりする方向しかないのでは?

424 :三下り半:2005/10/23(日) 20:43:25 ID:Rk1bgxXb
>ちなみに、公務員の労組が組合員たる公務員に、組合の息の掛かった自動車保険を奨めるのに、
>一般的保険会社が被害者とエグイ交渉をすることによって、
>結果的に加害公務員が雇用や服務上の不利益を受ける
>から、組合の息の掛かった保険会社に乗り換えませんか?
>と言っている。

源太郎さん、あなたは既に利益相反性を認めているね。
加害者が保険会社に有する債権は、当然負うべき賠償額に対する正当な保険金支払い義務の履行だ。
加害者の利益を害していないなら、上記のように進める必要はない。


425 :三下り半:2005/10/23(日) 20:59:16 ID:Rk1bgxXb
源太郎さんは、破産法が変わったことをしているか。
免責不許可債権に、重過失の交通事故の債権も加えられていることを知っているか。
加害者が被害者に負うべき、人権侵害者の義務とはそういう義務だ。

保険会社が加害者に負う義務は、契約上の債権だ。破産したら免責される。
法的立場の重さが違うんだよ。
直接請求権の規定があるからといって、法的立場が同一となることなどできないんだよ。
日弁連と損保協会の主張する理屈など最初からまちがいさ。
大企業の利益を守るために、同一だとの屁理屈をつけて
権利を侵害されたものの、権利侵害からの回復請求権を
権利侵害者と損保のいけにえにして、三十数年やってきたのさ。

426 :三下り半:2005/10/23(日) 21:06:18 ID:Rk1bgxXb
源太郎さん、診断書は何度でも書き換えができることを知っているか。
日本医師会は、個人情報の訂正の申し出の様式をそろえている。知っているか。

一度裁判で決着がついていても、元となる診断書が誤りであれば、再審請求も可能だよ。
このときに、損保にまかせきっていいた加害者は、免責されない自腹で一生償わなければならない
債務を負担する。
賠償額をへるなら、すべて加害者の利益は、保険会社の理屈さ。

427 :三下り半:2005/10/23(日) 21:13:19 ID:Rk1bgxXb
源太郎さん、民法第520条を知っているか。
債権の混同の規定だ。

被害者直接請求権の規定があるなら、加害者と保険会社の法的立場は同じ??
法的地位の混同が起こって、債権消滅の主張が可能となるだけだ。
これが、保険会社による加害者の立場を利用した債務不存在の主張だ。

弁護士は、素人を相手にするときは、最低限の法律を利用して、素人煙に巻く。
しかしね。法には、その誤魔化しの回答が記載されているのさ。

ところで、源太郎さんは、犯罪被害者等基本法を読んだことがあるのかね。
地方公務員だろう。

428 :源太郎。:2005/10/23(日) 21:14:20 ID:fB9/iE3S
>保険会社が加害者に負う義務は、契約上の債権だ。破産したら免責される。

加害者の法律上の損害賠償義務と保険会社の支払義務の義務的な重さは違うが「額」は同じ。
額を争う意味で法的立場が同一。


>源太郎さん、あなたは既に利益相反性を認めているね。

事実上利益相反するが、法律上の利益相反とはいえない。


429 :三下り半:2005/10/23(日) 21:22:20 ID:Rk1bgxXb
そのへりくつで、35年近く保険会社は交通事故被害者を食い物にしてきた。

430 :三下り半:2005/10/23(日) 21:24:35 ID:Rk1bgxXb
源太郎さんは、保険会社が使うひび割れ茶碗の論理は知っているかね。

431 :源太郎。:2005/10/23(日) 21:34:43 ID:fB9/iE3S
>一度裁判で決着がついていても、再審請求のときに、
>損保にまかせきっていいた加害者は、免責されない自腹で
>一生償わなければならない債務を負担する。
のはそのとおりであるが、
その理由では交通事故での被害者への損保の債務不存在確認訴訟
を否定する理由にならないのでは。

再審になったらなったで、再審の理由がないとして加害者の自己責任で争うべき。


432 :源太郎。:2005/10/23(日) 21:43:55 ID:fB9/iE3S
>ひび割れ茶碗の論理は知っているかね

知りません。

433 :三下り半:2005/10/24(月) 07:39:15 ID:rBFc0xsb
http://www.y-moto.net/shoko/evidence20.html

に公開されている。2002年の損保協会の研修会の内容だ。
これが、実際にあったことは、私の相手の損保が認否で認めている。
しかも、日弁連の事故相談センターの弁護士から、この説明をとある研修会で
直接に説明を受けている。

被害者をものに見立てて、「ひび割れた茶碗は壊れやすい。ひび割れを探して、保険金支払いを値切れ。」

>再審になったらなったで、再審の理由がないとして加害者の自己責任で争うべき。

被害者に2次被害の苦痛を与え、加害者に責任が発生しても
後は事故責任で知らんか。
大企業の利益誘導のための論理だ。

434 :三下り半:2005/10/24(月) 07:51:36 ID:rBFc0xsb
http://www.y-moto.net/repot/repot.html
2004/02/03

◎「損保、共済、算出機構使用マニュアル紹介」(取り寄せ出来ます。市販品、 FAXのみ注文可)

◎「医研センター講義内容も一部紹介」(こちらは直接当会にお問い合わせ頂ければお分けすることも)

「札幌では自治体、警察、マスコミ、一般の方々が持っているマニュアルです。」

私どもは「損保、料率算出機構の方々がマニュアルとしている冊子を皆さんで持ち合う」事を提案する事に致しました。



435 :三下り半:2005/10/24(月) 07:55:34 ID:rBFc0xsb
1.「医療調査・照会の留意点」(自動車保険ジャーナル)

まず紹介するのは「自動車保険ジャーナル(TEL03-3263-2950)発行」による本
「医療調査・照会の留意点」です。この本は「各損保、共済に備え付けられて」
おり、「医研センター講習教科書、テキストと共に損保担当者が損害賠償実務に
日常用いている本で、主に医研センターでの講義内容をまとめたもの」との事で
す。内容の一部を紹介すると

「P25 外科系の医師は職人気質、偏屈で、頑固で依怙地、単細胞という印象
の人が多い。」
「P38 症状固定、打ち切りはプロの損保が患者さんがまだ苦しんでいても
「研修、テキスト、過去のデータ、顧問医見解」等に基づいて決める。」「こう
していかないと賠償の範囲にキリがなくなり、社会秩序が乱れる。」

「P44 医師に対し、長引くと裁判になるかも、等のニュアンスを伝える。言
い方を間違えると脅迫になるかもしれないが。」

「P45 同意書なしに主治医から診療情報を取ると刑法134条違反。でも処
分されるのは医師、損保は聞き得」

といった「損保の実態」が生々しく記されています。



436 :三下り半:2005/10/24(月) 07:58:50 ID:rBFc0xsb
源太郎さん、あなたは公務員だろう。
犯罪被害者等基本法前文には、何が書いてある。
読んだことがあるか。

437 :源太郎。:2005/10/24(月) 20:19:58 ID:FVaiJgVT
>犯罪被害者等基本法前文には、何が書いてある。
>読んだことがあるか。

ネットで検索して読んでみましたが、
交通事故での被害者への損保の債務不存在確認訴訟
の提起を否定する根拠はどの部分ですか?

私もエグい交渉や訴訟は良くないと思いますが、
訴訟提起そのものを否定することはできないと思います。

>同意書なしに主治医から診療情報を取ると・・・損保は聞き得
診療内容を知らない以上お金を払いませんというのは債務者として当然の主張です。
お金を払ってもらいたい医療機関は、患者の同意を得て保険会社に診療情報を見せることになる。
同意を得ずに診療内容を保険会社に提供するのは医療機関に非がある。
保険会社は患者の同意の有無を確認する義務はない。

438 :三下り半:2005/10/25(火) 07:41:49 ID:lNRXXrSF
前文抜粋

犯罪被害者等の多くは、これまでその権利が尊重されてきたとは言い難いばかりか、十分な支援を受けられず、社会において孤立することを余儀なくされてきた。さらに、犯罪等による直接的な被害にとどまらず、その後も副次的な被害に苦しめられることも少なくなかった。
もとより、犯罪等による被害について第一義的責任を負うのは、加害者である。

439 :三下り半:2005/10/25(火) 07:43:02 ID:lNRXXrSF
(基本理念)
第三条 すべて犯罪被害者等は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有する。
2 犯罪被害者等のための施策は、被害の状況及び原因、犯罪被害者等が置かれている状況その他の事情に応じて適切に講ぜられるものとする。
3 犯罪被害者等のための施策は、犯罪被害者等が、被害を受けたときから再び平穏な生活を営むことができるようになるまでの間、必要な支援等を途切れることなく受けることができるよう、講ぜられるものとする。


440 :三下り半:2005/10/25(火) 07:43:39 ID:lNRXXrSF
(国の責務)
第四条 国は、前条の基本理念(次条において「基本理念」という。)にのっとり、犯罪被害者等のための施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。
(地方公共団体の責務)
第五条 地方公共団体は、基本理念にのっとり、犯罪被害者等の支援等に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、その地方公共団体の地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。
(国民の責務)
第六条 国民は、犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏を害することのないよう十分配慮するとともに、国及び地方公共団体が実施する犯罪被害者等のための施策に協力するよう努めなければならない。


441 :三下り半:2005/10/25(火) 07:50:19 ID:lNRXXrSF
加害者が負っている賠償責任は、第一義的責務として明示され、事故被害者の賠償請求権は、
保障される権利として明示されているのである。そして、国の機関の全ては、被害者の権利
を保障する施策を立案実施する責任を負わされ、全ての国民(当然に損保も含めて)被害者
等の名誉又は生活の平穏を、害することのないよう十分配慮する義務があるとされたのであ
る。

源太郎さん、あなたも地方公務員ならその責務を負っている。

442 :三下り半:2005/10/25(火) 07:52:17 ID:lNRXXrSF
な無過失の事故被害者は、民法第709条において、
他人の過失で一方的に権利を侵害された者の権利
として、加害者に対する賠償請求権を、法によっ
て認められているのである。一方的に過失のある
加害者とは、加害した者の義務として、被害者に
賠償義務を負っているのである。これは、憲法が
保証する人権への侵害に対して、民法が定めた
権利と義務の当事者関係である。すなわち、個人
が任意によって定めた、契約上の権利と義務の
関係からくる責任よりも、数段重い責任、それが
加害者の負っている賠償義務の本質である。
これは、同法施行の有無にかかわらず、憲法の
人権規定から導き出される当然の帰結である

443 :三下り半:2005/10/25(火) 07:55:16 ID:lNRXXrSF
それを、まるで加害者の権利のほうが被害者の権利よりも重いように考え、
人権を忘れ加害者の側の代理行為を営利企業が為して、営利活動の一環で
払い渋り1円も払わないと主張しても、何ら問題が無いという感覚しかない
法律家が多いから、犯罪被害者等基本法が必要となったのである。
金の流れが同じだから加害者と保険会社は法的立場が同一など、人権を守る
法律家の判断とは思えない。法律家に人権の基本感覚が備わっていないから、
加害者の責務とは何か、交通事故の被害者に対する賠償とは何か、
物事の本質が見えずに示談代行制度を利用して、
法律家自らが被害者に2次被害を与えてきたのである

444 :三下り半:2005/10/25(火) 08:07:09 ID:lNRXXrSF
と、最高裁には意見を言ってある。

交通事故で、ベットの上に寝たきりになっていても
保険会社が無断で被害者の過去の病歴やレントゲン写真まで抜き取り
「更年期障害の可能性がある。」等々、加害者の名前で罵倒し脅す。
場合によっては、医者も脅す。そんなマニュアルを作って、
被害者の人権を侵害しておいて

同意を得ずに診療内容を保険会社に提供するのは医療機関に非がある。
保険会社は患者の同意の有無を確認する義務はない。

かね。

だから、警察の捜査にさえ支障がでるほど、医師の側が
司法関係者を見限っているのさ。この責任は、損保にある。

日本医師会の対応を、私は知っていたので
訴訟では指摘しておいた。しかし、高裁の裁判官は危機感がなかったのだろう。



445 :三下り半:2005/10/25(火) 08:16:50 ID:lNRXXrSF
>診療内容を知らない以上お金を払いませんというのは
>債務者として当然の主張です。

損保は、これを加害者の示談代行で加害者の名でやってきたのだ。
損保が、金払いませんという相手は、加害者だ。

加害者が、「事故で怪我させた被害者の治療費を払いません。」
それで、被害者が治療を受けられず死亡したら、加害者の殺人だね。
そんな行為を平気でやってきたのが、損保、これを許してきたのが金融庁だ。

446 :源太郎。:2005/10/25(火) 21:31:57 ID:aQHrY+WS
>>444>と、最高裁には意見を言ってある。
三行り半さんは上告の張本人でしたか・・・
では
法律のプロとまではいえない私は退散して
最高裁の見解を待ちましょう。

447 :無責任な名無しさん:2005/10/26(水) 02:51:28 ID:JNau7hpZ
>>443
>それを、まるで加害者の権利のほうが被害者の権利よりも重いように考え、
 人権を忘れ加害者の側の代理行為を営利企業が為して、営利活動の一環で
 払い渋り1円も払わないと主張しても、何ら問題が無いという感覚しかない
 法律家が多いから、犯罪被害者等基本法が必要となったのである。

違うだろ。

通り魔に刺された人なんか、全く賠償を受けられねーだろ。

448 :無責任な名無しさん:2005/10/26(水) 02:57:04 ID:JNau7hpZ
>>444
既往症の悪化を交通事故の相手の所為にするコジキもいるだろう。

449 :三下り半:2005/10/26(水) 09:01:47 ID:nc20Kzxr
>通り魔に刺された人なんか、全く賠償を受けられねーだろ。

政府の支援制度がある。そして、損保の営利追求のターゲットとされることもない。

>既往症の悪化を交通事故の相手の所為にするコジキもいるだろう。

損保の連中はわかっていないね。お前らが払い渋れば、その負担は誰かが負っている。

人身で既往症の悪化の可能性をいいたてて、被害者に立証を求め払い渋れば、治療費の7割は健康保険から
この点は、既に国会議員も知っている。Ymoto netに、国会議員からの資料に基づく批判が載っている。

第三者のせいにして逃れれば、第三者の負担が発生する。

損保こそが、他の負担で自らの負担を減らし、金集めに走る諸悪の根源では?

『すべて犯罪被害者等は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有する。』
しかし、お前らは、本人の同意もなく過去の病歴まで調べ上げ、
更年期障害だ、精神障害の可能性だと、権利侵害を受けた被害者を加害者の名で罵倒してきた。

だから、今日の名古屋の事件がおきた。

『国民は、犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏を害することのないよう十分配慮する』義務
これは、損保も負っている。むしろ、許可事業者として損保のほうが重い。



450 :三下り半:2005/10/26(水) 09:38:06 ID:nc20Kzxr
Ymoto netにて、おまえらは、『素人が医者の領域に口出ししてきた』『健康保険詐欺だ』
と批判されてきた。

なぜ、このように批判されるような事態になり、
警察でさえ医療情報が取れないくらいに、医者は司法関係者を嫌うようになった。

素人が医者の領域に口出ししてきたとは、
賠償理論そのものが、
賠償とは、『すべて犯罪被害者等は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有する。』
という、権利侵害からの回復の保証であることを忘れ、まるで権利を侵害したものの権利の擁護が正しい賠償論であるかのように
構築されてきたからである。

本来、法律家や司法が被害者の人権を理解して、賠償論を構築していたなら
『素人が医者の領域に口出ししてきた』という事態はおこらない。

私の手元には、ある被害者の賠償についての司法判断と労災裁定、二つの判断が資料としてある。
180度違う判断だ。
『すべて犯罪被害者等は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい処遇を保障される権利を有する。』
これにあっているのは、後者のように私は感じる。


451 :三下り半:2005/10/26(水) 10:02:01 ID:nc20Kzxr
『賠償理論の見直し』
犯罪被害者等基本法の4月施行は早くから知っていましたので、
私は、高裁段階から、この点が私の賠償判断で大事な点であると、最高裁判断も引用して指摘してある。
しかし、高裁は審理の機会をあたえず、逆切れ判決をしている。
だから、上告ではこの点について、審理の機会が保障されていないので、主張を再度精細になして判断を求めている。

452 :三下り半:2005/10/26(水) 20:57:51 ID:nc20Kzxr
私は、訴訟当初からいずれ名古屋のような事件が起こることも、
司法が医師に三行半を突きつけられることも、準備書面中で予測している。
自動車保険制度が、契約者外の第三者への保険金支払いの特殊性を、見落として
問題が多いことも指摘してきた。
最高裁は、1審からのすべてを読めば、私が正しく予測していたことがわかるはずだ。
犯罪被害者等基本法の4月施行下の正しい道筋を示してくれるかどうか。判決を待ちたい。


453 :無責任な名無しさん:2005/10/28(金) 11:36:37 ID:td4oS9bZ
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi
2005/10/28(Fri) 09:31 No.4139

この人「顔がひきつっていました!」 
ついでに「原弁護士、どちらにしても昨年、私に了解を出した上で、
送付嘱託、弁護士法23条照会とかで裁判所、弁護士会が被害者の
医療情報を不正入手している事を認めているよ。」 
.
.
.

最高裁、法務省、マスコミ、各裁判所、地方自治体、医師会、日弁連とかにバラまいておいたよ。
この人言っている事は正しいんだし。」 と伝えておきました!

「シーラネ!」

454 :無責任な名無しさん:2005/10/28(金) 11:43:21 ID:SdzxN8ZA
突然の質問で恐縮ですが、このような掲示板サイトでもし営業妨害を指摘されたら、悪いのは書き込んだ人でしょうか?
それとも、一定期間でもさらしてしまった掲示板管理人でしょうか?
どうかご教授ください

455 :無責任な名無しさん:2005/10/28(金) 11:45:27 ID:SdzxN8ZA
454間違えました↑他に書きましたので無視してください

456 :無責任な名無しさん:2005/11/01(火) 14:46:29 ID:trEin0Mk
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi


健保の不正! 投稿者:総務担当 投稿日:2005/10/31(Mon) 09:35 No.4200
東京新聞さん、「症状固定で国保が求償ストップ!について、かなり疑問を持って取材しているようでした。」

私共の手元には「ながつま議院を通して厚労省から入手した、全国の社保、国保分の第三者求償のデータ(申告分のみ)と、道庁より入手


457 :無責任な名無しさん:2005/11/05(土) 18:47:35 ID:mLiMrb6T
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi

髄液漏れ略式起訴 投稿者:毎日新聞より 投稿日:2005/11/05(Sat) 13:23 No.4300
「失った時間返して」「被害女性苦難の3年余」

脳脊髄液減少症の発症と交通事故に因果関係があると認めたさいたま区検の判断で、加害者の男性は不起訴から一転、略式起訴となった。「苦しみを分かってほしい。」被害女性(41)が3年余り一貫して訴えた切実な思いが、捜査関係者に通じた結果だ。


458 :無責任な名無しさん:2005/11/05(土) 18:49:45 ID:mLiMrb6T
<解説>
検察側が自ら再捜査するという異例の判断をしたのは、
「被害に見合った処罰をしてほしい」と言う被害者の強い訴えが通じたからだ。
事故から時間が経過しても被害者の処罰感情が一向に治まらない背景には、
「治療費さえ満足に支払われていない」と言う不満がある。加害者が被害者との
対応を損害保険会社に任せ切りにして来た事が、刑事処分の見直しにつながった
とも言える。

先月21日には、取手区検(茨城県)が、事故の発症との因果関係は不明とした
ものの、被害者の治療の長期化を考慮して、加害者の略式起訴に踏み切った。
この二件には、損保会社が髄液の減少を被害と認めず、賠償に応じない、加害者が
「軽傷」と思い込んで損保会社に対応を任せたまま…という共通点がある。

急速に社会的な認知度を広げつつある脳脊髄液減少症。事故直後に頚椎捻挫などの
軽傷と診断された被害者が今、次々と脳脊髄液減少症と診断されている。捜査当局は
軽微な事故と思われるケースでも被害者の訴えや損保会社の対応をきちんと確認する
姿勢が求められる。


459 :無責任な名無しさん:2005/11/08(火) 19:32:23 ID:RI0p4tK/
伊藤真 中・高生のための憲法教室

誰もが多数派になり少数派になる。だから自分たちが暴走して、
少数派や弱者の人権を無視したりしないように憲法で歯止めをかけているのです。
ムードに流されて間違った判断をしてしまうような弱いところが自分にあることを
自覚して、あらかじめ合理的な自己抑制をしているわけです。
そのときに必要なものが、他人の痛みを自分のことのように感じることができる感性、
つまり人権感覚です。

460 :無責任な名無しさん:2005/11/08(火) 19:37:33 ID:RI0p4tK/
>>459 続き
そもそも人権とはなんでしょうか。
Humn rights(人権)の意味は『正しいこと」を意味しますから、「人として正しいこと」という意味になります(浦部法穂先生の『憲法学
教室』(日本評論社)に載っています.ぜひ読んでみてください)。ならば、この人権は保障されて当然のことといえます。人類の普遍的な価値なのです。

と書かれていました。 


461 :無責任な名無しさん:2005/11/14(月) 12:53:54 ID:IQ/3Wg3m
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi?page=20&bl=0

462 :通りすがりの素人:2005/11/17(木) 05:15:00 ID:ObPTA2SW
で、裁判員制度とかなったら、こういった話に我々素人も
付き合わなければならないのでしょうか。やれやれ。
まぁ自動車事故の被害者として関わるよりかはましなのか。

被害者はたくさん賠償金欲しい。損保はあんまり保険金払いたくない。(加害者は『金で片が付くならそれで』)
被害者の請求額が妥当かどうか、結局、裁判するしかないじゃん。
『そもそもその症状がその事故によるものなのかどうか』とか突き詰めてくと大変なのね。

立証責任とか要件事実論とか利益相反とか、良く分かりません。
ってかそんなもん『世間の常識』でやってちょうだいよ。
素人からみたら法律家なんて皆同じ穴の狢、偉大なる搾取システムにしか見えん。


463 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 13:59:02 ID:E7ro5NH5
今裁判所で行われている交通事故の裁判は、

AがBの持っている「茶碗」にボールをぶつけて割ったとする。
そして、BがAにこわした茶碗の賠償を求めたとする。

そしたら、保険屋が代わりに出てきて
「茶碗は下からひびが入っていて、割れやすかったから割れたのかもしれない。」
「ボールをぶつける前にひびがなったことを証明したら賠償してやる。」
と言って、賠償を踏み倒すことが出来るのが常識となっているのです。

裁判になってもこれは一緒です。
JR西の事故では、置石報道でJRが世間から批判されました。
しかし、司法の世界では、加害者は守られ被害者はひび割れの無いことを立証しなければ賠償されません。
これが、司法の常識なのです。
事故の被害者となったら、あなたが人ではなく「ひび日われ茶碗」物として扱われ
裁判所・弁護士から「被害者が立証すればよいこと」とやられます。
人ではなくものとして扱われ、加害者は擁護されます。

幸いに裁判員は、刑事ですので裁判所の民事の世界は知らずにすむでしょうがね。
交通事故被害者となれば、味わえますよ。

464 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 17:06:20 ID:GKQMPgoD
逆にあなたが加害者になった時
事故の原因や、あなたの過失や、被害の程度が証明されていないのに
損害賠償請求が認められたら納得しますか?
物事は相手の立場に置き換えて考えましょう。

465 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 18:39:38 ID:E7ro5NH5
それは、保険屋と弁護士の理屈。
自分の過失で他人に損害を与えたものは
賠償するのが当然。

過失でボルーをぶつけて、茶碗を割ったら弁償するのが当然。
弁償したくなかったら、
「茶碗は下からひびが入っていて、割れやすかったから割れたのかもしれない。」
「被害者が証明しろ」でなくて、
「下からひびが入っていて、割れやすかったから割れたことが証明された。だから、ボールが当たっことは関係ない」
と主張するなら少しはまとも。
それも、最高裁の
H13.03.13 第三小法廷・判決 平成10(受)168 号
判決からすればまともでないがね。


466 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 18:45:16 ID:E7ro5NH5
>>464
どこの保険会社の社員かね。
どこの保険会社を代表して議論を挑むのか名乗ってから物言え。
犯罪被害者等基本法は、損保も守らねばならない。
どこの保険会社の社員かね。どこの会社を背負うのかね。明らかにしてね。

467 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 18:58:05 ID:E7ro5NH5
加害者の訴訟に損保が口出しするから、おかしな賠償論がまかりとおっている。

そもそも事故があった。それによって損害が生じた。
つまり、ボールがあたった。茶碗が割れた。これが加害者が本来負うべき賠償範囲。
当事者間で過失部分の立証責任は、どちらなのかね。
要件事実論から説明してみな。
出来るのかな。被害者の過失は加害者か被害者かどちらですかね。
その辺のところ勉強してから、どこの保険会社を代表するのか明らかにして
出てきてください。

468 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:06:51 ID:E7ro5NH5
H13.03.13 第三小法廷・判決 平成10(受)168 号判決はね。
医者の医療ミスと自動車事故が相互に関連して治療が長引いたことに対して

要旨:
1 交通事故と医療事故とが順次競合し,そのいずれもが被害者の死亡と
いう不可分の一個の結果を招来しこの結果について相当因果関係を有する
関係にあって,運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において,
各不法行為者は被害者の被った損害の全額について連帯責任を負うべきも
のであり,結果発生に対する寄与の割合をもって被害者の被った損害額を
案分し,責任を負うべき損害額を限定することはできない。
2 交通事故と医療事故とが順次競合し,そのいずれもが被害者の死亡という
不可分の一個の結果を招来しこの結果について相当因果関係を有する関係にあ
って,運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において,過失相殺は,
各不法行為の加害者と被害者との間の過失の割合に応じてすべきものであり,
他の不法行為者と被害者との間における過失の割合をしんしゃくしてするこ
とは許されない。

参照・法条:
  民法719条,民法722条2項

と言っている。

469 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:12:12 ID:E7ro5NH5

つまり、茶碗にひび割れがあったと証明してもね。
このひび割れが第三者がつけたものであれば、本来は、
加害者は賠償額の減額などは主張できないのさ。

被害者が、過失でひび割れを作ったから、被害者にも過失がある。
これをも証明して、人のものを壊したり、人を傷つけた加害者の
第一義的賠償責任は初めて免責されるべきなのさ。

470 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:24:23 ID:E7ro5NH5
>>464
損保は、ひび割れ茶碗の理論という、摩訶不思議な賠償論を作り上げてきた。
そこで質問する。茶碗には、硬い焼入れの茶碗とやわらかい焼入れの茶碗がある。
ヒビの入っていない茶碗でも衝撃に弱いものがある。

仮にヒビの入っていない茶碗で、壊れやすい骨董品の高価な茶碗があったとする。
ボールを過失でぶつけて割ったとする。
「下から割れやすい焼入れの茶碗だから賠償しない」
これがとおるかね。世間では?

ひび割れ茶碗の理論では、これがとおりますよね。
ひびが入っていたからわれやすい。
これは、もともと割れやすい性質の茶碗だから、われた。
賠償しなくてよい。そういう理論だろ。

このような賠償論で、ひび割れ探しのために
人身事故の被害者の医療情報を取っていたのだろ。
マニュアル本で明らかだからね。

私は、このような賠償論が、犯罪被害者等基本法に定められた条項に
異是していると考えますがね。

471 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:27:54 ID:wsGpzA7r
何を言ってるかよくわからんが
ひび割れのあった茶碗であるということを証明すれば
ひび割れのあった茶碗の代金を賠償すればよいこと
まちがってもひび割れのない茶碗の代金ではないよ。
ひびわれのある茶碗の代金って幾らだ?微々たる金額でしょう。

472 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:35:14 ID:E7ro5NH5
被害者は、加害者の立場で考える必要など無いのさ。
加害者は、他人を突然の事故で巻き込んだ以上、
第一義的に被害者に与えた損害の賠償を負担すべき責任義務があるのさ。
損保や国が、損保のひび割れ茶碗の理論という、摩訶不思議な賠償論を
認め続けていくなら、犯罪被害者等基本法は、立法者自らの_によって破られるに等しい。
このような理論を振りかざす企業が、
保険事業法によって許可を受けて営業していること自体が
立法不作為、国賠ものだね。

473 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:40:55 ID:E7ro5NH5
>>471
2002年に医研センターで損保は研修やってるよな。被害者をひび割れ茶碗に見立ててね。
そして、医療情報を抜いてどう値切るか研修した。
これを証拠に出したら、私の相手した損保は認めたよ。

だから、たとえ話をしてるだけだ。

474 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 19:43:25 ID:E7ro5NH5
講師は、00海上取締役だっけね。

475 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 20:08:45 ID:wsGpzA7r
反論はないのかな?
要するに割れた茶碗の代金だけ支払えばよいのだろう!
たとえ話だが、交通事故に当てはめるとどうなるかはわかるよね。

476 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 20:12:18 ID:wsGpzA7r
469さん

つまり、茶碗にひび割れがあったと証明してもね。
このひび割れが第三者がつけたものであれば、本来は、
加害者は賠償額の減額などは主張できないのさ。

と言うあなたの主張は明らかに間違っているよね。

477 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 20:14:29 ID:77edbptI
>>465
>下からひびが入っていて、割れやすかったから割れたことが証明された。だから、ボールが当たっことは関係ない」
と主張するなら少しはまとも。

「過失と損害との間に相当因果関係が無い」と主張するだろ フツー

478 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 20:39:34 ID:77edbptI
>>469
>このひび割れが第三者がつけたものであれば、本来は、
加害者は賠償額の減額などは主張できないのさ。



「運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において」

この部分を読んでないだろ。


479 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 21:23:38 ID:E7ro5NH5
読んでるがね。民法719の問題と、憲法及び犯罪被害者等基本法の理解の問題だね。
それに世間の一般常識の問題。要件事実論で細切れにしか考えられない人権感覚の無い連中には
理解できないだろうがね。

480 :無責任な名無しさん:2005/11/17(木) 21:26:23 ID:E7ro5NH5
それより、どこの損保かね。意見を述べる前に明らかにしろよ。

481 :無責任な名無しさん:2005/11/18(金) 10:58:17 ID:DMViHPFe
損保じゃないよ。ただの通りすがりの世間の一般常識だよ、さよなら

482 :無責任な名無しさん:2005/11/18(金) 12:29:24 ID:cnYK5BHR
世間の一般常識、あんたにそれだけの見識があると思えないね。
損保の意見が間違っていないと自信があるなら、
どうどうとどこの損保の関係者か名乗んなさい。
世間の常識がその見解を裁くから。

483 :無責任な名無しさん:2005/11/22(火) 08:09:38 ID:SdZI+peM
犯罪被害者等基本法の施行に伴う国の施作が決まってきたようですね。
時代が変わっているのですよ。
この法律に基づく主張を司法の場で行ったのは、私が始めてのようですね。
しかも最高裁に上げる機会を得たことは、某損保の払いしぶりのおかげだね。

484 :無責任な名無しさん:2005/11/24(木) 17:39:24 ID:JlgRMQfg
犯罪被害者等基本法の基本施作に関する被害者団体等の要望には、
交通事故被害者の意見がかなり出されている。

私の上告では、この意見を私の事例に当てはめて、最高裁の判断を求めている。
そして、司法の犯罪被害者等基本法施行後の司法の施策となるべき司法判断を求めている。
判断を示すのか、無視して被害者の人権を侵害する側のスタンスを維持するのかその判断を求めている。

485 :無責任な名無しさん:2005/11/25(金) 12:01:52 ID:G2gXN3C4
私の主張は、被害者団体等の要望と一致した主張であることは、読めばわかるはず。

486 :無責任な名無しさん:2005/11/28(月) 20:15:40 ID:3UiBNnTv
加害者・被告代理人と称する弁護士が、過失相殺を主張してきたので、「アンタは、依頼者に会って事故状況の説明を聞いたのか」と問うたら、
その先生、「私はまだ依頼者本人とは会ってません、保険会社を通して委任状は貰ってますよ」と、なんのためらいもなくのたもうたよ。
その場所を聞いて皆さん驚くな、法廷でだよ。




487 :無責任な名無しさん:2005/11/28(月) 20:33:41 ID:3qTqTu71
>>486
驚くかよ。

被告人と弁護人が第一回公判で初めて顔を合わせる。

めずらしくネーけど。

488 :無責任な名無しさん:2005/11/29(火) 08:27:34 ID:pvOAIapp
>>486
そんなの序の口ですよ。
私の場合、依頼者の加害者は委任状交付のときしか弁護士と会っていなくてね。
半年以上、いつ期日があって何が争われているのか。自分の代理人から自分の
主張として何が出されているかも知りませんでした。


489 :無責任な名無しさん:2005/11/29(火) 08:36:52 ID:pvOAIapp
この証拠が出されると
「加害者は被害者に賠償金を払う。損保は契約で加害者が払う賠償金額を
保険金で払う約束をしている。だから、加害者と被害者の法的関係と
保険会社と被害者の法的関係は全く同一だ。
だから、同一の立場の損保に全ての判断をゆだねることも合法。
最終的に金額が決定すればよい」といわれました。

そして、高裁はこれを認めて、弁護士資格の無い損保社員が
加害者の示談代行をすることは合法と判断しましたよ。
これなら、被害者の側なら被害者は00にかね払う。
被害者と加害者から受け取る賠償金を直接もらう約束した。
だから、被害者の示談代行はずです。

あつ、この約束が無かったから某議員秘書は捕まったのか。

490 :無責任な名無しさん:2005/11/29(火) 08:42:01 ID:pvOAIapp
金の流れが似た約束をして、法人格の違うものが一緒になるわけが無い。
裁判なんてこんなもの。期待しないほうがよいと思うよ。
裁判所に正義や法律判断を求めても無駄かもね。
最高裁に一分の期待はあるが、、、・・????

491 :無責任な名無しさん:2005/12/05(月) 00:20:55 ID:sYRRTUgr
真実は不滅『住友海上保険株式会社を暴く!』
生録テープ有り。大阪地検・裁判所・住友海上での生の声が聞ける!!全43巻・未公開テープ公開中。

http://page.freett.com/shinjitsu111/index.html

492 :無責任な名無しさん:2005/12/05(月) 14:39:48 ID:zQYgosKM
すみません・おかま事故被害者です。相手はチューリッヒです。
医療費をだしてくれてますが最初の120万までが自賠責ではないのですか?
なんか最初の時点からチューリッヒが担当ですあと、
検査をいろいろして、だいぶお金を消費したのですぐ120満に行くと思いますが
・そしたら・二ヵ月とか早くに打ち切りの話がきますか?すみません・頸椎損傷です

493 :無責任な名無しさん:2005/12/05(月) 18:34:01 ID:3tLIw6gT
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1117701737/
交通事故☆自動車保険示談代行サービスを議論☆非弁
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1117517883/

<<人権問題板 交通事故関連スレッド>>
☆☆損保の交通事故被害者への人権侵害を考える☆☆
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/rights/1117868805/

<<病院・医者板 交通事故関連スレッド>>
【損保】症状固定治癒について【整形外科】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1116910244/

<<保険業界板 交通事故関連スレッド>>


【保険屋vsアンチ 仁義無き同意書問題】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1112218974/
★★★ 保険業界の個人情報保護について ★★★
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1116184800/
【損】交通事故被害者が語る病院のひどい話【保】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1116276776/
交通事故⇔低髄に対する医療と損保について⇔治療法
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1116450195/
損保(子会社)の示談交渉って良いの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1133012020/l50



494 :無責任な名無しさん:2005/12/06(火) 08:41:38 ID:BbZkpa6u
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi

某TV番組で 投稿者:低髄@匿名係長 投稿日:2005/12/05(Mon) 23:18 No.4830
ご無沙汰しています。
日本テレビで日曜の午後に「たかじんのなんでも言って委員会」なる、関西版TVタックルみたいな番組があります。
ここでかの有名な橋下弁護士が例の西村議員の弁護士法違反の件の流れにて、損保会社の弁護士法72条違反を語ってました。
物損は弁護士会と損保業界で協定したが、人身については未協定だと、弁護士会は納得していないと。



495 :無責任な名無しさん:2005/12/09(金) 17:00:18 ID:N3bitQOv
横からすまない過失ないなら。しかも相手が任意保険に入って一括対応ならば別に健康保険を使う必要ないんではないかい?治療が長引いたり。
自賠責の120万こえても慰謝料もかわらないと思うがどうなんでしょう?

496 :無責任な名無しさん:2005/12/12(月) 00:10:02 ID:YbSXdZ6J
>>495
慰謝料変わりますよ。
自賠責には適量的な計算式しかないが、任意は期間による減額の考え方が存在する。
自賠責の枠を大切にすることは、過失の有無に関わらず重要。

497 :どいさゆり:2005/12/22(木) 05:03:40 ID:seXZ7toY
現在母もされています。貴重なご意見参考になりました
しかし冷しも多いですね。どれだけ苦しんでいるかわからない哀れな人は
どうか死んで下さい。

498 :無責任な名無しさん:2005/12/22(木) 20:18:42 ID:vFFw/Pwr
100:0の人身事故被害者で頚椎、胸部、腰椎捻挫などで整形外科に通ってるのですが
先日加害者側損保の弁護士から今月末で治療費を打ち切るとの通達がありました。
医師からは症状固定や治ったとは言われてなく、通院の継続をしたいのですが
どのような対応を取るのが得策か教えて頂けたら幸いです。 事故日は本年5月下旬
です。

499 :無責任な名無しさん:2005/12/22(木) 22:44:32 ID:PZ59Se0x
>>498
どのような対応を…と言っても加害者側損保はすでに弁護士に話を通しているのに今更何言ってるの?と言う気が…。
弁護士応対にいきなりなると言うことは無いから前兆は有ったと思われ… 貴方の相手を甘く見すぎたと言うことでしょうね。
今後の対応?として考えるとしたら、相手の弁護士の話を受け入れるか争うかの二択しか無いでそ。

つかね、医師と貴方との間では事故後の経過はどのような話になっていたのか?半年超えて医師から来なくても良いとか
言われてませんでしたか?保険会社側が強硬な手段に出るには出るなりの理由が有ると思うのですけどね。

500 :無責任な名無しさん:2005/12/31(土) 11:56:39 ID:Ffh2EWCP
>>497 >>498
まあ頸椎捻挫だと,6か月という治療期間だけで切りに来るでしょうね。
理由と言ってもその程度のことでしょう。
半年も通ったんだからもう充分でしょうということ。
調停等をするつもりがあれば,このまま医者に通えばいいんじゃない。
最終的には払われる可能性もあるし(払われない可能性もある)。
弁護士つけずに,訴訟外での示談交渉だと,医者に行き続けても
払ってくれないでしょうね。

501 :無責任な名無しさん:2006/01/16(月) 00:12:13 ID:4xHqzo5j
損保が医者と話もせず「治療打ち切り」「症状固定」を通告できる?

担当のクソが3、4ヶ月あたり経過した頃から打ち切り打ち切り連呼するから
6ヶ月経過頃に医者に診断書書いてもらって提出してやったよ


弁護士の方が話しやすいだろ♪損保のクソ担当よりw




502 :無責任な名無しさん:2006/01/23(月) 14:52:28 ID:Bb9viDWm
あげ

503 :源太郎。:2006/01/23(月) 23:49:35 ID:rqazgqMd
損保の担当者も、末端の兵隊。
被害者側も弁護士とかに相談して、診断書とか一通りの書類を整えて交渉すれば、幾分主張は通りやすい。
何の根拠もなしに「痛い痛い」では、損保の担当者も上司に説明できないはず。
このことは損保や役所に限らず大きな組織相手の交渉の基本である。

504 :匿名:2006/03/08(水) 20:35:04 ID:TBg9j/Mk
司法ジャーナル2004年6月28日号ニュース速報
その4より
【弁護士懲戒】大阪弁護士会、
北尻総合法律事務所の工藤展久氏を戒告処分に
●弁護士12年のキャリア
日弁連は2004年6月25日付の官報に
大阪弁護士会が78年度日弁連会長を努めた弁護士会の長老、北尻得五郎氏(88)が主宰する
北尻総合法律事務所の工藤展久(42)=92年登録、44期=を戒告処分にした旨を公告した。


505 :匿名:2006/03/08(水) 20:36:34 ID:TBg9j/Mk
公告
大阪弁護士会がなした懲戒の処分について、同会より以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告及び公表に関する規定第3条1号の規定により公告する。
                  記
1懲戒を受けた弁護士 氏名 工藤展久
登録番号22505
事務所 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル501
北尻総合法律事務所 住所 大阪府吹田市千里山東4-8-3-604
2懲戒の種別 戒告
3処分の理由の趣旨
被懲戒者は、A及びBからCの懲戒請求者に対する預託金返還請求訴訟の依頼を受け、
Cの委任意思を直接確認しないまま、
Aらの用意したCの委任状などを用いて、
2001年11月13日訴訟を提起し、2002年3月29日、
全面勝訴の判決を得た。
その後、Cが本件に全く関知していないことが判明し、控訴審においては、同9月4日、
本件訴訟の提起及び追行が無件代理行為で不適法なものであることを理由に一審判決が取り消され、
訴えを却下する旨の判決が言い渡された。
被懲戒者は、1998年頃からAの紹介で数件の預託金返還請求事件を処理しており、
本件においては、C名義のゴルフ入会保証金預かり証書の原本を預かるなどの事情があったとしても、
被懲戒者がCに対し本件訴訟提起の意思を直接確認するべきであった。
それにもかかわらず、被懲戒者がこれを怠り、
本件訴訟を提起し、追行したことは、
Cが懲戒を求める意思がないことなどの事情を勘案しても、
裁判の公正及び適正手続の実現に努める弁護士の義務を怠り、かつ弁護士に対する社会の信用を失わせるものである。
以上の被懲戒者の行為は、
弁護士法第56条第1項の品位を失うべき非行があったときに該当する。
4 処分の効力の生じた2004年5月24日
2004年8月1日 日本弁護士連合会
「日本弁護士連合会の発行書物
自由と正義の平成16年8月号」より
別で、ある女性にストーカーをして、ネットにエロ写真を貼り、「レイプして自殺させるか殺してくださいな」とある。悪徳三流エロストーカー弁護士や事務所に依頼すると危険。 search.yahoo.co.jp
「工藤展久」「北尻総合法律事務所」で、検索を。

506 :無責任な名無しさん:2006/03/13(月) 21:53:21 ID:4skFz+7g
あげ


507 :無責任な名無しさん:2006/03/16(木) 17:25:20 ID:9WvB/Zxa
『司法・損保・医師・警察、、、違法である論』

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200602/article_20.html

508 :無責任な名無しさん:2006/03/21(火) 23:09:20 ID:uXUqR3i7
ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その1)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_20.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その2)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_21.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その3)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_22.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(終)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_23.html

TOP

ttp://kazuo-k.at.webry.info/

509 :無責任な名無しさん:2006/03/24(金) 06:45:49 ID:YLFydZtP
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(その1)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_24.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

510 :無責任な名無しさん:2006/03/25(土) 07:33:59 ID:uyIepYwF
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(その2)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_25.html
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(その3)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_26.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

511 :無責任な名無しさん:2006/03/28(火) 07:34:19 ID:30vUKncV
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(その4)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_27.html
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(その5)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_28.html
実証〜『あなたの健康保険料は交通事故に流出している!』(最終章)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_29.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

512 :無責任な名無しさん:2006/03/30(木) 10:41:16 ID:y2T8n1fA
ギーマニズム論〜『交通事故犯罪〜司法・金融庁の欺瞞』
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_31.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

513 :無責任な名無しさん:2006/04/09(日) 18:55:43 ID:AnldvF5c
ニュース速報〜日本司法支援センター『法テラス?』明日4月10日開設!
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_7.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

514 :無責任な名無しさん:2006/04/11(火) 10:33:17 ID:SOBeFMWp
ギーマニズム論〜『犯罪被害者を支援できるのか?「法テラス」パンフレット入手!』
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_9.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

515 :無責任な名無しさん:2006/04/11(火) 22:48:31 ID:nQQmOpMm
ニュース速報〜「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン」始まる!札幌
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_10.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

516 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 23:35:16 ID:HfsL6HaH
逆説「証明問題〜加害者が賠償しなくてもよいことを証明せよ!」
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_11.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

517 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 15:24:20 ID:Uxv5MXH0
交通事故犯罪ジャーナリスト木村一雄
ソウルの三星本社に行ってみる!
海外リポート〜「木村一雄 韓国の首都ソウルに降りる」(その1)
海外リポート〜「木村一雄 韓国の首都ソウルに降りる」(その2)
海外リポート〜「木村一雄 韓国の首都ソウルに降りる」(その3)
海外リポート〜「木村一雄 韓国の首都ソウルに降りる」(最終回)

518 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 09:24:50 ID:ycSJWiE/
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ギーマニズム論〜『品位と誇り』
ギーマニズム論〜『マスコミ・マスメディアのモルヒネ効果』

519 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 23:49:44 ID:t43Yok9s
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ギーマニズム論〜『倫理法、倫理規定、企業倫理、倫理綱領とは何ぞや?』

520 :無責任な名無しさん:2006/04/28(金) 10:29:39 ID:ZMaS+Y6a
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ニュース速報〜激写!「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン第3弾!」札幌
ニュース速報〜北海道警察本部で道庁関係部署、病院関係者、交通事故被害者らが初顔合わせ!

521 :無責任な名無しさん:2006/04/29(土) 03:22:52 ID:knF/vDiA
●ローカルルール
 第一条 この板は法律に関する質問及びこれに対する回答を扱うところです。
 第八条 回答が不要になったらその旨を該当スレで宣言して下さい。
 第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。

522 :無責任な名無しさん:2006/05/06(土) 03:48:26 ID:MyeplVMR
交通事故の被害者で、去年の8月にその損害賠償債務不存在確認事件として訴えられたのだけど・・・
一体、何だって被害を負ってさらに苦しめられなくちゃならないの?
理屈はなんとなくわかった気がするけど、自然に考えて何でだかわからない・・・
これといった判例も無いのは、反訴して和解で示談してるせいでしょ?
じゃあ、反訴出来ない場合どうなるの?
それでも尚和解?
和解って、読んで字の如くだよね・・・
でもこれといった交通事故の判例が無いって事は、誰もが損害賠償債務不存在確認でどこかで和解をしてるって事だよね?
キツイなぁ。
どうしたらいいんだろ?

523 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 22:43:15 ID:/K6HfohQ
アイフルの社員って生きてて恥ずかしくないの?2
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/money/1147354294/

524 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 00:14:04 ID:8e1xlkjj
>>522
不満なら弁護士たてて徹底的に争うがよし。

525 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 00:52:21 ID:lUWFFJGd
>>522
おまいさんが訳の分からんこと言ってごねてるからだろ・・・
今じゃ立場逆転して、おまいさんが加害者様ってこった。

526 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 20:58:31 ID:50r/nFDe
>>522
マジレスだが,反訴できる。

>キツイなぁ。どうしたらいいんだろ?
(1)自分で損害の見積もりを出して,裁判官に和解してくれと頼む。
(2)自分で損害の見積もりを出して,反訴する。
和解なら反訴しなくてもできる。ただし印紙代は必要。(1)ならタダ。
債務不存在請求訴訟をやられた場合,当然のことながら,あんたは裁判の費用はかからない。
(和解の場合は訴訟費用は各自負担が通例)
逆にラッキーだと思うのが吉。


527 :522:2006/05/18(木) 03:24:56 ID:0TTnA4XI
知らない間に、レスがあったw(゜ー゜;)wワオッ!!
>>524
やってる。
ホームページも大更新の最中で記録も公開してる。
一番下に書いておきます。
>>525
君がもし被害者になって、そういった立場に立てばわかるんじゃないかな〜?
多分ね。
>>526
反訴は症状固定しないと出来ないよ。
障害認定受けて障害等級決まった後に逸失利益を出さなければいけないから。
医師に後遺症の診断書を書いてもらうのは可能だろうけど、現在の治療費等考えたら、とてもじゃないけど症状固定なんて出来ないよ…
一時はそりゃいいかもしれないけど、どのみち生活出来なくなる。
だから、争えるとこまで争って、持たなくなったら人生の終止符さ。
その覚悟で争ってるんだ…
どうせ生活困難で飢え死にするんだったら、最後まで戦って死んだ方がまし。
こんなバカげた事、許せないし、世の中の為にならない。
綺麗事かもしれないけど、単に綺麗事でここまでやる気はないよ。

ちなみに皆さん、ホームページのアドレス出しますけど、官公庁・行政・放送局にも公開してるので、悪戯な記載等はしないで下さい。
ログは取ってます。
又、こういった裁判を抱えてる方、書面をワードで出してますので、参考になれば持って行ってかまいません。

 http://homepage2.nifty.com/16167/

528 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 01:30:57 ID:MPuMMr3M
【ズサー!⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡を飛び出し坊やに!】
【ズサー!!⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡】を飛び出し坊やにするぞ!!!
2ちゃんが子供を救うんだ!!
交通事故で死んでいく子供たちがどのくらいいると思う?
自分でググレ!!
オマエらがたった一人かもしれないけど子供の人生を変えるんだ。
デザイン&制作&企画募集もちろん俺も加わる!!
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/trafficpolicy/1148228127/

529 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 19:26:36 ID:DTcApxkA
sage

530 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 03:39:15 ID:+is8dFbg
債務不存在の裁判の判例について知ってる人いたら教えてね。

531 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 21:10:38 ID:yS2ItfPd
水戸簡易裁判所で交通事故の小額訴訟で、被告側の保険会社として出席しました。
担当は女性の裁判官で、超有名人、今回は過失10:90の事故が65:35という判決でした。
はじめから青写真ができていることと、強いものの味方(原告やうるさそうな人)それと交通事故を知らないので本当に迷惑します。過失割合も根拠の無い数字です。どなたか対抗手段教えてください。




532 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 22:28:52 ID:u4icpiT5
控訴

533 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 00:06:53 ID:aqPkE5K0
上告

534 :無責任な名無しさん:2006/07/14(金) 04:31:51 ID:tVi30Jaz
消えそうなスレッドなんで
とりあえず、age

535 :無責任な名無しさん:2006/07/18(火) 15:52:06 ID:YJT2a1Yc
その後の展開が興味あります。

536 :522:2006/07/23(日) 23:24:31 ID:4taqzLLU
>>526
527で書いた反訴は症状固定しないと出来ないよ。は間違いというか反訴は出来ますね。
ようは、今までの損害を主として反訴提起すれば良いという事なのだろうけど、請求の趣旨で仮執行の宣言を求めないと意味ないですよね?
反訴提起するかまだわかりませんけど…
印紙代もかかるし…
本訴は証人尋問まで終わっているから、それ程期間かからないと思いますけどどうなんだろ?
何故か証人尋問終わっているのに、次回口頭弁論で意味不明なのですが…
とりあえず弁護士の先生とよく相談してみます。
しかしこの裁判は頭にくる。

537 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 20:04:38 ID:298pL/cr
その後の展開がきになります

538 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 14:29:03 ID:NJzq1t5W
みんな分かってないらしい
アイフルに側は借り入れ者に暴力も違法も無かったとコメントしてます。
内容は債務者の勤め先に電話を入れたことからトラブルになったらしい
書き込みスレ立てた人の内容とまったく異なる

539 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 02:53:07 ID:HJQ4y61I
ここに狂った騒音DQNがいます(ノA`)
ビシッと言ってやってください

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/189

540 :梵天丸:2006/08/08(火) 22:02:48 ID:TTfDEkhL
たまたまお邪魔しました。私も交通事故被害者として、
損保の不思議に遭遇しました。レベル的には、
損保の不思議というより社会の不思議ですよね。
これらを助長させている制度自体を排斥したいですよね。
自賠責の民営化もさることながら、
今度は労災にまで触手が及んできている事を憂慮しています。
何とか守りたい聖域ではありますが、
個人で騒いでいても仕方がない。
大変なことになる前に集まる場所がほしいですね。

541 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 19:50:17 ID:Awrfkxi3
その後の展開がきになります

542 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 00:51:22 ID:lSMrNUmD
消えそうなのでage


543 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 17:11:03 ID:meu5kOuD
損保会社の対人賠償は自賠責の上積みである。
よって対人賠償も過失割合を上限として自動車賠償責任保障法を準拠して賠償されるべきである。
そうすれば自賠責の免責条項3つを立証する事が損保会社側に求められる。
よって不存在の立証を行って欲しい
ってのは詭弁?

544 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 16:15:56 ID:Ad6iH0h0
>>543
的外れではないか?
「対人賠償は自賠責の上積み」と自分で書きながら、
「自動車賠償責任保障法を準拠して賠償されるべき」としており、
内容は、「自動車損害賠償保障法(以下「自賠法」という。)」の誤記と思われるが、
そもそもが自動車損害賠償責任保険は自賠法第5条によって強制であり、
任意保険は、自賠法でまかなえない損害が生じた損害を補うための、
いわゆる、任意によって契約が締結されているものであって、
その割合については、自賠法に基づき、さらに事故の状況によって、
損保会社が独自に出されるか、裁判によって判断が委ねられるものでしかない。
従って、債務不存在とは何ら関係ない。

545 :無責任な名無しさん:2006/09/14(木) 23:50:49 ID:6yTTfMUz

自分が起こした人身事故をまるで自慢するようにカジュアルな口調で語るグラサンハゲゲイ




787:AerospaceCadet ◆NCC1710hh2 06/09/14 17:04 ID:awqXflPU


『信号無視と人を撥ねたんで1回づつ。』




こんな男は許されるべきなのだろうか?


【雑談434 歌う人形】

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1157680516/787






546 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 20:12:17 ID:FZfojaBm
a

547 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:01:55 ID:6yFpGxTC
a

548 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:23:30 ID:hc+brd5y
投稿者:総務担当 投稿日:2006/09/24(Sun) 09:29 No.10147

事件番号平成18年(ワ)第748号 債務不存在確認請求事件
原告 山@○弘 外一名
被告 @@@@ 外一名
                    平成18年9月23日
札幌地方裁判所民事第2部3係 御中
                   被告 @@@@
                   被告 有限会社 @@@@@
                      取締役 @@@@
            
準備書面第42回

1、被告は今月20日、乙第98号証、厚生労働大臣宛の訴え文書に
被告と共に名を連ねておられる○○歯科医師、及び奥様である
@@○○さんと三人で、先ずは北海道厚生局を訪れ、
医療監視チームの方二名と

「損保、共済、司法ぐるみ医師法、医療法、健康保険法等違反業務問題
について手立てを講じるべく幾つかの動きを行なったのである」



549 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:26:27 ID:hc+brd5y
北海道厚生局において打った手は、次の通りである。

@、三井住友の顧問弁護士である札幌弁護士会所属原洋司法律事務所
に対し架電(TEL011-615-7110)をなし、
清水弁護士を呼び出して頂いた上で、
次の質問を医療のプロである訴外@@歯科医師、
及び厚生局医療監視専門官から行なった折に、

原弁護士は被告に対しテープ録りをして良いと認めた上で、
「損保、弁護士に対し被害者の主持医が医療情報を流出させた場合、
主持医は法破りの責任を負わされるが、
損保、弁護士には責任は及ばないので構わない」
と明確に回答している旨を伝えてあったのである。

その上での歯科医師、医療監視専門官の質問は次の通りである。
「何故医師免許もなく、医療機関でもない損保が入手した被害者の
医療情報を、損保弁護士が更に入手し、取り扱いが出来るのか、
これを法律家として法律で回答して頂きたい」

このような、極めて真っ当な質問であるが、
清水弁護士は「法律ではなく、被害者の受傷程度を(弁護士が)
計るために医療情報を入手して扱っている」
「何が問題点なのか分からない」この回答しか出来ないままであった。

歯科医師と医療監視専門官(厚労省役人)による医師法、
医療法違反追求に対し法律家が法で回答できない時点で
損保、司法の負け、法破りを認めたことであろう。



550 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:28:20 ID:hc+brd5y
2、清水弁護士は被告からの質問
「清水さんは二年位前に弁護士になったと聞いたが、
司法修習生時代に当事者席に座って訴訟参加した経験はあるか?」
この「先日の身元不明人物が訴訟参加の経緯」を話した上で質問したところ、

清水弁護士の回答は「@@さんの言う通り、
司法修習生は公務員特別職の身分と同等です、
司法修習生時代に修習生の席に座って裁判の傍聴はしましたが、
修習生が訴訟参加など行ったら法律違反となりますよ」
こう明解に回答している事実があるが、
そうなると先日の二回の裁判に身元不明人物が訴訟参加した事実は
どう合法なのであるか回答願う。



551 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:30:02 ID:hc+brd5y
3、なお厚生局からは上記事実も含め
「損保、共済、弁護士が入手したる被害者の医療情報を
今度は東京海上日動メディカルサービスなる
医師法17、18、20条違反民間一般企業に流し、
医療機関でもないこの会社に被害者の意見書、鑑定書を作らせ、
訴訟に証拠提出するとこの違法文書が

「主持医の診断を覆す最重要証拠として採用されている事実」
等も合わせて厚生労働省本省に
「医師法違反のかかる業務を改めさせて頂きたい」
と上げて頂いている事実がある。
損害賠償とは司法、損保、共済が被害側に犯罪の強要を行ない、
被害側がこれに従うことが絶対条件である現実を改めさせようと
動いて下さっているのである。




552 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:32:05 ID:hc+brd5y
4、その後@@様ご夫婦、及び被告は中央警察署刑事一課強行犯に出向き、
「@@○○さんに対する加害側全労災、弁護士からの
医療情報を提供しない以上、一切賠償はしない」との脅し事実について
正式に刑事告訴を行なってきたのである。

担当刑事は「被告が受けた日本興亜、東京海上からの暴行、
傷害被害受理の担当部署であるため」背後事情は十分承知し、
被告が先日、自宅にヤクザとしか、の人物3名を送り込まれた一件も
聞いて「そこまでの事態に進展しているのですか!」と認識した上で、
上記告訴を潰そうとしたのであるが、
@@様ご夫婦は頑として「違法に荷担は出来ない」
と突っぱねたのである。

司法機関こぞってかかる犯罪、荒事事業を受け入れよ!
と国民に押し付け続ける事態はもうまともではないと
恐ろしさを通り越しているのである。





553 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:39:20 ID:hc+brd5y
5、被告は先日、東京海上の被害者さんから相談を受けたことで
「全損保、一定の弁護士、そして裁判所ぐるみで自賠法違反賠償を
恒常的に行っている事実を知ったのである」

簡単に言うと、自動車保険にての賠償は二階建ての計算式となっている事実を
故意に隠ぺいし自賠責枠を超えての人身賠償で過失割合がある事故の場合、
自賠責枠内で詐欺賠償を広く行っている事実を知ったのである、
損保利権の確保のための法破りである。
この被害者の場合、東京海上の提示は
「本人過失20%、賠償額140万円、
従って賠償額は140万架ける80%=112万円であるが、
字倍枠の120万円まで支払ってあげるので示談せよ、
これが東京海上の考える賠償計算式である」であったが、
乙第99号証イ、ロにある通り、正しき計算式は
「120万円は本人過失が7割未満(2割)なので満額支払い、
残り20万円×80%イコール16万円、合計支払い136万円となる。
つまり16万円の詐欺計算式である」

この自賠法破り詐欺賠償計算式は
「全損保、弁護士、裁判所等のヒナ型計算式であるとのことであった」
損保の上の人間曰く「@@さんの言う通りです。
国交省の定めた二階建て計算式が合法ですが、自分達は詐欺の認識を持たずに
かかる賠償計算による賠償を続けています」

「@@さんの言う通り、合法賠償業務にするとなると、
損保賠償は壊滅してしまいますので、今更止められません」であった。
これが法治国家を名乗る日本の司法ぐるみ賠償の正体であるが、
テロ事業と言われて正しく反論できるのであろうか。

証拠書類
乙第99号証イ、ロ    運輸局からの文書

554 :無責任な名無しさん:2006/09/26(火) 23:23:01 ID:1CkznGyY
a

555 :損保犯罪被害者の会:2006/09/29(金) 11:29:37 ID:Ftx8Di3P
491 :損保犯罪被害者の会 :2006/09/29(金) 11:14:36 ID:Ftx8Di3P
口頭申告で!

 投稿者:総務担当 投稿日:2006/09/29(Fri) 07:59 No.10272

 @皆様方に瑣末な報告が御座います!
「実はですね、私が日本興亜の判決に従って行ないました”
口頭申告だけによる後遺症の申請が通りましたよ!(~_~;)」

 ;橋本裁判官が私に言ったんですよ!
 橋本ー山本さん、この後遺症申請文書によると、
治療中止は今年の9月12日で宜しいんですね?
 Y−そうですよ、もう腰もよくならないし、
後遺症として残存すると主治医が言うので、此れで打ち切りですよ!

 橋本ーであれば、この日が症状固定ですね?
 Y−そうですね!
 橋本ーそうしましたら、山本さんは後遺症の残存の状態の
 詳しい説明文書を出してください、
 後遺症の分が追加の請求となりますので!
 Y−判りました!(、、!!良いのか?私の申告で?
 まあ、口頭申告だけで保険手続き終了、出しな!
 判例って素晴らしいですよね!)

●「交通事故の請求は書類一切必要なし。口頭のみで加害者が無条件に
 受取れる」という判決が札幌地裁で出ています。
●自身のまたは知り合いの事故解決に利用したい方は、上記「損保犯罪
被害者の会」のHPまで。


556 :無責任な名無しさん:2006/10/05(木) 20:14:31 ID:q4Ic/eKl
>>553のは驚きです!

557 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 07:55:49 ID:+Nr6z7Gi
age

558 :無責任な名無しさん:2006/10/17(火) 23:58:15 ID:YHxsewQX
こ・・・こんなところまでymototが・・・

559 :無責任な名無しさん:2006/10/23(月) 18:25:47 ID:0WAUxjlx
age

560 :無責任な名無しさん:2006/10/25(水) 15:36:43 ID:VD6A4zca
これはひどい

561 :無責任な名無しさん:2006/11/02(木) 17:53:28 ID:TaivBiup
age

562 :無責任な名無しさん:2006/11/04(土) 10:24:01 ID:w5lH/tAB
ここにも日本興亜の話ある

563 :無責任な名無しさん:2006/11/11(土) 05:10:21 ID:ojAxofnn
やはりそうだったのか・・・
前提と結論がこれほど明らかなスレは素晴らしい。

要するに損保の
《 顧問弁は駆逐すべきだ! 》って簡単なお話な訳。

564 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 05:47:43 ID:Jnim9nGU
age

565 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 19:19:46 ID:VrF0F8Bc
そもそも加害者側が債務不存在ってのも変な話だ

566 :無責任な名無しさん:2006/12/13(水) 14:40:10 ID:7gDDKezc

【社会】「なぜ当事者が入れない?」遺骨抱いての傍聴は認めず・・・両親は説明要請 - 札幌高裁


北海道南幌町で女子中学生が死亡した交通事故をめぐる札幌高裁での
刑事裁判で、被害者の両親が1審と同様に法廷で遺骨を抱いて
傍聴したいと申請したところ、高裁が認められないと
回答していたことが10日、分かった。
 
遺族は「どうして認められないのか。当事者の美紗が法廷に
入れないのはおかしい」として、高裁に理由の説明を求める上申書を
提出、回答を待っている。
事故で亡くなったのは白倉美紗さん=当時(14)。
2003年9月、自転車に乗っていた美紗さんがトラックに
はねられ死亡。1審の札幌地裁岩見沢支部では元トラック運転手の
男に禁固3年、執行猶予5年(求刑禁固3年)の判決が
言い渡されたが、検察側が控訴。19日に札幌高裁で初公判が開かれる。

スレッド
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165734099/l50

567 :無責任な名無しさん:2007/01/06(土) 12:45:49 ID:QPkPi1ov
訴えられました。
交通事故にり私が自転車に乗っており原告の車に損害を与えたというもの

私は、この裁判において 相手が俗にいう難癖をつけたと解釈し難癖裁判にしてみたい

1 原告の予見性
2 車両の安全性
3 原告の安全性

【あなたは信号が自然色では何色で渡りましたか】
【青です】
ここで 裁判官に
【信号は自然色では緑です 原告は当時色覚異常が認められるみたいでありますので
視覚検査をしていただきたい】
また 疲れて車を運転しては安全性が疑われるため 当時疲れのバロメータである
乳酸の量は計測したいといい 原告が黙ったときに よくテレビで見られる 黙認され
ますか? といって はい といったら
裁判官は命令してくれますか?
宜しくお願いいたします

568 :無責任な名無しさん:2007/01/11(木) 23:17:34 ID:+p9hDaf+
ニッセイ同和は 
投稿者:みと桜 投稿日:2007/01/11(Thu) 09:50 No.12749

ニッセイ同和は、私たちにしかけてきた債務不存在確認訴訟で
150万しか出さないとの判決を取りましたが、この判決を取
るために安部弁護士に計「250万円」を支払っておりました。

前に出てきた弁護士と入れると一体弁護士にどれくらい支払って
いたのでしょうか?

加害者のお父さんは「被害者に支払わないで、こんな大金を…。」
と言って驚いておりました。今まで気付かなかったようですが、
病院、調査会社等々にどれくらいのお金が流れているのか分か
りませんよね。

被害者に払いたくないので周りを固めるために周りにお金をバン
バン出費する…、何の仕事をしているのでしょうかこの人たちは。
そうか、被害者に支払う額が大きいとボーナスに響くのか!!

「無制限」とは、被害者追い込みの詐欺経費って事のようです。




569 :無責任な名無しさん:2007/01/11(木) 23:18:37 ID:+p9hDaf+
Re: ニッセイ同和は
 総務担当 - 2007/01/11(Thu) 20:22 No.12779

この支払、正しくは「一枚はニッセイ同和が加害者側の
藤田さんに150万円支払った書類で、次がニッセイ同和
が藤田さんんの訴訟委任状を偽造して付けた、加害者の代理
人を勝手に、の阿部弁護士に対して、約125万円を支払した、
二枚の書類ですよ!」

つまり、ニッセイ同和が支払った相手と言うのは「加害側の藤
田さんに150万円!阿部弁護士には二人分の弁護料として
250万円弱!要するに”日本興亜除雪詐欺と同じく、加害
側と弁護士だけが金を貰って良い思いが出来るのが、詐欺自
動車保険である!の証明資料なんですよね!”」

この3枚の書類、エラク評判でした!「これ、詐欺では無いの
か!加害者と加害者の弁護士がこんな大金を被害者には一銭も
払わずに受領している何て!と、当り前の話をして、ですよ!」

良かったでしょ皆!「こいつ等の詐欺の実態が本当に良く分って
さ!これが詐欺でなければこの世に詐欺は無い!恐喝も医師法違
反も、健康保険詐欺も一杯つきますけどね!」

何のためにこいつ等に保険料を払っているのだ?ヤクザのみかじ
め両より遥かにたちが悪いぞ!加害者も被害者も、健康保険の金
も皆食いものにしているんだしね!




570 :無責任な名無しさん:2007/01/12(金) 00:30:46 ID:HcybGHxl
http://www.manpukujima.com/?w=A126126&m=m

毎日のサイト訪問、毎日配信のメール、無料会員登録等でポイントを貯めることができます。
少なくとも毎日10ポイント(10円)は貯めることができます。
この「まんぷく島」の紹介制度は一人紹介すると50ポイント(50円)が貰え、
その紹介した人が獲得したポイントの5%〜10%を継続してもらうことができます。
さらに、紹介した方と紹介された方に毎月10名様に1万円(もしくは1名様に10万円)があたるチャンスがあります!

http://www.manpukujima.com/?w=A126126&m=m

571 :無責任な名無しさん:2007/01/17(水) 05:37:05 ID:E04G3xGL
(問)恋人が性器を舐めるのがうまかったら、別れようと思っても別れ
   を切り出せない、と聞いたことがあります。実際どうでしょうか
   ?あなたのご意見を聞かせてください。(学生/20代・女)

  ├(1) 関係なく別れる(652名)
  ├(2) 少し迷うが別れる(149名)
  ├(3) 少し迷って別れを思いとどまる(72名)


  関係なく別れる、の圧勝です。呆れた、という感じのご意見がとて
  も多かったです。そうかもしれないな…と言う声も聞かれましたが、
  大抵の人は別れるときはきっぱり別れるという考えのようです。
  セックスの相性よりも大切なものがある、という声も多く聞かれま
  したよ。

572 :無責任な名無しさん:2007/01/24(水) 02:00:13 ID:4lTiMR0n
ほしゅ

573 :無責任な名無しさん:2007/01/31(水) 19:09:49 ID:D9NWFs7O
交通事故被害者へ事故直後に加害者の任意保険の損保から送られる
同意書フォーマットの正しい訂正例。
保険屋へは診断書とレセプト(診療報酬明細書)の取得以外許すべきでない。
勝手な治療費仮払い打ち切りや賠償金圧縮の根拠にされるぞ。
果ては損保が債務不存在確認訴訟を起こしてその証拠資料となる。
交通事故裁判は一般の日本人には理解できない理屈がまかり通っている
とこだから気をつけろ。
他の情報は必要時に同意を取り付けろと保険屋には言っておけ。
損保の誠意は自分の利益追求のためなら、羽毛より軽いものだと知っておけ。

-----------------------------------------------------------------------
××××××××損害保険株式会社 御中

               同意書

 保険契約または損害賠償に関わる調査のため、貴社の社員、または貴社の依頼
した者が本書を提出し、下記患者の傷病に関して、患者が診察・治療・検査を受
けた病院・診療所・検査機関等に対し、下記事項を行うことにつき同意します。
[ 尚、本同意書により入手したものを含め全ての貴社が入手・保持した患者の
 個人情報は、貴社が厳重な管理を行い第三者に漏洩させることのなきものと
 することが同意の大前提であります。 **追加]

               記

【1.患者に関する全ての傷病内容(傷病名、症状、治療内容、既往症など)を
  照会あるいは面談し、回答を受けること。 **削除】

【2.患者に関する画像診断のフィルム、その他の検査記録を借用すること。 **削除】

[ 1. **追加]【3. **削除】患者に関する診断書、診療報酬明細書【、貴社の求める文書 **削除】の作成、発行を
  求め、受領すること。
                                 以上

574 :無責任な名無しさん:2007/02/18(日) 18:49:58 ID:fDD3GL5F
http://hokende.moukaru.info/なら 四桁は無理でしたが 三桁でも満足しました。

575 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 10:18:59 ID:GWG7KSrJ
わしに対して債務不存在確認訴訟はむりだよな。
結局困るのは損保会社でございます。

576 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 12:28:20 ID:6XBftvfS
仮払いを止められて、債務確定調停をされました。
不調にして、自腹で通ってますが不存在訴訟起こしてくれないかな〜
弁護士が症状固定と勝手に言ってきてますから、これは医師法違反だからね。
弁護士を飛ばすくらいの根性で戦いますよ

577 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 20:40:32 ID:5deG7MxS
>>573
同意書が出なければ一括対応してもらえない、というだけだよね。

578 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 20:59:37 ID:DSCs7we5
>>575
最近、交通事故で鞭打ちになった0医師ですか?
損保は整形以外の石は、平気で追い込みをかけるので、ご用心を。
たとえ四兆星が見えると他科送りにしていても、整形石は
大切にしませう。

579 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 08:52:40 ID:95G0jbzg
犯罪交通事故賠償!
 投稿者:総務担当 投稿日:2007/02/20(Tue) 07:47 No.13676

損保、共済、弁護士への刑事犯罪利得の供与、これだけの為に「診断書
もカルテも改竄させて来た司法、警察のおぞましさ!平気で刑事記録も
改ざんし、こんな犯罪捜査を通用させている、やらせ続けている法務省
、検察庁、弁護士会、そして裁判所の犯罪集団ぶり、テロ集団振りには
日本国民として本当に怒りを禁じえません!」

 世の中と言うのは「最低限度信じる事の出来る物が有るからこそ成立
している物なのですが、この連中は、弁護士への犯罪利得供与の為だけ
を見て”主治医に強圧を掛けてカルテも診断書も損保、共済、弁護士の
都合通り改竄させるは、交通事故受傷は事故の程度で決まる事に勝手に
決めて置いて!”」

 だったら「交通事故状況を思いっきり、実際の事故状況より小さく改
竄してしまえば、賠償金も踏み倒せるな!ウンウン!と言うので!”
警察、交通課で事故状況を実際の事故事実より3〜5分の一位に小さく
改竄した刑事記録をコッソリと作成していたんですよ!ご丁寧な事に、
主治医にも、で、診断書も実際の受傷より思いっきり短く作成させて、
刑事捏造記録一式の出来上がり!”(~_~;)」

 こうやって不起訴を「やらせ司法運営で勝ち取り、って、まあ、此
れで良いなら不起訴でも無罪でも勝ち取れますよね!(;一_一)で、
損保犯罪内規でしか賠償は行わない!お前の事故はこんなに小さいだ
ろ!刑事記録に出ている診断書は一週間だ!何が1年間通院だ!詐欺
でパクラせるぞ!」





580 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 08:54:39 ID:95G0jbzg
このように「合法なる?(~_~;)恐喝を損保、損保弁護士で行い
まして、駄目ならば今度は”裁判所ガ協力体制に入る訳ですよ!
”カルテ他医療情報の強奪から始まり、強奪医療情報を国際医
学情報センターに流して翻訳!→翻訳されたカルテ等を今度は
東京海上日動メディカルサービスに送り、中尾清孝医師に意見
書作成をさせて!→この医師法違反意見書が損保の”主治医の
診断を覆せる最大の証拠となるんですよ!”」

 この手口を持ちまして!「裁判官は、強引に主治医の診断の
否定を行いたる犯罪診断合法判決を公然と出す訳ですよ!”最
初から犯罪で構成されたや、ら、せ司法運営ですよ、つまりは
ね!”(~_~;)全部ぅ〜〜そさ!ですよね!」

 で、この後は「被害者の医療費を医療機関は回収せねばなり
ませんので”カルテを交通事故受傷から一般受傷に改竄する訳
ですよ!もう一冊同じ受傷なのに別の受傷です!カルテが出来
上がる訳ですよ!”医師法違反、詐欺ですよ、この捏造カルテ
を持って健康保険に保険請求をここから行なうんですからね!”」

 こんな悪辣な「刑事犯罪だけで交通事故賠償金の踏み倒しを
強行する制度?を、弁護士会の連中と結託した検察が、裁判所
ガ、警察、交通課が実行し続けて来たんですよ!司法では無い
ですよねこの連中は!」

581 :損保犯罪被害者の会:2007/02/20(火) 09:00:26 ID:95G0jbzg

 ;こんな裏の司法犯罪手口を使って!”損保、共済、弁護士会、
裁判所がこぞって、損保、共済、弁護士会、裁判所の勝手にでっち
上げした内規でしか賠償しない事に決めて、賠償金の踏み倒し司
法制度を作り上げ、浮かせた犯罪利得をゴッソリト弁護士に供与
し続けて来たんですよ!”

 ※損保、共済、司法が「自分達ででっち上げした交通事故用?
治療期間基準?を正しい事にする為に刑事記録も診断書もカルテ
も改竄、でっち上げして、させて来たんですよ!”司法が、警察
が、ですよ皆さん!”」

582 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 12:03:59 ID:VUxsKs11
損保もボランティアではなく、暴利いや営利企業。
裁判所や警察は庶民の権利や安全を守るのではなく、体制を守るために存在。
損保社員もお巡りさんも裁判官も所詮はサラリーマン。
国民一人一人が知識を付け、しっかり監視すべき。
皆さん、頑張りましょう!

583 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 12:06:33 ID:VUxsKs11
医者は算術、弁護士は商売w

584 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 01:55:09 ID:WFLAJuSu
友人も被害者
昨年歩道に停まってた車の横を自転車で抜けてる途中車が動いた為に
打撲程度の接触をし相手のばばあが謝らなかった為警察を呼び現場検証までするが
一環して相手は車を動かしてないと主張。しかし相手は71歳のボケ老人。
息子が司法書士だから代理人から連絡すると別れると
日新火災海上保険株式会社 首都圏損害サービス第3部
神奈川サービスセンター 賠償主任福本卓史から連絡があり

翌日面談しばばあは車の修理はしないとの説明と友人が腰痛を訴えると病院へ
行って下さい、治療費はうち(日新火災)が支払うと病院への情報許可の同意書にサインをさせる。

3ヵ月後5日後の面談約束をし友人は雨の日は外出できなくなるとの理由で
前日の確認の電話を約束も忘れられる。

約束当日、体調説明後初めてばばあが車を動かしてないなら保険会社は治療費は払えない
可能性があると説明をうける。

翌日上司の所長堀直人氏から保険会社はいままで病院へ払った治療費なども友人に請求し
この案件から手を引くとの報告をうける。


おかしくね??最初は車動かしてねえって言ったけど自分が悪い認めたから
自分の保険会社に連絡するんだべ

動かしてない車に自転車がぶつかってきたなら息子の司法書士使って
友人に車の修理代の請求するのが普通だろ??

福本が40もすぎて主任止まりなのでも分かる通り無能!!
時間稼ぎしてうやむやにする魂胆まるみえだよな。




585 :無責任な名無しさん:2007/03/05(月) 16:54:35 ID:UPKqdx6h
加害者から、当事者偽装、示談交渉、示談の依頼あり。
被害者より何の請求もなく、同意書も取れず、非合法に、
被害者の身辺調査、損害調査をすれど、全く相手にされず。
     ↓
やむなく、無法弁護士に加害者代理人となることを依頼し、
暴利非弁の調査内容を被害者に通知しした。
これまた、被害者に全く相手にされず。
     ↓
また、やむなく、加害者申立人、無法弁護士代理人出廷の
調停申し立てを行った。
被害者に、暴利非弁弁護士法第72条違反、代理人弁護士法第27条違反
を指摘され、調停開始直後に休憩に入り、休憩後に、裁判官の調停不成立の
裁定が下された。
     ↓
暴利非弁、加害者に代わり、被害者の自賠責保険に対して、
保険金請求を行った。

加害者が請求するのかと思ったら、暴利非弁が請求してやがんの?
被害者の俺にはどうなっているんだか。さっぱり分からん。
この後は注意深く見守るしかないだろう。狙いは分かっているが。

586 :損保犯罪被害者の会:2007/03/05(月) 20:50:20 ID:OOK9CGj7
アドレスをコピペすると、Hサイトに誘導されてしまうようです。
「HAハウスリメイク」と検索エンジンに入力し、仮掲示板から、
訪問して下さい。弁護士・司法の言論弾圧って、本当にあるんですね。
現在、「損保犯罪被害者の会」でグーグルしても訪問できません・・・


587 :損保犯罪被害者の会:2007/03/05(月) 20:54:22 ID:OOK9CGj7
http://www16.plala.or.jp/hahouse/
ここで札幌家庭裁判所の家事調停官が絡んだ
誘拐事件及び被害者の若奥様が不当逮捕?


193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい :

588 :損保犯罪被害者の会:2007/03/05(月) 21:37:37 ID:OOK9CGj7
裕福な歯科医師婦人が、金銭目当ての司法犯罪にまきこまれました。
明日はわが身かも・・・

詳細は、歯科医師のブログにて。


589 :損保犯罪被害者の会:2007/03/05(月) 21:39:16 ID:OOK9CGj7
↑アドレスをコピペすると、Hサイトに誘導されてしまうようです。
「HAハウスリメイク」と検索エンジンに入力し、仮掲示板から、
訪問して下さい。弁護士・司法の言論弾圧って、本当にあるんですね。
現在、「損保犯罪被害者の会」でグーグルしても訪問できません・・・


590 :損保犯罪被害者の会:2007/03/05(月) 21:39:48 ID:OOK9CGj7
HPを訪問し、事実確認された方、また
心ある方は、ぜひコピペのご協力を!!!

591 :無責任な名無しさん:2007/03/09(金) 18:47:50 ID:fQWew+Ui
age

592 :無責任な名無しさん:2007/03/09(金) 20:09:32 ID:m+XuIYmB
http://www.geocities.jp/jurin20072000/index.htm

美人若奥様が昨日釈放されました!!

593 :無責任な名無しさん:2007/03/09(金) 20:53:44 ID:fQWew+Ui
弁護士被害・司法犯罪にまきこまれた美人妻の旦那=歯科医師ブログは、
「HAハウスリメイク」でグーグル(インフォシーク、ヤフー検索可)
して下さい。

ミスコン優勝者の若奥様のうるわしい後姿も初公開されておりますよ


594 :無責任な名無しさん:2007/03/11(日) 13:39:04 ID:eR+klOY0
age

595 :無責任な名無しさん:2007/03/14(水) 11:31:40 ID:2hwHVBvq
債務不在確認訴訟は、交通事故被害者にどういう時に仕掛けてくるのですか?

596 :無責任な名無しさん:2007/03/14(水) 16:46:37 ID:+6eOQ4/M
いつまでもつまんねーこといってんじゃねーよ って時

597 :無責任な名無しさん:2007/03/14(水) 19:48:07 ID:2hwHVBvq
>>596
ありがとうございます
通院中とかにやってくるんですか?
でも医者が治療の必要があるという時でも?
結局、損保が金払いたくないからですよね。

598 :無責任な名無しさん:2007/03/15(木) 22:34:55 ID:3zb38vFf
age

599 :無責任な名無しさん:2007/04/01(日) 14:16:31 ID:P0ILN6+i
age

600 :無責任な名無しさん:2007/04/06(金) 10:44:13 ID:PufY3bbW
損保による債務不存在確認訴訟は、民暴の債務免除の要求と同じではw

601 :無責任な名無しさん:2007/04/07(土) 17:39:13 ID:3p/rjYHK
電子掲示板を利用した名誉毀損事件の検挙

北海道警は、平成19年2月6日、札幌市内に在住する自営業
(男性、54歳)他1名を名誉毀損の罪で逮捕しまたし。
 男性は、平成17年9月ころから12月ころにかけて、
電子掲示板上で被害者の個人情報等を掲載したり、誹謗中傷する内容を
掲示し、被害者の名誉を毀損したのもです。



602 :無責任な名無しさん:2007/04/08(日) 06:46:44 ID:VhkX9OAd
個人に対する誹謗中傷はいただけない


603 :無責任な名無しさん:2007/04/09(月) 08:51:52 ID:qvpbVEN2
暴対法ならぬ損保対法も制定すべし
指定暴力団体が入り組んでいるところは、暴対法適用すべし

604 :無責任な名無しさん:2007/04/10(火) 14:20:23 ID:bfeWg8MC
本院訴訟で頑張ってますの最高裁の判決はどうなったの?

605 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 01:27:05 ID:6Ys+DVc2
債務不存在確認訴訟は損保の切り札やね。

私も苦しめられています。
債務不存在確認訴訟提起に対する裁判官の偏見もあるように感じた。

一審ボロ負け。控訴しています。

606 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 07:07:43 ID:dMcNc+uG
不存在提訴って言うのは、例えば損保が総額100万を提示している事に
対して、そりゃ少ない!150万円払え!って言った時に発生するの?
それとも示談案を無視していたら発生するの?示談案提示された時に、
異議申し立てをしたら不存在提訴を起こされるって聞いたけど、そんな
事もあるの?不存在提訴を起こす損保側の理由がイマイチ理解出来て
いない自分・・・・

>>605
どんな理由で提訴されたのですか?
被害者側は、反訴をすればあんまり負けない(弁護士付き)って聞いた
のだけど、>>605さんは本人反訴だったのですか?

607 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 07:31:36 ID:B0QDWMXE
俺もそれは興味あるな
ボロ負けてどうしてそうなったの?
本人訴訟?
反訴しなかった?

608 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 07:37:32 ID:UCWcYSEr
>>606

民事訴訟には大まかに、給付の訴え、確認の訴え、形成の訴えという三つの訴訟の種類があって、債務不存在提訴は確認の訴えに分けられる。
つまり、相債務不存在提訴は相手方と争いのある事実とそれに関わる債務(賠償金や借金など)について、そのようなものを支払う必要がない事を裁判所に認定してもらうという訴訟の形態である。
債務については、特段の事情のない限り債権者(支払いを受ける側)が支払う必要のある事を主張立証する形を取るから、債務不存在訴訟によって相手方がそれらを有効に示せなければ、債務の不存在が確認される。



609 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 07:39:35 ID:UCWcYSEr
ミス。
誤って二行目の途中に「相」の字を入れてしまった。

× つまり、相債務不存在提訴は相手方と争いのある事実と〜
○ つまり、債務不存在提訴は相手方と争いのある事実と〜

610 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 08:20:49 ID:eZfEdKtZ
>>608
うん・・・なるほど・・・何となく分かったような気が・・・
でも、この「分かったような気」と言う所が一番自分的には不安w
支払いを受ける側がそれを証明し、認められた場合、損保の起こした
不存在提訴と言うのは敗訴となるのですか?
でも多分、この支払う必要性を証明する事が難しいんだろうな。
例えば、固定後に手術をした。その手術は固定前から決まっていた。
勿論、損保も知っていた。当然、被害者は費用を請求した。
しかし、固定後だから損保は払わない。それをグズグズ言っていたら、
提訴になる。で、反訴で勝利するには手術の必要性と固定前から決まっていた
事を証明しなければならない。

しかし、ここでネックになるのは、固定をしたのは被害者本人だと言う事。
固定後は治療費は出ない訳だから。でも、被害者は、固定後に治療費が出ない
事を知らなかった。でも、知らなかったのは被害者の勉強不足。
よって敗訴って言う感じになるのかなぁ?この場合、医者からの診断書等が
あっても敗訴になるのだろうか?
やっぱり、不存在提訴をされた場合は弁護士を入れるのが一番なんだろうな。
示談の段階から、弁護士(被害者側)を入れたら、不存在提訴は回避する
事が出来るのですか?これから数回の手術を控えている身内を持つので
真剣に考えています。
後遺症認定についてもっと勉強しとくんだった・・・・
今更の話だけど・・・・やっぱ、残念ながら自腹手術、負けって事ですよね・・・


611 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 08:27:52 ID:UCWcYSEr
>支払いを受ける側がそれを証明し、認められた場合、損保の起こした
>不存在提訴と言うのは敗訴となるのですか?

その通り。

>しかし、ここでネックになるのは、固定をしたのは被害者本人だと言う事。
>固定後は治療費は出ない訳だから。

それは違うな。
保険契約の内容や社会通念上の支払義務などでどうとでも変わってくるから、これ以上は簡裁代理司法書士か弁護士へ相談。
以上。

612 :605:2007/04/11(水) 10:37:53 ID:6Ys+DVc2
レスたくさんいただけて驚いています。

 本人訴訟でやりました。
 反訴したのですが、一年通院して一ヶ月しか相当期間が認められなかった
のです。

 受傷程度は他覚的知見のない腰椎捻挫、足捻挫、靭帯損傷。

 警察用診断書で1ヶ月認められているのに、相手の医師意見書が
影響力あったようで、わずか1ヶ月しか相当通院期間が認められなかった。

 相手弁護士はこの手の裁判ばかりやっているベテランです。

613 :無責任な名無しさん:2007/04/11(水) 19:19:21 ID:WvOw+SiC
やっぱり、法曹っていうには、アホばっかり・・・。
交通事故・火災などの不慮の事故に関しては、損保側に立証責任がある、
という最高裁の判決が出たばかり。
損保の顧問医の意見書なんて「診察していない医師は診断を下してはならない」
という医師法がある以上、医師法違反で違法!
それが世界基準。
と主張してみては? ローのセンセに聞いたら
「そうも言える」と言っておりました。ところで、
靭帯損傷してて、他覚所見がない、というのはありえないと思いますが。



614 :605:2007/04/11(水) 20:56:32 ID:6Ys+DVc2
そうなんですか?
レントゲンに靭帯損傷は写らないものではないのですか?
 
 医師法にそんな条文があるとは知りませんでした。
準備書面に記します。
御助言ありがとうございます。

 主治医の診断書を証拠として提出しているのですが、
一審の裁判官は全くのスルーでした。

 


615 :605:2007/04/11(水) 21:04:17 ID:6Ys+DVc2
第20条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを
交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自
ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後24時
間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。

この条文ですね。

 意見書 というキャプションで許容されてしまうのでしょうかね?

 私の主治医の通院証明書、診断書は1年と少しの期間の通院の
相当性があったとしているのですが、一審裁判所はわずか1ヶ月
間しか相当性を認めてくれなかったのです、

 理解を絶しています。

616 :無責任な名無しさん:2007/04/13(金) 10:19:36 ID:mEz4zoEu
>>613
>交通事故・火災などの不慮の事故に関しては、損保側に立証責任がある、
>という最高裁の判決が出たばかり。

詳しく教えてください
今度答弁書に記述したいので

617 :無責任な名無しさん:2007/04/13(金) 10:28:43 ID:lY06S6iC
>>615

主張の仕方が悪いとそうなる事もある。
弁護士か簡裁代理司法書士に相談。

618 :615:2007/04/13(金) 11:32:58 ID:Q6dC1IXy
>>617

争点を綺麗に整理しなおしました。
 私の主張の仕方が非常に悪かった事(的をしぼれず、ボリユーム多い)
はたしかです、

619 :無責任な名無しさん:2007/04/13(金) 23:06:00 ID:RhGEpJpO
>>613
四の五の言う前にその最高裁判決をちゃんと読めよ。

620 :無責任な名無しさん:2007/04/17(火) 22:57:36 ID:mF19YQuE
電子掲示板を利用した名誉毀損事件の検挙

警察は、平成19年2月6日、札幌市内に在住する内装業
(男性、54歳)他1名を名誉毀損の罪で逮捕しまたし。
 男性は、平成17年9月ころから12月ころにかけて、
電子掲示板上で被害者の個人情報等を掲載したり、誹謗中傷する内容を
掲示し、被害者の名誉を毀損したのもです。



621 :法律素人:2007/04/18(水) 15:45:04 ID:VOQ91Fli
数日前、最高裁で自動車が盗難に遭った人の裁判で、保険金を払わないと主張してた保険会社が敗訴してた。
「鍵がICタグ埋め込みだから、合鍵でつくっても盗難されるはずがない。盗まれた、という証明がされないかぎり
保険会社は支払い義務がない。」という主張だったらしい。
高裁では、保険会社の主張が認められたが、最高裁でひっくりかえったようだ。

そこでなんだが、高裁の判決(決定かも)に不服があるからっていっても最高裁に特別抗告するのは、
限られた場合だけだろ。憲法違反とか・・・
よく特別抗告が通ったね。

622 :無責任な名無しさん:2007/04/18(水) 18:32:43 ID:LfZQSlvJ
交通事故・火災事故などの不慮の事故の場合、立証責任は保険会社側にある、
という最高裁の判例がありながら、荒災でDQNな判決を出すからでしょ。

そのままでは、日本の恥だし・・・。
(また、アメリカで笑いものになるのか〜〜〜、と鬱)

これからは、DQNな裁判官名とそれに貢献したDQN弁護士名は
マズゴミに発表して欲しいよね。
うちらがうるさくマズゴミを叩いているから、裁判官名が公表される
ようになったのは、良い傾向。

マズゴミさん。弁誤死名もよろぴく。

623 :無責任な名無しさん:2007/04/18(水) 19:27:30 ID:aprDubHh
債務不存在確認訴訟に対抗すべく何かはないんでしょうか?
どう考えてもおかしいと思うんですが。

624 :無責任な名無しさん:2007/04/19(木) 13:11:25 ID:LtESyPkP
>>621
こういう裁判ってどうするんだろうね。
裁判官が自動車に明るい人なら良いけどさ・・(イモビ搭載車両が盗まれたって琴田と思うが・・)

鍵に埋め込まれたICチップと、車本体に内蔵されたコンピューターが通信して
その埋め込まれた符号が合致しない限りエンジンが起動しない。
その符号は、何千億通り(車種による)にも達し、到底盗難は不可能である。
っていうのが保険会社の主張だと思ふ。だが、どうすんだろうね、裁判官が「イモビって何?」て聞く人だと。

以前あったよね、FLマスク裁判か。リンクと言う行為の違法性がうんたら?だっけか?
ようは、ネットに関する知識がないと判断できないって奴。
あれも、「ホームページとは・・」「ハイパーリンクとは・・」って逐一説明したらしいしw

625 :615:2007/04/20(金) 21:47:46 ID:P5AATLfE
保険会社に都合のいい意見書書く医者をなんとかしてほしい

 ホンマにむかつく

626 :無責任な名無しさん:2007/04/23(月) 21:02:01 ID:k+LL/K+I
保険屋の担当が主治医とは顔見知りだと話してた。
整形外科医と保険屋との関係はほとんどがそう。
同意書出してない時にもう情報洩れてたのかな。
ヤブの臭いがしたから健保治療にしたら、案の定放置プレイ。
いいお土産をドンとあげようじゃないか(笑)
楽しみに待ってな。

627 :615:2007/04/24(火) 00:08:36 ID:Mkyn7483
↑ 626さん
へえーよく意味が理解できないけど
非常に興味がある書き込みです。

できたら詳細教えて欲しいです。

628 :無責任な名無しさん:2007/04/24(火) 18:11:28 ID:3hbPnt+s
車×バイク
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=213337

629 :無責任な名無しさん:2007/04/28(土) 22:33:43 ID:VUbmvoTx
損害額が折り合わなかったことで家族や他所様にまで迷惑掛けて・・。
いつまで負け犬の遠吠えやるんだ?
現在のクレーマー的運動方法では、賛同者が増えないどころか、
取り巻き以外、国や世間を敵に回しているんだぞ。
孤立無援状態で世論を動かせるのか? 
いい加減、恐喝や因縁等の違法行為は止めて、判決に従ったら?

630 :無責任な名無しさん:2007/04/29(日) 00:30:29 ID:Mn9Dd4M0
 クレーマー的な事件もあるんだろうけど、中にはひどい
債務不存在確認訴訟の原告もいるよ。

 素人では応訴できないし、主張が下手だと酷い判決がでたりする。
私の場合も一審はひどかった。


631 :無責任な名無しさん:2007/05/01(火) 15:37:19 ID:5mCEtRXk
事故をおこした犯罪者を懲らしめてやろう!
悪徳損保を社会問題化しよう!

632 :無責任な名無しさん:2007/05/02(水) 22:20:44 ID:6sDHdn19
ミ△△△とかで経過報告して、悪徳損保を叩こう!
こういうことは周囲も理解、協力してくれる。

633 :無責任な名無しさん:2007/05/04(金) 15:20:12 ID:zm5FmGPE
>ミ△△△
って何?

634 :無責任な名無しさん:2007/05/06(日) 12:50:46 ID:uu8YKdYC
司法受験生母体の脆弱化の深刻

旧司法試験 志願者数 50166→49991→45885→35782 (年々減少)
DNC適性試験 志願者数 39866→24036→19859→18450 (年々減少)

その結果⇒司法修習生のレベル低下の恐れ


635 :無責任な名無しさん:2007/05/11(金) 16:33:40 ID:befnhS+q
「三段対照式 交通実務六法」 交通警察実務研究会編集 東京法令出版刊
420円
http://auction.item.rakuten.co.jp/10045799/a/10000114

636 :無責任な名無しさん:2007/05/11(金) 16:41:27 ID:QEfbWoOR

損保犯罪被害者の会

http://www.y-moto.net/index.html


637 :無責任な名無しさん:2007/05/15(火) 01:18:51 ID:NY26/aX5
教えて下さい
今月で挫傷通院半年です 症状固定をして 後遺傷害認定受けようと思いますが
もうすでに私の事故は加害者が弁護士を立ててますのでそちらと交渉するように
損保から言われてます  いきなり弁護士から債務不存在確認訴訟を起こされるのか
心配です もし起こされたのならば裁判で争うとどの位の期間なるのでしょうか?
また私は今茨城に住んでおり 症状固定後四国に戻るつもりです  裁判が終わるまで
茨城にいないとだめなのでしょうか?  よろしくお願いします

638 :無責任な名無しさん:2007/05/15(火) 13:17:26 ID:7Z7zlQmP
国家テロ証明 投稿者:総務担当 投稿日:2007/05/15(Tue) 11:56 No.15663
                 平成19年5月15日
アメリカ総領事館
領事部 森越 正靖 様

                 損保犯罪被害者の会
                  
             国家テロ証明
・本日送付致しますのは、今年2月末から伝達しております「共産主義テロ
司法集団が仕切っての子供の身代金目的、裁判官、弁護士が犯罪の主犯とな
り、身代代金目的誘拐成功の為にで、誘拐の成功報酬を主犯弁護士に山分け
する為にで」弁護士会、検察庁、裁判所、警察、マスコミ等が総出で誘拐他
犯罪を合法犯罪であるとして追認し続けている日本の現状の証明告訴状セッ
トと、検事正、道警本部長への一文等を合わせた資料です。

・この資料には「弁護士が検察を、裁判官を支配下に置いての違法令状発行
の手口、違法発行令状を用いての警察と結託しての弁護士テロ犯罪に立ち向
かう人間の冤罪抹殺手口資料」等もついております。

別途送付致しますのは、「厚生労働省が遂に労災事業においての労災隠し、
健康保険詐欺を認め、是正に動く」とした発表記事であります。
これは弁護士、裁判官が日々行なっている「犯罪診断を弁護士、裁判官がつ
けて、交通事故被害者のカルテを交通事故から一般受傷に強制切り替え、
要は改ざんをさせて公金詐欺を公然と働かせ、損保、共済、弁護士に公金詐
欺利得をもたらせてきた事実、手口と同一の国の事業詐欺ですが、遂に国が
労災事業においての公金詐欺の是正に動くと発表した訳です。

さて、裁判官、弁護士による犯罪診断、公金詐欺恒常実行は今後どう扱われ
るのでありましょうか。


639 :無責任な名無しさん:2007/05/15(火) 13:29:10 ID:Ldc+Cv93
>>637
>挫傷で半年間通院しており、症状が固定したら居住地に帰る

事故のあった場所にいる必要はないが、訴訟の管轄地となる可能性が高いから、留まっていた方がいいだろうな。
不存在請求の訴訟期間については、一概には言えない。
通常、一ヶ月半以上になる。

640 :無責任な名無しさん:2007/05/19(土) 00:21:28 ID:JN/1w+TM
age

641 :無責任な名無しさん:2007/05/22(火) 21:05:45 ID:jkjExrQJ
>>637
挫傷だと早めに後遺障の等級認定をやった方が吉。

642 :無責任な名無しさん:2007/05/23(水) 20:42:46 ID:zzR/p6yq
>>637
こちらから、派手に請求とかしなければ債務不存在確認なんかやってこないよ。
納得いくまで治療した方がいいと思われます。
それと、訴訟の管轄はいろいろと理由考えて、管轄を変えてもらえば。
裁判になるときは、当然弁護士たのむでしょう?

643 :無責任な名無しさん:2007/05/24(木) 19:50:59 ID:39jUEtlY
>納得いくまで治療した方がいいと思われます。
後遺症が見込めるような事案だと早期に症状固定にした方がよい。
高い等級認定を目指した方が有利。


644 :無責任な名無しさん:2007/06/02(土) 22:35:08 ID:6XCTZwoo
>>637
行きたい場所があるのなら、そこへ転院すればいい。
被害者やのにデンとかまえるべき。

私も債務不存在うたれた経験者やけど、
法知識がないのなら弁護士に依頼しなければならず
大変な事になると思う。

普通の事故じゃないんでしょ?
加害者が弁護士たてるなんていうのは半年程度の通院で
はレアケースだと思うけどね

645 :無責任な名無しさん:2007/06/03(日) 10:22:07 ID:QR00ztEa
>>637が相手に脅しかけたんじゃねの
キチガイ・チンピラ相手事故の契約者保護のため早期弁護士委任は良くある

646 :無責任な名無しさん:2007/06/07(木) 20:32:07 ID:1JngJxw7
ID:MeIs8Iu00 コツ教えて

647 :無責任な名無しさん:2007/06/07(木) 21:07:43 ID:1JngJxw7
物損で加害者側損保が鑑定人出してきたんだけど、
家電製品を「壊れてるか壊れてないかわからないから時価の50%」っていうめちゃくちゃな鑑定出して、
それにクレームつけたらすぐ弁護士出してきて、まったく示談できずに
「損害額はXX円だけ」の債務不存在確認やられた

これに対して俺の主張としては最高裁等の立証責任は損保にあるという判例から(自動車盗難、居酒屋の火災)
鑑定も同様に損保に完全な証明責任があると主張して、この裁判の棄却を主張しようと思ってたんだけど、
相談した弁護士が言うには、相手は具体的な数値とか出してきてるんだからそういう法律論だけだと負ける
こちらも具体的なものを出していかないとだめだ、と。

でも鑑定は相手損保の仕事なんだから、これを自分が費用出してやる必要がないだろ?
それが損保の仕事だろ?って主張なんだけど、これだめなのかな?

反訴で、慰謝料や休業損害を考えてるんだけど、それもまず取れないと
物損で慰謝料が難しいのはわかるけど、休業損害も取れないのかと・・・orz
自分の主張と立証の仕方しだいだと思うんだけど、
なんかいい突込みどころは無いものかと

648 :無責任な名無しさん:2007/06/10(日) 13:22:52 ID:vsoETbK2
お前の立証責任の考え自体が間違い

649 :無責任な名無しさん:2007/06/11(月) 02:17:33 ID:qaFEkqzt
>>648
詳しく

650 :無責任な名無しさん:2007/06/12(火) 15:01:41 ID:eGscR8t6
>>648
まちがってねえだろ

651 :無責任な名無しさん:2007/06/12(火) 15:24:39 ID:0iOPSOsN
>>647
少なくとも
保険事故により損害が発生したことと、
その額がいくらかの立証責任はあなたにある。
最高裁判例は保険事故が被保険者の故意・重過失によるものかどうかという
免責条項の主張につき、保険会社が立証責任を負うとしたにすぎない。

652 :648:2007/06/12(火) 23:34:55 ID:dof05ok/
>>651のおっしゃる通り。

最高裁判例を引くならその射程は検討してからに・・・
と言っても詮無きことか。

653 :無責任な名無しさん:2007/06/13(水) 11:50:15 ID:ouLzlJE4
損保の踏み倒しのための訴訟だね

654 :無責任な名無しさん:2007/06/13(水) 12:37:29 ID:yO0/F6eU
>>651
>その額がいくらかの立証責任はあなたにある。
これはその物を購入した額を主張するくらいしかできないのでは?
その物損がどれくらいかは損保アジャスターの仕事でしょ?
それを被害者も鑑定依頼したらすげえ損だけど
そこまでしなきゃならないものなの?
いい加減な鑑定をして承知しなかったら債務不存在って明らかに横暴で不当だろ
こんなものを裁判所は認めるものなのか?

655 :無責任な名無しさん:2007/06/13(水) 13:34:53 ID:lJ7SH8Vb
>>654
損保の鑑定がいい加減だと主張するならそれを立証しないと駄目だ。

656 :無責任な名無しさん:2007/06/13(水) 14:44:53 ID:FyaaR81/
車載カメラにて当て逃げの瞬間を録画!
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=261207


657 :無責任な名無しさん:2007/06/14(木) 14:02:50 ID:P3Vu6QTF
>>655
相手がいい加減な鑑定だと立証する方法ってなにがあるの?
自分でも鑑定依頼するくらいか?
でもその費用は自分持ちだろ
たまらんな

658 :無責任な名無しさん:2007/06/14(木) 17:00:02 ID:FlFVYwBH
この訴訟どこの保険屋が多い?
損保ジャパン?あいおい?三井住友?

659 :無責任な名無しさん:2007/06/14(木) 21:44:51 ID:o05jCa5V
>>657
全面勝訴すれば鑑定費用は相手から取れる。

660 :無責任な名無しさん:2007/06/15(金) 11:55:28 ID:Tiaqf1Fh
>>659
全面勝訴って難しいだろうなあ
相手は損保とお抱え弁護士でその道のプロでこういうこと日常茶飯事でやってるはずだしな
結局こっちも鑑定以外は立証方法は無いってこと?
その費用出して得られるのってたいした額じゃないだろうし、
時間と労力考えるとだめだな
ただ単に「よく調べていない。鑑定がおかしい。」の主張だけじゃだめなのか?

661 :無責任な名無しさん:2007/06/16(土) 13:53:07 ID:rfsj2tlX
つーか、物損で慰謝料だ休損だ新車購入価格だと言ってる時点で全面勝訴は
ありえねぇ。

基本的には損保側は損害否認だけしてれば、>>660が立証活動しない限り請求
棄却(つまり損保は1円も払う必要なしって結論)になるのに、自分の費用で鑑定
して50%も損害を認めてくれてるだけありがたく思えよ。

って話だと思うが、まあ「もう疲れたから、せめて60%くらい認めてよ」って言ってみれば?
和解してくれるかもよ。

662 :無責任な名無しさん:2007/06/16(土) 23:17:39 ID:giqnaMU5
>>661
>自分の費用で鑑定して50%も損害を認めてくれてるだけありがたく思えよ。
損保ってこんなに偉いのか?
鑑定って損保が金払いたくないからできるだけ抑えようとするのはわかるけど、
いい加減な鑑定はおかしいよな
結局そういうことやってクレームつけたら債務不存在てめちゃくちゃだろ
物損で休業損害も難しいのか?
わからん

663 :無責任な名無しさん:2007/06/17(日) 20:07:11 ID:v+xQz4dW
鑑定は損保の義務なんじゃねえの

664 :無責任な名無しさん:2007/06/18(月) 12:33:44 ID:eNckrQ1y
>>662
いい加減だって言うならその根拠を突きつければいいだけだろ。
まさか根拠も無しにいい加減と言っているわけではないだろう?

665 :無責任な名無しさん:2007/06/18(月) 17:16:41 ID:DmKQRW+Q
鑑定人にかね払うのは損保なんだから損保に有利にするのは当たり前

666 :無責任な名無しさん:2007/06/20(水) 18:10:52 ID:XNFph2y0
>>664
この根拠って言うのは相手の言動についていうだけじゃだめなのかな
弱いか

667 :無責任な名無しさん:2007/06/20(水) 21:44:55 ID:1ZG0AdNe
裁判も頑張るしかないけど、地元からその損保の悪態を知らせ広めるしかないんじゃないの?
口コミは広がるよ。
そんな理不尽な訴訟を頻繁に起こす保険屋なんか契約したくないだろう。
あのクソ損保だろう。

668 :無責任な名無しさん:2007/06/20(水) 23:56:36 ID:xfYg0BmK
土日など車で来る場所で、人の集まるところで連れと話すのもいいかもしれない。
意外と聞いている。
ネットで調べると悪評だらけ。


669 :無責任な名無しさん:2007/06/21(木) 00:02:59 ID:M8jB8DR5
これの問題点って、

Ex
事故発生→損保と、被害者が示談交渉に入る
→損保提示100万円、被害者要求400万円→お互い歩み寄りが無く、示談は一向に進まない。
→損保債務不存在確認訴訟(100万円)をおこす
→怪我で経済的にも、精神的にも弱っている被害者は、泣く泣く示談に応じてしまう。


ってことでOK?

670 :無責任な名無しさん:2007/06/21(木) 00:22:37 ID:pZNhX9DZ
それもあるだろうし0円もあるだろうな
損害事故の賠償の立証責任が被害者にあって、
さらに債務不存在は被告のほうに無理やり立証を負わせるから、
有利な証拠を持ってないとそれでやられてまう
あと損保側の和解狙い
和解だと遅延損害金も出ないって言うし、
被害者泣きっ面に蜂だよ

671 :無責任な名無しさん:2007/06/21(木) 00:25:31 ID:pZNhX9DZ
>>667
こんな地道な方法じゃいつまでたっても・・・

判例を相手の会社名出してネットに公開すんのって違法?
いいんだったら、そういう判例を集めたサイト作ればいいと思うが

672 :無責任な名無しさん:2007/06/21(木) 01:23:42 ID:LwV2keFR
損保が債務不存在起こしてくれなければ、そのまま1円貰えないまま時効になる
だけなのだが。

請求する側が立証責任を負うのは、債務不存在だろうが請求訴訟だろうが
同じなわけで、別に有利にも不利にもならんのだが。

損保が印紙代負担してくれてんだから結構な話じゃん。


正直、事故から3か月くらいの通院中に損保が債務不存在起こすようなのは
社会的に問題だと思うが(最近はあんまり聞かないけど)、上の物損で馬鹿な
法律論振りかざして騒いでるようなのは、東京地裁前で毎日騒いでるおっさん
並の(ry


673 :無責任な名無しさん:2007/06/25(月) 08:23:17 ID:ELR0R6sZ
>>672
>上の物損で馬鹿な法律論
その人物は数年前の事故の話なのに、このスレや損保ジャパンスレで最近急に書き込みをしている
債務不存在訴訟かけられていると書いたり、これから訴訟されそうと話の内容も矛盾しており、なぜか損保名でなく詐欺損保と書いている
損保ジャパンの悪徳手口レスから話題をそらそうとしている被害者なりすまし工作員と思われる

674 :無責任な名無しさん:2007/06/25(月) 23:42:42 ID:2YtEzbcK
それで「本人訴訟で頑張ってます」は結局どうなったの?

675 :672:2007/06/28(木) 01:44:55 ID:0uPKT56B
>>673
ああ、そういう人なのね。
結局こういう妄想で語る人の存在って、色々逆効果にしかならんだろうに。

676 :無責任な名無しさん:2007/06/30(土) 22:30:47 ID:fDMZGoBo
示談が決裂すると保険会社は面倒を見てくれません。
最終的な賠償金を出すだけです。
調停、訴訟は個人対個人の対決になります。
実は素人との示談が一番嫌なもので・・・


677 :無責任な名無しさん:2007/07/01(日) 10:50:03 ID:lsI/2HrS
http://koutukikakuka.police.pref.shizuoka.jp/index.html

678 :無責任な名無しさん:2007/07/02(月) 03:28:06 ID:fgTZRPoq
>>676
個人対個人じゃねえよ

679 :無責任な名無しさん:2007/07/02(月) 04:12:54 ID:tdd9CtpV
まじでおこづかいを携帯でためたい人に向けてホームページ作ったよ
あんまりたいしたできじゃないけど良かったら見ていってください

全然人が来てくれないんでこんなとこにまで貼っちゃってごめんよぉ

http://hp1.mymobile.jp/5/hiron8901/

680 :無責任な名無しさん:2007/07/02(月) 23:21:12 ID:CO7OadPe
>>678
いいえ。
示談が決裂すると保険会社は面倒を見てくれません。
最終的な賠償金を出すだけです。
調停、訴訟は個人対個人の対決になります。
実は素人との示談が一番嫌なもので・・・

681 :無責任な名無しさん:2007/07/03(火) 13:54:04 ID:pe9XCpA5
>>680
個人て被害者と誰だよ
債務不存在かけてくんのは損保だろがよ
言ってる意味わかんねえ

682 :無責任な名無しさん:2007/07/09(月) 21:55:10 ID:8mBG1KQH
>物損で休業損害も難しいのか?
こういう主張をして、示談できないと言うのは当たり前としか言い様がない...
弁護士頼むのが吉。

683 :無責任な名無しさん:2007/07/19(木) 16:48:34 ID:Hk+bhRFi
休業損害難しいのか
示談では相手は払いたくないだろうけど、裁判でも物損で休業損害難しいの?
裁判官認めてくれないのか?

684 :無責任な名無しさん:2007/07/20(金) 22:12:56 ID:/3rS85ec
物損がタクシーとかレンタカーだったら休損の数日分は出るだろうけど、
それ以外は無理。

685 :無責任な名無しさん:2007/07/21(土) 01:15:21 ID:T4yvlWz9
>>684
タクシーも出ないよ。
「タクシー会社は通常,予備の車両を用意しているから,休車損害はない」という裁判例あり。

686 :無責任な名無しさん:2007/07/21(土) 10:30:19 ID:kchKa+pq
>>685
ということは、個人タクシーなら出る可能性はあるの?

687 :無責任な名無しさん:2007/07/28(土) 02:07:20 ID:FWF8+Tiv
東京海上日動関係者が荒らしてます
http://hostlove.com/cgi-bin/qa/ibo.cgi?mode=tp&digest=1&page=1&a=32&file=20070726145947

688 :無責任な名無しさん:2007/07/28(土) 05:59:09 ID:OiXZ8BS4
街ですれちがった酔っ払いにいきなり胸倉をつかまれ暴行を受けました。警察に被害届を出しに行きましたが、幸い怪我もたいしたことないのでお互い話し合うよう説得され、刑事事件として訴えることは止めまた。
が、その際に、つけていたネックレスがひきちぎられ紛失してましい、これについては弁償していただきたく、相手と話し合ったところ、本当につけていたか疑わしい、その要求には応じられない。という事なので、損害賠償請求をおこしたいと思っています。

ここで質問なんですが、こういったケースの場合、ネックレスが紛失してしまっているので証拠を提示するのが困難です。(領収書・写真はあります)損害賠償請求したら裁判所はどのような判決をされると考えられるでしょうか?

大切にしていた物なので泣き寝入りはしたくないのです。
どうか、ご教授お願い申し上げます。

689 :無責任な名無しさん:2007/07/28(土) 06:06:19 ID:OiXZ8BS4
688 書き込む場所間違えました。すいません。

690 :無責任な名無しさん:2007/07/30(月) 17:22:30 ID:AeNcqyPh
質問です。物損の示談って自分から保険会社に電話しないと連絡来ないものなのですか?車の修理が終ってから一ヶ月以上たつのに連絡がなにもないので。

691 :無責任な名無しさん:2007/07/30(月) 17:38:47 ID:2XQpKnF0
>>690
ケースバイケースだろうなぁ。

事故の相手方に連絡して、
「貴方の保険会社からまだ連絡が無い」って言ってみたら?

って思いっきりすれ違い。

692 :無責任な名無しさん:2007/08/09(木) 08:10:43 ID:6hq820Mf
訴訟費用は被告の負担か・・・。

693 :無責任な名無しさん:2007/08/17(金) 17:23:43 ID:uJtIvo53
ここで本人訴訟でがんばってた司法書士のおっさんも敗訴したしな。

●交通事故での被害者への損保の債務不存在確認訴訟
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1117701737/

694 :無責任な名無しさん:2007/08/17(金) 17:53:11 ID:F7oi9EO+
>>693
北陸地方の司法書士のおっさん敗訴したのか?

高裁の後に最高裁で敗けたのか?高裁差し戻し審で敗けたのか?

誰か判決内容をしっている人いませんか?

695 :無責任な名無しさん:2007/08/17(金) 17:59:30 ID:dbJ9c0Un
損保ジャパン?

696 :無責任な名無しさん:2007/08/17(金) 18:00:13 ID:uJtIvo53
>>694
他板に貼ろうとして間違えた。スマソ

697 :無責任な名無しさん:2007/08/18(土) 01:11:22 ID:5a9kI4/3
>>696
詳細は知らないの?何故負けた事だけ知っているの?

698 :無責任な名無しさん:2007/08/22(水) 17:29:25 ID:k+o8Ftwi
負けタンカ?
だから書き込まないのか
ソースは?

699 :無責任な名無しさん:2007/08/23(木) 03:10:02 ID:2t4cwa08
誰か司法書士のおっさんの裁判の事しらないか?

高裁までは、威勢が良かったと思うのだが・・・

あれだけ啖呵を切って負ければ知らぬ存ぜぬでは・・・

700 :無責任な名無しさん:2007/08/23(木) 21:55:52 ID:znxQl5Mn
「司法書士のおっさん」って簡裁代理権とか持っているの?

701 :無責任な名無しさん:2007/08/27(月) 20:49:51 ID:LXZj8nC1
損保ジャパンスレに債務不存在確認訴訟を起こされたという被害者が常駐しているが。
損保ジャパンは最近もまたやってんの?

702 :無責任な名無しさん:2007/08/29(水) 07:08:42 ID:eDOiSK7M
>>700
司法書士会の講習を受けるだけで代理権取得できたから持ってるんじゃないの?
興味の無い司法書士は講習など受けない為に受講者は少数ですが・・・

703 :無責任な名無しさん:2007/08/29(水) 10:16:14 ID:5Yr6cnEw
>>701
URL教えて

704 :無責任な名無しさん:2007/08/29(水) 23:31:41 ID:eDOiSK7M
>>703
保険板の損ジャスレにいるよ!
正体は、被害者ではなく損ジャの2ちゃんねる対策工作員だけどね
損ジャに逆らうと債務不存在確認訴訟をしてこのような目に会うぞと
アピールしているだけの損ジャ工作員
書き込み内容にも一貫性がない。
その他の被害者に対して嫌がらせのレスをする○チガイ工作員!

705 :無責任な名無しさん:2007/08/29(水) 23:38:17 ID:C4es9kjD
◆死刑が怖くて自首をした。
◆よって、殺人犯は問答無用に死刑。
◆性犯罪者は、問答無用に去勢。
「女性拉致し殺した」と通報=岐阜山林で遺体発見−男3人確保、逮捕へ・愛知県警
8月26日1時2分配信 時事通信
 25日午後1時半ごろ、愛知県警本部(名古屋市中区)に男の声で「昨夜、仲間2人と名古屋市内で女性を拉致し、
現金を奪った上で殺害した」と通報があった。県警は同市緑区内で男を発見し身柄を確保、事情を聴いたところ「遺体は岐阜県瑞浪市に埋めた」と供述したため、
同市稲津町小里の山林を捜索、午後7時10分ごろ、30歳ぐらいの女性の遺体を発見した。
県警は、共犯とみられる30代の男2人の身柄も名古屋市内で確保し、事情を聴いている。県警は死体遺棄容疑で3人の逮捕状を請求した。
通報してきた男は40歳で、自称愛知県小牧市在住。「顔を見られたから殺した。死刑になるのが怖くて自首した」などと供述している。 
最終更新:8月26日2時0分


706 :無責任な名無しさん:2007/09/04(火) 12:34:03 ID:mnBy2r73
損保の無法者ぶりを見て似通うものがある。
この踏み倒し訴訟も強盗まがい。

707 :無責任な名無しさん:2007/09/05(水) 15:40:40 ID:bGyf6eml
損保ジャパンとあいおいが多いらしいね

708 :無責任な名無しさん:2007/09/07(金) 21:42:40 ID:1LtLGF8H
俺も今あいおい相手なんだよ
こないだ裁判官と和解手続で話したんだけど、
明らかに相手の出してる金額は少ないと思うって言われた
結局すげえ低い額出して、
承諾しなかったら債務不存在でほどほどの額出すって言う常套手段だろ
詐欺とか誇大請求じゃない相手にこんなの使うのもおかしいし、
それを認めてる裁判所もおかしいだろ
支払わなきゃならんものを、自己利益を抑えるためだけに裁判所使うって納得いかねえ

709 :無責任な名無しさん:2007/09/08(土) 21:31:20 ID:yarUpR45
こういう企業が個人をセカンドレイプする問題って、
あまりマスコミとかには取り上げられにくいんだけど、
(以前、週刊朝日で、その問題を取り上げた特集はあった)

グレーゾーン金利同様、政治でも取り上げてほしいよね。

710 :無責任な名無しさん:2007/09/14(金) 16:55:04 ID:NJNWnR3f
特にあの2社は悪どいからな。
事故起こされた被害者はいい迷惑だよ。
自分も車持っているから絶対加入しないし、こういうことされたと話すね。

711 :無責任な名無しさん:2007/09/15(土) 07:26:07 ID:R9z3TKV9
損じゃは通院が長引くとすぐ調停かけてたらしいが、債務不存在訴訟も業界一番。
些細な事案でも弁護士を出してくるらしい。
何でこんなチンピラ手口がまかり通るんだろうか。

712 :無責任な名無しさん:2007/09/15(土) 20:25:55 ID:dOV3vdvx
もし、この手の問題を取り締まる法律を作るなら、民主党政権でもいい。

713 :無責任な名無しさん:2007/09/17(月) 23:08:08 ID:uP3Gb7Tq
すぐこんな裁判バンバンやってくる損保は契約しないようにすればいい
どこも不払いが多いが、損Jは特に悪徳
あれだけ酷い目に遭っている人がいるのに、ホイホイ契約して、やはりそういう奴は悪質な事故を起こし、嘘を平気でつく
損じゃ同士の事故起こしてやっと糞だと気付くんだろ

714 :無責任な名無しさん:2007/09/18(火) 19:15:20 ID:roFNAs7B
富士火災は、脅しとかよくやる手口なんでしょうか?
急に保険を切られることになり反論したら、
「うちは富士火災だ。病院なんかより偉い」などと怒鳴られました。
担当者が代わったら、伸びたはずの保障期間が短くもなりました。
病院にも嫌がらせがいっているそうで、主治医から迷惑と言われています。
嫌がらせが原因で、現在不眠症です。(病院にて治療中)

715 :無責任な名無しさん:2007/09/18(火) 19:41:45 ID:oJTgcrPt
三井住友も弁護士入れて調停かけてくる。
診断書出して調停不調で終わらせたけど、治療費打ち切りのまま。
利息付けて返してもらいますが、ムチウチで投薬のみ月2治療が不満なのでしょうかね。
後遺症は認められないだろうから、医者も固定しないから従っているだけなのに

716 :無責任な名無しさん:2007/09/18(火) 21:36:10 ID:Ip1NY5Q7
向こうからすれば、少しでも長い治療は、保険金詐欺として扱ってるんだろうな。
こちとらだって、一日も早く、痛みや苦しみのない体に戻りたいに決まってるし。
医師が味方してくれるうちはいいけど、そういう風に、見捨てられたら絶望だな。

保険会社社員は、こんなことして高禄を食んで、人間として恥ずかしくないのか。

収益における自動車保険の割合が多いところが、そのぶん支払いを渋るらしいね。
ここに出てきている名前は、以前からも評判の悪いところばかりで、やっぱりだ。

717 :無責任な名無しさん:2007/09/19(水) 22:57:11 ID:sefSlvUF
損邪、ドケチ友、腐痔、ヨタインポだな
契約を見直したほうがいいな

718 :無責任な名無しさん:2007/10/06(土) 22:32:05 ID:dW0oQemg
714です。
上司の相談したら、富士火災には職場の連絡先を教えないように言われました。
過去、課内の被害者が一人暮らしだったため教えたところ、
バンバン電話が掛かってくるようになったそうです。
自宅にいなければ、職場というように嫌がらせが凄かったらしいです。
示談に応じなかったところ、加害者からも同様に電話があり、
深夜にも掛かってきていて大変だったそうです。
加害者は富士火災の指示で掛けたそうですが、そこまでするかと思います。
富士火災には気を付けましょう。

ちなみに私と病院への嫌がらせは継続中です。

719 :無責任な名無しさん:2007/10/07(日) 11:49:13 ID:Tqv5b9EK
俺弁護士だけど、
これやったことあるよ


720 :無責任な名無しさん:2007/10/08(月) 00:36:38 ID:xjcqPOkM


良心は痛みませんでしたか?

それとも、保険会社の社員から、
「あいつクレーマーだから、やっちゃってください!」?


721 :無責任な名無しさん:2007/10/11(木) 18:01:56 ID:f6rQW6Y+
今年この訴訟を起こしてきた損保はありますか?
あいおいの被害者のレスが保険板にありましたが。
損保の広報が被害者スレを監視しているようですが。

722 :無責任な名無しさん:2007/10/31(水) 06:13:07 ID:UNO5uQxc
停止中に追突された人身事故で、あいおいがおこしてきた。
あいおいは加害者の対人保険会社。
被害者は人身傷害にも入ってたが、そちらの損保もあいおいと組んで
債務不存在の三角訴訟になってる。
被害者には、治療費も出ない模様。

723 :無責任な名無しさん:2007/10/31(水) 11:53:21 ID:eC23oCyy
あいおいならトヨタ不買をやるとか


724 :名無し:2007/11/08(木) 20:08:12 ID:KxKnqmdo
聞きたいんですが総治療期間が160日で通院日数が143日です5月20に事故にあい10月27日に通院をやめました。 相手が飲酒だと慰謝料増額があるとききました。 いくら位で示談したら良いですか? 自賠責の基準とかじゃなくて無難なラインを教えてください。

725 :無責任な名無しさん:2007/11/09(金) 09:36:29 ID:rngRvOhg
>>719さんのように損保の手先なる弁護士は多いのに、この裁判を受ける弁護士が少ないのは残念です。
混合診療の裁判で本人訴訟をした方も受けてくれる弁護士がいなかったそうですね。

726 :無責任な名無しさん:2007/11/09(金) 19:40:47 ID:WAx9smWH
俺、二人の弁護士の懲戒処分請求中。弁護士会綱紀委員会で調査開始の連絡あった後
音沙汰なくなって数ヶ月。
一人は、適正な賠償債務額の確定を求める調停の代理人。
もう一人は、債務不存在訴訟の代理人。
弁護士法27条違反の容疑で懲戒請求中。

727 :無責任な名無しさん:2007/11/12(月) 14:41:24 ID:MBR+4czB
損保に酷いことされている事故被害者に呼び掛けたらいいのかな。
個人で動くよりか情報も入るし。

728 :無責任な名無しさん:2007/11/12(月) 16:52:50 ID:L/CmIEex
損保の犯罪にあった事故被害者だな。
酷いことされているとか、優しいして貰ったとかそういう問題ではない。
お前みたいな感情のもつれの認識では被害者を更に愚弄するものだ。
余計な事するな。

729 :無責任な名無しさん:2007/11/12(月) 19:02:29 ID:FH7MDq/d
>>728
オマエ性格歪んでいるなw
被害者が結束し行動を起こされるのが一番脅威なんだろうな

730 :無責任な名無しさん:2007/11/13(火) 19:37:48 ID:xZ+cpGDE
>>721
>>726
詳しく


731 :無責任な名無しさん:2007/11/14(水) 09:31:46 ID:USFhKdeC
損保被害者が結集して、訴えたい!!!
集団訴訟とか、難しいのか?

732 :無責任な名無しさん:2007/11/17(土) 23:07:49 ID:Dk3e+pu8
極悪損保の悪どい手口を多くの人に知らせましょう!
被害者を苦しめる損保の契約者を減らしましょう!
地道ですがそれもひとつの手です。

733 :無責任な名無しさん:2007/11/18(日) 22:29:53 ID:mLx3xhpu
損保ジャパンは特に多いらしいが(あと調停や弁護士対応も)他の損保はどう?
あいおいからの被害者も最近増えているみたいだが。
自分も車を二台所有しているが、あまりに悪どい損保とは絶対に契約したくない。

734 :無責任な名無しさん:2007/11/18(日) 23:28:59 ID:+XMI9oL5
万が一、事故を起こしてしまったとしても
被害者側に少しでも手厚い保障をしてほしいと考えるのが契約者。
なにも、傷口に塩を塗りこむようなことをして、被害者の人生に追撃をかけろとは思わない。

ただ、以前、交通事故ではない事件というか事故で
加害者側が、やたらと強気で、最初っから激しく罵倒してきて、
肉体的にも精神的にもボロボロにさせられて、すずめの涙で示談された。
おかげで、こちらは朝から晩まで体に激痛が残り、精神的にもいまだ不安定。

そのとき、相手にはある著名な弁護士がついていたが、
やはり、そういう悪事に手を染める弁護士の存在が大きいだろう。

加害者側のせりふとして、「以前も自動車で人をはねてしまい、むちうちにしたが、
相手が事故の翌日に野球を見に行ったことに、腹がたって、しょうがないんですよ!」


735 :無責任な名無しさん:2007/11/19(月) 19:28:18 ID:byAuLcpf
債務不存在確認訴訟は加害者の名前で起こすわけでしょ
反省の色がまったくないじゃないか


736 :無責任な名無しさん:2007/11/30(金) 17:21:57 ID:byZD+9JO
損保に賠償請求をしない。
損保と示談をしない。
損保は非弁であり、示談代行を業務としている。

被害者と過失割合の交渉をする。
医療機関に対しては医療費の支払いを条件に自賠責保険請求資料(診断書等)
を取得し、自賠責保険金で支払う。
被害者が支払いをしていないのだから支払い明細も診断書もとれない。
休業損害慰謝料については自賠責基準で算定しその額を確定する。
車の損害については、支払いを条件に修理見積書を取る。損害額を確定する。
このことは、裏を返せば被害者に見積も修理もさせてはならないことを意味する。

損保の示談は、人身損害と物損とを別にする。
人身損害については損保社員、物損については子会社社員。

損害の確定を犯罪者にやられてたまるか。
被害者の身の回りを犯罪者に嗅ぎ回れてたまるか
被害者を舐めるんじゃねぇー。

737 :無責任な名無しさん:2007/12/04(火) 22:29:31 ID:oXA0uroG
損保に賠償請求をしない。 (支払いを受けない)
損保と示談をしない。(代理権を認めない)
損保は非弁であり、示談代行を業務としている。

弁護士法72条に違反である。

医療費は損保の甘いささやきによって自賠責保険金で支払われるのである。
つまり、これを持って損保が支払いをなしたとするのは言語道断である。
自賠責保険金の請求をした奴はいるか?皆無である。
損保は己の財源では示談後のみの支払いである。

弁護士会との結託条件をクリアしている。
弁護士法は捜査当局が独自の判断で捜査できるものである。
つまり、損保は非弁であり示談代行を業務としているとの犯罪条件で捜査できると思料する。

昨今の不払い騒ぎ、加害者は事故のなした責任も語らず、保険屋に丸投げし、
保険屋の横暴に嫌気を無し、示談を拒否すれば、加害者も賠償金の支払いを
拒否する始末、債務不存在訴訟に至っては言語道断である。
保険屋の無断で確定した過失割合、被害者の損害額の確認を加害者が求めるのである。
これではいかなる判決も、保険屋の犯罪隠しにしかならん。
調停、訴訟共に同じである。

738 :無責任な名無しさん:2007/12/05(水) 01:00:02 ID:VfvDMnO1
>>737
じゃ、自分で被害者請求やれば。
自賠超過分だけを後で請求すればいいじゃん。

自分が社会の迷惑って気づいていないの?

739 :無責任な名無しさん:2007/12/05(水) 16:50:15 ID:PXUTTq77
>>737は誰なんだ?
社会の迷惑というと損ジャ関係者?

740 :無責任な名無しさん:2007/12/05(水) 17:16:35 ID:sLaqILF+
>>737はただの基地外だろ
東京地裁の前で毎日騒いでるのと同じ類。

741 :無責任な名無しさん:2007/12/05(水) 17:42:11 ID:uEENf/Fk
>738-740
示談屋損保のお出ましだぁー。わっしょいわっしょいわしょいなぁー。

結託弁護士が言ってたなぁー、
示談代行制度は社会的に有意義な制度であると。
制度とは大きく出たものよのぉー。
また、示談屋さんは臭い飯を食うってか。摩訶不思議。


742 :無責任な名無しさん:2007/12/05(水) 18:05:45 ID:uEENf/Fk
まず、示談屋損保が示談交渉を行う。
その1 過失割合について交渉する。
その2 医療費の支払いを行う。
その3 休業損害、慰謝料の確定をし示談を迫る。
その3 修理工場より見積を取り修理代の確定をする。
ここで、また示談を迫る。

示談を断わると、弁護士通知になる。
これかおもろい、加害者代理人である。示談屋損保の立場は何なのだろう
通知内容は、自賠責基準で算定の休業損害、慰謝料。
修理代は二重見積をして低い額である。
これでも示談が成立しないときは調停、債務不存在訴訟である。

追々、犯罪のオンパレードではないか?
犯罪が社会に有意義なのか?


743 :無責任な名無しさん:2007/12/22(土) 21:54:29 ID:77UYv08q
事故起こしておきながらたいした罪に問われず、損保のいうがままのクズ加害者に制裁を!
刑事告訴、不起訴不服申し立て、実名攻撃だ!

744 :無責任な名無しさん:2007/12/29(土) 16:12:47 ID:iRGbG/d+
債務不存在訴訟というのは実に不思議な裁判だな。
損保(第三者は明らか)の言い分(事故態様、損害等)を
加害者代理人(損保周旋弁護士)が確認する為にある訴訟と言うことだな。
第三者の言い分を加害者の言い分とするところに不法、違法性は全くないのか?
加害者が損保の言い分を己の言い分とするところ不法違法性はないのか?
周旋弁護士は損保の言い分を頑なに守り一切交渉に応ずることはない。
当然、訴訟の為に代理人についてたのであるから。
表向き、加害者が原告であるが、これは損保の保険金確定訴訟である。
実際にもこの確定額を損保が支払うと周旋弁護士が通知してくる。
こんな当事者偽装のインチキ裁判、その上税金が使われることに激怒する。

745 :無責任な名無しさん:2008/01/04(金) 19:37:18 ID:/VdOwl86
当事者偽装のインチキ裁判。
損保の犯罪隠し裁判。

746 :無責任な名無しさん:2008/01/05(土) 14:30:03 ID:siw5d9qL
保険屋、支店、SC、担当者、顧問弁護士、加害者の名前や会社公開しようよ
そいつら事故被害者の敵だよ

747 :無責任な名無しさん:2008/01/05(土) 17:01:20 ID:BE2IfrgK
病院までの通院費の計算式って決まってるのでしょうか?
徒歩の場合、どうなるのですか?

748 :無責任な名無しさん:2008/01/06(日) 11:00:24 ID:vAfH1u5+
被害者の皆さん、債務不存在訴訟のお勉強をしましょう。

原・被告間の示談交渉の経緯
原告は、正当な損害賠償額を被告に対して支払う為に、保険会社を通じて示談交渉を進めてきた。

ここでまず大きな疑問が出た。
「保険会社を通じて」とはどういうことなのか?
これを法律行為としてみれば「保険会社に委任して」と言う以外にないのだが、
何故「通じて」なのか?
詐欺損保の皆さん教えてくんなまし。

749 :無責任な名無しさん:2008/01/06(日) 11:01:43 ID:vAfH1u5+
被害者の皆さん、債務不存在訴訟のお勉強をしましょう。

原・被告間の示談交渉の経緯
しかし、被告は、原告が被告に対し、保険会社へ示談交渉を委任した後も、原告に対して、
直接損害賠償請求をした。

何じゃ、これは?今度は保険会社に委任したんだってよ。話がさっぱりわかんねぇーな。
保険会社に委任したからと言って原告に直接請求するとお縄頂戴するのか。
俺は何か犯罪でも犯したのか?

750 :無責任な名無しさん:2008/01/06(日) 11:02:41 ID:vAfH1u5+
被害者の皆さん、債務不存在訴訟のお勉強をしましょう。

原・被告間の示談交渉の経緯
保険会社が示談交渉を継続するも、示談交渉がいっこうに進展しないことから、
”保険会社の依頼により”、弁護士である代理人が事故の示談交渉を受任し、その旨
被告に通知した後も、被告は、直接原告に対して法外な金額の損害賠償を請求する文書を
送りつけるなどの行為を繰り返している。

ほう、ほう、ほぉー。結局は被告が保険会社と示談交渉をしないと周旋弁護士が言っているだけだな。
こりゃあたりめぇーの事だよ。赤の他人や、代理人を相手にしなければならないという法はない。
当事者の被告を侮辱するとは何事じゃ。控えおろう!

751 :無責任な名無しさん:2008/01/06(日) 11:03:57 ID:vAfH1u5+
被害者の皆さん、債務不存在訴訟のお勉強をしましょう。

原・被告間の示談交渉の経緯
原告代理人は、示談交渉を受任していこう、被告からの文書での質問につき、
損害賠償額の算定根拠等正当なものにつては、適宜誠意ある回答をしてきた。
また、原告側としては、正当な賠償額については保険会社を通じて支払う準備が
整っている事を被告に伝えている。

へいへいほぉー。確かに保険会社が算定した賠償内容、賠償額を保険会社が
不法に取得した根拠を持って算定した保険会社の意向をそのまんまに説明を受けました。
どこぞの馬の骨か知らないが、俺の身辺嗅ぎ回りでっち上げた作り話の説明聞いても
しょうがあるまい。

752 :無責任な名無しさん:2008/01/06(日) 11:04:44 ID:vAfH1u5+
>保険会社を通じて支払う
訴外保険会社とあったが、ここでは”訴外”がとれている。
何故だろう?
またまたでたぁー、”通じて”支払うと。
どういう意味なんだろう?快便の話ではないと思うがな。
どこぞの馬の骨に賠償金は払えねぇーと思うがな。
乞食義援金ぐらいなもんだろうよ。
うぬぼれて貰っちゃ困るぞよ。被告の俺が、そんな金貰う為に
加害者名義借りの裁判にわざわざ出廷したのではない。
示談を加害者とする、賠償金も加害者に支払って貰う。
この当たり前のことの実現の為に右も左も分からぬ被告が出廷したのだ。
加害者よ、肝に銘じておけ。

753 :無責任な名無しさん:2008/01/07(月) 13:51:55 ID:1TkZIwy1
某巨大グループ解体するよ
楽しみ

754 :無責任な名無しさん:2008/01/07(月) 18:15:00 ID:+NCVZeIQ
処刑の前に自殺は言語道断。

755 :無責任な名無しさん:2008/01/16(水) 15:55:29 ID:gzjPYO2j
損保に賠償請求をしない。 (支払いを受けない)
損保と示談をしない。(代理権を認めない)
損保は非弁であり、示談代行を業務としている。

弁護士法72条に違反する。

損保の示談代行は違法てある。違法行為によって事故の態様過失割合が作成され、
損害内容も被害者になりすまし勤務先より不法に習得したものであり、
加害者の言い分はどこにもうかがい知れない。
債務不存在訴訟は損保の言い分であり、加害者の名前を借りた茶番劇裁判である。
そして、損保および弁護士の犯罪を隠蔽反故にする裁判である。


756 :無責任な名無しさん:2008/01/16(水) 22:38:14 ID:F8UohvK0
>>755
オマエシツコイ

757 :無責任な名無しさん:2008/01/17(木) 09:55:27 ID:osxGboK1
何かやましいところでも?

758 :無責任な名無しさん:2008/01/19(土) 09:11:32 ID:lEM6Fh2d
訴訟代理人までが犯罪犯している裁判じゃ何やっているんだかわかるめぇー。

759 :無責任な名無しさん:2008/01/30(水) 02:05:40 ID:P3hNCOlB
月、車の事故を起こされました。 
相手が後方確認をせず車線変更をしたのが原因です。
相手は仕事の営業車だったらしく修理費の支払いは会社の方に見積もりを
送ってくれれば払うと言ってきたので翌日見積もりを送ったところ
もう少しまけろというようなことを言ってきましたが、何とか払うという 
承諾が取れたので修理をしました。修理が終わり請求書を相手の会社に送ったところ
年末で仕事が休みに入ったから年明けにならないと払えないと言ってきたのでそれに従いました。
年が開け連絡が取ってみるとすぐ払うから待っててくれと言ってきたのです。
その後も払うことはなかったので、会社の代わりに立て替えておいてくれとお願いしたところ
突然、態度が変わり怒って電話を切られてしまいました。その後、また連絡を取り
月末までには払う約束をしましたが未だに払ってもらっていません。もう1ヶ月以上、台車を利用しています。
事故証明は取ってあるのでこのまま払うことがなかったら法的な手続きをしたいと
思ってるんですけど、この場合、まず簡易裁判所に相談した方がよいのでしょうか?

760 :無責任な名無しさん:2008/01/30(水) 08:38:01 ID:Tlvf7Wmj
>>759
マルチ、乙。

761 :無責任な名無しさん:2008/01/30(水) 08:59:00 ID:2QUk53ZQ
>>759
修理費用を工場に払って、代車を返し、訴訟するのが吉。
なぜなら代車費用の過失割合分(1〜2割程度か?)は、
あんたの負担になるから。

762 :無責任な名無しさん:2008/02/02(土) 00:21:37 ID:2c7SnRB2
都・町田市が交通事故被害者の治療費を損保に返還請求(読売新聞) 

 交通事故被害者の治療費をめぐり、
国民健康保険などの形で立て替えて費用負担した東京都と町田市が
大手損保会社「あいおい損保」(本社・渋谷区)に対し、「症状固定」後の
治療費を請求していることが26日、わかった。各自治体の請求業務を
代行している都国民健康保険団体連合会は「これまでは請求してこなかった」
としており、交通事故保険をめぐる公費のあり方に一石を投じそうだ。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20080127-OYT8T00137.htm

763 :無責任な名無しさん:2008/02/09(土) 15:59:02 ID:nbCfmg3w
保険会社に由る示談申し入れは、折衝及び示談等並びに損害賠償請求権者の保険会社に対する
直接請求権について定めた掟に基づくものである。然るに、一般に弁護士法72条に違反するもので無い。
又、保険会社の行為について、弁護士法72条に違反すると考えられるような特別の事情は 窺われない。
依って、周旋弁護士も何ら問題無いと言う事になる 。

764 :無責任な名無しさん:2008/02/10(日) 10:53:56 ID:tdxJIIUt
保険会社に由る示談申し入れは、折衝及び示談等並びに損害賠償請求権者の保険会社に対する
直接請求権について定めた掟に基づくものである。然るに、一般に弁護士法72条に違反するもので無い。
又、保険会社の行為について、弁護士法72条に違反すると考えられるような特別の事情は 窺われない。
依って、周旋弁護士も何ら問題無いと言う事になる 。

この弁護士会の判断に誤りはないことを気づくと同時に理解できました。
そのヒントは日本国憲法にありました。
”婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し”、この条文である。
また、法律行為とは意思表示であること。

自動車約款は保険会社の意思表示である。
しからば、約款に同意するしないによって弁護士法72条に違反するかしないかが
分かれると言うことである。

改めて言うまでもないが、弁護士法は法律である。
法律の禁止する要件に当てはまれば違法行為である。
保険会社の相手方としての被害者が、損害賠償請求をし、示談することに合意すれば
違法行為に当たらないとの判断である。
泥棒は盗もうとものを取ったが、相手方が、あげたのだと言えば、無罪となるの理屈と見た。

そこで被害者の俺は保険約款は不知、同意するもしないもない。
たとえ知っていたとしても同意しない。
それから、現実にも保険会社に損害賠償請求をしていない。示談を強要されたが、
示談していない。
よって、保険会社は示談代行を業務としている事をもって弁護士法72条に違反する。
保険会社の言う弁護士対応は周旋弁護士であり、弁護士法27条違反である。
調停や債務不存在訴訟も、周旋弁護士が保険会社の違法行為による作文をもって
起こすものであるから無効である。

765 :無責任な名無しさん:2008/02/26(火) 08:19:42 ID:xaK14D7e
追突事故(0:100)示談中に損保担当社員が被害者に
「これ以上、このままの主張を続けていれば、弁護士対応になります。」
と言った場合、脅迫罪になるでしょうか?

何か悪いことをした人に「警察に言うぞ」というのも脅迫罪になると聞いたことがあります。

766 :無責任な名無しさん:2008/02/26(火) 08:34:44 ID:OX2hVLPh
おまえが畏怖の念、脅迫感を感ずれば、脅迫罪である。

767 :無責任な名無しさん:2008/02/26(火) 15:39:49 ID:VZbWnYJc
警察に行って被害届を受理してくれたら脅迫罪
してくれなかったら違う
残念ながら現実的には思う思わないよりも裁判所が認める認めないだ

768 :無責任な名無しさん:2008/02/26(火) 16:57:54 ID:OX2hVLPh
残念も無念もない。犯罪確定は裁判所だから。

769 :無責任な名無しさん:2008/02/27(水) 21:28:15 ID:19a4EBkU
ここが痛い、あそこが痛い。ミラーが接触しただけで怪我なんかするか!
お前の、借り物の車のミラー交換代金を出してやっただけでも
ありがたいと思え。

今日弁護士から連絡あり。お前が損害賠償請求権放棄、こっちは
債務不存在確認請求訴訟の取り下げ、これで解決した。
ミラー同士の接触でケガなんかするかバカ。


770 :無責任な名無しさん:2008/02/28(木) 00:05:29 ID:WsVQEIPO
示談代行は弁護士法72条違反、保険屋のいう弁護士対応は弁護士法72条、27条
違反である。

保険屋と示談をしない。
保険屋から支払いを受けない。

この2点だけで、保険屋の示談代行は弁護士法72条に違反する。
代理人弁護士は周旋弁護士であることは公然の事実である。よって27条に違反する。

まあ、法的なことをいえば、
保険屋には何らの損害賠償責任もない。
賠償責任のない奴に損害賠償請求することは犯罪である。
またこんな奴と示談交渉する法的根拠は何もない。
保険屋には代理権はない。また、代理権を認めることもない。

771 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 08:00:29 ID:DcsNaFGx
>まあ、法的なことをいえば、
>保険屋には何らの損害賠償責任もない。
大丈夫か?

772 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 08:42:52 ID:YyORlpKT
何が?

773 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 09:38:39 ID:OZaC6A0N
>>768
うんだからお前が>>766で言ってることは間違いだろ
恐怖を感じても思ってもそれが認められなかったら罪にはならん

774 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 10:47:45 ID:YyORlpKT
確かに脅したものの刑は裁判所の判断だ。
脅迫罪は恐怖を感じたものの判断だ。
どこかまっがっているかね。

775 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 19:45:14 ID:aKq8Pc+4
ttp://www.ebiz.co.jp/danbe/JA.htm
に、ここでの議論が出てるぞ。765だな。

776 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 20:29:23 ID:OZaC6A0N
>>774
そりゃあ何でも思えばそうなるんじゃないの
つちのこがいるって思ってる人はつちのこがいることになるし
雨が降ってても今は晴れてると思えば晴れてるんじゃないの
でも実質的にどうよ
現実にそれが認められるか認められないかで言えばどうよ
誰がどうやって認めるのよ
>>765の質問に>>766>>767はどっちが現実的に答えてると思う?

777 :無責任な名無しさん:2008/02/29(金) 23:01:38 ID:YyORlpKT
>776
おいおい、全然話にならんじゃないか。
おまえの頭だけにしろ。

778 :無責任な名無しさん:2008/03/04(火) 03:42:44 ID:QX3g5GTf
保険屋と司法とのツナガリ

779 :無責任な名無しさん:2008/03/05(水) 15:24:58 ID:/SdD/BU0
地上げ屋、弁護士法72条違反で逮捕。

780 :無責任な名無しさん:2008/03/08(土) 00:31:09 ID:QULk/Top
>>777
説明できなくなったら
叩いて逃げか
馬鹿みてえだな

781 :無責任な名無しさん:2008/03/19(水) 02:07:46 ID:4raJZxJV
http://www.legalbase.co.jp/hanrei/tukibetu/gutai/6gatu/43.htm
医師中尾清孝作成の意見書(乙第一、第二号証)を提出し、これに対し、原告
は、本件事故により原告に鞭打ち損傷の発生する条件が十分に具備されている
とする藤岡弘美作成の意見書(甲第一三号証の二)及び素因を考慮した本件事
故の寄与度を五〇パーセントとする医師藤田知彦作成の意見書(甲第一四号証
)を提出する。これらの意見書を考慮し、本件事故の態様、傷害の程度、その
他本件にあらわれた諸般の事情を総合勘案すると、原告に対する慰謝料は、通
院分として金八〇万円、後遺障害分として金四〇万円が相当である。


782 :無責任な名無しさん:2008/04/18(金) 20:35:49 ID:sYWSReS7
追突事故の被害者らしいが、以下のサイトの弁護士とのヤリトリについて
オマイラの意見を求めます。
http://www.ebiz.co.jp/danbe/JA_1.htm

783 :無責任な名無しさん:2008/04/19(土) 01:10:12 ID:IT4RPZ7I
「キチガイってのは困ったもんだ」
という以上の意見はないな

784 :きつねとたぬき:2008/04/19(土) 03:06:09 ID:YSaZ3Cyy

ダイアナ妃の交通事故

接触せずに走行中の車両を側面に激突させる

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p008.html#page88



785 :無責任な名無しさん:2008/05/09(金) 11:54:04 ID:NJOg2KVE
994 名前:もしもの為の名無しさん 投稿日:2008/05/01(木) 23:23:09
詐欺保険の販売をし、保険料を盗り、犯罪(示談代行)を行い、非契約者に
雀の涙保険金を払う。


995 名前:もしもの為の名無しさん 投稿日:2008/05/01(木) 23:23:29
示談代行はやめられねぇー。
権利放棄のすっぽんぽんで保険料たんまり払ってくれる奴は後をたたねぇーからな。
乞食にしかなれない被害者は鼻であしらいチョロいものよ。
何たって俺のためには犯罪もいとわない弁護士がついていらぁー。
民事裁判もあるわなぁー。
ああ示談代行はやめられねえ!

997 名前:もしもの為の名無しさん 投稿日:2008/05/01(木) 23:24:55
犯罪者の販売する保険。
入らない、乞食をしない、受け取らない。
詐欺保険!!!

786 :無責任な名無しさん:2008/05/09(金) 14:46:51 ID:5Ez5RVdE
木崎美穂
Je vous assassine un jour par tous les moyens.?chappez-vous avec un homme blond.Une femme des ordures impudique.

787 :無責任な名無しさん:2008/05/09(金) 15:59:54 ID:NJOg2KVE
995 名前:もしもの為の名無しさん 投稿日:2008/05/01(木) 23:23:29
示談代行はやめられねぇー。
権利放棄のすっぽんぽんで保険料たんまり払ってくれる奴は後をたたねぇーからな。
乞食にしかなれない被害者は鼻であしらいチョロいものよ。
何たって俺のためには犯罪もいとわない弁護士がついていらぁー。
民事裁判もあるわなぁー。
ああ示談代行はやめられねえ!

788 :無責任な名無しさん:2008/05/15(木) 01:11:35 ID:DtnnHIds
こっちは調停だよ・・・・w
ほんとふざけてやがるよ・・・日本興亜はよ!!
頭きたから同意書回収してやったんだが・・・
そんなの関係ねぇんだそうだw
回収後に治療費打ち切りしたのはいいが、
去年12月に病院から転帰中止の診断書取りやがってさ・・・出した病院も悪いが。
昨年の10月の以来現在まで通院してるのに・・・
それでこの通り診断書が中止となってるから治療費払わないなんて主張してたなw
裁判官も苦笑いしてたっけw
申立人の弁護士は何考えてるのでしょうかと・・・w
日本興亜は気を付けたほうがいいよw他でもやってるから。

789 :無責任な名無しさん:2008/05/15(木) 09:01:06 ID:ajstmQUp
損害賠償事件がこの↓ようにすり替わっている。

994 名前:もしもの為の名無しさん 投稿日:2008/05/01(木) 23:23:09
詐欺保険の販売をし、保険料を盗り、犯罪(示談代行)を行い、非契約者に
雀の涙保険金を払う(被害者の乞食行為)。

790 :無責任な名無しさん:2008/05/18(日) 14:47:07 ID:2FLx40Wx
>>788
恐ろしい、損保会社ですね
今後、注意しよう〜と

791 ::2008/05/21(水) 07:22:58 ID:plsQmXBb
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

792 :無責任な名無しさん:2008/05/22(木) 20:29:23 ID:S1OtGAaA
損害保険会社は、自動車保険の約款に規定されている示談代行制度に基づき示談交渉を行っているが、
(そうでつかぁー、俺は俺の意志でやっているのだがなぁー)
自動車保険の約款上、損害賠償請求者に保険会社に対する直接の請求権が認められており、
(なんたる戯言、こんな法律あったか、保険会社には強請たかり無罪放免ってかぁー)
被保険者の賠償債務は保険金の範囲内では保険会社自身の債務となっており、
(賠償債務はどこまで行っても賠償債務だわなぁー、と同時に保険金はどこまで行っても保険金だわなぁー)
被害者との示談交渉は保険会社自身の事務となっていること等から、
(こりゃ、否定しねぇーよ、自らの意志で行っているんでしょうから)
損害保険会社の行っている示談代行制度は、弁護士法第72条に違反するものではなく、
(示談行為は違反だへやぁー。弁護士への示談周旋もあるでよぉー)
損保は弁護士法第27条に言う「第72条の規定に違反するもの」には該当しない
(そんなに犯罪を隠蔽し、囲うなよ。これを犯罪と認めると失業の憂き目とか?)


まあー、なんと幼稚な詭弁で、犯罪でないと言ったら犯罪でないってかぁー。
保険会社には何らの賠償責任もない。微塵もない。
つまり、損害賠償事件には他人(第三者)だわなぁー
損害賠償請求ってまさか他人にするものなの?
賠償責任のある奴に請求する分には、まともな事だけど、
賠償責任のない奴に請求したら、乞食、強請たかりじゃねぇーのぉー。
いくら被害にあったからと言って犯罪を犯すわけにもいかんだろうよ。
なんと言っても非関係人とあれやこれや交渉するわけにはいかんでしょう。
保険会社は、医療機関、修理工場その他あらゆるところへかぎ回り、
被害者の損害額を確定し、ご苦労なさっているようだが、すべて無効です。

793 :無責任な名無しさん:2008/05/22(木) 20:30:27 ID:S1OtGAaA
最後に、代理人弁護士債務不存在で確定した賠償債務を保険会社より支払うといってきた。
おまえは首だと言ったら、
あなたの代理人でないから、あなたに首にされる覚えはないと。
そこで再度首を宣告した。
すると、賠償債務は供託しますと返ってきた。

供託もうやむや、事項を迎える事になりました。

弁護士会も一緒になって、犯罪を奨励する世の中に乾杯でもしましょうかなぁー。
でも犯罪を許す事は全くねぇー。

794 :無責任な名無しさん:2008/05/24(土) 21:53:19 ID:YXgfKMVX
JA共済って酷いね
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1150622507/

795 ::2008/05/26(月) 18:24:05 ID:s7PazmKb
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

796 :無責任な名無しさん:2008/05/27(火) 05:31:48 ID:uYSbN1fk
>>793
反訴起こさなかったの?
酵素しなかったの?
なんで?


797 :無責任な名無しさん:2008/05/27(火) 10:18:06 ID:+kzE5G6o
保険会社よりの支払い?!?!????

798 :無責任な名無しさん:2008/05/27(火) 23:31:25 ID:DW5tYm+2
日本興亜なんかすごいぞ!!
越谷SCの秋山・・・・事故直後に休業損害の提示案受け入れられないなら、
弁護士対応にするだって・・・・何様のつもりかね・・・こいつはw

799 :無責任な名無しさん:2008/05/28(水) 10:22:03 ID:aVI7o/aQ
被害者を舐めていることがある。
債務不存在訴訟で確認された賠償債務を保険会社が支払うと、
加害者代理人弁護士が言ってきたことだ。

裁判をしてまで、加害者の賠償金を確定して、他人の保険会社が支払うとは何事だ。

直接請求権を認めると言うことは、保険会社の支払い以外に賠償債務を支払う奴は居ないののか?
賠償責任のある奴以外の支払いを認めない俺には賠償金を支払う奴は居ないと言うことか?

これが日弁連と損保業界の結託の現実だ。

よって、保険会社の示談行為は弁護士法72条に違反する。
弁護士対応と称する弁護士周旋業務も弁護士法72条違反である。

800 :無責任な名無しさん:2008/06/02(月) 23:01:51 ID:aaOkXtim
こういうことする損保や弁護士はろくでなし

801 :無責任な名無しさん:2008/06/03(火) 08:03:35 ID:gX4tsS4R
容認、見過ごすものはろくでなし、損保、弁護士は犯罪者。

802 :無責任な名無しさん:2008/06/03(火) 12:48:47 ID:OfRrgkzc
休業保障の書類出したら
給料が高いから税理士
とかにも確認するから
一週間待てと言われた。
どんだけ足元みるんだろ。

803 :富江正純:2008/06/03(火) 13:00:24 ID:W0LJQwsM
弊社とは何ら関係ありません。
弊社と関係があるがごとくの書き込みは迷惑です。
以後慎むようお願い申し上げます。


804 :無責任な名無しさん:2008/06/03(火) 15:40:54 ID:gX4tsS4R
損保、弁護士は犯罪者

805 :無責任な名無しさん:2008/06/09(月) 11:19:36 ID:lcWbpTnp
カルト

806 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 00:47:30 ID:qiJJWd6c
過去事例9対1の事故にあったが、相手が謝罪もなく弁護士出してきて擦り傷で
傷害罪で告訴してきた。こちらが気を遣って怒りを出していないから調子に
のってるんだろう。
相手方の弁護士が「何度電話をかけてもこちらが出ない」と一度もかかってきたことがない
電話の作り話をして示談交渉が出来ないと、警察から聞いた。
調べたら電話も着信は記録として開示してくれないから証拠が残らないよう。
弁護士ってあくどくて犯罪者の味方なんだと思った。
怪我は後遺障害も残っているし、この理不尽さをどう消化していいか分からない。


807 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 01:19:04 ID:SD5qaEuo
債務不存在までやるかどうかはともかく、
どこかでは終わりにはしなきゃいけないんじゃないの

808 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 04:34:55 ID:zf4zPxGs
>>806
被害者や交渉での理不尽さを解消できない人たちで、被害者同盟を作って
数で対抗するのが、唯一、最善の方法だと思いますが・・・
いかが・・・

809 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 08:44:45 ID:WYLr+vO/
>806
おまえ加害者だよなぁー。
謝罪もなくってなんなんだぁー。
9対1って保険屋のセリフだろうよ。おまえは道交法違反を犯し、事故にあったんではなく
事故(事件)を起こしたんだろう?
かすり傷だろうが、瀕死の重傷だろうが、それでは傷害罪はあっているだろうよ。

電話や弁護士の話はおまえの愚痴だな。
おまえが怪我したのは自爆だへ。理不尽なのはお前だな。

保険屋の論理で物言う加害者が増えて、世の中だいぶ狂って居るなぁー。
道路交通法違反といえども立派な犯罪であることを思い起こせ。


810 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 13:40:39 ID:7AI6HsvA
>>809
読解力ないのか?
普通に考えたら>>806
(相手)9:1(自分)
だと思うが。



811 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 17:58:53 ID:WYLr+vO/
お前の言う9:1が確定したものでないからだろうよ。
つまり話の主発点が嘘ではすべてお話で終わるのが常。

812 :810:2008/06/10(火) 21:47:53 ID:7AI6HsvA
お前が言うもなにもオレは>>806ではないがw
ほんとに読解力ないんだなw

損保会社の方ですか?
とりあえず、>>806の書き込みだけを見てなんで嘘と思ったのか教えてくれ

813 :無責任な名無しさん:2008/06/10(火) 23:38:02 ID:D5Wky+UK
>>811でも>>809でもないけど、正直>>806の文体というか雰囲気からすると、
どっちかっつーと>>806の方がおかしい人なんじゃねのという気がするなあ。

814 :無責任な名無しさん:2008/06/11(水) 17:25:47 ID:wI5+12fl
>810,812
相手の言うことに読解力?
馬鹿抜かすんじゃねぇー。

お前の読解力というのやらを駆使すればぁー。
馬鹿の仲間に引きこまんでくれぇー。

815 :富江正純:2008/06/12(木) 15:52:44 ID:PZoeUZkl
でたwwww
オウム信者と同等の馬鹿が


816 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 00:05:51 ID:TW8PsSu5
こういう被害者が日本を滅ぼす。

817 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 09:37:46 ID:XTV8dcJ6
加害者原告の賠償債務の確認の裁判で、保険屋の加害者への保険金の確認をする裁判だ。
これに勝っても負けても、加害者からの支払いはない。

訴状にも書いてあろう。
保険会社より支払い準備は整っていると。

こんな茶番劇の裁判をしてまで保険屋の犯罪を隠すことが日本の繁栄に繋がるってか?

直接請求権を認めるってか?
この実態は保険屋が何が何でも非契約者の被害者に直接保険金を支払う事を意味する。
それの総仕上げが債務不存在訴訟だ。
これでも、被害者への保険金の直接の支払いは出来ない。被害者に拒否されればおしまいだ。

これで保険屋の犯罪が1件成立した。

818 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 10:01:06 ID:5U0BMlAR
JA共済って評判悪いですね。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1150622507/

819 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 17:35:57 ID:XTV8dcJ6
損保はすべて犯罪で商売をしている。

820 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 17:42:05 ID:XTV8dcJ6
自動車保険は犯罪で商売が成り立っている。

821 :無責任な名無しさん:2008/06/13(金) 18:28:03 ID:XTV8dcJ6
犯罪によって算定された保険金を債務不存在訴訟で確認したからと言って
保険屋の犯罪は消えないし、保険金が賠償金に変わるわけでもない。
自賠責保険金は賠償金に変わるみたいだけどなぁー。

822 :無責任な名無しさん:2008/06/23(月) 11:07:50 ID:9Ea+pHCx
日付改ざんや使い回ししたら潰れる企業があるのに、損保は不払いやっていてなぜ潰れないんだろうか。

823 :無責任な名無しさん:2008/06/23(月) 18:20:41 ID:KM2YtS7e
それはお前がせっせと保険料払うからでちゅ。
疑問に思うようなことでないでしゅ。お前に何かが足りないからでしゅ。

824 :無責任な名無しさん:2008/06/26(木) 08:13:46 ID:Ad8JorVH
払ってないよ
被害者だもん


825 :無責任な名無しさん:2008/06/26(木) 08:35:11 ID:lmR19XJS
>>822
契約者からは掛け金を自動振込で取って
被害者へは、請求があっても払わないからです。

826 :無責任な名無しさん:2008/06/26(木) 09:01:03 ID:ezqgZJer
http://newsnavi.2ch.net/

827 :無責任な名無しさん:2008/06/26(木) 14:12:46 ID:p3RJrHrt
>824
お前被害者か?ところで何の被害者なんだ?
自動車保険の保険料払ってないのか、それはよい心がけだな。
が、そのノー天気頭は治した方がよい。

>825
被害者が、保険屋に請求しても支払い義務はないのだから払わないのが当たり前。
というより、被害者は強請を働いているのだな。
強いて言うなれば、自賠責保険金の範囲で人的損壊について引受保険会社に
賠償額の請求が出来ることにはなっているがな。

828 :無責任な名無しさん:2008/06/26(木) 14:25:13 ID:p3RJrHrt
保険屋の示談交渉は犯罪。

弁護士会も馬鹿なことを言うもんだな。
保険屋の約款に制度が規定されているのか?
いったい国会は何なんだろう。雛飾りじゃあるまい。

示談屋の約款に、賠償請求権者に示談屋に対する直接の請求権を認めており、
契約者の賠償債務は契約者の賠償債務であり、保険金は保険契約の範囲ないで、示談屋自身の
契約者に対する債務である。示談屋に賠償債務の請求なき故、支払い強要を成すため、
被害者との示談交渉は示談屋自身の業務となっていること等から、示談屋の行っている
示談交渉は弁護士法72条違反する。
よって、示談屋は弁護士法27条に言う「第72条に反するもの」に該当し、
加害者代理人と称し示談屋のスピーカーとなった弁護士も弁護士法27条に違反する。


法的に何の裏付けもない示談屋に対する直接請求権なんちゅうものを信用するはずもないし、
損害賠償請求する身である故、賠償債務のないものに乞食や、強請を働き損害賠償請求権を
自ら放棄するようなことをするつもりは全くない。

「保険金の範囲内」って示談屋に心地よい響きを与えているような!

保険屋=示談屋=犯罪者

829 :無責任な名無しさん:2008/06/28(土) 00:46:25 ID:mIx83lQb
>>827
いつもまとわりついてるね
何者?

830 :無責任な名無しさん:2008/06/28(土) 08:45:52 ID:vfPTiSFq
いつもまとわりついてるね
保険屋=示談屋=犯罪者!!!

831 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 07:03:58 ID:w2jvcTOy
こちらにお住まいの方は法律に詳しいと聞いたので、教えてください。

追突被害者ですが、損保側から「今後の交渉が難航するようでしたら、窓口を弁護士に変更させていただきます。」
と窓口変更の事前通知が届きましたが、これは、よくあることでしょうか?
弁護士からの受任通知が突然届くことはあるようですが、損保からの事前通知とは法的にどのようなものか、お知らせくだされば幸いです。

脅迫されているようで、不可解に思っていますので、ご存知の方、是非お願いいたします。

832 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 07:10:25 ID:Tx6KpRBV
>よくあることでしょうか?
あまりありません。

>損保からの事前通知とは法的にどのようなものか
法的な意味はあまりありません。
そもそも弁護士に依頼するかどうかは自由です。

833 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 07:57:42 ID:w2jvcTOy
>>832
レスをありがとうございます。


834 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 08:36:23 ID:dfFY5Z7j
保険屋の示談交渉は犯罪。

保険屋の周旋を受けた弁護士の示談交渉も犯罪。

835 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 08:50:06 ID:dfFY5Z7j
>損保側から「今後の交渉が難航するようでしたら、窓口を弁護士に変更させていただきます。」
そもそも損保と示談するかどうかは全く自由です。
というより犯罪者と示談してどうするの?というのが実情である。
社会の秩序を維持するために、損保の犯罪を根絶するために、
損害賠償請求は加害者に請求し、加害者に支払ってもらいましょう。
損保と示談することや損保の支払いを受けることは止めましょう。

836 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 09:53:48 ID:w2jvcTOy
↑法律のことはよくわかりませんので、>>835さんのおっしゃってることが
よく理解できません。
申し訳けありませんが、少し詳しく教えていただけないでしょうか?

837 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 10:51:14 ID:dfFY5Z7j
>そもそも弁護士に依頼するかどうかは自由です。
このことは、理解できたのですか?

あなたが事件の解決を弁護士に依頼するのもしないのも自由と言うことと、
もう一つ意味があります。
相手が弁護士を代理人に立てた事を認めるも認めないのも自由です。
つまり、代理人とは交渉しないするも自由です。

弁護士は法律事務(代理等)の取り扱いを職業とすることが法律で定められていても
その弁護士でさえ、あなたが代理人とは交渉しないと言えば一切交渉は出来ないのです。
損保は非弁護士であるから、示談交渉等は禁止されています。
その損保と示談交渉をするもしないも自由は当然であり、むしろしてはいけないのではないでしょうか?

838 :831:2008/06/30(月) 11:03:38 ID:w2jvcTOy
レスをありがとうございます。

837さんの「弁護士に依頼するかどうかは自由」なのは理解しています。
しかし、「貴方の言い分を引っ込めないと(話し合いが難航する場合は)
弁護士対応にしますよ」と言って当方の主張を阻害しようとする行為は
合法でしょうか?

それ以外のことについては、大まか理解できたと思います。
ありがとうございます。


839 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 12:14:05 ID:dfFY5Z7j
何一つ理解していない。こりゃ駄目だわ。

簡単明瞭に言う。
損保と一切話をしてはいけない。
賠償金欲しけりゃ加害者に請求しろ。
賠償金支払う立場なら、お前が払え。
お前の払った賠償金は自動車保険に入っているなら、
契約によって保険金を請求しろ。
まあ、裁判やっても差し押さえ食らっても払わないのが損保だがな。

840 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 12:32:41 ID:dfFY5Z7j
あなたは何の法的根拠があって、示談交渉や金員等を損保に要求しているのでしょうか?

841 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 13:08:44 ID:dfFY5Z7j
自動車保険約款
損害賠償請求権者の直接請求権
被保険者の負担する法律上の損害賠償責任が発生した場合は、損害賠償請求権者は、
当会社が被保険者に対して支払い責任を負う限度において当会社に対して損害賠償額を
請求することが出来る。

この文言の問題点
まず、これは法律でないことからして、保険屋の口から出任せである。
つぎに、保険屋の言うことに同意し、保険屋に請求したとしても加害者保険契約の保険金であり、
賠償金ではない。
何をさしおいても、欺瞞に満ちた文言は”被保険者”、”損害賠償額”の二つである。
これらの文言は自賠責法に定められており、法律の如く錯覚させる欺瞞と悪意に満ちた
保険屋を象徴しているものである。
とくに、”損害賠償額”を請求し自賠責保険金を受け取れば、加害者は一部にせよ賠償金の支払いを
成したことになる。これは法律である。

保険屋のこの欺瞞と悪意は法によって裁かれなければならない。



842 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 13:28:52 ID:Vg46mcBh
>>831
>損保側から「今後の交渉が難航するようでしたら、窓口を弁護士に変更させていただきます。」

この損保側っていうのは、加害者の保険屋か、自分の保険屋かどっち?
そもそも追突事故被害なら過失割合は、相手10、被害者0、で
被害者の保険会社は相談には乗れるが、示談交渉はできない。
よって被害者と相手保険会社との交渉になる、そこでもめた場合
弁護士費用担保特約に入っていれば、それがが生きてくる。
交渉難航の際は、弁護士費用担保特約により弁護士が使えますという
案内ではないのかい。

ほどんど、憶測で書いてみました。



843 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 14:52:31 ID:dfFY5Z7j
保険屋の示談交渉が犯罪である以上、
保険屋どうのこうの周旋弁護士がどうのこうの話はすべて犯罪の実況中継に過ぎない。

債務不存在訴訟の内容は加害者への保険金確認の裁判であり、
加害者の賠償債務にはほど遠いものである。
現実にも賠償債務を加害者が支払うとの意志は全くなく、
加害者代理人弁護士でさえ、賠償債務を保険屋が支払うと言ってくるのである。

つまり債務不存在訴訟は保険屋の犯罪隠しに使われている。

844 :無責任な名無しさん:2008/06/30(月) 22:25:16 ID:uous/QZv

と、法律のど素人が騒いでますw

845 :無責任な名無しさん:2008/07/01(火) 05:25:59 ID:epr+IdGg
この質問の意味は、
弁護士から事案受任の通知がくるのではなくて、(これは自由で合法)
弁護士対応をちらつかせては被害者の主張を妨害しようと
する損保の行為は、脅迫罪或いは他の罪に該当するかどうかの問いだと理解するが・・・

論点がずれ杉

846 :無責任な名無しさん:2008/07/01(火) 05:59:08 ID:sl/fqamJ
          ■毎日新聞廃刊か■
★祭り★
「日本の母は息子の性処理係」毎日新聞が捏造記事28
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1214832924/
★祭り★
【毎日新聞】ネット上に変態報道の処分と無関係の社員を誹謗中傷する書き込み→名誉棄損で法的措置を取る方針★
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1214841614/

オカルト板http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214826821/ 
英語板 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/english/1213971760/
大規模OFF http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1214614538/
YouTube板 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1214375128/
ニュー速 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1214798343/
医者 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1210492753/
マスコミ http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1214603376/
司法 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1214621509/

【毎日新聞】 iチャネル解約スレ 【変態報道】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1214802475/
▼iチャネル解約方法
iモードのiメニューから料金&お申込・設定を選択
4のオプション設定のiチャネル設定から解約可能

解約理由を告げたい場合は携帯から151にダイヤル
▼解約後の料金について
パケホーダイなどとは異なり、解約した場合はその月のiチャネル利用料金は日割りになります。
解約したその月に再契約も可能です。追加料金も発生しません。
iチャネルの解約は日本人(あなた)を馬鹿にしている毎日新聞社への直接的抗議に繋がります
ちなみに解約には5分とかかりません

847 :無責任な名無しさん:2008/07/01(火) 08:42:19 ID:616/hoX8
>844
あなたのお住まいはお月様ですかぁー。笑いが絶えない所なんですね。

848 :無責任な名無しさん:2008/07/01(火) 08:45:10 ID:616/hoX8
保険屋の示談交渉は犯罪。

849 :教育:2008/07/01(火) 11:07:10 ID:Z77Y6Sfe
ダイアナ妃の交通事故原因は対向車にあった

http://love.45.kg/mo02/8/88.html

大型トレーラー2台をそれぞれの車線で並走させ、
すれ違いざまに巨大な風圧を発生させる。強力な渦巻きが形成される。


850 :無責任な名無しさん:2008/07/01(火) 11:51:57 ID:616/hoX8
加害者の賠償債務不払いは保険屋の示談交渉が、
つまり保険屋の犯罪が原因であった。

851 :無責任な名無しさん:2008/07/02(水) 09:26:06 ID:ciqDHRQV
で、オマエはその犯罪をボヤイテいるだけか?
刑事告訴しないのか?

852 :無責任な名無しさん:2008/07/02(水) 18:33:17 ID:y0loNsVV
と保険屋がぼやいているのか?

853 :無責任な名無しさん:2008/07/04(金) 23:41:11 ID:Pm3SmZ39
保険屋のいう代行業務とは何ですか?

854 :無責任な名無しさん:2008/07/05(土) 09:53:21 ID:Od/QRW1g
何なんでしょうね?
詐欺屋でしょうかね。

855 :無責任な名無しさん:2008/07/13(日) 23:26:19 ID:uEok3lCC
交通事故の被害者です。
つい先日、債務不存在確認訴訟を起こすと言われました。(´;ω;`)

事故の内容は私が歩行中に後から車で追突されたというもので、
過失割合の100:0は加害者側も認めています。

加害者に話をしようとしても「私は何も話はありません」の一点張り、
事故について全く話をしない為に、先日日弁連の事案斡旋をしました。

仲介の弁護士さんが、
「取り敢えず金額を言わないと話が始まらないから、
あなたの思う金額を呈示してください」と言うので、
私が「全く誠意がないのでン百万・・」と言ったら、
加害者弁護士は「あーー、それだったら裁判だ!」と言って、
それで示談斡旋はお終い!

私も仲介の弁護士さんもあっけにとられてしみました。、
弁護士さんは「・・ああいうやり方はどうなんだ?」と言って呆れていました。

私には加害者に対し、何かを言うことも出来なければ、
金額を呈示する権利さえないのでしょうか?
オマエそんな事を言えるだけの対応をこれまでしてきたのか?って感じです!

今後裁判所から呼び出しを受けた時、出なかったらどうなりますか?
正直、もう面倒でどうでもいいって感じです。

※流れブチキレでスミマセン・・(゚ー゚)(。_。)

856 :無責任な名無しさん:2008/07/13(日) 23:29:37 ID:zx2y1TgP
>>855
あんたが裁判で損害賠償請求すれば吉。

857 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 03:33:29 ID:YMIgAJq6
855の質問をしたものです。いろいろ考えましたが、どうもこの問題を考えていくと
結局は『慰謝料とはなんぞや?』という問題に行きつく気がします。

そもそも慰謝料とは「事故による精神的な苦痛に対する損害」であり、
とどのつまりは被害者の内面に由来すると思います。

もっと突っ込んで言うと慰謝料とは「事故に対する反省の気持ちを形にしたもの」であり、
慰謝料というものが、カタチあるものとして存在しているのではなく、
その本質は事故に対する加害者の誠意であると思います。

つまりは慰謝料の根拠を示せという"債務不存在確認訴訟"を起こしている時点で、
加害者の側に誠意のなさ最たるものの現われで、
加害者の主張の論理は破綻している・・・

、というような事を裁判で主張できるなら、出廷してもいいかな?と思っていますが、
その辺ってどうなってるんでしょう?可能なものでしょうか?
裁判の経験のある方っていますか?

858 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 06:06:44 ID:sXkGLwk7
裁判は、特に民事は、勝ち負けはありますが、正悪を決めるものではありません。
民事訴訟の場合の争点は、金額です。誠意であっても、貴方が思う「誠意」はいくらの価値があるかを算定しなければなりません。
大まかには、自賠責基準なのか?裁判基準なのか?青い本なのか?赤い本なのか?などです。
どちらにしても、貴方の正義を貫くには、時間と根気と努力とお金がかかります。
それと引き換えに正義を勝ち取るのです。それまでの価値の無い正義ならば、諦めて、泣き寝入りしてください。
人生の自身を失わないように、裁判をする人も沢山います。プライドは独りよがりでは保持できませんよ。

859 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 06:12:26 ID:sXkGLwk7
あなたが、金額にこだわらずに裁判に出廷するのであれば、慰謝料は請求しません。
謝罪が欲しいだけです。といえば、多分、それでおkでしょう?あなたが、相手方弁護士に
100万円の慰謝料が欲しいと言ってしまったことは、債務不存在確認訴訟の被告として
十分な権利があります。

860 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 08:42:07 ID:Ka6iXId+
全治何ヵ月の怪我?

861 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 13:35:20 ID:YMIgAJq6
分かりやすく100:0の交通事故の話をするけど、
交通事故といえど立派な傷害事件なワケで、つまり加害者は法律を犯し、人に傷害を負わせた犯罪者。
逃亡の恐れがないって事で、普通勾留はされないけれど、当然禁固刑の対象となっている。

その加害者(犯罪者)が被害者の請求に対し、債務不存在を・・って、
何て言うか論理が逆転している。どんな逆ギレ?反省していないのか?って思う。
見識を疑わないわけにいかない。

金さえ払えば・・・ではなくて、当然道義的な責任もある。
示談できている、できていないで、刑事の量刑が左右される場合もある。
それだけ謝罪や誠意は"事故に対する後悔"を意味するものとして、裁判所でも酌量される。

被害者にしてみれば、加害者は事故以前は何も知らない他人であって、
傷害を負わせた物が車ってだけで、いきなり殴られたでも、ナイフで刺されたでも、
謝罪がなければ精神的な苦しみはきっと同じ。
示談は金だけとドライに割り切ることはできないように思う。

862 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 13:45:29 ID:sXkGLwk7
法律や司法システムは感情に鈍感なのです。感情は、酌量要因の一部ではありますが、
基本は、金銭に置き換えてのやり取りですので、「金は二の次」的な理論を繰り返していると
前進はしません。「感情は二の次」なのです。あくまでも、お金で解決するという気持ちでなければ、
裁判に望んでも意味はありません。

863 :無責任な名無しさん:2008/07/14(月) 20:50:54 ID:CzUPqfOf
>>855
つ反訴

864 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 01:03:50 ID:aAFj68Rq
100:0でも無制限な損害論が認められるわけじゃないからなー
通院2日で治癒で600万円の慰謝料請求されてもなー

865 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 01:28:34 ID:cP1ZZSq2
被害者だって主張する権利はあるよ。
加害者がそれを受けとめるかどうかは又別問題として。
そもそも示談とは合意契約であって、双方が納得すれば決まった金額や形式は無い
債務不存在確認訴訟の問題点は加害者側の都合で、
そういった被害者側の主張する権利や言論の自由を奪ってしまうという事。

866 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 02:05:18 ID:ckrBQZHU
どうして奪われると思うのかが分からない。

867 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 02:17:56 ID:cP1ZZSq2
それは創造力の欠如

868 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 13:21:14 ID:l6EKoRHr
JA共済は酷すぎますね

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1214064568/l50




869 :無責任な名無しさん:2008/07/15(火) 22:39:50 ID:cP1ZZSq2
855っす。この怒りと憤りをどこへぶつけようか?と思い、
今日保険会社に電話をしました。
「おたくのよこした弁護士が、こんな面白い事口走ってんだけどよ、
おたくが了承したの?」等のことを言ってやろうと思っていましたが、
「今日所長は休みです」だって。Σ(゚Д゚;)
土日がっつり休んでるくせに、普通平日所長が休むか?
明日ムコーからかかってくると思いますか?

870 :無責任な名無しさん:2008/07/16(水) 05:46:30 ID:QfzdtQve
上の方でも言っていたが・・損保との交渉は、感情を入れたら負けです。
感情は一銭にも、一戦にもなりません。先方からの連絡は来なくなります。
このままでは、負けがきまっています。あなた自身もいやな奴になってしまいますよ。

871 :無責任な名無しさん:2008/07/19(土) 23:32:33 ID:Mez3jShQ
債務不存在訴訟の判決は何の実行力も伴わなく無に帰した。
原告(加害者)の賠償債務の確認は
保険会社が支払うと加害者代理人が連絡してきたので、この理不尽な話に完全拒否をした。
結果として賠償債務の履がされることはなかった。
もっとも賠償債務は請求しなければ貰えないのだそうだ。
最初から最後まで加害者に損害賠償請求をしてきた。
その結果、
加害者は保険屋に示談交渉を依頼し、保険屋との示談交渉は当然決裂である。
そして保険屋は弁護士に依頼した。弁護士は加害者代理人として、保険屋の示談内容でもって
示談交渉をしてきた。これもまた、当然決裂である。
ついに、加害者代理人が訴訟代理人となって債務不存在訴訟となった。
裁判の知識皆無の俺は負けた。
保険会社の示談交渉は弁護士法違反であるとの主張は保険会社担当者への不満で片付けられた。

賠償金の支払いは一円もなく、保険会社の支払いは完全拒否。
損害賠償事件は時効になった。時効にした。
被害者としては最悪のパターンであるが、
保険会社の示談交渉が犯罪であることがはっきりした。

保険会社には示談交渉を行う権限があるとか、損害賠償請求権者に直接請求権を認めているとか、
漫画の世界の話が、裁判所で語られてはおしまいだ。
直接請求権とは、保険屋の算定した損害額を支払いますよと言うことらしい。
このようなものを裁判で確認されたからと言って、ありがたく頂戴するわけにはいくまい。


872 :無責任な名無しさん:2008/07/20(日) 08:56:18 ID:8an/bPXi
損保との交渉は、感情を入れたら負けです。
感情は一銭にも、一戦にもなりません>>加害者の弁護士と話してその辺よーーく分かりました。
先方からの連絡は来なくなります>>朝一で来ました。保険会社の所長はとても話のできる印象でした。

交渉事を楽しむ余裕などこちらにはないので、現在私も弁護士を探しています。
こんなサイトがありました。やっぱり問題になっているようです。
http://www.ebiz.co.jp/danbe/JA.htm

873 :無責任な名無しさん:2008/07/20(日) 09:18:48 ID:OKaj9BLE
このばあい、保険屋が、不特定の損害賠償請求権者に保険屋に対する(何の請求権だが不明であるが)
請求権を認めているから、保険屋には示談交渉をする権限があり、保険屋の示談交渉は
犯罪でないという話である。

直接請求権を認めているとの実態は”保険金の非契約者に対しての直接の支払い”にある。
つまり、保険屋の支払いを認めなければ、保険屋の示談交渉は犯罪である。

この完全犯罪が、保険屋の示談交渉、弁護士対応(弁護士による示談交渉)、
債務不存在訴訟によって完結するのである。

判決で賠償債務が確認されても支払いは保険屋である。けして、加害者が支払う事はない。
つまり、保険金が契約者に支払われることはないのである。

声を大にして言う、損害賠償請求事件で受け取る権利もない保険金を受け取るわけにはいかない。
国から、法律事務取扱業を営む権利を与えられている弁護士総本山が、
保険屋の犯罪の手助けをしては、生計を立てているようでは法秩序は維持できまい。

874 :無責任な名無しさん:2008/07/24(木) 20:28:05 ID:d+tU+cT6
205 名前:無責任な名無しさん 本日のレス 投稿日:2008/07/24(木) 16:14:44 d+tU+cT6
余りに暑いので暑気払いを行う。

女将公認示談屋総本舗のお言葉を披露する。
「損害保険会社は自動車保険の約款に規定されている示談代行”制度”に基づき
示談交渉を行っているが、自動車保険の約款上損害賠償請求権者に保険会社に対する
直接の請求権が認められており、被保険者(契約者?)の損害賠償債務は「保険金額の
範囲内では」保険会社自身の債務となっており、被害者との示談交渉は
保険会社自身の事務となっていること等から、損害保険会社の行っている示談代行制度は
弁護士法第72条に違反しない。」

ああっ、これ書いてたら涼しくなるどころか火がたまった。
これはどこの国の話が書いてあるのだろうなぁー、言葉日本語のようだが。
日本にはこのような法律はないなぁー。あるとすれば、何という法律なのだろうか。
どう見てもこれは詐欺師の法律に見せた文章にしか見えんけどなぁー。
まあ、信仰の自由は日本国憲法で保障されてはいるけどなぁー。

875 :無責任な名無しさん:2008/07/25(金) 12:40:05 ID:T1zvAx7R
まとめると日本興亜は示談屋だから示談をやっても当たり前
やくざやチンピラが嘘を言って脅して被害者をだます手口もおなじ
毎日録音、事故日記をとりましょう

876 :無責任な名無しさん:2008/07/25(金) 21:03:58 ID:9YMGiN1+
示談屋は違法に示談交渉をするので、示談をやっても当たり前ではなく、犯罪である。
保険屋は被害者に損害賠償請求権を認める(これは真っ赤な嘘であるが)と言って
被害者と賠償金の支払いについて示談をして加害者の保険金債務の範囲ないで
支払うのである。
実際に被害者は保険屋に請求する事はない、これは犯罪であるから。
ところが、加害者の賠償債務は保険屋の保険債務であるから加害者の同意を得て
賠償債務の支払いをするという話だ。代位弁済と言うらしい。
代位弁済にある手続きである。
保険金債務が、”損害賠償請求権を認める”との嘘とがが、、示談によって賠償金に代わる
なんと巧妙な欺瞞に満ちた法を悪用することだろう。

女将公認示談屋と、示談屋損保の結託の真の姿だ。
この結託の弱点は、保険屋との示談が絶対条件であることだ。
つまり、保険屋の示談交渉が犯罪である条件は
保険屋と示談をしない。保険屋の賠償金の支払いを認めないの2点にあると
思料する。

877 :無責任な名無しさん:2008/07/27(日) 21:38:46 ID:3RJyXB1f
裁判所から手紙が来た。
やってることは架空請求の悪徳業者と一緒。
バカらしくて行く気にもならない。

878 :無責任な名無しさん:2008/07/27(日) 22:49:09 ID:U8WTa5VG
>876
>ところが、加害者の賠償債務は保険屋の保険債務であるから加害者の同意を得て
>賠償債務の支払いをするという話だ。代位弁済と言うらしい。

これ間違っているよ、代位弁済でなく、第三者の弁済だ。
そして加害者、被害者どちらかが、反対すれば第三者の弁済は出来ない。


879 :無責任な名無しさん:2008/08/20(水) 18:57:09 ID:hY1Z6AJt
来週裁判だよ。マジで。

880 :無責任な名無しさん:2008/08/21(木) 07:47:00 ID:DfAILdHR
損保は無権代理人である。
損保は被害者に対して医療費や修理等の算定等、示談交渉をした。
損保は賠償金を支払いますと言って示談を迫ってきた。
被害者は損保に損害額の算定をして貰う覚えもなく、まして、賠償責任の全く無い損保に
賠償金の支払いを受ける覚えは全く無い。
そこで被害者は損保との示談を拒否した。
よって損保は示談交渉をしたことにより弁護士法72条に違反する。

なお、被害者に詐欺保険金の請求を認めるという直接請求権は認めた覚えがないし、
知らないものを認めようがない。よって結論、直接請求権を認めない。

881 :無責任な名無しさん:2008/08/21(木) 08:00:10 ID:DfAILdHR
損害賠償請求権者の直接請求権
「契約者の負担する法律上の損害賠償責任が発生した場合、損害賠償請求権者は
当会社が契約者に対して支払い責任を負う限度において、当会社に対して損害賠償額の
支払いを請求することが出来る。」

405 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)